競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:重賞注目馬

    高松宮記念予想|2017年|レッドファルクスについて調べてみました

    レッドファルクス-共同会見

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000006-kiba-horse

    昨年のスプリンターズS(GI)の勝ち馬、

    レッドファルクス(牡6・美浦・尾関知人)が得意の中京でもGI制覇を狙う。

    同馬を管理する尾関調教師の共同記者会見が、美浦トレーニングセンターで行われた。(今年初戦がGIとなるが、前走後の調整過程は?)「香港スプリント(GI・12着)の後、帰ってきて疲れが見られました。

    もしかしたら香港スプリントより前の3戦、頑張ってきた中での見えない疲れがあったのかもしれません。そういう意味でも、考えていた以上にダメージがありましたし、この馬自身左回りの方が良い馬なので、オーシャンSを使うのが良いのかどうかというのもありましたから、体調面も含めて総合的に判断して、高松宮1本という形にはなりました。

    香港スプリント後は、最初に休養したミホ分場とその後立ち上げてもらった山元トレセンでケアをして頂いたので、良い状態でここまで来れたと思います」(トレセンに帰厩してからの調整過程は?)「調教を重ねていくとどこかしらでトモなどに少し疲れが出るタイプだったのですけども、今回に関してはそんなにそういうところも見られず、順調に1本1本追い切りを重ねてきました。いろいろな経験を重ねてきて、馬体的にも成長してくれているのだと思います」(最終追い切りについて)「クラスは下ですが調教で動くアースコレクションと先週併せ馬で追い切って、だいぶスイッチが入ったかなという感じでした。今日の追い切りは昨日の雨もあったのでどのコースにしようか悩んだのですが、ウッドチップコースでやりました。

    1、2年前ならモタモタしていたところもあったのですが、今日は終いも良い反応で動いてくれました」(同じ3か月振りとなる昨年のスプリンターズSとの違いは?)「トレセンに帰ってきてからは、同じような感じで進められていると思います」(ということは勝利の可能性も高い?)「この馬がいかに気持ち良く力を発揮できる状態に持っていけるかを考えながらやってきて、それに近づきつつあるのかなという感じです。

    これは完全に私見なんですけど、スプリンターズSは正直、プラスアルファがいろいろないと勝てないと思っていましたが、それがうまくいってGIウイナーになることができました。

    高松宮記念に関しては、中京競馬場というコース的なことを考えると、この馬が普通にしっかり走れる状態を作れば良いというイメージです」(滅法強い中京競馬場だが、自信は?)「中京競馬場は左回りなので結果が出ています。

    ただ昨年のCBC賞(GIII・1着)の時は多少暑くもなってきていましたし、調子も絶好調とは言えないと思って送り出したのですけど、競馬場の装鞍所に来た時にすごく馬が元気になっていて、本当に中京競馬場が好きなんだなという感じがしました(笑)」

    (相手関係については?)「あまり他の馬のことは考えずに…。去年、一昨年と高松宮記念に出走させたいという思いはあったのですけど、どちらも賞金で全然足りませんでした。

    CBC賞を勝ってからここを目標に考えてきて、今回ようやくたどり着きましたので、この馬自身の競馬をさせられるようにできれば良いと思います」

    (2つ目のGI制覇に向けての思いは?)「ここまでのスプリント路線を考えても、無事に競馬に出走するというのが1番だなというのを改めて感じさせられた部分もありますので、そのあたりも片隅に置きながら、しっかりやっていきたいなと思います」

    (この馬が尾関厩舎の大黒柱的な存在に?)「去年まで5年間、高松宮記念に出てくれたサクラゴスペルが一線級を退いたので、それを引き継ぐように頑張ってもらいたいですね」
    レッドファルクス-調教ニュース

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000070-sph-horse
    ◆高松宮記念追い切り(22日)  
    第47回高松宮記念・G1(26日、中京・芝1200メートル)で、昨秋のスプリンターズSに続いて
    春の短距離王座を狙うレッドファルクス(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)が22日、美浦のWコースでの追い切りで力強い動きを見せた。  

    内ザッツクール(3歳未勝利)を3馬身半追走し、直線で並びかけて強めに追われると、グンと脚を伸ばして1馬身半先着した。尾関調教師は「(併走馬は)ちょっとクラス的に下だが、すごく動く馬と追い切って、だいぶスイッチが入ったかなと。

