競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:共同会見

    フェブラリーS予想|2017年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken












    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)





    『ヤフーニュースより引用』

    ケイティブレイブ目野師、中央GIラストチャンス「勝ちたい」/フェブラリーS共同会見

    ■ケイティブレイブを管理する目野哲也調教師

    ――本日、70回目のお誕生日おめでとうございます。
     目野 ありがとうございます。

    ――改めて、優勝した川崎記念を振り返ってください。
     目野 ケイティの力をいっぱい出したレースになりました。満足しています。

    ――久々の逃げ切り勝ちでしたが、これは作戦ですか?
     目野 そうですね。この馬は逃げたほうがいいですね。思ったとおりのレースになりました。

    ――今回は変則の中17日の競馬となりますが、この中間の気配は?
     目野 元気ありますよ。うん、毎日見ています。大丈夫です。

    ――最終追い切りは坂路で51.6-12.5。動きのジャッジは?
     目野 これは(時計の速い追い切りを)やるつもりはなかったんですけどね。このくらいの時計が出るということは(速いタイムで)走る脚があるということ。期待しています。

    ――フェブラリーSは昨年と同じローテーションとなりましたが、今年は川崎記念を勝っています。ここにきて更に良くなっている点はありますか?
     目野 別に良くなっているということはないんですけどね。年をとるごとに力はついていると思います。

    ――昨年は8枠15番で6着という結果でした。今回、勝利をつかむにはどのあたりがポイントになりますか?
     目野 枠はどこでもいいです。直線が長いので。心配はないですね。

    ――そして、31年調教師として過ごされて今回が中央GIへの最後の参戦となります。31年を振り返っていただけますか?
     目野 競馬に携わって幸せだったことは確かにありますけどね。しんどいこともたくさんありました。ストーンステッパー(注:1997年フェブラリーS2着馬)で負けてますので、ここでね、あのときの想いをひっくり返して勝ちたいと思いますので応援してください。

    ――先生のGIラストチャンスです。改めてファンの皆さんにメッセージをお願いします。
     目野 馬自体は元気で出走できますので。最後のGIレースとして完璧に馬はいってくれると思います。僕は僕なりに自信を持って出します。いつでも勝つことしか考えていません。皆さんも応援してください。よろしくお願いいたします


    テイエムジンソク木原師「ファンの方の後押しの追い風に乗って」/フェブラリーS共同会見

    ■テイエムジンソクを管理する木原一良調教師

    ――東海Sを振り返ってください。
    木原 いくらかテンションも高めだったんですが、メンバー的に自分の競馬をすればなんとかなるのかな、という状態でした。そして、思ったとおりの結果になったので良かったな、と思っています。

    ――中間の気配は?
    木原 東海Sを使ったことでガス抜きが出来て馬が落ち着きました。今朝も思ったとおりの追い切りが出来ました。ジョッキーを乗せるとちょっとテンションが上がるんですが、まぁ馬体調整としては前回と同じような調教です。

    ――ウッドチップコースで好タイムが出ましたね。
    木原 はい。状態は悪くないと思いますよ。トモの入りがしっかりして、前脚の出もよく伸びていたので。まずまずかな、と思っています。

    ――今回、関東へは初遠征になりますが?
    木原 うーん、別に気にしていないですけどね。とにかく自分の競馬をするしかないので。他は目に入っていないです。自分の馬だけです。

    ――“自分の競馬”とは、具体的にはどのような内容でしょうか?
    木原 相手の出方次第で遅かったら行くだろうし、そうでなかったら控えるだろうし。そのあたりは古川くんにお任せしています。

    ――コース、距離、芝スタートと初物づくしですが、そのあたりは?
    木原 その3点は未知なんですけども、たぶん大丈夫じゃないかなと思っています。

    ――その根拠は?
    木原 お母さんは短距離で走っていた馬なので、距離が短くなる分にはたぶん対応できると思います。

    ――この馬の一番の強みは?
    木原 とっても気が強い馬なので(心が)折れた時が怖いんですけど、ここまで順調にきているのでよほどのことがない限りは面白い競馬ができるんじゃないかな、と思っております。

    ――GIは2回目の挑戦です。前回は悔しい僅差の2着でした。あとひとつ順位を上げるためのポイントは?
    木原 やることは全てやってきているので。GIというのは強くても勝てないのがGIなので、あとひとつは僕と馬に運があるかないかかな、だと思っています。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    木原 ジンソクを応援してくれるファンの方がいっぱいいます。そのファンの方の後押しの追い風に乗って、なんとかひとつGIというタイトルを獲りたいなと思っていますので、どうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします。


    テイエムジンソク古川騎手「あのスピード、あの持続力は凄い」/フェブラリーS共同会見

    ■テイエムジンソクに騎乗予定の古川吉洋騎手

    ――東海Sは直線、マッチレースを制しました。
    古川 走りは普段どおりです。強かったです。

    ――その前のチャンピオンズカップはいかがでしたか?
    古川 GI初挑戦であれだけの競馬をしてくれましたので(微笑)。

    ――今朝の最終追い切りは古川騎手騎乗で行われましたね。
    古川 内容は良かったですよ。この前、一度使っているので動きはさらに良くなっています。

    ――今回は初のマイル戦です。距離の見通しは?
    古川 距離自体は悪くはないです。

    ――スタート直後は芝を走るという特徴的な東京コースも初めてですが、そのあたりの作戦は?
    古川 そうですね…。今までも未知な部分はいろいろありながらも結果を出してくれているので。悪いことばかり考えていてもしょうがないので、むしろいいんじゃないかととらえています。

    ――前のGIは2着でした。あとひとつ順位を上げるポイントはどのように考えていますか?
    古川 そうですね。まぁ、なんでしょうね。僕ばっかり考えても。やっぱり、ジンソクの力をどうやったら一番出せるかということを考えれば、自ずと結果は見えてくるんじゃないかと思っています。

    ――この馬の良さは?
    古川 あのスピードで、そしてあの持続力というのが一番凄いと思います。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    古川 いつものように強いジンソクを見てもらいたいです。そして、それを見てもらえればいい結果がついてくると思っているので、皆さん応援してもらえればと思っています。





    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    有馬記念予想|2017年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken












    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    シュヴァルグラン鞍上ボウマン「加速後にグーンと長くいい脚を使える」/有馬記念共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のヒュー・ボウマン騎手


    ――有馬記念を控えた今の心境は?
    ボウマン ジャパンカップがとてもいい結果に終わりました。レース前にこの馬の状態がいいと思ったし、勝てました。今回も状態がいいと聞いているので、とても期待して臨みたいと思っています。


    ――改めてジャパンカップを振り返ってください。
    ボウマン 道中は余計なパワーを消耗することなく、折り合い良く走れました。それは今回の有馬記念にも当てはまるだろうし、中山の2500mという距離もこなしてくれると思います。ジャパンカップの結果が有馬記念にそのまま当てはまってくれれば非常にいいと思っています。


    ――この馬の長所は折り合いですか?
    ボウマン ジャパンカップを勝てた一番のポイントは、ギアの入りが良く、加速後にグーンと長くいい脚を使えたことです。過去のVTRを見る限りでは、シュヴァルグランはいい状態で4コーナーを回った後、トップスピードのギアが入るまでに時間のかかる馬だなという印象を持っていましたが、自分が乗った時はギアの入りは良かったです。これが過去より良くなった点だと思います。トリッキーな中山コースでもその点が生かせればいいと思いますし、これがシュヴァルグランの一番の長所だと思います。


    ――ワールドベストジョッキーのタイトルも獲得されました。それにあたり、この勝利も大きかったのではないでしょうか?
    ボウマン ジャパンカップを勝ったことでポイントが何点入ったかとか細かい計算はわかりませんが、それでチャンピオンになれたことはとても光栄なことです。自分にとってはとても有意義な一年でした。とはいえ、“でした”と言ってもまだ有馬記念が残っていますので、もっといいパフォーマンスを見せなければと思いますね。


