競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:共同会見

    フェブラリーS予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ノンコノユメ内田騎手「1番喜んでもらえるような騎乗を」/フェブラリーS共同会見
     昨年の覇者ノンコノユメ(セン7、美浦・加藤征弘)が、ウッドチップコースで内田博幸騎手が騎乗して最終追い切りを消化した。追い切り後、管理する加藤調教師と内田騎手の共同記者会見が行われた。

    ■加藤調教師
    (昨年のこのレース以来、勝利から遠ざかっているが?)
    加藤 ゲートに少し難がありまして、大きく出遅れたり、展開に恵まれなかったりで、致し方なかったかなと思います。追い込み馬なのでそういうこともあります。

    (昨年は根岸Sから本番だったが、今年は初戦がこのレースとなるが?)
    加藤 昨年秋に3戦消化したので、3年前の明け4歳時と同じようにチャンピオンズCからの直行という形になりましたが、全く予定通りです。

    (ここまでの過程、調整具合は?)
    加藤 6週間くらい前に入厩して、北Cコースに4週間前と先週の2回入れました。北Cコースで追い切りをするとかなり馬もその気になって動くものですから、その2回しっかり負荷をかけて、直前の今週は馬なり調整でというのも予定通りです。

    (今日はウッドチップコースで単走だったが、内田(博)騎手には何か指示を?)
    加藤 3頭の併せ馬が先導をしていましたので、それを目標に追いかけるような形でと伝えました。

    (今朝の動きのジャッジは?)
    加藤 元々ウッドチップではよく見せないので、いつも通りの動きだったと思います。

    (特に変わりはないと?)
    加藤 そうですね、あまり良くも見えなかったですし、悪いということもないと思います。

    (昨年との比較は?)
    加藤 動き自体は昨年というより、4年間ずっと同じような直前の動きだと思いますよ。

    (十分に力を出せる状態にある?)
    加藤 そうですね、もちろんそういう調整は毎年やっています。

    (新顔や連勝で来た馬もいる今年のメンバーについては?)
    加藤 かなり強い新興勢力がいますからね。この馬自身衰えはないですが、年齢的に若い馬に比べると少しマイナスかなとも思います。

    (後ろから競馬をするこの馬にとって、先行するインティは気になる?)
    加藤 特にインティ1頭が気になるということは全くなくて、並びと流れだけです。どんな流れになるかは、枠順が決まらないと今はわからないですね。

    (昨年は後方から直線で長い脚を使ったが、その時のような流れになってほしい?)
    加藤 できればある程度流れて消耗戦になった方が、この馬の持ち味は生きると思います。あまり前に楽をされると、良い脚を使ってもさすがに届かないので、ある程度流れて前の馬の脚が上がるような形が理想かと思います。

    (そうなればこの馬の底力で前をとらえ切ることができると?)
    加藤 毎回底力を出してくれるとこちらも非常に助かるのですが、その時によって力を出さないことも多々あるので、今回は出してもらいたいなと思っています。

    (最後に意気込みを)
    加藤 毎年調子の波がなくしっかり調整できていますので、当日馬が本気になってやる気を出してくれたら、昨年と同じような脚は繰り出せると思いますので、応援よろしくお願い致します。

    ■内田騎手
    (今朝の最終追い切りでの指示は?)
    内田 単走で、前にいる同じ厩舎の馬を見ながら手応えを見つつという感じで、1週間前にしっかり追っていますので、調整程度という形ですね。

    (追い切りの手応えは?)
    内田 コーナーで少し遅れ気味になったのですが、軽く促していったらそのままスーッと良い感じでついていってくれました。直線ではすごく体を使って良い感じで動いてくれていたので、走りたいように走らせて、そのまま馬なりでゴールという形でした。

    (ゴールを過ぎて)
    1コーナーくらいまでは、その勢いでずっと走ってくれていたので、雰囲気は良いなと思いました。

    (状態に関しては問題ない?)
    内田 いつも同じような追い切りで結果を出してきている馬なので、そこは問題ないと思っています。

    (7歳になったが、昨年と比較すると?)
    内田 そんなに数を使っている馬ではないのでまだ若いですし、今日はとても柔らかい走りをしてくれていたので、衰えているとは思わないです。

    (昨年のフェブラリーSに勝った後、勝利からは遠ざかっているが、昨年のレースを振り返ると?)
    内田 なかなか馬券に絡めない着順で、昨年の最後(チャンピオンズC・7着)は入着もできませんでしたので、多分どこか大きいところを取るために、温存しているのではないかと思っています。この馬が「俺は走るぞ」と思った時の走り方というか、根性はものすごいものがあるので、それを自分がうまく引き出して、良い形で導いてあげられるように騎乗していければと思います。

    (「俺は走るぞ」という感触はあった?)
    内田 そうですね、追い切りは良い感じで走ってくれました。去年のフェブラリーSは鬼になったみたいな感じで走ってくれたので、今回も直線で鬼になってもらいたいなと。それを僕がどう引き出すかという感じかなと思います。

