競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:馬体診断

    NHKマイルC予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC馬体診断】カツジ 評価A

     【カツジ 評価A】

      
     これまでのキャリア4戦で、連対を外したのは前々走のきさらぎ賞(5着)のみ。当時の馬体重は14キロ増の490キロ。トモが膨らんで丸みはあったものの、皮膚を厚ぼったく見せていたことを踏まえれば、骨格に見合った体重は480キロくらいか(前走のニュージーランドTは478キロで勝利)。

      
     多少キ甲(※1)が抜けてきたことと、前後のバランスが良化している点は、ここにきての成長を感じさせる。追い切り前の撮影でトモは張っていないが、このあたりはその後のケイコで膨らんできそうだ。耳をピンと立ててキリッとした目つきも好感が持てる。心身のバランスが整ってきた。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉松山を背に栗東坂路で4F52秒6-38秒2-12秒1(一杯)。テンから意欲的に運んで、ラストまでしっかり伸びた。気合乗りも目立ち、好調をキープしている。

      
     (※1)「キ甲」とは、首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【NHKマイルC馬体診断】パクスアメリカーナ 評価B

     【パクスアメリカーナ 評価B】

      
     脚が長くスラッとしたフォルム。全体的に肉付きがいいあたりは、いかにもクロフネ産駒といったところだ。臀部(でんぶ)が少しへこんでいるものの、トモのボリュームと丸みには好感が持てる。

      前腕もそれに負けないくらいの筋肉量があり、キ甲(※1)の抜け具合からも完成度はなかなか高そう。ただ頭の位置が高く、首差しが短めで胴が長めのシルエットと、胴と脚の太さがアンバランスのように感じる。そのあたりは少しだけ減点材料としたい。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで4F54秒5-39秒4-11秒8(一杯)。サナコ(3歳未勝利)に0秒4先行して0秒1遅れたが、追われてからの反応は上々だった。動きに硬さもなく元気いっぱいだ。

      (※1)「キ甲」とは、首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。


    【NHKマイルC馬体診断】 ミスターメロディ 評価B

     【ミスターメロディ 評価B】
     
     父の父はヨハネスブルグ。スラッとしたシルエットで、スピードとパワーを兼ね備えているこの馬は、いい意味で血を継承していると言っていいだろう。

      短めで少し硬さを感じさせるつなぎのクッション性から、ダート適性は高いと判断できる。芝なら前走・ファルコンS(1着)のように、多少力を要する設定が合っている印象を受ける。

      あばらを見せつつもトモには丸みがあり、隙のない仕上げ。いかにも闘争本能が高そうな目つきにも好感が持てる。あとは、軽い芝の時計勝負に対応できるかどうかだろう。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで5F69秒9-39秒3-12秒4(馬なり)。力むことなくテンポのいい走り。直線はバネを感じさせる、弾むようなフォームで伸びてきた。好ムードだ。

    【NHKマイルC馬体診断】ギベオン 評価B

     【ギベオン 評価B】

      首差しがやや長めで、胴と脚も長い体形。パッと見た感じでは距離が延びていいようにも思える。ただ、肩の角度が多少立っており、脚の長さほどはストライドを稼げない走法。また、つなぎが短めで立ち爪。少し破折(※1)していることを考慮すれば、現状はマイルがベターで二千までが守備範囲との印象だ。

      まだ前腕や後肢ともに良化の余地を残しており、キ甲(※2)の抜け具合や前駆が勝っているシルエットからも、まだこれからの馬といったところ。トモが少しこぢんまりと映るため、現時点ではB評価とした。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に栗東CWで6F82秒3-39秒5-12秒0(G強め)。古馬を大きく追走しながら、ラストはズバッとはじけて先着。もともと攻めの動きは目立っていたが、使うごとに脚さばきに切れが出て、さらに推進力が増している。

