競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:共同会見

    チャンピオンズカップ予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ケイティブレイブ杉山師「こちらが思っている以上に上向いてきている手応え」/チャンピオンズC共同会見
     ■ケイティブレイブを管理する杉山晴紀調教師
    ――今朝の追い切りについて教えてください。
    杉山 先週は福永騎手が乗ってCWコースで追い切りました。思った以上に全体の時計が速かったので、今週は確認程度で55~56秒ぐらいのつもりだというのはジョッキーと話していました。(しかし)内容的に53秒台で終いまでしっかり走っていました。先週も同じ感じだったのですが、ジョッキーが思っている以上に時計が出ましたが、(これについては)完歩が、ストライドがジョッキーが思っている以上に伸びているということで、いい傾向にあるのではないかと思います。

    ――この中間の調整は?
    杉山 叩き2走目ということでJBCのときもかなり上積みを感じていました。その流れに沿ってJBCのときとあまり調整過程を変えずにやってきました。

    ――状態は上がっていますか?
    杉山 正直、維持できればいいかな、という感じだったんですけれども。こちらが思っている以上にかなり上向いてきているという手応えは感じています。

    ――前走は初めての中央場所でのGI勝ちでした。
    杉山 あれだけの馬を開業からそんなに時間が経っていない厩舎に預けていただきました。そのためにも地方のGIではなく中央の舞台で勝つということがひとつの区切りだと思っていましたので、それを果たすことができてまずはホッとしています。

    ――中京のコース適性は?
    杉山 右回り、左回りはあまり関係ないと思うのですが。中京の場合は強いて言うと直線に坂があります。そこが違いにはなってくると思います。前走のような出たなりで相手を見ながらという競馬ができれば、克服はできるのではないかと思います。前走もジョッキーが言ってましたけれども、集中して出遅れないように。それができればそれなりの位置でレースを運べるのがわかっていますので。あまり展開に注文というのはつかないと思っています。

    ――ライバル関係は?
    杉山 強い馬がいるのはわかっていますけれども、厩舎サイドとして出来ることは馬が走れる状態に持っていくというのを集中してやるだけです。

    ――今回の馬体重は?
    杉山 大きく変わってはいないと思います。

    ――最後に来年のドバイも含めた上での抱負を。
    杉山 オーナーの夢もあって来年のプランというのももちろんあるのですが、まずは一戦一戦しっかり納得できる結果が出るようにやっていくだけです。また強いケイティブレイブを見せられるように頑張りたいと思います。


    ■ケイティブレイブに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    福永 先週はCWで追ったのですが、想定より速いタイムが出てしまいました。今週は軽めに5ハロン55秒くらいで最後伸ばすような感じをイメージしていたんですが、今週も速くなりました。

    ――それは馬の状態がいいからでしょうか?
    福永 状態はもちろんいいのですが、ストライドが伸びた感じなんですよね。だいぶゆっくり入りましたし、僕は競馬も調教もこの馬には以前の目野厩舎時代から乗せていただいています。それでもタイムの感覚がずいぶん崩れているので。ストライドが伸びたようですね。

    ――前走のレース後と比較して状態は?
    福永 いいんじゃないですか。ストライドが伸びているということは体の使い方がいいということです。前走も非常にいいコンディションで、大幅に上がっているという感じでもないですけれども、維持しているという感じでもないですね。前走時か、それよりいいぐらいの状態。動ける状態だと感じます。

    ――どういったところが良くなりましたか?
    福永 心身ともにずいぶん成長したな、と思いますけれども。体の面でいうと、年齢的なものもあると思うんですけど、競走馬としていい体になってきたなと思います。走るバランスなんかも含めて。以前は前のめりな感じ、前に重心がある感じで走っていたんですけど、そこのバランスが変わってきた感じがします。だからストライドも伸びていると思います。  

    精神面で言うと、最初僕が乗せてもらったときには結構極端な逃げ馬でした。最初に名古屋の重賞(2017年3月名古屋大賞典)を勝ったんですけど、逃げてるんですけど集中していない馬でした。そんな状態でも勝っているので、かなり高いポテンシャルは感じていました。  

    僕自身、極端な逃げ馬が好きじゃないわけじゃないんですけど、無駄が出てしまう感じがあると思ってしまって。逃げ一辺倒の馬よりはある程度いろいろな走りができる中で逃げが選べる馬になったらもっと安定していい結果を出せるんじゃないかな、という思いは持っていました。それは以前の目野厩舎時代に先生にも伝えていました。  

    今でこそ自在性が武器みたいに言われていますけれども、一番自在性がなかった馬でしたから。二番手でもムキになって脚がたまらないような馬でしたから。それは帝王賞(2017年6月)でスタートで躓いて差すかたちで勝てたというのが大きかったと思います。あれをきっかけにいろいろできる馬になるんじゃないかな、と思いました。でも、それは一朝一夕にできるものではないですし、結構時間がかかりました。  

    それが、二走前の船橋(2018年10月日本テレビ盃)の競馬でああいうかたちで勝つことが出来たときに、もう試すことはないな、と。戦法、脚質に関してはいじるところはないな、と思いました。

    ――そういった成長を感じる中で前走の中央場所での1勝(2018年11月のJBCクラシック)はいかがでしたか?
    福永 すごくあの馬の価値を高める1勝だったと思います。JRAの舞台で大きな実績を出せていなかったので、レース前はそこが不安視されていた面もありましたけれども。僕自身に関しては全然心配していなかったですね。  

    というのも、1年前に同じ京都コースで同じ距離の平安Sを走っているんですけど、あの時は大外枠が当たって逃げることが出来なくて途中から引っかかって、途中で先頭に立って失速して、最後は5着だったんですけれども。このときに1分56秒台で走っていたので。全然問題ないと思っていました。

    ――舞台は中京にかわりますが、そのあたりは?
    福永 左回りは走っていますし重賞も勝っています。坂ですけど、そうですね…不安に思っても(自分が)やることは変わらないので。大丈夫だと思います。昨年も4着で走っているコースです。  

    昨年は最悪の内枠が当たって、逃げ馬の後ろでした。そもそもそういう競馬もできない馬でしたが、その中で4着に健闘していましたし、そこからは自在性も出ましたから。当然昨年よりはいいパフォーマンスで走れるのは間違いないので。何にも心配はしていないです。

    ――関東馬ルヴァンスレーヴなどのライバル関係は?
    福永 もちろん、一番強力な相手だと思っています。チャンピオンホースのゴールドドリーム(※1)とルヴァンスレーヴ、この2頭は強力です。ルヴァンスレーヴは3歳馬ではありますけれども、今年の3歳馬はレベルが高いです。いずれはこの世代の馬がダート界をけん引していくんだろうと思いますけれども。まだ今はね、そういう状態だと思いますね。その中であの強力な2頭を相手にする上でもね、負けられない気持ちでいますし、自信をもってあの2頭を相手にぶつかっていける状態だと思います。

    ――レース展開については?
    福永 まだ決めていないです。ペースにあわせた位置取り。この馬が一番力を発揮できるリズムで走らせてあげたいなと思っています。

    ――枠順のこだわりは?
    福永 大きい馬でストライドもさらに大きくなっています。極端な内枠はできれば欲しくはないですけど、当たった枠で考えます。そんな感じでダービーも勝てたので(笑)。

    ――陣営は来年のドバイを見据えているという話もありますが、そのあたりも含めて意気込みを。
    福永 はい。ドバイに関しては、転厩した際に杉山調教師に話をする機会があって自分のほうからドバイにチャレンジさせて欲しいという旨は伝えたんです。なぜかというと、大井競馬場で結構いい成績を残しているんですけれども、大井の馬場は雨が降ると少し土っぽく粘土っぽくなるんです。そのときの走りが返し馬からずいぶん良かった。

    だから、ドバイに限らずアメリカ的な馬場にチャレンジしてみたいな、という思いがあったんです。杉山調教師もそのあたりをオーナーと一緒に考えてくださいました。  

    そして、そうなるためにはドバイの前に日本で結果を出さなければチャレンジも出来ません。そういった意味でチャレンジをする資格は既にGI3勝はしているので持っているのだとは思いますが、やはりどうせ行くなら日本の代表馬として行ければいいなと思いますので、なんとしてもここでいい結果を出して日本代表の座をつかみ取ることができればいいな、と思っています。

    ※1 会見はゴールドドリームの回避が発表される前に行われました
    【JRA】ルヴァンスレーヴ萩原師「前走は非常に強い競馬」/チャンピオンズC共同会見
     古馬を退け南部杯(JpnI・1着)に優勝して勢いに乗る3歳馬のルヴァンスレーヴ(牡3・美浦・萩原清)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。その後、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    (ここ2週は坂路での追い切りだったが、今朝のウッドチップコースでの追い切りについて) 「直前ですのでしっかり作っていきたいということで、先週水曜日は坂路で、先週土曜と今朝はウッドチップで追い切りをしました」

    (手応えは?)
    「霧で十分に確認はできていないのですけど、乗り手の感触は良かったですし、土曜日の追い切りとの兼ね合いを考えても良かったとは思っています」

    (乗り手とは具体的にどんな話を?)
    「息遣いを含めて馬の動き、あとは反応的なところを話しました」

    (馬の状態は)
    「前回と変わらないくらいの状態で出られるでしょう」

    (史上初の3歳馬の優勝となった南部杯を振り返って)
    「賞金的に3歳馬が出にくいレースになっていますが、古馬を完封という形ですので、非常に強い競馬だと思っています」

