競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:共同会見

    皐月賞予想|2018年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken













    うまコラボ
    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    kyodoukaiken














    『ヤフーニュースより引用』


    ワグネリアン福永騎手「馬の力を100%発揮できるように努めたい」/皐月賞共同会見

    ■ワグネリアンに騎乗予定の福永祐一騎手

    ――ダノンプレミアムと対決した弥生賞を振り返ってください。
     福永 結果としては完敗でしたけど、ちょっと間が開いていましたので馬自身は結構気負っていましたし、返し馬が終わってもなかなか落ち着いてくれなくて。ゲートの中でも珍しくちょっとうるさい面をみせていましたのでね。正直、あの精神状態の中でよくあれだけの走りをしてくれたな、と思いました。


    ――逆に「こんなもんじゃない」という気持ちがご自身の中にあるということですね。
     福永 レースを経験するごとに前進気勢が強くなってきた面がありましたので、コーナーが4つの2000mでそういった面がどう出るかな、というのがありましたし、ましてあのテンションの中だったのでいいレースが出来ないんじゃないかなと思っていたんですけど。実戦では一番リラックスしていましたし、今までで一番いい道中の走りを見せてくれましたのでね。そこは不思議な馬でしたね。あれだけテンションが上がればレースでもガーッとムキになったりするんですけど、非常に上手に走ってくれました。


    ――ギアの入りが遅いという話もありますが、そのあたりは?
     福永 初戦からずっと3連勝で勝ってはいましたけど、なかなかエンジンのかかりという面に関しては変化が見られていなかったんです。でも、中山の短いコースでどういった加速が出来るのか。それは見たかった部分ではあったんですけど、想像どおりの加速の遅さでしたよね。4コーナー手前でステッキを入れましたけど、あまりそこでスッとは反応しなかったですし。皐月賞では当然ペースが変わるとはいえ、そこはひとつの大きな課題であることには変わりないですね。皐月賞を勝とうとするに当たっての大きな課題なんじゃないかな、と思います。


    ――かといってポジションを取りに行くというのは難しい馬ということですよね?
     福永 簡単にできるなら、もうやってます(苦笑)。


    ――調教について教えてください。先週は併せ馬で追い切られました。
     福永 リードホースのペースが少し遅かったのでゴールしてからもう1ハロン、時計にはなっていないですけど加速させておきました。表示されている時計よりは、もう少し強い負荷をかけました。


    ――状態面はこれまで乗った中では?
     福永 いいんじゃないですか。馬体のハリもいい。何より、前進気勢の強さが調教でも表れていたんですけど、そこを修正して欲しい旨をスタッフに伝えていたところ、本当にうまく修正してくれたんです。コントロールがさらに効きやすくなっているし、それに伴ってより良いフォームになっていますので。その辺はさすが友道厩舎だな、と思いました。


    ――非凡なものを持っている印象がありますが、そのあたりは?
     福永 加速するまでに時間はかかるのですが、加速してからの伸びが非常にいいですね。どうしても直線の長いコースのほうがベターなんですけど、中山でも坂を上ってから加速していきましたからね。トップギアに入ったときの軸のぶれなさというのがこの馬の一番のいいところですね。体幹が強いです。


    ――今回、多頭数ですがこれも課題でしょうか?
     福永 そうですね。でも若い馬なので、経験していない状況がたくさんありますから。まして、今週末は雨予報です。雨馬場も阪神で経験してるんですけど、スローペースの重馬場でした。今回のペースはおそらくそんなにスローにはならないでしょうし、厳しいタフな競馬の中で馬場が悪い、頭数が多い、直線短い…。そういった今までにないタフな状況になると思います。

    でも、これはどの馬も同じ条件です。そこを乗り越えられた馬が大きな栄冠を手にできるのだと思います。僕はワグネリアンに関してはそれができるポテンシャルがあると思っていますし、信じて一緒に頑張っていければと思っています。

    ――最後に抱負を。
     福永 とにかく馬が順調に来れているというのが何よりです。スタッフも本当にワグネリアンを良くするために尽力してくれています。応援してくれている人たち、関係してくれている人たちの期待に応えるためにもベストの騎乗が求められると思います。具体的なことは枠が当たってから決めていきますが、あの馬の力を100%発揮できるように努めたいと思っています。


    ステルヴィオ木村師「日ごとに活力が出てきた」/皐月賞共同会見

    トライアルのスプリングS(GII)に勝って皐月賞(GI・中山芝2000m)に臨むステルヴィオ(牡3・美浦・木村哲也)が、ウッドチップコースで併せ馬で追い切りを消化。追い切り後に、管理する木村調教師の共同記者会見が行われた。


    (最終追い切りでチェックしたかった点は?)
    「いつも通りに走れるのか走れないのかというところです。ちょっと伝わりづらいんですけど」


    (いつも通りで?)
    「いつも通りだったと思います」


    (ハナ差の勝利だったスプリングS後の馬の様子は?)
    「厳しい稽古を積んで厳しい競馬をしましたので、その後どうなるのだろうとは思っていたのですが、日ごとに活力が出てきたかなという感じでした」


    (少し疲れはあった?)
    「終わってみたらそうでもなかったという感じです」


    (そこから今週までの調整過程は青写真通り?)
    「生き物なので毎日表情も気分も違いますし、明日の調教をどうしたらいいかと考えても明日になってみないとわからないだろうと。そういうポリシーというか、考えでやっていますので、これは青写真になるのかどうか半信半疑なのですが、健康に楽しく来ているような気がしています」


    (馬には大舞台に向かっていけそうな雰囲気がある?)
    「元気はあるのではないかなと思います」


    (ダノンプレミアムが回避したが?)
    「ダノンプレミアムにトラブルがあったというニュースを初めて聞いた時には、私自身すごいショックでした。とても大変なことだと思いましたし、逆もあり得るわけで、先方のオーナー、先生はじめ厩舎関係者の皆様の心中を察すると、正直にチャンスが来たとかそういう心境にはなれなかったですし、今もそれは変わっていないですね」


    (そのライバルのためにもここはベストパフォーマンスをという心境?)
    「僕はあの馬(ダノンプレミアム)のことをリスペクトしていますし、歴史に残るような素晴らしい馬なのではないかなと思っています。軽々しく言えないですけど、その名を汚さないためにも変な競馬はできないと思いますよね」


    (初めての2000mになるが?)
    「正直わからないですね。よく聞かれますし、種馬のことも含めてどうなのかというのは大きいのでしょうけど、あまり不安はないと思っています。1800mよりは2000mの方がステルヴィオにとっては楽なのではないかなとは思っているのですけどね」


    (具体的にどのあたりが楽に?)
    「スプリングSの時は、わりと良いスタートが切れて最初のコーナーに入る時からリズムに乗れていたのですけど、それが2回連続してできるという自信が僕自身ないので、マイナスな方向に行った時にリカバリーできるのは2000mの方かなと、そう思っています」


    (皐月賞の走りを見てその先を考える?)
    「言えればいいのですけど、正直そんなにキャリアがないので、その先がこうなっていくはずだというのは、さっきの言葉じゃないですけど青写真を描けるほど経験がないというか…、それは辛いところなんですけど。

      逆に言うと新馬だろうが未勝利だろうがGIだろうが、どの馬に関してもそうなのですが、その都度その都度、その馬の良い状態でレースに臨めるように普段からしているので、それは今回も変わらないです。その先というよりも、今週の日曜日にトップコンディションでステルヴィオが臨むにはどうしたらいいかということを逆算して仕事をしたいなと思っています」


    (先入観なく自然体で?)
    「自然体でできればいいんですけどね(笑)」


    (若干の緊張も?)
    「やっぱりしんどいですよ。しんどくなっているんでしょう、多分」


    (レースはルメール騎手に託す感じで?)
    「いつもどのレースでもレース前に話はするんですけど、基本的にはどういうイメージかを聞いて、こういうイメージですという答えが返ってきて、それに対してお願いしますと言っています。今回も変わらずそうなると思います」


    (新種牡馬ロードカナロア産駒、先週のアーモンドアイが桜花賞に勝った勢いもある?)
    「すごいですよね。やっぱり強いなと思っていますし、もしかしたらこれから日本の生産界を背負っていく種馬になる可能性も当然出てきているわけなので、そのお父さんの名も汚してはいけないだろうとは思います」


    (この新種牡馬の序盤の代表産駒としての活躍も期待?)
    「はい、頑張ります」


    タイムフライヤー内田騎手「スタミナがありそうですね」/皐月賞共同会見


    ――過去、ホープフルSで対戦(内田騎手はワークアンドラブに騎乗)していますね。その時のタイムフライヤーにはどのような印象を持ちましたか?
     内田 (対戦したときは)いい感じでハミをとり、勝ったときは馬群をさばいてなかなか強い勝ち方をするな、と思いました。


    ――そして、今朝の最終追い切りで実際に騎乗されましたね
    内田 はい。初めて騎乗しました。追い切りは3ハロンぐらいから併せ馬で並んでいくかたちで、最後はどれくらい伸びるか感触を確かめてくれと言われました。結構気が良さそうだったので1馬身くらい離れて進み、4コーナー手前くらいで併せ馬のかたちになりました。すごくいい伸びをしてくれたな、と思います。


    ――さすがGI馬だな、という印象でしょうか?
     内田 はい。時計も速かったと思います。最後までしっかり走れてます。あれ以上はしっかりはやらなくていいかなというくらいの走り。長めからいってあれだけ動ければ状態はいいと思います。


    ――どのあたりがいいところだと感じましたか?
     内田 スタミナがありそうな感じがしましたね。


    ――長くいい脚が使えるイメージでしょうか?
     内田 うまく馬群をさばいて4コーナーでいい位置に楽についていければ十分(結果が)いいところにあると思います。


    ――レースが流れて欲しいな、というイメージでしょうか?
     内田 GIなので流れるか流れないかはやってみないとわかりませんが、なかなか流れるのは難しいかなと自分は思っています。GIなのでみんな1コーナーで位置が決まったらペースが落ちるような気がしないでもないです。それは頭に入れて、自分の枠順を考えながら自分が一番いい位置になるようにレースをしたいと思います。


    ――枠については出てみないとわからないですが、どうでしょう?
     内田 そうですね。あとは馬場がどうなるかですね。雨が降って馬場がもっと悪くなるのか、天気もあまりよくないと聞いていますし。でも、それも今年出る馬の運じゃないですかね。雨を味方にする馬もいるでしょうしね。


    ――ゴールドシップで勝った皐月賞では雨を味方につけましたね。
     内田 そうでしたね。僕はゴールドシップで勝たせてもらいましたので、皐月賞についてはある程度のイメージはつきますし。あとはタイムフライヤーも中山を勝っているので、そのイメージを持ってレースに行きたいなと思っています。


