競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:共同会見

    宝塚記念予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】レイデオロ鞍上ルメール「スタミナがある、自信があります」/宝塚記念共同会見

     宝塚記念(GI・阪神芝2200m)に出走するレイデオロ(牡5・美浦・藤沢和雄)が、クリストフ・ルメール騎手が騎乗してウッドチップコースの併せ馬で最終調整を行い、追い切り後にルメール騎手と藤沢調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (追い切りについて)
    「すごく良い追い切りをしました。ずっとリラックスしていてスムーズでしたし、最後速い反応ができました。彼のコンディションはバッチリだと思います

    (先週と比較して)
    「はい、パワーアップしました、先週の追い切りは結構軽い追い切りでした。今回はもう少し速いペースで走っていました。直線に入ってからはすごく反応しましたので、すごくいい感じでした」

    (馬はトップコンディションにある?)
    「はい。ドバイから無事に帰ってきて、休みの後はまた良いコンディションでした。調教で問題ありませんでした。エンジンがまだあります」

    (GIを勝った頃のレイデオロの雰囲気に?)
    「大人になりましたね。追い切りの前と追い切りの後はもっとリラックス、競馬の日もリラックスできます。そして今回は後ろのポジションから競馬をしたいですね。この間のドバイ(ドバイシーマクラシック・G1・6着)で前に行くのはあまり良くなかったので、今回はちょっと後ろのポジションで乗りたいですね」

    (エキサイトしていた前走のドバイと今回を比べて?)
    「今年と去年はドバイですごくエキサイトしていました。夜の競馬があまり好きじゃないと思います。途中でちょっと引っ掛かったので最後は疲れてバテてしまいました。でも日本の競馬場では、もっとリラックスすることができます。日本でいつも良い競馬をしてくれました。だからまた自信あります」

    (阪神の内回りの2200mは?)
    「ペースによりますね。阪神の内回りで直線は結構短いので、ペースが遅かったら後ろのポジションからではちょっと難しくなりますけど、今年はキセキがいるので、良いペースになるかもしれません。良いペースになれば、レイデオロは最後速い脚を使えます。レイデオロはスタミナがあるので、自信があります」

    (馬場状態については?)
    「重い馬場は好きな馬場ではないと思います。反応がちょっと遅くなります。でも有馬記念で悪い馬場で2着になって満足な結果でした。勝てないけどよく頑張ってくれました」

    (もっとGIを勝てるという期待がありますが?)
    「はい、ダービーホースです。そして天皇賞(秋)を勝つことができましたので、またGIを勝ちたいね。馬のコンディションが良かったら、GIレベルでよく頑張れると思います」

    (ルメール騎手は宝塚記念はまだ勝っていないが?)
    「そうです。頑張ります。今年は大きなチャンスがあるので頑張りたいです」

    (この間久々にフランスに帰ってフレッシュな気持ちでGIに臨めるのでは?)
    「フランスに行ったのはとても嬉しかったです。残念ながら最後、あまり走れなかったね、でもしょうがないです。(それが)競馬ですね。日本に帰ってきて、たくさん良い馬に乗れます。だからまた大きなレースを勝ちたいです」

    (応援してくれるファンも多いが?)
    「すごく嬉しいです。いつも本当にありがとうございます」

    ■藤沢調教師
    (今朝の追い切りについて)
    「先週、今週とそんなに時計は速くないのですけど、順調に来ていると思います」

    (先週と今週の追い切りのコンセプトは?)
    「いつも通り稽古はそんなに難しい馬ではないので、速い時計も必要ないし、いつもの感じで同じリズムでやらせてもらいました」

    (藤沢調教師がイメージする、GIを勝てるこの馬のコンディションに?)
    「そうですね、いつもこんな感じで来ているので、頑張ってもらいたいです」

    (前走のドバイを振り返って)
    「今年も昨年もあまり良くなかったのですけど、たまたまリズムが悪かっただけで日本では頑張ってくれているので、問題ないと思います」

    (帰国後から今週までのコンディションは?)
    「牧場に帰って休養していたのですが、想像以上に競馬は楽だったようで、さほど疲れがなかったので、順調にこのレースに向けて調整できたと思います」

    (もっとGIタイトルを獲得できる馬だと思うが?)
    「強い馬ですからね、もう少し勝ってもらいたいですね」

    (阪神コースについては?)
    「内回りは初めてですが、阪神(神戸新聞杯・GII・1着)は走っているので、頑張ってくれると思います」

    (宝塚記念はまだ勝っていないが?)
    「暑い時期なのでなかなかそこまではいかないのですけど、今回は順調に来ているので何とか頑張ってもらいたいです」

    (かなり期待度は高い?)
    「そうですね、順調に来ています」

    (展開については?)
    「強い馬がたくさんいますからレースは流れるでしょうし、騎手が作戦を考えていると思います」

    (騎手と一緒に作戦を練ったりはしない?)
    「そうですね、競馬はスタート次第で我々が想像する展開になかなかならないので、その都度(騎手に)ジャッジしてもらわなければと思っています」

    (ファンにメッセージを)
    「ダービーを勝たせてもらったように強い馬なので、もう少し頑張れると思います。また応援してください」 (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】キセキ川田騎手「なんとかして、キセキと共にGIを勝ちたい」/宝塚記念共同会見

    ■キセキに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――キセキの最終追い切りが終わりました。川田騎手からご覧になって、その動きはいかがでしたか?
    川田 見てはいないですけれども。すごくスムーズにここまで来れていると聞いているので。今日も無事に追い切りを追えているので問題なくここまで来れていると思います。

    ――1週前追い切りは最後まで追い込み、迫力のある動きでしたね。
    川田 1週前にしっかりやって最終追い切りでは整える程度にするといわれていたので、本当に順調に来れているのではないかと思います。

    ――大阪杯2着を振り返ってください。
    川田 すごくスムーズな競馬が出来ましたし、いい内容で走ることが出来ました。ただ、発表以上に馬場が重たかったですし、時計的には最後の1ハロンにあれだけ時計がかかるような競馬をしているので、全力で走り切っての結果だな、と思います。

    ――2番手での競馬でしたが、そのあたりは?
    川田 流れ的に(1番手で)行く競馬にはならなかったので。2番手でスムーズな競馬もできていましたし、それであの競馬を組み立てたんですけれども。

    ――2番手でもリズムよく、という感じでしたか?
    川田 はい、すごくリズムはよかったです。

    ――今回の宝塚記念は同世代のクラシックウイナーが勢ぞろいします。そのあたりは?
    川田 そうですね。強い馬たちが出てきていますので、例年に比べて全体の頭数は少ないですけれども、いいメンバーだと思っています。その中でキセキがどのくらいの走りができるか、と思っています。

    ――コンビを組まれてきて“キセキとGIを”という想いがあるかと思いますが、そのあたりは?
    川田 はい。これだけ惜しい競馬をしてくれている馬なので、なんとかGIタイトルを取りたいという想いで大阪杯も乗っているのですが、なかなか手が届かずにいるので。なんとかして、キセキと共にGIを勝ちたいな、という想いは強いですね。

    ――キセキ自身は不良馬場の菊花賞も勝っています。しかし、お話を伺っていると重いよりは軽い馬場のほうが、ということなのでしょうか?
    川田 いや、前回(大阪杯)でもしっかり走れていましたから。見た目以上に時計のかかるタフな馬場だった、ということを伝えているだけで。キセキが重たい馬場が苦手だという表現をしたわけではないです。

    ――なるほど、承知しました。では、ファンの皆さんへメッセージを。
    川田 上半期最後のJRAのGI競走になります。ここまで順調に来れていますし、なんとかキセキと共に一番上に立ちたいと思っていますので。まずは当日を無事に迎えて貰えて、気持ちよく競馬ができればいいな、と思っています。

    ――“上半期”という言葉が出ましたが、川田さん自身、今年の上半期を振り返ってみていかがでしたか?
    川田 あまり振り返りたくないですね。申し訳ない想いのほうが強いですし、関係者の方に対してもファンの方に対してもGIに関しては思うような競馬ができないままここまで来ていますので…。うーん…全力の走りができる競馬がしたいな、と思います。

    ――いい結果を期待しています。
    川田 ありがとうございます。 (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】M.デムーロ騎手「スワーヴリチャードはだいぶ大人になりました」/宝塚記念共同会見

     ■スワーヴリチャードに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手
    ――最終追い切りが終わりました。ミルコさんから見たコンディションは?
    ミルコ この馬はジャッジが難しいですね。昨年の天皇賞も全然いい結果ではなかったけれど、追い切りの時はよかった。いつも頑張っていますね。今日も追い切りはすごくいい感じでしたね。

    ――でも、追い切りの良さがレース結果につながるかというジャッジは難しい、と?
    ミルコ はい、難しいですね。

    ――海外帰りです。ドバイでのレースを見ての感想は?
    ミルコ すごく頑張りましたね。まぁ、乗りたかったけどね(苦笑)。それでも、いい結果が出てますね。

    ――今回、スワーヴリチャードとコンタクトをとってみての感想は?
    ミルコ さっき調教師と話しましたが、海外で走ったときに馬が少し変わりましたね。ちょっとじゃないですね。だいぶ大人になりましたね。以前はすごくイライラしていましたが、今のほうが落ち着いています。

    ――それはレースにいい方向に出そうですか?
    ミルコ いいことだと思いますね。もうちょっと(前より)馬が自信がある、と思いますね。自分の仕事をわかってくれている。

