競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:重賞注目馬

    函館スプリントステークス予想|2016年|予想・データ|ネット評価まとめ
     

     函館競馬場では「第23回函館スプリントS」へ向けて、昨年の覇者ティーハーフが貫禄の追い切りを見せた。

     連覇へ向け視界は良好だ。ティーハーフは予定通り1週前に栗東坂路でしっかりと負荷をかけられ、11日に函館入り。深川助手が「輸送が強いタイプではないが、先週末にしっかりとケアして今は問題ない。使った上積みも感じるし、いい状態で迎えられそう」と話すように、ここ目標に万全の仕上げを施された。

     最終追いは池添を背に函館Wコース単走。力強く一歩目を踏み出すと、首をしならせ序盤から雄大なフットワークで5F69秒8。道中は鞍上が感触を確かめるように馬なりで運び、直線入り口でエンジン点火。馬体を沈み込ませ“ハジける姿”を確認すると、最後は流して1F12秒5でフィニッシュ。「栗東でしっかりとやっていると聞いたので、けさは馬の行く気に任せて乗った。息遣いがしっかりとしていて、反応も良かった」と鞍上。

     末脚に磨きがかかった昨年は最後方からメンバー最速上がり3F34秒0の脚を繰り出し重賞初制覇。3角からマクって進出し、直線も大外から2馬身半差突き放す勝ちっぷり。次戦のキーンランドC(札幌)も3着と洋芝適性の高さも示す内容だった。今年の高松宮記念では後方から鋭く伸びて6着。一線級のスプリンター相手にも切れ味が通用するところを見せた。

     池添は04、05年シーイズトウショウとのコンビで連覇を達成すると、11年もカレンチャンでV。当レース3勝は歴代最多だ。「開幕週なので序盤から置かれず、流れに乗って運べれば」。昨年同様の“剛脚”で、再び北の大地を沸かせる。

     

    1) 函館スプリントステークス-種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    ゼンノロブロイ4- 2- 2-12/2020.00%40.00%127239
    スタチューオブリバティ3- 2- 0- 8/1323.10%38.50%165104
    フジキセキ6- 3- 7-30/4613.00%34.80%3575
    ファルブラヴ4- 5- 2-23/3411.80%32.40%6280
    ダイワメジャー7- 6-15-65/937.50%30.10%7975
    ストーミングホーム2- 3- 1-14/2010.00%30.00%45102
    ディープインパクト4- 6- 2-34/468.70%26.10%6663
    ヤマニンセラフィム1- 3- 0-12/166.30%25.00%2546
    サクラバクシンオー3- 5- 5-45/585.20%22.40%4245
    スペシャルウィーク0- 3- 2-18/230.00%21.70%060
    キングカメハメハ3- 6- 2-42/535.70%20.80%2537
    クロフネ2- 6- 5-50/633.20%20.60%3795
    キンシャサノキセキ0- 1- 0- 6/ 70.00%14.30%018

     

    2) 函館スプリントステークス-騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    岩田康誠17-11-15-41/8420.20%51.20%5694
    三浦皇成10-17-13-56/9610.40%41.70%5092
    吉田隼人9- 5- 6-75/959.50%21.10%5762
    勝浦正樹7-14-12-63/967.30%34.40%5575
    柴山雄一7-11- 4-60/828.50%26.80%5276
    武豊5- 1- 0-13/1926.30%31.60%26385
    菱田裕二3- 4- 9-76/923.30%17.40%3068
    池添謙一2- 4- 4-15/258.00%40.00%2989
    藤岡康太2- 2- 3-31/385.30%18.40%7846
    村田一誠2- 2- 1-35/405.00%12.50%3178
    丸田恭介1- 7- 7-58/731.40%20.50%485
    柴田善臣1- 2- 0-10/137.70%23.10%6658
    杉原誠人0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%00
    戸崎圭太0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%00

     

     

    ここは無料コンテンツが豊富なこのサイトに注目
    競馬予想はここの無料会員特典とゲットせよ
    121






















    【函館スプリントステークス予想|2016年|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    ユニコーンS予想|グレンツェント|注目馬ネット評価まとめ
     