    (ゴールドドリームに勝ったことの評価は?)
    ※ゴールドドリームはチャンピオンズCを回避 「内容的にも3コーナーあたりでの脚の使い方、動きがとても良かったですし、非常に評価できるレースだと思っています」

    (南部杯から2か月たったが、変化は?)
    「大きくはないですけど、1戦1戦成長している感じはあります」

    (左回りは5戦全勝だが、初めての中京コースは?)
    「今までもいろいろな競馬場で対応ができていますので、コース替わりはそんなに心配はしていないです」

    (3歳馬が制すると12年振りの快挙、中京に開催が移ってからは初となるが?)
    「そうなればいいなとは思っています」

    (ミルコ・デムーロ騎手とは何か話を?)
    「ミルコとは南部杯のあともそんなに話はしていないのですけど、馬の能力を我々以上に知っていると思いますので、全幅の信頼を置いてお任せさせて頂きます」

    (理想の展開は?)
    「競馬の形がはっきり整っていない馬なので、流れに応じてになるでしょう。また新しい面が出ればとも思っています」

    (枠順は?)
    「与えられた枠で対応していくということになりますので、特に気にしていません」

    (最後に意気込みを)
    「大勢のファンの方の応援や関係者の努力によってここまで来られましたので、我々は良い形で(ジョッキーに)バトンタッチして、良いパフォーマンスを競馬でお見せできればと思っています」
    【JRA】サンライズノヴァ生野助手「レースを走ったことで馬がシャキッとした感じ」/チャンピオンズC共同会見
    ■サンライズノヴァを管理する音無厩舎の生野賢一調教助手
    ――今朝の最終追い切りについて教えてください。
    生野 指示は調教師から任せられましたので、競馬の間隔も詰まっていますし全体の時計はそんなに出さなくていいなと思い、最初はゆっくり入って終いは伸ばすかたちにしました。

    ――状態はいかがでしたか?
    生野 競馬のダメージはないと思います。レースを走ったことで馬がシャキッとした感じがあり、調子はいいと思います。走っていると無駄なことはしませんし、トモからの力はしっかりと伝わる走りをしていると思います。

    ――中京、および今回のコースの適性は?
    生野 この馬はよく東京で走っているイメージがあると思います。似たように直線が広くて大きいコースですし、持ち味が生かせるのではないかと思います。以前、結構前にはなりますが1800でも走っていますしコーナー4つのコースもこなしてくれるんじゃないかと思います。いまは最初はのんびり行って終いに脚を使うという競馬が確立されてきましたしね。

    ――枠順へのこだわりは?
    生野 最後どうしても外を回して脚を使うので、あまり内過ぎなければいいなと思います。

    ――3連勝ですが、成長を感じる部分は?
    生野 体がしっかり大きくなりましたし、力もそれにあわせてついてきました。

    ――最後に抱負を。
    生野 調子もすごくいいと思います。十分戦えると思いますので応援よろしくお願いします。
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】スワーヴリチャード鞍上M.デムーロ「そろそろ勝ちたいです」/ジャパンC共同会見
      ■スワーヴリチャードに騎乗のミルコ・デムーロ騎手
    ――前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。

    ミルコ 全然良くなかったです。まず、スタートでちょっとぶつかりました。3、4コーナーもずっと内にもたれましたし、直線も全然伸びなかったですね。

    ――現在の馬の状態は?

    ミルコ すごく良いですね。何も変わらないですね。今日も追い切りに乗りましたがすごくいい動きをしていました。前走のダメージは全然ないです。

    ――1週前の追い切りはいかがでしたか?

    ミルコ 1回競馬を使っていたので軽い追い切りでした。

    ――東京の芝2400mというコースは?

    ミルコ アルゼンチン共和国杯を勝った時と同じ(東京)コースですし、距離も100m短いだけであまり変わらないです。左回りは上手ですし、馬の状態はカンペキ。気持ちだけちょっと(欲しい)ですね。

    ――どのようなレースにしたいですか?

    ミルコ ジャパンカップはいつも難しい展開になりますね。枠順も大事。ゲートの中でイライラせずに、タイミング良くいいポジションをとりたいですね。前(での競馬)がいいですね。

    ――ゲートはどのあたりがいいですか?

    ミルコ 真ん中くらいですね。

    ――スタートに関しては調教師と話しましたか?

    ミルコ いえ、ないですね。いつも任せてくれます。厩舎も先生も僕もこの馬のことは結構わかっていますから。頑張ります。

    ――前走から良くなっている点は?

    ミルコ さきほど言ったとおり、調教でのダメージはないです。いつも、調教の時はすごくいい状態。(だから前走)競馬にいってあんな結果になるとはビックリしましたね。安田記念ではたぶんすごく疲れていました。たぶん状態が悪くなって、で、前走も競馬をしていなかった。だから、その問題かもしれないですね。

    ――今回のメンバーで気になる馬は?

    ミルコ いっぱいいますね。GIですからね。アーモンドアイは凄い。バケモノですね。

    ――他にはいますか?

    ミルコ もちろんもちろん。GIはみんな勝ちたいですからね。GIを勝った馬も結構いますし、サトノダイヤモンドにシュヴァルグランなどがいますね。

    ――デムーロ騎手自身も勝ちたいですよね。

    ミルコ もちろん、もちろん。前走は全然競馬してなかったけど、大阪杯の時はすごく強かった。その馬(注:大阪杯の時のスワーヴリチャード)だったら全然チャンスありますね。

    ――最後にファンの方へメッセージを。

    ミルコ 先週も言ってましたが、今年は2着が多いです。そろそろ勝ちたいです。今週も頑張ります。
    【JRA】アーモンドアイ鞍上ルメール「ほとんど完璧な馬」/ジャパンC共同会見
     今年の牝馬三冠馬のアーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)がウッドチップコースで、クリストフ・ルメール騎手を背に最終追い切りを行った。追い切り後、ルメール騎手と国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りの感触は?)
    「今朝は2頭で併せました。とても良い追い切りでした。彼女は最初からリラックスして、フットワークはとても良かったです。3、4コーナーからペースアップしました。直線で良い脚を使いましたし、コンディションは良さそうです」

    (先週の追い切りと比べると?)
    「先週は少し軽い追い切りでした。今回はジャパンCの週でもう少し速いペースで走りました。コンディションがアップしたと思います」

    (前走の秋華賞を振り返って)
    「素晴らしいレースでした。後ろのポジションから加速してくれました。残念ながら3コーナーで大外の進路を進まなければいけませんでしたが、彼女の能力はすごいですから、勝つことができました。素晴らしい仕上げでしたね」

    (秋華賞の会見時は95パーセントの仕上がりとのことだったが、今回は?)
    「今回はだいたい100パーセントだと思います」

    (秋華賞時と比べて今回変わってきた点は?)
    「今回は多分、スタート前にもう少しリラックスすることができるでしょう。道中はいつも乗りやすいです。秋華賞の時は馬場入りの時もエキサイトしました。今回は多分、もっと良い感じだと思います。心身ともに充実していますし、良い結果を出すことができるでしょう」

    (東京の2400mの舞台について)
    「皆にとって大変な距離ですね。でも彼女は府中でオークスに勝ちました。彼女にとってコースは問題ないと思います」

    (以前ウオッカでこのレースを制しているルメール騎手にとって、ジャパンCとは?)
    「世界でジャパンCはとても有名なレースです。日本で賞金が1番高い。いつも勝った馬がスーパーホースになりますね。とても大変なレースです。有名ですから、是非勝ちたいですね」

    (そのレースに三冠牝馬のアーモンドアイでチャレンジする気持ちは?)
    「今年三冠はアーモンドアイの1番の目標でした。三冠取ってとても良かったです。今週は彼女の(今年)最後の挑戦です。今回は古馬相手で結構難しいレースになりますが、能力はありますので、自信を持って乗りたいです」

    (アーモンドアイはどんな馬か?)
    「ほとんど完璧な馬ですね。とても賢い馬です。頭が良くてすべきことを良く知っています。1番良いところは、瞬発力です。直線でトビがすごく大きいです。力をたくさん使います。心臓も強いです。悪いところがないです」

    (乗っていて実際どのような感じ?)
    「加速する時はすごく良い感じです。フェラーリに乗れば同じくらいですね。ギアがすごい良い感じです。特別な馬ですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今週のジャパンCは、アーモンドアイの最後の挑戦です。もう1度アーモンドアイを応援してください。よろしくお願いします」

    ■国枝調教師
    (今朝の追い切りの狙いは?)
    「先週良い動きができていましたので、同じような感じでやれば良いだろうと思いました。(動きは)良かったと思います」

    (追い切り後ルメール騎手とは?)
    「彼も満足していたようで『申し分ない、問題ない』と言っていました」

    (秋華賞を振り返って)
    「いろいろな要素があったのですが、競馬に行ったら自分の仕事をサッとやってくれて、すごい馬だなと思っています」

    (レース後の様子は?)
    「多分熱中症ではないかなと思うのですが、体が動かないような状況になりました。ただそれは一過性で、治療をして良くなったら全く問題ありませんでした。その後も良く様子を見ていたのですが、問題がないのでジャパンCということになりました。その後は牧場に出て順調に来ました。予定通りこちらに帰厩して、追い切りをして順調です」

    (秋華賞では馬体重が増えていたが、成長は?)
    「あの時はだいぶ間があいて数字も増えていて、体付きも少し余裕がありました。今回数字は前回と同じですけど、やはり1回使われているので体にシャープさが出てきたのではないかと思います」