      (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

      (※2)「キ甲」とは、首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【NHKマイルC馬体診断】テトラドラクマ 評価B

     【テトラドラクマ 評価B】

    舞台適性を重視し、重賞初制覇を飾った2月のデイリー杯クイーンCからここへ直行という異例のローテで臨む。ただ、骨太かつ胴の詰まったフォルムで皮膚が厚く、さらに腹袋がしっかりとしていることで太く見せるシルエットはこれまでと同様。結果が伴っているだけに、体形的なものと判断していいだろう。

      前後肢ともにがっちりとした筋肉をまとい、牝馬らしからぬ力強さのある立ち姿。ルーラーシップ産駒は体高のあるタイプが多く見られるなか、この馬は重心が低く、走法や体形的にもスピード型だ。張り、ツヤの良さからも臨戦態勢は整っている。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

     
      〈1週前追い切り診断〉田辺を背に美浦坂路で4F54秒7-39秒6-12秒2(馬なり)。重い馬場を苦にすることなく、ラストは持ったままはじけた。切れ味に磨きがかかり、馬体もパンパンに張っている。ここを目標に万全の仕上げだ。

    【NHKマイルC馬体診断】タワーオブロンドン 評価B

    【タワーオブロンドン 評価B】

      2歳時は皮膚が厚ぼったく、悪く言えばボテッと映る体形だった。それが今回は、体の凹凸がくっきりと分かるようなつくりに。代謝の上がる時季ということもあるとはいえ、古馬のような迫力を誇っていた以前とは別馬のようなシャープさが感じられる。

      太めの首差しも特徴だった馬が、今は胸前から前肢にかけても窮屈さがなく適度なバランスの筋肉量。ただ、アバラがうっすらと浮いて見えるように、引き締まり過ぎているくらいだ。

      休み明けの前走・アーリントンC(1着)がマイナス8キロでの出走。仕上がり切っていた印象があり、加えてタイトな内容の競馬でもあった。直前の気配にはより注目しておきたい。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉レース間隔が詰まっているため、中間の実質的な追い切りは4月29日の美浦坂路4F53秒8-39秒4-13秒3(馬なり)が初めて。もっとも、15-15は丹念に重ねられており、直前のひと追いで仕上がりそうだ。



    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    天皇賞(春)予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【天皇賞(春)馬体診断】クリンチャー 評価A

     【クリンチャー 評価A】

      
     3歳春当時は胴長で筋肉量が物足りなかったが、夏を越して一変。胸前と肩に筋肉がつき、見栄えのする馬体になった。

      
     菊花賞2着を経て迎えた今季初戦の京都記念(1着)当時から太め感なく仕上がっていたため、現在の体つきに大きな変化はない。それでも、気温の上昇とともに毛ヅヤは大幅に良化。体調がグングン上向いている証拠だろう。

      
     首が長細く、胴長の体形から長距離向きなのは間違いなく、ステイヤーとしてほぼ完成形と言えるシルエットをしている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F83秒8-39秒5-12秒2(G一杯)。前日からの降雨で湿った馬場をものともせず、直線で追われると鋭い伸び脚を見せた。動きに活気がある。

    【天皇賞馬体診断】ガンコ 評価A

     【ガンコ 評価A】 

    昨年暮れから4戦3勝。2歳時の芝戦では好走こそしても勝利には手が届かなかったが、もともと芝向きの血統背景で、奥手の成長曲線と見事に合致した結果なのだろう。その意味では、父ナカヤマフェスタより祖父ステイゴールドの隔世遺伝とも言えそうだ。

      
    首が細長く胴長の体形から、初の3200メートルは十分に守備範囲。肩の筋肉の迫力にはやや欠けるが、しなやかな質感がある。丸みのある臀部(でんぶ)や、ピカピカの毛ヅヤは状態の良さをうかがわせている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉藤岡佑を背に栗東坂路で4F52秒7-38秒1-12秒2(一杯)。テンから意欲的に追われて力強い動きを披露。気合乗りも目立ち気配は上々だ



