競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:共同会見

    マイルCS予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    イスラボニータ栗田師「完成の域に近づいている」/マイルCS共同会見

    マイルCS(GI・京都芝1600m)に出走するイスラボニータ(牡6・美浦・栗田博憲)が、ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、栗田調教師が共同記者会見に臨んだ。

    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週の段階でほぼ息は整えたつもりです。今週は集大成として送り出すのに、馬なりで調整できればいいと思っていましたし、そのような指示を出しました。今日は、馬がリラックスして走っていました。その点が1番良かったです」

    (この中間、コンディションが良さそうだが?)
    「前走の富士S(GIII・2着)は不良馬場で頑張ってくれたのですが、疲れもほとんどなく、良い感じで早く疲労が抜けましたし、良い過程でここまで来ることができました」

    (前走の重馬場で反動が出る心配もあったと思うが?)
    「それを全部克服してくれたこと自体、馬の調子がいかに良いかということなのでしょうね」

    (6歳の秋になって、競走馬として円熟味を増してきた?)
    「6歳の秋ですからね。完成の域に近づいていると思います」

    (今年の春は久々に勝利したが、今度は久々にGIの舞台で先頭ゴールを期待?)
    「結果はあとからついてくるものですから、無事に送り出せるのが何よりですし、良い感じでゴールまで駆け抜けてほしいなと思っています」

    (昨年は2着だったが、今年は?)
    「それは考えないようにしています」

    (馬場は?)
    「良馬場で迎えたいですね」

    (関西への輸送に関しては?)
    「何回も行ったり来たりしていますし、別に問題はないですね」

    (先生のそのような気負わない面が馬に伝わっている?)
    「馬も感じ取ってリラックスしてくれていますし、今回は安心していられますね」

    (GIを勝った若駒の頃と今との違いは?)
    「加齢とともに精神的に落ち着きが出てきて、良い方向で来ていると思います」

    レッドファルクス鞍上C.デムーロ騎手「瞬発力もあり強い馬という印象」/マイルCS共同会見

    スプリンターズS(GI)2連覇を成し遂げて、マイルCS(GI・京都芝1600m)で2階級制覇を狙うレッドファルクス(牡6・美浦・尾関知人)が、南D(ダート)コースで最終追い切りを消化。追い切りにも騎乗したC.デムーロ騎手と管理する尾関知人調教師の共同会見が行われた。

    ■C.デムーロ騎手

    (兄のM.デムーロ騎手がこれまで乗っていたレッドファルクスについての印象は?)
    「何回もビデオで見ていますが、すごく乗りやすそうですし、瞬発力もあるので、強い馬だという印象がありました」

    (M.デムーロ騎手からアドバイスは?)
    「ライバルなのでそんなに多くは語っていないですけど、乗りやすい馬だという話は聞いています」

    (実際に跨ってみての印象は?)
    「前運動からすごくリラックスしていて、すごく乗りやすかったですし、追い切りもコーナーでは少しズブいところを見せていましたが、直線に入ってからは瞬発力も出てスピードがあると思いました」

    (1200mから1600mになるが?)
    「1200を走っている時でも加速するのに少し時間がかかり、最後に交わし切るという馬なので、1600mがむしろ良いのではないかと思いますし、距離に関しては何も心配していません」

    ■尾関知人調教師

    (マイルCSを選択した経緯は?)
    「オーナーと相談させて頂きましたが、安田記念(GI・3着)で頑張ってくれたのは大きかったと思います。また比較的有力馬が秋の天皇賞に向かったので、そのあたりが出て来ないかなという思いもありました。結局出走してくることになった馬もいましたけど、そのようないろいろな面を考えてですね。あとはこの馬のさらなるチャレンジという感じでしょうか。前走のスプリンターズS(GI)もしっかり勝ちきってくれましたし、この馬にさらに勲章をあげたいなという気持ちもあります」

    (前走後の状態は?)
    「予定通り山元トレセンに放牧に出して、牧場サイドで馬の感じを良くチェックしてもらいました。それもあったので最終的な決断が少し遅くなったのですが、牧場にいる時に(出走させると)判断して、こちらに戻してそこからピッチを上げて調整を進め、今日に至るという感じです」

    (今日の追い切りはダートコースだったが?)
    「これまで何回か最終追い切りはDコースのダートでやっています。安田記念の時も確かDコースでの追い切りでしたし、前回は中山を意識してウッドでやりました。万が一内を突かなければいけない時もあると思ったので内めの追い切りでしたが、今回は京都の広いコースですし、チップでやるよりは長い距離の追い切りをやりたいと考えました。ただ昨日雨が降ったのでどうしようかと思いましたが、今朝馬場を歩いてみたら結構良いコンディションだったのでダートコースで追い切りました」

    (新コンビとなるC.デムーロ騎手とは、追い切り前にどんな会話を?)
    「美浦が初めてなのかはわからないのですが、多分Dコースでの追い切りは初めてだと思いましたので、ハロン棒の確認などミスのないように…それはこちらの責任だと思いますのでよく話をして、こんなイメージで追い切りをやってほしい、後ろが元々弱かったので手前を替えづらいところがあるという話はしました」

    (実際追い切りを見ての印象は?)
    「スムーズに折り合いがつきました。右回りだとコーナーリングが少しスムーズではないところが元々あるのですけど、4コーナーの直線に入る手前あたりでトモがしっくりこないような面があり、ジョッキーもそう言っていました。その辺は初めて乗ったということもあったと思いますが、手前を替えてからはしっかり良い伸び脚してくれていましたし、逆にそういう部分を含めて(ジョッキーに)掴めてもらえたのではないでしょうか」

    (6歳の秋にして京都は初めてになるが?)
    「京都の下り坂がどのくらいこなせるのかということと、これまでは坂でギュッと伸びてきましたが、今回は直線が平坦なので、この馬がすごい脚を使ったにしても前もなかなか止まらない…。その辺が課題と言いますか、やってみなければわからないと思っています。正直、4大場の中では1番向かない競馬場のような気もしますが、そこは能力としっかり調子を上げていくという感じですね」

    (種牡馬としての価値を上げるためにも、1600mのこのレースは重要な一戦になると思うが?)
    「お父さん(スウェプトオーヴァーボード)が先日残念ながら亡くなったので、今後そういうことも意識しなければいけないかなとも思うのですが、まずはこの一戦に向けてしっかりやっていきたいです」

    (仕上がりは上々?)
    「この馬の力を出せる状態になってきていると思います」

    笹田師「エアスピネルは変わったな、という姿を見せたい」/マイルCS共同会見

    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――前走の富士Sを振り返ってください。
    笹田 デイリー杯のときも同じような雨降りの馬場で勝っているので、この馬はこなしてくれるのでは?と思って競馬を見ていたら、案の定いいかたちで競馬をしてくれました。結果を出してくれて本当に良かったと思います。

    ――完勝でしたね。
    笹田 他の馬が雨を苦にする馬もいた分、そういうかたちになったと思います。

    ――前走後の疲れや反動は?
    笹田 いつも競馬を使ったあとでもケロッとしているのですが、今回も疲れや反動は出ていなかったんですが、考慮して1週間は本当に楽をさせました。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    笹田 先週の追い切りが全体的な時計がかかったちょっと馬が重いかな、と思っていたので、この前の日曜日と今朝、普段より強めの指示を出しました。

    ――ジャッジは?
    笹田 思ったような時計が出ましたし、馬の動きもグッと沈むようないいフットワークで走ってくれました。いい状態で追い切りができたと思います。

    ――状態は?
    笹田 やはりGIに向けての調整ですので、もうひと段階ふた段階アップした状態で挑めると思います。

    ――古馬になってからマイル路線に進みましたが、マイルがいいのでしょうか?
    笹田 そうですね。この馬にとってはいちばん競馬をしやすいのと、結果を出してるとおりだと思いますけどね。

    ――京都コースについては?
    笹田 京都で重賞2勝していますので、実績を考えると自信を持って出せると思います。

    ――今回、特に不安な点があるとすれば?
    笹田 武豊くんの負傷でジョッキーを交代せざるを得なくなりましたので、その点、初めて乗るジョッキーなのでこの馬の癖がそのレースですぐに把握できて、いい走りをさせられるだろうか、という不安だけで、馬の状態としては何の不安もないと思います。

    ――改めてジョッキーを教えてください。
    笹田 ライアン・ムーア騎手に依頼しました。

    ――ムーア騎手に何を一番伝えようと思っていますか?
    笹田 彼もおそらく依頼を受けたのでレースの録画とかを見て研究していると思いますけれど、あとはこの馬の性格と注意する点、その辺だけを伝えればいいかな、と思っています。

    ――どのへんが噛み合えばGI制覇に結びつくと思いますか?
    笹田 やはり3歳時、クラシックを走っていた時点では性格的な甘さがありまして、完全な力を発揮できないというのがこの馬の欠点だったと思うのですが、年を越して徐々に落ち着きとか、普段真面目に一生懸命やろうかな、という雰囲気を見せてくれるようになりました。馬が成長して自分の力を出せるようになってきているんじゃないかな、と思います。

    ――GI制覇、機は熟したとみていいでしょうか?
    笹田 そうですね。いまのところ不安なくレースを迎えられると思います。

    ――最後に意気込みを。
    笹田 なかなか(GIを)勝てそうで勝てなかった馬なので、今回はなんとしてもその思いを達成できるように、これから日曜日まで日もありますからきっちり調整します。そして、みんながエアスピネルは変わったな、という姿を見せたいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    エリザベス女王杯予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    ルージュバック大竹師「何とかここでGIのタイトルを」/エリザベス女王杯共同会見

    ウッドチップコースで絶好の動きを見せたルージュバック(牝5・美浦・大竹正博)。大竹正博調教師が、悲願のGI初制覇に向けて抱負を語った。


    (前走のオールカマー・GII・1着を振り返って)
    「正直、ビックリしました。内側を通って先行してということで、イメージしていた競馬と全く違っていました。結果が出て良かったです」

    (そこから中6週、中間の調整過程は?)
    「オールカマーの後はノーザンファーム天栄に放牧に出て、少し物足りない部分を補うような形で向こうで調整してもらい、3週間前に美浦に戻ってエリザベスに臨むという感じですね」


    (今日のウッドチップコースでの併せ馬の追い切りについて)
    「指示としては3分3厘のところの反応のスピードの確認ですね。いつも少しモタモタするので、そこを重点に動かしてくれという話をしました。動きに関してはイメージしていた以上に反応したスピードも速かったので、直線に入る前に少し早めに先頭に立つくらいの勢いだったのですけど、総合的にとても良かったかなと思っています」