    (後ろから競馬をする馬だが、縦長の形か、あるいは馬群が固まって最後の追い比べになるかのどちらが向いている?)
    内田 この馬はどちらでもこなせると思っています。縦長になるとペースが速いので、ふるいにかけられて脚を使って追い込んで来られる馬は決まってきます。

    (馬群が)
    固まれば瞬発力勝負になりますが、そうなればこの馬にはもってこいの形ですし、どちらでもやれるでしょう。

    (レース振りについてはゲートが開いてから?)
    内田 そうですね、ゲートが開いて良い形で流れに乗って、リズム良く、気分良く走ってくれれば、馬の力は出せると思います。

    (今年は6連勝や4連勝という馬もいるが、メンバーについては?)
    内田 いい感じで勝ってきている馬もいるので、底力を見せたいなと思っています。

    (直線で伸びて最後は前をとらえ切る?)
    内田 それが1番理想というか、狙いでもあります。そういう形になってくれれば関係者の方々も1番嬉しいでしょうし、1番喜んでもらえるような騎乗を自分がしていきたいと思います。

    (連覇に向けてファンにメッセージを)
    内田 2018年はJRAの最初のG1をこのノンコノユメで勝ちました。2019年はまたここでノンコノユメの復活をかけてレースをして、良い結果になるように…。スタッフの皆が頑張って馬を仕上げてくれて、最後に自分にバトンを渡されて、レースで良い導きができればと考えていますので、是非応援をしてもらえればと思います。

    【JRA】インティ野中師「不安もあるんですけど、期待も大きいです」/フェブラリーS共同会見
    ■インティを管理する
    野中賢二調教師

    ――快進撃が続いています。前走で6連勝目、その要因は?
    野中 馬の実力かな、と思います。

    ――前走の東海Sを振り返ってください。
    野中 スタート自体はそんなに速くなかったんですけど、この馬が一番速かったので自分でペースをつくって、豊くんも絶妙なペースで逃げてくれました。上がりもこの馬の強みであるいい脚を見せてくれました。内容としてはほぼ完璧に近い、強い内容だったと思います。

    ――今回は中3週、中間の気配は?
    野中 東海Sのレース後のダメージは今までで一番なかったので、すぐに立ち上げることが出来ました。今回は中3週ですが、今までで一番順調かな、と思います。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    野中 予定どおりの追い切りでした。時計は最後1ハロンだけ、ある程度気持ちよく流そうか、という感じでした。順調に来ています。動きは良かったと思います。

    ――今回は東京のマイル戦です。関東への遠征は初めてですが?
    野中 小倉への輸送はしていますし、小倉のほうが輸送時間は長いですしね。普段、大人しい子なので、関東圏への輸送はあまり心配していないです。

    ――1600という距離や芝スタートなど、コース適性はいかがでしょうか?
    野中 距離自体、1600になるのは問題ないと思うんですけどね。芝スタートも跳びが本当に軽い馬なので、あまり気にはしていないです。それよりはやはり、1600の激しい流れになったときにどうなのかな、という心配はあります。  
    あと、メンバーもかなり強力で、前回より遥かにレベルも上がりますから。そのへんに関してはやってみないとわかりません。枠順であったり、いろんなことが絡んでくるのかな、と思いますけどね。

    ――枠順の希望は?
    野中 そうですね。叶うのなら、偶数の外がいいと思いますけどね。

    ――作戦面は?
    野中 枠が出てからになるのかな、と思っているんですけど。枠が出てから、また豊くんと相談して考えます。

    ――馬はもちろん、野中師ご自身もJRA初GI制覇のビッグチャンスかと思いますが?
    野中 そのあたりは全然意識していないです。いい馬に巡り合えば、いいチャンスは巡ってくるだろうと思っています。

    ――最後にファンへ向けてメッセージを。
    野中 こちらが思っている以上に強い勝ち方をしてくれています。レースを使うごとに馬もしっかりしてきてくれています。なかなかこういう勝ち方をして上がってくる馬も珍しいですし、前走も重賞を心配しているところをアッサリとクリアしてくれました。不安もあるんですけど、期待も大きいです。  
    こういう馬をやらせてもらえることがなかなかないので、レースまでしっかり調整していきたいと思います。応援よろしくお願いします。
    【JRA】インティ武豊騎手「なんとかこの馬にGIタイトルを取らせてあげたい」/フェブラリーS共同会見

    ■インティに騎乗予定の武豊騎手
    ――東海Sを振り返ってください。
    武豊 初めての重賞レースでしたが、非常に強い内容で勝ってくれてホッとしています。

    ――武さんは4戦目から騎乗し4連勝。この7か月で成長は感じますか?
    武豊 全体的になんですけど、初めて乗った時のことを思えば、まず体質がすごく強くなったと思います。初めて乗った時から能力は感じていたのですが、それでも一戦一戦馬が力をつけているのは感じていました。

    ――武さんの感じるこの馬のセールスポイントは?
    武豊 現時点ではレースに行って非常に強いですし、速いタイムで競馬していますから、それがストロングポイントになるのかなと思います。

