競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:重賞注目馬

    東京新聞杯|2018年|注目馬ニュースまとめ「グレーターロンドン」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    混戦マイル戦線、東京3記者の推し馬は/東京新聞杯

    <追い斬り激論:東京新聞杯>

     東京新聞杯(G3、芝1600メートル、4日=東京)は今年の安田記念Vを狙う有力馬が集まり激戦ムード。美浦で追い切りを取材したイニシャルMの3人による“3M”激論の推し馬も意見が分かれた。三上広隆記者は府中巧者ダイワキャグニー(牡4、菊沢)、先週の根岸Sを◎○▲で的中の松田直樹記者はサトノアレス(牡4、藤沢和)を、水島晴之記者はグレーターロンドン(牡6、大竹)を推す。今年の新M(マイル)王はこの中にいる!?

     水島 もう安田記念か。

     三上 えっ、大丈夫っすか。まだ2月に入るところですよ。6月まであと4カ月もありますけど。

     水島 違うよ! そうじゃなくて、東京新聞杯に出る馬たちは、その先に安田記念を見ているってこと。

     松田 良かったぁ。僕はてっきり年齢からくる水島さんの脳の衰えかと思いましたよ。

     水島 言葉足らずだったことは認めるけれど、察してくれよ。とにかく今レースの主役たちは、春の最大の目標に安田記念を挙げているところが多い。

     三上 確かにそうですね。ダイワキャグニーの菊沢師は「賞金的な部分もあるし、春は安田記念へという気持ちでやっている」と言ってました。

     水島 追い切りはどうだった?

     三上 ちょっと変わってました。単走で馬なりだったけれど、後ろに菊沢師が乗った馬を置いての追い切りでした。

     松田 どんな意図なんですかね。

     三上 師によると「後ろから馬を見たかった。時計が遅ければ併せに行こうと思ったけれど、その必要はなかった。躍動感があって気分良さそうに走っていた」と。

     水島 あの馬は気性が荒いからね。気合が乗りすぎると良くない。だから、そういう形にしたんだろう。東京での実績は抜けているし、状態も良さそうだ。

     三上 確かに馬場入り前は首を大きく上げ下げして、うるさいところが見られました。でも、この動きなら十分合格点でしょう。時計も5ハロン68秒8、しまい13秒2と上々。気合も乗りすぎてなく、レースでも力を出せる出来です。

     松田 僕はサトノアレスが抜群に見えました。併入が普通の藤沢和厩舎ですが、今回は併せ馬で最後にすっと先着。5ハロン65秒6-12秒8。乗っていた柴山騎手も「馬の気持ちだけで、すっと動いていた」と感心していました。

     水島 確かにいい追い切りだったね。でも、俺はグレーターロンドンが目に付いた。今日はメンコを外して追い切ったけど、レースでも外す予定。大竹師は「気性が難しくて着けていたけど、今は外しても大丈夫になった」と精神面の成長を認めている。併せ馬で4ハロン50秒9の時計も優秀。充実ぶりを感じた。

     松田 いずれにしろ今年のマイル戦線も混戦。ここから急浮上してくる馬がいてもおかしくないですね。

     三上 マイル(1600メートル)だけに「せんろく(戦国)時代」だなぁ。

     水島 お前の脳の方が大丈夫かよ…。

    【東京新聞杯】グレーターロンドン マイル専念仕様 マッチョになって重賞初Vだ

    「東京新聞杯・G3」(4日、東京)

     未完の大器が、ついにタイトルをつかみ取るか。グレーターロンドンが31日、美浦Wの併せ馬で併入。大竹師は仕上がりの良さを約束した。今年はマイル路線に絞って飛躍を期す。まずは安田記念(6月3日・東京)と同舞台で重賞初Vを決める。