    ――では、ミルコさんが中山記念で乗っていた時と比べると、明らかに変わった印象があるということでしょうか?
    ミルコ はい。ちょっと良くなったと思います。以前はゲートでイライラして、たまにタイミングが悪くなって出遅れたりしていました。でも、今回はゲートの中でもちょっと真面目な感じがしますね。

    ――今回はレイデオロだったり、キセキだったりとライバルがいますが?
    ミルコ GIだからみんな勝ちたい。みんながライバルですね。

    ――レースのプランは?
    ミルコ ないですね。枠順が大事だし、ペース次第ですね。昨年、大阪杯を勝ちましたが、コースがほとんど同じです。200mだけ増えている。だから、距離は問題ない。競馬も上手です。

    ――いま、枠順というお話がありましたが、理想は?
    ミルコ 大阪杯と宝塚記念は枠順が大事ですね。外だったら1コーナーがすぐだから、外々ばかり行っていたらよくない。内なら邪魔をする馬が多いですね。真ん中くらいが一番ですね。

    ――おそらく川田騎手のキセキが前に行って、という流れが予想されます。ミルコさんは川田さんを見ながら、というレースになるのでしょうか?
    ミルコ まぁ、そうですね。

    ――大阪杯で初めてGIを勝って、それ以来のGI勝利を、という期待がかかりますね。
    ミルコ はい、頑張りたいですね。馬の能力は高いし、楽しみだと思います。

    ――阪神の小回りコースについては、いかがですか?
    ミルコ 前に同じようなコースで1回GIを勝った(大阪杯)。それ以前は、みんな左回りだけ走っているイメージがあったけれども、実際は右回りのGIを勝っている。問題ないと思います。頑張ります。

    ――週末、お天気が下り坂と予想されています。
    ミルコ それは僕、心配しています。あまり大雨が降っていたらよくないですね。少しくらいの雨なら問題ないけど、重馬場だったら不安ですね。

    ――ファン投票のレースです。今回7位の支持を集めましたが、そのあたりは?
    ミルコ 楽しむと思いますね。いつも宝塚記念は難しいレースですね。いろんな馬にチャンスがある。お客様(の立場)だったら楽しみですね。

    ――サトノクラウンで勝っていますね。
    ミルコ ドゥラメンテで負けたんですよね。

    ――いろんな思い出がありますね。
    ミルコ (上半期の)最後のGIだからね。勝ちたい。

    ――では、最後にファンの皆さんへメッセージを
    ミルコ まぁ、頑張りますですね。いつもどおり。スワーヴリチャードを応援している人もいっぱいいますし、頑張りたいです。 (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】アルアイン池江師「阪神は4戦3勝。合うコースだと感じています」/宝塚記念共同会見


    ■アルアインを管理する池江泰寿調教師
    ――今朝の最終追い切りの指示、手ごたえ、感触を教えてください
    池江 坂路コースで単走で行いました。先週、先々週と併せ馬でしっかりと負荷をかけたので、今週は単走で微調整というか、息を整える調整をしました。きびきびしていましたし、いい頃の走りだと思います。

    ――大阪杯は見事なレースでした。
    池江 展開も読みやすかったですし、内が空くんじゃないかというのもありましたので。作戦がうまく嵌ったのもありますし、馬の状態もよかった。すべてがいい方向にかみ合ったという感じでしたね。

    ――今回は大阪杯と同じくらいの状態でいけるのでしょうか?
    池江 そうですね。同じくらいか、もしくはそれ以上の状態に仕上がったと思います。

    ――今回もGIですね。
    池江 そうですね。またいろんな幸運が重なり合えば、可能性はあるんじゃないかと思っています。

    ――今回はダービー馬も菊花賞馬も出てきます。
    池江 相手は強いメンバーがそろいましたね。厳しい戦いになるんじゃないかな、と思っています。

    ――阪神コースは相性がいいですね?
    池江 そうですね。4戦3勝。合うコースだと感じています。あまり広いコースとか、東京のような直線が長いコースよりは、小回りでコーナー4つあるようなコースがいいですね。中山でも皐月賞を勝っているように脚質的には合うんじゃないかと思っています。

    ――現在の段階でのレースプランは?
    池江 枠順にもよると思うんですが、ある程度前にポジションをつける馬だというのはわかっていますし、前をいく有力馬につかず離れずの感じでいければいいかな、と思っています。

    ――枠順の希望は?
    池江 極端な内は避けたいですけれども、内目から真ん中らへんならいいんじゃないかと思いますけれどもね。

    ――週末は下り坂の予報ですが?
    池江 若いときよりはだいぶ幅も出て筋肉量が増えています。ある程度は緩い馬場もこなせるようになりましたし、実際大阪杯もそのような馬場をこなしました。あまり降水量が多くならなければいいな、とは思っています。 ――前走はブリンカーをつけていますね。 池江 はい、その効果もあったと思います。ただ、ブリンカーは勝った要因のひとつで、いろんなものが複合的にあわさって出た結果だと思います。 ――今回はグランプリ。池江先生のとってのグランプリとは? 池江 私も幼いころから宝塚記念のファン投票のハガキに馬名を書いて送っていました。本当にファンの皆さんがつくるレースだと感じています。なんとかそのレースでファンの皆さんに喜んでもらえるような走りができればと思っています。 ――自らハガキを書いていたんですか?! 池江 そうですね。トレセンの事務所にハガキを取りに行って、好きな馬の名前を書いたり、父(池江泰郎元調教師)の厩舎の馬の名前をね、オープン馬じゃないのに書いて出したりしていました(笑)。 ――そして、調教師としてもオルフェーヴルやドリームジャーニーで制しています。グランプリに強い調教師というイメージがありますが? 池江 たまたまそういう強い馬がいただけでね。幸せな調教師かな、と感じています。 ――アルアインにもたくさんのファンがいます。ファンの皆さんへメッセージを。 池江 まずはたくさん投票をいただきまして、本当に御礼申し上げます。そして、当日は馬を仕上げて皆さんの期待に応えられるように頑張りたいと思います。 (取材・文:花岡貴子)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    安田記念予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ペルシアンナイト鞍上M.デムーロ「スムーズなレースになるのが一番大切」/安田記念共同会見

     
    ■ペルシアンナイトに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手
    ――大阪杯はどんなレースでしたか?
    ミルコ 最悪のレースでしたね。ちょっとツイてなかったです。馬場があまり合わなかったし、向こう正面からペースが遅くて展開も合わなかったです。よーいドンの競馬が嫌だったので少し早めに動き出しましたが…。馬場も少し重かったです。

    ――馬のコンディションは?
    ミルコ コンディションは良かったです。

    ――今朝の追い切りに騎乗されていましたが、いかがでしたか?
    ミルコ いつもどおりです。輸送もあるし、(終いの)脚を伸ばすだけですね。そんなにやらないけれども、ゆっくりでもない。

    ――動きはいかがでしたか?
    ミルコ だいぶ良くなったと思います。以前と比べてトモがだいぶ良くなっていましたね。筋肉は増えています。大人になっていました。

    ――3歳でマイルCSを勝った時と比べて状態はいかがですか?
    ミルコ 今のほうがいいと思います。

    ――この馬の良さは?
    ミルコ やっぱりとってもいい馬だと思います。香港に行ったときと大阪杯は展開がよくなかったし馬場もよくなかった。2000mを走ったこともありましたが、今回は1600mに戻ります。やっぱり本当に2000mと1600m、両方できますけどね。1600mは少し短い感じ、2000mは少し長い感じなのでベストは1800mです。あとは東京や京都外回りの1600mもいいと思います。

    ――では、ツーターンとワンターンを比べると?
    ミルコ ワンターンがいいです。

    ――惜しいレースが続いています。勝つために必要なことは?
    ミルコ スムーズがいちばん大切ですね。やっぱりこの馬もマイルCSで負けたときは、狭くなって馬がラチを気にしていました。スムーズがいちばん大事ですね。

    ――昨年の安田記念前と今年の安田記念、違いはありますか?
    ミルコ 今年、いい感じです。馬の状態が良さそうです。

    ――今年は大きなチャンスですね?
    ミルコ はい、そうです。

    ――馬場は良馬場がいいですか?
    ミルコ はい、いい馬場になるのを楽しみにしています。

    ――高速馬場については?
    ミルコ 全然、問題ない。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    ミルコ ペルシアンナイトを応援してくれる人がいっぱいいます。勝ちたいですね。いっぱいリベンジしたいです。最近、全然いい結果を出してない。だから、ちょっとリベンジしたいです。頑張ります。
    (取材・文:花岡貴子)


    【JRA】川田騎手「ダノンプレミアムと共に全力で頑張ります」/安田記念共同会見

     ■ダノンプレミアムに騎乗予定の川田将雅騎手


    ――前走のマイラーズCを振り返ってください。

     川田 コーナー4つの競馬を繰り返してきました(注:弥生賞、日本ダービー、金鯱賞)ので、改めてワンターンの競馬を馬に思い出してもらうという意味でマイラーズCを走ったんですけれども、何も問題なく無事に終えることができたな、と思っています。


    ――昨年と比較して成長した点は?

     川田 すごく幼さが残っている馬だったんですけれども、だいぶ心身ともに大人っぽくなってきた印象を持ちました。


    ――1週前追い切りに騎乗されていますね。いかがでしたか?

     川田 今回はGIですから、しっかり馬をつくりにいく上でちょうどいい負荷をかける目的での追い切りでした。すごくいい内容でスムーズに終えることができたので、それが一番何よりだな、と思っています。


    ――GIに向けてすごくいい内容と見ていいですか?