    (後ろ脚の踏み込みが深くて前脚にぶつけて爪を痛めるということもあり、秋華賞時は坂路で追い切っていたが、今回はウッドチップコースでの追い切りということで何か工夫した点などは?)
    「基本的にはダメージを治すというところだったのですが、思いのほか蹄の治りが早かったですね。右前脚には鉄橋の蹄鉄(間に橋のように鉄板が架けられた蹄鉄)を履かせていますが、全く問題なく来ましたので良かったです」

    (東京の2400mにコースが替わるが?)
    「競馬のしやすいコースですし、実際オークスで結果が出ていますので、あのようなイメージで競馬ができればと思います」

    (古馬相手という新たなステージにチャレンジとなるが?)
    「どうかなという不安もありますが、楽しみの方が大きいですね」

    (ジャパンCというレースにはどのような思いを?)
    「創設の時からすごく憧れのレースでしたし、出られるのはすごく嬉しいですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「とても可能性を秘めた牝馬で、良いパフォーマンスを見せられると思いますので、期待をしてもらいたいです」
    【JRA】シュヴァルグラン鞍上C.デムーロ「ライバルはアーモンドアイです」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のクリスチャン・デムーロ騎手
    ――コンビを組むことになった時の気持ちは?
    クリスチャン とても素敵な贈り物だと感じました。とてもビックリしました。騎乗依頼が来てとても幸せです。

    ――この馬のレースぶりはいかがですか?
    クリスチャン 昨年のジャパンカップを勝っているということですごくいい馬だということはわかっています。前走は4着でしたが、休み明けでこの結果を出している、いい馬ですね。

    ――中間、シュヴァルグランに跨っての感想は?
    クリスチャン 先週初めて騎乗しましたが、状態も良く、いい感触を得ました。今朝も騎乗させていただきましたが先週より良くなっています。ジャパンカップに向けて準備は出来ていると思います。

    ――騎乗前と騎乗後でイメージは違いましたか?
    クリスチャン GIを勝つレベルの馬ですし、騎乗前も後もイメージどおりいい馬で変わりはないです。

    ――東京コースについてはいかがですか?
    クリスチャン スタートもいいですし、好位を取ることも上手な馬です。前回のジャパンカップの時もスタートは良かったですし、先団のすぐ後ろにつけています。今回もそのようにしていきたいと思います。

    ――気になるライバルはいますか?
    クリスチャン アーモンドアイです。

    ――他にはいますか?
    クリスチャン はい。私の兄が乗るスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドのようないいメンバーが揃っていると思います。

    ――お兄さんへのライバル心はありますか?
    クリスチャン ありません。自分の馬に集中して乗ることが大事ですからね。

    ――最後にファンにメッセージを。
    クリスチャン このレースを勝つという夢を叶え、皆さんに届けたいです。「(日本語で)がんばります。ありがとうございます」。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    エリザベス女王杯予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ノームコア萩原師「良い意味でギャップに驚いた」/エリザベス女王杯共同会見
     9月8日の紫苑S(GIII・1着)からの参戦となるノームコア(牝3・美浦・萩原清)。ウッドチップコースでの最終追い切りを終え、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    (ウッドチップコースで行われた単走の今朝の追い切りについて)
    「前回と変わらない状態で出られるかどうかの動きを確認しました。

    (動きは)
    「良かったと思います」

    (紫苑Sから間隔をあけた今回、仕上がり具合は?)
    「良い感じだと思います。関係者の方々の期待に応えられるような状況で出走させたいと思っています」

    (紫苑Sはレースレコードで3馬身差の圧勝でしたが?)
    「良い意味で春とのギャップが大きかったので、戸惑いもありました。思いのほか馬が動いたという感じはあります」

    (夏を越して秋初戦、変わってきた部分は?)
    「馬がしっかりしてきましたので、あのような結果だったと思います」

    (春より少し後ろの位置取りでの競馬だったが、ジョッキーとそのあたりは話を?)
    「多くは話さなかったですけど、馬の持ち味が生きるような競馬をしてもらいたかったということですね」

    (これくらいやれると早い段階から思っていた?)
    「そうですね。どれくらいのレベルかというのは正直掴めなかったですけど、春の成績よりは上がってくるだろうとは思っていました」

    (成長したと実感した一戦だった?)
    「成長したというよりは、こちらとしてはギャップに驚いたというところですね」

    (あの勝利を見て今後は益々楽しみに?)
    「そうですね。期待も大きくなってきますので、それに応えられるようにと思っています」

    (距離が1ハロン延び、古馬との対戦になるが?)
    「未知数な部分が大きいですけど、前走は評価をしていい競馬だったと思います」

    (距離延長は大丈夫?)
    「とは思っています」

    (関西圏への輸送は?)
    「それもクリアしなければいけない課題なので、クリアするよう努めます」

    (輸送はいつ?)
    「馬の状況を見てこれから考えます」

    (京都の外回りの2200mに関しては?)
    「その辺は未知数ですね」

    (どのようなレースを期待する?)
    「紫苑Sに引き続いて、ノームコアの能力を発揮できるようなレースをしてもらいたいです」

    (最後に意気込みを)
    「レース当日まで、何とか良い状態で競馬に臨めるように努めていきますので、競馬場で応援よろしくお願い致します」
    【JRA】フロンテアクイーン蛯名騎手「大人になってきた」/エリザベス女王杯共同会見
    昨年秋から勝てないまでも安定した成績を残しているフロンテアクイーン(牝5・美浦・国枝栄)が、蛯名正義騎手を背に坂路で最終追い切りを消化。追い切りを終えて蛯名騎手と国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■蛯名騎手
    (坂路での最終追い切りについて)
    「多少速くなりましたけど、良い動きで順調だと思います」

    (追い切りではどのようなことの確認を?)
    「テンションとこちら側の指示に上手に従って走ってくれるかということです」

    (前走の府中牝馬S・GII・3着からの上積みは?)
    「前走も良い感じだったので、すごく大きく変わったことはないのですが、高いレベルで維持をしているのではないかと思います」

    (楽しみを持って臨める?)
    「すごく順調に来ていて、力は出せるのではないかと思います」

    (強豪が揃った前走は惜しいレースだったが?)
    「本当に良い競馬でした。時計的にも走っていますし、相当速い上がりの中で強いメンバーを相手にあそこまで競馬ができていたので、非常に良い内容だったと思います」

    (2走前のクイーンS・GIII・2着から久々にコンビを組んで、3歳時と比べると?)
    「だいぶ落ち着いてきて、大人になってきたなと思いました」

    (京都の2200mに関しては?)
    「距離的なところがどうかなとは思うのですが、ここのところの落ち着きや競馬の上手さを考えると、十分やれてもおかしくないと思います。この間もあれだけ上がりの競馬になりながらも我慢がきいていましたので、折り合いは大丈夫でしょう。秋華賞(GI・14着)にも行きましたが、その時はまだ不安定な部分がたくさんあった中での長めの距離でした。今は古馬になって落ち着いた中での長めの距離なので、改めて期待をしています」

    (勝利を得るためにどのような競馬を?)
    「非常に強いメンバーが相手なので、この馬の競馬をしてどこまでやれるかとは思っています」

    (蛯名騎手は3年前にマリアライトでこのレースを勝っているが、今回も好結果が期待できる?)
    「馬の力で何とかそういうことになればいいなと思います」

    (この馬の久しぶりの勝利がこのGIになれば?)
    「本当にここのところ堅実に走ってくれて、自分の能力を出し切れるようにはなってきていますし、あとは力関係だと思っていますので、良い競馬ができればと思います」

    (最後に意気込みを)
    「馬の状態も非常に良い感じで来ていますので、何とか良い競馬をしたいです。応援してください」

    ■国枝調教師
    (先週に引き続いて今週も坂路で50秒台の時計が出ていたが?)
    「もう少し軽くても良かったのですが、併せた馬も速かったですからね。動きは良かったです」

    (この追い切りで主眼に置いたことは?)
    「どのくらいできているかということです。この後の競馬に至るまでの状況もありますから、それを見ながらという感じですね」

    (仕上がりは?)
    「飼い葉も食べていますし、良い感じです」

    (前走から中3週、久しぶりに間隔を詰めてのレースということになるが、この馬の力は出せる出来にある?)
    「堅実に走ってくれますし、状態に関しては問題ないので、大丈夫でしょう」

    (去年の暮れからここまで間隔をあけつつ重賞を使ってきて惜しいレースが続いているが?) 「すごく良い競馬はできていますし、もう少しのところだと思いますので、うまく噛み合えばチャンスはあるでしょう」

    (そのもう少しのところを埋めるための工夫は?)
    「ここが足らないなというところは特にないので、あとは競馬での流れ一つかなと思います」

    (2走前からからコンビ復活の蛯名騎手と何か話は?)
    「彼もこの馬によく乗っていて色々わかっていますし、今日も(追い切りが)終わった後に良い感じでは来ているということでした。あとは(ジョッキーに)お任せという感じですね」

    (京都の2200mについては?)
    「折り合いも問題ないですから、流れの中でどの位置になるかということになると思いますけど、特に心配はしていません。秋華賞で走った時は残念だったのですが、あの頃に比べれば馬もしっかりしていますので、距離も問題ないと思います」