    ――東京コースは初めてですが、いかがですか?
    武豊 初めてですけど、左回りはどちらかというと右回りよりコーナーは上手に走ってくれるので問題ないですね。あとは大きい競馬場になるので直線が長くなりますが…そんなに、あまり問題ないと思います。大きく変わるのはコーナーがひとつということですかね。でも、そんなに心配はしなくていいと思いますけどね。  
    ただ、フェブラリーSということを考えると、レースの質として大体ハイペースになっていますし、追い込み馬の活躍が目立つレースですから。そういう意味で今まで先行してきている馬なので、展開的には厳しくなるというケースは非常に考えられますね。

    ――マイルも初めてですが、そのあたりは?
    武豊 初めてといえば初めてですが、全レースその距離を走っています。タイプ的にはスピードタイプなので、そう考えるとむしろプラスに出る可能性はあるんじゃないかな、と思います。(距離が)延びるよりはいいんじゃないですか。

    ――枠の希望があるなら?
    武豊 うーん、そうですね。…安全策というか、外目のほうがスタートが悪かったときのことを考えればいいかな、と。(ゲートを)普通に出れば結構速い馬なので、内でも対処はできるんではないかな、と思ってはいますけど。

    ――武さんは過去、ゴールドアリュールやスマートファルコンなど強いダートの先行馬に騎乗されてきましたが、インティはそれに匹敵するポテンシャルは感じますか?
    武豊 そうですね。前走は特に強いな、と思いました。いつもタイムが非常に速いですし、ラストまでしっかり走れる上にキレるというのがこの馬の凄いところだと思います。今回も中間に僕は乗っていないですけど、非常にいい調整が出来ていると聞いています。今回のフェブラリーSは非常に楽しみですね。

    ――最後にファンの方に向けてのメッセージを。 武豊 インティにとってこのレースは大きな意義のあるレースだと思いますし、いいかたちで迎えられそうなので、なんとかこの馬にGIタイトルを取らせてあげたいですね。

    【JRA】ゴールドドリーム鞍上ルメール「スタートが上手くなった」/フェブラリーS共同会見
     ■ゴールドドリームに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――東京大賞典は2着でした。振り返っていただけますか?
    ルメール その日はいい競馬が出来ました。でも、残念ながらチャンピオンズカップを使うことが出来なかったので、直線の反応が少し遅かったです。オメガパフュームと併せて戦いましたけど、最後は疲れが出てしまいました。その日はまだトップコンディションじゃなかった。残念ですけど、頑張ってくれました。

    ――昨年は2着で一昨年1着。
    ルメール ライバル馬に騎乗されていましたが、この馬をどう思っていましたか? ルメール いつも後ろのポジションからすごくいい脚を使う、瞬発力のある馬だと思っていました。ダートで力がある結構大きな馬で、いつも前の馬に競りかけてくるという印象がありました。最後(の直線で)、ハナを取る時(注:先頭に立った時)はリラックスして止まっている。それには今週は注意したいですね。ハナを取ったらラスト50mくらい、ちょっと危ない。

    ――この馬に4回騎乗し、感じたストロングポイントは?
    ルメール 最後の速さはありますね。ラスト300mくらい、速い脚があります。すごくいいポイントはスタートです。昔はスタートがちょっと良くなかった。でも、(自分が)乗ってからはいいスタート。上手くなったね。ゲートの中でもっとリラックスできると、いいタイミングでゲートから出せる。いいポジションが取れます。

    ――この馬で東京競馬場で乗るのは初です。イメージは?
    ルメール 彼はこの競馬場が好きだと思いますね。いつもこの競馬場でいい結果を出してきました。長い直線が好きだと思います。今年も大きなチャンスがあると思います。

    ――まだフェブラリーSは勝ったことがないですね。今回チャンスでは?
    ルメール もちろん。ゴールドドリームはダートで強い馬ですね。コンディションは良さそう。全く心配していません。

    ――勝つためのポイントは?
    ルメール いいペースが必要。スムーズなレースだったら直線ですごくいい脚を使うことができます。最後に能力を出すことが出来ますね。

    ――昨年、ルメール騎手は年間GI8勝でした。
    ルメール GIは毎回大事ですね。最初と最後のGIはいつも勝ちたいです。フェブラリーSはまだ勝ったことがないので、今年は頑張りたいです。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    ルメール 皆さま、今週はフェブラリーS、今年最初のGIです。ゴールドドリームで大きなチャンスがあります。だから応援してください。よろしくお願いします。
    【JRA】コパノキッキング村山師「(菜七子騎手が)うまく能力を出してくれると思っています」/フェブラリーS共同会見
    ■コパノキッキングを管理する村山明調教師
    ――前走の根岸Sは中段から抜け出して押し切る競馬でしたね。
    村山 ちょっと(位置取りが)前目かな、と思ったんですけども、結果的にはあの位置にいてそこからはあまり(後続がついて)これなかったんでね。いい位置を取ってくれたな、と思います。

    ――根岸Sのレース後、小林祥晃オーナーから藤田菜七子騎手とのコンビが発表されました。その経緯は?
    村山 賞金を加算できないとフェブラリーSに出れるかわからなかったので、根岸Sの前から2着か1着なら藤田菜七子騎手でいこうとオーナーと話はしていました。