    ――人馬ともに同舞台のGIを勝っているのはアドバンテージになりますか?
     内田 そうですね。それは自信になるひとつの要因だと思います。


    ――もし叶うならば、希望する枠順などはありますか?
     内田 あまり枠のことは考えないようにしています。確かに(競馬場によって)内がいいとか外がいいとかいろいろありますが、それを考えすぎて嫌なイメージを持っている枠が当たったらダメージを受けると思うのです。どの枠でもこの馬は競馬ができると信じてあげるのがジョッキーの役割だと思っています。なので、あまり枠順にはこだわらないように自分に言い聞かせています。


    ――調教を終えて松田師と話をしましたか?
     内田 はい。この馬の特徴や走り方を細かく僕に伝えてくれました。先生のGI馬を出走させる想いと厩舎スタッフの想いもあるのでその責任と、馬券を買うファンの方、牧場の方々…みなさんの注目と期待に対して、僕は恥ずかしくないレースをしたいと思っています。


    ――最後に抱負を。
     内田 皐月賞、ダービー、菊花賞とクラシックが続きます。このクラシックレースには限られた馬、限られた騎手しか出れません。騎手としてこの場所で乗れることを誇りに思い、責任を持って挑みたいと思います。また、ファンの方に「今年の皐月賞は凄かったよ」と思われるようなレースをできればと思っています。


    ジャンダルム武豊騎手「思い切って乗りたいですね」/皐月賞共同会見

    ■ジャンダルムに騎乗予定の武豊騎手


    ――ホープフルS、弥生賞を振り返ってください
    武豊 (ホープフルSは)2000mは初めて、輸送も初めてでどういう走りをするかな、と思っていました。レース前に少しイレ込んでいたし、レース中も少し力んでいて若干折り合いを欠くところがあったんですけど、次の弥生賞では両方とも改善されていていいレースができました。弥生賞は着順こそ落としてしまいましたが、スッと折り合いもついていい内容でした。


    ――ホープフルSで折り合いを欠いていたというのは?
     武豊 1600mを2回走って(2000mは)初めてだったので馬にも戸惑いがあったと思います。ただ、そんなにもともと気性的に難しい馬ではなく、どちらかというと乗りやすいほうに入る馬だと思います。


    ――新馬をデビュー勝ちした時からビリーヴの仔ということで距離を不安視する声がありますが?
     武豊 母のビリーヴはスプリンター、これまでの兄弟も短距離で活躍する馬が多かったですね。でも、母にも兄姉にも乗りましたが、この馬はちょっとタイプが違うなとデビュー前に乗った時から思っていました。

    デビュー戦は1600mよりもっと延びてもいいなという感覚で乗っていました。距離に関しては僕は周りに言われているほど気にはしてないですね。ビリーヴについては、見た目も乗り味もバリバリのスプリンターという感じではなくて、非常にきれいな馬で乗り味もしなやか。いいスピードを持っていて、とてもいい馬という印象が強く残っています。


    ――ジャンダルムのどのあたりに素質を感じていますか?
     武豊 乗った感触がすごくいいですね。乗り味がいいとよく言うんですけど、本当にきれいな走りをする馬ですね。一戦ごとに馬の成長を感じていますし、今日の追い切りもすごく良かった。デビューからここまでは順調に来たと思います。デビュー戦のとき「僕は来年、この馬とパートナーを組むだろうな」と思っていたんですが、現実になって嬉しいですね。


    ――追い切りに騎乗されていましたが、感触は?
     武豊 ここ2週、割としっかりやっています。今日は800mからですけどラストは伸ばしてくださいということだったので相手を見ながら伸ばしました。距離もちょっと短め、朝の開場一番の走りやすい馬場状態だったにしても、ゴーサインを出そうとした瞬間に馬が反応してくれましたから。いい動きだな、と思いました。


    ――これまでの調教の中でもいい動きでしたか?
     武豊 これまで僕が乗った中では明らかに一番いい動きでしたね。


    ――中山の2000mは3回目になります。皐月賞のポイントは?
     武豊 3回連続で同じ条件で走れるので、そこはプラスにしたいなと思いますし、そういう乗り方をしたいと思っています。中山の2000mというのは、この馬にとっては悪い条件ではないと思いますね。


    ――弥生賞3着のときはダノンプレミアムをどう負かすかを考えていたのでしょうか?
     武豊 そうですね。直接一緒に走ってかなり強いなと思いましたから。


    ――ダノンプレミアムは出走回避となりましたね。
     武豊 まだ数日あるのでどうなるかわからないですけど、ジャンダルム自身は最終追い切りまでは順調に描いたとおりに来ています。十分クラシックを勝ってもおかしくない馬だと僕は思っていますので楽しみですね。


    ――週末は雨予報ですが?
     武豊 うーん、ちょっとあまりイメージできないんですけど。どうなんですかね。できれば、あんまり悪い馬場ではやりたくないなというのが正直ありますけど。でも、これは走ってみないとわからないですね。まったくダメな感じもしないですし。うーん、なんとも言えないですね。


    ――晴れて欲しいですね。
     武豊 与えられた馬場でやるしかないので、それは僕が考えても仕方ないです。


    ――最後に抱負を。
     武豊 非常に素質を感じる馬ですし、いい感じで皐月賞本番を迎えられそうなので思い切って乗りたいですね。


    オウケンムーン北村宏騎手「今の時点でどのくらい通用するのか」/皐月賞共同会見

    桜花賞でアーモンドアイ(牝3)が優勝して勢いに乗る国枝栄厩舎。今週はオウケンムーン(牡3)で皐月賞制覇を狙う。追い切り後に国枝調教師と北村宏司騎手の共同記者会見が行われた。


    ■国枝調教師


    (先週のアーモンドアイに続いて今週も期待を?)
    「私の方は意気込んでいますけど、オウケンムーンの方は大して意気込んでいないです」


    (前走の共同通信杯に勝ってからおよそ2か月あいているが?)
    「どちらかというと男馬というよりは女馬に近いような感じなので、あまり太くもならないですし、いい意味で平行線で変わらずに来ました」


    (在厩調整だったが、これまでとの仕上げ方に違いは?)
    「そんなには変わらないですけどね。ただ(馬自体が)まだまだの感じなので、オーバーワークにならないようにゆっくりゆっくりという感じで仕上げました」


    (まだ幼いところがある?)
    「多分、この馬が良くなるのは古馬になってからと思っていますし、現状では良く走っているかなという感じです」


    (まだこれからの馬がここまで4戦3勝だが?)
    「競馬に行って普段見えないところというのか、能力が発揮できているのではないかなと思いますけどね」


    (今朝の追い切りについては?)
    「あまりやり過ぎないように、ただきちっとした形でやりたいと思いましたので、前に2頭置いて終い内から並ぶという内容でした。時計的にも丁度いい感じでしたし、ジョッキーも満足していましたので、いい最終追い切りだったと思います」


    (6番人気の前走、どのくらいの期待を?)
    「そこそこはやるんじゃないかなとは思っていたのですけどね。ただ1頭強いのがいましたし、我々が思っていたよりはちゃんと走ってくれました」


    (2月上旬の前走から、皐月賞直行はすぐに決まった?)
    「そうですね、先ほども申したようにあまり頼りがいのあるような感じではないですから。それともう1つはオーナーサイドからできるならダービーにというのがありまして、ダービーにいい恰好で臨みたいなというのもありましたので、間はレースを使わなかったです」


    (ダービーに向けて消耗を少なく、上積みを重ねながら向かっていきたい?)
    「その通りですね」


    (オウケンブルースリの数少ない産駒、距離的なものも含めて馬体の印象は?)
    「少し首が短くて詰まったような感じで、やはり幼いなという感じはしますが、頭が高いというか前が浮いているので、あまりロスなく走れているのではないかと思いますよね。トモの推進が前にうまく出せているのではないかなと思います」


    (そのあたりは昨年デビューの頃から同じように?)
    「そうですね、最初のうちは少しフラフラというところもあったのですけど、未勝利を勝ったあたりから首の座りというのですかね、それがだいぶしっかりしてきたなとは思っています」


    (466キロでデビューして前走は458キロ、間があいた今週末はどのくらいの馬体重になりそう?)
    「見た目はすごく張りがあっていい感じですけど、実際計ってみるとそんなに変わっていないので、前回と同じくらいではないかと思っています」


    (あとはレースまでに馬の意気が上がってきてほしい?)
    「これで馬がいわゆるレースモードというんですかね、少しヤル気を出してくれればと思っています」


    (これまでのレース当日は?)
    「あまり変わってこないのでね、ヤル気あるのかなというふうに思っているんですけどね。でもかえってその方がいいかもわからないですね」


    (それでここまでの成績も出しているが?)
    「ちょっと面白い馬ですね」


    (アーモンドアイとは全然違う?)
    「アーモンドアイは牝馬ですし、やるべきことはもうわかっているというか、普段の捌きもいいですしね。でも競馬に行けばオウケンムーンもちゃんとやってくれると思います」


    (馬場や枠の希望は?)
    「中山で少し馬場も荒れてきていますしね、週末も天気が崩れそうというところもあるので、そのあたりは北村ジョッキーがうまいことエスコートしてくれればと思っています。できれば良馬場がいいですけど、道悪もこなしてくれるのではないかとは思っています」


    (先週から俄然混戦模様に?)
    「そうですね、皆さん密かに狙っているのではないですかね」


    (先生もそのお一人で?)
    「そうです(笑)」


    (国枝先生には2週連続GI制覇がかかっているが?)
    「硬くなっております(笑)。頑張ります」


    ■北村騎手

    (普段からオウケンムーンと密にコンタクトを取っていると聞いたが?)
    「いつも国枝厩舎の調教に乗っていますので、うまく(スケジュールを)組んでもらっています」


    (最終追い切りで確かめたかったところは?)
    「先週少し強めに追い切りをしたので順調に来ているのか、そしてコンタクトをとれればなというイメージで乗りました」


    (3頭併せの内での追い切りの感触は?)
    「それほど速い時計でやる予定ではなかったので、余裕を持って追走できて、落ち着いた走りで良かったです。順調に来ていると思いました」


    (この中間の馬の変化は?)
    「大きくは変わらないと思いますが、いい意味で落ち着いて調教を毎日こなしてくれていました。そんなに体が増えていくタイプではないですし、普段リラックスして走っていてくれていたのは良かったです。毎日健康に過ごしている感じでした」


    (共同通信杯を振り返って)
    「期待していましたけど、期待以上に内容のあるレースでした」


    (クラシックの登竜門の共同通信杯を勝ったが?)
    「徐々に相手も強くなってきますし、まだやっていない相手もいますけど、ひとまず結果がついてきてくれたので良かったです」


    (相手が強くなる皐月賞でどのようなレースを?)
    「ある程度コントロールがきく馬ですし、冷静に走ってくれるので、レースではそんなに心配していません。ただやはり相手が格段に上がってきますので、今の時点でどのくらい通用するのかという気持ちではいます」