    今まではWコースでもたもたするところもあったが、しまいすごくいい反応で動いてくれた」と納得の表情を見せた。  

    昨年12月の海外G1初挑戦となった前走の香港スプリントは、後方で伸びを欠いて12着に大敗。その後は高松宮記念に絞って、調整を進めてきた。

    同師は「トレセンに帰って来てからは、(スプリンターズS当時と)同じような感じで進められてきている」と、立て直しに手応えを感じている様子だった。
    【高松宮記念予想|2017年|レッドファルクスについて調べてみました】の続きを読む

    5
    京都記念予想|2017年|サトノクラウンニュースと動画のまとめ


    ギャロップジャパンの予想が熱いすぎる
    無料予想で儲けませんか?



    サトノクラウン余裕の併入

     G2京都記念(12日)連覇を狙う昨年の優勝馬サトノクラウンが、メンバー中唯一の木曜追いを行った。美浦Wコースで新馬を相手に余裕の併入で好調をアピール。昨年暮れの香港ヴァーズで悲願のG1初制覇。今年はG1馬として“タイトル防衛”を果たすか。

     冷たいみぞれが降りしきるWコースを、サトノクラウンが軽快な脚取りで駆け抜けていく。向正面から馬場入りし、今週デビューする新馬ソレイユドパリを1馬身先行させてスタート。3角ですぐに追い付くと、そこからゴールまでびっちり併走。残り100メートルでいったん半馬身ほど前に出たが、最後は手応えに余裕を残し、後輩馬を招き入れるように併入した。

     計時は馬なりで5F69秒8~1F13秒3と無理せず馬任せだったが、平凡なタイムを感じさせないスピード感が目を引いた。「動きは良かったですね」と森助手も納得の表情を見せた。

     G2までは完勝しても、G1では不完全燃焼の競馬が続いていたクラウン。だが、昨年暮れの香港ヴァーズは圧巻のひと言。それまでとは別馬のような切れ味を発揮し、3カ国でG1・4勝のハイランドリールを差し切る大金星を挙げた。異国の地で達成した悲願の初G1制覇。森助手は激変の理由を「気持ちを走る方に向けることを重点的に調教してきた結果。モーリスやネオリアリズムといった強い馬と一緒に調整できたことも大きかった。春に1度、香港遠征(クイーンエリザベス2世C12着)を経験したことも生きた」と分析する。

     晴れてG1馬となり、今年はレース連覇を懸けて1歳下のダービー馬マカヒキと激突する。「昨年と比べると体に余裕があるが、調教は動いている。香港遠征の疲れもなく順調に調整できたので期待している」と森助手。課題だった精神面を強化し、ワールドクラスのハイランドリールを撃破したのは、馬にとっても大きな自信になったはず。昨年Vの手綱を取った名手ミルコ・デムーロと、丸1年ぶりのコンビ復活も頼もしい限り。新生クラウンの真価が問われる一戦だ。


    サトノクラウン魅せる”世界の脚”態勢充分重馬場も問題ない

     「京都記念・G2」(12日、京都)

     “世界の脚”を放つ準備は整いつつある。香港ヴァーズでG1初制覇を成し遂げたサトノクラウン。欧州の強豪ハイランドリールを鮮やかに差し切ったその姿は、海外のホースマンに強烈なインパクトを与えた。あれから2カ月。上々の態勢を整え、次なる狙いは“ダービー馬斬り”だ。

     9日の最終リハは美浦W。ソレイユドパリ(3歳新馬)と序盤から馬体を並べ、直線ではインへ潜り込む。早朝の雪でぬかるんだチップを苦にすることもなく、手応え優勢のまま併入でフィニッシュを決めた。5F69秒7-40秒6-12秒9。数字は地味だが、滑らかな動きが出来の良さを伝えてくる。

     「水曜の段階で510キロ(前走は484キロ)。輸送しても少し余裕が残るかもしれません」と森助手が語るように、見た目にも腹回りは立派に映る。それでも活気みなぎる姿と走りの力強さは、さすがG1馬と思わせるレベル。「調教の動きはいいので、力を出してくれるでしょう」と信頼の言葉を口にした。