    ――2月8日、藤田菜七子騎手が栗東トレセンに来てコパノキッキングに騎乗しました。どのような話をされましたか?
    村山 結構長く話す時間があったのでいろんなことを話しました。すごく敏感な馬なので難しいところもあるけど、すごくいい脚を使うという話をしました。どこからでもレースができるのでジョッキーに任せたいと思っています。

    ――元騎手でもある村山師から見て、藤田騎手のいいところは?
    村山 スタートが上手いですし、あたりも柔らかい。うまく能力を出してくれると思っています。

    ――中間の調整過程は?
    村山 先週はCWコースでサーッとやっていますので、今週もそんなに一杯に仕上げなくてもいいと思っています。今週もいつもどおり、うちの厩舎の仕上げでいきます。やれば時計の出る馬です。

    ――さらに1ハロン延びて1600mですが?
    村山 そこはホントにやってみないとわからない部分ではあります。持ってくれないかな、という感じです。

    ――(小林オーナーの風水による)今回のレース前のパワーフードは?
    村山 今年全般は肉を食べたらいいということでした。レース当日の朝、メールが来るのが毎回のルーティンになっているので当日の朝にわかると思います。でも、(当日は)秘密です。

    ――ちなみに前走のパワーフードは?
    村山 前走はコパさんの銀座のお店の近くのモスバーガーでチキンを食べました。コパさんはモスチキンを食べて、自分も一緒に行っていた娘とモスチキンを食べて、マーフィー騎手にはチキンナゲットを買ってこれを食べて欲しいと渡しました。刺身とかじゃなくてよかったです(笑)。その前のカペラSは柴田大知ジョッキーに梅干を食べてもらいました。

    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
    村山 (JRA所属の)女性騎手がGI初騎乗で、これを勝てば競馬も盛り上がると思うので連勝してきている勢いを感じて、いい競馬をして欲しいな、と思います。コパノキッキングと藤田菜七子騎手の応援をよろしくお願いします。

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    有馬記念予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】オジュウチョウサン武豊騎手「ファンの夢を背負って、という気持ちがありますね」/有馬記念共同会見
    ■オジュウチョウサンに騎乗予定の武豊騎手

    ――今年の有馬記念はオジュウチョウサンに騎乗されます。お気持ちは?
    武豊 やはり有馬記念は特別なレースですね。年末の風物詩という雰囲気があります。オジュウチョウサンは非常に人気のある馬ですし、注目されているのを感じますね。

    ――昨年のキタサンブラックとは違う注目のされ方ですね?
    武豊 はい、だいぶ違います(笑)。

    ――前走、前々走と手綱を取っていらっしゃいます。印象は?
    武豊 障害のチャンピオンホースで福島で初めて乗せていただきました。非常に興味を持って乗せてもらったんですけど、やはりいい馬だな、というのが第一印象でした。レースも勝つことが出来たんですけど、福島でオーナーが『最終目標は有馬記念』と仰っていて、正直冗談かな、と僕は思っていたんですけど(笑)。いやぁ、本当に実現しましたね。当時は500万下クラスのレースでしたし、僕自身はまだ本当に現実的な話ではないだろうな、と思っていましたね。

    ――名ジャンパーが平地に行きましたが、その良さは?
    武豊 もともと、というか、障害レースといっても(平地を)走りますので。脚力はあるのだろうな、と思っていましたし。障害レースのときのラップタイム、障害を飛び終わったときのラップタイムを見ても凄いタイムで走っていたので。普通に脚力がある馬なんだろうな、と思っていました。

    ――昨年も有馬記念の前日(中山大障害)に凄いタイムで走っていましたね。
    武豊 そうなんですよね、63キロ背負ってね。

    ――その頃、武さんはこの馬が翌年の有馬記念に出走すると思っていましたか?
    武豊 夢にも思わないですよね。そして、僕がオジュウチョウサンに乗るとはまったく想像していなかったです。

    ――武さんにはいろんな選択肢があった中でのオジュウチョウサンとのコンビとなりました。
    武豊 そうですね。ありがたいお話ですね。オジュウチョウサン(のローテーション)については夏にオーナーが仰ってて、獲得賞金上、ファン投票で選ばれないと有馬記念に出走する権利がなかったのでどうなのかな?と思っていたんですけど。やっぱりすごい人気があるというか、ファン投票がすごい票数だったので、改めてこの馬の人気の高さ、ファンの注目を感じることができました。そこはこの馬で有馬記念に行くことになった大きな要素です。

    ――有馬記念はいろいろとドラマチックなことが起きるレースです。そこで今回はこの馬が勝つというドラマを期待している方もいらっしゃいます。
    武豊 ドラマチックすぎますよね(ニッコリ)。漫画みたいです。でも、ホント競馬ですからね、何が起こるかわからないですし。特に有馬記念というのは本当にそういう、後に語り継がれるレースですから。僕自身はそこに期待しています。

    ――平成最後の有馬記念となりますが、そのあたりは?
    武豊 そうですね。有馬記念、僕自身もいろいろと数多く乗せてもらっていろんなことがありました。(平成)最後がオジュウチョウサンというのも、なんか不思議な感じはします。本当にファンの夢を背負って、という気持ちはありますね。