    (スタートセンスやポジションを取りに行く速さは?)
    「スタートは並に出てくれますし、反応良くは動いてくれるので、乗りやすいですね」


    (好位で競馬を?)
    「馬場や枠順、相手もいるので、その辺はどうなるか読めない部分はあります」


    (中山の馬場はやはり荒れてきている?)
    「そうですね。今週雨予報も出ていて、レースごとにどんどん馬場状態も変わっていくと思いますので、当日皐月賞までいろいろ見ながら考えたいと思います」


    (距離が延びてもいいタイプ?)
    「決して効率の良い走法ではないのかなとは思うのですけど、それがあの馬の普通のフォームなのでしょうし、特に矯正はしてこなかったのですが、頭が高くても上手に走ってくれて、息遣いも良いのでうまく対応してくれると思います。今のところ流れに乗ってレースができているので、(距離の)対応力はあるのかなと思います」


    (皐月賞の走りいかんでその先にダービーも見えてくると思うが?)
    「まずはこのレースをきちんと走れるように乗りたいと思います」


    ジェネラーレウーノ田辺騎手「可能性があって伸びしろがある馬なので楽しみ」/皐月賞共同会見

     1月14日の京成杯(GIII)に勝利して以来のレースとなるジェネラーレウーノ(牡3・美浦・矢野英一)が、田辺裕信騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切り後、管理する矢野調教師と田辺騎手が共同記者会見に臨んだ。

    ■矢野調教師

    (今朝の追い切りのコンセプトは?)
    「皆さんもご存知の通り集中力に問題のある馬なので、帰厩後はそういった集中力などをフワつかせないような調教を心がけて今日に至っています」


    (3頭併せの真ん中から力強く抜け出してきた印象だが?)
    「真ん中に入れて後ろからのプレッシャーもかけつつ、馬をどんどん前に行かせるという調教をやってみました」


    (印象は?)
    「前回のように止まってしまうようなところはなかったです。帰厩後もそういった面は見せないで淡々と走っているというイメージはあるのですが、騎手からは好感触だったと聞いています」


    (ここまでは理想通りの仕上がり?)
    「そうですね」


    (前走の京成杯を振り返って)
    「よく勝ってくれたなと思っています。このレースから着けたチークピーシーズがききすぎたような素晴らし過ぎる発馬だったので、引っ掛からなければいいなと思っていたのですけど、うまいこと騎手も乗ってくれてホッとしています」


    (前走からここまで間隔があいたが?)
    「クラシック参戦をするのであれば、無駄な消耗をさせない方がいいのではないかとオーナーサイドとの話し合いのもと、今回に至っています」


    (前走後は?)
    「ノーザンファーム天栄に放牧に出して調整をしています」


    (先生も牧場に見に行っていたと思うが?)
    「3か月も休ませていましたし、牧場でもしっかりと調整をした上で馬が少し成長し力強くなっているなと、そういう目では見ていました」


    (青写真通りの美浦への帰厩で?)
    「もちろんです」


    (帰厩後も順調に調整は進んだ?)
    「すべて順調にいっていると思っています」


    (馬体重は?)
    「516キロくらい中間はあったのですけど、恐らく若干のプラスもしくは変わらない状態では挑めるかなという感触は持っています」


    (京成杯で勝った中山2000m、改めて戦法は?)
    「先行馬が結構いるみたいなので、前走の騎手のコメントのように逃げる馬がいればそれを目標にという形にはなると思いますが、ここまで来たら騎手に任せたいと思います」


    (先生自身の皐月賞への思いは?)
    「牝馬では桜花賞など2回挑戦させてはもらっていたのですけど、また違う意味ですごくいい緊張感を持たせてもらって、この馬には感謝しています」


    (皐月賞からダービーへということを考えつつの今週末になると思うが?)
    「距離延びていいタイプだと思いますし、週末は雨が降るみたいなので、ダービーも雨が降らないかなと思っています」


    (馬場が渋った方が?)
    「課題は集中力だけで、力は結構ある馬なので、重馬場もいいのではないかと思っています」


    (今回の馬具装着予定は?)
    「前走と同じでチークピーシーズのみです」


    ■田辺騎手

    (今朝の追い切りについて)
    「競馬でも調教でもちょっとフワッとする、何と言うのですかねえ…。気難しいというよりは不思議な馬なのですが、今日はわりと素直に走り切ってくれました。もっと何かするのではないかと僕は思っていたのですけど、普通に淡々とメニューをこなして、それはとても良かったですね」


    (調教師は集中力を課題に挙げていたが?)
    「調教も競馬も動くいい馬ですし、やれば多分動くのでしょうけど、1頭になった時にどうしても一生懸命走らないところがあります。フワッとするというかブレーキをかけるというか、そういうのが今までのレースでも調教でもあったりしていたので、それがとても不安だったのですが、今回はそれがあまりなかったですね」


    (そのあたりはレース間隔があいた間に成長した点?)
    「今日の追い切りだけで安心はできないですけど、そういうのがなかったというのは良かったと思います」


    (実践は久々になるが?)
    「実際どのローテーションで皐月賞に臨むのが良かったかというのは、結果が出たり出なかったりしてから考えるものでしょうから。今のローテーションはベストだと思いたいですね。(追い切りの)動きは良かったです」


    (重め感はない?)
    「ちょっとわからないですね、気を抜くので。太くて動かない馬はよくいるのですけど、気を抜く馬が気を抜かなかったらどこまで動くのかなと。まあそれも特徴ですから」


    (この馬とのコンビでは中山の2000mで2戦2勝だが?)
    「さっき話したように少し集中力がないというか、気が散るというか、言い方は良くないですけど一生懸命走る部分が他の馬に比べてないのかなと思います。だからどのくらい能力があるんだろうというのは掴めなくて、その辺の可能性は楽しみですね」


    (もっと能力がありそう?)
    「そう思いたいです」


    (今度のGI皐月賞で答えが出る?)
    「今度のGIでというよりは、ようやく賞金も稼げてGIに出られる馬になってこれからだと思うので、ここからは真面目に走ってほしいですね」


    (本番の戦い方については?)
    「今まで逃げたり先行したりして勝ってきたのですけど、調教ではいつも後ろから行かせて前の馬を交わすというメニューをこなしているので、特に前々で粘らせなければいけないとかそういうのもありません。スタートがわりと上手なのでいつも好位を取れてしまうので、流れによってはある程度対応できると思います。あとは週末雨予報ですし、馬場状態によっていろいろ考えたいと思います」


    (前走から装着のチークピーシーズはきいているか?)
    「逆効果の馬もいるのですが、この馬はガラッと変わった感じはないですけど悪い方には出ていません」


    (断然1番人気になるような本命馬回避で混戦模様と言われるが?)
    「可能性があって伸びしろがある馬なので、楽しみです」


    (枠順の希望は?)
    「先ほども話したように馬場状態が1番気になるので、悪い馬場からのスタートはあまりしたくないです。真ん中より外目の枠、12番くらいがほしいですね。10番でもいいです(笑)。偶数に越したことはないので」


    (道悪の適性については?)
    「僕は道悪の方が楽しみですね。むしろパンパンの良馬場過ぎて速い時計になった方がどうかなと思うので、ある程度時計がかかるのはプラスだと思います」


    (あとは実践でうまく流れに乗って集中力を見せて?)
    「そうですね、人馬ともに集中したいと思います」






    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    桜花賞予想|2018年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken















    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)





    『ヤフーニュースより引用』

    ラッキーライラック松永幹師「すごくワクワクしています」/桜花賞共同会見

    ■ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師

    ――前走のチューリップ賞を振り返ってください
    松永 前哨戦としては良かったかなと思います。

    ――どのあたりが良かったですか?
     
    松永 勝ったことですけど、ただ前走はちょっと恵まれました。相手ではなく、レースに恵まれた感じがします。

    ――これまでとは違うレースぶりに見えましたが、そのあたりは?
     
    松永 少頭数で3番手につけて、そのままなだれ込んだという感じでした。ちょっと楽といったら怒られるけれど、うまくいったレースでしたね。

    ――改めてラッキーライラックの強さを感じられた一戦でしたが、松永調教師から見るとそうとも言えない、と。
     
    松永 はい、そうですね。

    ――前走はプラス10キロでしたが、そのあたりは?
     
    松永 成長分ですね。(放牧先から)戻ってきたときはプラス20キロくらいありましたので。そう考えたらちょうどよかったと思います。


    ――桜花賞に向けての調整について伺います。追い切りはいかがですか?
     
    松永 相変わらずいい動きで、今朝もいい動きでしたね。


    ――松永調教師からご覧になってラッキーライラックの魅力は?
     
    松永 フットワークがいいですね。500キロ近い馬ですが、それでいて小脚が使えるというか、切れ味がある馬だなと思いますね。


    ――父のオルフェーヴルは破天荒なイメージがありますが、ラッキーライラックはいかがですか?
     
    松永 そのあたりはあまり感じません。そんなに手こずることはないですね。


    ――普段の性格はいかがですか?
     
    松永 普段から落ち着きがあるので、無駄な力は使わないところがいいのかなと思います。


    ――相手関係は?
     
    松永 対戦していない中にも強い馬はいますし、それぞれがトライアルを使ってさらに調子をあげてきていると思うので決して楽ではないと思います。力を出し切って欲しいと思いますね。


    ――無敗というのも注目されますが?
     
    松永 それはあまり考えないですね。この馬の力を出し切って欲しいです。


    ――プレッシャーや緊張はありますか?
     
    松永 はい、それはありますね。なかなかこういう経験がないのですごく不思議ですし、追われるということは結構大変だなと思います。


    ――松永厩舎というとレッドディザイアという強い牝馬がいましたが、比較は?
     
    松永 レッドディザイアは年明けからデビューしてだんだん力をつけていって、オークスや秋華賞のころは本当に強い馬になっていたんですけど。ラッキーライラックは比較的最初から力を出してくれて。2歳女王にもなりましたしね。タイプ的には違うけど、ラッキーライラックも昨日が誕生日だったので、これから良くなってくれるんじゃないかなと思います。


    ――石橋騎手との関係はどう思っていますか?
     