    (ライアン・ムーア騎手が騎乗するが?)
    「彼自身、来るか来ないかが結構ギリギリまでわからなかったので、特にジョッキーを誰と固定はせず、彼のスケジュールを確認して、大丈夫だということがわかったところで依頼しました」


    (名手ムーア騎手に期待するのは?)
    「海外での実績を見れば、この馬に乗ってくれるというのは本当に嬉しいです。ただ馬を仕上げる側としては、彼が乗るから何か特別に調整の中で施すということもないですし、いつも通りの流れでやってきています」


    (それまでのレース振りとは一転したオールカマーだったが、今回は?)
    「枠順も影響するとは思っているので、枠順が確定してからイメージしたいなと思っていますし、前回は自分がイメージしていた競馬と全く違う競馬をしているので、僕がイメージしたところであまり関係ないのかなと思っています」


    (この後の予定は?)
    「今日追い切って、明日は運動だけにとどめ、金曜日に軽く乗って、土曜日に輸送します」


    (最後にファンへ一言)
    「なかなかGIのタイトル取れずに5歳の秋になりました。この後はほとんど現役を続ける期間がないので、何とかここでGIのタイトルを取れればと思っています。なかなか思い通りにはいかないですけど、これまでやってきたものがしっかり馬の状態に反映されています。今回良い形で送り出せると思いますので、応援よろしくお願い致します」

    ディアドラ橋田師「至極順調に来ています」/エリザベス女王杯共同会見

    ■ディアドラを管理する橋田満調教師


    ――前走の秋華賞を振り返ってください。
    橋田 前半の位置取りが後ろだったもので、向正面を走っている時は少し心配しました。そこから上手くさばいてくれまして、内容は満足できるものだったと思います。


    ――成長は見られますか?
    橋田 体も精神力も成長しています。体は馬体重が増えているところで表れていますし、気持ちもドッシリと落ち着いています。すごくいい感じで来ています。


    ――秋華賞はプラス12キロでの出走でした。
    橋田 前走はちょっと余裕残しでしたから今回は少し絞っていきたいです。


    ――この中間の調整過程は?
    橋田 非常にタフな馬で競馬が終わった後も消耗が少ないです。至極順調に来ています。


    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    橋田 終いだけ強めにやってくるように指示したんですけど、指示どおりでした。


    ――初の古馬との対戦になります。
    橋田 相手がずいぶん強くなりますんで、自分の良さを引き出す競馬が出来ればいいですね。


    ――この馬の持ち味は?
    橋田 最後、普通の馬よりも少し長い脚を使うのが持ち味ですので。それがゴール前の1ハロンの伸びに繋がっていると思います。それを上手く生かせたら、いいレースができるのではないかと思います。


    ――今回のコースについては?
    橋田 内回りより外回りのほうが競馬しやすいと思います。


    ――最後に抱負を。
    橋田 夏を越して、秋に向かってディアドラはすごく成長してきています。気持ちの面でもすごく強い馬ですから、初めての古馬との対戦になりますがいい競馬をしたいと思います。ご声援をお願いいたします。


    ■ディアドラに騎乗予定の岩田康誠騎手


    ――この秋のディアドラをどう思いますか?
    岩田 夏を越して、大きく成長したと感じました。体も立派になりましたし、走れる状態だと思います。


    ――騎乗された紫苑Sはいかがでしたか?
    岩田 夏場は函館でしぼんだと感じたんですが、紫苑Sの時は体もグッと膨らんでいいな、と思いました。外回って差し切るというのは立派なことですし、走りの重心がグッと下がって素晴らしい走りをしてくれました。


    ――再びコンビを組みますね。
    岩田 はい。すごいコントロールしやすいですし、すごい乗りやすいですね。タフさもあるので、いい走りをしてくれるのではと思います。


    ――どのようなレースをしたいですか?
    岩田 乗りやすいのでどういうレースでも出来ると思います。この馬の乗りやすさを生かしてベストを尽くしたいと思います。

    ――最後に抱負を。
    岩田 キレ味は増していますし、前回以上のレースができたらと思っています。秋華賞はすごい強いレースをしていました。状態もいいのでいいレースをしたいと思います。応援よろしくお願いします。

    ヴィブロス友道師「筋肉の量がいま現在も増えています」/エリザベス女王杯共同会見

    ■ヴィブロスを管理する友道康夫調教師


    ――ドバイターフを振り返ってください。
    友道 輸送が一番心配でしたが上手くいきました。到着して4日目ぐらいに馬を見ましたが馬体がふっくらしていました。これなら良い競馬ができるのではないか、と思いました。そして、馬も頑張りましたが、ジョッキーが本当に上手く乗ってくれました。


    ――前走の府中牝馬Sはいかがでしたか?
    友道 結果は2着でしたが、内容的には満足しています。ちょうど1年前に比べて、脚が長くなっていますね。そして、何よりも筋肉の量がいま現在も増えています。馬体がひと回り大きくなったと思います。


    ――この中間の調整は?
    友道 在厩で調整しました。一回使ってすごく筋肉の張りが出てきたのと、筋肉の量が多くなったというのが見ていて感じられるぐらい一回使った効果を感じています。


    ――追い切りはいかがでしたか?
    友道 先週はCウッドコースでしっかりやりました。動きは良かったです。今朝は先週までにしっかりやっていますから、坂路で併せ馬、馬なりで上がってきました。時計は予定より速くはなりましたけど、そんなに負担はかかっていないと思いますのでいい感じでレースを迎えられると思います。


    ――2200mは初距離ですが?
    友道 それをよく聞かれるんですが、今まではあえて2000mを使っていなかったのではなく、たまたま使うレースがなかったのです。ドバイも2400mの競馬を考えていたぐらいなので、距離に関して全く不安はないです。


    ――今回の舞台はいかがでしょうか?
    友道 どの競馬場に行っても上手く走ってくれますが、やっぱり小回りよりも広い京都の外回りの方が合っていると思います。


    ――最後に抱負を。
    友道 去年は秋華賞でお姉ちゃん(ヴィルシーナ)の無念を晴らしてくれたので、今回はまたお姉ちゃんの悔しい思いを晴らすのと、日本でも強いヴィブロスをお見せできると思いますので、応援よろしくお願いします。


    ■ヴィブロスに騎乗予定のルメール騎手


    ――前走の府中牝馬Sを振り返ってください
    ルメール レースはとても良かったです。ヴィブロスのコンディションがまだ100%ではなかった。長い休み明けでしたから。(府中)牝馬Sでいい走りをしましたけど、まだ良くなっているところ。ラスト150mはすごくいい脚を使ってくれたから嬉しかったです。


    ――今回に向けてのプラスになりましたか?
    ルメール そうそう、良くなりそうね。体が大きくなり筋肉が大きくなった。息もとても良かった。追い切りの後、少しだけ息が入った。日曜日にトップコンディションになるかもしれない。休み明け(の府中牝馬S)は馬がトップコンディションではなかったけれど、今回はGI、メインターゲットです。ちょうどいいコンディションです。


    ――兄のシュヴァルグランと似ていますか?
    ルメール 全然似てない(笑)。シュヴァルグランはちょっとワンペース、でもヴィブロスはいい瞬発力があるから全然違います。


    ――2200mという距離はいかがでしょうか?
    ルメール 2200mもいけそうです。この間は1800mですごく乗りやすかった。リラックスしていたので、2200も大丈夫。


    ――友道厩舎とは昨年はシングウィズジョイで一緒に戦いましたね。
    ルメール 今年も非常に大きなチャンスがあります。ヴィブロスは強い馬です。ドバイでGIを勝った時はメンバーが強かったです。府中牝馬Sでもまた能力を発揮しました。馬のレベルが高いです。またGIを勝てると思います。


    ――相手関係は?
    ルメール 今回もメンバーは強いです。ディアドラはこないだ(秋華賞)めっちゃ強かったです。大きなライバルだと思います。ディアドラは3歳牝馬ですが、ヴィブロスにはもっと経験がある。だからヴィブロスには大きなチャンスがあると思います。


    ――最後に抱負を。
    ルメール 今年のエリザベス女王杯はすごいです。たくさんいい馬がいる。すごくいいチャレンジです。ヴィブロスでまたGIを勝ちたいです。応援してください。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    天皇賞秋予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    キタサンブラック武豊騎手「勝たなきゃいけない馬だと思っています」/天皇賞(秋)共同会見
    ■キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手

    ――先日引退が発表され集大成のシーズンが始まっていきますね。
    武豊 楽しみにしていた秋シーズンがきました。まだ残り3戦ありますので、全力をあげていきたいですね。

    ――春は大阪杯から天皇賞(春)と連勝されましたね。
    武豊 大阪杯と天皇賞(春)は本当に強い勝ち方をしてくれて、改めてこの馬の強さを目の当たりにしました。宝塚記念は期待をしていましたが、残念な結果でしたね。全部勝つのは難しいと思いました。

    ――宝塚記念、敗因は?
    武豊 馬の状態も良かったと思いますし、うーん…特に何かあったわけではないので、競馬はこういうこともあるな、というかんじです。

    ――この秋は改めて仕切り直しですね。今の具合は聞いていますか?
    武豊 僕は乗っていませんが、入厩してからもここまで順調にきていると聞いています。

    ――天皇賞(秋)は東京コースで行われますね。この舞台については?
    武豊 各馬にいえることですが、馬の力を発揮しやすいコースです。逆に言えば、実力がないとなかなか勝てないコースであり距離だと思います。そういう意味ではこの馬にとってはいい舞台だと思います。

    ――昨年、ジャパンCでは強さが際立っていたと思いますが?
    武豊 そうですね。強かったですね。

    ――台風が近づいています。馬場状態については?
    武豊 できればいい天気でやりたいですけど、こればかりはどうしようもないですね。その時の状況に合った競馬をしたいと思います。

    ――枠順については?
    武豊 もし、希望が叶うなら内がいいですね。東京2000mはどうしても内枠のほうがレースを組み立てやすいですから。

    ――東京芝2000mの武騎手のイメージは?
    武豊 スタートの位置が特殊なので、最初の2コーナーへのポジション争いはかなり激しくなります。そこは各ジョッキー考えて乗ってくるところだと思いますね。あと、凄いメンバーになればなるほど先行して押し切るというのが難しいです。逆に、前が止まりにくいということもあったり。ジョッキーにとっては天皇賞(秋)はとてもタフなコースに感じますね。

    ――相手関係は?
    武豊 もちろん天皇賞(秋)ですから、すごい馬が集まると思います。まぁ、他の馬は強いですけど、昨年の年度代表馬ですし、この秋は海外遠征せずに国内に専念ということもあります。これだけの馬なのでやはり結果を求められる立場だと思っていますから、それに応えたいですね。