    (輸送は?)
    「あちこちに行っていますしね、問題ないでしょう」

    (エリザベス女王杯ではどういうレースを?)
    「極端な競馬にならなければ、ステディな競馬になるかなと思いますけどね」

    (このGIの舞台で久々の勝利を?)
    「初重賞勝利がGIなら最高だと思います」

    (ここを勝てば、JRAの牝馬GI完全制覇となるが?)
    「頑張ります」

    (最後に意気込みを)
    「いつも一生懸命走ってくれますので、チャンスはあると思います。応援よろしくお願い致します」
    【JRA】モズカッチャン鞍上M.デムーロ「スムーズな競馬で連覇したい」/エリザベス女王杯共同会見
    ■モズカッチャンに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手
    ――前走の札幌記念を振り返ってください。
    ミルコ 残念ながら届かなかったけど、すごくいい競馬をしてくれました。

    ――サングレーザーを追い詰める走りを見せてくれました。やはりモズカッチャンは走りますね?
    ミルコ 走ります。それは心配ないですけど、あのときは相手が強かったですね。

    ――この馬の長所は?
    ミルコ 今はちょっと大人になりましたね。以前はスタートが良くてすぐにいいところについていって、瞬発力のある走りをしていましたけれど、今はスタートは少し時間がかかるようになりましたが、長くいい脚を使えるようになりました。今もすごくいい脚を使ってくれます。

    ――昨年のエリザベス女王杯は覚えていますか?
    ミルコ はい、もちろんです。秋華賞のリベンジができました。秋華賞では落鉄してついていなかったし、最後は苦しくなって3着という結果でしたから。でも、エリザベス女王杯は3歳ながら大人の古馬と一緒に走って、GIを獲りました。

    ――京都コースを乗りこなすポイントは?
    ミルコ モズカッチャンは本当に(競馬が)上手ですね。真面目なので内回りも外回りもしっかり走ってくれます。(当日の騎乗について)あとは枠順とペース次第ですね。

    ――弟さん(クリスチャン・デムーロ騎手)がカンタービレに騎乗しますが何か話しましたか?
    ミルコ 敵ですね(笑)。特に話していません。(二人とも騎乗馬は)最後はいい脚を使う馬だから、いい対決をしたいね。

    ――ご自身はカンタービレにも騎乗されていましたが、強いですか?
    ミルコ 強いですね。

    ――連覇がかかりますが?
    ミルコ もちろん連覇したいですね。GIだから敵は多く強いです。もちろんカンタービレなどいろんな馬が勝ちたいと思っているだろうから、簡単ではないと思いますが。

    ――最後にひとこと。
    ミルコ 前走の札幌記念は負けました。(勝負どころで抜けだしたかったが)スペースがなかったし、スペースができてからは(そこからスパートしても)届かなかった。今回はスムーズな競走をしたいです。もちろん連覇したいですし、勝ちたいです。
    【JRA】カンタービレ陣営「この秋は成長した姿を見せてくれています」/エリザベス女王杯共同会見
    ■カンタービレを管理する中竹和也厩舎・辻野泰之助手
    ――秋華賞を振り返ってください。
    辻野 競馬の前はもう少し前目のポジションを想定したんですが、ゲートで遅れてしまったこともあってあのようなポジションからのレースになりました。でも、最後はあれだけの脚をみせてくれて、新たな一面がみられました。春からの成長かと思えますし、レースの幅が広がったという意味では収穫のあるレースだったと思います。

    ――中間の調整はいかがでしたか?
    辻野 GIに向けて仕上げていったのでローズSの後より疲れがみられました。軽めの運動でしっかり疲れをとってから立ち上げてきました。  
    追い切りについては、秋2戦使ってきましたので、それほど強い負荷も必要ないと思い、この中間は坂路中心で追い切ってきました。ラストの反応はいいですし、前走と同じような状態で出られると思います。

    ――芝2200mという距離はいかがですか?
    辻野 春はオークスで距離の壁を感じましたが、この秋は成長した姿を見せてくれています。(秋華賞から距離が)1ハロン延びてもこなしてくれるのではないかと思います。

    ――京都の外回りコースについては?
    辻野 春は機動力を生かして押し切る競馬をしていました。前走のような(後方からの)ポジションでもしっかり末脚を伸ばせるところをみせてくれましたし、外回りコースでも不安はないと思っています。

    ――初の古馬との対戦については?
    辻野 初めて違う世代の馬たちと走ることになりますので、比べるのが難しいとは思います。でも、この馬の力を出してくれれば十分通用するのではないかと思います。

    ――最後にひとこと。 辻野 ようやくGIのタイトルに近いところまでこられたと思いますので、もうひと押し頑張ってもらいたいです。応援よろしくお願いします。
    【JRA】マカヒキ武豊騎手「思っていたよりパワフルな感じ」/天皇賞(秋)共同会見
    ■リスグラシューに騎乗予定のジョアン・モレイラ騎手
    ――この馬に初騎乗ですが、気持ちは?
    モレイラ 今日はじめて乗りました。健康的で元気でしたし、仕上がりも良かったので満足しています。今週の騎乗を楽しみにしています。

    ――イメージと実際の騎乗で違いはありましたか?
    モレイラ 実はちょっと違いました。馬の行きっぷりが前向きだったので、行きたがるほどではなかったんですが「すぐに走りたい!」という気持ちがいっぱい感じられました。反応も手ごたえも良くて、そういう意味でも馬が健康的で元気だと思います。改めて騎乗できるのが楽しみです。

    ――モレイラ騎手は京都芝2200mは初めてですが、コースについての印象は?
    モレイラ 京都競馬場はすごくいい競馬場だと思っています。そして、いままで自分が経験した日本の競馬場の中でいちばんトリッキーで一番チャレンジし甲斐のあるコースだと思います。でも、そういいながらもフェアな競馬場であると思います。直線も十分な長さがあるし、強い馬が勝てる競馬場だと思います。改めてGIに騎乗できるということに感謝していますし、京都競馬場で走るのを楽しみにしています。

    ――牝馬限定GIへの騎乗は初めてですね。印象は?
    モレイラ 日本では初めてですが海外では何度も経験しています。でも、久しぶりです。牝馬限定のレースというのは独特で、牝馬は性格が粗いというか不安定なところがあるものです。でも、いままで牝馬限定戦ではいい競馬をしてきたと思うのでその経験をいかしたいです。今回のチャレンジについてもエキサイティングな気分になっています。

    ――勝利のポイントは?
    モレイラ 先ほど言ったとおり、馬の仕上がりのコンディションについては自信があります。大事なポイントは折り合ってこの馬をリラックスさせて、最後の脚を使わせることです。それで勝てるかといえばそこはなんとも言えませんが、とにかく(道中は)リラックスして最後の脚をしっかり使えるように競馬したいと思います。

    ――最後にファンの方へメッセージを
    モレイラ いままでの皆さんのご協力により今週も競馬に騎乗できます。家のテレビをご覧になっている方、そして競馬場へいらしている方の応援を期待しています。きっといい競馬になると思います。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    天皇賞(秋)予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】レイデオロ鞍上ルメール「府中の2000mは丁度良い」/天皇賞(秋)共同会見
    先週の追い切りでアクシデントがあったレイデオロ(牡4・美浦・藤沢和雄)だが、今週(10/24)はクリストフ・ルメール騎手を背に無事最終追い切りを終えた。騎乗したルメール騎手と藤沢調教師が、追い切り後に共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手 (今朝の追い切りについて)
    「今日は普段の追い切りでした。馬は最初からリラックスできていたし、柔らかく走って手前も替わったし、すごく良い追い切りでした」

    (先週の追い切りはあまりうまくいかなかったが、今週何か感じたことは?)

    「先週は少し心配しました。今日の追い切りでは馬の脚を注意しました。馬のバランスも気をつけました。でも問題はありませんでした。良かったです」

    (状態は?)

    「良さそうです。オールカマー(GII・1着)の前はちょっと重たかったです。少し太かったですけど、今回は彼の体は丁度良いと思います。追い切りの後もすごく良い感じでした」

    (少し太くてもオールカマーは優勝しました)

    「そうですね。3、4コーナーの反応が少し遅かったですけど、ラスト200mはすごく良い脚を使いました。それからパワーアップしたと思います」

    (ドバイシーマクラシック(G1・4着)の時は折り合いが難しかったようだが、オールカマーでは?)

    「ドバイはちょっと大変でした。でもオールカマーではすごく乗りやすかったです。今朝の追い切りでの折り合いもとても簡単でした。すごく乗りやすかったですし、大人しかったです。追い切りの前と追い切りの後、馬がすごく静かでした」

    (東京2000mについて)

    「ピッタリの距離だと思います。府中の2000mで直線が長いです。彼にとても良いと思います。いつも直線に入ってから、彼のエンジン(がかかるまでに)は、少し時間がかかります。ラスト200mはすごく切れ味がありますね。スタミナもあるので、府中の2000mが丁度良いです」

    (レースプランは?)

    「まだプランはありません。普段レイデオロのスタートはそんなに速くないですから、いつも後ろのポジションになりますね。良いペースが必要です。良いスタートをして良いポジション、前の方で乗りたいです」

    (ダービーのような?)

    「そう。ダービーのポジションくらいね。いつもどのレースもペースやスタートによります。もちろん人気の馬をマークしたいです。今回のメンバーは強いから、多分みんなチャンスありますし、勝つのは難しいですね」

    (ペースは速くなってほしい?)

    「はい。良いペースだったら、最後はスタミナが要りますね。彼はスタミナがあるので、良いペースがほしいです」

    (3週連続GI制覇を?)

    「もちろんしたいです。アーモンドアイは大きなチャンスがありました。3冠を取れて良かったです。先週の菊花賞はみんなちょっとビックリしましたね。フィエールマンで菊花賞を勝つことができました。素晴らしかったです。今回も天皇賞で大きなチャンスがあります。メンバーは強いですけどレイデオロは能力があります。コンディションも良さそう。また勝つチャンスがあります」

    (ルメール騎手の絶好調の要因は?)

