競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:重賞注目馬

    共同通信杯|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ

    <共同通信杯:追い切り>

     クラシックの“登竜門”共同通信杯(G3、芝1800メートル、12日=東京)の追い切りが8日、東西トレセンで行われた。良血馬ムーヴザワールド(牡3、石坂)は坂路で併走。4ハロン53秒1-12秒8をマークし、石坂師は「予定通りの調整」と満足そうな表情を見せた。デビュー2戦目で3着に好走した東スポ杯2歳Sと同じ舞台で、今春の主役候補に名乗りを上げるか。

     朝一の坂路でヴィッセン(古馬1000万)と併走したムーヴザワールドは、ほぼ馬なりで併入を果たした。覇気のある走りは、順調さをアピールするのに十分。石坂師は「先週もかなり負荷をかけて、きさらぎ賞を使えるぐらいの状態だった。時計は速かったが輸送もあるし、今回はしまいだけ調整という感じ。予定通りにきています」と満足感を隠さなかった。

     新馬戦を快勝した後に臨んだ東スポ杯2歳Sでは、早めに先頭に立ちブレスジャーニー、スワーヴリチャードにかわされ首+鼻差の3着。「少し加速がつきにくいので、早めに先頭に立った。押し切ってほしかったけど、相手が強かったですね」と師は振り返る。今回は3カ月ぶりの実戦となるが「若馬なので、詰めて使う必要もないしね。クラシックへ向け、いったんリフレッシュしました。放牧先でも順調だし、帰厩後も順調にきています。この3カ月で成長していると思う」と力を込めた。

     同厩舎の全姉タッチングスピーチは、一昨年のローズSでミッキークイーンを下し、エリザベス女王杯では3着。昨年の京都記念でもサトノクラウンの2着と牡馬相手にも好走した。その姉も果たせなかったクラシック出走。「加速に時間がかかるけど、しまいはしっかりしている馬。(賞金を加算して)クラシックの権利を取りたいですね」。G1・14勝の名トレーナーは「クラシック」という言葉を繰り返した。【中上博】


    ムーヴザワールド、クラシック参戦へ万全の出来

    ◆共同通信杯追い切り(8日・栗東トレセン)

     第51回共同通信杯・G3(12日、東京)でクラシック参戦への賞金加算を狙うムーヴザワールドは栗東・坂路で絶好の動きを披露した。

     素質馬が勝負のG3へ、しっかり態勢を整えてきた。ムーヴザワールドは栗東の坂路でヴィッセン(6歳1000万)と併せ馬。2ハロン目からスピードアップしてラスト2ハロンを12秒4、12秒8。抜け出ていた僚馬を上回る手応えで、全体53秒1で楽に併入に持ち込んだ。

     「先週、負荷をかけてやったので大体できています。今回は輸送もあるし、時計は先週と似たものだけど、より調整の感じ」と石坂調教師。先週は53秒2だが馬場の荒れた後半で、この日は開門まもない馬場。異なるパターンで2週続けてマークした、53秒0(昨年9月)の自己ベストに迫る時計が万全の出来を示す。

     「いきなりは少し難しいかと思ってました」と石坂調教師が振り返る初戦で、エアウィンザーとの良血対決を首差勝利。3着を2馬身離したのが地力の違いだ。G3に挑んだ前走は首、鼻差の3着だが、キャリア2走目だけにトレーナーは悲観していない。「加速がつきにくいので、早めの仕掛けで。押し切ってほしかったけど、重賞でよく頑張ってくれました」

     全姉タッチングスピーチは3歳秋のローズSを勝ち、エリザベス女王杯3着。成長力を期待できる血統で「以前はバタバタと走っていたけど、素軽さが出てきました」と古川助手は昨秋からの変化を認める。「3か月でどれくらい成長してるのか。ただ、成長を感じます。何とかクラシックへの権利を取りたい」。石坂調教師のストレートな言葉は、そのまま期待の表れだ。(宮崎 尚行)


    ムーヴザワールド、調教の中身が前走と大違いで「楽しみしかない」

     

    【共同通信杯(日曜=12日、東京芝1800メートル)栗東発トレセン秘話】共同通信杯に出走するムーヴザワールドについて、前走の東京スポーツ杯2歳S(3着)ウイークに当コラムでこんなことを書いた。