     僚馬2頭が先行する形で始まった美浦Wでの併せ馬。3馬身追走で駆けだしたグレーターロンドンは4角を回っても、まだ鞍上の指示を待っていた。

     ブラストワンピース(3歳500万下)が先に抜け出すと、それを目標に追われて末脚を伸ばす。インからじりじりと差を詰めて、ラスト2Fで2馬身差をきっちり詰め、最後は併入に持ち込んだ。4F52秒2-37秒2-12秒5の時計に、「状態はいいでしょうね。追い切りの内容も予定通り」と大竹師は満足そうだ。

     走る姿はしなやかだが、馬体のシルエットはひと頃よりもガッチリと映る。その背景には今年描く路線選択がある。「マイルに固定して考えている。だから調整もしやすい」とトレーナー。中距離戦への参戦も意識しながら調整した昨年は「すらっと見せるイメージでつくっていた」というが、今年は脇目を振らずにマイル一本に。筋肉質にビルドアップしてきた。

     今回の追い切りでは、前走まで実戦でも装着していたメンコを外した。「コントロールを難しくしたくなくて、最近は着けていたんだ。年齢も重ねてきたし、直近の様子次第だが、レースでは外す方向で考えている」とトレーナー。この日も、操作性の高さは目を引いた。

     希代の豪脚を誇りながら、いまだ重賞タイトルをつかむことができていない。G1舞台にもつながる東京マイルでのVを、飛躍への足掛かりにする。

    【東京新聞杯】グイッと加速グレーターロンドン、得意のマイルで重賞初Vだ

    ◆東京新聞杯追い切り(31日、美浦トレセン)

     第68回東京新聞杯・G3(4日、東京)に出走するグレーターロンドンは美浦・Wコースの3頭併せで目を引く動き。全6勝中5勝を挙げるマイル戦での重賞初Vに挑む。

     マイルで本領発揮だ。グレーターロンドンは、美浦・Wコースの4ハロンから3頭併せ。最後方から外トゥーレ(3歳新馬)を4馬身半、中ブラストワンピース(3歳500万)を2馬身半追走し、最後は中と併入、外に2馬身先着した。時計は50秒9―12秒4だった。

     直線に向いてからは、馬なりのまま併走馬をとらえてグイっと加速。「乗り手の指示ではなくて馬が自分から動いていけるかどうかを確かめたかった。動きは良かったね」と大竹調教師も納得の表情だ。

     全6勝中5勝が1600メートル。4歳から5歳にかけて500万からオープンまで一気に駆け上がったのもこの距離だった。昨秋は毎日王冠(3着)、天皇賞・秋(9着)と中距離で勝負したが、「今年は迷わずマイル路線へ。この距離なら折り合い面もそれほど考えなくていいし、元気に仕上げるということをテーマにやっていく」。大器の片鱗(へんりん)をのぞかせながらも重賞Vがまだない6歳馬を見つめながら、トレーナーが宣言した。

     G1に初挑戦した昨年6月の安田記念では、直線でロスがありながら強敵相手に0秒1差の4着。同舞台、G3なら能力上位は確かだろう。「何とかここでタイトルを取らせてあげたい」と大竹師。勝負の一年を最高の形でスタートさせる態勢は整っている





    東京新聞杯・・・グレーターロンドン展開が鍵になりそう





    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj









    競馬ジャパンへ行く


    川崎記念|2018年|注目馬ニュースまとめ「カフジテイク」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【川崎記念】秘める能力は超一流アウォーディー

    5歳秋までは芝のレースを使い続け準オープン止まりだったものの、ダートに路線変更してから破竹の勢いで連勝を伸ばし、一気の6連勝で16年JBCクラシックを制したアウォーディー(栗東・松永幹夫厩舎、牡8歳)も注目の一頭。

     GIホースになって以降は1年以上勝利から遠ざかっているものの、世界の強豪と戦ったドバイワールドカップも含め、すべて5着以内と掲示板は外していないだけに、きっかけひとつで再び連勝街道に乗るだけの可能性を秘めている。