    ――ボウマン騎手にとって有馬記念とはどんなレースですか?
    ボウマン まず有馬記念というレースは、ファンの方が出走馬を選ぶという点で他のレースと違うと思います。お祭り的なファンの熱狂が一番伝わります。特に外国人ジョッキーとして思うことは、日本の競馬ファンというのは他の国と違ってとても熱狂的なんですね。そして、その熱狂度がより強いのが有馬記念だと思いますし、2015年にトーセンレーヴで実際に有馬記念に騎乗したときもそれを感じました。そういう意味でも有馬記念はとても重要なレースだと思うので頑張りたいと思います。


    ――トリッキーと言われる中山芝2500mのポイントはどの辺りにあると思いますか?
    ボウマン 一番の理由は直線が短いにもかかわらず小回りでカーブがシャープであるという点です。難しいな、と思います。一つ一つの直線の部分が短いというのもトリッキーだと思います。ただ、シドニーで自分がよく乗っている競馬場にもよく似たところがありますので、まったく場慣れしていないわけではないです。自分としてもそういった経験を生かして力を発揮したいと思います。


    ――中山の舞台はシュヴァルグランに合いそうですか?
    ボウマン それはまだ乗っていないので分からないですね。

    ――今回もキタサンブラックという強い馬が出ますが、ライバル関係はどう見ますか?
    ボウマン キタサンブラックはもちろん強い馬だと思います。出走馬の中でも強いですね。キタサンブラックのいいところはどこからでも競馬ができること。折り合いも上手いし、問題点がありません。(一般的に)問題点から結果をシミュレーションできると思うんですけど、あの馬には問題点がない。自分自身、キタサンブラックをとてもリスペクトしています。

      ジャパンカップは結果として勝ちましたけれど、言い方はおかしいかもしれないけど負けていてもおかしくなかったと思うだけの差しかなかったと思います。そして、それが対戦相手の自分としては心配点でもあります。

    ――ジャパンカップではキタサンブラックを徹底的にマークしたそうですが、有馬記念でのイメージは?
    ボウマン 枠順が出ないと、分からないです。ジャパンカップはキタサンブラックの枠(2枠4番)が自分の枠(注:シュヴァルグランは1枠1番)にとても近かったのもあってマークしやすかったのですが、次もそういう並びになるとは限らないですからね。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
    ボウマン もちろん馬の状態にもよるのでしょうが、厩舎の皆さんは当然ベストの状態に仕上げていると思います。前回と同じ、いや前回以上の状態でレースに臨んでくれるともちろん思います。自分はスムーズでフェアなレースをしてファンの皆さんの期待に応えたいと思います。

    キタサンブラック武豊騎手「ひじょうに励まされた馬。ぜひ勝ちたい」/有馬記念共同会見

    ■キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手


    ――いよいよ有馬記念が今週末に迫ってきました。
     武豊 本当にいよいよだな、という気持ちで身が引き締まる思いです。


    ――今年は例年とはまた違う気持ちでしょうか?
     武豊 そうですね。キタサンブラックですし、さらに引退レースということで、いろいろと思うところは強いです。


    ――今朝7時に追い切られました。騎乗していた黒岩ジョッキーとは話をされましたか?
     武豊 そうですね。たまたま僕は他の馬に乗っていたんですけど、タイミングが一緒だったので「どうだった?」とは聞きました。「いい追い切りが出来たと思います」と言っていました。


    ――万全の状態で有馬記念に挑むということになりそうですね?
     武豊 そうですね、はい。


    ――前走のジャパンCを振り返ってください。
     武豊 馬の状態はすごくよかったと思います。レースもスタートが決まったので正攻法でいって。直線半ばくらいではいいかんじだと思ったんですけど、上位2頭が強かったのもありましたし、最後は少し残念な結果でしたけど。馬の走りとしては悪くなかったと思います。レベルの高い走りだったと思います。


    ――有馬記念ではどういった競馬をしたいと思いますか?
     武豊 それはファンが望んでいる競馬はやはり先頭でゴールインする姿だと思いますし、それに向けてベストを尽くしたいですね。


    ――春のグランプリも含めて4回ファン投票1位になっています。
     武豊 そういうところにも、この馬の人気の高さは感じますし、ひじょうにありがたいです。そういう馬の主戦を任されるというのは騎手として本当に光栄なことなので、過去3回のファン投票のレースではまだ1着になれていないので、最後ですけど“今度こそは”という気持ちは強いです。


    ――武さんは有馬記念でオグリキャップやディープインパクトのラストランの手綱をとっていますね。
     武豊 有馬記念はそういう活躍した馬の引退レースになるケースが多いんですけど、この馬は本当に注目度が高いというか、ひじょうにファンの多い馬ですし、デビュー以来ずっと本当にいい走りを続けてきてくれている馬なので。やはり最後を飾らせてあげたいという気持ちは強いですね。


    ――北島オーナーから何か声をかけられましたか?
     武豊 特にはないですけど、かけられるとプレッシャーになるので(笑)


    ――改めて、この馬の強さはどんなところでしょう?
     武豊 そうですね、デビュー当初は僕は乗っていなかったんですが、最初からデビューのときから期待されていたというわけではないと思うんですけど。常にトップレベルを走り続けて結果も出して本当に凄い馬だな、と思います。一番凄いのは結果を出すところだと思います。あとはサラブレッドとしての能力、総合力がひじょうに高い馬だと思います。


    ――今年走る6戦はすべてGIなんですよね。
     武豊 そうですね。一年に6回もGIを主役として走る。これはかんたんなことではないと思いますし、それに挑んでここまで今年だけでも3勝しました。凄い馬だと思いますし、でも最後はすごく大事だと思います。


    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
     武豊 本当にキタサンブラックもいよいよラストランなので、本当にこの馬には僕自身も、感謝…がいちばん…なんていうんですかね、まぁ感謝しかないというか、ひじょうに励まされた馬なので、最後一緒に勝てれば…というか、ぜひ勝ちたいと思っていますので応援してください。

    サトノクラウン堀師「よくジョッキーと話し合いをして作戦を」/有馬記念共同会見
    C共同会見

    (有馬記念(GI・中山芝2500m)に出走予定のサトノクラウン(牡5・美浦・堀宣行)が、ポリトラックコースで最終追い切りを消化した。追い切りを終えて、管理する堀調教師が共同記者会見に臨んだ。



    (今日の最終追い切りについて)
    「先週まだ少し鈍いところがあったので、今週はその部分を補っておこうと思いました。先週追い切った後、週末には速い時計を出さなかったので、追い切りと追い切りの間隔を考えて、少し強めにやる必要があるがあるということで、今日水曜日にポリトラックで行いました。先週より動きは良くなっていて、良い状態に持ってこれたかなと思っています」


    (これまでとは違って先週、今週とポリトラックで追っているが、その狙いは?)
    「大きな理由は2つあって、1つはメンタル面です。走る気をどういうふうにコントロールするかというのが1番難しいのですが、普段乗っているウッドや坂路にはすっかり慣れてしまい、フレッシュな感じがなくなって、自分でゴール板あたりで気を抜いたりなど、そういう部分が目立ってきていました。その辺に少し刺激を与えるためにもポリトラックにしました。

      あとは仙腸関節が大きくずれている馬なので、競馬のあとは背腰の疲れが1番最後まで残ってしまうことから、ウッドよりもポリトラックの方が負担が少ないというのも、大きな理由です。またウチの厩舎では冬場は暖かい時間にしか追い切りをしなくなるのですが、その時間帯だとウッドの方もだいぶ荒れてしまうという事情もあります。その辺も含めて、ポリトラックでの追い切りになりました」


    (ジャパンC・GI・10着について)
    「レース前やレース後もいろいろと検証してみましたけども、状態としては秋の天皇賞(GI・2着)とほぼ同じくらいの状態にあったのではないかなと思っています。馬場とあのペースの中での位置取りということで、なかなかその辺が噛み合わなかったのかなという印象です。