     今週の東京メインは、JRAの上半期で唯一の3歳ダート重賞ユニコーンステークス(GIII、ダ1600メートル)。混戦ムードだが、注目したいのは青竜Sを制したグレンツェントだ。昨年、同じ青竜Sを制した厩舎の先輩ノンコノユメに続き、連覇を狙う。“暴走キャラ”から成長しており、陣営も力が入る一戦だ。

     厩舎の偉大な先輩に続こうと、砂のスター候補グレンツェントが駒を進めてきた。前走の青竜Sをハナ差で制した勢いに乗っての重賞初挑戦だ。

     「前走は早めに抜け出したぶん、最後は差を詰められたけどね。あのまま(走っても)抜かれることはなかったと思う」

     見た目には辛勝だったが、加藤征調教師は余裕があった内容を評価している。芝の新馬戦は5着だったが、ダートに転じて4馬身、3馬身半差で2連勝。しかも、その内容がなかなか興味深い。未勝利戦は4コーナーで大きくふくれながらも楽勝し、続く500万下は発走直前に約半周も暴走するアクシデントがありながらのVと、規格外の能力を見せている。続く伏竜Sは2着に敗れたものの、前走を快勝。2馬身半差の3着馬キョウエイギアが直後にオープンの鳳雛(ほうすう)Sを制しており、決して恵まれた勝利ではない。

     鞍上は、今週から再び短期免許で騎乗する豪州のT・ベリー騎手。安田記念はモーリスで2着に敗れたが、11日に母国のGIクイーンズランドダービーを制し、存在感を誇示しての再来日だ。身元引受調教師でもある加藤征厩舎での重賞は初めてで、力が入る。

     もちろん、馬の充実ぶりも見逃せない。昨年の勝ち馬で厩舎の先輩でもあるノンコノユメ(交流GIジャパンダートダービー勝ち)に迫る資質の持ち主。祖母ハトゥーフは欧米でGI3勝馬と血統も奥深い。

     「1週前追い切りの手応えも前走以上。さらにいい状態で出せるので期待したい」

     指揮官も胸を躍らせているグレンツェント。ここを勝てば、秋にはノンコノユメとの“同門対決”も実現しそうだ。

    ★過去3年の上位馬からGI馬4頭輩出!出世レース

     ユニコーンSは、2013年1着ベストウォーリア(14、15年南部杯)、同3着サウンドトゥルー(15年東京大賞典)、14年2着コーリンベリー(15年JBCスプリント)、15年1着ノンコノユメ(同年ジャパンダートダービー)と、3年連続で上位馬がGIを制している。砂の登竜門レースだ。

    ■展望

     前3年で馬券に絡んだ馬から毎年GI馬が出ている出世レースだが、確たる主役は不在で混戦ムード。ダート5戦5連対のストロングバローズは安定感が魅力だ。ルメール騎手も伏竜Sから2戦連続の騎乗で持ち味を引き出すだろう。ゴールドドリームは前走で初黒星を喫したが、広いコースで巻き返しが見込める。青竜Sを勝ったグレンツェントは鋭い決め手が武器。底を見せていないアルーアキャロル、前走内容が秀逸なクインズサターン、素質豊かなマインシャッツなども大きな差はない。

     

    青竜ステークス

     


    グレンツェント

    父ーネオユニヴァース、母父ーキングマンボ



    競馬ファンならここチェックせよ
    勝馬伝説が熱い
    kachium









    button3-4-u

    【ユニコーンS予想|グレンツェント|注目馬ネット評価まとめ】の続きを読む

    ロジチャリス|2016年エプソムカップ|注目馬まとめ
     

     今週の東京競馬のメイン・エプソムカップ(12日、GIII、芝1800メートル)には、中距離戦線の強豪が顔をそろえた。ロジチャリスは1600万下、オープン特別を連勝。4歳の春を迎えて、才能が開花してきた。伸び伸び走れる東京の芝1800メートルはベストの舞台だけに、重賞初制覇へ期待はふくらむばかりだ。

     父ダイワメジャーをほうふつとさせる550キロ級の大きな馬体が、本物になってきた。ロジチャリスは春興S(1600万下)→メイS(オープン)を連勝。勢いに乗っての重賞参戦だ。