    【天皇賞(春)馬体診断】【アルバート 評価A】

     【アルバート 評価A】

      前走・阪神大賞典(4着)の馬体重482キロは、自身の過去最高タイ。輸送を考慮し余裕を残して仕上げていたのだろう。一方、今回は研ぎ澄まされた馬体。あばらがうっすらと浮いて、無駄肉が完全に取り除かれている。

      
     背、腰のたくましさ、さらに胸前、肩の筋肉の盛り上がりは、もうこれ以上鍛え上げるのは無理なのでは…というくらい隙がない。ハードに乗ってきたことが、しっかりと実になっている。堂々とした立ち姿は完全復調を示している。

     (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      
     〈1週前追い切り診断〉石橋脩を背に美浦Wで5F66秒3-37秒7-12秒4(強め)。2頭の間に入れてプレッシャーをかけたが、動じることなく真一文字の伸び脚。馬体も引き締まって気配は前走以上だ。

    【天皇賞(春)馬体診断】レインボーライン 評価B

     【レインボーライン 評価B】

      
     3カ月ぶりの阪神大賞典では10キロ増の体重だったが、九分以上の仕上がりで太くは映らなかった。今回は馬体がさらに研ぎ澄まされてシャープになった印象を受ける。

      馬体が貧相に見えるということはなく、昨秋に比べて腿(たい)の筋肉量がアップ。臀部(でんぶ)が丸く見えるのも何よりだろう。毛ヅヤがこの時季としては物足りないが、これは光線の加減もあるだけに心配はいらない。張りのある馬体で状態はさらに上向いている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉岩田を背に栗東坂路で4F60秒7-43秒2-12秒9(馬なり)。終始馬任せの内容だったが、キビキビと活気にあふれた脚さばきを見せた。出来は高いレベルで安定している。

    【天皇賞(春)馬体診断】シュヴァルグラン 評価B

    【シュヴァルグラン 評価B】

      いかにも休み明けで余裕残しの馬体のつくりをしていた大阪杯(13着)当時に比べると、毛ヅヤが別馬のように良化している。前腕部や下腿(かたい)に血管が浮き出て、皮膚も薄くなってきた印象だ。

      肩や臀部(でんぶ)の筋肉がはっきりとして盛り上がってきたのは休み明けを叩かれた効果で、十分な上積みがある。ただ、絶好調時には毛色が焦げ茶色に見えるこの馬が、まだ赤茶色のままなのは割引材料。状態にはもう1段階上がある。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで7F98秒2-37秒6-12秒2(一杯)。僚馬2頭を0秒5、1秒追走して0秒2遅れ、0秒1先着した。遅れは追走した分で心配なく、意欲的に追われた点は評価できる。休み明けを叩かれて毛ヅヤも良化し、気配は着実に上向いている。




    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    皐月賞予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【皐月賞馬体診断】ジャンダルム 評価A

     【ジャンダルム 評価A】

     母ビリーヴと同様に脚の回転の速い走法ながら、肩の角度や胴の長さが違うため母よりも完歩は大きめ。つなぎの長さやクッション性が、距離の守備範囲に幅を持たせている印象だ。

      ホープフルS(2着)当時はトモに奥行きがなく、年明け初戦の前走・弥生賞(3着)も馬体をこぢんまりと見せて10キロ減。3度目の関東遠征となる今回は、それらを教訓にボリュームを持たせた仕上げになっている。

      その効果か、トモの張りとツヤが良化し、どっしりとした立ち居振る舞い。気性の素直さがにじみ出ており、これが自在性と機動力の高さにつながっている。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉水口を背に栗東CWで6F82秒4-37秒8-11秒4(一杯)。カザン(3歳未勝利)を追走して0秒4先着。併せ馬でしっかりと負荷をかけて、迫力のある動きを連発している。これだけ攻めの調教を貫けるあたり、心肺機能が高くタフな証拠。本番ではもう1段階上の仕上げで臨めそうだ。