    「たくさん勝って、自信が上がっています。すごくリラックスして騎乗することができます。馬をよく観察して、スタートの前にレースのイメージを考えます。スムーズなレースをするように、そして馬の能力が大事です。毎レース人気の馬に乗りますから、ミスはしたくないです、ミスしなければ勝つことができます」

    (では最後にファンにメッセージを)

    「天皇賞でまたレイデオロを応援してください。ダービーホースです。今回はまた勝ちたいですし、頑張りたいです。よろしくお願い致します」

    ■藤沢調教師 (今朝の追い切りについて)

    「先週はウッドチップコースで追い切って、アクションが良くなかったということで遅い時計になり、日曜日には坂路で時計を出しています。そういう意味で今日はスムーズに回ってくるかどうかというところで、併せ馬を予定していました」

    (騎乗したルメール騎手に指示は?)

    「いつもの追い切りのように、2ハロンくらい併せ馬するようには言っておきました」

    (最後は先着という形だったが、評価は?)

    「久し振りにこの間オールカマーを使って、そこから間隔が近いので、馬の気合いも随分入っていていつになくやる気でした」

    (気になる1週前追い切りの影響については?)

    「馬場が思った以上に深かったので、手前を替えた時にバランスを崩したみたいです。歩様は大丈夫だったのですけど、大事を取って乗っている者が止めたので良かったと思います。影響は全くないと思っています」

    (ドバイ以来となったオールカマーを振り返って)

    「いつもレースの間隔があいているのですけど、前回は調教ではあまりピリッとしていませんでした。レースではスタートから少し気合いを入れられてつらい流れだったのですが、終いは良く頑張ってくれたと思っています」

    (久々にレイデオロらしさが見られたが?)

    「そうですね、最後の100mくらいは良い感じだったと思います」

    (ドバイの時は折り合いに苦労して少しうるさかったとジョッキーがコメントしていたが?)

    「その時はかなり遅い流れで、馬が随分行きたがってゴチャついてもいましたしね、少し流れが遅すぎたのかなと思っています」

    (前走では折り合いの面は?)

    「スタートから気合いを入れていっても引っ掛からなかったですし、逆に速い馬場だったので良かったのでしょう」

    (前走より良くなってきたところは?)

    「間隔をあけて大事に使ってきたのですけど、今回は休みなく前走から間隔が近いので調教もとても楽だったですし、馬の気合いも久しぶりにヤル気十分で満足しています」

    (東京2000mについては?)

    「1番向いている距離とコースだと思っています」

    (かなりライバルが揃ったが?)

    「彼が出るレースには強い馬がたくさんいるのですが、また頑張ってくれるでしょう」

    (その中で好走のポイントは?)

    「東京の2000mはスピードもスタミナも両方なければ上手に競馬ができないので、力を試す良いコースだと思っています」

    (東京競馬場にはいつ移動を?)

    「レースの前日を予定しています」

    (最後にファンにメッセージを)

    「いつも応援してもらっているのですけど、ダービー後は少し残念なレースもありました。今回は体調も良さそうなのでまた応援してください」
    【JRA】スワーヴリチャード鞍上デムーロ「気持ちがONになりました」/天皇賞(秋)共同会見
    ■スワーヴリチャードに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――春を振り返ってください。
    デムーロ 大阪杯はすごく良かったですね。落ち着いていましたし、いいタイミングで動いていました。いい勝ち方ができました。すごく伸びました。安田記念のときは少し残念でした。すごくよく頑張りましたが、いい結果が出なかった。

    ――安田記念は夏バテという話もありました。
    デムーロ そうですね。いいスタートだったのですが思っていたより伸びなかったですね。

    ――夏をはさんで現在の様子を教えてください。
    デムーロ (9月に帰厩してから)今まで3回目乗りました。ゲート練習もしましたし、先週(追い切りを)しっかりやりました。変わらないです。順調。いいですね。

    ――今朝は3頭併せで追い切られました。
    デムーロ 先週しっかりやっていましたから、先生と考えて。今週はあんまり(強い負荷をかけた追い切りを)やりたくなかった。馬なりでやりました。

    ――前の馬にとりつくときの脚はさすがだな、という印象を受けました。
    デムーロ そうですね。やっぱり性格的にすぐやめてしまうところがあるのですが、それは嫌だと思ったので。その気持ちを騙して併せました。

    ――スワーヴリチャードの心のスイッチはいかがでしたか?
    デムーロ ONになりました。

    ――昨年は2500mを使いましたが、春は2000mと1600mでした。どちらがいいのでしょうか?
    デムーロ 難しい問題ですね。とってもいい馬です。スタートを出たらすごくスピードがあります。そうなると宝塚よりは1600mを使いたかった。左回りで直線の長い東京コースで走りたかった。でも、1600mは少し短かったですね。少し忙しかった。それを考えると2000mがベストです。

    ――それを考えると、今回の左回りの2000mという条件はどうですか?
    デムーロ いいと思います。自信を持っています。

    ――勝ちますか?
    デムーロ 頑張ります。そろそろ勝ちたいです(笑顔)。

    ――ここ2年、ミルコ・デムーロ騎手は天皇賞(秋)で続けて2着でした。
    デムーロ いい馬に乗っていたのに。(昨年は)サトノクラウンは頑張りましたが、相手が…(強かった)。残念ですけど。

    ――過去2年の悔しい想いがあって、今回はいかがですか?
    デムーロ このときも今回も負けたくないですけど、やっぱりとってもいい馬に乗せてもらえるのはすごく嬉しい。本当に頑張りたいです。

    ――スワーヴリチャードの長所は?
    デムーロ 力があるし、能力が高い。いま年をとって、どんどんどんどんズルくなってる。その分、難しいですけど、すごくいい馬です。できればスムーズな競走を(したいです)。何でもできる。瞬発力があるし、ジリジリ伸びるし。後ろ、前といろんなパターンでいつも頑張っている。偉い馬です。

    ――どんなレースをイメージしていますか?
    デムーロ それはまだわからないね。枠順が大事だし、どんなペースになるかわからないから。相手はとっても強い。相手を見ながらいきますね。

    ――欲しいゲートナンバーは?

    デムーロ 東京の2000mはやっぱり1コーナーですぐに(集中するように)なる。あまりゴチャゴチャにならない真ん中くらい、外…。 ――最後に抱負を。 デムーロ 頑張ります。勝ちたいです。
    【JRA】スワーヴリチャード庄野師「彼の将来にとって大事な一戦になる」/天皇賞(秋)共同会見

    ■スワーヴリチャードを管理する庄野靖志調教師
    ――春は大阪杯を勝ち、安田記念は3着でした。
    庄野 金鯱賞から立ち上げてその中でGIを戦いました。安田記念は初めてのマイルでしかもGIだったので、どれだけやれるかという期待を持ちながら迎えたレースでした。レコードにコンマ1秒と十分走ったと思います。

    ――今後につながるレースでしたか?
    庄野 そうですね。東京のマイルを使ったことで、今回の東京の2000mでいい方向に向いてくるのではないかと思います。

    ――宝塚記念は見送って休養に入りましたが、その狙いは?
    庄野 時期的なものがありますね。暑い時期があまり好きな馬ではないですし、ここまでの休養期間も欲しかったので。

    ――見送ったことでのプラスは?
    庄野 夏場、しっかり休めたのが一番かなと思います。ここに至るまでに馬もしっかりリフレッシュできました。

    ――今回の休み明けの調整は?
    庄野 9月13日に帰厩しました。当初は少し緩さもありますし、体も余裕あるかなという感じでしたが、そこから追い切るごとに馬もどんどん良くなってきた。この秋諸戦はGIという舞台で迎えますけれども、それに恥じない仕上がりで臨めると思います。

    ――1週前追い切りについて教えてください。
    庄野 前に目標を置きながらでしたが、馬もリフレッシュして元気が良かったです。1週前なのでしっかり時計を出したかったですし。ミルコにも「しっかりやっといて」と言いました。先週追い切ったことで、今週の追い切りにうまくつなげられるな、と。本当にいい内容でした。

    ――今週の追い切りについて教えてください。
    庄野 いつもどおりです。CWで前に2頭目標を置きました。今週は速くなり過ぎないようにと考えていました。先週よりも折り合いもすごく良かったですし、3コーナー、4コーナーの走り方もすごくダイナミックでした。ここまで本当に順調に来ているなと思いますね。

    ――最後は半馬身くらい遅れたように見えましたが?
    庄野 その辺は特に気にしていません。ミルコにもあまり速くなり過ぎないようにと指示しましたしね。それでいて12秒を切れているので十分な追い切りだと思います。(タイムについては)やれば時計自体はもっと出る馬なので。競馬当週としてはちょうどいい追い切りが出来たと思います。

    ――東京芝2000mという条件については?
    庄野 まず、東京競馬場というのはスワーヴリチャードがすごく好きな競馬場だと思っています。2000mというのも彼にとっては本当に得意な距離だと思っています。春にGIを勝たせてもらってここから秋のGI戦線が始まりますが、ここからの一戦一戦が彼の将来にとって大事な一戦だと思っていますので、大事にしっかり戦っていきたいと思います。

    ――特にその中の一戦目が天皇賞(秋)となります。
    庄野 天皇賞(秋)というと、すごく格もあって重みもあって。ぜひとも彼にとってもらいたいレースだと思います。