      1回脚を使ってしまうと気の悪いところを出してしまい、負ける時は大きく負けてしまうというのがこの馬のパターンというか、悪い面が出てしまいました。そういった意味ではそんなに悲観していません」


    (中山の2500mの舞台については?)
    「内回りは良いと思いますし、坂も苦にはしないと思います。ただ2500mはちょっと長いかなという気がします。そこら辺は工夫が必要だろうなと感じています」


    (どんな工夫を?)
    「相手関係や枠順、1番大きいのは馬場状態だと思いますけども、その辺をよくジョッキーと話し合いをして作戦を決めたいと思います」


    (久々にムーア騎手が乗るが、中間何か話をしたか?)
    「前走の敗因や、JCに彼も乗っていましたので、そのレースの中で感じたことなどの話はしましたけど、まだ帰国中なのでこのレースに向けての話はまだしていません」


    (宝塚記念に続いて春秋グランプリ制覇がかかっていて、さらにファン投票も第3位、どんなレースを見せたいと考えているか?)
    「いろいろと繊細なところのある馬ですが、この後もなるべく良い状態で出走させるように努めて、ホースマンシップにのっとった良いレースを見せられればと思っています」


    スワーヴリチャード庄野師「多くの先輩に胸を借りるつもりで」/有馬記念共同会見
    共同会見


    ■スワーヴリチャードを管理する庄野靖志調教師


    ――今のお気持ちは?
     庄野 無事追い切りも終わりまして、競馬に向けていい調教が出来ましたんでホッとしています。


    ――その調教の指示を教えてください。
     庄野 いつもどおりですが、前に目標を置いて。今日は外側が少し荒れているような馬場状態だったので、あまり外は走らないように、ということで。あとは加減などはミルコに「自分の手ごたえで判断していいよ」と伝えました。


    ――動きを見て、いかがでしたか?
     庄野 先週同様、十分な動きだったと思います。


    ――満足のいく状態で有馬記念に臨めますか?
     庄野 そうですね。本番に向けていい状態では出せると思います。


    ――前走のアルゼンチン共和国杯を振り返ってください。
     庄野 ダービーからの約半年ぶりの復帰ということで、どういう状態で出せるかというのが僕としても少し不安はありました。それでいて重賞で初めて古馬と戦うわけでしたが、いい状態で勝てたのは良かったと思います。


    ――春と比べて成長は見られますか?
     庄野 筋肉の量がだいぶ増えた感じがします。キ甲も抜けて少し大人っぽくなって、骨格がしっかりしてきたと思いますね。


    ――レース間隔は空きましたが、庄野調教師の想像以上の成長でしたか?
     庄野 そうですね。想像以上でしたね。精神的にもずいぶんオンとオフがしっかりつくようになって、大人の雰囲気が出てきましたね。


    ――アルゼンチン共和国杯の後、有馬記念を選んだローテーションの理由は?
     庄野 オーナーとよく相談して、3歳馬なのであまり詰めた間隔で使うよりは、ということで間隔をあけてもらって有馬記念1本にしました。


    ――舞台が東京から中山に変わりますが?
     庄野 春当時はよく右回りより左回りということも言われていましたし、実際東京競馬場のほうが走りやすいのかな、という雰囲気はありました。でも、ひと夏を越して馬も成長した今でしたらどのコースでも十分に力を発揮できると思います。


    ――馬体重はどのくらいでしょうか?
     庄野 数字だけいうと前走と同じか、少し増えてもいいと思っているんですけど。だいぶ腹回りとかスッキリしているんですが、肩、腰などの筋肉が大きくなりましたので、多少プラスでいけたらと思います。


    ――プラスの場合、成長分でしょうか?
     庄野 はい、問題ないと思います。


    ――相手はかなり強いメンバーが揃います。
     庄野 古馬のGIですし、こと有馬記念ですからね。リチャードはまだ3歳馬ということで多くの先輩に胸を借りるつもりでいい競馬ができたらいいなと思います。


    ――先生にとってもGI初制覇がかかりますが?
     庄野 うーん、僕はまだまだ先も何度か挑戦していければと思いますけどね。馬の一生として考えるとGIにチャレンジできるのはなかなか機会のないことですから。ぜひとも頑張ってもらいたいです。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
     庄野 スワーヴリチャードは今回初めて古馬のGI競走に出させてもらいます。春当時よりもずいぶんと成長したので、皆さんにもいい状態でいい競馬を見てもらえるように頑張っています。これからも応援よろしくお願いします。

    ルージュバック北村宏司騎手「またチャンスを頂いて嬉しい」/有馬記念共同会見

    一昨年以来2度目の有馬記念(GI・中山芝2500m)出走となるルージュバック(牝5・美浦・大竹正博)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後に大竹調教師と北村宏司騎手(追い切りには騎乗せず)の共同記者会見が行われた。


    ■大竹調教師

    (最終追い切りについて)
    「まずテンのスピードを求めるように促して、あとは半マイルのところで我慢がきくのか、そして3分3厘の反応と最後の直線の反応などいろいろとテーマはあったのですが、イメージしていた通りに走ってきてくれました。若い頃は抜けてもソラを使うようなところはなかったのですけど、さすがにやっぱり古馬らしく抜くところは抜けて、それでいて上の指示に対してはちゃんと反応してるので、総合的に良い動きだったと思います」


    (仕上がり状態は?)
    「エリザベス女王杯(GI・9着)の後はダメージがあるかなと思いましたが、帰ってきても体重がほとんど減っていなかったように、むしろひと叩きされてさらにパワーアップしているという印象です」


    (そのエリザベス女王杯を振り返って)
    「前に取りついて競馬をしようという作戦だったのですが、初めてゲートの後ろ扉を2、3回蹴っているふしがあり、駐立状況が良くなかったのか、思うようにスタートを切れなくて、後方からの競馬になってしまいました。さらにスローで流れてしまったので、さすがに最後は厳しくなってしまいました」


    (これまでゲートの問題はあった?)
    「後ろ扉を蹴るというのは初めて見ました」


    (ゲートに関して調整や工夫は?)
    「先週まで駐立を複数回やって確認をしておきました。練習の中では特にそういったことはなかったですね」


    (一昨年の3歳時以来の有馬記念だが、中山2500mについては?)
    「中山の内回りはトリッキーという印象を持っています。前々走のオールカマーで中山で勝っているのですが、あの時は外回りでしたし、1800mの中山牝馬S(GIII・2着・内回り)にも使っているのですが、何とも言えないですね」


    (中山コース自体は苦にしない?)
    「こちらが苦にしているのではないかと思うと馬にも伝わってしまうのかもしれないので、あまり考えないようにしています」


    (オールカマーで初コンビを組んだ北村騎手への期待は?)
    「1回しか乗っていないですけど、そこで結果を出してくれていますし、1回乗って感触も掴んでいるでしょうから、さらに良い結果に導いてくれるのではないかなと思っています」


    (今回のポイントは?)
    「枠順にも結構左右されるレースですので、枠順が出てから考えようと思っています」


    (枠はやはり内の方が?)
    「あまり明言しない方が良いのかなと思っているのですけど…。皆さんそういうふうに多分思っていると思うので、僕も一緒ですね」


    (最後に意気込みを)
    「毎度毎度、GIの共同記者会見で、何とかタイトルを取りたいとは言っているのですが、5歳の暮れまでGIタイトルを取れないで来ています。良い状態で来ていますし、競馬でこの状態がちゃんと反映されれば結果がついてくると思っています。あとは皆さんの応援があればさらに強味になるかなと思いますので、応援よろしくお願い致します」


    ■北村宏司騎手

    (有馬記念騎乗が決まった時の心境は?)
    「またチャンスを頂いて嬉しかったです」


    (2走前のオールカマーを振り返って)
    「パドックで乗ったのが初めてでしたが、調教を見ていることは多かったので、素直で良い馬だなという印象でした。返し馬もスムーズに行けましたし、競馬も結果を出せて良かったと思いました」