     川田 そうですね。すごくここまで、いい状態でここまで来れているだろうと思っています。


    ――前走はトライアル的な意味もあったかと思います。GIに向けての上積みは?

     川田 長いこと休んで復帰してから適度な間隔を保ちながらここに来ています。金鯱賞からの歩みを思えば、とてもいい状態で安田記念に向かえていると思うので。(確認するように)うん、本当にここまで、何も問題なくここまで来れているな、と思っています。


    ――2000m以下ではほぼ完璧な走りを見せています。あえて課題をあげるなら?

     川田 いえ、特にありません。


    ――少頭数の競馬が続いていますが、多頭数になった場合の対応は?

     川田 上手に競馬を組み立ててくれる馬なので、そこに関しては枠が出てからの並び次第になりますけれども、特に心配はしていません。


    ――サウジアラビアRC以来の東京芝1600mですが?

     川田 まったく問題なくこなしてくれると思います。


    ――タフなコースでも十分に臨めるということでしょうか?

     川田 東京のマイルは能力が問われるコースだと思っています。そういう意味でも問題なく走れると思っています。


    ――改めて、この馬のセールスポイントをファンの方にお伝えするなら?

     川田 そうですね…。本当に大きく負けてしまったのは着順的にはダービーだけです。そこにはいろいろと事情がありながらのダービーだったので、それ以外は安心したパフォーマンスを見せ続けてくれています。何より賢く競馬をこなしてくれるので、それが一番ですね。


    ――今回は強い馬もたくさん出てきます。レースに向けての抱負は?

     川田 近年のことを思えば、圧倒的にメンバーがそろった安田記念になりますし、その中に圧倒的な、飛び抜けた馬がいますので…しっかりとそこに立ち向かっていける立場だと思っていますから、プレミアムとともに全力の競馬で頑張ります(笑顔)。


    (取材・文:花岡貴子)


    【JRA】アーモンドアイ鞍上ルメール「彼女はスーパーホースです」/安田記念共同会見

     GIレース5連勝中のアーモンドアイ(牝4・美浦・国枝栄)が、安田記念(GI・東京芝1600m)に向けてクリストフ・ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切り後、ルメール騎手と国枝調教師の共同記者会見が行われた。

    ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「3頭で追い切りをしました。アーモンドアイは先週も追い切りをして、段々パワーアップしました。(今朝は)3頭で追い切りをしました。直線でいい加速がほしいと思っていました。今回はだいたいトップコンディションになりましたね」 (ジャパンCを勝った当時と比べて変わりない?) 「フットワークはちょっと良くなりました。スムースに伸びています。だから速い加速ができます」

    (4歳になって更に成長して良くなった?)
    「はい、良くなりました。今までもほとんどパーフェクトでした。GI5回連続勝って良かったです。ドバイから帰ってきて、また日本で大きな目標があります。今回は安田記念、マイルですごくいい挑戦です。彼女のコンディションはとても良いので、勝つ自信があります」

    (マイルは桜花賞以来となるが問題ない?)
    「全く問題ないと思います。ドバイ(ドバイターフ・G1)の1800mで、彼女はスピードを見せてくれました。道中ずっといい感じでした。直線では切れ味で先頭に立つことができました。結構楽に勝ちましたので、今回の府中の1600mは丁度良いコースだと思います」

    (良いパフォーマンスが見せられそう?)
    「はい、もちろん。彼女はスーパーホースですね。今までも素晴らしかった。まだ4歳でエンジンがありますね」

    (今回のメンバーについては?)
    「すごく良いメンバーですね。ダノンプレミアムが多分1番強い馬ですけど、モズアスコットは去年安田記念を勝ちました。ステルヴィオも(去年のマイルCSで)GIを勝ちました。もちろんすごく強いですね。でもアーモンドアイはジャパンCとドバイですごい能力を発揮しましたね。だから全く心配していません」

    (ライバルたちはアーモンドアイをマークしてくるが、自分のレースさえすれば大丈夫?) 「はい、自信を持って乗りたいですね。彼女はどこからでも行けます。前のポジションと後ろのポジション、どちらでも問題ないです。それはジョッキーにとってすごく良いですね。スタートによりますね。良いスタートをして冷静に走ったら、最後すごく良い脚を出すことができると思います」

    (スタートは気をつけたいと?)
    「はい、いつも気をつけますね。3歳の時はたまに少し出遅れました。ジャパンCとドバイですごく良いスタートをしましたので、ゲートの中でリラックスしたら、絶対良いスタートをすることができます」

    (ルメール騎手は久々の騎乗となるが、ここ1か月余りは長く感じた?)
    「そうです。馬に乗れなかったので、ちょっと残念でしたね。改めて競馬場で競走できるのはすごく嬉しいです。リフレッシュすることができました。また勝ち続けたいです。リーディングもちょっと出遅れましたけど、また頑張りたいです」

    (ファンにメッセージを)
    「今週の安田記念にはスーパーホースがいるので、安田記念はスーパーレースになりました。みんなレースを見てください。みんな楽しんでください。アーモンドアイを応援してください。ありがとうございます」

    ■国枝調教師
    (ウッドチップコースで3頭併せの最終追い切りについて)
    「ご覧のようにスムーズな反応を見せて、申し分ないと思います」

    (追い切り前にルメール騎手には何か指示を?)
    「先週は今週と同じメンバーでやっていて、馬なりという感じで楽に動いていました。今週は終い少し伸ばしてみるということでやりました」

    (いつものアーモンドアイ?)
    「そうですね、全く変わっていないのではないかと思います」

    (昨年の春と比較すると?)
    「やはり随分落ち着いているなと思います。走る時はしっかり走るのですが、それ以外のところでは随分落ち着いていますね」

    (精神面での成長が見られた?)
    「そうですね」

    (数多くの名馬が帰国初戦を落としてきたが、ドバイから日本に戻ってきての今回について) 「ドバイでも思ったより条件が良く快適に過ごせて、特に気になるところもなかったです。輸送などいろいろありましたが、それもうまくクリアしてくれたので、体調など状況的には何ら心配することはないと思います」

    (ここまで調整すべて思った通りに?)
    「そうですね、だいたいうまく行ったのではないかと思います」

    (桜花賞以来となるマイルだが、今のこの馬にとってこの距離は?)
    「東京は大きいコースですしね。1600は、十分こなせるのではないかなと思っていますよ」

    (レースについては何ら問題はない?)
    「競馬はいわゆるゲートから道中、そして終いとありますが、よほどのことがなければいけるのではないかと思っています」

    (ジャパンCでゲートで立ち上がる素振りを見せていたが?)
    「ドバイに行って、ゲートボーイの練習をして競馬もやって随分落ち着きましたし、こちらに帰っても駐立はやっています。万全とは言えないですけど、うまく対応できるのではないかなとは思っています」

    (普通にスタートを切れば結果は見えてくる?)
    「あまり大きなことは言えないですけど、普通に切ってそれで相手の動きを見て、ルメール騎手がうまく判断してくれれば大丈夫かなと思います」

    (今の東京コースは非常に速い時計がマークされているが?)
    「ちょっと速過ぎますし、競馬全体が少し早め早めに動いていきますので、やはりスタートが1番重要かなと思いますよね」

    (スピード勝負は問題ない?)
    「それは大丈夫だと思います」

    (他の馬たちはストップ・ザ・アーモンドアイで挑んでくるが?)
    「これまでの実績などいろいろ考えると十分対応できると思います。確かにメンバーは1つ上がっていますし、よりスピードのある馬が出てきていますから、油断はならないなと思っています」

    (ファンにメッセージを)
    「昨年良い競馬ができて、年度代表馬になれました。外国にも行って帰ってきて、その走りをまた日本でできるということで、期待に応えるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】アエロリット戸崎騎手「思う存分、戦ってきたい」/安田記念共同会見


    ハイペースでの逃げで5着となったヴィクトリアマイル(GI)から安田記念(GI・東京芝1600m)に臨むアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)。昨年の安田記念で2着以来のコンビとなる戸崎圭太騎手と、管理する菊沢調教師の共同記者会見が行われた。


    ■戸崎騎手


    (菊沢調教師が騎乗した最終追い切りを見た印象は?)

    「この馬の良さと言いますか、良い雰囲気で走っているなという印象を受けましたね」


    (この馬の良さとは?)

    「躍動感ある走りですね。大きな馬ですし、フットワークもゆったりして、伸び伸びと走っていたなと感じました」


    (前走を見て去年との違いは感じた?)

    「特にはないですね」


    (実戦で乗るのが楽しみに?)

    「そうですね、昨年のこのレースで2着ですし、その雪辱を果たしたいなというのがありますね」


    (昨年は3番手からあわやのシーンだったが、振り返って?)

    「ヴィクトリアマイルで乗せて頂いて、その後に安田記念だったのですが、馬がとても良くなっていましたし、この馬に良い条件なので自信を持って臨みました。前に壁を作るような形にはなりましたけど、リズム良く走ってくれて、最後早めに仕掛けても渋太く伸びてはくれましたね」


    (東京のマイルが1番合いそう?)

    「そうですね、1番と言われるとそうなのかなという感じはします」


    (どういうレースをするか、ある程度頭の中にある?)

    「ある程度はありますけど、枠順が出てから細かいところは決めようと思います。好メンバーなので、胸を借りるというつもりではないですけど、そんな感じで挑みたいなと思っていますね」


    (アーモンドアイについては?)

    「1度乗せて頂いて、僕も背中を感じていますし、本当に強くて素晴らしい馬だなとは思います」


    (そのアーモンドアイより前で競馬を?)