    松永 非常にふたりのリズムが合っているし、男前と可愛い馬でいいんじゃないですかね(笑)。


    ――いよいよ桜花賞です。ファンの方へメッセージを。
     松永 やっとGIレースが始まることにすごくワクワクしています。主役というか、いい状態で桜花賞を迎えられるというのは本当に楽しみです。力を出し切っていい結果になるように頑張りたいと思います。

    (取材・文:花岡貴子)

    石橋騎手「ラッキーライラックの力を見せられるように」/桜花賞共同会見


    今年初戦のチューリップ賞(GII)を危なげなく勝利した2歳女王のラッキーライラック(牝3・栗東・松永幹夫)。デビュー戦からすべて手綱を取ってきた石橋脩騎手が、美浦トレーニングセンターで共同記者会見に臨んだ。

    (前走のチューリップ賞を振り返って)
    「今年の初戦ということで、どう変わったかをチェックしたかったですし、いろいろ確認したいこともありましたが、難しいことを考えることなくスムーズに走れましたし、何も問題なかったです」


    (阪神JFよりも前で競馬をして突き放すという内容だったが?)
    「スタートは元々良い馬でしたし、あのような形も考えていましたから、ああなった時は先行してもいいなとは思っていました」


    (どんなレースもできる?)
    「競馬は上手な馬ですし、どんな競馬もできると思います」


    (この馬の長所は?)
    「身体能力が高いところです。新馬戦から特に手を煩わせることはなかったですし、良くしつけもされています。馬自身の性格も良いです」


    (阪神の外回りも2度経験していて、特に注文もない?)
    「特に考えたことはないです」


    (あとはレースを迎えるだけ?)
    「そうですね」


    (大本命の馬で大一番を迎える心境は?)
    「この馬に関しては一戦一戦しっかり良い結果を出せるように緊張感を持ってやっていますので、もちろん舞台は大きくなりますけれども、やることをやるだけだと思います」


    (あくまでもこの馬の力を出し切れば良い?)
    「はい、その通りです」


    (桜花賞で気を付けたい点は?)
    「特にないです」


    (ラッキーライラックの力を信じて?)
    「はい、信じています」


    (最後にファンに向けてメッセージを)
    「ラッキーライラックの力を見せられるよう頑張りたいと思います」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    アーモンドアイ鞍上ルメール「阪神の外回りは彼女にちょうど良い」/桜花賞共同会見


    昨年10月に2戦目で初勝利を挙げ、年明け1月には休み明けの昇級初戦となるシンザン記念(GIII)で、牡馬相手に豪快な差し切り勝ちを演じたアーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)。レースでも騎乗するクリストフ・ルメール騎手が騎乗し、霧の中、ウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、国枝調教師とルメール騎手の共同記者会見が行われた。

    ■国枝調教師

    (衝撃的な勝ち方だった前走のシンザン記念を振り返って)
    「調教でも終い良い脚をしていました。ただ男馬相手ですし、いきなりクラスが上がって重賞ということでどうかなとは思っていたのですけど、終いしっかり脚を使ってくれて良かったと思います」


    (昇級戦で初めての遠征、それだけ能力がある?)
    「そうですね。やはり最後の伸びは、能力がないとなかなかできないので、能力はあると思います」


    (レース後、桜花賞直行となったが?)
    「あれだけのパフォーマンスをしてくれましたし、女馬ですから。あまり追い詰めなくても、同じだけ走れればいいという感じですし、シンザン記念も休み明けで走れたので、桜花賞直行でいいだろうということになりました」


    (前走から3か月、ここまでの調整過程は?)
    「放牧に出て、前回と同じように少し早めに持ってきて、桜花賞に向けて調整を進めてきました。特に気になるところもなく、順調に来ています」


    (普段は手のかからないタイプ?)
    「大人しいですし、あまり強情でもないので良いですね」


    (今朝の追い切りはどのような内容で?)
    「前に2頭行かせておいて、終いだけ少し前を交わすような指示でいきました」


    (濃い霧の中だったが?)
    「スタンドからは見えないので、内ラチから馬場の近くで見ていました。見えるのは馬場に入るところや最後の一瞬でしたけど、そこは一応確認できました。良かったですよ」


    (追い切り後、ルメール騎手とはどのような話を?)
    「彼もすごくハッピーでね、本当に良い動きだと納得してくれたので、良かったと思います」


    (レースが楽しみに?)
    「本命馬を目標にしてという感じになると思うので、レースはしやすいでしょう」


    (阪神外回りの長い直線も合っている?)
    「阪神の1600は本当に競馬がしやすいですし、十分能力を発揮できるのではないかなと思います」


    (アパパネの桜花賞と比べて手応えは?)
    「タイプは違いますし、アパパネの場合は2歳のチャンピオンにもなっていましたからね。そういう意味では今回は挑戦する側ですから、気楽ですけどね」


    (最後にファンにメッセージを)
    「順調に来ましたので、当日落ち着いて競馬に臨めれば良い結果になると思います。よろしくお願いします」


    ■ルメール騎手

    (今日の追い切りについて)
    「すごく良かったです。馬がすごく良い状態です。今日は良く伸びましたし、時計も出ました。だから今週は楽しみです」


    (この馬のセールスポイントは?)
    「メイクデビュー(2着)からもちろん良かったですが、経験を積みました。重賞を勝った時のラスト150mは素晴らしかったですね。彼女は瞬発力が強いです。エンジンがかかるのに少し時間がかかりますけど、最後トップギアですごい脚を使っていましたし、GIでチャンスはあると思います」


    (エンジンのかかりが遅くても阪神コースなら大丈夫?)
    「はい、やれそうです。右回りで勝ったことありますし、阪神の外回りは広いコースなので、彼女にちょうど良いと思います。トビが大きいので、広い競馬場で良い脚を使えます。もちろん自信はありますね」


    (枠順の希望は?)
    「真ん中がちょうど良いポジションだと思います。内枠でペースが遅くなったら、ちょっと大変になるかもしれません。真ん中なら大外に行けますし、長い脚を使えます。だから真ん中の枠がほしいです」


    (できれば真ん中の枠から、最後の直線は外に出して?)
    「そうです。トビが大きいですし、外に出した方が良いと思います」


    (ライバルは?)
    「ラッキーライラックが1番強い牝馬です。できればその馬をマークしたいです。ラッキーライラックの阪神JFはすごかったですね。チャンピオンホースです。できれば彼女の後ろで乗りたいです」


    (後ろにつけて最後は交わす?)
    「もちろん(笑)。はい、できれば」


    (昨年のソウルスターリング、一昨年のメジャーエンブレムと桜花賞は残念だったが、今年こそはという思いがある?)
    「まだ桜花賞勝ったことないです。去年と一昨年は大きなチャンスがありました。今年も大きなチャンスがありますけど、1番人気ではないです。でも自信があります。メイクデビューの時からアーモンドアイでクラシックに乗りたいと思っていました。段々彼女は良くなって、桜花賞でトップコンディションになりました。だから勝てると思います」


    (最後にファンにメッセージを)
    「皆さま、こんにちは。桜花賞は最初のクラシックです。皆そのレースを勝ちたいです。アーモンドアイは大きなチャンスがありますので、応援してください。よろしくお願いします」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    ハーレムライン大野騎手「競馬モードに入ってきている」/桜花賞共同会見


    アネモネS(OP)に優勝して桜花賞(GI・阪神芝1600m)に出走するハーレムライン(牝3・美浦・田中清隆)。大野拓弥騎手が手綱を取り坂路で最終追い切りを消化した。追い切り後、大野騎手と管理する田中調教師の共同記者会見が行われた。


    ■大野騎手

    (前走のアネモネSを振り返って)
    「スタートもうまく決まりましたし、正攻法の競馬で力強い走りをしてくれました」


    (今年に入って3連勝、ここのところ変わってきた点、成長してきた点は?)
    「逞しくなってきているかなと思います。力強さも出てきました」


    (好位2、3番手という競馬が多いが、スタートは上手?)
    「上手ですね」


    (すぐに好位につけて流れに乗れるタイプ?)
    「そうですね」


    (乗り手としてはレースがしやすい?)
    「そうですね、展開に合わせてどんな競馬もできるのではないかと思います」


    (それ以外のこの馬の長所は?)
    「操縦性ですね」


    (乗り手の思ったようにレースをしてくれるタイプ?)
    「そうですね、はい」


    (中間の調整過程については?)
    「先週、今週と追い切りに乗せてもらって、仕上がったなという感じで、状態の良さも感じています」


    (今朝の坂路での追い切りについて)
    「53、4秒で上がってきてくれという指示で、1週前よりピリッとして競馬モードに入ってきているのではないかと思いました」


    (大一番に向けて十分に仕上がった?)
    「そうですね、十分に仕上がりました」


    (初コースとなる阪神については?)
    「そればかりはわからないですけど、福島にも行っていますし、そういう意味では輸送も大丈夫かなと思っています。癖のある馬ではないので、阪神コースも大丈夫だと思います」


    (直線の長いコースだが、乗り方については?)
    「枠順や他のメンバーがどこに入ったのかなどいろいろありますので、そこから考えたいと思います」


    (希望の枠順は?)
    「極端な枠でなければいいかなと思います」


    (強いメンバーとの一戦となるが、マークする相手は?)
    「自分の競馬をするだけです」


    (レースがしやすいタイプというのは大きい?)
    「周りを見ながら競馬ができるのが良いところだと思います」


    (長い直線、長く脚を使えるタイプ?)
    「結構渋太い馬なので、長く脚を使ってくれますね」


    (今回十分やれるという感触は?)
    「初めて対戦する馬がほとんどでわからないのですけど、本当に順調に来ていますので、その中でどれだけやれるか楽しみです」


    (最後にファンにメッセージを)
    「毎回一生懸命走ってくれる馬なので、今回も頑張ってくれると思います。応援よろしくお願いします」


    ■田中調教師

    (3連勝で桜花賞に向かうが、この3連勝については?)
    「自分の競馬ができるようになって、勝つことができたと思いますよ」


    (自分の競馬、この馬らしさというのはどのあたり?)
    「速い脚はないのですが、先行して抜け出すというところです」


    (以前より変わった点、成長してきた点は?)
    「競馬に集中できた点は大きいと思います」


    (大野騎手が「スタートが良くてすぐに好位につけられる点は大きい」と話していたが?)
    「一線級とまだ戦ったことはないので、そう簡単にはいかないと思います」


    (今年の3歳牝馬の評価と、桜花賞への手応えは?)
    「上位の馬は、皆強いですよ。(この馬は)今年これで4戦目と使い詰めで来ているので、調整の点では少し不安はありますけどね」


    (今年3戦、前走から中3週ということを考慮した調整を?)
    「そうですね、長距離輸送もありますし、あまり負荷をかけないように考慮して作ってきました」


    (坂路で54秒3の終い12秒7という時計をマークした今朝の追い切りについて)
    「53、4秒くらいの時計でという指示でしたが、変わりなく来てはいます」


    (順調に力の出せる状態に?)
    「あると思います」


    (阪神の外回りコースについては?)
    「今までのような競馬はできないと思いますので、ある程度の好位でなだれこめればなと。そういう競馬になると思います」


    (7年前に2着だったホエールキャプチャの悔しさを晴らすチャンス?)
    「出るからにはチャンスはありますけど、あの時とはまた違うと思いますよ」


    (とは言っても楽しみも感じている?)
    「出るからにはね、チャンスはありますけどね」


    (希望の枠順は?)
    「特にないです」


    (いつものように好スタートを切って流れに乗る競馬で?)
    「はい、そうです」


    (最後にファンに向けてメッセージを)
    「GIですしメンバーが強いので、自分の競馬ができればいいなと思っています」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    プリモシーン木村師「いつも良い競馬をしてくれる」/桜花賞共同会見