     全休明けの7日は角馬場経由で坂路を1本登坂。キビキビした動きが体調の良さを物語っている。

     2歳時からオープン特別で好走。小回り福島の大外枠で厳しい展開になった昨夏のラジオNIKKEI賞でも4着に善戦した。重賞レベルの能力は早くから見せていたが、疲れが残りやすくて調整が難しかった。「今はだいぶ丈夫になった。いい筋肉がついて、中身もしっかりしてきた」と佐藤助手は体質強化を口にする。古馬になって体力がつき、ようやく持て余していた巨体を十分に動かせるようになったのだ。

     「若い頃よりも、性格がどっしりして余計なことをやらなくなった。レースでも(仕掛けてから)モタつかなくなり、ピュッとした切れる脚が使えるようになったのは、体に実が入ったからだろう」と佐藤助手は分析。さらに「前走の勝ち方はよかった。距離はマイルから1800メートルがベストだけど、いずれは2000メートルももつと思う。でかい馬だから馬場の広い東京が一番走りやすいんだろうね。体もいい感じで締まってきたので楽しみ」と期待を寄せる。

     鞍上の福永騎手とのコンビは3戦3勝で相性は抜群。過去10年で4歳馬が7勝しているデータも心強い。昨年のエイシンヒカリ(現5歳)はここで重賞初Vを果たした後、香港カップ、イスパーン賞の海外GIを制した。

     伸び盛りのロジチャリスが待望の重賞タイトルを手中に収め、中距離戦線に新しい風を吹き込む。 (片岡良典)

     

    ロジチャリス-メイS

     

    福永騎手が相性抜群

    日付馬名性別年齢人気着順調教師
    13年ジャスタウェイ432須貝尚介
    12年ダノンシャーク422大久保龍
    11年ダークシャドウ411堀宣行
    10年セイウンワンダー411領家政蔵
    07年ブライトトゥモロー522石坂正

     

     

    競馬ファンならここを信頼
    無料予想-エプソムカップはここ熱い
    sugoiep














    【ロジチャリス|2016年エプソムカップ|注目馬まとめ】の続きを読む

    NHKマイルC予想|2016年|共同会見まとめ

     

    メジャーエンブレム鞍上ルメール 『もう1度この馬とG1を』NHKマイルC共同会見

    ■メジャーエンブレムに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――桜花賞を振り返ってください
    ルメール 残念でした。スタートがあまり速くなくハナに立てず、4番手からの競馬になりました。でも、ペースがとても遅かったのが嫌でした。直線では少し脚を使いましたが…。

    ――周りに馬がいると辛いですか?
    ルメール 大丈夫。一番大切なのはペースです。もし、あれがハイペースだったらとてもリラックスして走れていたでしょう。

    ――東京のマイルはあっていますか?
    ルメール いいですね。直線がとても長い。問題ない。大丈夫です。

    ――今回はペースが速くなりそうですが、どうでしょう?
    ルメール いいですね。メジャーエンブレムは自分のペースでいきますよ。

    ――最後に意気込みを
    ルメール 今週のNHKマイルはメジャーエンブレムのリベンジです。大切なレースになりますね。もう一度、メジャーエンブレムとGIを勝ちたいです。チャンスがあります。応援してください。

    (取材・写真:花岡貴子)

     


    無料予想で万馬券ゲット
    競馬情報を無料でゲットせよwwww-勝馬伝説
    kachium


















    メジャーエンブレム田村師『自分の形の競馬に』NHKマイルC共同会見
     
    【NHKマイルC予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    サトノダイヤモンド|皐月賞2016年ニュース|ネット評価まとめ
     
    サトノダイヤモンド、今まで乗った中で一番いい感じ

    ◆皐月賞・追い切り(13日)

     デビューから無傷の4連勝で皐月賞・G1(17日、中山・芝2000メートル)制覇を狙うサトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江厩舎)が13日、栗東トレセンのCWコースで最終追い切りを行った。