     昨年の下半期は天皇賞・秋が14着、一転して香港ヴァーズをV。「気持ちを走る方へ向けていく調整をしました」と気ムラな素質馬の調教法をトップステーブルは既に把握済み。振幅の激しい成績からの脱却に手応えをつかんでいる。「去年は重馬場で勝っていますから。苦にしないです」と週末の雪予報もお構いなし。マカヒキ撃破へ、大きな期待を胸に出陣する。

    サトノクラウンの強めに追われて「落ち着いて挑めば連覇が期待できる」

    【京都記念(日曜=12日、京都芝外2200メートル)注目馬9日朝の表情:美浦】サトノクラウン(写真手前)は南ウッドで3歳新馬のソレイユドパリと併せ馬。ラストは強めに追われて併入に持ち込んだ(5ハロン69・4―54・9―40・4―12・9秒)。まだ昨秋のうなるようなデキには至らないが、ここ2週はしっかりと追い切られており、太く映った馬体も徐々に良化。このひと追いで態勢は整った印象だ。

     森助手「まだ体重は重めが残っているが、もともと輸送で大きく減るタイプ。前走(昨年暮れのGI香港ヴァーズ=1着)が強い内容だったし京都も合う。今回もイレ込むことなく落ち着いて臨めれば連覇が期待できるはず」

    連覇を狙うサトノクラウン中間の雨も追い風
    【京都記念予想|2017年|サトノクラウンニュースと動画のまとめ】の続きを読む

    5
    クイーンC予想|2017年|フローレスマジックのニュース動画まとめ

    競馬ファンならここを信頼・・・チェンジの予想が熱いz

     土曜日に行われる3歳牝馬による重賞、クイーンC(GIII・芝1600m)に、美浦から出走する注目馬について、関係者に話を聞いた。

    ■フローレスマジック(牝3・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
    「前走のアルテミスS(GIII・2着)後は放牧に出て、牧場でもしっかり乗っていました。前走から20キロほど増えていて、減っていた体も戻ってきています。先週水曜日と日曜に時計を出して、今週(2/8)は3頭併せの追い切りでした。追い切るごとに動きの質が上がっています。若い牝馬ですから、前走後に休めたのもプラスでしょう。まだ若さもあって血統的にもこれから良くなると思いますが、現時点での能力は高いですね。先に繋がる競馬ができればと思います」

    ■アエロリット(牝3・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「今週は坂路で良い動きでした。体は少し締まってくるのではないかと思います。前走(フェアリーS・GIII・2着)のように、休み明けでレースに向けて仕上げていくのはきついところもありました。今回は1度使って短期放牧でリフレッシュをして、このくらいの間隔で競馬に使いますが、この馬にとっては仕上げやすかったです。不器用なところがあるので、中山よりも東京の方が合っていると思います。桜花賞に出走させたいので、1600mにこだわっています。前向きさとスピードを生かした競馬をしてほしいですね」

    ■ハナレイムーン(牝3・美浦・堀宣行)について、森調教助手。
    「昨年11月の新馬戦に勝った後は放牧に出て、帰厩後はここを目標に順調に乗り込んでいます。休み明けですが、追い切りの動きも良くて仕上がりも良さそうです。飼い葉食いは相変わらずで、もう少し食べてくれればと思います。馬体重は今週火曜日の時点で427キロで、恐らく新馬戦と同じくらいの目方になるでしょう。もうひと回り体がフックラするのが理想ですが、現状ではまずまずではないかと思います。

     男馬に比べて若干控えた調教ですが、追い切りはしっかりやっています。あとはキャリア一戦で、まだ強いメンバーと当たっていないのがマイナスではありますが、素質はヒケを取らないと思います」

    ■コマノレジーナ(牝3・美浦・菊川正達)について、菊川調教師。
    「先週は併せ馬でしっかり負荷をかけているので、今週(2/8)は単走で無理せず息を整える程度の追い切りでしたが、動きは良かったです。中間も順調ですし、1度使った上積みもあります。テンションが上がりやすい血統なので、そのあたりを注意してやってきましたが、我慢ができていて精神面はうまくいっています。体の維持もできていますね。走る馬なのは間違いないと思いますが、キャリアが浅いので、東京でどういう競馬ができるかですね。重賞でどこまでやれるか楽しみもあります」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

     
     