    「そうですね、そうしたいですね」


    (ゲートを出て流れに乗るのが肝心?)

    「それはどの馬もそうでしょうけど、まずはそこを大切にしていきたいですね」


    (枠順や展開によっては、自らレースを引っ張っていくという考えは?)

    「ありますね」


    (それで後続を封じる?)

    「そうですね。枠の並びなどわからないところはありますが、この馬のリズムでいきたいなとは思っています」


    (1番大事にしたいのは、そのリズム?)

    「はい」


    (最後に抱負を)

    「僕とアエロリットは、昨年の安田記念で2着でしたので、その雪辱を果たしたいなと思いますし、1年振りに乗れることを嬉しく思います。思う存分、戦ってきたいなと思っていますので、応援よろしくお願いします」



    ■菊沢調教師


    (前走を振り返って)

    「アメリカの遠征帰りではありましたが、良い状態で出すことができました。競馬もアエロリットのスピードをいかんなく発揮して、結果は5着でしたけど、よく頑張って走ってくれたと思います」


    (1分30秒台で走った反動は?)

    「使った後の1週間は、反動というか疲れが見受けられましたので、そういったもののケアを重点的に行ってまいりました」


    (中2週、調整過程は?)

    「去年経験していることでもあるのですけど、今回は間隔も短いのでケアを重点に置きました。先週は今週に向けて徐々にペースを上げてという感じで持っていきました」


    (最終追い切りは菊沢師自ら乗ってウッドチップコースでの単走だったが?)

    「馬も落ち着いていましたし、時計というよりも前半リズム良く走って終いメリハリがつけられればいいと考えて稽古をしましたが、思った以上に素軽い動きだったので満足です」


    (1度使った上積み、変わり身は?)

    「そうですね、全体的に馬が軽くなったといいますか、速度感というか動き方などが、少しシャープになったような感じは受けます」


    (昨年2着の時よりも良くなっている?)

    「去年もヴィクトリアマイルを使って安田記念に向けての時に、同じような感じで馬が軽くなってきているので、良い傾向だなと思っています」


    (去年と同じような良い結果が出せそう?)

    「去年とはまたメンバーが違いますので、その辺はやってみないとわからないですが、去年より少し力強くなった状態でどのような戦いができるか楽しみです」


    (自ら先頭に立って、自分のペースで行くのがこの馬には1番合っている?)

    「そんなことはないと思います。ハナを主張する馬もいるでしょうし、その辺は臨機応変に。ただこの馬のリズムといいますか、気分良く走ることが1番課題かなと思っています」


    (どのようなレース、展開を考えている?)

    「そこまでは考えていません。そういった展開や位置取りなどは、皆さん連想して頂ければと思います」


    (あくまで枠順が決まってから戸崎騎手とも話を?)

    「そうですね。戸崎ジョッキーにも去年2回乗って頂いていますし、同じレースに乗った時に見ているはずなので、感触などそういった違いについても説明したいと思います」


    (最後に抱負を)

    「今回の安田記念は素晴らしいメンバーが揃いました。アエロリットも万全の状態で出走させて、皆さんに楽しんでもらえるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    東京優駿(日本ダービー)予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】サートゥルナーリア陣営「加速する脚は相変わらずいい動き」/日本ダービー共同会見

     

    ■サートゥルナーリアを管理する角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手の話

    ――皐月賞を振り返ってください。
    辻野 年明けから競馬を走っていなかったので、そのあたりがレースに行ってどう出るかな、と心配なところはあったのですが。終わってみれば、外をまわってしっかり差し切ってくれたという強い内容で勝ってくれました。

    ――皐月賞は8割も力を出していなかったのではないか、と言われていましたが?
    辻野 そうですね。そのあたりはジョッキーも目いっぱい追ってくれていたと思うんですけど、最後はちょっとスタンドに物見をして他の馬に迷惑をかけてしまったあたりはちょっとまだ幼いところが残ってるんだなぁというのは感じています。

    ――まだ100%とはいえない?
    辻野 そうですね。まだがむしゃらには走っていないんじゃないかな、というふうには感じています。

    ――中5週、この中間の調整は?
    辻野 レース後は2週間ほどノーザンファームしがらきのほうにリフレッシュ放牧に出しました。レースの3週間前にこちらに帰ってきています。追い切るごとに体のハリもよくなってきていますし、いい状態でレースに向かえるんじゃないかと思っています。

    ――1週前追い切りはレーン騎手が跨って追い切り。今週は厩舎スタッフによる併せ馬でしたね? 辻野 感触を確かめてもらうという目的でレーン騎手に乗ってもらいました。全体的にゆっくりな流れの追い切りになりました。(先週の1週前)追い切り後の馬体を見てもう一段階負荷をかけられる状態になってきたのかな、という判断で、今週は先週よりももう少し負荷を強めた追い切りを行いました。  CWコースで後ろから外をまわしたんですけど、直前まで馬の後ろでしっかり我慢できていましたし、加速してからの脚も本当に相変わらずいい動きをしてくれていました。いい状態でレースに臨めると思います。

    ――さらに良くなった状態でダービーに臨めそうでしょうか?
    辻野 はい。皐月賞の前よりもいい意味でゆとりのある体つきになってきてくれているので、本当にいい精神状態と馬体でレースに行けそうですね。

    ――レーン騎手はどのようなことを話していますか?
    辻野 ストロングホースだということと、イメージどおりだ、というコメントをいただきました。追い切りもいい感触を持っていただけたと思います。

    ――レーン騎手と相性の良さは感じましたか?
    辻野 こちらのお願いしたとおりに調教に乗ってきてくれました。まじめなジョッキーさんだなと感じたので、ちょっと子供っぽいこの馬には合っているんじゃないかと思います。ビデオを見て研究してくれているそうですし、こちらから特に指示やリクエストはないと思うんですけれども。とにかく馬の力を出し切るレースをして欲しいと思います。

    ――東京の2400mという舞台は?
    辻野 もともと左トモの推進力が強く右手前が好きな馬ですので、左回りに関しては心配はしていないんですけれども。距離に関してましては、やはり初めて走りますし落ち着いて走れる仔なのでこなしてくれるとは思っているんですけれども。そこは走ってみないと、というところでもあります。

    ――血統的にはいかがでしょうか?
    辻野 お母さん(シーザリオ)はオークスを勝ってくれていますし、お兄さんのエピファネイアはジャパンカップで強いパフォーマンスをみせてくれていますので、もしかしたら最適な舞台なのかとも思えます。力は出してくれるのではないか、と思います。

    ――相手関係は?
    辻野 皐月賞で接戦を演じた2頭は強いと思います。ほかの馬たちもダービーという舞台に向けて目いっぱい馬をつくってくると思うので、どの馬にも警戒は怠れないな、と思っています。

    ――最後に意気込みを。
    辻野 二冠の資格を持ってダービーに臨めるのはこの馬だけですし、僕ら関係者もファンの皆様も期待されていると思いますので、一生懸命最後まで走ってもらいたいな、と思っています。
    (取材・文:花岡貴子)

    無敗の皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡3・栗東・角居勝彦)に騎乗するダミアン・レーン騎手の共同記者会見が行われた。

    (今回初騎乗になるが、この馬のイメージは?)
    「VTRで過去のレースを確認しまして、非常に良い馬なので、とても乗るのを楽しみにしています。多分いくつもレース中はオプションがあると思いますが、素晴らしい終いの脚を見ていて1番強い馬だなと思いました。今週は大きいレースで、近くなると自分も含めて皆、テンションも盛り上がることになると思いますし、何よりも楽しみにしています」

    (レース当日どんな気持ちになりそう?)
    「盛り上がってそういうテンションを経験するのを楽しみにしておりますので、非常にエキサイティングなフィーリングになると思います」

    (恐らく1番人気になるが?)
    「1番人気だからといって、気持ちは特に変わりはないですし、どの馬でもダービーという雰囲気は変わらないと思います。日本ダービーを経験するのは初めてになりますが、テレビで何度も見たことがあります。たくさんのファンが作っている雰囲気を感じるのを楽しみにしております」

    (10万人ほどの観客が入ると予想されるが、その経験はある?)
    「この3年間、メルボルンCは騎乗することができました。メルボルンCも10万人以上ということなので、オーストラリアでは経験したことはあります」

    (レーン騎手の持ち味は?)
    「特に何がポイントというよりも、良い馬の騎乗チャンスを与えてくださって結果を出すことができました。協力をしてくださった皆様にとても良い馬の騎乗チャンスを与えて頂いて、バランス良く良い馬を騎乗させて頂いているチャンスを使って、結果を出すことができました。皆さまのサポートやご協力に感謝しております」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今週日曜日がダービーということで、1人でも多くのファンと競馬場でお会いしたいと思っていますので、皆さん競馬場に来てください。そして参加するのを非常に楽しみにしています」

    (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】ランフォザローゼス藤沢和雄師「大人っぽく、逞しくなってきた」/日本ダービー共同会見

     
    青葉賞(GII)で2着からダービーに臨むランフォザローゼス(牡3・美浦・藤沢和雄)を管理する藤沢調教師の共同記者会見が行われた。

    (今日の追い切りを終えて)
    「そんなに速い時計ではないですけど、順調で良い感じだと思います。終いは併せるように稽古をしていて、時計は遅かったですが予定通りでした」

    (今日は福永騎手は乗らなかったが?)
    「いつもは杉原(騎手)が乗っていますし、先週(福永騎手には)乗ってもらっていて問題ないそうです。福永騎手は随分馬が穏やかなのでビックリしていました」

