スワンS予想|予想・データ|ネット評価まとめ


競馬予想はここを信頼
無料予想で3連複万馬券狙い
ターフビジョンが熱い
3renn1














アルビアーノなど、スワンS厩舎情報/美浦トレセンニュース

 土曜日、京都競馬場で行われるスワンS(GII・芝1400m)に、関東からアルビアーノとバクシンテイオーが出走する。2頭について、関係者に取材した。

■アルビアーノ(牝3・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
「前走の京成杯AH(GIII・7着)は差しが決まるようなタフな馬場状態も影響しましたが、それを考えると頑張ってくれました。レース後はノーザンファーム天栄で疲れを取って今回に備えました。牧場でも緩めずに動かしていましたし、こちらに戻ってからすぐの坂路での動きも良かったですね。

 先週はウッドチップコースで長めから追い切りましたが、良い動きをしていました。週末に坂路で結構やって、今週(10/28)はウッドチップコースで単走で追い切りました。騎乗した助手には最後は動かしていくように指示をしましたが、予定通りでしたし、内容も良かったと思います。

 長距離輸送は初めてになりますが、中山や東京への当日輸送の感じからも輸送で参ってしまうタイプではありませんし、調整過程の中で長距離輸送に対応できるように準備をしてきました。これまで新馬戦や初の東京競馬場の時など、初めての場所でもドギマギすることもありませんので、京都競馬場も大丈夫でしょう。逃げなければダメということはないですし、柔軟に対応してレースをしてくれると思います」

■バクシンテイオー(牡6・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
「追い切り本数を重ねてきましたし、仕上がりはまずまずですね。馬に元気もありますし、体調は良いと思います。今回は相手も強いですが、うまく流れに乗って競馬ができればと思います」
(取材・写真:佐々木祥恵)

 
スワンステークス
【スワンS予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む