    ――状態については報告を受けていますか?
    武豊 はい。先週、和田調教師とお会いしたときに「状態はいいです」と伺いました。過去、僕は2回乗っていますが、(過去2回と今回の)その中でも一番状態はいいと思います、と仰っていました。

    ――しかし、今回はメンバーがグンと上がりますよね?
    武豊 そうですよね。一気に、というか今までとはメンバーが違いますので。さすがにそこはね、当然感じています。

    ――そして、このところ外国人ジョッキーが10週連続でGIを勝っています。そこは武さんとしては止めたいお気持ちがあるかと思いますが?
    武豊 いやぁ、そこは。本当に正直なところ、自分で止めたいという気持ちはありますね。

    ――オジュウチョウサンがどれだけの人気を集めていると思いますか?
    武豊 やはり障害であれだけ絶対的王者で、そのまま障害レースに出ていればおそらく勝ちやすいわけですから。そこをあえて平地に挑戦するというのに、皆さん共感を持ってもらえるのではないでしょうか。本当にファンの多い馬だと思いますね。

    ――人気は肌で感じられましたか?
    武豊 そうですね。福島ではパドックでもすごくたくさん写真を撮っている方がいるし、前走(南武特別)もゴール前から拍手されている。いやぁ、すごい馬だな、って思いますね。

    ――今の段階で思い描いているレース展開は?
    武豊 一番のストロングポイントはスタミナだと思うので。それを生かす乗り方はしたいと思います。ただ、他の馬がいることですし枠順も馬場状態もわからないので、ポジションとか展開はまだわからないですけど。ただ、そういうスタミナを生かす騎乗はしたいな、と思います。

    ――最後にファン投票3位のオジュウチョウサンで挑むお気持ちを。
    武豊 ファンの皆さんの投票のおかげで有馬記念に出走が叶ったので、やはり僕自身もその気持ちにこたえたいと思いますし、最後を締めくくりたいですね。


    【JRA】オジュウチョウサン和田師「目を離さず、注目して見て頂ければ」/有馬記念共同会見 

    昨年は有馬記念前日の中山大障害(JGI・1着)でファンを沸かせたオジュウチョウサン(牡7・美浦・和田正一郎)が、今年は日曜日のグランプリ有馬記念(GI・中山芝2500m)に出走する。障害レースでの主戦だった石神深一騎手が手綱を取って最終追い切りも無事に終わり、管理する和田調教師が共同記者会見に臨んだ。

    (平地復帰2戦目の南武特別・1000万下・1着を振り返って)
    「初戦と同じくスタートが良くてスーッと3番手で良いところにつけました。途中からペースが上がりましたけど、そこでは少し控えて最後の直線もしっかり伸びました。最後は少し詰め寄られましたが振り切ってくれましたし、本当にスムーズな競馬だったと思います」

    (中6週での有馬記念、中間の調整過程は?)
    「有馬記念に向かうにあたって、間に1戦挟むプランもありましたけれども、南武特別の後、2日ほど様子を見ましたところ、すぐ使うには反動が大きいと思いまして、その後一旦牧場でしっかり回復につとめて、トレセンに戻ってからしっかりと乗り込みました。回復は順調で、様子を見ながらでしたけど、かなり乗り込んでも全く不安なく進めてこられました」

    (今朝の追い切りの内容は?)
    「今日は前に馬を置いて、その馬を追いかけさせて、最後は少し促す形で併入という調教をしました」

    (追い切りに騎乗した石神騎手とはどんな話を?)
    「気持ちは前向きで動きも良く、不安なところはないというコメントでした」

    (10万票を超える得票を集めてファン投票3位になりましたが、この数字については?)
    「以前からたくさんの方に応援して頂いている、注目を受けているとは思いましたけれども、有馬記念でこれだけの票を集めたということで、本当にオジュウの凄さを改めて感じました。有馬記念に出走したくても、ファン投票で選んで頂かなければ出走が叶いませんでしたので、たくさん入れて頂いたことをありがたく思っています」

    (オジュウチョウサンが最も輝いてきた中山競馬場の、今度は平地コースになるが、現時点でのレースプランは?)
    「どういう競馬になるか、いろいろ想像はありますけども、スタートを切った時の流れで武豊ジョッキーにベストの選択をして頂けるでしょうし、状況を見ながら乗って頂けると思っています」

    (この中間、武豊ジョッキーとの情報の交換は?)
    「お会いした時に、順調ですよということでお伝えしてあります」

    (明日枠順が決まるが、希望の枠順は?)
    「中山の2500mですから、内めの方が有利だろうなとは思っています」

    (有馬記念に向けて、先生自身緊張は?)
    「私がどうこうというよりも、これだけ人気があり注目も集めていて見るのを楽しみにしてくださっている方が多いオジュウですので、本当に良い状態で競馬を迎えられるようにということだけを考えております」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「有馬記念でどれだけやれるかということで、このレースを目標にしてやってきましたが、お陰様でファン投票をして頂いたことで出走が叶ったことに感謝申し上げます。  普通に見ると厳しい戦いになるのではないかとは思います。ただ振り返ってみますとオジュウという馬は、我々の想像を超えるような底力を発揮してきたことが時々ありました。今度の日曜日、アッと驚く結果が出ないとは限らないのではないかと思っていますので、目を離さず、注目して見て頂ければと思います」
    【JRA】サトノダイヤモンド池江師「特別な存在。感謝しかないですね」/有馬記念共同会見
    ■サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師
    ――この中間の状態は?
    池江 順調に来ています。ジャパンカップが速いタイムだったので心配したんですが、その影響もなく来れています。