    【皐月賞馬体診断】ワグネリアン 評価A

     【ワグネリアン 評価A】

      東スポ杯2歳Sで3連勝を飾ると、朝日杯FSとホープフルSをパスして年明けに備えたが、弥生賞(2着)当時の撮影ではこぢんまりと映っていた。そのあたりが久々で4キロ減の影響だったのかもしれない。

      しかし今回は1週前追い切りの前で、トモはパンパンに張って丸みがある。立ち姿の重心の関係もあるが、全体的に肉付きが良化し前後のバランスが取れてきたことは好材料だ。

      再度の長距離輸送を踏まえて馬体をふっくらとつくっており、最終追い切りと輸送できっちりと研ぎ澄まされそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで5F70秒3-39秒6-11秒6(馬なり)。ジュンヴァルロ(3歳オープン)を0秒7追走して首差先着した。ゆったりとしたスピードでも折り合いがピタリとつき、ラストは自らハミを取って伸びる好内容。気配も申し分なく、上昇カーブを描いている。


    【皐月賞馬体診断】タイムフライヤー 評価B

     【タイムフライヤー 評価B】

      前々走のホープフルS制覇時は厳寒期ということもあったのか、腹袋をしっかりと見せて全体的にがっちりとしたシルエット。それでも結果が出たのは、荒れ馬場で時計を要したことも一因だろう。

      しかし今回はうっすらとあばらを見せ、かなり皮下脂肪の少ないフォルム。そのためトモの臀部(でんぶ)がへっこんで見えるが、この撮影翌日に1週前追い切りを行っており、トモのボリュームは出てきそうだ。時計の速くなってきた今の中山を意識した仕上げとみて良さそう。Aに近いB評価だ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒9-37秒6-12秒6(一杯)。シンギュラリティ(4歳1000万下)を0秒6追走して併入した。キビキビとしたフットワークで、追われてからの反応も上々。休み明けの若葉S(5着)を叩かれて気配は上向いている。


    【皐月賞馬体診断】ステルヴィオ 評価B

     【ステルヴィオ 評価B】

      体全体の線は太くなってきたものの、トモ、お尻のラインはシャープさを保っており、筋肉の質感はゴツゴツとはしていない。2歳時は適度な筋肉量でバランス型のつくりだったが、首差しに厚みが増し、胸前や肩回りががっしりとしてきた。

      個人的に、以前の体形なら距離の融通が利きそうなイメージもあったが、現状のバランスなら今回の舞台=中山芝2000mはギリギリか。下見所では少し気合を表面に出すタイプながら、立ち姿は非常にリラックスしており、肌にツヤがある点からも雰囲気自体は良好だ。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉モヤのため計時不能も、美浦Wのゴール前では僚馬を圧倒する切れを披露。前走後も至って順調に乗り込まれており、馬体をふっくらと見せている。好調キープとみていい。


    【皐月賞馬体診断】キタノコマンドール 評価B

    【キタノコマンドール 評価B】

      新馬-すみれSを連勝しているが、スローペースの瞬発力勝負で走破時計は地味。1週前追い切り前の撮影とはいえ、股のあたりがへっこんでおりトモのボリュームは物足りない。短めで太い首差しと肩の角度、前が勝った体形からまた未完成との印象は否めず、伸びしろを相当残していそうだ。

      また一瞬の鋭い脚の源は、かなり立ったつなぎによるもの。多少硬さがあることを踏まえれば、能力をフルに発揮できるのはスローの上がり勝負の際との印象を受ける。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉水口を背に栗東CWで6F84秒5-39秒3-11秒7(仕掛け)。サトノゲイル(3歳未勝利)を0秒7追走して0秒2先着。軽く追われると抜群の反応で、シャープな伸び脚を披露した。状態はさらに上向いている。