    フェアリーS(GIII)に勝って桜花賞(GI・阪神芝1600m)に臨むプリモシーン(牝3・美浦・木村哲也)。今朝は霧の中、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。管理する木村調教師が、共同記者会見に臨んだ。

    (強い勝ちっぷりだった前走のフェアリーSを振り返って)
    「本当に強い勝ち方だったなと思います」


    (この馬の長所は?)
    「いつもちゃんと良い競馬をしてくれるところが素晴らしいと思います」


    (父ディープインパクト、母がオーストラリアのG1ホースという期待の良血馬、順調ですか?)
    「そうですね、順調に来ていると思います」


    (前走後3か月間、ここに向けての調整は?)
    「福島県のノーザンファームで調整してきております。いつも通り問題なくきています」


    (厩舎でも手のかからないタイプ?)
    「そうですね」


    (今朝の追い切りの指示は?)
    「いつも通りの追い切りができればいいねということを言いました」


    (追い切りの評価は?)
    「モヤで見えなかったのでコメントしづらいところはありますけど、順調に来ていますし、良かったのではないかなと思います」


    (相手関係については?)
    「素晴らしい馬ばかりなので、参加させて頂いて光栄です」


    (その中でも十分やれる手応えも?)
    「今言った通り、参加させて頂けるだけでありがたいなと思っています」


    (阪神外回りの1600mという舞台はこの馬には向いている?)
    「どうでしょうか。頑張ってくれると思います」


    (初めての関西への輸送については?)
    「何とかこなしてくれればと願っています」


    (最後にファンに向けてメッセージを)
    「素晴らしい馬がたくさん出ますし、当日は競馬場にお越し頂いて、各馬に熱い声援を送って頂ければと思っています」

    (取材・文:佐々木祥恵)




    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    高松宮記念予想|2018年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken















    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)





    『ヤフーニュースより引用』

    レッドファルクス尾関師「同じ轍を踏まないようチャレンジ」/高松宮記念共同会見

    昨年、一昨年とスプリンターズS(GI)を連覇し、得意の中京コースで3つ目のGI制覇を狙うレッドファルクス(牡7・美浦・尾関知人)が、ウッドチップコースで最終追い切りを消化。追い切り後、尾関調教師が共同記者会見に臨んだ。

    (今年初戦となった前走の阪急杯・GIII・3着を振り返って)

    「目標の高松宮記念に向けてどのレースをステップにしていこうかと考え、高松宮記念と相性の良い阪急杯でスタートをしました。レースの内容としては、枠もちょっと内だった分もあって、外に出すために少し下げざるを得なくなって、後ろからの競馬になりました。

      
    (勝ち馬まで)もう少しだったのですが、しっかり脚を使っていましたし、勝てなかった以外はここに向けて良い内容だったと思います」

    (そこから本番まで1か月、調整過程は?)
    「レースはそれなりに走ったので疲れは当然ありましたが、その疲れが取れて、徐々に上げていったという感じですね」


    (その調整過程の中での1週前追い切りについて)
    「直前はある程度、競馬に直結する追い切りをしたいと思っていたので、1週前は心肺機能を高めるような長めの追い切りでと考えていましたので、もう少しテンの入りから長く負荷をかけるような追い切りにはしたかったのですが、入りが気持ちゆっくりになってしまいました。

      
     ただしっかり動けていましたし、馬自身は順調でしたので、ある程度は予定通りに来れたかなと思っています」

    (それを踏まえての今朝の最終追い切りは?)
    「先行馬を追走して、直線で(その馬の)外に併せて終いは強めにという感じでした。先週少し入りが遅くなりましたので、先行馬にはある程度入りからしっかり先行するようにという話をしました」


    (今週はテーマ通りの追い切りができた?)
    「先行した馬は1000万条件ですけど能力の高い馬で、しっかり前に行ってくれましたし、ファルクスはそれを追いかけて内容のあるしっかりした追い切りができたかなと思っています」


    (これまでDコースで追い切ることもあったが、今回ウッドチップコースを選択した理由は?)
    「先週の時点でDコースで追い切ろうかなと思っていたのですが、昨日の雨もありましたし、自分でも歩いてみてどっちにしようかなと考えたのですけど、1番で追い切っている馬たちの蹄音を聞いて硬いかなとも感じたので、ウッドチップにしました。

      
     あとは1度競馬を使っていますので、最後の追い切りはそんなに長い追い切りをしなくていいかなという頭もあってウッドチップを選択しました」


    (昨年のこのレースでは優勝に手が届かなかったものの、中京コースは相性が良いが?)
    「中京の最後が3着と敗れた高松宮記念(3着)なのですが、それまでのことを考えると、名古屋に行ったら馬が元気になるなというイメージではいます」


    (速い時計で走ったこともあるが、馬場状態の希望は?)
    「去年も急に雨が降ってきましたので、こればかりは何とも言えないですけど、いろいろな馬場も走ってくれていますし、与えられた条件は皆一緒ですからその中で頑張ってくれると思います」


    (今回の作戦は?)
    「レースに関してはそれ自体が生き物ですし、この馬をジョッキーが1番わかってくれていると思いますので、全権委任というイメージです」


    (枠順については?)
    「言ってもしようがないですし、希望を言って違うところになっても嫌ですからね(笑)」


    (このレースに勝つと、JRAのスプリントGI完全制覇となるが?)
    「そうですね、昨年の最優秀短距離馬にして頂いて、このレースを目標にするのは当然ですし、まだ準オープン、オープンの駆け出しで走っていた頃には、この馬でGIに臨めるとしたら高松宮記念ではないかというのが念頭にあり、そのスタートがCBC賞(GIII)での勝利でした。

      
     昨年のこのレースでは人気にして頂いて期待に応えられませんでしたが、その反省も踏まえて、同じ轍を踏まないようチャレンジしていくので、何とか勝ってもらいたいなと思っています」

    (では最後にファンの皆様にメッセージを)
    「昨年の最優秀短距離馬というタイトルに負けないような走りをお見せしたいとスタッフ一同思って送り出しますので、皆様にもまた応援して頂ければと思います。よろしくお願いします」


    ファインニードル川田騎手「いい状態でこれています」/高松宮記念共同会見

    ■ファインニードルに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――いまの心境は?
     川田「馬主名義がゴドルフィンに変わって最初のGIということで、それも嬉しく思います」

    ――前走は久々に騎乗して完勝でした。
     川田「いい枠が当たりましたし、ゲートも上手に出られて終始スムーズに競馬を組み立てることができました。直線の反応も良く、しっかりいい脚を使ってくれました。いうことのない内容で勝ってくれたなと思います」


    ――過去最高の488キロでした。
     川田「そうですね。もうひとつ良くなるな、という雰囲気を感じさせながらの直線でした」


    ――3歳以来の騎乗ですが、成長は感じられましたか?
     川田「僕が乗せてもらっていたときは1400mを使っていました。コントロールの難しい馬なのでひじょうに苦労した印象があったのですが、1200mということで馬も成長していますし我慢も効いてリズム良く走れるようになった分、ああいういい走りができましたし結果も出せたのだと思います」


    ――中京の千二のポイントは?
     川田「先週騎乗しましたが、馬場もだいぶ荒れてきています。今週も中間は雨が降っていますし、昨年のようにあまりいい馬場状態ではない中で行われるのだと思います。そういう点はどうかな、と思います。左回りもあまり走ったことがない馬なので、そういう面もどうかなと思います」


    ――では、馬場状態はいかがでしょう?
     川田「(今の中京の状態は)正直、プラスではないと思っています」


    ――内外の有利不利はありますか?
     川田「うーん、そうですね。どれほど馬場が悪くなるかによりますね」


    ――理想の展開は?
     川田「スムーズにこの馬の競馬ができればと思います」


    ――川田騎手自身はスプリントGIの勝利はまだありませんが?
     川田「そこに対しては、別に何もないです」


    ――最後に意気込みを。
     川田「まず、いい状態でここに来られているのではないかと思います。先ほども言いましたが、ゴドルフィンに変わって一番最初のGIということで、いちばんいい結果が得られるようにこの馬とともに頑張れたらと思います」


    ■ファインニードルを管理する高橋義忠調教師

    ――この中間の調整について教えてください。
     高橋「先週、併せ馬でウッドチップコースでしっかりやりました。今週は先週ジョッキーが乗って課題を貰っていたのでそれが解消されていたかどうかを確認してもらいました。今朝は坂路で単走で追いましたが、しっかり動けたのではないかと思っています。前走は休み明けということもあり、成長分もありましたが少し余裕のある体でした。一度使って良くなっています。うまい具合にここまでこれたかな、と思っています」


    ――馬体重については、いかがでしょう?
     高橋「前走は480キロ台での競馬でした。今回は470キロ台の競馬になるかなと思います。昨年に比べて筋肉がつくべきところについていますので、体重に関してはあまり気にはしていないです」


    ――改めて、この馬のセールスポイントは?
     高橋「もともと競馬のセンスがあり、競馬の巧い馬という印象があります。枠順によってはその力が発揮できないときもありましたが、一走ごとに力をつけていますし、ここからさらにもう一段良くなってくると思っています」


    ――昨年の秋、スプリンターズSを走った頃と比べて成長はみられますでしょうか?
     高橋「昨年に関しましては、あそこまで行ける馬だとは正直思っていませんでした。力試しというか、馬の経験を積むと意味もありました。今年は真価が問われる年だなと思っています」


    ――左回りはいかがでしょうか?
     高橋「一度しか使っていませんが、先ほど言ったようにそれより枠順かな、と考えています。ある程度いい枠を引けたら、それなりの競馬ができるのではないかと思っています」


    ――希望の枠順は?
     高橋「内でスムーズなゲートが切れれば、と思っています」


    ――馬場状態はいかがでしょう?
     高橋「ある程度、馬場もいい方がいいかな、と思っています。その点はジョッキーにお任せなので、うまく騎乗してくれると思っています。」


    ――前走に続いて川田騎手の騎乗となります。
     高橋「追い切りでも跨ってもらい馬の感触はつかんでもらっています。こちらは馬のコンディションをしっかり整えるのが仕事ですから、ジョッキーにうまくバトンを渡せたらと思っています」

    ――最後に意気込みを。
     高橋「馬が頑張ってくれていますので、しっかり結果を出してオーナーさんをはじめ、応援してくださっている方々に喜んでいただけたらと思っています」

    レッツゴードンキ岩田騎手「毎レース一生懸命走ってくれます」/高松宮記念共同会見

    ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手


    ――3年連続の出走となります。
     岩田「昨年に続いて順調にきています。馬の状態はすごくいいので昨年以上にいいレースができると思います」

    ――昨年は2着でした。
     岩田「不良馬場(発表は稍重)でしたが、すごくよく走ってくれたと思います。この馬の脚はちゃんと使っています。惜しいレースが続いていますね」