    「直前の追い切りでは前が邪魔になり、ブレーキをかける場面がありながらも、その後即座に伸び返したところに非凡な瞬発力が表れている」と。

     一方で、しっかりやるはずの追い切りが軽くなってしまう誤算となったのも事実だ。日迫厩務員は当時をこう振り返る。

    「あの時は1週前の稽古も軽かったし、当週も結果的に軽めになってしまって…。あれで重賞(を勝つの)は正直、楽じゃないと思った。あそこまで走ってくれたことに、ちょっと驚きましたね」

     当時の調整過程に比べ、今回のそれはどうだ。3週前の時点で栗東坂路4ハロン53・2秒の時計をマークし、その後2週が53・1→53・2秒。最速タイムが54・8秒というプロセスでレースに向かった前回と、時計の出し方に明確な違いがあるのは一目瞭然ではないか。

    「2週前の時点ですでに前回の乗り込み量を超えているんじゃないかな。馬はそこまで大きく変わってはいないけど、少なくとも調教の中身は全然違うよ」(日迫厩務員)

     この馬の調教を日々つけている古川助手の言葉もまた力強い。

    「前回に比べて数を乗ってきたし、1週前にビシッと追って、しんどいところまで回転数を上げたからレース当週はさらに良くなってくれるはず。これまでは体の大きさに中身がついてこない感じで、全ての動きがスローに感じたけど、そういう面がなくなってきたところに成長を感じる。今回は楽しみしかない」

     2017年牡馬クラシック戦線の主役の一頭にムーヴザワールドが名乗りを上げる――。共同通信杯はそんなレースになることを半ば確信している。

    【共同通信杯|2017年|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ】の続きを読む

    朝日杯FS予想|2016年|ミスエルテまとめ



    ミスエルテ|ソウルスターリングに負けるまで負けなれない

    【朝日杯フューチュリティステークス(日曜=18日、阪神芝外1600メートル)注目馬13日朝の表情:栗東】先週の阪神JFを制したソウルスターリングに続くか、注目が集まるフランケル産駒のミスエルテは坂路でキャンター。

     斉藤助手「帰厩してからは順調に調整できているけど、一戦ごとにテンションが上がってきている感じで、この中間も少し高いかな。前走(ファンタジーS=1着)は出遅れて差す形になったけど、先々を考えると収穫のあるレースになったと思う。当日、パドックからジワジワとスイッチが入っていくタイプ。ここは自分との闘いになるが、ソウルスターリングと対戦するまでは無敗でいきたいですね」

    馬体診断

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、朝日杯FSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…朝日杯FS馬体診断

     【ミスエルテ 評価=A】

     同じフランケル産駒で、阪神JFを制したソウルスターリングよりは20キロほどサイズは小さいが、大まかなシルエットは似ている。偶然とは言え、カメラをにらむ鋭い目つきになっているあたりも、父の闘争本能を継承しているようだ。

     ただミスエルテの方が首差しが短めで太く、筋肉量が豊富のためマイルあたりまでが適性距離になりそうだ。つなぎは短いが立ち気味。これが素晴らしい加速力と爆発力を生んでいる。

     デビュー戦から6キロ減で挑んだファンタジーSが少し寂しい腹構えに映ったが、終始チャカついた仕草がよりそう見せたのかもしれない。追い切り後の撮影を考慮すれば、腹のラインは適性でトモの膨らみも文句なし。いい状態で出走できそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東CWで6F84秒1-39秒7-11秒9(馬なり)。しっかり道中で我慢を利かせて、ラストは余裕の手応えで僚馬と併入した。順調に来ている。


    ミスエルテー調教ニュース

     ミスエルテは小雨の降る坂路を4F67秒5で流し、14日の追い切りに備えた。いくらか細身に映るが元気だ。

     阪神JFを制した同じフランケル産駒ソウルスターリングを「強かったですね」と振り返った池江師。レースに向けて「前走に関しては追うことができたのが一番の収穫。うまく脚がたまれば、いい瞬発力がありますから」と期待を寄せる。それでも「まだまだテンションや折り合いにカイバ食いなど、課題は山積みです」と口元を引き締めていた。

    【朝日杯FS予想|2016年|ミスエルテまとめ】の続きを読む

    5
    【2016年】ローズS|シンハライト過去のレースとネット評価 

    競馬予想は秋予想…万馬券期待度NO1の無料情報が熱い

     「ローズS・G2」(18日、阪神)

     早くもリターンマッチが実現する。桜花賞馬ジュエラーVSオークス馬シンハライト。前哨戦とはいえ、どちらも負けられない意地がある。だが、今回に限って言えば骨折明けのジュエラーよりも、順調な仕上がりを見せているシンハライトが主役を譲らないだろう。