    (福永騎手には何か伝えたか?)
    「休み明けを1度使って、前走よりは動けるようになったので期待していると言っておきました。前走もたまたま同じレースでそばにいてわかっていると思いますので、大丈夫だと思います」

    (青葉賞2着を振り返って)
    「休み明けでしたし、結構いいペースで追走も大変だったと思うのですが、ゴール前でまた(勝ち馬に)近づいたので合格点かなと思っています」

    (青葉賞からの上積みは?)
    「やはり1度使って息遣いはいいですし、上積みはあると思います」

    (この馬の長所は?)
    「穏やかな馬で、スピードがあるのですけどハンドルがききます。デビュー戦から調整はしやすく順調ですし、イレ込んだりすることがないので楽な馬です」

    (今回は1強、あるいは3強と言われているが?)
    「青葉賞組よりは皐月賞から来た馬たちが毎年強いです。私も何回か挑戦させてもらったのですが、特に今回は強そうなのが何頭かいます。まだ若くてこれからがありますから、どれくらい差があるのかを見たいと思っています」

    (ダービーは現役最多の20頭を送り出し、今回21頭目の出走となるが?)
    「今年は間に合うかなと思っていたのですが、血統馬で期待していましたし、何とかギリギリ間に合いました。これまでたくさん使わせてもらっていますけど、新たにまた期待できる馬なので、応援してください」

    (何度経験してもダービーは違うもの?)
    「ここに来るまでが大変ですし、ダービーに出走できるというのは大変なことなので、素晴らしいレースだと思っています」

    (2度目のダービー制覇に向けて、ファンにメッセージを)
    「馬は若いのですけど、使うたびに大人っぽく逞しくなってきたので、前走以上に走れると思います。良い結果になるように期待していますので、応援してください」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】ヴェロックス川田騎手「全力の仕上がりで挑むダービー」/日本ダービー共同会見

     
    ■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――皐月賞を振り返ってください。
     川田 予定どおりの競馬ができました。しっかりと走り切ってくれて、(勝ち馬と)着差はわずかでしたが頑張ってくれた結果だと思っています。

    ――1週前追い切りに騎乗されていました。感想は?
     川田 しっかりとつくりにいくために強めの負荷をかけました。すごくいい内容で走ることが出来ましたし、とてもいい追い切りだったんじゃないかと思っています。

    ――皐月賞と比べて馬の状態は?
     川田 徐々に体も成長していますし、その成長して良くなった部分を感じながらの追い切りにもなりました。改めて皐月賞からダービーに向けてのあいだでもしっかりと成長してくれたな、と感じています。


    ――東京の2400m、どのようなイメージで臨まれますか?
     川田 若駒ステークスで初めて乗ったときに、道中少し“ダービーでやれるな”と感じる瞬間がありました。そこに無事にたどり着くことができました。この馬のポテンシャルをそのときに感じて(いたとおりに)、何ら問題なくダービーを走り切ることができると思ってます。


    ――相手関係は?
     川田 皐月賞馬が着差以上に強かったですし、さらにいい状態でダービーに来ているのは間違いないと思います。ほかにも強い馬はいますけれども、ヴェロックス自身もすごくいい状態でここに向かってこれていると思います。まずは自分の競馬をしてから、ということですね。


    ――皐月賞の前は「サートゥルナーリアが1頭抜けているのでは?」という話をされていました。実際に戦ってみた印象は?
     川田 繰り返しますが、着差以上に強かったです。まだ少し動けないのだろうな、という印象がありました。前哨戦を使ったわけでもなかったですし、ぶっつけで本番に来て“少し動きづらいんだろうな”と、横で感じていました。


    ――逆転にはどのようなことが必要でしょうか?
     川田 もちろんすごく強い馬に向かっているので、そのための時間を過ごしてきました。いままでで一番“つくり”にも来ています。全力の仕上がりで挑むダービーだと思っていますので、あとはなんとかいい結果を得られるように、ということです。


    ――最後にメッセージを
    川田 すごく強い馬がいてそこにチャレンジしにいく立場です。いい状態で来れていると思っているのでダービー当日を楽しみにしてもらえたらな、と思っています。

    (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「本当に幸せを感じています」/日本ダービー共同会見


    皐月賞(GI)3着から日本ダービー(GI・東京芝2400m)に向かうダノンキングリー(牡3・美浦・萩原清)。手綱を取る戸崎圭太騎手と管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■戸崎騎手

    (今日の追い切りの感触は?)
    「順調に来ていますし、馬の状態もすごくいい感じで追い切りを終えました。先週しっかりとやっていましたので、今日は手応えを見る形と、あとは道中のハミの取り方というか、折り合いを確認する追い切りをしました」


    (先週と今週の違いは?)
    「先週は乗ってなかったのでわかりませんが、先週しっかりとやっていただいて気合が入っているなと思いました」


    (3着の皐月賞については?)
    「そんなに差がなかったので悔しい思いはしましたけど、イメージ通りのレースはできたかなと思います。最後の直線の進路取りで、馬場の良いところと悪かったところの差はあったかなと思いましたけど、改めて力を感じさせる走りはしてくれました」

    (逆転は可能という感触はある?)
    「そうですね」

    (3強と呼ばれているが?)
    「その中の1頭に乗せていただけるということは、すごく光栄に思いますし、幸せを感じていますね」


    (東京2400mのイメージはできている?)
    「東京でも2戦2勝と相性のいいコースですし、イメージはしっかり出来ています」


    (2400mという距離については?)
    「この馬に関してはベストかというと少し疑問はありますけど、その辺は力でカバーしてくれると思いますし、我慢はきく馬なので、対応できると思います」


    (4戦すべて手網を取っているが、改めてどんな馬?)
    「スピードは持ってる馬ですね。あとはすごくセンスの良い馬だと思いますので、競馬がしやすいなと思います」


    (エポカドーロで2着だった昨年のダービーを振り返って)
    「去年はもう少しというところだったので、ちょっと違う景色を見れたなというところがあって、去年くらいからやっぱりダービーは勝ちたいなというレースになりました」


    (去年の2着で気持ちがガラッと変わった?)
    「そうですね」


    (今年は勝ちたいと?)
    「勝ちたいですね」


    (ダービーの優勝が近づいてきたという気持ちはある?)
    「ありますけど、そう簡単に勝てるレースではないと思っています。去年2着でそういう思いをさせていただいて、また改めて今年、有力馬、チャンスのいただける馬に巡り会えたということは本当に幸せを感じています」


    (こういうレースをすれば勝てるというイメージはある?)
    「この馬の良いところを引き出して。切れ味も持っていますからね。枠順が出てからいろいろ組み立ては考えようかなと思っているのですが、まずは良いところを出して精一杯戦っていきたいなと思います」


    ■萩原調教師

    (最終追い切りを終えて感触は?)
    「良かったと思います」


    (どんなことを心掛けて調教を?)
    「一番は折り合いですね」


    (うまくいった?)
    「そうですね、ジョッキーが感触を掴んでくれたと思いますので、実戦では今日の追い切りの感じを頭に入れてやってくれると思います」


    (3着の皐月賞を振り返って)
    「良い内容の競馬だったと思います」


    (東京競馬場は共同通信杯勝ちがあるが、東京コースは向いてる?)
    「それはあまり思っていないです」


    (東京2400mの立ち回りのイメージは?)
    「特にないですけど、ジョッキーにはしっかりイメージしてもらいたいと思っています」


    (戸崎騎手への具体的な指示は?)
    「それはないですけど、ジョッキーの方が今までの競馬に関しての知識はあると思いますので、全面的に信頼してお任せします」


    (先ほど戸崎騎手がどうしても勝ちたいと話をしていたが、その思いは伝わってくる?)
    「それはちょっとわからなかったですけど」


    (ヴィクトリアマイルをノームコアで制して、厩舎もいい雰囲気に?)
    「まあ、変わらずやってるつもりです」


    (3強と呼ばれているが、そのあたりは?)
    「まあ、色々な捉え方があるかと思いますけど…」


    (逆転は可能だと?)
    「それはもちろん。そう思っての出走になります」


    (2009年のロジユニヴァース優勝時以来のダービー出走だが?)
    「しばらく遠ざかっていたので、もっと出さなくてはいけないと思っています」


    (ファンにメッセージを)
    「こういう大舞台に(管理馬を)出走させられるということに非常に感謝したいとともに、当日は熱い戦いが見られると思いますので、皆さんぜひ競馬場で観戦していただけたらなと思います」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    オークス予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ラヴズオンリーユー鞍上M.デムーロ「馬がバッチリ、僕もバッチリ」/オークス共同会見

     
     ■ラヴズオンリーユーに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走の忘れな草賞を振り返ってください。
    ミルコ 楽勝でしたね。スタートでちょっとぶつかりました。馬が怒っていて、1コーナーまで噛んでいました。でも、すごい賢い馬ですぐに落ち着いて、向こう正面でペースが遅くて早めに動き出しました。3、4コーナーの間の手ごたえは抜群でしたね。直線にいってからは馬なりです。

    ――レース前に騎乗もされていましたが、その時に抱いていたイメージと実際の強さを比較したら?ミルコ イメージよりも強かったですね。調教に乗った時から(矢作)先生に「すごくいい馬」と言ってました。乗ったときの感触がすごくいいですし、お兄さん(リアルスティール)に似ています。

    ――リアルスティールと似ている部分とは?
    ミルコ 背中が一緒ですね。牝馬ですけど、柔らかい。お兄さんは筋肉が重くて少し硬かったけど、この馬はすごく背中がいいし、跳びがきれい。