    ――ベストな距離は?
    武豊 いろんな距離で結果を出してくれていますね。どの距離でも強い競馬をしてくれています。2000mはすごくいいと思いますね。

    ――改めて、この馬はどんな存在ですか?
    武豊 昨年からコンビを組ませてもらっていますが、僕自身にとっても大きい存在というか、中心になっている馬なのでその馬のラストシーズンということですから、やっぱり結果を出したいですね。勝たなきゃいけない馬だな、と思っています。

    ――人気のある馬ですね。
    武豊 人気もありますし、ファンの多い馬ですから。やはりファンの方に喜んでもらいたいですね。

    ――最後に抱負を。
    武豊 いよいよキタサンブラックの秋の始動ということで、これから3戦全て勝つ気持ちで乗りたいと思っています。頑張ります。

    ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

    ――年内、あと3戦で引退が発表されましたね。
    清水 ずっと前からいつかこの時がくるのはわかっていましたので、無事に(牧場に)あげてあげたいと思っています。

    ――寂しさはありますか?
    清水 もちろん、あります。

    ―― 一戦一戦噛みしめるように、というかんじでしょうか?
    清水 はい、惜しまれるかたちで送り出したいですね。

    ――春の戦いを振り返ってください。大阪杯から天皇賞(春)を連勝されましたね。
    清水 年度代表馬をいただいた後なので、いい競馬をしなければいけないと思っていました。この2つはしっかり勝ててよかったな、と思っています。

    ――2000mと3200mのGIを連勝するのは凄いことですね。
    清水 そうですね。どんな距離でも対応してくれるので素晴らしい馬だと思います。

    ――それ故に、どこが得意な距離なのかわからないファンの方も多いと思います。
    清水 それは僕もそうですね。

    ――その後、宝塚記念は9着でした。
    清水 うーん、天皇賞(春)から少しレース間隔がありました。しっかりケアは出来ているつもりだったのですが、やっぱり反動というか…馬自身が走っていないというイメージなので。原因は確定できないですね。

    ――今思えば、走る前はいつもと何かが違った、ということはありましたか?
    清水 特にはないんですけどね。まぁ、いつもの状態で送り出せたと思っているんですけど。

    ――昨年秋のジャパンCの頃は、この後どれだけ強くなるのだろう?と思わせましたが、さすがに今年春の時点で完成の域には達したのでしょうか?
    清水 そうですね。今年はほぼ古馬として完成したかんじがします。

    ――この秋の状態について教えてください。
    清水 無事、栗東に帰ってきてくれましたので秋の天皇賞から逆算するかんじで調教メニューを組みました。これまでは順調に予定どおり、考えてきたとおりの調整が出来ています。

    ――春の疲れは抜けきった印象でしょうか?
    清水 はい、そうですね。

    ――この秋はこれまでに比べて厩舎に戻るタイミングは速かったのでしょうか?
    清水 はい、2週間ほど早めに戻しました。

    ――ここまでの調整過程について教えてください。
    清水 追い切りは本数もこなしていますし、その成果も出ています。今朝は状態を確かめる程度に追い切りました。

    ――今朝は黒岩騎手を乗せての併せ馬でした。ジャッジは?
    清水 予定どおりです。馬場は悪いみたいですが、そのわりに時計は出ていると思います。

    ――現在の状態は万全とみてよろしいでしょうか?
    清水 はい、しっかりいい状態です。変則開催が続いていたので、右回り左回りとかそのあたりもどうしようかな、と思ったので(注:調教コースの周回の方向はJRAがあらかじめ予定を発表している)あとで慌てることのないように仕上げました。

    ――調教メニューはこれまでは坂路3本乗りなどもありましたが、この秋はCWでの併せ馬が中心ですね。
    清水 そうですね、坂路3本乗りはこの秋はしてないですね。それほど深い意味はないです。もう鍛えなくてもしっかり体が出来上がっていますからね。息を整えることを優先しました。

    ――休み明けも実績がありますね。
    清水 馬格があるわりに休み明けから走ってくれますね。

    ――東京の2000mはいかがでしょうか?
    清水 東京コースも距離2000mも問題ないです。何も心配はないです。

    ――道悪は?
    清水 馬場はあまり気にしていませんが、折角ですのでファンの皆さんのためにもいいお天気でレースを迎えたいですね。

    ――希望の枠順は?
    清水 どこの陣営も内目が欲しいところでしょう。

    ――最後に抱負を。
    清水 日が経つのは早いものですね。キタサンブラックの残すレースもあと3つと発表されました。まずは天皇賞(秋)でいいスタートを切りたいです。天皇賞(秋)は格式ある競走です。初戦から力を出せる状態に仕上げたつもりです。結果にこだわっていい競馬を期待したいですね。

    サトノアラジン川田騎手「まずは台風が心配です」/天皇賞(秋)共同会見

    ■サトノアラジンに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――安田記念は悲願のGI勝ちでしたね。
    川田 はい。枠も馬場もすごくいいかたちで競馬を迎えることが出来ましたから、あとは能力を発揮できればいいと思っていました。やっとGIで気持ちのいい競馬をすることが出来て、GI馬になることが出来ました。ああいう条件のもとで競馬が出来るのなら、やはり能力が高い馬だなというのを改めて実感したレースでした。

    ――毎日王冠を振り返ってください。
    川田 1800mという距離でドバイでGIを勝った馬より1キロ重い状態であそこまで来てくれました。秋緒戦としての出来であそこまで来てくれていますから、GI馬として立派な競馬をしてくれたな、と思っています。2000の天皇賞(秋)へ向けてのレースでありましたが、アラジンは去年と今年は前哨戦で1400~1600mというパターンを繰り返してきたので、彼自身も1400mのような感じで走ったのではないかと思います。その分、道中で多少力むところがあり、やはり少し長いな、という感覚だったと思います。それでも、よく我慢してくれました。あと1ハロン距離が延びても東京なら合うと思います。

    ――東京コースなら、ですか?
    川田 はい、東京が一番合うと思います。

    ――最終追い切りは前に馬を置くかたちで、直線は突き抜けました。手ごたえは?
    川田 調教内容としてはいつものパターンで行いました。前哨戦よりもさらに出来は良くなっています。何の心配もなく本番を迎えられると思います。

    ――6歳、今が一番いい時でしょうか?
    川田 初めて乗せていただいた時から本当に素晴らしい馬だったので、1400mではありましたけれども、2000mでも競馬ができるのではないか、と思いました。今回は初めてそこに挑戦できますから、僕個人としてはすごく楽しみな2000mです。

    ――改めて、どういった条件が揃えばいいと思いますか?
    川田 また台風が発生しちゃってますから、これが一番心配です。やはりパンパンの軽い馬場で競馬を行えることが一番理想的です。まずは、そこに尽きますね。

    ――他にはいかがでしょうか?
    川田 結果を出している時の枠を見れば、外枠の方が明らかにいいですし、もちろん外の方がアラジンにとってはいい枠だと思っています。

    ――マイルの条件とは違うメンバーが揃っていますね。相手関係は?
    川田 本当に多くの強い馬たちがいますから、その中でアラジンがどれほどの競馬をしてくれるのか。この2000mでその馬たちを相手にどんな競馬をしてくれるのか、というのがすごく楽しみです。

    ――抱負をお願いします。
    川田 GI馬として迎えるGIではありますが、得意としているカテゴリーではないところにチャレンジしますから、強い馬たちに向かって行くところを応援してもらえたらと思います。何とかアラジンとよりよい結果を得られるように頑張りたいと思っています。当日の競馬を楽しみにしてもらえたらと思います。

    ■サトノアラジンを管理する池江泰寿調教師

    ――安田記念は悲願のGI勝ちをおさめました。
    池江 そうですね。

    ――どのようなところが良くなりましたか?
    池江 背中から腰にかけて甘いところがあったんですけれど、その辺が強化されて芯が通った感じです。

    ――毎日王冠はいかがでしたか?
    池江 久々の1800mだったのでそのあたりを心配していたんですけども。前半は少しハミを噛んでいましたが許容範囲かな、と思いました。

    ――58キロを背負ってのあの追い込みはいかがでしたか?
    池江 そうですね、想像以上でした。

    ――天皇賞(秋)はさらに1ハロン延びますが?
    池江 若い時に下級条件ですが2000mで勝っています。鍵にはなると思いますが、何とか踏ん張ってほしいです。

    ――東京コースはいかがでしょうか?
    池江 脚が長くてトビが大きいので滑走路が他の馬よりも余計に必要な分、直線の長いコースは合うと思います。

    ――最終追い切りはいかがでしたか?
    池江 指示は2頭併せでラスト300mくらいから併せていって終い1ハロンを伸ばしてもらいました。指示どおりでしたし、やり過ぎずちょうどよかったと思います。上積みはあると思います。

    ――週末の天気は雨が予想されています。
    池江 雨が降れば、この馬にとっては少し不利にはなると思います。

    ――枠はいかがでしょうか?
    池江 川田騎手が乗りやすい枠に入れば、と思います。

    ――相手関係は?
    池江 かなり豪華なメンバーなのでどこまでやれるか楽しみにしています。

    ――最後に抱負を。
    池江 なんとか距離を克服して頑張って欲しいと思います。

    ソウルスターリング鞍上ルメール「トビが大きくてパワーがある」/天皇賞(秋)共同会見

    3歳牝馬、ソウルスターリング(牝3・美浦・藤沢和雄)が、天皇賞・秋(GI・芝2000m)に挑戦する。ウッドチップコースでの併せ馬の追い切りを終えて、管理する藤沢調教師とクリストフ・ルメール騎手が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手

    (今日の追い切りについて)
    「とても良かったです。すごく嬉しいです。馬がとても良くなりました。コンディションがこの間より良かったと思います。フットワークと息がとても良かったです。今週の天皇賞が楽しみですね。彼女はいつも長く脚を使います。速い脚はあまり使えませんけど、トビが大きくてとてもパワーがあります。今朝は直線向いて段々ペースを上げていきました。ゴールの後、また走りました。ちょうど良い状態だと思います」

    (テンションは?)
    「追い切りの時はとても乗りやすかったです。引っ掛からずリラックスして伸びていました。この間は休み明けでリフッレシュして、テンションがすごく高かったです。今回は追い切りの時は問題なかったです。リラックスして息が入っていました。だから心配していません」

    (前回の毎日王冠は8着と残念だったが、今回については?)
    「今回自信があります。この間は1800mの距離で速くはできませんでした。直線向いてすぐ外の馬のプレッシャーがありました。だからフットワークがちょっと遅かったです。今回は2000mでちょっと違うと思います。ちょうど良い距離です。良いペースがほしいです。良いペースなら、最後長い脚とスタミナを生かすことができます。だから良いペースがほしいですね」