    (持っていたイメージ通りで?)
    「イメージ通りだった部分と、こういう感じなんだなと発見した部分といろいろありました」


    (陣営とはその後に話をしたことは?)
    「中間、調教師や調教助手さんと会話する機会はあって様子は聞いています」


    (良いイメージのままレースに臨めそう?)
    「前回は乗っていないですけど、自分で乗った時はすごく乗りやすかったので、力を出せれば良いなと思っています」


    (2走前は中山外回りの2200mで、今回は内回りの2500mとなるが、乗り方や気をつけるところは変わってくる?)
    「メンバーも違いますし、馬場状態や枠順などこれからいろいろ決まってくるので、これから考えながらいきたいと思います」


    (中山2500mはトリッキーと言われるが、乗っていてもそれを感じる?)
    「様々な要素が絡んでくる条件だと思います。要素はたくさんありますが、特に有馬記念は力ある馬同士で、スタート地点も枠順の差があります。お互いいろいろな考えを持ってレースを進めると思いますので、そういうせめぎ合いが多い条件だと思っています」


    (今のところ1番気をつけたい、あるいはポイントとなるところは?)
    「先週聞いた時には馬のコンディションは順調に来ていると聞いていますし、そこはスタッフに任せていますので、とにかくスムーズに運べるかというところなのかなと思います」


    (北村騎手は5年振りの有馬記念騎乗になるが?)
    「盛り上がりもすごいですし、その舞台に乗せてもらえるのは本当に楽しみにしています」


    (最後に意気込みを)
    「良いチャンスをもらいましたので、力を発揮して良い競馬ができるように乗りたいです


    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    チャンピオンズカップ予想|2017年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken












    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    テイエムジンソク古川吉洋騎手「チャレンジャーの立場です」/チャンピオンズC共同会見

    ■テイエムジンソクに騎乗予定の古川吉洋騎手

    ――今朝の追い切りには騎乗されていませんでしたが、いかがでしたか?
    古川 今日は跨っていないんですけど、日曜日に左回りのときに乗せてもらいました。今日もいい動きだったと思います。

    ――左回りはいかがでしたか?
    古川 動きは特に問題なかったです。

    ――前走のみやこSを振り返ってください。
    古川 競馬の前は一番外枠なのでさすがに多少気になっていたんですが、終わってみればスムーズな競馬ができましたし、この馬の強さは見せられたと思いました。

    ――この馬の強みは?
    古川 スピードの維持能力だと思います。これはすごいことだと思います。初めて跨らせてもらったときもちょっと感じたんですけど、その脚がちょっとずつ長くなっているような気がしますね。

    ――気性面は?
    古川 もともとすごく元気のいい馬なので、落ち着きが欲しいといえばそうなんですけど。でも、これだけ動いてくれていますし、競馬に行って返し馬が終わると嘘のように落ち着いてくるので、そのへんの切り替えが出来るので特に心配はしていません。

    ――ライバル関係は?
    古川 GIホースばかりの中でこちらはGIIIを勝ったばかりなのでチャレンジャーの立場ですね。

    ――中京コースはいかがでしょうか?
    古川 競馬場が変わってもやることは一緒なので気にしていません。この馬はスタートも上手なので特に心配していませんね。

    ――上り坂の途中がスタート地点ですが、そのあたりは?
    古川 この馬はスタートも上手なので特に心配していませんね。

    ――レースプランは?
    古川 ありますけど、まだ枠順も決まっていませんからね。

    ――ある程度、前には行きますか?
    古川 そうなるとは思います。

    ――ご自身にとっても大きなタイトルを獲るチャンスですね。
    古川 それに関しては全く気にしていないですね。自分がどうのこうのというよりも馬に(タイトルを)獲らせてあげたいというのが一番だと思うので。結果的にあとで僕にも(タイトルが)ついてきてくれるというだけの話なので。ジンソクのために、もちろん厩舎関係者、オーナーのためになればいいので、僕はそのあとでいいです。

    ――最後にひとこと。
    古川 勢いがありますので、この勢いをGIホースたちにぶつけてどんな勝負になるのかすごく楽しみです。応援してもらいたいですね。

    アウォーディー武豊騎手「なんとかビッグタイトルを」/チャンピオンズC共同会見

    ■アウォーディーに騎乗予定の武豊騎手

    ――今朝の最終追い切りに騎乗されていましたが、いかがでしたか?
    武豊 僚馬が一頭先行するのでそれを目標に直線を向いてもらって、ラストは手ごたえを見ながら、あとの判断は任せます、という指示でした。道中は思ったより馬に前向きさがあったので、いい動きだなと思っていました。直線も追いつくまでは楽なかんじだったんですが、並んでからは相手が調教駆けする馬ということもあったんですがなかなか前に出ようとしないところが少しありました。でも、状態自体はいいと思います。

    ――まだまだ若さは感じますか?
    武豊 そうですね。馬体も張りがありますし、馬もすごく元気がありますから。7歳の暮れという感じではないですね。

    ――前走のJBCクラシックは4着でした。
    武豊 ひじょうに状態も良かったと思いますし、レースの道中もいいかんじで走っていました。直線を向いたときも“突き抜けて勝てるかな”という手ごたえはあったので、それだけにちょっと、うーん、どうしたのかなというかんじはありました。

    ――気性面に問題はあるのでしょうか?
    武豊 確かにデビュー当初から難しい面を持っていた馬ですけど、ダートに転向してからはそういった面は出なくなっていたんですけど、ちょっとここ数戦、昨年の後半からレースで気難しい面を少しですが出していましたね。

    ――今回、中京にかわるのはプラス材料ですか?
    武豊 そうですね。今回、一番条件的にいいなと思うのは左回りに変わることだと思います。もともと、芝で走っていたころから左回りのほうが結果も出ていましたし、乗っていても乗りやすいなという感覚はあったので。左回りのほうが向いていると思います。

    ――今年は海外に行くなどありましたが、今回は中3週のローテーションですね。
    武豊 順調にきていると聞いていましたしJRAのダートGIは2つしかないですから、やはりここは大きな目標ですから、それに向けてのローテーションを組んできたと思います。

    ――どのような騎乗を考えていらっしゃいますか?
    武豊 道中自体は決して乗り難しい馬ではないのでそれほど注文はつかないんですけど。昨年のこのレースでは道中がいい感じではなくて、最後なんとか先頭に立ちそうではあったんですけど、それでもラスト少し止まったように、まだまだ乗りやすい面と気難しい面を両方持っている馬なので、いろいろ考えて乗りたいですね。

    ――最後に意気込みを。
    武豊 この一年間、勝ち星から遠ざかっていますが、力のある馬ですから“なんとかこの馬にビッグタイトル”をという思いが強いですね。

    ■アウォーディーを管理する松永幹夫調教師

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    松永幹 いい動きだったと思います。いつもどおりですね。順調です。

    ――この中間の調整は?
    松永幹 前走後も順調で、先週と今日しっかり追いました。1回使って良くなっているんじゃないかな、と思います。

    ――前走のJBCクラシックを振り返ってください。
    松永幹 大井コースが合わないという訳ではないんですけど、内枠を引いていいところを走っていたんですけどね。いざ追い出したら、何故か大井ではいつもあんな感じが多いかなぁと思います。でも、上手には競馬していたかな、と思います。

    ――左回りについては?
    松永幹 左回りは本当に上手だと思うんで。昨年は実際2着にきていますしね。

    ――今回は中3週のローテーションですね。
    松永幹 いいですね。すごく状態はアップしていると思います。

    ――7歳とベテランですね。
    松永幹 さすがに7歳なので上積みは感じないんですが、高いレベルを維持していると思います。力さえ出し切ればいいかな、と思っています。

    ――あと一歩、というレースが続いていますね。
    松永幹 気性的なところもあるし、コース形態とか。いい枠とか噛み合えば、力は出せるんじゃないかな、と思います。