    【クイーンC予想|2017年|フローレスマジックのニュース動画まとめ】の続きを読む

    共同通信杯|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ

    <共同通信杯:追い切り>

     クラシックの“登竜門”共同通信杯(G3、芝1800メートル、12日=東京)の追い切りが8日、東西トレセンで行われた。良血馬ムーヴザワールド(牡3、石坂)は坂路で併走。4ハロン53秒1-12秒8をマークし、石坂師は「予定通りの調整」と満足そうな表情を見せた。デビュー2戦目で3着に好走した東スポ杯2歳Sと同じ舞台で、今春の主役候補に名乗りを上げるか。

     朝一の坂路でヴィッセン(古馬1000万)と併走したムーヴザワールドは、ほぼ馬なりで併入を果たした。覇気のある走りは、順調さをアピールするのに十分。石坂師は「先週もかなり負荷をかけて、きさらぎ賞を使えるぐらいの状態だった。時計は速かったが輸送もあるし、今回はしまいだけ調整という感じ。予定通りにきています」と満足感を隠さなかった。

     新馬戦を快勝した後に臨んだ東スポ杯2歳Sでは、早めに先頭に立ちブレスジャーニー、スワーヴリチャードにかわされ首+鼻差の3着。「少し加速がつきにくいので、早めに先頭に立った。押し切ってほしかったけど、相手が強かったですね」と師は振り返る。今回は3カ月ぶりの実戦となるが「若馬なので、詰めて使う必要もないしね。クラシックへ向け、いったんリフレッシュしました。放牧先でも順調だし、帰厩後も順調にきています。この3カ月で成長していると思う」と力を込めた。

     同厩舎の全姉タッチングスピーチは、一昨年のローズSでミッキークイーンを下し、エリザベス女王杯では3着。昨年の京都記念でもサトノクラウンの2着と牡馬相手にも好走した。その姉も果たせなかったクラシック出走。「加速に時間がかかるけど、しまいはしっかりしている馬。(賞金を加算して)クラシックの権利を取りたいですね」。G1・14勝の名トレーナーは「クラシック」という言葉を繰り返した。【中上博】


    ムーヴザワールド、クラシック参戦へ万全の出来

    ◆共同通信杯追い切り(8日・栗東トレセン)

     第51回共同通信杯・G3(12日、東京)でクラシック参戦への賞金加算を狙うムーヴザワールドは栗東・坂路で絶好の動きを披露した。

     素質馬が勝負のG3へ、しっかり態勢を整えてきた。ムーヴザワールドは栗東の坂路でヴィッセン(6歳1000万)と併せ馬。2ハロン目からスピードアップしてラスト2ハロンを12秒4、12秒8。抜け出ていた僚馬を上回る手応えで、全体53秒1で楽に併入に持ち込んだ。

     「先週、負荷をかけてやったので大体できています。今回は輸送もあるし、時計は先週と似たものだけど、より調整の感じ」と石坂調教師。先週は53秒2だが馬場の荒れた後半で、この日は開門まもない馬場。異なるパターンで2週続けてマークした、53秒0(昨年9月)の自己ベストに迫る時計が万全の出来を示す。

     「いきなりは少し難しいかと思ってました」と石坂調教師が振り返る初戦で、エアウィンザーとの良血対決を首差勝利。3着を2馬身離したのが地力の違いだ。G3に挑んだ前走は首、鼻差の3着だが、キャリア2走目だけにトレーナーは悲観していない。「加速がつきにくいので、早めの仕掛けで。押し切ってほしかったけど、重賞でよく頑張ってくれました」

     全姉タッチングスピーチは3歳秋のローズSを勝ち、エリザベス女王杯3着。成長力を期待できる血統で「以前はバタバタと走っていたけど、素軽さが出てきました」と古川助手は昨秋からの変化を認める。「3か月でどれくらい成長してるのか。ただ、成長を感じます。何とかクラシックへの権利を取りたい」。石坂調教師のストレートな言葉は、そのまま期待の表れだ。(宮崎 尚行)


    ムーヴザワールド、調教の中身が前走と大違いで「楽しみしかない」

     

    【共同通信杯(日曜=12日、東京芝1800メートル)栗東発トレセン秘話】共同通信杯に出走するムーヴザワールドについて、前走の東京スポーツ杯2歳S(3着)ウイークに当コラムでこんなことを書いた。