    (前回よりメンバーが強いが、3歳牝馬にチャンスはある?)
    「彼女はGIホースです。結構楽にオークスを勝ちました。だからレベルは問題ないと思います。天皇賞のメンバーはとても強いです。でも休み明けの人気馬もたくさんいます。彼女はこの間レースを使いました。だからチャンスはあると思います」

    (どういう展開がベストか?)
    「ペースや枠番によります。彼女は2400mでも走れる馬ですが、遅いペースになったら厳しいと思います。すぐ良いポジションを取りたいです。ペースをジャッジして、ポジションを上げるか下げるかですね。でもスタートを速く出たら良いポジションを取れます」

    (同じ東京競馬場でオークスを勝っているのはアドバンテージ?)
    「東京競馬場で勝ったことがありますし、長い直線が丁度良いと思います」

    (追い切り後、藤沢師とは短めの会話をしていたが?)
    「私は嬉しかったですし、多分、藤沢先生も嬉しかったと思います。あまり(長くは)話しませんでした。馬のコンディションだけ。馬は良いコンディションですと言ったら、先生は『オッケー、オッケー。完璧です』と答えてくれました。コミュニケーションはあまりいらないですね。私は馬に乗りました。先生はスタンドから追い切りを良く見ていました。馬の体もすごくきれいになりました。だからあまり喋っていません」

    (また台風が来そうだが、天気や馬場はどうか?)
    「桜花賞の時は馬場がちょっと軟らかくて、馬のバランスがあまり良くなかったですね。それがちょっと心配です。先週は馬場のコンディションがすごく大変でした。今週はそんなに雨が強くないかもしれないですが、また軟らかい馬場になるかもしれません。だからちょっと心配しています。私は問題ないけど、馬がちょっと大変です。馬のアビリティは悪くないですが、雨は仕方ないので、うまくやるしかありません」

    (ファンへ一言)
    「皆さま、天皇賞を見て下さい。ソウルスターリングは今年オークスを勝った馬です。またGIを勝てると思います。今回は強いメンバーですが、自信があります。応援してください。よろしくお願いします。ありがとうございます」

    ■藤沢調教師

    (今朝の追い切りについて)
    「いつもより時計は少し速かったですけど、動きは見ての通り良かったですね」

    (テンションは?)
    「前走よりは落ち着いていたと思います」

    (今回追い切りでルメール騎手が騎乗した狙いは?)
    「前走は男馬の強い馬たちと競馬をさせてもらいました。展開も今までと違った競馬になって結果はとてもがっかりしていましたが、1度使って先週の動きも良くて、今日の動きを見てほしくて来てもらいました。順調そうなので喜んでいます」

    (この中間は?)
    「そんなに期間があいていないのですが、競馬はあの通り彼女らしくない競馬でしたし、ダメージはありませんでした。体重は予定より増えていたのでその辺りもあったと思いますよ」

    (前走に比べて?)
    「春は関西に何回か行っていたのですが、今回地元だったのでその辺りは少し余裕がありました。相手は強くなりますが、1度使って気持ちの方も良くなっていると思います」

    (オークスを勝った東京競馬場はアドバンテージに?)
    「桜花賞も良いかなと思ったのですけど、オークスのように距離があった方が良いかなと思うので、今回の2000mは前走よりは楽しみにしています」

    (理想の流れ、展開は?)
    「前走はたまたま内枠で押し出された感じの展開になって、今までと違う競馬だったので戸惑いもありました。元々スタートが上手で、競馬も上手な馬ですし、今回は強い馬がたくさんいますので、好位で競馬ができたらなと思っています」

    (強いメンバーが揃うこのレースでの勝算は?)
    「3歳も実際古馬と一緒になるのは大変です。また牝馬となるともっと大変なレースだと思います。トビが大きくて東京向きの馬なので使わせてもらいますが、強い馬たちがたくさんいるし、大変な挑戦だと思います」

    (斤量4キロのアドバンテージについては?)
    「それくらいの差があるということだと思います。それだけ大変なレースだと思います」

    (今週末、また雨予報かもしれないが?)
    「先週のようなことはないでしょうけど、あまり重くない方が良さそうです。ヨーロッパ血統の馬ですけど、思ったほど重馬場は得意ではないみたいですね」

    (展開次第ではチャンスも?)
    「本当に相手は強いですけど、素晴らしい馬で頑張り屋さんなので、今回はキチッと競馬をしてほしいなと思います。見ての通り、春より随分落ち着いてきていますし、しっかりしてきました」

    (ルメール騎手については?)
    「彼も日本に来て長いですからね。日本の競馬を良く知っていますし、落ち着いて乗ってもらえるので感謝しています」

    (最後にファンに一言)
    「前走はたくさんの人に応援してもらったのですけど、残念な結果で私もガッカリしています。素晴らしい馬ですし、今回も頑張ってくれると思うので、また応援してください」

    グレーターロンドン田辺騎手「この馬は強いと思っています」/天皇賞(秋)共同会見
    毎日王冠(GII)3着から天皇賞・秋に臨むグレーターロンドン(牡5・美浦・大竹正博)。田辺裕信騎手が手綱を取ってウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後、田辺騎手と大竹調教師の共同記者会見が行われた。

    ■田辺騎手

    (今朝の追い切りについて)
    「秋を1回ひと叩きしたことによって、馬の気合いも乗っていましたし、息遣いもとても良くなっていました。前走(毎日王冠・GII・3着)より上がっているなという感じはしました」

    (ダートでじっくり回って追い切りに入る形でしたが?)
    「いつも通りの大竹厩舎のスタイルなので、あの馬も慣れた調教メニューだと思います」

    (確認をしたかったポイントは?)
    「息遣いですね。前走は正直、もうひとつ欲しいなという感じでしたが、それでもあのくらい頑張ってくれました。今日の方が良くなっていました」

    (前走もかなり良い内容で?)
    「少頭数でしたが、メンバーも良かったですし、実際休み明けでひと息の感じでどのくらい頑張れるかなというのがありました。それで上位の馬に食らいついてゴールをしていたので、すごい馬だなと思いました」

    (前走より良い手応えで本番に向かえる?)
    「良い方向に上がってきたとは思います」

    (レースで力を発揮するのには、どのあたりが鍵になりそう?)
    「前回の1800mも距離を延ばしましたし、今回また延ばすので、ペースに対する折り合いですね。あとは中2週というこの馬にとっては短いサイクルの影響がどう出るかというのは、わからないですね」

    (瞬発力を生かす流れになれば?)
    「この馬は上がりの時計を持っていますので、そういう流れになってくれれば1番嬉しいです」

    (安田記念以外はずっとコンビを組んでいるが?)
    「元々期待していた馬で、若い頃に爪が弱くてうまく使えなかった部分もあったのですけど、このくらい来れそうな馬ではあったので、僕もですけど、陣営の皆さんも楽しみにしていると思います」

    (今週末、また雨予報が出ているが?)
    「この馬自身はそんなに悪い馬場を経験していないので何とも言えないですけど、日曜日(10/22)、グチャグチャの坂路を軽快に上がっていったと調教助手の方から聞きましたので、実際雨の方がすごく走るかもしれないですし、それはちょっとわからないです」

    (強いライバルがいて格式があるレース、騎乗する立場からするとより一層燃えるのでは?)
    「強い馬がたくさんいますけど、この馬は強いと思っていますので、良いレースをしたいですね」

    ■大竹調教師

    (今朝の追い切りについて)
    「良く動いてくれますし、中2週ということもありますので、今日は感触を確かめるだけでした。やり過ぎないようにという指示でしたが、イメージ通り回ってきてくれました」

    (田辺騎手が跨ったが?)
    「パターンとしてここのところ当該週は彼に乗ってもらっていますので、そのパターンを踏んで今日も乗ってもらいました」

    (田辺騎手については?)
    「他の馬にも結構乗ってもらっていますが、いつもイメージ通りの競馬をしてくれるので感謝しています。グレーターに関しても上昇過程をずっと知っているジョッキーですし、今日上がってきた時に『本当に良いですよ』と言ってくれましたのでホッとしています」

    (前走については?)
    「3コーナーで行きたいところがあったのですけど、途中狭くなって1列後ろになってしまいました。その位置を取れたらもっと際どい競馬ができたと田辺騎手も言っていました」

    (2度目のGI挑戦の今回、力が入るのでは?)
    「力が入らないように気をつけてはいるのですけど、さすがに力は入ってしまうかなと…。安田記念でもメンバーが揃った中で良い競馬をしてくれましたので、今回も力を出してくれるかなというのはあります」

    (豪華メンバーだが勝算は?)
    「タイトルを1つも取っていない馬ですので、胸を借りるというイメージでいきたいです」

    (理想の流れは?)
    「週末台風の予報が出ているように、馬場の傾向も読みづらい中、現状どういうイメージというのも持てませんが、いつも通り彼の持っている力を存分に出してくれれば、結果が付いてくるのかなと思います」

    (馬場は渋らない方が?)
    「かなり悪くなるなら割引は必要かもしれないですけど、前をかき込むような走法なので、少々の雨でしたらむしろ良い方に働くかもしれません」

    (距離については?)
    「レースの仕方ひとつですが、距離をこなせる血統だと思っていますので、しっかり走ってくれると思います」

    (間隔が短いがテンションは?)
    「それを踏まえて毎日王冠の前はとにかく気持ちを入れずにという流れで調教をしました。1回叩いてイメージ通りのテンションで来ているかなという感じです」

    (馬体重は?)
    「それも狙い通りに来ています。当日自分で体重調整する馬で、前回も前の日からマイナス6キロでした。今日、明日と(体重を)計って、(当日は)少しマイナス体重で行けるかなと考えています」

    (爪については?)
    「月日がたつごとにケアの仕方、コントロールの仕方など、ある程度方向が確立されてきたということだと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「いつも出走するまで微妙なコメントばかり並べてきましたが、今日も会見時間を延ばしてもらったように、とにかく常に馬体、脚元、特にツメですね。これを逐一観察しながら次どうするのかということを毎日考えていますので、なかなか歯切れの良いコメントができないのですが、皆さんの応援があれば何とか良い結果がついてくるかなと思っていますので、引き続き応援をお願いします」

    リアルスティール矢作師「ようやく本格化してきました」/天皇賞(秋)共同会見
    ■リアルスティールを管理する矢作芳人調教師

    ――前走の毎日王冠を振り返ってください。
    矢作 目標はここ(天皇賞秋)だったので仕上がり状態としては今一つだった中で、あの内容の競馬。本当に強かったと思いますし、自分の期待以上の走りでした。