    ――GIでも通用する素質は感じていますか?
    ミルコ そうですね。今回、舞台が変わりますし、出来も良くなっています。このあいだ勝ったとき(のように)すごく自信はありますね。

    ――先週の1週前追い切りに騎乗されていましたね。感触は?
    ミルコ 初めて乗った時に比べたらだいぶ良くなりました。1回使って成長しています。大人になっているし、折り合いもすごく効く。出していったらすぐ伸びるし、反応も速い。

    ――今朝の追い切りの動きを見ての感想は?
    ミルコ すごくいい感じです。いつも(坂井)瑠星が乗ってるし、すごくいい感じです。

    ――矢作調教師や厩舎スタッフと何か話していますか?
    ミルコ 勝って欲しいと言われました(笑)。

    ――状態に関しては?
    ミルコ そうですね。馬がバッチリ、僕もバッチリ。オークスはまだ勝ったことがない。だから、本当に勝ちたいです。

    ――初めてトップクラスの馬との対戦となります。ライバル関係は?
    ミルコ 僕の馬だけという気持ちでいきますね。他の馬はみんな敵ですね。GIだからみんな勝ちたい。

    ――乗りやすい馬ですか?
    ミルコ そうですね。ちょっと不安になりますね。このあいだ頭数が少なかったので、スタートからぶつかって馬が怒っていた。だから今回、心配していますけど、賢い馬だから大丈夫だと思います。

    ――距離については?
    ミルコ このあいだ(忘れな草賞)いい勝ち方をしていましたね。もうちょっと距離が延びても問題ないと思います。

    ――どのように乗りたいですか?
    ミルコ 勝ちたい、だけですね(笑)。

    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
    ミルコ 応援している人がいっぱいいると思います。本当に勝ちたいですね。頑張ります。
    (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ダノンファンタジー川田騎手「すごく落ち着きがあるというのが何より一番いい」/オークス共同会見
     
    ■ダノンファンタジーに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――前走の桜花賞を振り返ってください
    川田 この馬としてはよく我慢した中で競馬を進めることができました。4コーナーで勝ち馬が動いていったときに多少追いかけざるを得なくなくってしまったので、その分ゴール前苦しくなってしまいましたが、しっかり走り切ってくれたなと思います。

    ――川田騎手の中では桜花賞でダノンファンタジーの力は出し切れたと見ていますか?
    川田 はい。

    ――桜花賞の会見中で「1週ごとに馬が学習して良くなっている。そこがいいところ」とお話しされていました。桜花賞のレースを経てそのあたりはいかがでしょうか?
    川田 よく我慢できていたというのがこの馬にとっての成長だと思うので、そこが。見た目よりは僕の中では落ち着いて走れていたので。見た目ではもっと引っかかっているように見えているかと思うんですけれども、さほど行き過ぎてるわけではなかったです。

    ――最終追い切りでの動きはどのように感じましたか?
    川田 今日は追い切りというよりはガス抜き程度、整える程度にということだったので。気持ちよく坂路を上がってくれましたし、それが何よりだな、と思います。

    ――いつも1週前については“行きたいという気持ちが強すぎる”と仰っていましたが、今回はいかがでしたか?
    川田 この中間もいろいろと工夫をした上でここに歩みを進めていますし、その効果が出ていつもよりは落ち着いていろんなことをこなしてくれたんじゃないかな、と思っています。

    ――桜花賞と比べて心身の変化は?
    川田 すごく落ち着きがあるというのが何より一番のいいポイントだな、と思います。

    ――自信をもって臨んでいく、と捉えてよろしいですか?
    川田 オークスに向けての精神状態という意味ではいい方向で歩んでこれているな、と思っています。

    ――新馬戦以来となる東京コースです。左回りやコース形態については?
    川田 何も問題はなかったです。

    ――2400mという距離については?
    川田 得意じゃないのは間違いないですし。ただ、オークスはこの3歳牝馬で得意な馬のほうが少ないと思いますから。3歳牝馬同士でやるオークスだからこそなんとかなる部分も多々あるので。いい精神状態で来れているので、それを競馬につなげることができたらな、と思っています。

    ――これまで阪神マイルで強い勝ち方をした馬が東京2400で同じように強い勝ち方をするケースを見てきました。この2コースで共通して求められる要素はあるのでしょうか?
    川田 阪神のコースが改修された後に行われている桜花賞の勝ち馬というのは、より能力の高い馬が勝っていると思います。そういう元々の能力の高さというのが、2400になっても生きてくるというところだと思っています。

    ――週末の天気は曇り予報ですが降水確率が高めです。そのあたりは?
    川田 そこはやってみないとわからないのですが、きれいな馬場でやりたいタイプであることは間違いないと思っています。

    ――これまで何度か馬場が悪いタイミングに芝コースで追い切られています。その時の走りは参考になりますか?
    川田 追い切り程度なので。レースとは全然違いますから。そんなにイコールではないと思っているので。

    ――最後に意気込みを。
    川田 2歳女王として挑んだ桜花賞で4着に敗れてしまいましたけれど、いい状態でオークスに向かってこれていると思いますし、2400という距離もなんとか我慢してこなしてくれるように、いい時間を過ごしてこれていると思いますので。  

    あとは当日「彼女のテンションがどれだけ上がるのか」というのと、「2400にどれだけ対応できるのか」というのはやってみないとわからないですけど。なんとか一番いい結果が得られるようにスタッフみんなで、今までの時間とこれからの時間を過ごしていきたいと思っています。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】コントラチェック藤沢和雄師「すごく素直で調整が楽な血統」/オークス共同会見

     
     フラワーC(GIII・1着)からオークスに臨むコントラチェック(牝3・美浦・藤沢和雄)。最終追い切り終了後に、藤沢調教師の共同記者会見が行われた。

    (今朝の追い切りについて)
    「いつもそんなに速い時計で追い切って競馬を使う馬ではないですし、前走を使ってからさほど体が増えてもいませんし、牧場でも十分乗り込んでありましたので、このひと月は遅い時計での調整でした。息遣いも良かったですし、体を見ながら調教をしています。競馬も見ての通り1頭でも一生懸命走れる馬なので、すごく調整は楽で順調に来ていると思います」

    (鮮やかな逃げ切りを決めた前走のフラワーCを振り返って)
    「1週前に使いたかったのですが、頭数が多くて除外になってしまいました。1週延びたのであまり調教をしないで競馬を使ったのですが、よくできていたみたいですね。そんなに速くはなかったのですけど、上手に走ってくれたと思います」

    (3歳になってから連勝をしているが、成長は?)
    「この馬の兄弟を何頭も手掛けていますが、すごく素直な馬で調整が楽な血統です。この子も3歳になってからは本当に順調に競馬を使わせてもらって、喜んでいます」

    (今回はさらに距離が延びるが?)
    「私の馬だけではなくて、2400mを上手に走れる馬は他もなかなかいないと思います。皆初めての経験ですし、距離が長いですから穏やかに引っ掛からないで走ってもらえればなと思います」

    (ハナにはこだわらない?)
    「負けてはいましたけど何回か好位からの競馬をして、ゴール前は詰めてきているので、そんなに脚質はこだわったところはないと思っています」

    (今回はレーン騎手が騎乗するが?)
    「そんなに難しい馬ではないですし、馬なりで位置取りは決まると思うので、そんなに気にしていません」

    (レーン騎手の印象は?)
    「落ち着いて乗っていますし、私の馬(京王杯SC優勝のタワーオブロンドン)も上手にスタートもできました。本国でも活躍している騎手ですし、いいのではないかと思います」

    (厩舎ゆかりの血統のコントラチェックをオークスに送り出すにあたっての抱負を)
    「父が違うのですが、お姉さん(バウンスシャッセ)が3着と惜しい競馬だったので、何とかその分も頑張ってもらいたいなと思っています」
    (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】斉藤師「東京コースは終いの脚がしっかりしているクロノジェネシスと好相性」/オークス共同会見

    ■クロノジェネシスを管理する斉藤崇史調教師

    ――前走の桜花賞を振り返ってください。
    斉藤 もともと予定どおりのプランでよく仕上がっているな、という感じでレースに向かったんですけれども。やっぱり競馬を使うごとに気持ちが入るのが早くなってきていて、テンションが少し高めだったのもあったので。まぁなんとか我慢はしていましたけれどもそのあたりは今後の課題だな、と思いました。

    ――向こう正面で少し掛かっているようにお見受けしましたが?
    斉藤 そのへんは競馬前のテンションの高さとはあまり関係ないかな、と思っているんですけど。2回くらいぶつけられて後ろに下がっちゃってますし、力みがあるのは仕方ないのかな、と思いました。

    ――それでも上りの脚はさすがでしたね。
    斉藤 そうですね。ぶつけられて(競馬を)やめちゃうような馬も中にはいますけれど、あれだけぶつけられて最後の直線では締められながらも自分でこじあけてあれだけの脚を使う馬なので“やっぱり大した馬だな”と思いました。

    ――GIは手が届きそうで届きませんね。
    斉藤 GIは皆さん最終目標にしているところですし、実力だけではなくてやっぱり運も必要になってくると思います。それに関しては結果は結果なので、厩舎としてできることをきっちりやっていくのが最優先だと思います。

    ――この中間の様子は?
    斉藤 レース後すぐにノーザンファームしがらきさんへ放牧に出しました。2週間ほどで戻ってきたんですが、気持ちもリラックスできていましたし、いい放牧になったかな、と思っています。  