    ――距離もいいし、左回りもよさそうですね。
    庄野 そうですね。デビュー当初から左回りのほうがいいんじゃないか、という印象があってそう思ってはいたんですけど。実際、左回りの成績は出ていますしね。相性のいいコースだと思っています。

    ――予報ではお天気も良さそうです。理想の馬場状態は?枠順は?
    庄野 去年の天皇賞は結構雨が降ってドロドロのかわいそうな感じの馬場でした。今週は良馬場で迎えられると思いますので、特にその辺は気にしていないです。枠順はジョッキーと話しながら。実際に枠順が出てからですね。

    ――かなり外になると厳しそうですが?
    庄野 ゲートもまだ不安定なところもあるので、あまり包まれたくないと思う反面、外からだとだいぶ脚も使ってしまいますので。真ん中から好位をとれたら一番いいのかなと思います。

    ――最後に抱負を。
    庄野 今回、秋緒戦、天皇賞という舞台でメンバーもGI馬がたくさん出てきて、去年クラシックを戦った馬たちと古馬になって一緒に走るのもすごく嬉しいですし。そういう強いメンバーの中で強い競馬をして勝てればそれが一番いいですね。ぜひともいい競馬を期待しています。
    【JRA】ミッキーロケット和田騎手「このメンバーでも見劣らない競馬を」/天皇賞(秋)共同会見
    ■ミッキーロケットに騎乗予定の和田竜二騎手
    ――春を振り返ってください。
    和田 馬の調子も良くて、思った以上に厳しい競馬を戦い抜いてくれたと思います。

    ――ロングスパートでしたね。
    和田 そうですね。淡々と流れていて、ちょっと早いかなというタイミングだったんですが、馬が充実していたので持ってくれたかなと思います。

    ――グッと成長してきたのはいつでしょうか?
    和田 正直、宝塚記念の前もそんなに変わりはないと思っていたんですけれども、調教時計的にも動けるようにはなっていましたし、クセのある馬なのでその辺は解消されたわけではなく、デキの良さだけを感じていました。

    ――夏を超えて、その点はいかがですか?
    和田 当初は京都大賞典から始動ということだったんですが、宝塚記念の疲れが抜けきらないという牧場側の話だったんですけれども。だいぶ涼しくなって帰ってきて、思ったより馬は良かったですね。春とも違う感じの良さがまた出ています。キングカメハメハ(産駒)ですし、ここに来て成長してきたと思います。

    ――春にはない良さとは?
    和田 古馬のどっしりした感じも出ていました。馬の雰囲気がちょっと違いますね。今回休み明けにはなるんですけれども、今の感じではどのくらいやってくれるかなと楽しみが出てきている感じがします。

    ――2週前の調教では遅れもありましたが?
    和田 その追い切りが終わってから先週は本当に良くなっていました。良くなりそうな雰囲気もありました。今日はもう輸送もありますので時計は出していないのですが、余裕のある動きでした。イメージ的には馬が完成してきた雰囲気があります。

    ――今朝、調教に乗る前の気持ちは?
    和田 今日はオーバーワークにならない程度に。馬場も悪かったですし。その中でもすごくいい動きはしていましたし、やればやるだけ動く感じでした。

    ――最後は先着しましたね。
    和田 そうですね。馬のリズムを大事に。まだ先もあるので。

    ――良くなったと感じる部分は?
    和田 無駄なことをしない感じが出てきていますし、だいぶ大人びた感じがします。それを競馬で結果として出してくれたら嬉しいなと思います。

    ――東京の左回り、芝2000mという舞台です。
    和田 去年は左回りを楽しみにしていたんですが、馬場も悪くなってしまったし、まったく競馬ができなかった。そのあとも何戦かしていますが、左回りになってプラスに出たかと言われたらそうでもなかったんですけどね。どうしても決め手がないと東京では勝ちきれないと思うんですけれども、今のミッキーロケットが持っている脚をどれだけ使えるかというのを測っていきたいですね。

    ――レースのイメージは?
    和田 正直、瞬発力だけでは通用しないかもしれないので、時計的にもある程度流れて、全体的にしんどい競馬になったほうがいいとは思います。

    ――最後に意気込みを。
    和田 馬が本当に雰囲気がまったく変わっています。楽しみにしています。春の時点では勢いで勝てた感じですが、また違った面が出せたらいいなと思っています。このメンバーでも見劣らない競馬を見せたいなと思っています
    【JRA】マカヒキ武豊騎手「思っていたよりパワフルな感じ」/天皇賞(秋)共同会見
    ■マカヒキに騎乗予定の武豊騎手
    ――騎乗依頼を受けたときの印象は?
    武豊 これだけの馬なのでお話をいただいてすごく嬉しかったですね。ひじょうにワクワクしました。何といってもダービー馬で世代の頂点に立った馬ですからね。先々このように乗るチャンスがあるとは思っていなかったのですがよく見ていた馬です。いつか乗るチャンスがあればいいな、と思っていました。お話をいただき嬉しかったです。

    ――1週前追い切りに騎乗したときの感想は?
    武豊 さすがダービー馬というか、いい動きでした。乗り味も素晴らしかったですし、厩舎サイドから状態のほうはいいと聞いていましたが、実際乗ってそう思いました。さらにレースが楽しみになりました。

    ――乗る前と後で(感触の)変化は?
    武豊 それほど驚くような印象の違いはなかったですけど、思っていたよりちょっとパワフルな感じでしたね。もう少しシャープな感じのイメージを持っていたんですけど、もちろんシャープなところもあるんですけど、だいぶ力強さを感じました。(事前にこれまで騎乗していた)ルメールと話をさせてもらって、それほど大きなクセはないと言っていたので、実際そうでしたね、わりと乗りやすいほうでした。

    ――東京芝2000mで走るイメージは?
    武豊 まだレースでは乗ったことはないですけど、東京の2000はマカヒキにとっていい舞台ではないかな、と思います。距離もちょうどいいくらいだし、東京はダービーを勝ったコースです。

    ――レースのイメージは?
    武豊 今までのレースは前半は自分のペースで走らせたほうがいいのかな、というくらいの感じで。まだ、どう乗ろうとか決めていないですね。ただ、ちょっと展開がね。今回、すごいメンバーが集まったんですけど、どの馬が逃げてどの馬が二番手かというのが想像しにくいメンバーかなと思うので、そのへんはじっくりと考えて、あとはゲートが開いてから見極めていきたいですね。普通に考えると内枠有利なんですけど。そこはまだ何とも言えないですから。

    ――この秋、GIを3戦して3着ですね。
    武豊 そうですね、3着ばかりで(苦笑)。ルメールが1着ばっかりで。逆になりたいです。

    ――人気以上の成績を残している印象がありますが?
    武豊 まぁ、もちろんどのレースでも精一杯乗っていますので。ただ、今回はいい馬に乗せてもらうことになったので、騎手としてもいい仕事したいなと思いますね。

    ――天皇賞は春秋あわせて14勝されています。今回、天皇賞(秋)というと?
    武豊 そうですね。いろいろなことが今までありましたね。名馬と呼ばれる馬にたくさん乗せてもらって。いい思い出も、辛い思い出も、いろいろありますね。

    ――マカヒキファンからは武豊の手綱で復活して欲しいという想いが聞こえますが、それは感じていらっしゃいますか?
    武豊 はい、感じますね。当然、人気のある馬ですし、期待の大きさを感じています。

    ――そして、武豊騎手は平成最初の天皇賞(秋)をスーパークリークで勝利されています。今回の天皇賞はどうでしょうか?
    武豊 そうですね。平成最後の秋の天皇賞ですから。そりゃ勝ちたいですよ。最初でも最後でも勝ちたいです(笑)。

    ――連覇もかかりますね?
    武豊 そうですね。楽しみです。ホントにいいメンバーが揃いましたし、ワクワクしますね。

    ――最後に抱負を
    武豊 こういういい馬に乗せてもらうことになったので、いい騎乗でそれに応えたいと思います。

    ■マカヒキを管理する友道康夫調教師
    ――前走の札幌記念を振り返ってください。
    友道 競馬の内容は良かったと思います。着順は2着でしたが、当日の馬場状態を考えればよく走っていると思います。

    ――復調の気配は?
    友道 はい、本当に前走の札幌競馬場での追い切りを見たときから、いい感じだと思っていました。

    ――ニエル賞を勝って以来、勝ち星がありませんが。
    友道 正直、昨年の春の大阪杯あたりは前年の凱旋門賞の遠征の疲れが若干残っているのかな、という気がしました。昨年の秋、毎日王冠、天皇賞(秋)、ジャパンカップと走ったんですけれども、結果的に負けましたが馬の状態は復調気配かなと思って見ていました。

    ――前走後の調整過程は?
    友道 すぐに札幌競馬場からノーザンファーム空港牧場に放牧に出しまして10日間くらい休ませて馬体の回復を促しました。そこから天栄に移動して9月の上旬に栗東に戻りました。やはり9か月ぶりに結構走ったので若干の疲れはあったんですけども、牧場のほうでうまくその後のケアをしてもらったので札幌記念の前に入厩したときのようないい体で戻ってきたと思っています。

    ――今回は武豊騎手とのコンビとなりますが?
    友道 僕の意見ですが、本当に前々からこの馬には武豊ジョッキーが合っているのではないかと思いまして。本当にいつか機会があれば乗ってもらいたいなと思っていたので、ここにきてそのチャンスが来たので僕自身嬉しく思っています。

    ――1週前に武豊騎手が騎乗して追い切りましたが?
    友道 1週前なのでしっかり追ってもらったんですが、見ていても人馬の呼吸が合っているというか。マカヒキもいい走りをしていたと思います。