     初のGI制覇となったJBCクラシックは川崎記念と同じ川崎2100mで開催されたものだけに、今回の舞台は不安なし。05年タイムパラドックス、10年ヴァーミリアン、12年スマートファルコンと、このレースを3度制している武豊騎手の手綱捌きにも注目したいところだ。

    【川崎記念】レース前談話~陣営の思惑

    〔1〕イッシンドウタイ・内田勝師「前走は結果的に重かったかも。ただ、状態自体は上向いているし、10キロくらい絞れていれば違うと思う。あとはうまく折り合いがつけられれば」

    〔2〕コスモカット・宗形竹師「2走前に左回りでいい伸びを見せていたし、状態はキープしている。相手が強いからどこまでやれるか」

    〔3〕アウォーディー・松永幹師「リフレッシュしていい状態で戻ってきた。小回りでも気を抜かずに走れれば。左回りはいいし、衰えはまったく感じない。相手は強いけど頑張ってほしい」

    〔4〕サウンドトゥルー・高木登師「前走は勝った馬にうまく乗られてしまいましたね。昨秋からコンスタントに使っているけど、今回もいい状態をキープ。コース形態的に川崎が得意とはいえない馬だけど、自分から動いていくような競馬ができれば」

    〔5〕キャッスルクラウン・渋谷博師「相手は強いけど、2100メートルは合うし仕上がりもいい。しまい勝負で上位を目指してほしい」

    〔6〕ケイティブレイブ・目野哲師「追い切りの動きはよかった。中間も変わらずいい状態。前走もよく粘ってくれたし、最近はどんな競馬でもできる。コースは問わない」

    〔7〕アポロケンタッキー・富岡助手「変わりなくいい動き。前走は後ろすぎたかなと思う。内田騎手も『合っているんじゃないかな』と前走後に言ってくれたし、2100メートルの小回りなら展開ひとつで勝ち負けできる」

    〔8〕グレンツェント・加藤征師「前走は相手も強かったけど、着差的に大崩れはしていないし、この馬の力は示すことができたと思う。小回りで時計がかかるような競馬は合っているし、しっかりとスタートを決めてうまく運べれば」

    〔9〕メイショウスミトモ・南井克師「前走後は在厩で調整した。レース展開がどうなるか分からないが、地方のコースなので好位からの競馬をしてほしい。結果を出したいね」

    〔10〕ディアドムス・森下淳師「1週前にしっかり追っているし、やり過ぎないように追い切って力は出せる状態。今回はこの相手でペースが違うけど、今後に繋がるレースをしてほしい」

    強豪集結の川崎記念 1番人気は武豊騎手のアウォーディー

    アウォーディー(牡8、栗東・松永幹夫)は昨年、中央・地方・海外で走り掲示板を外さない堅実さを見せた。2016年のJBCクラシックから勝利は遠ざかっているが、その時以来の川崎競馬場で復権の勝利の可能性も十分。

     ケイティブレイブ(牡5、栗東・目野哲也厩舎)は昨秋未勝利に終わったものの、3・2・4・3着といずれのレースでも崩れることはなかった。逃げる競馬も控える競馬もできるタイプだが、コパノリッキーが引退した今回はどんなレースを見せてくれるか。

     サウンドトゥルー(セ8、美浦・高木登厩舎)は昨年末の東京大賞典で2着。チャンピオンズCでは11着と惨敗してしまったが、改めて力のあるところを見せた。明け8歳ながら衰えは感じられず、昨年(2着)以上の結果は十分に期待できる。