    ――ジャパンカップはいかがでしたか?
    池江 今現在の力は出し切ったと思います。

    ――この秋は京都大賞典で久しぶりに勝利を得ました。
    池江 引退前にもうひとつ勝てたというのは、とても大きいですね。

    ――有馬記念というレースはサトノダイヤモンドにとっても思い出深いレースかと思います。
    池江 そうですね。2年前に勝たせていただきました。さぁ、これから、という感じだったんですけどね。

    ――今度の有馬記念で引退を迎えるわけですが、池江師にとってのサトノダイヤモンドとは?
    池江 本当に特別な存在です。GIをふたつも勝たせてもらって感謝しかないですね。

    ――最後の集大成となりますが、言葉をかけるとしたら?
    池江 ここまで頑張ったら「無事に帰ってこい」ですね。

    ――状態については、いかがでしょうか?
    池江 歩様については(前走のJCよりも)今回のほうがいい感じですね。

    ――今回も鞍上は外国人ジョッキーとなりますが?
    池江 そんなに乗り替わりがマイナスになる馬ではないです。アヴドゥラ騎手は今年の夏、うちの厩舎にきてくれたジョッキー。信頼できると思います。

    ――中山2500というコースはサトノダイヤモンドにとってはどうでしょう?
    池江 東京2400よりは断然いいと思います。操作性もいいし自在性もあるので。まぎれるコースですが、そのあたりはテクニックでカバーできるのではないかと思います。

    ――応援してくれるファンの皆さんへメッセージを。
    池江 3年間応援していただいて、本当にありがとうございました。皆さんの声援のおかげでGIをふたつも勝つことができました。4歳以降は不振が続きましたが、最後はファンの皆さんにもう一度、ダイヤモンドらしい走りをお見せしたいです。応援よろしくお願いします。
    【JRA】シュヴァルグラン鞍上ボウマン「リズムよく走ればチャンスはある」/有馬記念共同会見
    ■シュヴァルグランに騎乗予定のヒュー・ボウマン騎手

    ――さきほどシュヴァルグランの追い切りに騎乗されました。感想は?
    ボウマン とてもハッピーでいいコンディション、そしてリラックスしていました。リラックスしていることが一番大事ですし、またがってみてレースに向けて体が整っているのがよくわかりました。

    ――ジャパンカップはご覧になりましたか?
    ボウマン はい、見ています。勝ったアーモンドアイは次元の違う勝ち方をしましたね。でも、自分ではリプレイを見て(シュヴァルグランは)よく走った、よくやったと思いました。悪い点はなかったと思います。

    ――昨年の有馬記念は3着でした。振り返ってください。
    ボウマン 確かに去年は不利があり3着でした。でも、それがなかったら2着だったかもしれないし、ひょっとしたら勝っていたかもしれない。  ただ、キタサンブラックの強さは改めて言うことはないほどでしたが、今年はキタサンブラックはいません。リズムよく走ればチャンスはあると思います。あとはレイデオロが強いと思います。できるだけ不利を受けないような走りをしたいですが、競馬ですからこればかりはわかりません。

    ――昨年と比較して状態はどのくらい良くなっていますか?
    ボウマン 調教の状態を昨年と今年で詳細に比較するのは難しいんですけど、天皇賞(春)でまたがったときより、よりリラックスしていると思います。

    ――今年思い描いている理想的なレース運びは?
    ボウマン もちろん枠も大事ですが、ゲートを出てからゴールするまで、周りに干渉されたりトラブルのない走りができればいいと思います。これが一番ですね。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    ボウマン 自分がまたがるシュヴァルグランはいつもいい状態です。今回もそうでした。乗ることは好きだし、シュヴァルグランのことも好きなので、なんとか今回頑張っていい結果を出したいです。もちろん馬を用意してくださっているオーナーの佐々木さん、トレーナーの友道さんに敬意を払っていい結果を出したいな、と思います。

    【JRA】レイデオロ鞍上ルメール「体がストロング、速い4WDみたいです」/有馬記念共同会見
     ファン投票第1位で有馬記念(GI・中山芝2500m)に出走するレイデオロ(牡4・美浦・藤沢和雄)が、クリストフ・ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切り後、ルメール騎手と藤沢調教師の共同記者会見が行われた。

    ■ルメール騎手
    (今日の追い切りについて)
    「とても良かったです。今日は3頭で競馬のようなシチュエーションで追い切りました。最初は2番手で走っていて、3コーナーから3番手になって、最後はもう1度併せで伸びてくれました。良い追い切りでした」(前回の天皇賞秋(GI・1着)の東京コースから今回は中山競馬場に替わるが、そのあたりは?)「大丈夫だと思います。中山競馬場で3回勝ったこともあるので、心配はしていないです。この競馬場が好きだと思います」