     1週前追い切りは栗東坂路で4F53秒5-12秒7をマーク。僚馬ゼンノブレーメン(4歳500万)を0秒3追走し、ゴール前一杯に追われて半馬身先着した。終始キビキビとしたフットワークを見せ、状態の良さをアピールした。久々に手綱を取った池添は「とてもいい動きだった。1週前としてはこれでいい。オークスは体がギリギリだったが、今はふっくらしている。カイバ食いもいいと聞いているし、順調なのは何より」と手応えをつかんだ様子だ。

     今回は鼻差敗れた桜花賞の借りを返す絶好のチャンスでもある。石坂師は「順調に仕上がっている。もともと気性面でガッチリした馬だが、ひと夏を越した成長はうかがえる。次につながるいいレースをしてくれるはず」と自信をのぞかせた。たくましさを増したオークス馬が、秋初戦でどんな走りを見せるか注目だ。

     

    個人的にはここの予想が好き
    まずは無料会員から予想をゲット
    すごい競馬が熱い



    シンハライト-過去のレース

    チューリップ賞(2016年) 



    1着 シンハライト 池添謙一
    2着 ジュエラー Mデムーロ
    3着 ラベンダーヴァレイ 戸崎圭太


    桜花賞(2016年)



    1着 ジュエラー Mデムーロ
    2着 シンハライト 池添謙一
    3着 アットザシーサイド 福永祐一


    オークス(2016年)



    1着 シンハライト 池添謙一
    2着 チェッキーノ 戸崎圭太
    3着 ビッシュ Mデムーロ


    【【2016年】ローズS|シンハライト過去のレースとネット評価】の続きを読む

    5
    小倉2歳S予想|2016年|予想・データ

     小倉の夏を締めくくる「第36回小倉2歳S」は多彩な顔ぶれがそろい話題満載の好カードだ。フェニックス賞の覇者クインズサリナは小倉ダートコースで木曜追い切りを消化。切れのあるフットワークを披露し、好調をアピールした。デビュー3連勝を飾り、開業2年目の西村厩舎に待望のJRA初の重賞を届ける。

     どんよりと曇った小倉は梅雨のようなむし暑さ。夏を締めくくる小倉2歳チャンプ決定戦の追い切りで滞在組のトリを務めたのがクインズサリナだ。山田泰助手がまたがり、午前5時の開門直後にダートコースへ。終始、楽な手応えでコーナリングもスムーズ。直線に向くと軽く仕掛けただけでスッと加速して小柄な黒鹿毛の馬体がさっそうと駆け抜けた。切れのあるフットワーク、柔らかな身のこなしが4F60秒0~1F12秒9の時計が示す以上のスピード感を感じさせる。山田泰助手は笑顔で感触を伝えた。

     「順調ですよ。うちの厩舎はそんなに速い時計を出さないので、しまいだけやりました。たまに遊ぶときがあって、先週の追い切りはハミをとらず、エッて思ったけど学習しているんでしょうね。けさは単走でも最後までしっかり走っていましたよ」

     6月に2歳戦が幕を開け、2週目の阪神芝1200メートルで早々と勝ち名乗り。その時点で次走は放牧を挟んでフェニックス賞、そのまま滞在して中2週で小倉2歳Sに向かうローテを陣営は決めた。ここ2走はスッと流れに乗り、しまいも手応え通りに脚を使って2連勝。いかにも完成度の高いタイプかと思いきや「全然、完成していないですよ。まだまだ幼くて教えることがいっぱいありますね」と伸びしろを強調する。

     開業2年目の西村厩舎にとって初のJRA重賞制覇が懸かる一戦。ローテだけでなく、この中間の調整も含め全てが予定通りで「あとは川田君に任せるだけ」と師は話す。連勝中の勢いに乗って初タイトルを手にする意気込みだ。



    1) 小倉2歳S-種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    Mayson1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%290140
    トランセンド1- 1- 0- 2/ 425.00%50.00%20292
    リーチザクラウン1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%17065
    キャプテントゥーレ2- 2- 1- 7/ 1216.70%41.70%23998
    テイエムオペラオー5- 5- 3- 21/ 3414.70%38.20%18587
    ダノンシャンティ1- 1- 1- 8/ 119.10%27.30%27509
    ダイワメジャー14- 20- 16-135/1857.60%27.00%6498
    キングズベスト1- 0- 1- 7/ 911.10%22.20%29598
    プリサイスエンド2- 3- 1- 24/ 306.70%20.00%2990
    コンデュイット1- 0- 1- 8/ 1010.00%20.00%2626
    クロフネ3- 1- 4- 47/ 555.50%14.50%12668
    アドマイヤマックス2- 0- 0- 31/ 336.10%6.10%9923
    ショウナンカンプ0- 0- 2- 37/ 390.00%5.10%066
    ファスリエフ1- 0- 0- 21/ 224.50%4.50%4015