    「直前の追い切りでは前が邪魔になり、ブレーキをかける場面がありながらも、その後即座に伸び返したところに非凡な瞬発力が表れている」と。

     一方で、しっかりやるはずの追い切りが軽くなってしまう誤算となったのも事実だ。日迫厩務員は当時をこう振り返る。

    「あの時は1週前の稽古も軽かったし、当週も結果的に軽めになってしまって…。あれで重賞(を勝つの)は正直、楽じゃないと思った。あそこまで走ってくれたことに、ちょっと驚きましたね」

     当時の調整過程に比べ、今回のそれはどうだ。3週前の時点で栗東坂路4ハロン53・2秒の時計をマークし、その後2週が53・1→53・2秒。最速タイムが54・8秒というプロセスでレースに向かった前回と、時計の出し方に明確な違いがあるのは一目瞭然ではないか。

    「2週前の時点ですでに前回の乗り込み量を超えているんじゃないかな。馬はそこまで大きく変わってはいないけど、少なくとも調教の中身は全然違うよ」(日迫厩務員)

     この馬の調教を日々つけている古川助手の言葉もまた力強い。

    「前回に比べて数を乗ってきたし、1週前にビシッと追って、しんどいところまで回転数を上げたからレース当週はさらに良くなってくれるはず。これまでは体の大きさに中身がついてこない感じで、全ての動きがスローに感じたけど、そういう面がなくなってきたところに成長を感じる。今回は楽しみしかない」

     2017年牡馬クラシック戦線の主役の一頭にムーヴザワールドが名乗りを上げる――。共同通信杯はそんなレースになることを半ば確信している。

    【共同通信杯|2017年|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ】の続きを読む

    朝日杯FS予想|2016年|ミスエルテまとめ



    ミスエルテ|ソウルスターリングに負けるまで負けなれない

    【朝日杯フューチュリティステークス(日曜=18日、阪神芝外1600メートル)注目馬13日朝の表情:栗東】先週の阪神JFを制したソウルスターリングに続くか、注目が集まるフランケル産駒のミスエルテは坂路でキャンター。

     斉藤助手「帰厩してからは順調に調整できているけど、一戦ごとにテンションが上がってきている感じで、この中間も少し高いかな。前走(ファンタジーS=1着)は出遅れて差す形になったけど、先々を考えると収穫のあるレースになったと思う。当日、パドックからジワジワとスイッチが入っていくタイプ。ここは自分との闘いになるが、ソウルスターリングと対戦するまでは無敗でいきたいですね」

    馬体診断

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、朝日杯FSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…朝日杯FS馬体診断

     【ミスエルテ 評価=A】

     同じフランケル産駒で、阪神JFを制したソウルスターリングよりは20キロほどサイズは小さいが、大まかなシルエットは似ている。偶然とは言え、カメラをにらむ鋭い目つきになっているあたりも、父の闘争本能を継承しているようだ。

     ただミスエルテの方が首差しが短めで太く、筋肉量が豊富のためマイルあたりまでが適性距離になりそうだ。つなぎは短いが立ち気味。これが素晴らしい加速力と爆発力を生んでいる。

     デビュー戦から6キロ減で挑んだファンタジーSが少し寂しい腹構えに映ったが、終始チャカついた仕草がよりそう見せたのかもしれない。追い切り後の撮影を考慮すれば、腹のラインは適性でトモの膨らみも文句なし。いい状態で出走できそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東CWで6F84秒1-39秒7-11秒9(馬なり)。しっかり道中で我慢を利かせて、ラストは余裕の手応えで僚馬と併入した。順調に来ている。


    ミスエルテー調教ニュース

     ミスエルテは小雨の降る坂路を4F67秒5で流し、14日の追い切りに備えた。いくらか細身に映るが元気だ。

     阪神JFを制した同じフランケル産駒ソウルスターリングを「強かったですね」と振り返った池江師。レースに向けて「前走に関しては追うことができたのが一番の収穫。うまく脚がたまれば、いい瞬発力がありますから」と期待を寄せる。それでも「まだまだテンションや折り合いにカイバ食いなど、課題は山積みです」と口元を引き締めていた。

    【朝日杯FS予想|2016年|ミスエルテまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