    (レースプランは?)
    「まだプランはありませんが、中山競馬場なのでスムーズなレースが必要ですね。直線がちょっと短いですから、3コーナーから良いポジションが必要です」

    (枠順の希望は?)
    「大外過ぎたら大変ですし、もしペースが遅くなったら内枠だと大変になるので、真ん中がベストだと思います」

    (改めてレイデオロの持ち味、長所は?)
    「すごく良いペースを維持することができます。切れ味はそんなに強くはないですけど、長い脚でゴールまでよく頑張ってくれます。速いペースでも、最後まで速いペースを維持することができると思います」

    (ジャパンCの記者会見でアーモンドアイをフェラーリに例えていたが、レイデオロを例えるなら?)「彼はランドローバー。体がストロング、強いです。直線でずっと加速している。だからフェラーリではなく、速い4WDみたいです」

    (ファンの投票が1番多かったが?)
    「はい、嬉しいですね。レイデオロは人気のある馬です。皆彼が好きで、嬉しいですね。去年ダービーを勝ちました。今年は天皇賞を勝つことができましたので、とても良かったです。ファンは良い馬が好きなので、今回の有馬記念ではファーストチョイスでした。良かったです」

    (ルメール騎手にとって、有馬記念は特別なレース?)
    「そうです。日本のファンにとって多分1番大きなレースですね。日本に来てから毎年有馬記念に乗りたい、そして是非勝ちたい大事なレースですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「皆様、日曜日に中山競馬場の有馬記念でレイデオロを応援してください。素晴らしいレースになると思います。よろしくお願いします」

    ■藤沢調教師
    (前回の秋の天皇賞を振り返って)
    「とても強い競馬で、ひと安心しました」

    (ここまで2か月、調整過程は?)
    「天皇賞の後はノーザンファーム天栄に放牧に出して調整してもらい、1か月前に帰ってきて、そこからは順調にペースが上がってきています」

    (今日の追い切りについて)
    「秋使ってきていますのでそんなに速い時計ではないですけど、終いは併せるように言っておきました。いつも通り、動きは良かったと思います」

    (中山コースについては?)
    「2500mというのは難しいコースですが、オールカマーでも中山で走っていますし、スタートも幾分良くなったので何とか頑張ってもらいたいです」

    (希望する枠順は?)
    「そんなに外でない方が良いかなとは思っています」

    (レースプランは?)
    「難しいコースですからね、やはり流れに乗ってレースをしたいと関係者は皆思っていると思います」

    (有馬記念はこれまでも結果が出ているが、過去のスーパースターたちと比べてこの馬は?)
    「先輩たちは3歳の春は今ひと息だったのですが、レイデオロはダービー馬ですし、2歳のうちから逞しい馬でした。年齢とともにまた一段と良くなっているので、また違う期待感があります」

    (ピークが長い印象があるが?)
    「それほどレースの数を使っていないので、それが要因かと思います」

    (ファン投票第1位、11万票という数字については?)
    「いつも応援してもらって、また(その数字については)驚いていますけど、期待に応えるように本人に良く言っておきます」(ファンにメッセージを)「いつも応援して頂いてありがとうございます。前走はとても強い内容でひと安心しています。今回は違うコース、違うメンバーということで、また頑張ってくれると思います。応援してください」
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    チャンピオンズカップ予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ケイティブレイブ杉山師「こちらが思っている以上に上向いてきている手応え」/チャンピオンズC共同会見
     ■ケイティブレイブを管理する杉山晴紀調教師
    ――今朝の追い切りについて教えてください。
    杉山 先週は福永騎手が乗ってCWコースで追い切りました。思った以上に全体の時計が速かったので、今週は確認程度で55~56秒ぐらいのつもりだというのはジョッキーと話していました。(しかし)内容的に53秒台で終いまでしっかり走っていました。先週も同じ感じだったのですが、ジョッキーが思っている以上に時計が出ましたが、(これについては)完歩が、ストライドがジョッキーが思っている以上に伸びているということで、いい傾向にあるのではないかと思います。

    ――この中間の調整は?
    杉山 叩き2走目ということでJBCのときもかなり上積みを感じていました。その流れに沿ってJBCのときとあまり調整過程を変えずにやってきました。

    ――状態は上がっていますか?
    杉山 正直、維持できればいいかな、という感じだったんですけれども。こちらが思っている以上にかなり上向いてきているという手応えは感じています。

    ――前走は初めての中央場所でのGI勝ちでした。
    杉山 あれだけの馬を開業からそんなに時間が経っていない厩舎に預けていただきました。そのためにも地方のGIではなく中央の舞台で勝つということがひとつの区切りだと思っていましたので、それを果たすことができてまずはホッとしています。