    ――理想の展開は?
    松永幹 今回、しっかり前に行く馬がいるので、それを見ながら競馬できればいいかな、と思います。

    ――他にポイントは?
    松永幹 ジョッキーに任せてあるので大丈夫です。

    ――理想の枠順は?
    松永幹 外目に出せるような枠がいいですね。内枠でもうまく外に出せるようなかんじのほうがいいかな、と思います。

    ――昨年のこのレース、勝ったと思ったファンは多いと思います。
    松永幹 僕も勝ったと思いましたけどね(苦笑)。やめちゃいましたね。

    ――最後に意気込みを。
    松永幹 ここ一年ちょっと勝ち星から遠ざかっているんですけど、力的にはじゅうぶんやれると思っています。左回りで巻き返したいですね。

    サウンドトゥルー大野騎手「本当に良い状態で迎えられそう、チャンス十分」/チャンピオンズC共同会見

    前走のJBCクラシック(JpnI)を制し、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)連覇を狙うサウンドトゥルー(セン7・美浦・高木登)が、大野拓弥騎手を背に坂路で最終追い切りを行った。追い切り後、大野騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■大野騎手

    (前走は素晴らしい勝利で?)
    「直線で良い脚を使えるように乗りましたが、強い勝ち方をしてくれました。手応えのある勝利でした。今、充実していますね」

    (今朝の坂路での最終追い切りについて)
    「先週あらかたやってそこで確認は済んでいますので、(今朝は)最終的な仕上げという感じで、順調に来ているなと思いました」

    (昨年よりも今年の方が充実している?)
    「今年は秋の出だしからある程度調子が上がっていましたので、そういった意味では今年の方が順調に来ています」

    (連覇にチャレンジするわけだが?)
    「プレッシャーはありますけど、その中でやれることを嬉しく思っています。楽しみも大きいですね」

    (現時点でレースのイメージは?)
    「ある程度、型の決まっている馬なので、そういう競馬になるかなとは思います。あとは枠順で展開が変わってくると思いますので、(枠順が)出てからいろいろ考えたいと思っています」

    (必ずしも去年と同様のレースにはならない?)
    「そうですね、臨機応変に対応できたらいいと思っています」

    (ライバルも多いが連覇に向けての自信は?)
    「そうですね、本当に良い状態で迎えられそうなので、そのような期待は高いですね。中京も相性が良いと思っていますし、何も問題ないと思います」

    (GIゲットに視界良し?)
    「チャンス十分だと思っています」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「連覇目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します」

    ■高木調教師

    (快勝だった前走を振り返って)
    「自分で3コーナーから動いていって、しっかり勝ちに行って、勝ってくれて良かったですね」

    (前走後の調整過程は?)
    「前走後の反動もそんなになく、15日から時計を出し始めて、チャンピオンズCに向かって順調に来ていますね」

    (今朝の坂路での単走の最終追い切りについて)
    「本当に良い状態をずっとキープしているので、余計なことはいらないなと思っていました。先週ある程度負荷をかけておいて、今週はサラッとで十分かなという感じでした。調教ではあまり動く馬ではないので、十分だと思います」

    (連覇へのプレッシャーは?)
    「いつも伏兵のような感じですが、今回は新聞が賑わっているなと思って、緊張はありますね」

    (今回はJBCクラシックを勝ってここへということで、昨年以上の期待もある?)
    「GIのレースのたびに勝ち馬が変わるので、混戦だと思っていますが、終いはしっかり脚を使いますので、馬を信じて送り出します」

    (昨年以上に充実しているようだが、昨年と比べると?)
    「去年は夏に戻ってきて多少硬さがあるかなという感じでしたが、今年は本当に良い状態で戻ってきて順調ですね。気になるところがないというか、ようやく良くなってきたのかなという感じです」

    (昨年のレース振りを見ても、中京競馬場のタフなダートコースも合っていそう?)
    「はい、そう思っています。左回りで、距離的にも1800くらいがベストかなと正直思っています」

    (大野ジョッキーとは信頼のタッグで?)
    「そうですね、十分、馬のことも理解していますし、脚の使いどころもだいぶわかってきたでしょうし、大野君を信頼して任せていきたいと思います」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「非常に良い状態で送り出せると思いますし、連覇がかかっていますけど、馬も良い状態なので頑張ってくれると思います。応援よろしくお願い致します」


    ノンコノユメ加藤征師「以前のような凄い末脚をお見せしたい」/チャンピオンズC共同会見

    中京競馬場で行われるダートのGI、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)に出走するノンコノユメ(セン5・美浦・加藤征弘)が、ウッドチップコースで単走の追い切りを消化した。追い切り後、加藤調教師の共同記者会見が行われた。

    (武蔵野S・GIII・4着から中2週となるが?)
    「疲れを取り去って体調の維持につとめました。さほど強い調教はせずに、追い切りは当該週だけ1本しっかりとやって体調を整えるという内容でした」

    (今朝のウッドチップコースでの追い切りは実質単走で?)
    「馬添いが良くないというか、併せると逆に馬を気にして時計が出なかったりします。あとは中2週ですし、さほど強い負荷も必要ないということで、伸び伸びと1頭単走で走らせました。調教ではあまり真剣に、本気で走らないところがあるので、息が上がるとかそういうことは全くないですね」

    (ここへきて連勝してきた頃の勢いが復活してきた?)
    「去勢してから体重面も含めて体調が安定しなかった時期があったので、今回はしっかりと休ませました。休ませたことでかなり良くリフレッシュして戻ってきたので、それが前走の好走に繋がったのではないかなと思います」

    (馬体重については?)
    「現状、454、5キロありますので、450を切らないようにと思っています」

    (今週末も期待できそう?)
    「常に期待はしていますけど、この馬も展開に左右されたりといろいろありますからね」

    (ジョッキーは前走に引き続きC.デムーロ騎手が騎乗するが?)
    「クリスチャンは明け3歳の時に乗ってもらって今回が3回目になります。後ろからしっかり脚をためる競馬ができるジョッキーなので、この馬には合っていると思います」

    (一昨年のこのレースが2着、昨年が6着と、3度目の正直になるが?)
    「展開、流れひとつだと思います。最後のコーナーであまり外を回って脚を使うと切れ味が少し乏しくなる感じがするので、ある程度流れてあまり外を回らないような隊列というか、そういう流れが好きだとは思います」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「すごくファンの多い馬だと思っていますので、以前のようなすごい末脚をお見せして、これからも皆さんにもっともっと応援してもらえるような結果が出せればと思います」


    グレンツェント鞍上ボウマン騎手「リアクション、反応が良くすごく感激している」/チャンピオンズC共同会見

    中京競馬場で行われるダートのGI、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)に出走するグレンツェント(牡4、美浦・加藤征弘)が、H.ボウマン騎手を背にウッドチップコースで併せ馬の追い切りを行った。追い切り後、ボウマン騎手と管理する加藤調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ボウマン騎手

    (先週JCを勝った反響はあった?)
    「家族も友達も、世界有数のジャパンCというレースを勝ったことで皆喜んでくれましたし、私も今幸せです」

    (美浦で調教に騎乗した感想は?)
    「皆さん仕事がプロフェッショナルで、馬たちもとてもハッピーそうに見えます」

    (グレンツェントの調教に乗った経緯は?)
    「チャンピオンズCに出るということで、やはり馬を1番知るためには追い切りに乗ることが大切なので、自らここにやって来ました」

    (実際に追い切りに乗った感触は?)
    「彼の性質や素質を確かめたくて乗りました。馬の状態はとても安定していました。自ら走っていってくれて非常に馬の状態が良いなと思いました。最初の方は馬場もゆるくて走りづらかったのですが、最後の200mの時に自分が押し出したら、とてもリアクション、反応が良く前に出てくれたのですごく感激しています」

    (レースで良い結果を出すためのキーポイントは?)
    「まだ作戦は考えていないのですけど、まず枠順が出てから加藤調教師とお話をして作戦を立てたいと思います」

    (先週のJCに続いて2週連続の勝利に向けての自信は?)
    「自信はありますけれど、何せオーストラリアにダートレースはなく、ダート自体のレース経験が少ないので…。とにかくレースを楽しみにしていてください」