    ――昨年のドバイターフ以来の勝利でした。
    矢作 いろいろあった馬なので、本当にうれしかったです。

    ――今年はドバイターフ断念もありました。休養した効果は?
    矢作 昨年は夏の暑さにやられたので、今年は早めに北海道に持っていって牧場のスタッフとうちのスタッフがうまく連携して仕上げてくれたな、と思っています。

    ――昨年の安田記念からの直行に比べると、いい臨戦過程ということでしょうか?
    矢作 叩けたことは大きいと思います。

    ――今朝の追い切りは併せ馬で先着しています。指示は?
    矢作 指示は52秒、前半は折り合いに専念して終い伸ばすというものでした。指示どおりの追い切りをしてくれたと思います。

    ――状態としては上積みはありますか?
    矢作 馬体面は仕上がっていたので大きな変化はないと思いますけれど、息づかいが格段に良化したと思います。

    ――今回の舞台は天皇賞(秋)、昨年はモーリスの2着でした。
    矢作 いま日本で行われているGIレースの中で最も彼に適した舞台であることは間違いないと思います。

    ――今回はシュミノー騎手との新コンビとなります。
    矢作 去年から今年のはじめにかけて乗った時の乗り方が、自分としてはリアルスティールに合うのではないかと考えています。大きなところも勝っているジョッキーですから、乗せる限りは任せるだけです。

    ――道悪は?
    矢作 パワーがあるので馬場は不問だと思っています。ただ、めちゃくちゃ巧い馬もいるのでね(笑)。まぁ、うちの馬に関しては気にしません。

    ――悲願の国内GIタイトルに向けて、抱負を。
    矢作 以前から、特に3歳時は素質だけで走っていると言っていたと思うんですが、ここにきてようやく本格化してきたのかな、という風に感じます。いいメンバーが揃いますけれども、うちの馬もいい状態で出せると思いますので応援よろしくお願いします。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    菊花賞予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    ダンビュライト音無師「武豊騎手の腕に期待」/菊花賞共同会見

    ■ダンビュライトを管理する音無秀孝調教師

    ――今朝の追い切りの指示と印象は?
    音無 一杯やるように指示しました。ただ、馬場が悪かったですね。馬場が悪いのは苦手です。でも、動き自体は悪くなかったですね。

    ――満足のいく出来でしたか?
    音無 まぁ、大丈夫でしょう。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    音無 武豊騎手が2番手をとりにいきましたね。そこで少し脚を使ったかな、という印象もありましたが、(結果的には)ちゃんと走りましたからね。

    ――前走はプラス16キロでした。
    音無 当日は太いかな、と僕は思っていたのですが。神戸新聞杯を使ったあとも同じような馬体をしていますから成長分だと思うんですよね。(現状)減ってないということなので、菊花賞も同じような体で出てくると思います。

    ――どのあたりに成長を感じますか?
    音無 背が少し伸びて幅も出たので、その分プラス体重が増えたのだと思います。

    ――舞台は京都の3000mです。
    音無 問題はそこなんですよね。どの馬も初めての距離ですからね。やってみないとわからない部分がありますけれども。血統的背景は長いところ走っている馬もいますから。乗り方次第だと思いますけどね、大丈夫だと思います。

     武豊騎手も神戸新聞杯では前に行かせる競馬をしていました。彼は何回も経験しているとおり、長い距離になればなるほど上手に乗りますから。そのあたり、豊くんの腕に期待して、うまくだまして乗ってくれると思います。

    ――武豊騎手を信じて、というところでしょうか?
    音無 天皇賞(春)をはじめ、実績ありますからね。本当に頼りになるジョッキーだと思っています。

    ――1勝馬ながらクラシックで実績を見せてくれています。最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
    音無 新馬を勝ってからずっと勝てていないので、自信めいたものはないんですけど。そこそこの力は持っているから、うまくレースの流れに乗れて自分の力を発揮できるような状況になれば可能性はあるかな、と思っています。応援してください。よろしくお願いします。


    ■ダンビュライトに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    武豊 状態は仕上がっていました。最後の直線で一度は先頭に立ったようにこの馬の競馬は出来たんですが、ラストはちょっとしんどかったですね。

    ――前々での競馬でした。
    武豊 距離が若干不安があるので、ラストは疲れるだろうけれどどこまで我慢してくれるかな、というかんじでした。

    ――前走での競馬は菊花賞で生きそうですよね?
    武豊 そうですね。生かしたいですよね。

    ――体重はプラス16キロでした。
    武豊 はい、春はダービーまでずっとレースを使っていましたからね。そこから間隔をとって馬体はすごく良くなったと思いました。

    ――ひと夏を越してしっかり成長してくれた、という印象でしょうか?
    武豊 調教タイムもかなり速いタイムで仕上げています。前走は休養効果があったかな、と思います。

    ――今週の菊花賞、3000mのレースになりますが?
    武豊 正直、この距離が合っているとは思わないですけど。でも、どの馬も初めての距離ですし、同じ条件ですから。その中でどれだけやれるかでしょう。

    ――淀の長丁場といえば、武豊騎手という印象があります。3歳馬がこの舞台を乗り切るコツは?
    武豊 やはり初めての距離ですから…そうですね、やはり折り合いが当然難しくなってくるので、そのへんでしょうね。前半どれだけリラックスして走らせられるかというのが大きいと思います。

    ――ファンの皆さんにメッセージを。
    武豊 皐月賞でいいレースをしてくれて力のある馬だと感じていました。今回、距離は長いですけどチャンスのある1頭だし、混戦だと思っています。上手く乗ればチャンスはあると思います。
    キセキ鞍上デムーロ「自信を持っています」/菊花賞共同会見

    ■キセキに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――今朝の追い切りの動きは?
    デムーロ 素晴らしいですね。いつもと変わらないです。

    ――いい意味で変わらない、という意味ですか?
    デムーロ そうですね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    デムーロ (前々走の)新潟ではいい勝ち方でした。この間は距離が2400m、いつもどおりスタートがあまり速くなくてジリジリ動くんですけど。菊花賞のイメージで乗りました。折り合いはすごく良かった。3、4コーナーのあいだではごちゃごちゃしてスムーズな競馬は出来なかったけれど、最後まで頑張っていました。一生懸命、いい脚を使っていました。

    ――3000mについては?
    デムーロ 距離の問題は(どの馬も)みんな同じようにありますよね。この前の2400mで折り合いもついていたし最後まで伸びていますから、問題ないと思います。

    ――理想のポジションは?
    デムーロ この馬は少し引っかかるんですが、引っかかると最後は伸びない。折り合いをつけて、落ち着かせて乗りたいですね。中段くらいのポジションかな。詳しくは枠順が出てからですね。

    ――道悪は?
    デムーロ 悪くはないと思います。今日の芝コースも少し重かったけれど、問題なかったですよ。

    ――ライバルは?
    デムーロ いっぱいいますね。典さんが前走中山で勝った馬(ミッキースワロー)が強かったですね。

    ――最後に抱負を。
    デムーロ キセキはとってもいい馬です。勝ちたいという気持ちがいっぱいあります。キセキは素晴らしい馬。能力があるし、力もあります。自信を持っています。頑張ります。


    ■キセキを管理する角居勝彦調教師

    ――今朝の芝コースでの追い切りはいかがでしたか?
    角居 3頭併せの一番後ろから、折り合いに気をつけながら、直線では外から併せました。

    ――納得の出来でしたか?
    角居 そうですね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    角居 あのメンバーの中でどうやって競馬をするのかと思いましたが、狭いところから徐々に抜けてくる競馬をしてきましたね。

    ――春と比べての成長はいかがでしょうか?
    角居 春はまだトモが緩く、体も柔らかすぎたので、走ったり走らなかったりでしたね。メンタルはずっと安定しています。

    ――前走はマイナス12キロという馬体でしたが?
    角居 GI馬を相手にしなければならないのでしっかりつくりました。

    ――今の馬体の印象は?
    角居 維持出来ていると思います。

    ――舞台は3000mですが?
    角居 どうですかね。走る馬はみな未知なのかな、と思います。

    ――父のルーラーシップと似ている部分はありますか?
    角居 きれいな走りをしているところが似ていると思います。

    ――最後に抱負を。
    角居 春先も素質はみせてくれていたのですが、まだしっかりつくり切れませんでした。秋はだいぶしっかりしてきたので、休み明けの神戸新聞杯もしっかり走ってくれました。今回は距離の長いGIですけれども、しっかり走れるようにつくったつもりですので、応援よろしくおねがいします。

    アルアイン鞍上ルメール「3000mはいけると思います」/菊花賞共同会見

    ■アルアインに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――まずは先週は秋華賞優勝、おめでとうございます。
    ルメール ありがとうございます。

    ――この秋もいいスタートが切れましたね。
    ルメール はい、またGIを勝ちたいです。

    ――今朝は菊花賞に向けてアルアインの追い切りに騎乗されました。いかがでしたか?
    ルメール 馬のコンディションがすごく良くなったと思います。すごくリラックスしながらも自分から動いていました。馬の状態が完璧になったと思います。

    ――セントライト記念より状態はアップしていますか?
    ルメール はい。このあいだは休み明けですから、ちょっと重かったね。最後はちょっと疲れてた。今回は問題ないです。ちょうどいいコンディションです。

    ――前走ではじめて騎乗されましたが、印象は?
    ルメール とてもいい感じだった。アルアインはとても乗りやすい、やさしい馬です。だから、いいポジションを取ることが出来た。負けたけれどいいレースをしたと思います。

    ――3000mは?
    ルメール いけると思います。どんなペースでもいけるし、どんなポジションもとれるでしょう。

    ――とりたいポジションは?
    ルメール まだプランはありません。ペースにもよりますね。

    ――ライバルは?
    ルメール たくさんいると思います。秋からたくさん上がり馬がいるね。たとえば、ミッキースワロー。この間は楽に勝ちました。他にもいっぱいいますね。

    ――道悪の可能性もありますが?
    ルメール アルアインのフットワークはとても軟らかいです。だから馬場が重くなっても問題ないです。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    ルメール 皆さま、こんにちは。菊花賞もすごく楽しみです。アルアインは今年GIを勝てると思います。だから応援してください。よろしくおねがいします。