    帰ってきてからはやはり桜花賞の時のテンションの高さをどうやって改善していくか、というのを最優先にして調教してきたんですけど。先週、今週と動きはよかったですし、気持ちの部分も体の部分も少しゆとりをもって競馬に臨めそうなのでそれはうまくいったかな、と思っています。

    ――今朝の最終追い切りの指示と内容は?
    斉藤 やっぱりテンションの高さが気になっていたので、あまり終いをしっかり動かし過ぎないようにだけはしたいな、と思っていました。1頭誘導馬を置いてそれを見ながら折り合いをつけていく感じで。最後は出し過ぎない程度に動かすという感じでいきました。

    ――いい状態でオークスに出走できそうですか?
    斉藤 そうですね。体調面は上向いていますし、体もほんと桜花賞前はギリギリだな、という感じでしたけれど、少しゆとりをもった状態で輸送できるのでそういう意味ではいい調整が出来たんじゃないかな、と思っています。

    ――東京コースはこれまで2戦2勝ですね。
    斉藤 東京コースは広いコースで展開の有利不利というのもそんなにない競馬場ですし、終いの脚がしっかりしている彼女にとってはすごく相性のいいコースなんじゃないかな、と思います。

    ――距離はある程度あったほうがいいタイプでしょうか? 斉
    藤 マイルでも全然走れるんですけど、距離も2400をちゃんとこなしてもらいたいな、という気持ちで使ってきました。折り合い面も含めて、今回のオークスへ向けて使ってきたつもりなので。そういう意味では(2400mを)こなして欲しいな、と思っています。

    ――今回の馬体重は?
    斉藤 そんなに大きくは変わらないと思うのですが、輸送もはさむので桜花賞と同じくらいになるかな、という気がするんですけど。体つき自体は今の状況で少しゆとりがあるのでそんなに心配することはないかな、と思っています。

    ――雨や重馬場については?
    斉藤 そこまで悪い馬場で走ったことがないので、何とも言えない部分もありますけれども。多少悪い馬場くらいだったらなんとかなるかな、と思いますね。

    ――先週、姉のノームコアが勝ちました。
    斉藤 走る子をいっぱい出すお母さんなんですけど、お姉ちゃんが先週GI(ヴィクトリアマイル)を勝ちましたし、妹もここで頑張ってくれればいいな、と思います。

    ――厩舎としてはGI8度目の出走です。クラシックに出走させる気持ちは?
    斉藤 クラシックはその馬にとって一生に一度というか、3歳の時しか出れないので。こうやって出させて貰える私たちもありがたいですし、馬がいい結果を出せるようにいい調整をして仕上げるのもこちらとしては大事だと思うので。そういう意味ではいい調整が出来たんじゃないかな、と思います。

    ――ファンの皆さんへメッセージを。
    斉藤 前回もちょっと惜しい競馬で負けちゃったんですけど。今回はきっちり結果を出せるように厩舎もジョッキーもしっかりやってきたつもりなので、皆さん後押しをしてほしいな、と思っています。応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ウィクトーリア戸崎騎手「どんな競馬でもできるのが強味に」/オークス共同会見

     オークストライアルのフローラS(GII)を制してオークスに駒を進めたウィクトーリア(牝3・美浦・小島茂之)。ウッドチップコースで戸崎圭太騎手が手綱を取って、併せ馬の追い切りをこなした。追い切りを終えて、戸崎騎手と小島調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■戸崎騎手(今朝の追い切りについて)
    「前に馬を置いてそれを追いかける感じでしたけど、前走より落ち着きが見られて、ゆったりとしている感じもありました。直線はどんな反応かなと思ったのですけど、すごい反応を見せて、ギアも入って良い動きでした」

    (初コンビとなったフローラSを振り返って)
    「先生の指示通りに乗れませんでした。ハナに行く予定だったのですが、ゲートで遅れてしまったのでドッシリと構えて、折り合い重視で行きましたけど、終始手応えも良くて、直線では道があいたらスルスルと手応え良く伸びていく感じでしたね」

    (今回はさらに距離が延びるが?)
    「前走のような競馬もできましたので、不安はないと言いますか、距離も大丈夫だと思います」

    (この馬の1番の強味は?)
    「やはり背中が良くて乗り味が良いですよね。芯がしっかりしていますし、どんな競馬でもできるのが前回わかったので、その辺も強味になるのかなと思います」

    (この馬とともにオークスに挑む心境は?)
    「また有力馬に乗せて頂くことができました。前走を勝って良い形で来ていますし、楽しみですね」

    (最後にオークスへの抱負を)
    「馬も順調ですし、僕自身もオークスを勝ちたいと思っていますので、応援して頂けたら嬉しいです」

    ■小島調教師(今朝の追い切りについて)
    「放牧に行って馬の状態を確認してもらって、その間もある程度強いところは乗ってもらっていたのですけど、こちらに帰ってきて状態そのものは良いのですが、若干緩んだ感じがありました。最後の感覚はジョッキーに任せましたが、大一番ですし、今日はしっかり追ってもらうつもりで、少し強くやってくれということをお願いしました。(私は)併せ馬の違う馬に乗っていたので、ちょうど陰になっていて見られなかったのですが、後ろ姿を見ていい感じだなというのと、終わってからのジョッキーのコメントが良かったので、あと映像を見てまた確認したいと思います」

    (追い切りの具体的な内容は?)
    「ウィクトーリアがしっかりやろうと思ったら、この馬の相手になる馬がいないんですよね。だから前に未勝利馬を2頭置いて、ウィクトーリアと1000万条件の馬をペアで走らせました。1000万条件の馬がウィクトーリアについていけないと思った時に、前にいる未勝利の馬を頼っていけるよう切り替えられるような形にしました。  戸崎騎手には『単走くらいのイメージでいいから』と言ってありましたが、軽くサッと仕掛けた時に動けるような状態だったので、それ以上のことは当日(オークスで)できればいいと、そこで控えたとジョッキーは話をしていました」

    (GIに向けて良いデキに仕上がった?)
    「牝馬の場合、仕上げ方はいろいろあって、本当にビッシリやる時とある程度余力を残しながらやる時とがあるのですが、10日という制限の中で余力を残しつつも思い切ってできたと思います。追い切った後が1番肝心ですが、ここまでは本当に順調に来ています」

    (控える競馬をしたフローラSについて)
    「逃げることしか想像していなかったので、ビックリしましたね。でも逃げられなかった時は、ジョッキーがいろいろ考えてくれるだろうと思っていました。そういう意味では馬自身もそうですけど、戸崎ジョッキーにも助けてもらったと思います」

    (距離延長については?)
    「お母さん(ブラックエンブレム・4着)は同じオークスの直線で1回先頭に立って、止まったあたり若干距離なのかなと思ったので、その点を今回どう補えるか。やってみなければわからないですけど、少なくとも2000mをこなしている分、戦える余地は十分あると思います」

    (お母さんを受け継いでいる点は?)
    「どうなんでしょうね。ジョッキーにしかわからないことだと思うんですけど、お母さんに乗ってくれたジョッキーたちはすごい良い筋肉をしていると言ってくれていたんですね。そういったところは受け継いでくれているのかなと感じます」

    (厩舎にゆかりのある血統でオークスに挑戦する現在の心境は?)
    「競馬というのは、血統の魅力というおもしろさがあります。自分の携わった馬が子供を出して、その馬でまたチャレンジできる。チャレンジする経過はお母さんとは違いますけど、期待を持って臨めるのは本当に幸せだなと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ふた月くらい前まではオークスは考えてなかったのですが、ここに来て急にグンと良くなって、最後の調教も良かったです。楽しみを持って送り出せますし、後は皆さんの応援を頂ければと思います。よろしくお願い致します」
    (取材・文:佐々木祥恵)


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    ヴィクトリアマイル予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】アエロリット菊沢師「シャキッとしてきた、いい感じに上昇」/ヴィクトリアM共同会見

     
     1月26日のアメリカ遠征(ペガサスWCT・G1・9着)以来となるアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)が、坂路で最終追い切りを消化した。追い切りを終えて菊沢調教師の共同記者会見が行われた。 

     (今日の追い切りについて)
    「1週前にウッドチップコースで併せ馬をして、直前は坂路で態勢を整えるというここ最近のパターンで来ています。時計を感じさせないくらいの雄大なフットワークで駆け抜けていたと思います。たまたま前に走っている馬がいましたので、ちょうど頂上付近で併せ馬になるような感じで、馬もしっかり前の馬を追いかけて集中して走った良い稽古でした」

    (1週前追い切りと比べると?)
    「ウッドチップコースでの追い切り、特に右回りでは終いどうしても俊敏性に欠けるようなところもあるのですけど、それはいつものことですし、1週前にウッドチップコースでしっかり負荷をかけたことで週末、今週にかけて馬もシャキッとしてきたので、いい感じに上昇しているなと思います」

    (前走のアメリカ遠征を振り返って)
    「アエロリット、そして関係者の皆様には海外遠征という初めての経験をさせて頂いて、本当にいろいろ勉強になりました。馬も出国検疫、飛行機での輸送、こちらとの環境の違いと様々に違った環境の中でアエロリットなりに対応して改めてすごいなと思いました」

    (戻ってきてからの印象は?)
    「精神的にも強くなったような気がします。帰ってくる時にニューヨークで寒波の影響で飛行機が遅れたりもしまして、日本で待っている時はすごく心配していたのですが、着地検疫の時に馬も元気にしていたのでホッとしています」

    (一昨年勝利したNHKマイルC、昨年2着の安田記念と同じ舞台になるが?)
    「東京は広いコースですしアエロリットも走りやすいと思っています。決して右回りがダメというわけではないのですが、どうしても器用さに欠けてしまう部分もあり、自分のリズムを崩すと力をなかなか発揮できないというのもありますので、