    ■加藤調教師

    (JBCクラシック・JpnI・5着からの中間の調整過程は?)
    「追い切りを始めたのは先週からです。先週は6ハロンから、今週は当該週なので5ハロンからの追い切りでした」

    (疲れなどはなかった?)
    「そうですね。その辺は全くないと思います」

    (今朝の追い切りについて)
    「中3週なので、ある程度の負荷をかけなければいけないと思います。追走して馬がどういう反応をするか、そして前を走る馬に取りついた時にどのように性格の変化を見せるか、そのような面を見てもらわないと、テン乗りのジョッキーにはわかってもらえないところがあるので、そのあたりを考慮して3頭目の1番後ろから進んで1番内へという調教をしました」

    (ボウマン騎手が騎乗する経緯は?)
    「この時期に来日するのは事前にわかっていましたし、この馬は主戦ジョッキーが定まっていなかったということもあります。何人かのジョッキーにもう騎乗馬がいましたので、ちょうど騎乗馬がいなかったボウマン騎手に依頼したという形です」

    (事前に打ち合わせは?)
    「以前、トミー・ベリー騎手が来た時に一緒に食事会などもしていますし、昨日もつくばでご飯を食べながら話をしていました。馬の話は実際今日乗った時と枠順発表のあとのことなので、レースに向けての話ということよりも、日頃の調教の話やレースでの馬のおさえ方、日本のジョッキーと外国のジョッキーとの違いなどを昨日は話をしていました」

    (先週JCに優勝したジョッキーが騎乗するので期待も大きい?)
    「そういうジョッキーに乗っていただくに越したことはないですが、馬の実力、コース形態、芝ダートなど条件も違うので、そのあたりは特に意識はしていません」

    (1月の中京で東海S・GIIを勝っているあたりも追い風に?)
    「チャンピオンズCを使いたいと思ってローテーションを組んでいたので、1月に中京競馬場を上手に走ったのはとても大きいと思います。微妙なペース配分で癖のあるコースですし、巧拙を問われる競馬場だと思っているので、東海Sで上手に走れたのはかなり良いアドバンテージでしょう」

    (この馬が力を出すためにはどういった流れ、展開を希望するか?)
    「GI競走の中で、本当の厳しい流れに対応したことがないので、なるべく距離ロスなくしっかり脚がたまるような枠順で流れに乗りたいと思います」

    (流れに乗れれば待望のGIタイトルが?)
    「実際、競馬の中でどんなペースになるかというのもありますし、まだそんなに強気なことを言える馬ではないと思いますよ」

    (馬体重に関しては?)
    「現状480キロですね。多少輸送に気を遣う馬で、当日までイラついて体重が減ってきますので、ある程度ゆったり作って輸送して、前走と同じかやや減るくらいの体重でと思っています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「東海Sを勝った後の2戦は精神的なものもあって好走できませんでしたけど、しっかり休養させてリフレッシュして、今季最初のJBCは良い走りを見せてくれたので、さらに良い走りをお見せできればと思っています」

    カフジテイク湯窪師「展開ひとつだと思います」/チャンピオンズC共同会見

    ■カフジテイクを管理する湯窪幸雄調教師

    ――前走の武蔵野Sを振り返ってください。
    湯窪 スローな流れで追い込み馬には向かない流れでしたね。

    ――それでもあそこまで来るというのは強さこそ、だと思いますが?
    湯窪 わたしもそう思っています。

    ――中2週ですが、上積みは?
    湯窪 いい状態だと思います。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    湯窪 指示はしていません。ジョッキーと持ち乗り助手と息子(注:湯窪厩舎調教助手)で話し合ってやっていました。内容は良かったと思います。

    ――今回のレースですが、この馬の戦法はいつも通りでしょうか?
    湯窪 そうですね。距離は1800mに延びて、本当に展開ひとつですね。

    ――中京は昨年は4着、決して悪くないと思いますが?
    湯窪 直線が長いので、東京と中京があうと思います。

    ――メンバー構成を見ての感想は?
    湯窪 なんとなく落ち着きそうな気もしますけど、人気馬の動きかた次第でちょっと上がりが掛かって欲しいかな、と思っています。

    ――当然、流れる展開になって欲しいな、と思いますか?
    湯窪 そうです。

    ――今回はルメール騎手に乗り替わりますね。
    湯窪 (この馬の)いいところを出して頑張って欲しいですね。

    ――ジョッキーへの指示は?
    湯窪 もう任せるしかないですかね。

    ――改めて1800mという距離についての不安は?
    湯窪 別に不安はないです。昨年も4着でしたから。展開ひとつだと思います。

    ――ビッグタイトルへの想いは?
    湯窪 ルメールジョッキーも乗ってくれるし、いい方向に向かって欲しいと思います。

    ――気持ちが高ぶらず、という感じでしょうか?
    湯窪 追い込み一手ですからね、自然に見ているしかないですよね。

    ――最後に意気込みを。
    湯窪 ルメール騎手が乗ってくれるし、いい成績を残したいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    JC(ジャパンカップ)予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    サトノクラウン森助手「ムーア騎手が『パーフェクトな状態』と」/ジャパンC共同会見

    ジャパンC(GI・東京芝2400m)に出走するサトノクラウン(牡5・美浦・堀宣行)がR.ムーア騎手騎乗(レースはM.デムーロ騎手)で、ウッドチップコースで3頭併せの追い切りを行った。追い切り後、森一誠調教助手が共同記者会見に臨んだ。

    (今朝の追い切りについて)
    「秋の天皇賞(GI・2着)の時は単走での追い切りでしたが、今日は3頭での併せ馬となりました。1週前に単走で追い切りをしたのですけど、その時は終い少しフワフワするところがあったので、そこを矯正する意味で今週は併せ馬での追い切りとなりました。休み明けを1度使っているので、終いを確かめる程度で動きの方は良かったと思います」

    (ムーア騎手が追い切りに乗った意図は?)
    「ムーアジョッキー自体、この馬をすごく気に入っていまして、海外にいる時からこの馬のことをすごく気にかけてくれています。今回はレースでは別の馬に乗るのですけど、クラウンのことがすごく好きでこの馬に乗ってみたいという理由が1つと、普段は調教助手が乗っているのですけど、ジョッキーにクラウンの今の状態を聞いてみたいということで、ムーア騎手が乗ることになりました」


    (ムーア騎手の感触は?)
    「この馬自身、年齢を重ねていて、馬自身が自分のやることをわかっているということで、動きの方も精神面も問題なく、すごくパーフェクトな状態だと言っていました」


    (休み明けだった秋の天皇賞と比較して今の状態は?)
    「天皇賞がだいぶ重い馬場での競馬だったので、その疲労がどれくらいあるのかというのを中間見極めながらの調整だったのですけど、幸い大きなダメージもなく中間も順調に調整できていて、1度使った分良い状態で臨めると思います」


    (秋の天皇賞の評価は?)
    「昨年、一昨年と結果が出ていない舞台ではあったのですが、今年は2着という結果でした。最後の直線では勝ち馬が先に抜け出して、ちょっと厳しいかなと思ったのですけど、クラウン自身最後も一完歩ずつ差を詰めて首差まで詰め寄って、負けはしましたけどすごく良い内容だったと思っています」


    (去年は秋の天皇賞から香港ヴァーズ(GI・1着)というローテーションだったが、今年ジャパンCを選択した理由は?)
    「天皇賞の前から今年の秋は国内専念ということでローテーションは決まっていたのですけど、その中で東京の2400のジャパンCを是非とも使いたいということで選択しました」


    (東京の2400mの適性は?)
    「この舞台自体、ダービー以来、約2年半振りになります。ダービーは負けはしたのですけど、すごく良い内容の3着で、終いも良い脚を使っていましたし、この馬にとっては一番適した舞台だと思っています」