    ■アルアインを管理する池江泰寿調教師

    ――今朝の調教の動きは?
    池江 良かったですね。

    ――納得の出来でしょうか?
    池江 はい。

    ――前走のセントライト記念を振り返ってください。
    池江 そうですね。休み明けですけども、上手に走りましたし、いい感じだなと思いました。

    ――その後の中間の様子は?
    池江 レースを走って、動きも息づかいも良くなりました。

    ――3000mについては?
    池江 やってみないとわからないですね。

    ――3000mに向けて、何か特別にしたことはありますか?
    池江 普段どおり、きっちりこなしてくれれば。それだけですね。

    ――道悪はいかがでしょうか?
    池江 これもやってみないとわからないですね。

    ――最後に二冠に向けてメッセージを
    池江 なんとか二冠をとらせてあげたいと思っています。応援よろしくお願いします。

    ミッキースワロー菊沢師「終いでしっかり伸びてくれれば」/菊花賞共同会見
    トライアルのセントライト記念(GII)を皐月賞馬のアルアインを下して快勝し、菊花賞に挑むミッキースワロー(牡3・美浦・菊沢隆徳)。菊沢調教師自らが手綱を取って最終追い切りを消化したのち、共同記者会見が行われた。

    (今朝の最終追い切りについて)、
    「気合い面や心肺機能はだいぶできている状態でしたし、前走、ゲートの入り、寄りが悪かったので、まずはゲートでの駐立を確認してから、馬場で5ハロンの追い切りをしました。要所要所、カーッとしたり燃えたりするのですが、馬場入り時に周りにいっぱい馬がいたり、追い切りをかけている馬もいる中で、今日は落ち着いていましたし、こちらが呆気にとられるくらい気分良さそうに走っていました」

    (それだけ前回からの上積みもある?)
    「落ち着かせて気分良く走らせるというのが狙いだったので、そういった点に関してはこちらが思った以上にのんびり走ってくれたなと思います」

    (昨日の段階では前に馬を置いての追い切りという話もあったが?)
    「他厩舎の馬が3頭いたので、ちょうど良いなと思ってそれを目標にする形にしました。追いついてしまうと、少しオーバーワークになりそうでしたし、前の馬を追いかけようとしていたので、あのくらいに収めておきました」

    (セントライト記念を振り返って)
    「秋はまずセントライト記念を目標にして夏は競馬を使いました。馬もそれに応えてくれまして、前走は私の想像以上の内容と末脚を使ってくれて、勝つことができてビックリしています」

    (どのあたりに成長を感じるか?)
    「普段の肉体面のスムーズさや、走りのスムーズさ、あとは気性ですね。走って最後伸びるということを馬自身が理解してきているような気がします」

    (3000mという舞台については?)
    「やってみなければわからないのですけど、折り合い面に関しては3000mは問題ないのではないかと思います。ただ馬場状態や輸送もありますし、当日のテンションなど、そういった面ではまだわかりかねています」

    (前回のような脚を使ってくれれば?)
    「そうですね、理想は3000mをリラックスして走って、この間のような、まあこの間ほどの脚を使わなくても良いのですけど、終いでしっかり伸びてくれればいいなとは思っています」

    (春もクラシックに挑戦した馬がいたが、秋はこの馬で菊花賞に挑むその心境は?)
    「大変光栄に思います。また素質のある馬を預けて頂いて本当に感謝しています。全部ではないですが、1つでも多くクラシックを目指して、また出走が叶うよう努力してやってきたので、本当に良かったなと思います」

    (最後に菊花賞への抱負を)
    「3歳最後のクラシック、私自身スタッフ含めて精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」

    ウインガナドル津村騎手「3000mでも本当に楽しみ」/菊花賞共同会見
    前走の新潟記念(GIII)で初めて古馬と対戦して4着と健闘したウインガナドル(牡3・美浦・上原博之)。父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという血統背景からも3000mの舞台が合いそうな同馬について、騎乗する津村明秀騎手と管理する上原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■津村騎手

    (前走の新潟記念について)
    「初めての古馬との対戦だったので、どのくらいやれるかという期待と不安があったのですが、4コーナー過ぎに早めに勝ち馬に交わされて、もうダメかなと思ったところからまた盛り返して4着だったので、本当に成長が窺えるレースでしたね」

    (どのあたりに成長を感じる?)
    「1年前くらいまではレース前からピリピリしていたのですが、だいぶ落ち着いてレースに挑めるようになりました。それで力が出せるようになったのかなということと、交わされてから盛り返していく根性を見せてくれたので、本当に頼もしいですね」

    (騎乗した1週前追い切りについて)
    「すごい霧の中で馬も少し戸惑っていた面もあったのですけど、終いは本当に良い反応で、1週前としてはとても良い調教ができたと思います」

    (3000mという舞台、どのようなイメージを?)
    「皆多分、距離的にも長いと思いますし、条件は皆一緒です。この馬は血統背景からも多分距離は大丈夫なので、期待しています」

    (ある程度レースのイメージは決まっている?)
    「この馬のスタイルはだいたい決まっているので、そんなに深くは考えていないです」

    (今回も逃げる?)
    「多分、その形になると思います」

    (自身の年間最多勝の記録を更新して充実しているが、最後の一冠に挑む心境は?)
    「僕自身の記録というよりは、GI初制覇を、僕も馬に期待して頑張ります。本当に楽しみです」

    (この馬のどんな面を引き出したいか?)
    「長く良い脚を使えますし、持続してスピードを保っていられます。馬場が悪くなっても大丈夫ですし、3000mでも本当に楽しみですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「メンバー的にも混戦となる一戦だと思いますし、僕の馬にもチャンスは十分あると思うので、是非皆さん、応援してください」

    ■上原調教師

    (最終追い切りについて)
    「先週、津村ジョッキーに乗ってもらって、実質的な最終追い切りというか、少し強めの調教を予定通りやってもらいました。今週は馬の状態を見て、輸送も考慮して単走で直線気分良く走らせて調整するという程度でした。動きは良かったですね。先週も良かったのですけど、今週はよその厩舎の馬と直線ちょっと一緒になるようなところもありまして、丁度気分良く走れた感じでした」

    (前走は古馬相手の新潟記念だったが?)
    「古馬相手でどういう競馬をしてくれるかだったのですが、直線でも最後までしっかり走っていましたし、周りのプレッシャーにも動じず頑張ってくれて、次につながるレースをしてくれました」

    (ひと夏を越えての成長は?)
    「春先は精神的にも肉体的にも子供っぽいところがありました。ひと夏越えてだいぶ馬がしっかりして精神的にも大人になってきましたので、レースに集中できるような状態になっています」

    (そういう状態で3000mという舞台を迎えるが?)
    「元々血統的に距離は持つと思っていますし、レースで何回か乗っている津村騎手からは3000mも楽しみですというコメントもありましたので、距離等は心配していません」

    (あとは輸送など落ち着いてクリアしてくれれば?)
    「まだ若い馬なので輸送をうまくクリアして、レースで自分の力を出してくれればいいなと思っています」

    (津村騎手は逃げることになりそうと話をしていたが?)
    「そうですね、スタートが良くてストライドも大きくて先行できる馬なので、どうしても押し出される形になったりもしていますけど、逃げても先行集団にいても競馬ができる馬だと思いますし、スタートの感じや周りの状況を見ながら臨機応変にレースができると思いますけどね」

    (秋の最後の一冠に馬を送り出す心境は?)
    「クラシックレースは、1回しか出られないレースですので楽しみにしています」

    (改めて菊花賞への抱負を)
    「血統もこういう舞台で活躍できる配合の馬なので、あとは結果をうまく出してくれればと思っています」



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    秋華賞予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    ラビットラン角居師「この秋、一番能力が出せる状態」/秋華賞共同会見

    ■ラビットランに騎乗予定の和田竜二騎手

    ――ローズSを振り返ってください。
    和田 思っていた以上に鮮やかに勝ってくれました。流れが速くてこの馬に向きましたけど、芝が2回目で競馬自体もまだ半信半疑でした。上手に走ってくれました。改めて能力の高さを感じました。

    ――中京の500万下から続いての騎乗でした。
    和田 芝自体も乗り味が良くて軽い走りをしていたので、走りそうだな、と思っていました。強いですね。あまり乗ったことない乗り味です。楽しみがあります。

    ――あまり乗ったことのない乗り味、とは?
    和田 全身を使って走るんですけど、軽く上にピョンピョン飛んでいる感じです。スピードにもつながるし、余裕のある感じの走りをしているんです。素軽過ぎるくらい。あまり経験ないタイプだったので、こういう馬もいるんだな、と思いました。

    ――ラビットランの長所は?
    和田 決め手となる切れ味がありますね。

    ――京都の芝2000mとなります。
    和田 距離は前半から力が入ってしまうと心配ですね。コース形態が変わってきますが、基本的には先行有利だと思います。ロスのない競馬が出来ればと思います。

    ――位置取りで意識する部分は?
    和田 枠や流れによります。この馬のリズムを壊してまで位置を取るというのはないです。馬と相談しながら、力を出し切って結果を出せれば。

    ――和田騎手自身、今年(JRA)81勝でリズムもいいのでは?
    和田 おかげさまでいい馬に乗せてもらえる機会もありました。大舞台で結果を出したいですね。

    ――期待のほどは?
    和田 芝はまだ2戦でキャリアが浅いので未知な部分もあり、不安も楽しみもありますが、単に乗る部分だけではとても楽しみですね。まだ能力は測り知れないと思うので、どんな条件でもこなしてくれればと思います。

    ――最後に抱負を。
    和田 能力が高い馬です。力を出し切れるように頑張ります。

    ■ラビットランを管理する角居勝彦調教師

    ――ローズSを振り返ってください。
    角居 強いメンバーの中、ダートからいった馬ですからどれだけやれるのか、という感じでしたね。

    ――実際に凄い脚で来ましたね。どんな印象でしたか?
    角居 そうですね。こんなに走る馬だったのか、という感じです。

    ――その前の芝のレースではこれくらい走れるという感じはありましたか?
    角居 そんな感じはしなかったですね。

    ――調教について教えてください。10月4日、サロニカと併せて先行、先着という内容でした。
    角居 競馬はもう秋に走っているので、どれぐらい重くなっていないか、という確認だけでしたね。いい動きでした。

    ――5ハロンからラップを速めていく追い切りでしたが?
    角居 ちょっと頭が高い走り方をするので、後ろから突かれてどれぐらい我慢できるか、という感じでしたが、ちゃんと上手に走っていたと思います。

    ――10月9日にも坂路を52.8-12.8で上がっています。
    角居 そうですね。思いのほか、時計が速かったのですが。具合が良く、馬場が良かったからだと思います。