    (右回りの時は)
    そういった影響もあると思います」

    (昨年のこのレースは0秒1差の4着だったが、昨年と比べると?)
    「1年たちまして、馬自身も体幹的にしっかりしてきました。精神的にも落ち着いてきました。去年のヴィクトリアマイルに向けての調整過程と比べると、馬の雰囲気は今年の方が良いのではないかなと感じています」

    (横山典弘騎手とは6戦振りのコンビとなるが?)
    「デビューから手綱を取ってもらっていたジョッキーですので、アエロリットの成長した姿を感じ取って騎乗してもらえればと思っています」

    (横山騎手と何か話をしている?)
    「アエロリットのことに関しては、ジョッキー自身が乗っていない時でも話はしていますし、ジョッキーも気にして見ていると思いますので、細かくはしていないです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ここ2戦(ペガサスWCT、マイルCS・GI・12着)は結果が出なかったのですが、東京で巻き返したいと思いますので、どうか応援よろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】ラッキーライラック松永幹夫師「なんとか巻き返したい」/ヴィクトリアM共同会見
     
     ■ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師の話

    ――今朝の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    松永 時計も結構よかったし、動きもよかった。順調かな、と思います。

    ――併せ馬でしたね?
    松永 はい。併せ馬でした。

    ――最後は相手を離しました。
    松永 まぁ、やれば動く馬なので、ああいうかたちを想像していました。

    ――数字以外に感じる部分は?
    松永 今日に限らず、普段の調教からすごくリラックスしています。いい状態で来ているかな、と思います。

    ――1週前からの変化は?
    松永 特にはないですけどね。まぁ、ある程度やっておこうということでやりました。

    ――前走のレース前の状態との差は?
    松永 いい意味で変わりなく来ています。(今回も)しっかりと調教を消化したという感じです。

    ――前走からの上積みが調教時計に表れている?
     松永 いえ、そういうことではないですね。前走もやれば時計がかなり出ていたと思います。なんとか今回、巻き返したいと思います。

    ――前走について振り返ってください
    松永 たくさんの方からの支持を受けたのに結果を出せなかったというのはすごく申し訳なかったと思います。はじめて包まれる競馬になったので、競馬をさせてもらえなかったのかな、と思います。

    ――その中で終い伸びているというのは?
    松永 そうですね。ただ、最後はちょっと苦しかったのか、内にもたれながら伸びてきたんですけど。着差もあまりなかったので、あれでも力はあるな、と思いました。

    ――もたれたのは前走に限ったものとみてよろしいでしょうか?
    松永 そうですね。あのレースだけでしたね。

    ――今回については?
    松永 特には気にしていないです。

    ――枠順に関しては?
    松永 特にスタートが悪い馬じゃないので気にはしていないです。前走は運がなかったですね。外の馬が行くのかな?と思いきや意外と行かず、その馬の後ろに入ってしまい、どんどん後手にまわったというかたちだったので。まぁ、それも含めて“競馬”だと思いますけど。

    ――前走後のダメージは?
    松永 大丈夫です。

    ――今度は好走していた東京コースに変わります。
    松永 東京コースでも勝っていますしね、巻き返したいです。

    ――勝つためにはどういったことが必要ですか?
    松永 さらに強い馬も出てきているので楽ではないと思いますけど、自分の競馬をしっかりして力を出し切ることかな、と思います。

    ――コース形態としては力を出し切れるのでしょうか?
    松永 そうですね。直線も長いですしね。

    ――前走以上の期待というのは?
    松永 もちろん、期待しています。

    ――「巻き返し」への思いを改めて教えてください。
    松永 やっぱりラッキーライラックもGIホースでありますからね。昨年、あまりいい結果が出なかったので、“今年は”という気持ちがあるので、なんとかここで結果を出したいと思います。

    ――メンバー構成はいかがですか?
    松永 いいメンバーだと思います。

    ――馬メンバーと比べて勝っている部分は?
    松永 比較はできないんですけど、いいスピードのある馬だと思っているのでなんとか結果を出したいですね。

    ――ジョッキーとの話し合いは?
    松永 レース前に話すことになると思います。

    ――最後にファンの皆さんへ意気込みを。
    松永 ここ1年ちょっと結果を出せていないので、なんとか牝馬限定戦という数少ないレースの中で、なんとか結果を出せるように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】レッツゴードンキ岩田康誠騎手「直線に賭ける競馬になると思います」/ヴィクトリアM共同会見

     
     ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手

    ――前走の高松宮記念を振り返ってください。
    岩田 直線でちょっと窮屈になってしまって、その分6着という結果だったんですけど。やっぱり脚が余っていたというのがありました、はい。

    ――最後の上がりの脚をどう感じましたか?
    岩田 最近上がりの競馬というか、後ろからすごくいい脚を使ってくれます。

    ――この馬の良さは?
    岩田 7歳ですけど、本当にまだ若い走りをしています。疲れ知らず、というか。

    ――乗っていらして7歳という数字と若々しさは合わない感じですか?
    岩田 そうですね。本当に熟してるというか、去年よりも全然ふっくらしていますし馬体そのものがすごくいいと思います。

    ――先週、1週前追い切りに騎乗された感触は?
    岩田 前走以上にふっくらしていましたし、トモの筋肉の張りもグッときていると思うんで。追い切り自体もすごく落ち着いて走っていたと思います。

    ――状態は高松宮記念と比べると?
    岩田 もっと良くなっているんじゃないかなと思いますね。毛ヅヤ自体がすごくよく見えるというか。

    ――期待としては前走と比べると互角以上でしょうか?
    岩田 そうですね。今回も馬自体はフレッシュな状態だと思います。

    ――今回の理想のレース運びは?
    岩田 出たとこで。マイルですし、直線に賭ける競馬になると思います。

    ――希望の枠順は?
    岩田 真ん中より内のほうがレースはしやすいというか、脚をためやすいというのはあります。マイルも何回も経験していますし、出たなりで、という感じで行くと思います。

    ――このところは短距離で実績をあげていますが、マイルについては?
    岩田 直線まで折り合いをつけられたら直線では絶対にいい脚を使ってくれるので。良馬場でレースをさせてあげたいな、と思いますね。

    ――東京コースについては?
    岩田 いまのドンキであればいいレースをしてくれると思いますし、悪い着順にはならないと思います。

    ――数字上では東京コースの成績はよくありませんが、そのあたりは?
    岩田 折り合いを欠いてしまったりとか、あるんですけど。今年に関しては馬自体も全然カリカリしていませんし、落ち着いてレースができるんじゃないかなと思います。

    ――4年連続の出走となります。レースへの思いは?
    岩田 7歳ですけどホントに元気で毎回走ってくれる馬です。今回も距離は2ハロン長くなるんですけど。いいレースをしたいと思います。

    ――最後にファンの皆さんへ抱負を。
    岩田 熟したレッツゴードンキの応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ミッキーチャーム川田騎手「輸送さえクリアしてくれれば」/ヴィクトリアM共同会見


    ■ミッキーチャームに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――前走の阪神牝馬Sを振り返ってください。
    川田 その前に中山に連れて行ったときに具合はすごくよく感じていたんですが、どうしても結果が伴わなくて。その敗因が何かというのをみんなで探って、輸送というところに結論付けたいところだったので。

    (前走は)阪神ということで近かったので輸送の問題もなく望む結果が得ることができました。となると、なおさら(前々走は)輸送の影響があっての大敗だと分析ができました。

    (前走は)いい内容で勝てたな、と思います。

    ――その輸送に関してですが、前走のレース後に「これで前々走の敗因が輸送だとはっきりしたので万々歳とはいえない」とお話しされていました。それについては?
    川田 その思いは変わりません。

    ――輸送に関してはどうかな?という思いは残ったまま、という状態ですか?
    川田 はい、もちろんです。

    ――輸送への対策は?
    川田 そのへんは調教師のほうに聞いてもらえたら、と思います。

    ――改めて、前走の強さについては?
    川田 もともと能力の高い馬であることは間違いないですし、初めての1600ということでしたがスムーズに対応してくれました。全体的に前と後ろが離れるような競馬にはならなかった。馬群が密集したというか、みんな近い距離でゴールまでたどり着いたというレースではあると思うんですが、その中でしっかり抜け出せたというのがこの馬の強さかなと思います。

    ――「道中が我慢できました」ということもありました。そのあたりの我慢というのは成長からという見方でよろしいですか?
    川田 その我慢というのはレースの流れの中でのことなので。どうしても前向き過ぎるところがある馬なので、その意味で我慢が出来た、という表現です。

    ――1600mというのはいかがでしたか?
    川田 より対応しやすいだろうとイメージしていましたし、そのとおりだったな、と思います。

    ――東京コースは?
    川田 まったく問題ないと思っています。

    ――レースについてのポイントは?
    川田 そうですね。何より輸送でどういう影響が出るかということなので、そこが一番大きなポイントになると思います。それさえクリアしてくれれば、問題なく走れると思っています。

    ――そのあたりの問題はパドックや返し馬ではわかるのでしょうか?
    川田 わかることもありますけど。うーん、走ってみないとわからないことはたくさんあります。

    ――最後にファンの皆さんへ抱負を。
    川田 なんとか無事にいい状態で当日を迎えてもらって、自分の力が出せる状態でレースを走れたらと思うので、東京で5週GIが続く中の2週目なので、また競馬場に足を運んで目の前で見て貰えたらな、と思います。(取材・文:花岡貴子)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