    【写真】坂路、単走追いで仕上げらたマカヒキ

     3週続けてルメール騎手が騎乗し、エアカミュゼ(5歳1600万)を追走。直線で内に潜り込み、鞍上の仕掛けにしっかり反応して先着を果たした。

     追い切り後、ルメール騎手は「ベリーグッド。反応が良かった。バランスもいいし、確実に上向いている。今までで一番いい感じだと思う」とさらなる良化を感じ取った様子。新馬で2馬身半差、500万、きさらぎ賞で3馬身半差と圧勝続きのディープインパクト産駒が牡馬クラシック1冠目をつかむか。

     

    サトノダイヤモンド、ダービーを意識して選んだ

    皐月賞「3強」の思惑(1)

    サトノダイヤモンド編

    牡馬クラシック第1弾の皐月賞が4月17日に開催される。近年まれに見る「ハイレベルな争い」と称される今年の3歳牡馬戦線。なかでも注目は、3戦3勝のマカヒキとサトノダイヤモンド、2歳王者リオンディーズの「3強」である。そこでまず今回は、サトノダイヤモンドの鞍上を務めるクリストフ・ルメール騎手に、同馬の強さをうかがうとともに、クラシックに向けての意気込みを聞いた――。

    ■安藤勝己がじっくり厳選。超ハイレベルの「3歳牡馬番付」

    ―― まもなく皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)です。今回は牡馬クラシックについてお話を聞かせてください。今年の3歳牡馬は例年に比べて「レベルが高い」と言われていますが、ルメール騎手もそう思われますか。

    「はい。3歳牡馬のレベルはとても高いですよ。弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)を振り返ってみてください。天気がよくて、トラックコンディションがよくて、ペースも有利、不利のない、強い馬が勝つペースとなって、すごくいいレースになりました。リオンディーズ(牡3歳)とエアスピネル(牡3歳)が今年初めてのレースで、その点はマイナス材料となりましたけど、それでも2頭とも持てる力を発揮。あれだけ素晴らしいレースになったのは、彼らのレベルが高かったからに他なりません」

    ―― その弥生賞は、ルメール騎手騎乗のマカヒキ(牡3歳)が勝ちました。その結果、ずっと手綱を取ってきたサトノダイヤモンド(牡3歳)と、ルメール騎手がクラシックではどちらに乗るのか注視していました。すると、意外にあっさりとサトノダイヤモンドに騎乗することが発表されました。サトノダイヤモンドを選んだ理由を教えてください。

    「どちらも強い馬だから、ボクにとってはすごくディフィカルト・チョイスでしたね。でも、マカヒキと違って、サトノダイヤモンドは新馬のときからボクが乗り続けてきた馬ですからね。そこが、大きな理由のひとつです。最初に騎乗して、すごく強い馬だと認めて、ずっと一緒に戦ってきて、期待どおりの結果を残してきてくれた。そういう馬と、ともにクラシックを戦いたい、と思ったわけです。あと、距離2400mへの対応力を考えると、マカヒキよりもサトノダイヤモンドのほうが上ではないか、と」

    ―― それはつまり、日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)まで意識しての選択だったということでしょうか。

    「やはり、ダービーは勝ちたいです。マカヒキも2400mの距離に対応できないわけではありませんが、どちらがより(2400mの距離に)対応できるか考えた場合、サトノダイヤモンドのほうだと思います。ほんのわずかな差ですけどね」

    ―― 確かにサトノダイヤモンドは、前走のきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)でも強い競馬を見せてくれましたけど、今思えば、そのレースを勝つことよりも、その先のクラシック、とりわけダービーを意識してレースをしていたように感じます。

    「弥生賞に比べるとメンバーは少し落ちるかもしれないけど、このメンバーを相手にどんな競馬をして勝ってくれるのか、とは思っていました。スタートがよくて、ペースも展開も悪くなかったですから、道中はずっとリズムよく走っていました。直線に入ってからも余裕をもって抜け出して、すべてにおいて満足のいくレースでしたね。それに、あなたが言うとおり、(クラシックに向けて)とてもいいテストになりましたよ(笑)」




    無料情報で万馬券ゲットwwww
    勝馬伝説…

    kati1











    【サトノダイヤモンド|皐月賞2016年ニュース|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