    ――そして今週、今朝の調教の意図は?
    角居 もう出来ているので、単走でやりました。

    ――坂路で時計は56.0-12.8でした。
    角居 いい調教だと思います。ちゃんと乗り手の言うことを聞いて上手に走ってきたように思います。

    ――最後の微調整もうまくいったと?
    角居 はい、そうですね。

    ――ダートでデビューして3戦目までダートでしたが、そのあたりは?
    角居 ダートの血統なので、オーナーと相談して決めました。

    ――そして、芝へということですが?
    角居 ダートの1400の混合レースを予定していたのですが除外されて(注:7月23日の中京8レース)芝のほうへ行かざるを得なくなった(注:7月22日の中京12レース)ので。棚からぼたもちですね(苦笑)。

    ――改めてラビットランの良さは?
    角居 スピードが溢れていますし、軽く走れていますし、非常に能力が高いと思います。

    ――春からの変化、精神面での成長があれば教えてください。
    角居 ちょっと線の細い感じがありましたが、この秋、競馬を使いながらドッシリしてきた感があります。ちょうどいい成長を迎えているのかな、と思います。

    ――秋華賞は京都の芝2000mです。
    角居 今までずっと後ろからの競馬だったので小回りではどういう競馬になるかな、という感じはしますが、その分、速く流れてくれるので折り合いは心配しなくていいかな、と思います。

    ――週末は雨予報ですが?
    角居 やってみないとわからないとは思いますが、意外にしっかり走れそうな感じはあります。

    ――最後にひとこと。
    角居 秋、順調にきていますし、また成長している感じはあるので。この秋、一番能力を出せる状態になっているので、しっかりいい競馬をして欲しいな、と思います。
    ディアドラ鞍上ルメール「最後の加速がめっちゃええです」/秋華賞共同会見

    ■ディアドラに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――先週、追い切りに騎乗し、初めてディアドラに跨りましたね?ディアドラの第一印象を教えてください。
    ルメール とても良いです。すごく乗りやすいです。コンディションも大丈夫。馬のフットワークとバランスがとても良かったです。息も合いました。この前(紫苑S)は楽に勝ちました。馬のコンディションは同じくらいか、秋華賞がベストかもしれない。

    ――この馬のVTRは見ましたか?
    ルメール はい。札幌(のHTB賞)では直線で併せましたね(注:ルメール騎手は2着のラヴィエベールに騎乗し、ディアドラと2頭で後続を3馬身半離した)。レースに行っては特に問題ないと思います。エンジンがかかるのにちょっと時間かかりますけど、最後は必ずいい脚を使っています。レースごとに競馬が上手くなっていると思います。オークスの4着も示すようにとても能力があると思います。

    ――この馬の強みは?
    ルメール 最後の加速がめっちゃええです。最後は大きなパワーを使うね。

    ――秋華賞のレースプランはいかがでしょうか?
    ルメール まだレースプランはありません。スタート、ペース、最初のポジションによります。でも、2000mで勝ったことがある馬だから距離はちょうどいいと思います。自在にポジションをとれるように思います。そして、直線を向いたときにいいポジションにいたいです。

    ――ルメール騎手は秋華賞を勝ちたいですか?
    ルメール もちろんです。春はオークスを勝ちました。今回はチャンスはありますが、一番人気ではないでしょう。だから、ノープレッシャーです(笑)。でも、とてもいいチャレンジャーです。もちろん勝ちたいです。

    ――チャンスの大きさは?
    ルメール ミディアム(中くらい)。でも、GIは勝てる馬だと思います。

    ――最後にひとこと。
    ルメール ファンの皆様、秋華賞を見てください。チャンスはあります。よろしくお願いします。


    ■ディアドラを管理する橋田満調教師

    ――紫苑S、素晴らしい勝ちっぷりでしたね。
    橋田 そうですね。ちょっと外を回ったんですけどね、強かったですね。

    ――毎回いい勝ちっぷりですね。
    橋田 そうですね。騎手の思ったように動かせるというのがこの馬の強みですね。

    ――夏休みを挟んでから連勝中ですね。
    橋田 順調に来れたということでしょう。

    ――先週の1週前追い切りはいかがでしたか?
    橋田 ルメールさんが乗って終いを伸ばすように指示したんですけど。乗り役の指示に従って動いてくれました。

    ――評価は?
    橋田 まぁまぁじゃないでしょうか。

    ――今朝の追い切りは?
    橋田 今朝も「終い追ってきなさい」という指示を出しました。時計は思ったより少し遅かったですが、馬場がちょっと重かったようです。動きは指示を出すとすぐに動ける馬なので、その指示のとおりの動きでしたね。

    ――今回は上位人気での出走となります。
    橋田 だいぶ実績を積んできたのでそうなるのだと思います。まぁ、(勝つ)確率は高まっているかな、と思います。

    ――桜花賞、オークスはメンバー中、上がり最速でした。
    橋田 桜花賞は最後方からでしたからね。オークスはもう少し前でしたね。どちらかというと1600より2000あたりのほうが距離が合っていますね。

    ――続いて、HTB賞、紫苑Sを選んだ理由は?
    橋田 本番(秋華賞)が内回りでコーナー4つですからね。そのあたりを意識したコースや距離のレースを選びました。もうひとつの理由は、(オークス終了時では)賞金的に出られるかどうかわからなかったので出走しました。

    ――想定どおりの臨戦過程ということでよろしいでしょうか?
    橋田 はい、ここまで予定どおりです。

    ――京都の芝2000メートルという舞台は向いていますか?
    橋田 2000mは向いていると思います。小回りがどうかというと、広い馬場のほうが競馬はしやすいと思います。

    ――道悪はいかがでしょうか?
    橋田 天候だけは私たちがどうこうできないので。桜花賞もだいぶ馬場が悪かったですがこなしてくれていますから。一度、もっと悪い馬場のときは走れなかったですけれども。ある程度の道悪であれば大丈夫だと思います。

    ――この馬のセールスポイントは?
    橋田 普段から牝馬のわりに堂々としています。それが競馬にいって余分な力を使わずに済んでいるように思います。

    ――馬体重はいかがでしょうか?
    橋田 ここまで13戦していますが、使いつつ体重も増えています。今回も今までの中で一番体重としては増えていると思います。それがいいのだと思います。

    ――最後にひとこと。
    橋田 3歳牝馬の最後のレースですから、スムーズな競馬をして力を出してほしいですね。

    ファンディーナ岩田騎手「馬の能力を信じて頑張ります」/秋華賞共同会見

    ■ファンディーナに騎乗する岩田康誠騎手

    ――まず、前走のローズSを振り返ってください。
    岩田 スムーズなレース展開でした。直線を向いて反応はあったので、上がりでそこから伸びると思ったんですが…。

    ――本来なら、伸びた?
    岩田 そうですね。あれから伸びる馬なんですけどね。

    ――馬体についてはいかがでしょうか?
    岩田 春に比べてひとまわり成長して、馬体が戻ったかな、と思いました。

    ――先週、今週と追い切りに騎乗されたときの感触は?
    岩田 先週の追い切りも反応は良かったです。今週のCWでの追い切りでしっかりと長めから負荷をかけられたと思います。馬場が悪い中、上がりもいい時計が出て良かったです。感触も良かったですし、レースにつながってくれればと思います。

    ――ひと叩きされて状態はいかがでしょうか?
    岩田 息の入りが良くなりましたね。仕上がってくれているんじゃないかと思います。

    ――京都の芝2000m、内回りでの競馬はいかがでしょうか?
    岩田 どういう競馬でもできる馬です。先行力もあります。

    ――相手関係はいかがでしょうか?
    岩田 GI馬もいますし強豪がそろっています。負けないようにレースをしたいなと思います。

    ――春先には岩田騎手ご自身から「名牝になる器」という声もあがりました。そのあたりは?
    岩田 そうですね。すごく力を秘めている馬で最後の一冠にチャレンジできるので、なんとかいいレースをしたいと思います。

    ――この馬のセールスポイントは?
    岩田 瞬発力ですね。本当に素直なレースをするので、力を出し切ったと言えるレースをしたいと思います。

    ――道悪はいかがでしょうか?
    岩田 上手というか、全然こなせるタイプだと思います。

    ――最後にひとこと。
    岩田 ファンディーナとともにチャレンジできるということは嬉しいですし、なんとか馬の能力を信じて頑張ります。

    カリビアンゴールド田中勝騎手「力のある馬で挑めるのは最高」/秋華賞共同会見
    トライアルの紫苑S(GIII)で2着に入って秋華賞出走を決めたカリビアンゴールド(牝3・美浦・小島太)。追い切り後に管理する小島調教師と田中勝春騎手の共同記者会見が行われた。

    ■小島太調教師

    (前走は惜しい競馬だったが?)
    「そうですね。うまく行っての勝負だったので、仕方ないですね。1回抜けたので、一瞬勝ったかなと思いましたが、優勝した馬は強かったですね」

    (前走後の調整は?)
    「函館を使って帰ってきてから、すごく順調です。飼い葉食いも良いですし、窮屈なところも全くなかったので、毎週順調に追い切りを消化してきました」

    (今日の追い切りについて)
    「かなり控えめに行こうと思っていましたが、力強い動きでしたし、最高のコンディションで持っていけると思います」

    (450キロくらいがベスト体重?)
    「厩舎にいる時は470キロ近くあるのですけど、レースに行くと極端に減りますね」

    (今回は関西圏への輸送になるが、馬体重は?)
    「前走と同じくらいの体重だと思います」

    (オークスに続いてのGIになるが?)
    「オークスは距離が不安だったんですよね。その通り、ちょっと長かったかなという感じでした。今回は守備範囲の距離なので、少しは期待しています。京都競馬場のコース形態も加味して、十分に戦えるレースだと思っております」

    (天候が崩れる予報が出ているが、渋った馬場は?)
    「体型からすると道悪はあまり良くなさそうだと感じています。ただ道悪を1回経験した時に、勝ったわけではないのですけど、ジョッキーが『道悪は下手ではないですね』と言っていたのが頭に残っているものですから、今の状態なら我慢してくれるのではないかなと思っております」

    (元ジョッキーとして、枠順は内外、どのあたりが?)
    「できれば内側が良いですね」

    (小島調教師は引退まで半年を切ったが?)
    「そういう特別な思いはないのですけど、彼女がここのところ急に大人っぽくなってきたので、そこに期待したいと思っております」