    ――今週は坂路で追われました。
    友道 先週、しっかりやりまして体も息ももう出来ていると思いますので、それと今朝は雨上がりで馬場も悪かったので、そんなに無理もせず息を整える程度に乗りました。この馬の時計としては馬なりで楽に上がってきたと思います。ようやく3歳のいちばんいい時期の出来に戻りつつあると思います。

    ――昨年の天皇賞(秋)は5着でしたが、敗因は?
    友道 いろいろあると思うんですが、そのうちのひとつに馬場状態が悪かったこともあげられると思います。

    ――18頭中15番ゲートでした。
    友道 やっぱり内枠が欲しいですよね。

    ――今回は天気も良さそうですね
    友道 先週までの傾向を見ていると、東京の馬場はすごくいいのでね。今年は絶好の馬場状態で出られると思います。

    ――理想の枠や流れは?
    友道 競馬に関してはあとはジョッキーに任せるだけだと思っています。

    ――ファンの方のマカヒキ復活を期待する声は届いていますか?
    友道 届いていますし、僕もそう思っています。

    ――最後に抱負を
    友道 国内ではダービー以来、勝ち星から遠ざかっているんですけれども、3歳の春の状態に戻ってきたと思います。あとはファンの皆さんの応援があれば頑張ってくれると思いますので、よろしくお願いいたします。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    秋華賞予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】アーモンドアイ鞍上ルメール「日本で1番強い牝馬です」/秋華賞共同会見
    牝馬3冠を目指すアーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)に騎乗するクリストフ・ルメール騎手と、管理する国枝栄調教師の共同記者会見が行われた。

    ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りの雰囲気は?)
    「とても良い感じでした。彼女の状態は良さそうです。時計は出ましたけど、彼女にとっては軽い追い切りでした。バランスやフットワークが良かったです。追い切りが終わってからの彼女の呼吸もとても良かったです。だから嬉しかったですし、コンディションがとても良いです」

    (先週もルメール騎手が乗って追い切りましたが?)
    「その日も良い追い切りでした。彼女の反応がとても良く、エンジンにまだ余裕があったと思いました。もちろんコンディションも段々良くなっていました。今回は休み明けですから、コンディションがまだ100パーセントではないですけど、95パーセントでも大きなチャンスがあります」

    (桜花賞、オークスを振り返って)
    「最初からアーモンドアイのポテンシャルはとても高いです。桜花賞とオークスで能力を出しました。日本で1番強い牝馬です。もちろん3冠を取りたいです。スムーズなレースだったら、勝てると思いますね」

    (この秋、春と比べて成長した点は?)
    「あまり変わっていないですね。少しリフレッシュして、筋肉がちょっと大きくなっています。でも同じ馬です(笑)。調教の時はまた乗りやすいですし、するべきことをわかっています。ほとんど完璧な馬ですね」

    (京都の2000mのイメージは?)
    「少しトリッキーなコースと思いますね。それだけちょっと心配です。ペースがあまり速くなかったら後ろのポジションからでは、ちょっと大変になりますね。直線が短いので好位からの方が良いと思います。もちろん彼女のスタートとレースのペースによります。スタートではちょっと注意しています」

    (トリプルクラウンがかかる馬に騎乗する心境は?)
    「すごく楽しみです。日曜日には僕のテンションが上がってしまいますが、彼女のポテンシャルがとても高いので、アーモンドアイに乗るのは良い気持ちです」

    (最後にファンに向けてメッセージを)
    「皆さま、日曜日にアーモンドアイを応援してください。トリプルクラウンを取ることができます。競馬場に来て応援してください。よろしくお願いします」

    ■国枝調教師
    (今朝の坂路での最終追い切りの狙いは?)
    「昨日ウッドチップコースで乗りましたが、馬が良くなって充実しているのか踏み込みがずいぶん良くて、後ろ脚を前脚にぶつけるようなところが少し見られました。先週ウッドでやっていますし、前脚をぶつけるようなところがいくらか緩和されるのではと思って、今日は坂路で追い切りました。素晴らしい走りだったと思います」

    (49.7秒と速い時計だったが?)
    「走りやすかったのもありますし、この馬の能力はやはりすごいものがあるのだと思います」

    (無理してその時計を出した感じではない?)
    「ほとんど追っていない感じですね」

    (桜花賞、オークスと2冠を制した春シーズンについては?)
    「期待以上のパフォーマンスをしてくれたと思います」

    (オークス後の馬の雰囲気は?)
    「それまでにない一杯の競馬をしたので、少しくたびれたかなという感じはしました」

    (夏を経て放牧先から帰厩して仕上げの過程での様子は?)
    「馬も成長して心身ともに良い感じで戻ってきて、これなら十分行けるなという感じがしました」

    (夏を超えて成長したのは具体的にどのあたり?)
    「数字的に言えば馬体重が10キロ以上増えていますし、見た目も筋肉がついてきましたね」

    (秋華賞もある程度プラス体重での出走に?)
    「そうですね、プラスで。ひょっとしたら10キロくらいプラスで行くのではないかと思います」

    (京都の内回りの2000mの舞台についてはどんなイメージを?)
    「外回りよりはやはり少し先行有利な感じがしますが、アーモンドアイが普通に走ってくれれば何とかなると思います」

    (そうなると後は少しの運が向いてくれれば?)
    「やはりトラブルが怖いので、競馬なので何があるかわからないですし、そのあたりはもう運だとは思います」

    (ルメール騎手とはどんな話を?)
    「彼もすごく良い感触を持ってくれているので、話の中ではあまり悪いことは出ないです」

    (2010年のアパパネ同様、3冠に挑む馬が出てきたが?)
    「そのような素材を預けて頂いてすごく感謝しています。皆さんの期待もヒシヒシと感じますし、私も無事に送り届けたいなと思っております」

    (最後に抱負を)
    「すごく夢のある走りをしてくれているので、今回もそのような競馬ができればと思っております」

    (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】ラッキーライラック松永幹師「舞台は最高。スタートを決めて欲しい」/秋華賞共同会見
    ■ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師
    ――春のクラシック二戦は悔しい思いをされたのではないでしょうか?
    松永 
    馬自体はね、調子が良かったと思うんですけど。勝ち馬や上位馬は強かったですね。

    ――オークスでは盛り返す根性を見せていました。
    松永 
    うーん、もうちょっとやれると思ったんですけどね。多少、馬を気にするところがあったかな、とあのレースに関しては思います。

    ――春の雪辱を果たしたいですか?
    松永 
    もちろん、なんとか逆転したいなと思っております。

    ――春シーズンが終わった段階での秋に向けてのプランは?
    松永 
    特にはないんですけどね。秋華賞という京都の内回りで逆転したいな、と思いましたね。

    ――放牧明けの印象は?
    松永 
    すごくね、大きくなって戻ってきましたんで。いい夏を送れたんじゃないかな、と思っています。

    ――大きくなった?
    松永 
    牧場にいる時から見ていたんですけど、その時点でかなり全体的にボリュームアップしていたんで。いい状態で(栗東に)戻ってくるだろうな、とは思っていました。

    ――第一印象は「よし!」という感じですか?
    松永 
    そういう感じですね。

    ――ローズSは回避し、秋華賞へ直行となったあたりは?
    松永 
    牧場で見ていた時もそうだったんですけど、言われてみればちょっと(脚元に)違和感あるかな、という程度で。大事をとってね、使わなかったんですけど。入厩してからもそういう問題は一切ないです。

    ――1週前追い切りは凄い動きでしたね。
    松永 
    いつもどおりしっかりやろうということで、やりました。本当にいい動きをしてくれましたね。見ていても“この馬は違うな”と思いましたし、本当に成長を感じましたね。

    ――パワーは春とは違いますか?
    松永 
    そうですね。乗っている人間(丸内助手)は「さらに成長していますよ」と言っていますので、これは違うのではないかと思っています。

    ――そして、今朝は最終追い切りが行われました。今日のテーマは?
    松永 
    今日は先週しっかりやっているので「手ごたえを感じながら目一杯ではなくて強め程度でいいぞ」と(追い切りに騎乗した丸内助手に)言ったんですけど。相変わらず、いい動きでしたね。

    ――前の馬を軽く抜き去っていきましたよね。
    松永 
    はい。騎乗した人間(丸内助手)的には「まだ余裕はありますよ」と言っていたので。理想的な調教ができたのではないかと思います。

    ――この1週間での変化は?
    松永 
    先週の時点で“いいな”と思っていました。今週はあれでも調整程度。さらに良くなっているのではないかと思います。

    ――今朝の最終追い切りで松永先生が一番感心したのはどのあたりですか?
    松永 
    やはり取りつくのがすごく速い馬なのでね、それを実戦で出して欲しいなと思いますね。

    ――その実戦ですが、二冠馬アーモンドアイも出走してきます。相当意識されてるのではないですか?
    松永 
    あまり意識していないですね。自分の競馬に徹して欲しいな、と思いますね。いずれにしても前目で競馬をすると思うので、あまりこう…、集中して走って欲しいですね。

    ――京都の内回り2000mという舞台については?
    松永 
    最高だと思いますね。やはり前にいく馬が有利なのでスタートを決めて欲しいね。

    ――枠順も相当大きなウェートを占めてきますかね?
    松永 
    スタートもいい馬なので、あまり大外でなければいいと思います。

    ――先ほど“逆転”という言葉が出ましたが、それに向けて必要なのは?
    松永 
    やはり立ち回りですね。いい位置は絶対にとって欲しいですね。後ろからではさすがに厳しいと思うので。スタートは決めて欲しいです。