     枠順は以下の通り。

    1-1 イッシンドウタイ(牡9、赤岡修次・川崎・内田勝義)
    2-2 コスモカット(牡5、丹内祐次・大井・宗形竹見)
    3-3 アウォーディー(牡8、武豊・栗東・松永幹夫)
    4-4 サウンドトゥルー(セ8、大野拓弥・美浦・高木登)
    5-5 キャッスルクラウン(牡4、中野省吾・船橋・渋谷信博)
    6-6 ケイティブレイブ(牡5、福永祐一・栗東・目野哲也)
    7-7 アポロケンタッキー(牡6、内田博幸・栗東・山内研二)
    7-8 グレンツェント(牡5、森泰斗・美浦・加藤征弘)
    8-9 メイショウスミトモ(牡7、古川吉洋・栗東・南井克巳)
    8-10 ディアドムス(牡6、岡部誠・大井・森下淳平)

     10時00分時点での単勝人気順は以下の通り。

    アウォーディー 2.5
    ケイティブレイブ 5.0
    アポロケンタッキー 6.2
    サウンドトゥルー 6.3
    メイショウスミトモ 7.0
    ディアドムス 10.6
    グレンツェント 11.7
    コスモカット 162.3
    キャッスルクラウン 231.9
    イッシンドウタイ 240.5





    アウォーディー・・・・武豊だしなw




    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj









    競馬ジャパンへ行く


    根岸S|2018年|注目馬ニュースまとめ「カフジテイク」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【根岸S】カフジテイク3頭目の連覇の可能性は十分

    中山開催が終了し、関東圏の競馬は東京に舞台が移る。開幕週の日曜メインは根岸S(28日、GIII、ダート1400メートル)。1着馬にフェブラリーS(2月18日、GI、東京、ダート1600メートル)の優先出走権が与えられる重要ステップレースだ。昨年の1、2着馬など、中央のダート重賞の常連メンバーだけではなく、地方競馬からも2頭が出走予定。真冬の府中で手に汗握る攻防が見られることは間違いなさそうだ。

     昨年のこのレースで重賞初制覇を果たしたカフジテイク(栗東・湯窪幸雄厩舎、牡6歳)が、連覇を狙って出陣する。前走のチャンピオンズCは7着。1年5カ月ぶりに掲示板を外したが、後方からではなく中団からレースを進めることができたのは収穫だ。東京ダート1400メートルは3戦3勝で、最も得意とする舞台。1997、98年ワシントンカラー、2002、03年サウスヴィグラスに次ぐ3頭目の連覇の可能性は十分だ。

    【根岸S】カフジテイク「トモに力がついた感じだし、昨年勝ったレースだけに期待」

    【根岸S(日曜=28日、東京ダート1400メートル=1着馬に2・18フェブラリーS優先出走権)注目馬最新情報:栗東】カフジテイクの1週前追い切りは福永を背にウッド6ハロン84・0―39・6―13・0秒。セーブした内容で時計は目立たないが、リラックスした走りは好感。一連の状態を保っている。

     湯窪助手「いつもより前で運んだ前走(チャンピオンズC=7着)は4角での反応がやや鈍かったが、しまい盛り返したことに収穫はあった。中間は厩舎でじっくりと調整。トモに力がついた感じだし、昨年勝ったレースだけに期待している」

    【根岸S】カフジテイク条件ベスト 連覇でG1再挑戦へ勢いつける

    「根岸S・G3」(28日、東京)

     カフジテイクを管理する湯窪師は、思わず苦笑いだ。「どうしても展開に左右されてしまう。流れひとつなんだけどね。末脚がしっかりとしているのは確かだから」。悲願のG1奪取を期待された昨年の秋は、南部杯(盛岡)4着、チャンピオンズC(中京)7着と結果を残すことができなかった。

     「(前走の)チャンピオンズCも前残りの展開になってしまったからね。直線は盛り返しているけど…」。もどかしい思いを抱きながら、そう振り返る。とは言いながらも、思い直したように「ここは昨年勝っている条件だし、ぴったりだと思う。前走後は在厩で調整して、順調にきている。今後のレース選択も難しくなるから、ここは賞金を加算しておきたいんだ」と力を込めた。