    ――今回のレースに向けて3月15日の調教に騎乗されていますが、いかがでしたか?
     岩田「昨年より調教でも動くようになりました。好調さが感じられます」


    ――6歳になりましたが、衰えは?
     岩田「ないですね」


    ――改めて、この馬の強みは?
     岩田「すごく素直ですね。素直過ぎるところがあるんですが、毎レース毎レース一生懸命走ってくれます」


    ――理想的なレースの流れは?
     岩田「結構速く流れてくれれば、この馬にとっては楽ですね。あとはいいスタートを切って、直線まで脚を溜められるだけ溜めて伸びてくれたらと思います」


    ――馬場コンディションの悪化は気になりますか?
     岩田「不良馬場でも頑張ってくれているので、苦にならないと思います」


    ――枠の内、外については?
     岩田「枠はどこでもいいです。スムーズなレースをするだけです」


    ――前走は騎乗されていませんが、ダート戦を走っています。そのあたりは?
     岩田「全然気になりません。1週前に乗せていただいたときも馬の状態はいいと感じていますから」


    ――勝つために、あとは何が必要でしょうか?
     岩田「…運もありますし、気持ちで挑むだけですね」


    ――最後にひとこと
    岩田「あとひとつタイトルを獲らせてあげたいです。GIでいいレースができればいいな、と思います」

    セイウンコウセイ上原師「馬は良い状態で来ています」/高松宮記念共同会見

    昨年の覇者セイウンコウセイ(牡5・美浦・上原博之)が連覇に向けて、順調に最終追い切りを消化した。追い切り後、上原調教師の共同記者会見が行われた。

    (前走シルクロードS・GIII・2着を振り返って)
    「去年と同じ高松宮記念の前のレースということで、だいぶ前からシルクロードSを選択していました。思い切った競馬をしてもらいましたし、次に繋がる良いレースだったと思っています」


    (そこから2か月弱間があいたが、中間の調整過程は?)
    「去年と全く同じような調整過程で、前走後は西山牧場に放牧に出してリフレッシュをして、1か月前に美浦に戻ってきて調整をしてきました」


    (先週の1週前追い切りについて)
    「久しぶりに乗ることもあって、1週前には松田ジョッキーが来てコウセイの感触を掴んでもらいました。この馬は当該週にある程度強くやった方が良い馬なので、1週前の馬の感じを見てもらうのと、最終追い切りに繋がるような状態にしてもらうという予定通りの追い切りができました」


    (今朝の最終追い切りの指示は?)
    「最後の直線はある程度目一杯追って、今週競馬だぞということをわかってもらえるような、いつも通りの最終追いでした」


    (満足できる内容で?)
    「入厩して1か月、ずっと予定通りやってきましたので、最終追い切りも予定通りの良い追い切りでした」


    (昨年は天気が崩れて馬場も悪くなったが、今年については?)
    「去年はあのような馬場でも苦にせず走っていましたし、道悪は不得意ではないので、悪くなるのは悪い材料ではないと思います。ただ馬場状態はさほど気にしていませんし、馬場が悪くなってほしいという気持ちはそれほどないですね」


    (シルクロードSは逃げたが、今回は?)
    「まだ5歳でレース経験がそんなになく、揉まれたり馬込みに入ったりすると気分を壊すところもありますので、現時点では思い切った戦法の方がレースはしやすいでしょう。なので思い切った競馬をしてもらうつもりでいます」


    (枠順については?)
    「できれば先行したい馬なので、真ん中前後の枠が理想かなと思います」


    (ディフェンディングチャンピオンとして臨むが?)
    「去年勝たせてもらってコウセイに連覇のチャンスがありますので、去年と同じような良い結果が出るようにスタッフみんなでやって来ました」


    (最後にファンの皆様に一言)
    「去年GIを勝たせてもらって、その後少し不甲斐ないレースが続いたのですが、1年たってここを目標に馬は良い状態で来ています。応援して頂ければ嬉しいと思っています」

    キングハート星野師「左回りもそれほど苦にならない」/高松宮記念共同会見

    前走のオーシャンS(GIII)でゴール前の接戦を制して高松宮記念(GI・中京芝1200m)に臨むキングハート(牡5・美浦・星野忍)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後、星野調教師と北村宏司騎手が共同記者会見に臨んだ。


    ■星野調教師

    (大接戦を制したオーシャンSを振り返って)
    ゲートもうまく出て、好位につけて理想の競馬ができました。


    (中2週、中間はどのような調整過程を?)
    「日にちもそれほどないですし、この状態をうまく維持することだけを考えました。先週はさほど強めにやらずに、今朝も少し気合いをつける程度でいいでしょうとジョッキーも言っていて、うまく調教してくれたと思います」


    (最終追い切りは満足いく内容で?)
    「そうですね、強くなく弱くなく、丁度良いところだと思います」

    (これまでは右回りで多く走っているが、今回の左回りの中京は?)
    「たまたま右回りの方が多かったのですが、左回りもそれほど苦にならないのではないかと思います」


    (この馬の長所は?)
    「普段は大人しいのですが、やる時は大きい暴れ方をするんですよ。メリハリがあって良い馬だと思いますね」


    (ここ2戦、体が増えていますが?)
    「昨年は北海道や小倉、京都とあちこちに遠征に行ったこともあり、暮れ近くになって疲れが出ましたので、1度放牧に出したのが良い方に出ているのかなと思います」


    (オーシャンSも含め、好位につけて抜け出しをはかる競馬が近走続いているが今回は?)
    「いつもと同じような感じで、普通にゲートを出ていってくれれば、あとは僕がどうのこうの言うことではなく、ジョッキーがわかっていることですから、任せています」


    (枠順については?)
    「これはもう運だわ(笑)。しょうがないなと思っています。そこまでは気にしないです」


    (ジョッキー時代の先生は障害レース、特に大障害での活躍が印象的だが、調教師として短い距離のGIに可能性が出てきたことについては?)
    「何でも走ってくれれば嬉しいですけど、特にGIで良い競馬をしてくれれば嬉しいですね」


    (最後にファンの皆様にメッセージを)
    「GIIIを勝ってくれてようやくオープン馬という感じになりました。まだ5歳ですので、これから活躍してくれることを祈っています。皆さんも応援してあげてください。よろしくお願い致します」


    ■北村宏司騎手


    (久々のコンビとなった前走を振り返って)
    「ゲート入りがスムーズで、駐立も良かったのでうまくスタートを切ってくれました。道中はスムーズに運べたので、直線も手応えがあって、ゴール前は接戦でしたけどよく凌いでくれました」


    (以前騎乗されたのがおよそ11か月くらい前になるが、その時と比べて成長具合は?)
    「逞しくなっていましたし、気持ちもコントロールしやすくなっているのかなと思いました」


    (今朝の追い切りの指示は?)
    「先生からは特にこうしてほしいということはなかったですが、感触を掴んでほしいと言われました。健康そうな感じでした」


    (本番に向かって十分な状態で臨めそう?)
    「はい、今のところ良いですね」


    (これまで中山でコンビを組むことが多かったが、左回りの今回については?)
    「大丈夫だと思います」


    (レース上の作戦は?)
    「これから考えます」


    (希望する枠順は?)
    「相手の並びもあると思いますので、その辺も枠順が出てからよく考えたいです」


    (最後にファンの皆様にメッセージを)
    「順調に来ていますので、スムーズに走らせて良い結果を出せるように頑張ります」




    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    フェブラリーS予想|2017年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken












    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)





    『ヤフーニュースより引用』

    ケイティブレイブ目野師、中央GIラストチャンス「勝ちたい」/フェブラリーS共同会見

    ■ケイティブレイブを管理する目野哲也調教師

    ――本日、70回目のお誕生日おめでとうございます。
     目野 ありがとうございます。

    ――改めて、優勝した川崎記念を振り返ってください。
     目野 ケイティの力をいっぱい出したレースになりました。満足しています。

    ――久々の逃げ切り勝ちでしたが、これは作戦ですか?
     目野 そうですね。この馬は逃げたほうがいいですね。思ったとおりのレースになりました。

    ――今回は変則の中17日の競馬となりますが、この中間の気配は?
     目野 元気ありますよ。うん、毎日見ています。大丈夫です。

    ――最終追い切りは坂路で51.6-12.5。動きのジャッジは?
     目野 これは(時計の速い追い切りを)やるつもりはなかったんですけどね。このくらいの時計が出るということは(速いタイムで)走る脚があるということ。期待しています。

    ――フェブラリーSは昨年と同じローテーションとなりましたが、今年は川崎記念を勝っています。ここにきて更に良くなっている点はありますか?
     目野 別に良くなっているということはないんですけどね。年をとるごとに力はついていると思います。

    ――昨年は8枠15番で6着という結果でした。今回、勝利をつかむにはどのあたりがポイントになりますか?
     目野 枠はどこでもいいです。直線が長いので。心配はないですね。

    ――そして、31年調教師として過ごされて今回が中央GIへの最後の参戦となります。31年を振り返っていただけますか?
     目野 競馬に携わって幸せだったことは確かにありますけどね。しんどいこともたくさんありました。ストーンステッパー(注:1997年フェブラリーS2着馬)で負けてますので、ここでね、あのときの想いをひっくり返して勝ちたいと思いますので応援してください。

    ――先生のGIラストチャンスです。改めてファンの皆さんにメッセージをお願いします。
     目野 馬自体は元気で出走できますので。最後のGIレースとして完璧に馬はいってくれると思います。僕は僕なりに自信を持って出します。いつでも勝つことしか考えていません。皆さんも応援してください。よろしくお願いいたします


    テイエムジンソク木原師「ファンの方の後押しの追い風に乗って」/フェブラリーS共同会見

    ■テイエムジンソクを管理する木原一良調教師

    ――東海Sを振り返ってください。
    木原 いくらかテンションも高めだったんですが、メンバー的に自分の競馬をすればなんとかなるのかな、という状態でした。そして、思ったとおりの結果になったので良かったな、と思っています。

    ――中間の気配は?
    木原 東海Sを使ったことでガス抜きが出来て馬が落ち着きました。今朝も思ったとおりの追い切りが出来ました。ジョッキーを乗せるとちょっとテンションが上がるんですが、まぁ馬体調整としては前回と同じような調教です。

    ――ウッドチップコースで好タイムが出ましたね。
    木原 はい。状態は悪くないと思いますよ。トモの入りがしっかりして、前脚の出もよく伸びていたので。まずまずかな、と思っています。

    ――今回、関東へは初遠征になりますが?
    木原 うーん、別に気にしていないですけどね。とにかく自分の競馬をするしかないので。他は目に入っていないです。自分の馬だけです。

    ――“自分の競馬”とは、具体的にはどのような内容でしょうか?
    木原 相手の出方次第で遅かったら行くだろうし、そうでなかったら控えるだろうし。そのあたりは古川くんにお任せしています。