    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    桜花賞予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【桜花賞馬体診断】ラッキーライラック 評価A

     【ラッキーライラック 評価A】


      顔つきと毛色だけでなく、体脂肪が少なく皮膚の薄い馬体は父オルフェーヴル譲りか。同時期の父に比べると50キロほど馬体重は上回っている(前走・チューリップ賞1着時が494キロ)が、胴と脚が長く、実際の数字よりもコンパクトに映る。

      最もトモに丸みがあったのは前々走の阪神JFで、その次が前走。今回は丸みがなく平たいが、その分、あばらを見せて極限に絞り込んできた。1週前追い切り後の段階で、今すぐにでも使えそうなシルエット。今の高速馬場の阪神に適した姿形だ。耳をピンと立てて目つきも凜としており、精神面の充実ぶりも見逃せない。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)


      〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒5-37秒9-11秒5(強め)。ウォルビスベイ(3歳500万下)を2秒追走し0秒2先着した。追われると瞬時に反応し、鋭い伸び脚を発揮。それでもまだ手応えには余裕があり、気配も申し分ない。

    【桜花賞馬体診断】アーモンドアイ 評価A  

     【アーモンドアイ 評価A】

      
     首差しが細めでスラッとはしているが、体全体は適度なボリュームがあり、芯の強さを感じさせる立ち姿。肌ツヤが非常に良く、久々でも張りが目立っている点は好印象だ。

      丸みがあり、角張っていない筋肉の質感から柔軟さが見て取れ、シャープに切れる瞬発力タイプ。ポテンシャルの高さは前走のシンザン記念Vで実証済みでもある。異例のローテでぶっつけの本番となるが、見た目の仕上がりは◎。長距離輸送も経験しているのも心強い。

      阪神が舞台なら身上の切れが増す可能性が高く、あとは本流組との力関係がどうかだけだろう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉帰厩後は週に2本、順調に時計をマークしてきた。3月21日には美浦Wで、僚馬を大きく追走して楽に併入に持ち込む鋭い走りを披露。1日にも長めから時計をマーク(6F87秒8-40秒6-14秒3)している。馬体がひと回り大きくなり、確実にパワーアップしている。


    【桜花賞馬体診断】マウレア 評価B

     【マウレア 評価B】

      
     腰高のシルエットはこれまでと変わっていなくても、胴がゆったりとして長くなった印象。首差しは細いが、いつになく体を全体的にふっくらと見せて、珍しく厚みが感じられるほどだ。

      前走後から栗東へ滞在して調整されているが、中間の実質的な追い切りは先週(29日)のCWでの1本。デイリー杯クイーンC5着→チューリップ賞2着のローテで、その前走がマイナス8キロだった経緯を踏まえると、馬体回復を優先したと捉えられる。

      それでもシャープなトモを維持しており、出来はいい意味での平行線。当週のひと追いできっちりと整いそうだ。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉美浦から駆け付けた嶋田を背に、栗東CWで6F82秒3-37秒5-11秒7(G前強め)。先行するヤングマンパワー(6歳オープン)を楽に抜き去る絶好の動きを見せた。前走後は栗東に居残って調整を続けており、ふっくらしているとは言わないまでも、馬体を見る限りきゃしゃな感じは全くない。

    桜花賞馬体診断】リリーノーブル 評価B

     【リリーノーブル 評価B】

      首差しが短くて太め。前腕とトモのボリューム感が満点で、全体的に皮膚の厚いフォルムだ。この時期のルーラーシップ産駒らしくトモに甘さを抱えているが、立ちつなぎでも柔軟性があり、鍛えれば鍛えるほど強くなる可能性を秘めている。