    ――今まで、そのあたり(スタートを決める)は難なく出来ていた馬ですよね?
    松永 
    ええ、もともとスタートはいい馬なのでね。

    ――今回は新しいパートナー(北村友一騎手)を迎えることになりますが、作戦は?
    松永 
    まだ話していません。金曜日に乗ってもらおうと思っています。まぁ、乗ったらわかると思います。

    ――レースへの指示は?
    松永 
    まだしていないです。まぁ、あれこれ言っても。そこらへんはあれだけ勝っているジョッキーなので任せます。

    ――秋華賞は松永幹夫さんとしては騎手としても調教師としても勝っているレースです。勝ち慣れていると言っていいですか?
    松永 
    そんなことはないですよ。そうですね、思い出のあるレースには間違いないですね。またそれを勝てるようであれば最高ですね。

    ――最後に抱負をお願いします。
    松永 
    非常にいい状態でむかえることができると思うので、力を出し切って、最後の三冠目、なんとか勝てるように頑張っていきたいと思います。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】プリモシーン北村宏騎手「すごく良い状態でレースに臨めそう」/秋華賞共同会見
    ■北村騎手(今朝の追い切りの感触は?)
    「久々に跨りましたが、ここまでの過程や状況を聞いていましたので、楽しみに乗りました。率直に良い状態で臨めそうだなと思いました」

    (追い切りを終えて、陣営とは何か会話をした?)
    「追い切りを一緒にした調教助手さんに、追い切りから戻ってくる途中にどんな感触だったかを伝えました。先生とは馬から降りた後に追い切りの内容について、お互いの意見を擦り合わせたところです」

    (優勝した前走の関屋記念を振り返って)
    「良い条件で依頼をして頂きました。馬のコンディションもすごく良かったので、結果を出せて良かったです」

    (追い切りに跨って、関屋記念時と変わった点は?)
    「夏と比べると体幹がしっかりして、パワーアップしていました」

    (距離延長の今回に向けて、前走では手応えをつかめた?)
    「落ち着いていましたので、うまく対応してくれるのではないかと思っています」

    (京都の内回り2000mのコースについては?)
    「うまくスタートをして、流れに乗せたいですね」

    (この馬のどういった面を引き出したい?)
    「競馬が上手な馬なので、リズム良く運んで終いの脚を生かしたいと思います」

    (最後の1冠にこの馬と臨む心境は?)
    「今日追い切りに乗ってみて、とても楽しみにレースに向かえるという感触を持っています」

    (最後に秋華賞に挑む抱負を)
    「すごく良い状態でレースに臨めそうです。このままの感じで当日競馬を迎えたいですし、力を出せるよう頑張って乗りたいと思います」

    ■木村調教師
    (直線で2着馬に迫られても抜かせなかった関屋記念を振り返って)
    「北村さん、さすがだなと思って見ていましたし、(ゴール前では)頑張ってくれと思って見ていました」

    (馬体重が増えての出走だったが、それには狙いがあった?)
    「厩舎に戻ってきた時には馬体重が増えていましたので、別に狙っていたわけではありません」(ステップレースを使わず秋華賞に向かうが?)

    「夏しっかり頑張ってもらったので、またもう1回頑張ってGIに向かうのはちょっと可哀想かなと思いました」

    (関屋記念後は?)
    「ノーザンファーム天栄に移動してしっかり休みを取って、4週間前に厩舎に移動してきてここに至っています」

    (牧場から戻ってきた時の印象は?)
    「健康そうだなと思いました」

    (先週はウッドチップコースで単走での追い切りだったが?)
    「基本的にはいつも通りという感じでしょうか。プリモシーンの先週の時点での課題があって、それができるかできないかの確認をしました」

    (具体的にその課題とは?)
    「普通に道中、自分のリズムで良いフットワークで走ってくれて、直線に向いても真っすぐ走ってくれるのではないかと期待して見ていて、それに応えてくれたのではないかなと思います」

    (今日の追い切りの狙いは?)
    「北村さんに状態を把握してもらいたかったのと、北村さんに馬は大丈夫ですよということを確認してもらいたいということでした」

    (今日の動きは?)
    「今日だけではなく、普段の傾向、調教や厩の中など、春にはなかなか点数取れなかったところが最近は点数が取れてきたという、そういう意味では良い方向にいっているのではないかと思います」

    (今回初めて挑む2000mについては?)
    「今までと違って、ある程度器用に立ち回らないと、なかなか競走に参加するのは厳しいなと思います」

    (春のGIではもう少しのところで結果が出なかったが、改めて秋のGIに臨む心境は?)
    「馬には1番申し訳ないことをしましたし、騎手にも迷惑をかけました。何より応援してくださっている皆さんを本当にガッカリさせる結果だったのですけど、馬は少しずつ成長してくれて、いろいろなシチュエーションもタフにこなしてくれるような成長を見せてくれているので、少しでも形になればなと思っていますけどね。  それは別にGIだということではないのですが、目の前のレースで少しでも形になって見ている人が喜んでくれればと思っています。あとは北村さんと相談しながらやっていきたいですね」

    (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】サラキア池添学師「すべてが噛み合えばチャンスは十分にある」/秋華賞共同会見
    ――最終追い切りの指示は?
    池添 馬の気持ちもだいぶ乗っているので、細かい指示はあまりせずに全体の時計もあまり気にしないように。とりあえず気持ちよく走らせること。それを(追い切りに騎乗している)助手に伝えました。

    ――単走でのCWでしたが、いかがでしたか?
    池添 気持ちよく走っていましたね。途中、ところどころで行きたがる面もあったんですけれども、抑えも効いていましたし、終いの伸びもいい動きだったので良かったと思います。

    ――終いの伸びで一番、目についた部分は?
    池添 助手が少し促しただけでしっかりギアが変わって重心も低くなり、馬の脚の回転も一気に加速していたので良かったなと思いました。

    ――最終追い切りを終えた段階での満足度は相当なものですか?
    池添 そうですね。夏を超えたあたりからしっかりと馬自身、実が入って調整がしやすくなっています。今日の追い切りも満足いくものでした。あと数日、しっかり管理していきたいと思っています。

    ――春との違いは?
    池添 春先、放牧先からすごく膨らんだいい状態で入ってきて、レースに向けてどんどん体が寂しく映ってくるようなところがあったので、その辺を調整しました。カイバ食いも悪くなってくるなど苦労する部分があったんですけれども、夏の競馬前に(栗東に)入れて500万特別を勝ったあたりから、追い切りをやっていっても逆に馬にハリが出てきて実がしっかりと入ったのかな、と思います。

    ――そこに至るまでの工夫は?
    池添 とにかく無理をさせないように。春先もクラシックに出走させたかったんですけれど、あまり数を使って本番でリズムがおかしくなってそのあとの復帰が長引くのも嫌だったので。もともと能力があるのはわかっていたので、馬の成長を妨げないように調整していきました。

    ――その甲斐あってローズSで権利を獲りました。レースを振り返っていただけますか?
    池添 その週の阪神競馬場自体が内目、前目が有利な展開がずっと続いている中で、しっかり外から伸びて2着まで食い込めたのはやっぱり地力強化といいますか。しっかりとレースが出来るようになってきたなと思いました。ずっとスタートに課題のある馬だったのですが、精神的に馬がドッシリしてきました。  それまではゲート内でいつもソワソワしてタイミングが合わなかったりして、出遅れたりしていたのですが、前走は枠の中でもすごく落ち着いていました。開いた瞬間はしっかりと反応して今までで一番自分から出ようとしていました。スタート直後の1、2歩でトモの弱さもあってちょっとバラバラになって遅れはしましたけれども、リズムに乗ってからはスッと取りつけたので。途中まではしっかり伸びてくるだろうなと思って見ていました。

    ――権利だけではなく内容的な収穫も感じられましたか?
    池添 そうですね。

    ――他にはありますか?
    池添 今回、京都の内回りの2000mに変わります。直線が平坦なのはサラキアにとってはプラスに働くのではと思っています。小倉の小回りで自分から動いて強い内容で勝ったので、そのへんも含めて京都の2000はプラスに出るのではと思っています。

    ――1コーナーまでにいいポジションを取るには?
    池添 そうですね。スタートが課題にはなりますけど。そのへん、レースの作戦は騎手と馬に任せています。

    ――スタートについて何か工夫はされてきましたか?
    池添 何もしていないです。精神的に追い込まないようにだけ。デビュー前は結構頑張って練習したのですが、あまりうまくいかなかったというのもあってデビューが遅れてしまいました。これ以上やっても馬を追い込むだけだと思ったので、競馬で慣れていってもらおうということであまりゲート練習はしていないです。

    ――慣れは出てきましたか?
    池添 精神的に落ち着いてきていますし、馬も競馬で走ることが苦しいのではなくて楽しいと思ってきてくれていればいいなと思いますけれど。

    ――アーモンドアイなどライバル関係はどう思いますか?
    池添 強い馬はたくさんいますけれど、アーモンドアイよりも後ろにいたら厳しいだろうと思いますので、さっき仰ったように最初の位置取りというのはすごく大事になると思います。

    ――最後に抱負を。
    池添 ここまで本当にすごく順調に来れています。強い馬がたくさん出てきて一気に厳しいレースになると思いますけれども、すべてが噛み合えばチャンスは十分にあると思っていますので、残り数日、万全の状態で出走できるように管理していきたいと思います。
    (取材・文:花岡貴子)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