     中間は2週連続で福永が騎乗。併せ馬を行った1週前は、栗東CWでドリームバンバン(3歳未勝利)を4馬身追走する形から、きっちりと併入に持ち込んだ。「しっかりと負荷をかけておいた。最近、ゲートは安定したよね。ただその分、最後が甘くなってしまうのはもどかしい」と、再びコンビ結成となった主戦は分析し、「末脚を伸ばす競馬になると思うけど、きっちりと勝ちに行きたい」と気合を入れた。

     明けて6歳。残されたG1制覇のチャンスは少ない。まずは3戦3勝と得意の舞台で本領を発揮。勢いをつけて再び、砂上の頂点にチャレンジする。





    カフジテイク・・・追い込みが決まる馬場ならw





    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj









    競馬ジャパンへ行く


    シルクロードS|2018年|注目馬ニュースまとめ「ダイアナヘイロー」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【シルクロードS】2月末で引退の福島師、ダイアナヘイローでVなるか

    2月末で引退を迎える福島信晴調教師(栗東)が、シルクロードS・GIIIにダイアナヘイロー(牝5歳)を登録している。同調教師は1989年の厩舎開業以来、JRA通算358勝を挙げており、JRA重賞14勝をマーク。2015年にはアンバルブライベンでシルクロードSを制している。

     ダイアナヘイローは昨年、戎橋特別(500万下)→皆生特別(1000万下)→佐世保S(1600万下)→GIII北九州記念と芝1200メートル戦で4連勝を記録し、GIのスプリンターズSにも出走(15着)した。同馬にはシルクロードS連覇を狙う武豊騎手が騎乗予定だが、引退が迫る福島調教師に重賞タイトルをプレゼントすることができるだろうか。

     また、同じく2月末で引退を迎える和田正道調教師(美浦)は、ユキノアイオロス(セン10歳)を登録している。同調教師は現役トップの出走回数を誇り、1月23日現在でJRA通算10594戦671勝という成績を挙げている。ユキノアイオロスは今回が通算75戦目で初の重賞挑戦となるが、2002年のシルクロードSでは9歳馬のゲイリーフラッシュが通算62戦目で重賞初制覇を遂げている。なお、同馬には川島信二騎手が騎乗予定である。

    【シルクロードS】ダイアナヘイロー「中間の動きは絶好調と言えるくらい」

    【シルクロードS(日曜=28日、京都芝内1200メートル)注目馬23日朝の表情:栗東】初のGI挑戦となったスプリンターズSでは15着大敗を喫したダイアナヘイロー。だが、放牧に出してじっくり立て直されたこともあって、この中間は稽古で抜群の動きを披露。陣営も好仕上がりをアピールした。

     福島調教師「それまでに随分、使っていたし、疲れもあったのかな。ただ、いい経験はできたと思う。順調にきているし、中間の動きは絶好調と言えるくらい、よく動いているよ」

    【シルクロードS】ダイアナヘイロー充電完了 好相性の京都で再スタートだ!

      「シルクロードS・G3」(28日、京都)

     輝きを取り戻す。ダイアナヘイローは昨年の夏、破竹の4連勝で北九州記念を制覇。天性のスピードに磨きをかけ、一気にスターダムへと上り詰めた。

     果敢に挑んだ前走のスプリンターズSは、G1の洗礼を受けて15着に大敗。それでも、福島師に悲観の色は見られない。「夏場にずっと使ってきて、G1を使えるところまできたからね。正直、絶好調だった北九州記念の出来には物足りなかった」。使い詰めで“お釣り”は残っていなかったが、出来さえ戻れば見直せるはずだ。

     前走後の休養で充電完了。帰厩後は坂路とコースを併用し、ひと追いごとに素軽さを増してきた。1週前は栗東坂路で4F51秒9-37秒3-12秒2の好時計をマーク。指揮官は「リフレッシュ効果は十分。体もひと回り大きくなっているし、成長を感じる」と仕上げに太鼓判を押す。