    シュヴァルグラン友道師「毎回言ってますが、この馬にGIを獲らせてあげたい」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランを管理する友道康夫調教師

    ――前走の京都大賞典を振り返ってください。
    友道 ゲートを出てちょっと挟まれまして位置取りが後ろになったんですが、それでも終いはしっかりとした脚で差を詰めました。秋緒戦としては満足しています。

    ――それから中6週で迎えるジャパンカップ。その後の調整具合は?
    友道 在厩させてしっかり乗り込みました。先週までで大方出来上がったと思います。

    ――先週の1週前追い切りはいかがでしたか?
    友道 ジョッキー(ミルコ・デムーロ騎手)を乗せて馬場(ウッドチップコース)で併せました。ジョッキーにはゴールを過ぎてからもしっかり追ってもらいました。もともとそんなに調教では動く馬ではなかったのですが、動きは良かったと思います。

    ――今朝の最終追い切りは坂路でボウマン騎手が乗って行われました。
    友道 今日はジョッキーに感触を確かめてもらう程度だったんですが、動きを見ていても良かったしジョッキーの感想も良かったのでいい調教ができたと思います。

    ――臨戦過程は昨年とは違って間隔が空いていますが、そのあたりは?
    友道 今年が本当のローテーションです。昨年は春の疲れが残っていたので(使い出しが遅れて)、アルゼンチン共和国杯からの参戦で中2週になったのですが、本来考えていたローテーションは今年のパターンです。今回は本当に万全でいけると思います。

    ――昨年はジャパンカップ3着でしたが、そのあたりは?
    友道 先ほども言いましたとおり、昨年はちょっと強行軍でのジャパンカップ参戦だったのですが3着でした。今年は本当に万全な状態で臨めるので、本当になんとか巻き返したいと思います。

    ――理想の展開は?
    友道 これからボウマン騎手と作戦会議をするんですけど、本来ならばゲートもいい馬なのでいい位置につけられると思います。競馬の流れに乗ってくれれば、結果はついてくると思います。

    ――ボウマン騎手ですが、どのあたりを期待しての起用でしょうか?
    友道 やはり世界ナンバーワンのジョッキーですし、シュヴァルグランはちょっとズブいところがあるのでしっかり追ってくれる方だと思ってお願いしました。

    ――追い切りでの動きから人馬の相性の良さは感じられましたか?
    友道 今日はそんなに追ってはいないのですが、いいリズムで走っていたと思います。

    ――相手関係は?
    友道 ダービー馬が3頭いますし、本当に強いメンバーが集まったと思います。その中でいい競馬ができればと思います。

    ――なんとかGIタイトルをという思い、かと思いますが?
    友道 毎回GIの前に言ってるんですけど、本当にいつも“この馬にGIを獲らせてあげたい”と思っています。

    ――最後に意気込みを。
    友道 昨年は3着であと一歩のところでした。春もあと少しでGIのタイトルが獲れるところまできています。なんとかここでこの馬にもGIを獲らせてあげたいです。応援よろしくお願いします。

    キタサンブラック清水師「一緒にいられる残された時間を楽しみたい」/ジャパンC共同会見

    ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

    ――まずは前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。
     清水 本当に強い内容だったと思います。ゲートはまさかああいうかたちになるとは思わなかったですね。ヒヤッとしましたけど、すぐに僕も気持ちを切り替えることが出来ましたんで割と冷静に見ていられましたね。


    ――もともとゲートでの癖などはあったのでしょうか?
     清水 そうですね。もともと(ゲート内の)駐立はソワソワするところがあったんですけれども。それでもしっかり出て、二の脚も速かったので心配はしていなかったんですけど。まぁ、(天皇賞では)気持ちが入り過ぎてしまったのか、タイミングが合わなかったですね。たまにはありますよ、こういうことも。

    ――追い上げるかたちのレースになりましたね?
     清水 はい、後ろからの競馬になったんですけれども、しっかり気持ち良さそうに折り合っていましたのでいいかんじで(レースを)運べているな、と思いましたね。

    ――直線の攻防はいかがでしたか?
     清水 アッという間にあそこにいましたのでビックリしました。抜け出してから並びかけてくるとまた伸びるといういい根性をしていますので。ある程度安心して見ていられましたね。ラストはブラックならしのいでくれると思っていました。

    ――その後の馬の様子は?
     清水 おかげさまで特に痛めたところもなく、毛ヅヤも全く落ちなかったですし、疲れはしっかりとりました。休み明けを1回使ったという上積みもありますので、それほど慌てて立ち上げていくこともなかったので、本当にこの中間は順調にこれました。

    ――1週前追い切りはいかがでしたか?
     清水 しっかり負荷をかけたかったので、思ったとおりの追い切りができたと思います。

    ――今朝の最終追い切りの内容と評価を教えてください。
     清水 はい。内容も良かったと思いますし、いい評価をあげられると思いますね。追い切り後の馬の状態も落ち着いています。

    ――昨年に比べてより完成度は上がっていると捉えてもよろしいですか?
     清水 はい。天皇賞(春)も素晴らしかったですし、(秋)もあの馬場で強い競馬をしてくれました。昨年以上だと思ってくれていいと思います。

    ――今回の舞台は、昨年圧巻のレースをした舞台ですね。
     清水 はい。東京への輸送も何も、すべてにおいて不安はないですね。

    ――昨年のジャパンCを振り返ってください。
     清水 枠順も内でしたし、スタートも決めて、特に主張していった訳ではないですけど馬のスピードに任せてああいうかたちになりました。いいペース配分で最高の騎乗だったと思います。

    ――今回、レースプランは?
     清水 そこはジョッキーが考えてくれていると思います。

    ――相手関係は?
     清水 3歳勢も出てきていますね。いつものことですが、相手関係は考えずにいい状態で仕上げることだけに集中したいですね。

    ――改めて、キタサンブラックへの思いは?
     清水 “感謝”のひとことですね。

    ――この秋は残り3戦と決まったあと、前走の天皇賞(秋)で優勝しました。よりプレッシャーも高まってくるのではないでしょうか?
     清水 もちろんありますけども、ブラックに限っては心配事はないですし。故障のリスクも本当にないですし。以前ほどのプレッシャーは感じずにいられます。あとはね、短いあいだですがあの子と一緒にいられる残された時間を楽しみたいですね。

    ――最後にひとこと。
     清水 秋緒戦、いいかたちで結果を出してくれました。本当にファンの多い馬ですし、3歳馬も出てきますけれども、連覇に向けていい状態で当日を迎えたいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    マイルCS予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    イスラボニータ栗田師「完成の域に近づいている」/マイルCS共同会見

    マイルCS(GI・京都芝1600m)に出走するイスラボニータ(牡6・美浦・栗田博憲)が、ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、栗田調教師が共同記者会見に臨んだ。

    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週の段階でほぼ息は整えたつもりです。今週は集大成として送り出すのに、馬なりで調整できればいいと思っていましたし、そのような指示を出しました。今日は、馬がリラックスして走っていました。その点が1番良かったです」

    (この中間、コンディションが良さそうだが?)
    「前走の富士S(GIII・2着)は不良馬場で頑張ってくれたのですが、疲れもほとんどなく、良い感じで早く疲労が抜けましたし、良い過程でここまで来ることができました」

    (前走の重馬場で反動が出る心配もあったと思うが?)
    「それを全部克服してくれたこと自体、馬の調子がいかに良いかということなのでしょうね」

    (6歳の秋になって、競走馬として円熟味を増してきた?)
    「6歳の秋ですからね。完成の域に近づいていると思います」

    (今年の春は久々に勝利したが、今度は久々にGIの舞台で先頭ゴールを期待?)
    「結果はあとからついてくるものですから、無事に送り出せるのが何よりですし、良い感じでゴールまで駆け抜けてほしいなと思っています」