    ――コース、距離、芝スタートと初物づくしですが、そのあたりは?
    木原 その3点は未知なんですけども、たぶん大丈夫じゃないかなと思っています。

    ――その根拠は?
    木原 お母さんは短距離で走っていた馬なので、距離が短くなる分にはたぶん対応できると思います。

    ――この馬の一番の強みは?
    木原 とっても気が強い馬なので(心が)折れた時が怖いんですけど、ここまで順調にきているのでよほどのことがない限りは面白い競馬ができるんじゃないかな、と思っております。

    ――GIは2回目の挑戦です。前回は悔しい僅差の2着でした。あとひとつ順位を上げるためのポイントは?
    木原 やることは全てやってきているので。GIというのは強くても勝てないのがGIなので、あとひとつは僕と馬に運があるかないかかな、だと思っています。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    木原 ジンソクを応援してくれるファンの方がいっぱいいます。そのファンの方の後押しの追い風に乗って、なんとかひとつGIというタイトルを獲りたいなと思っていますので、どうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします。


    テイエムジンソク古川騎手「あのスピード、あの持続力は凄い」/フェブラリーS共同会見

    ■テイエムジンソクに騎乗予定の古川吉洋騎手

    ――東海Sは直線、マッチレースを制しました。
    古川 走りは普段どおりです。強かったです。

    ――その前のチャンピオンズカップはいかがでしたか?
    古川 GI初挑戦であれだけの競馬をしてくれましたので(微笑)。

    ――今朝の最終追い切りは古川騎手騎乗で行われましたね。
    古川 内容は良かったですよ。この前、一度使っているので動きはさらに良くなっています。

    ――今回は初のマイル戦です。距離の見通しは?
    古川 距離自体は悪くはないです。

    ――スタート直後は芝を走るという特徴的な東京コースも初めてですが、そのあたりの作戦は?
    古川 そうですね…。今までも未知な部分はいろいろありながらも結果を出してくれているので。悪いことばかり考えていてもしょうがないので、むしろいいんじゃないかととらえています。

    ――前のGIは2着でした。あとひとつ順位を上げるポイントはどのように考えていますか?
    古川 そうですね。まぁ、なんでしょうね。僕ばっかり考えても。やっぱり、ジンソクの力をどうやったら一番出せるかということを考えれば、自ずと結果は見えてくるんじゃないかと思っています。

    ――この馬の良さは?
    古川 あのスピードで、そしてあの持続力というのが一番凄いと思います。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    古川 いつものように強いジンソクを見てもらいたいです。そして、それを見てもらえればいい結果がついてくると思っているので、皆さん応援してもらえればと思っています。





    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    有馬記念予想|2017年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken












    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    シュヴァルグラン鞍上ボウマン「加速後にグーンと長くいい脚を使える」/有馬記念共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のヒュー・ボウマン騎手


    ――有馬記念を控えた今の心境は?
    ボウマン ジャパンカップがとてもいい結果に終わりました。レース前にこの馬の状態がいいと思ったし、勝てました。今回も状態がいいと聞いているので、とても期待して臨みたいと思っています。


    ――改めてジャパンカップを振り返ってください。
    ボウマン 道中は余計なパワーを消耗することなく、折り合い良く走れました。それは今回の有馬記念にも当てはまるだろうし、中山の2500mという距離もこなしてくれると思います。ジャパンカップの結果が有馬記念にそのまま当てはまってくれれば非常にいいと思っています。


    ――この馬の長所は折り合いですか?
    ボウマン ジャパンカップを勝てた一番のポイントは、ギアの入りが良く、加速後にグーンと長くいい脚を使えたことです。過去のVTRを見る限りでは、シュヴァルグランはいい状態で4コーナーを回った後、トップスピードのギアが入るまでに時間のかかる馬だなという印象を持っていましたが、自分が乗った時はギアの入りは良かったです。これが過去より良くなった点だと思います。トリッキーな中山コースでもその点が生かせればいいと思いますし、これがシュヴァルグランの一番の長所だと思います。


    ――ワールドベストジョッキーのタイトルも獲得されました。それにあたり、この勝利も大きかったのではないでしょうか?
    ボウマン ジャパンカップを勝ったことでポイントが何点入ったかとか細かい計算はわかりませんが、それでチャンピオンになれたことはとても光栄なことです。自分にとってはとても有意義な一年でした。とはいえ、“でした”と言ってもまだ有馬記念が残っていますので、もっといいパフォーマンスを見せなければと思いますね。


    ――ボウマン騎手にとって有馬記念とはどんなレースですか?
    ボウマン まず有馬記念というレースは、ファンの方が出走馬を選ぶという点で他のレースと違うと思います。お祭り的なファンの熱狂が一番伝わります。特に外国人ジョッキーとして思うことは、日本の競馬ファンというのは他の国と違ってとても熱狂的なんですね。そして、その熱狂度がより強いのが有馬記念だと思いますし、2015年にトーセンレーヴで実際に有馬記念に騎乗したときもそれを感じました。そういう意味でも有馬記念はとても重要なレースだと思うので頑張りたいと思います。


    ――トリッキーと言われる中山芝2500mのポイントはどの辺りにあると思いますか?
    ボウマン 一番の理由は直線が短いにもかかわらず小回りでカーブがシャープであるという点です。難しいな、と思います。一つ一つの直線の部分が短いというのもトリッキーだと思います。ただ、シドニーで自分がよく乗っている競馬場にもよく似たところがありますので、まったく場慣れしていないわけではないです。自分としてもそういった経験を生かして力を発揮したいと思います。


    ――中山の舞台はシュヴァルグランに合いそうですか?
    ボウマン それはまだ乗っていないので分からないですね。

    ――今回もキタサンブラックという強い馬が出ますが、ライバル関係はどう見ますか?
    ボウマン キタサンブラックはもちろん強い馬だと思います。出走馬の中でも強いですね。キタサンブラックのいいところはどこからでも競馬ができること。折り合いも上手いし、問題点がありません。(一般的に)問題点から結果をシミュレーションできると思うんですけど、あの馬には問題点がない。自分自身、キタサンブラックをとてもリスペクトしています。

      ジャパンカップは結果として勝ちましたけれど、言い方はおかしいかもしれないけど負けていてもおかしくなかったと思うだけの差しかなかったと思います。そして、それが対戦相手の自分としては心配点でもあります。

    ――ジャパンカップではキタサンブラックを徹底的にマークしたそうですが、有馬記念でのイメージは?
    ボウマン 枠順が出ないと、分からないです。ジャパンカップはキタサンブラックの枠(2枠4番)が自分の枠(注:シュヴァルグランは1枠1番)にとても近かったのもあってマークしやすかったのですが、次もそういう並びになるとは限らないですからね。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
    ボウマン もちろん馬の状態にもよるのでしょうが、厩舎の皆さんは当然ベストの状態に仕上げていると思います。前回と同じ、いや前回以上の状態でレースに臨んでくれるともちろん思います。自分はスムーズでフェアなレースをしてファンの皆さんの期待に応えたいと思います。

    キタサンブラック武豊騎手「ひじょうに励まされた馬。ぜひ勝ちたい」/有馬記念共同会見

    ■キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手


    ――いよいよ有馬記念が今週末に迫ってきました。
     武豊 本当にいよいよだな、という気持ちで身が引き締まる思いです。


    ――今年は例年とはまた違う気持ちでしょうか?
     武豊 そうですね。キタサンブラックですし、さらに引退レースということで、いろいろと思うところは強いです。


    ――今朝7時に追い切られました。騎乗していた黒岩ジョッキーとは話をされましたか?
     武豊 そうですね。たまたま僕は他の馬に乗っていたんですけど、タイミングが一緒だったので「どうだった?」とは聞きました。「いい追い切りが出来たと思います」と言っていました。


    ――万全の状態で有馬記念に挑むということになりそうですね?
     武豊 そうですね、はい。


    ――前走のジャパンCを振り返ってください。
     武豊 馬の状態はすごくよかったと思います。レースもスタートが決まったので正攻法でいって。直線半ばくらいではいいかんじだと思ったんですけど、上位2頭が強かったのもありましたし、最後は少し残念な結果でしたけど。馬の走りとしては悪くなかったと思います。レベルの高い走りだったと思います。


    ――有馬記念ではどういった競馬をしたいと思いますか?
     武豊 それはファンが望んでいる競馬はやはり先頭でゴールインする姿だと思いますし、それに向けてベストを尽くしたいですね。


    ――春のグランプリも含めて4回ファン投票1位になっています。
     武豊 そういうところにも、この馬の人気の高さは感じますし、ひじょうにありがたいです。そういう馬の主戦を任されるというのは騎手として本当に光栄なことなので、過去3回のファン投票のレースではまだ1着になれていないので、最後ですけど“今度こそは”という気持ちは強いです。


    ――武さんは有馬記念でオグリキャップやディープインパクトのラストランの手綱をとっていますね。
     武豊 有馬記念はそういう活躍した馬の引退レースになるケースが多いんですけど、この馬は本当に注目度が高いというか、ひじょうにファンの多い馬ですし、デビュー以来ずっと本当にいい走りを続けてきてくれている馬なので。やはり最後を飾らせてあげたいという気持ちは強いですね。


    ――北島オーナーから何か声をかけられましたか?
     武豊 特にはないですけど、かけられるとプレッシャーになるので(笑)


    ――改めて、この馬の強さはどんなところでしょう?
     武豊 そうですね、デビュー当初は僕は乗っていなかったんですが、最初からデビューのときから期待されていたというわけではないと思うんですけど。常にトップレベルを走り続けて結果も出して本当に凄い馬だな、と思います。一番凄いのは結果を出すところだと思います。あとはサラブレッドとしての能力、総合力がひじょうに高い馬だと思います。


    ――今年走る6戦はすべてGIなんですよね。
     武豊 そうですね。一年に6回もGIを主役として走る。これはかんたんなことではないと思いますし、それに挑んでここまで今年だけでも3勝しました。凄い馬だと思いますし、でも最後はすごく大事だと思います。


    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
     武豊 本当にキタサンブラックもいよいよラストランなので、本当にこの馬には僕自身も、感謝…がいちばん…なんていうんですかね、まぁ感謝しかないというか、ひじょうに励まされた馬なので、最後一緒に勝てれば…というか、ぜひ勝ちたいと思っていますので応援してください。

    サトノクラウン堀師「よくジョッキーと話し合いをして作戦を」/有馬記念共同会見
    C共同会見

    (有馬記念(GI・中山芝2500m)に出走予定のサトノクラウン(牡5・美浦・堀宣行)が、ポリトラックコースで最終追い切りを消化した。追い切りを終えて、管理する堀調教師が共同記者会見に臨んだ。



    (今日の最終追い切りについて)
    「先週まだ少し鈍いところがあったので、今週はその部分を補っておこうと思いました。先週追い切った後、週末には速い時計を出さなかったので、追い切りと追い切りの間隔を考えて、少し強めにやる必要があるがあるということで、今日水曜日にポリトラックで行いました。先週より動きは良くなっていて、良い状態に持ってこれたかなと思っています」