      ただ筋肉量を増やせば、ダート短距離を活躍の場とした母ピュアチャプレットの血が騒ぐ可能性もある。前走(チューリップ賞3着)時に比べて馬体に厚みがあるのは、その影響が出ているのかもしれない。1度使って目つきは鋭くなっており、週末と最終追い切りでどこまで絞れてくるかだろう。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
    〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒3-38秒1-12秒1(一杯)。テンから意欲的に運んで、ラストも鋭く伸びた。ひと叩きされた効果は大きそうだ。

    桜花賞馬体診断】プリモシーン 評価B

     【プリモシーン 評価B】

      
     ディープインパクト産駒の牝馬は細身のタイプが多い。この馬はくっきりとしたラインで、筋肉量も適度。首差しとのバランスが非常に良く、皮膚の薄さからも仕上げには手間取らないクチだ。今回もシャープにまとまっている。

      体形的には距離が延びても問題なさそう。ただ気合乗りが早く、下見所で時折幼いしぐさが目立つ点から、精神面にはまだ課題が残るというのが個人的な見解。輸送を挟むだけに当日の気配にはより注目しておきたい。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

     
     〈1週前追い切り診断〉1月にフェアリーSを制したあとは、3月21日の美浦W(6F87秒3-14秒1)がトレセンでの初時計。無理をせず馬の気に任せて、しなやかなフォームは数字以上の切れを感じさせた。1日には坂路で4F55秒4-12秒4。落ち着きがあり、馬体もパンと張っている。順調な仕上がりとみていい。


    【大阪杯馬体診断】ツヅミモン 評価B

     【ツヅミモン 評価B】

      約2カ月ぶりだが、あばらを見せて余分な脂肪はあまりついていない。500キロを優に超す馬体ながら、思惑通りに仕上がっているとみていいだろう。

      立派なトモに比べれば、首差しや前腕のボリューム感はひと息。キ甲(首と背の境の膨らんでいる部分)の抜け具合を含めてまだ前後のバランスに良化の余地をかなり残したシルエットだが、それでいて牡馬混合のシンザン記念で2着を確保したのは立派だ。本格化はまだまだ先との印象はあっても、週末と当週でもう少し研ぎ澄まされてくれば期待できる態勢にある。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)


      〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F51秒7-37秒6-12秒4(強め)。気負うことなくスイスイ駆け上がってきた。全体時計も上々で、気配は上向いている。





    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    大阪杯予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【大阪杯馬体診断】ミッキースワロー 評価A

     【ミッキースワロー 評価A】

      体高があり、胴が長め。首もスラッと伸びており、馬体のつくりはステイヤーとみていいだろう。無理をせず成長に合わせていたため、菊花賞当時はボテッと映っていたが、今季初戦のAJCCはスカッと見せるシルエットだった。

      
     幼さが抜けて風格が出ているように、ここにきて急激な成長を遂げている。今回の馬体は当時以上。腹回りの無駄肉がそぎ落とされ、トモのラインもくっきり。何よりも前駆が強じんになり、肩回りのボリュームは相当鍛え上げられてきた証拠だ。良化は著しい。

     (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      
     〈1週前追い切り診断〉横山典を背に美浦Pで6F80秒0-37秒4-11秒8(馬なり)。追走して外から並び掛けると、ゴール前は持ったまま矢のような伸び脚。スピード、切れともに抜群で、馬体の張りも申し分ない。隙のない仕上げ。


    【大阪杯馬体診断】スワーヴリチャード 評価A  

     【スワーヴリチャード 評価A】

      
     アルゼンチン共和国杯が10キロ増で有馬記念は8キロ増、金鯱賞では10キロ増と一戦ごとに馬体重が増えているが、全く太め感のない馬体をしている。ダービー当時からだと前走時で28キロの体重増だが、これは成長分とみていいだろう。