    (小島調教師自身、ジョッキーのラストシーズン、秋にGIを勝ったが?)
    「ジョッキーの時とは別ですから、そのようにはうまくはいきませんよね(笑)」

    (そのあたりは田中勝春騎手に任せる?)
    「勝春には気楽に乗ってくれということで。プレッシャーがかからないようにですね」

    ■田中勝春騎手

    (共同会見は久しぶり?)
    「ご無沙汰していますね(笑)」

    (力のある馬でGIに臨む気持ちは?)
    「力のある馬で挑めるのは最高ですね」

    (前走は大接戦で権利を取ったが?)
    「本当は1着を狙ったのですけど、結果は残念でした。負けを反省して、次どう乗ろうかなどいろいろ考えています」

    (カリビアンゴールドについて)
    「少し繊細なところがありますけど、春先よりも気持がすごく大人になってきているので、今はそれほど気を遣わなくなってきました。春シーズンはちょっと引っ掛かったりして折り合い面で不安なところもありました。気が少し散漫なので、集中力が切れると全く走らなくなってしまいます」

    (オークスの敗因は?)
    「あの馬なりに良い感じで走れていたと思いますが、あの頃は完成度がまだ少し足りなかったのかもしれませんね」

    (今回2000mになるが、適距離は?)
    「2000mはこなしてくれると思っています。前走も2000mで良い競馬をしていましたし、大丈夫だと思います。ここのところ惜しい競馬が続いていますし、今回は何とか勝ちたいなと思っています」

    (前走後の馬の様子は?)
    「先週乗って良い雰囲気で来ていますし、乗った時に安心しました」

    (どんなレースを?)
    「やはり折り合い重視で、スムーズな競馬をしたいです。これは競馬の基本ですけどね」

    (小島調教師は気楽に乗ってほしいと話していたが?)
    「伸び伸び乗せてもらっていますよ(笑)」

    (小島厩舎にとっても最後の秋シーズンになるが?)
    「それもありますし、何とか良い結果を出したいです」

    (強いメンバーが揃っているが?)
    「相手は強いですけど、この馬も良くなっているので、その辺で何とか頑張ります」

    リカビトス奥村武師「早くからこのレースを目標に」/秋華賞共同会見
    重賞出走経験がないとはいえ、3戦全勝でGIの舞台に臨むリカビトス(牝3・美浦・奥村武)。坂路での最終追い切り後、管理する奥村調教師が共同記者会見に臨んだ。

    (まずリカビトスについて)
    「若い頃からなかなかバネが良くて非凡な才能を持っていると思っていましたが、体質が弱いところがあって、調教にしても競馬にしても1回1回ダメージがかなり大きく、回復にも時間がかかるので、なかなか競馬を使い込めない馬ですね」

    (GIを意識するようになったのは?)
    「新馬の勝ち方もかなり良かったのですが、それを強く感じたのは2戦目の平場の500万を勝った時です。500万にしては相当メンバーが揃っていましたし、その時も久々だったので、ジョッキーとは次につながるように終いから脚を伸ばしてどこまで来れるかと話をしていたのですけど、まとめて全部差し切ってくれたので、ちょっとこの馬は…と思いました」

    (素質はあるが、成長途上でもある?)
    「体はデビュー時からほとんど変わっていません。だいぶ体質は強くなってきているのですが、まだ本気で鍛え上げるというところまではいけていないので、来年、再来年はもっと良くなるのではないかと期待しています」

    (前走後のケアは?)
    「レース後のダメージは結構あったので、ノーザンファーム天栄さんの方でケアしてもらって、ここまでじっくり時間をとりました。何か加療していくというよりは、時間をかけてきちっと疲れを取るということをまず優先して立ち上げてきました」

    (帰厩後は?)
    「やはり調教後のダメージはだいぶ楽になってきているので、大人になってきていると感じます」

    (今朝の追い切りについて)
    「前に行っていた馬のテンが速かったので、前半オーバーペースではあったのですけど、終いまでしっかりした脚取りで走って来れたので、良い内容だったと思います」

    (関西への輸送については?)
    「やってみないとわからない部分はありますが、デビュー戦で新潟に行った時も体が減ってしまうのではないかとだいぶ心配したわりには、こちらにいる時よりむしろ増えているぐらいでした。精神的な部分ではドシッとしたところがある馬なので、あまり心配はしていません。(馬体重は)あまり大幅に減るようならプラスではないと思うのですけど、410キロ台後半くらいであれば、特に大きな問題ではないと思います」

    (スタートも含めてどのようにレースを進めていきたい?)
    「スタートはあまり速くはないので、恐らく後ろからの競馬になると思うのですけど、前半急かさずにそれなりに流れてくれるようなメンバー構成ではあるので、一発狙って乗ってもらうように話はします」

    (テン乗りになる浜中ジョッキーとは打ち合わせを?)
    「京都の2000mのこの秋華賞で、後ろから行って差し切るような内容で勝っているジョッキーですから、よくわかっていると思います」

    (週末雨予報が出ているが、馬場については?)
    「軽いタッチで走る馬なので、(道悪は)プラスではないと思います」

    (師としてもGIの舞台に胸躍るところがあると思うが?)
    「やっぱりワクワクします。条件戦ですけど、負けたことのない馬ですからね。元々、春2勝目を挙げた時に、オークスなどいろいろ選択肢があったのですけど、まだ体質の弱さがあって、春のクラシックに間に合わせるには馬が可哀想なところがあったので、早い段階から秋のこのレースを目標にどう戦っていくかを牧場と厩舎とで頭使ってずっと考えてやってきました。

     秋華賞の前に紫苑Sを使うのが常識的だと思うのですけど、何度も言っているようにレースのダメージが大きい馬なので、トライアルから秋華賞というのは考えにくかったですし、早い段階で3勝目を挙げておいてここまで時間を取るというプランで来ていました。その通りに来ているので、やはり期待はしますね」

    (この馬の末脚同様に、その逆算が今回ピッタリ合うかどうか?)
    「そんなに甘くはないと思いますけど、強い相手に胸を借りてどこまで足りるのかを見てみたいと思います」

    アエロリット菊沢師「馬は本当にリラックスしている」/秋華賞共同会見

     春にはNHKマイルC(GI)制覇し、夏の札幌のクイーンS(GIII)では古馬を退けて優勝したアエロリット(牝3・美浦・菊沢隆徳)。坂路での追い切りを終え、管理する菊沢調教師の共同記者会見が行われた。

    (今朝の追い切りについて)
    「先週、結構良い稽古をしていますし、今週は輸送を控えていますので、どちらかというと若干物足りないかなぐらいの感じで仕上げたいなと思っていました。 馬をリラックスさせて北馬場で調整して、それから坂路で追い切りました。坂路では最後2ハロンを集中して走ってくれればいいなという感じでした」

    (追い切り後の馬の雰囲気は?)
    「馬は本当にリラックスしていまして、坂路を駆け上がった頂上で息も乱れていなくて、平然と歩いていました」

    (ここまでは青写真通り?)
    「そうですね、十分じゃないかなと思っています」

    (夏に1回、北海道で競馬を使った理由は?)
    「NHKマイルCを勝った時点では、秋にどのレースを第1目標にするのかはまだ決まっていませんでした。秋に向けて、札幌のクイーンSでコーナー4つと1800mの距離をこなすのであれば秋華賞、こなせないようであればマイル路線、また右回りがあまり良くなかったら東京という選択肢がありまして、それを判断するためにクイーンSを選択しました」

    (そのクイーンSは素晴らしい内容だったが?)
    「北海道の牧場でも十分乗り込んでいましたし、2週間程度札幌に滞在して、追い切りもすごく良い動きをしていました。この状態でクイーンSに臨んで、どのような結果が出るのか楽しみにしていました」

    (馬体重もかなり増えていて?)
    「成長分もあると思います。輸送もありませんでしたが、追い切り後の体の増え方は、僕もビックリするような増え方でしたね」

    (重め感もなかった?)
    「そうですね。負けたら重めのせいにしようとかなと思っていたのですけど(笑)」

    (わりと速いペースで先行して、結局そのまま逃げ切ったが?)
    「稽古は私が乗っていたので、その時の雰囲気、気合いの感じと枠順を見て、スタートが互角であれば無理せず前に行っても良いですよという話は(ジョッキーに)しました」

    (今後のレースでも先行して押し切るという戦法が大きな選択肢になる?)
    「距離によっても変わってくると思うのですが、1800m、2000mなら、互角のスタートを切ればあの馬のペースならおのずと前めにいるのかなという気はします」

    (クイーンS後はノーザンファーム空港牧場へ、9月14日に美浦に帰厩しているが?)
    「クイーンSの疲れ具合をノーザンファーム空港牧場で判断してケアしてもらいました。幸い回復具合がとても早くて、これでしたら十分牧場で立ち上げていって構わないですね、という話をしていました。帰厩に関しては、ある程度関東地方が涼しくなった頃を見計らって、また秋華賞に向けて十分美浦で調整できる期間を設けたいと思いまして、その時期に戻しました」

    (帰厩後も順調に)
    「そうですね、北海道からの輸送の疲れも2.3日で回復しまして、徐々に段階を踏みながら稽古をしてきたつもりです」

    (春とどこか変わった点は?)
    「牧場にいる時もしょっちゅう見に行っていたのですけど、その何週間の間でも随分背が高くなったなと。春先と比べて、跨る時に見上げなければならないほど背が伸びましたね。春先は要所、要所で走りたがる面を出していましたが、今はコンタクトが取りやすくなりまして、馬も理解してきていますね」

    (前走増えていた馬体重だが、今回は?)
    「あまり気にしてはいないのですけど、恐らく今の体重と輸送を考えると、多分マイナス体重で出るとは思います。北海道では輸送もありませんでしたのでね」

    (メンバーが揃っている中で、この馬もGIホース、非常に気合いが入ると思うが?)
    「2000mですし、人間に気合いが入っても、馬はあまり気合いは入ってほしくないなと思っています。他の馬たちはオークスなりトライアルなり、2000m以上を経験しているわけです。アエロリットはまだ1800mまでで、2000mという初めての距離ということで、期待もありますけど不安もあります」

    (レースのイメージは?)
    「競馬なので何があるかわかりませんので、体調良く出走させて、この馬のリズムで走れればいいなと思っています」

    (あとは横山典弘騎手の感覚で?)
    「ジョッキーもデビュー前から乗っていますし、馬の成長具合も感じているでしょう。その辺はジョッキーに任せます」

    (横山典弘騎手がダイワスカーレットみたいな馬になってほしいというコメントをしていたようだが?)
    「ダイワスカーレットは本当に名牝ですから、ちょっと言い過ぎではないかと思いましたけどね。現場としては冷静に努めたいと思います」

    (馬場状態や枠順は?)
    「枠順に関しては出てみないとわかりませんし、ジョッキーとも枠順が出てからという話はしています。馬場に関しては、少々雨が降って柔らかい馬場の方が馬のためにもいいかなと思っています」

    (最後に一言)
    「秋華賞でアエロリットの成長した姿、また力強い走りを見て頂きたいと思いますので、応援よろしくお願いします」




    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