    (これまでとは違って先週、今週とポリトラックで追っているが、その狙いは?)
    「大きな理由は2つあって、1つはメンタル面です。走る気をどういうふうにコントロールするかというのが1番難しいのですが、普段乗っているウッドや坂路にはすっかり慣れてしまい、フレッシュな感じがなくなって、自分でゴール板あたりで気を抜いたりなど、そういう部分が目立ってきていました。その辺に少し刺激を与えるためにもポリトラックにしました。

      あとは仙腸関節が大きくずれている馬なので、競馬のあとは背腰の疲れが1番最後まで残ってしまうことから、ウッドよりもポリトラックの方が負担が少ないというのも、大きな理由です。またウチの厩舎では冬場は暖かい時間にしか追い切りをしなくなるのですが、その時間帯だとウッドの方もだいぶ荒れてしまうという事情もあります。その辺も含めて、ポリトラックでの追い切りになりました」


    (ジャパンC・GI・10着について)
    「レース前やレース後もいろいろと検証してみましたけども、状態としては秋の天皇賞(GI・2着)とほぼ同じくらいの状態にあったのではないかなと思っています。馬場とあのペースの中での位置取りということで、なかなかその辺が噛み合わなかったのかなという印象です。

      1回脚を使ってしまうと気の悪いところを出してしまい、負ける時は大きく負けてしまうというのがこの馬のパターンというか、悪い面が出てしまいました。そういった意味ではそんなに悲観していません」


    (中山の2500mの舞台については?)
    「内回りは良いと思いますし、坂も苦にはしないと思います。ただ2500mはちょっと長いかなという気がします。そこら辺は工夫が必要だろうなと感じています」


    (どんな工夫を?)
    「相手関係や枠順、1番大きいのは馬場状態だと思いますけども、その辺をよくジョッキーと話し合いをして作戦を決めたいと思います」


    (久々にムーア騎手が乗るが、中間何か話をしたか?)
    「前走の敗因や、JCに彼も乗っていましたので、そのレースの中で感じたことなどの話はしましたけど、まだ帰国中なのでこのレースに向けての話はまだしていません」


    (宝塚記念に続いて春秋グランプリ制覇がかかっていて、さらにファン投票も第3位、どんなレースを見せたいと考えているか?)
    「いろいろと繊細なところのある馬ですが、この後もなるべく良い状態で出走させるように努めて、ホースマンシップにのっとった良いレースを見せられればと思っています」


    スワーヴリチャード庄野師「多くの先輩に胸を借りるつもりで」/有馬記念共同会見
    共同会見


    ■スワーヴリチャードを管理する庄野靖志調教師


    ――今のお気持ちは?
     庄野 無事追い切りも終わりまして、競馬に向けていい調教が出来ましたんでホッとしています。


    ――その調教の指示を教えてください。
     庄野 いつもどおりですが、前に目標を置いて。今日は外側が少し荒れているような馬場状態だったので、あまり外は走らないように、ということで。あとは加減などはミルコに「自分の手ごたえで判断していいよ」と伝えました。


    ――動きを見て、いかがでしたか?
     庄野 先週同様、十分な動きだったと思います。


    ――満足のいく状態で有馬記念に臨めますか?
     庄野 そうですね。本番に向けていい状態では出せると思います。


    ――前走のアルゼンチン共和国杯を振り返ってください。
     庄野 ダービーからの約半年ぶりの復帰ということで、どういう状態で出せるかというのが僕としても少し不安はありました。それでいて重賞で初めて古馬と戦うわけでしたが、いい状態で勝てたのは良かったと思います。


    ――春と比べて成長は見られますか?
     庄野 筋肉の量がだいぶ増えた感じがします。キ甲も抜けて少し大人っぽくなって、骨格がしっかりしてきたと思いますね。


    ――レース間隔は空きましたが、庄野調教師の想像以上の成長でしたか?
     庄野 そうですね。想像以上でしたね。精神的にもずいぶんオンとオフがしっかりつくようになって、大人の雰囲気が出てきましたね。


    ――アルゼンチン共和国杯の後、有馬記念を選んだローテーションの理由は?
     庄野 オーナーとよく相談して、3歳馬なのであまり詰めた間隔で使うよりは、ということで間隔をあけてもらって有馬記念1本にしました。


    ――舞台が東京から中山に変わりますが?
     庄野 春当時はよく右回りより左回りということも言われていましたし、実際東京競馬場のほうが走りやすいのかな、という雰囲気はありました。でも、ひと夏を越して馬も成長した今でしたらどのコースでも十分に力を発揮できると思います。


    ――馬体重はどのくらいでしょうか?
     庄野 数字だけいうと前走と同じか、少し増えてもいいと思っているんですけど。だいぶ腹回りとかスッキリしているんですが、肩、腰などの筋肉が大きくなりましたので、多少プラスでいけたらと思います。


    ――プラスの場合、成長分でしょうか?
     庄野 はい、問題ないと思います。


    ――相手はかなり強いメンバーが揃います。
     庄野 古馬のGIですし、こと有馬記念ですからね。リチャードはまだ3歳馬ということで多くの先輩に胸を借りるつもりでいい競馬ができたらいいなと思います。


    ――先生にとってもGI初制覇がかかりますが?
     庄野 うーん、僕はまだまだ先も何度か挑戦していければと思いますけどね。馬の一生として考えるとGIにチャレンジできるのはなかなか機会のないことですから。ぜひとも頑張ってもらいたいです。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
     庄野 スワーヴリチャードは今回初めて古馬のGI競走に出させてもらいます。春当時よりもずいぶんと成長したので、皆さんにもいい状態でいい競馬を見てもらえるように頑張っています。これからも応援よろしくお願いします。

    ルージュバック北村宏司騎手「またチャンスを頂いて嬉しい」/有馬記念共同会見

    一昨年以来2度目の有馬記念(GI・中山芝2500m)出走となるルージュバック(牝5・美浦・大竹正博)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後に大竹調教師と北村宏司騎手(追い切りには騎乗せず)の共同記者会見が行われた。


    ■大竹調教師

    (最終追い切りについて)
    「まずテンのスピードを求めるように促して、あとは半マイルのところで我慢がきくのか、そして3分3厘の反応と最後の直線の反応などいろいろとテーマはあったのですが、イメージしていた通りに走ってきてくれました。若い頃は抜けてもソラを使うようなところはなかったのですけど、さすがにやっぱり古馬らしく抜くところは抜けて、それでいて上の指示に対してはちゃんと反応してるので、総合的に良い動きだったと思います」


    (仕上がり状態は?)
    「エリザベス女王杯(GI・9着)の後はダメージがあるかなと思いましたが、帰ってきても体重がほとんど減っていなかったように、むしろひと叩きされてさらにパワーアップしているという印象です」


    (そのエリザベス女王杯を振り返って)
    「前に取りついて競馬をしようという作戦だったのですが、初めてゲートの後ろ扉を2、3回蹴っているふしがあり、駐立状況が良くなかったのか、思うようにスタートを切れなくて、後方からの競馬になってしまいました。さらにスローで流れてしまったので、さすがに最後は厳しくなってしまいました」


    (これまでゲートの問題はあった?)
    「後ろ扉を蹴るというのは初めて見ました」


    (ゲートに関して調整や工夫は?)
    「先週まで駐立を複数回やって確認をしておきました。練習の中では特にそういったことはなかったですね」


    (一昨年の3歳時以来の有馬記念だが、中山2500mについては?)
    「中山の内回りはトリッキーという印象を持っています。前々走のオールカマーで中山で勝っているのですが、あの時は外回りでしたし、1800mの中山牝馬S(GIII・2着・内回り)にも使っているのですが、何とも言えないですね」


    (中山コース自体は苦にしない?)
    「こちらが苦にしているのではないかと思うと馬にも伝わってしまうのかもしれないので、あまり考えないようにしています」


    (オールカマーで初コンビを組んだ北村騎手への期待は?)
    「1回しか乗っていないですけど、そこで結果を出してくれていますし、1回乗って感触も掴んでいるでしょうから、さらに良い結果に導いてくれるのではないかなと思っています」


    (今回のポイントは?)
    「枠順にも結構左右されるレースですので、枠順が出てから考えようと思っています」


    (枠はやはり内の方が?)
    「あまり明言しない方が良いのかなと思っているのですけど…。皆さんそういうふうに多分思っていると思うので、僕も一緒ですね」


    (最後に意気込みを)
    「毎度毎度、GIの共同記者会見で、何とかタイトルを取りたいとは言っているのですが、5歳の暮れまでGIタイトルを取れないで来ています。良い状態で来ていますし、競馬でこの状態がちゃんと反映されれば結果がついてくると思っています。あとは皆さんの応援があればさらに強味になるかなと思いますので、応援よろしくお願い致します」


    ■北村宏司騎手

    (有馬記念騎乗が決まった時の心境は?)
    「またチャンスを頂いて嬉しかったです」


    (2走前のオールカマーを振り返って)
    「パドックで乗ったのが初めてでしたが、調教を見ていることは多かったので、素直で良い馬だなという印象でした。返し馬もスムーズに行けましたし、競馬も結果を出せて良かったと思いました」


    (持っていたイメージ通りで?)
    「イメージ通りだった部分と、こういう感じなんだなと発見した部分といろいろありました」


    (陣営とはその後に話をしたことは?)
    「中間、調教師や調教助手さんと会話する機会はあって様子は聞いています」


    (良いイメージのままレースに臨めそう?)
    「前回は乗っていないですけど、自分で乗った時はすごく乗りやすかったので、力を出せれば良いなと思っています」


    (2走前は中山外回りの2200mで、今回は内回りの2500mとなるが、乗り方や気をつけるところは変わってくる?)
    「メンバーも違いますし、馬場状態や枠順などこれからいろいろ決まってくるので、これから考えながらいきたいと思います」


    (中山2500mはトリッキーと言われるが、乗っていてもそれを感じる?)
    「様々な要素が絡んでくる条件だと思います。要素はたくさんありますが、特に有馬記念は力ある馬同士で、スタート地点も枠順の差があります。お互いいろいろな考えを持ってレースを進めると思いますので、そういうせめぎ合いが多い条件だと思っています」


    (今のところ1番気をつけたい、あるいはポイントとなるところは?)
    「先週聞いた時には馬のコンディションは順調に来ていると聞いていますし、そこはスタッフに任せていますので、とにかくスムーズに運べるかというところなのかなと思います」


    (北村騎手は5年振りの有馬記念騎乗になるが?)
    「盛り上がりもすごいですし、その舞台に乗せてもらえるのは本当に楽しみにしています」


    (最後に意気込みを)
    「良いチャンスをもらいましたので、力を発揮して良い競馬ができるように乗りたいです


    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