    2) 小倉2歳S-騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    藤岡康太21- 9- 7- 97/13415.70%27.60%14966
    幸英明19- 17- 17-123/17610.80%30.10%7475
    浜中俊18- 17- 10- 64/10916.50%41.30%8475
    松山弘平17- 14- 12-158/2018.50%21.40%4177
    川田将雅12- 14- 9- 51/ 8614.00%40.70%5775
    北村友一9- 11- 14-122/1565.80%21.80%53105
    川須栄彦8- 8- 7-102/1256.40%18.40%7682
    藤岡佑介7- 8- 6- 67/ 888.00%23.90%3979
    高倉稜6- 5- 5-123/1394.30%11.50%2447
    国分恭介6- 2- 21- 92/1215.00%24.00%68135
    松若風馬6- 2- 6-100/1145.30%12.30%31481
    酒井学5- 3- 8-102/1184.20%13.60%2649
    田中健3- 2- 5- 23/ 339.10%30.30%4577
    大野拓弥1- 0- 1- 19/ 214.80%9.50%3724
    嘉藤貴行0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00


    競馬ファンなら無料予想で万馬券
    勝馬伝説の予想が熱い
    kachium





























    新潟記念2016年|ベルーフ|ネット民評価

    【平松さとしの重賞サロン】凱旋門賞(10月2日、仏シャンティイ競馬場=芝2400メートル)が近づき、いよいよ私のフランス行きも間近に迫った。このレースにはもちろん様々な思い出があるが、オルフェーヴルが挑んだ2012、13年も印象深い。

     日本の3冠馬が挑んだこの2年、いずれも私は9月初旬からまるまる1か月、現地に滞在してその挑戦を見守った。2年連続での長期滞在だったから、同馬を管理する池江泰寿調教師とも何度も食事をご一緒させていただいた。13年の時はキズナも挑戦したため、武豊騎手も一緒に3人で食事へ行ったこともあった。

     同い年で、ともにトレセン育ちの幼なじみである武豊騎手は池江師について「小さいころから真面目で、乗馬も真剣に取り組んでいた」と語っていた。事実、話していると四六時中、馬のことを考えているのだと思えることがたびたびあった。

     中でもこんな笑えるエピソードがある。フランスということで画家モネのついのすみかを見に行った時の話をすると、池江師は言った。

    「僕も見たことがあります。ピンクと黄緑の外壁でアブデュラー殿下(欧州を代表する大馬主の一人)の勝負服と同じ色ですよね」

     その池江師のベルーフが新潟記念(日曜=9月4日、新潟芝外2000メートル)に出走する。年頭の中山金杯を予定していた時は「今年の飛躍が見込める馬」と語っていたが、そこでけがをして競走除外になると、その後は少々不振に陥った。しかし、前走の小倉記念では2着と復調気配。さらなる上昇を期待したい。

     


    ベルーフ

    父-ハービンジャー 、母父-サンデーサイレンス

     

    2015年-京成杯を勝利しています

     

     

     

    521:2016/08/31(水) 18:57:11.05 ID:
    戸崎「サマージョッキーシリーズのタイトルかかってるのでアルバートドックに
    は走ってもらう。追って追って追って追ってゴールしたら足四本とも折れてるか
    もしれんが四の五の言わせない。」
    586:2016/09/01(木) 08:54:13.33 ID:
    ペルーフ買う予定ないのにここの雑魚がsageてるから紐にはいれておこう
    617:2016/09/01(木) 15:22:28.05 ID:
    ディープ産かっときゃ当たる件について
    ここでとどめの実際の目撃した報告をw
    この前アンチディープが泣きながらブリブリもらしながらで「ディープ失敗!ディープ失敗!」とさけでるのを見たw
    みんなで大笑いしたw


    引用元:



    勝馬伝説が熱いwwww
    無料予想で万馬券とは
    かなり期待度大
    kachium
















    【新潟記念2016年|ベルーフ|ネット民評価】の続きを読む

    このページのトップヘ