      
     馬体に重厚感があり、迫力も増している。顔つきに精悍(せいかん)さが増したのと、馬体に張りが出てきたのは休み明けを叩かれた上昇分で、この時季としては毛ヅヤも申し分ない。中長距離馬として完成の域は近そうだ。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒5-37秒5-11秒9(馬なり)。僚馬2頭を1秒1追走して、それぞれに0秒1、0秒4先着した。レース後11日でも、これだけ追えるほど元気。動きも活気に満ちている。


    【大阪杯馬体診断】サトノダイヤモンド 評価A

     【サトノダイヤモンド 評価A】

      
     デビュー以来、馬体重が498キロ~506キロと大きな変動がないタイプ。凱旋門賞から5カ月半ぶりの前走は、肩の筋肉の盛り上がりやトモの筋肉の段差など、好調時と遜色のない状態に仕上がっていた。写真では首が高く見えるが、本来は地面と平行になるぐらい低くなるので心配はない。

      
     菊花賞を勝っているが、胴はそれほど長くなく典型的な長距離馬とは言えない。首の長さや脚の長い体形から長距離をこなしている印象で、最適の距離は2000~2400m。本質的には中長距離馬だ。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

       
     〈1週前診断〉25日の日曜に栗東坂路で4F55秒7-13秒1(馬なり)。この馬らしい大きな走りで気配は良化している

    大阪杯馬体診断】アルアイン 評価A

     【アルアイン 評価A】

      
     3カ月半ぶりの京都記念では多少馬体に緩さが残っているものの、九分以上の仕上がりだった。そのため大幅な変化は見られないが、体が引き締まったのはプラス。加えて毛ヅヤが良化して体に張りが出てきたのも、ひと叩きされた効果だろう。

      
     3歳時に比べると肩の筋肉量が増して、だいぶ古馬らしくなってきた。欲を言えばもう少しトモに筋肉がつけば申し分のない体つきになるが、完成するのはひと夏を越してからになりそう。それでも現時点で考えればベストの馬体だ。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒5-38秒7-11秒6(一杯)。僚馬2頭を内から追い抜く形で、反応の速さは前走時を上回っている、抜かりのない仕上げを施してきた。

    大阪杯馬体診断】ペルシアンナイト 評価B

     【ペルシアンナイト 評価B】

     マイルCSに比べて、全体的に筋肉量が増えてがっちりとした体つきになった。当時は「前駆にさらに筋肉がついてくると、この馬の完成形になる」と診断したが、首も太くなってマイラーとしてほぼ完成形と言える。

      前走時にかなり仕上がっていただけに上積みがどこまであるのかは疑問だったが、それでも毛ヅヤが良化しており皮膚の質感も十分に出てきた。距離適性という観点ではC評価になるが、状態の良さを加味して評価をひとつ上げたい。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒3-37秒6-11秒7(一杯)。伸び脚自体は上々でも、直線の追い比べでやや手応えで見劣ったように、絶好調時に比べると反応面がひと息。ビシッと追われたこのひと追いでどこまで良くなるか。

    【大阪杯馬体診断】シュヴァルグラン 評価C

     【シュヴァルグラン 評価C】

      昨秋の絶好調時の金色に輝くビロードのような馬体に比べると、毛ヅヤが物足りない。好調時にはぬれたように黒みが増して焦げ茶色になるが、今回は赤茶色の点も気になる。前腕部や下腿(かたい)に浮き出ていた血管も目立たず、皮膚が厚ぼったく見える点もマイナスだ。

      顔つきに風格があるのは唯一の好材料だが、いかにも休み明けというたたずまいでは評価を下げるのが妥当だろう。当日までにどこまで状態を上げられるかがポイントになる。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)


      〈1週前追い切り診断〉三浦を背に栗東CWで6F81秒4-37秒9-12秒6(一杯)。インヴィクタ(4歳1000万下)を1秒追走して併入した。脚色は劣勢だったが、大きく追走した分で心配はない。豊富な乗り込みをこなして、現時点でも馬体は八分以上の仕上がり。




    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    このページのトップヘ