     師の定年により厩舎は2月末で解散。主戦を務める武豊も気合が入る。「福島厩舎としてレースに使うのは、あと2回ぐらいだろうからね。去年の夏は強かった。立て直していると思うし、京都も勝っている。何とか、また福島先生と勝てればいいね」。過去1・2・1・3・2・2・2着と好相性の京都芝で、確実にチャンスをモノにしたい。





    ダイアナヘイロー引退調教師だけに期待できるかなw





    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj









    競馬ジャパンへ行く


    アメリカJCC|2018年|注目馬ニュースまとめ「ゴールドアクター」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【AJCC】ゴールドアクター、ユタカマジックで復活だ

     初春の中山開催のラストを飾るのは「第59回AJCC」(21日、GII、芝2200メートル)。注目は半年のブランク明けとなるゴールドアクターだ。かつてのGP有馬記念馬が、威勢のいい4歳馬たちに威厳を示せるか。

     “千両役者”が帰ってくる。ゴールドアクターは昨年の宝塚記念で3/4馬身差2着と好走し、秋のGIシリーズでも主役級の活躍が期待された。しかし疲れがなかなか抜け切らず、産経賞オールカマー、ジャパンCと予定していたレースを次々と回避。結果的に下半期を棒に振ってしまった。

     「なかなか状態が上がらなくて無理をしなかった。今年は頑張ってもらわないと」と、中川調教師は再出発を誓う。

     11日の1週前追いはWコースで一杯に追われて6F81秒7をマーク。併せた古馬1000万下に2馬身突き放されたが、「しっかり追えたのはよかった。物足りなかった息づかいも、これで変わってくるはず」と上昇を見込んでいる。

     前2戦で手綱を取った横山典騎手に先約があったため、新しい鞍上には武豊騎手を迎える。「オーナーが知り合いで『いつか乗ってほしい』と頼んでいた。(先行する)脚質も合いそう」と、キタサンブラックをスーパースターへと導いたユタカマジックに期待感たっぷりだ。

     AJCCのあとは大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)へ直行する予定。「先のこともあるから。休みが長かったけど、いい競馬ができると思う」。ミッキースワローなど伸び盛りの4歳馬の挑戦を退け、再びGI戦線のフロントランナーへと躍り出るか。(夕刊フジ)

    【AJCC】ゴールドアクター 7か月ぶりの実戦も「基本的に休み明けは得意のクチ」

     【アメリカJCC(日曜=21日、中山芝外2200メートル)注目馬最新情報:美浦】2着だった昨年の宝塚記念以来となるゴールドアクターの1週前追い切りは南ウッド6ハロン81・6―37・5―13・2秒。重い馬場を考えれば速い時計だが、重めが残る動きで先行馬に直線は突き放されて0・8秒遅れ。これでどこまで変わるか。

     二藤部助手「昨夏の函館で左トモを痛めた後は体がかなり緩んで復帰にてこずりました。ただ、ここにきてだいぶシャキッとしてきたし、直前のひと追いであらかた仕上がるはず。何よりレースでは必要以上にスイッチが入ってしまう気性。基本的に休み明けは得意のクチですから」

    ゴールドアクター順調、昨秋より状態いい/AJCC

     今週の日曜中山メインはAJCC(G2、芝2200メートル、21日)が行われる。

     宝塚記念(2着)以来7カ月ぶりの実戦になるゴールドアクター(牡7、中川)は、美浦坂路をゆったりと2本駆け上がった。オールカマーから始動を予定していた昨秋は1度入厩したが、体調が整わず放牧に出た。中川師は「去年の秋に入厩して(放牧に)出した時より、今の方が状態がいい。体も500キロを切るぐらいで太い感じはしない」と、順調な調整に手応えを感じていた。





    ゴールドアクターは武豊でどうなるかなって感じですかね。





    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj









    競馬ジャパンへ行く


    このページのトップヘ