    (昨年は2着だったが、今年は?)
    「それは考えないようにしています」

    (馬場は?)
    「良馬場で迎えたいですね」

    (関西への輸送に関しては?)
    「何回も行ったり来たりしていますし、別に問題はないですね」

    (先生のそのような気負わない面が馬に伝わっている?)
    「馬も感じ取ってリラックスしてくれていますし、今回は安心していられますね」

    (GIを勝った若駒の頃と今との違いは?)
    「加齢とともに精神的に落ち着きが出てきて、良い方向で来ていると思います」

    レッドファルクス鞍上C.デムーロ騎手「瞬発力もあり強い馬という印象」/マイルCS共同会見

    スプリンターズS(GI)2連覇を成し遂げて、マイルCS(GI・京都芝1600m)で2階級制覇を狙うレッドファルクス(牡6・美浦・尾関知人)が、南D(ダート)コースで最終追い切りを消化。追い切りにも騎乗したC.デムーロ騎手と管理する尾関知人調教師の共同会見が行われた。

    ■C.デムーロ騎手

    (兄のM.デムーロ騎手がこれまで乗っていたレッドファルクスについての印象は?)
    「何回もビデオで見ていますが、すごく乗りやすそうですし、瞬発力もあるので、強い馬だという印象がありました」

    (M.デムーロ騎手からアドバイスは?)
    「ライバルなのでそんなに多くは語っていないですけど、乗りやすい馬だという話は聞いています」

    (実際に跨ってみての印象は?)
    「前運動からすごくリラックスしていて、すごく乗りやすかったですし、追い切りもコーナーでは少しズブいところを見せていましたが、直線に入ってからは瞬発力も出てスピードがあると思いました」

    (1200mから1600mになるが?)
    「1200を走っている時でも加速するのに少し時間がかかり、最後に交わし切るという馬なので、1600mがむしろ良いのではないかと思いますし、距離に関しては何も心配していません」

    ■尾関知人調教師

    (マイルCSを選択した経緯は?)
    「オーナーと相談させて頂きましたが、安田記念(GI・3着)で頑張ってくれたのは大きかったと思います。また比較的有力馬が秋の天皇賞に向かったので、そのあたりが出て来ないかなという思いもありました。結局出走してくることになった馬もいましたけど、そのようないろいろな面を考えてですね。あとはこの馬のさらなるチャレンジという感じでしょうか。前走のスプリンターズS(GI)もしっかり勝ちきってくれましたし、この馬にさらに勲章をあげたいなという気持ちもあります」

    (前走後の状態は?)
    「予定通り山元トレセンに放牧に出して、牧場サイドで馬の感じを良くチェックしてもらいました。それもあったので最終的な決断が少し遅くなったのですが、牧場にいる時に(出走させると)判断して、こちらに戻してそこからピッチを上げて調整を進め、今日に至るという感じです」

    (今日の追い切りはダートコースだったが?)
    「これまで何回か最終追い切りはDコースのダートでやっています。安田記念の時も確かDコースでの追い切りでしたし、前回は中山を意識してウッドでやりました。万が一内を突かなければいけない時もあると思ったので内めの追い切りでしたが、今回は京都の広いコースですし、チップでやるよりは長い距離の追い切りをやりたいと考えました。ただ昨日雨が降ったのでどうしようかと思いましたが、今朝馬場を歩いてみたら結構良いコンディションだったのでダートコースで追い切りました」

    (新コンビとなるC.デムーロ騎手とは、追い切り前にどんな会話を?)
    「美浦が初めてなのかはわからないのですが、多分Dコースでの追い切りは初めてだと思いましたので、ハロン棒の確認などミスのないように…それはこちらの責任だと思いますのでよく話をして、こんなイメージで追い切りをやってほしい、後ろが元々弱かったので手前を替えづらいところがあるという話はしました」

    (実際追い切りを見ての印象は?)
    「スムーズに折り合いがつきました。右回りだとコーナーリングが少しスムーズではないところが元々あるのですけど、4コーナーの直線に入る手前あたりでトモがしっくりこないような面があり、ジョッキーもそう言っていました。その辺は初めて乗ったということもあったと思いますが、手前を替えてからはしっかり良い伸び脚してくれていましたし、逆にそういう部分を含めて(ジョッキーに)掴めてもらえたのではないでしょうか」

    (6歳の秋にして京都は初めてになるが?)
    「京都の下り坂がどのくらいこなせるのかということと、これまでは坂でギュッと伸びてきましたが、今回は直線が平坦なので、この馬がすごい脚を使ったにしても前もなかなか止まらない…。その辺が課題と言いますか、やってみなければわからないと思っています。正直、4大場の中では1番向かない競馬場のような気もしますが、そこは能力としっかり調子を上げていくという感じですね」

    (種牡馬としての価値を上げるためにも、1600mのこのレースは重要な一戦になると思うが?)
    「お父さん(スウェプトオーヴァーボード)が先日残念ながら亡くなったので、今後そういうことも意識しなければいけないかなとも思うのですが、まずはこの一戦に向けてしっかりやっていきたいです」

    (仕上がりは上々?)
    「この馬の力を出せる状態になってきていると思います」

    笹田師「エアスピネルは変わったな、という姿を見せたい」/マイルCS共同会見

    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――前走の富士Sを振り返ってください。
    笹田 デイリー杯のときも同じような雨降りの馬場で勝っているので、この馬はこなしてくれるのでは?と思って競馬を見ていたら、案の定いいかたちで競馬をしてくれました。結果を出してくれて本当に良かったと思います。

    ――完勝でしたね。
    笹田 他の馬が雨を苦にする馬もいた分、そういうかたちになったと思います。

    ――前走後の疲れや反動は?
    笹田 いつも競馬を使ったあとでもケロッとしているのですが、今回も疲れや反動は出ていなかったんですが、考慮して1週間は本当に楽をさせました。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    笹田 先週の追い切りが全体的な時計がかかったちょっと馬が重いかな、と思っていたので、この前の日曜日と今朝、普段より強めの指示を出しました。

    ――ジャッジは?
    笹田 思ったような時計が出ましたし、馬の動きもグッと沈むようないいフットワークで走ってくれました。いい状態で追い切りができたと思います。

    ――状態は?
    笹田 やはりGIに向けての調整ですので、もうひと段階ふた段階アップした状態で挑めると思います。

    ――古馬になってからマイル路線に進みましたが、マイルがいいのでしょうか?
    笹田 そうですね。この馬にとってはいちばん競馬をしやすいのと、結果を出してるとおりだと思いますけどね。

    ――京都コースについては?
    笹田 京都で重賞2勝していますので、実績を考えると自信を持って出せると思います。

    ――今回、特に不安な点があるとすれば?
    笹田 武豊くんの負傷でジョッキーを交代せざるを得なくなりましたので、その点、初めて乗るジョッキーなのでこの馬の癖がそのレースですぐに把握できて、いい走りをさせられるだろうか、という不安だけで、馬の状態としては何の不安もないと思います。

    ――改めてジョッキーを教えてください。
    笹田 ライアン・ムーア騎手に依頼しました。

    ――ムーア騎手に何を一番伝えようと思っていますか?
    笹田 彼もおそらく依頼を受けたのでレースの録画とかを見て研究していると思いますけれど、あとはこの馬の性格と注意する点、その辺だけを伝えればいいかな、と思っています。

    ――どのへんが噛み合えばGI制覇に結びつくと思いますか?
    笹田 やはり3歳時、クラシックを走っていた時点では性格的な甘さがありまして、完全な力を発揮できないというのがこの馬の欠点だったと思うのですが、年を越して徐々に落ち着きとか、普段真面目に一生懸命やろうかな、という雰囲気を見せてくれるようになりました。馬が成長して自分の力を出せるようになってきているんじゃないかな、と思います。

    ――GI制覇、機は熟したとみていいでしょうか?
    笹田 そうですね。いまのところ不安なくレースを迎えられると思います。

    ――最後に意気込みを。
    笹田 なかなか(GIを)勝てそうで勝てなかった馬なので、今回はなんとしてもその思いを達成できるように、これから日曜日まで日もありますからきっちり調整します。そして、みんながエアスピネルは変わったな、という姿を見せたいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