    ――中京のコース適性は?
    杉山 右回り、左回りはあまり関係ないと思うのですが。中京の場合は強いて言うと直線に坂があります。そこが違いにはなってくると思います。前走のような出たなりで相手を見ながらという競馬ができれば、克服はできるのではないかと思います。前走もジョッキーが言ってましたけれども、集中して出遅れないように。それができればそれなりの位置でレースを運べるのがわかっていますので。あまり展開に注文というのはつかないと思っています。

    ――ライバル関係は?
    杉山 強い馬がいるのはわかっていますけれども、厩舎サイドとして出来ることは馬が走れる状態に持っていくというのを集中してやるだけです。

    ――今回の馬体重は?
    杉山 大きく変わってはいないと思います。

    ――最後に来年のドバイも含めた上での抱負を。
    杉山 オーナーの夢もあって来年のプランというのももちろんあるのですが、まずは一戦一戦しっかり納得できる結果が出るようにやっていくだけです。また強いケイティブレイブを見せられるように頑張りたいと思います。


    ■ケイティブレイブに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    福永 先週はCWで追ったのですが、想定より速いタイムが出てしまいました。今週は軽めに5ハロン55秒くらいで最後伸ばすような感じをイメージしていたんですが、今週も速くなりました。

    ――それは馬の状態がいいからでしょうか?
    福永 状態はもちろんいいのですが、ストライドが伸びた感じなんですよね。だいぶゆっくり入りましたし、僕は競馬も調教もこの馬には以前の目野厩舎時代から乗せていただいています。それでもタイムの感覚がずいぶん崩れているので。ストライドが伸びたようですね。

    ――前走のレース後と比較して状態は?
    福永 いいんじゃないですか。ストライドが伸びているということは体の使い方がいいということです。前走も非常にいいコンディションで、大幅に上がっているという感じでもないですけれども、維持しているという感じでもないですね。前走時か、それよりいいぐらいの状態。動ける状態だと感じます。

    ――どういったところが良くなりましたか?
    福永 心身ともにずいぶん成長したな、と思いますけれども。体の面でいうと、年齢的なものもあると思うんですけど、競走馬としていい体になってきたなと思います。走るバランスなんかも含めて。以前は前のめりな感じ、前に重心がある感じで走っていたんですけど、そこのバランスが変わってきた感じがします。だからストライドも伸びていると思います。  

    精神面で言うと、最初僕が乗せてもらったときには結構極端な逃げ馬でした。最初に名古屋の重賞(2017年3月名古屋大賞典)を勝ったんですけど、逃げてるんですけど集中していない馬でした。そんな状態でも勝っているので、かなり高いポテンシャルは感じていました。  

    僕自身、極端な逃げ馬が好きじゃないわけじゃないんですけど、無駄が出てしまう感じがあると思ってしまって。逃げ一辺倒の馬よりはある程度いろいろな走りができる中で逃げが選べる馬になったらもっと安定していい結果を出せるんじゃないかな、という思いは持っていました。それは以前の目野厩舎時代に先生にも伝えていました。  

    今でこそ自在性が武器みたいに言われていますけれども、一番自在性がなかった馬でしたから。二番手でもムキになって脚がたまらないような馬でしたから。それは帝王賞(2017年6月)でスタートで躓いて差すかたちで勝てたというのが大きかったと思います。あれをきっかけにいろいろできる馬になるんじゃないかな、と思いました。でも、それは一朝一夕にできるものではないですし、結構時間がかかりました。  

    それが、二走前の船橋(2018年10月日本テレビ盃)の競馬でああいうかたちで勝つことが出来たときに、もう試すことはないな、と。戦法、脚質に関してはいじるところはないな、と思いました。

    ――そういった成長を感じる中で前走の中央場所での1勝(2018年11月のJBCクラシック)はいかがでしたか?
    福永 すごくあの馬の価値を高める1勝だったと思います。JRAの舞台で大きな実績を出せていなかったので、レース前はそこが不安視されていた面もありましたけれども。僕自身に関しては全然心配していなかったですね。  

    というのも、1年前に同じ京都コースで同じ距離の平安Sを走っているんですけど、あの時は大外枠が当たって逃げることが出来なくて途中から引っかかって、途中で先頭に立って失速して、最後は5着だったんですけれども。このときに1分56秒台で走っていたので。全然問題ないと思っていました。

    ――舞台は中京にかわりますが、そのあたりは?
    福永 左回りは走っていますし重賞も勝っています。坂ですけど、そうですね…不安に思っても(自分が)やることは変わらないので。大丈夫だと思います。昨年も4着で走っているコースです。  

    昨年は最悪の内枠が当たって、逃げ馬の後ろでした。そもそもそういう競馬もできない馬でしたが、その中で4着に健闘していましたし、そこからは自在性も出ましたから。当然昨年よりはいいパフォーマンスで走れるのは間違いないので。何にも心配はしていないです。

    ――関東馬ルヴァンスレーヴなどのライバル関係は?
    福永 もちろん、一番強力な相手だと思っています。チャンピオンホースのゴールドドリーム(※1)とルヴァンスレーヴ、この2頭は強力です。ルヴァンスレーヴは3歳馬ではありますけれども、今年の3歳馬はレベルが高いです。いずれはこの世代の馬がダート界をけん引していくんだろうと思いますけれども。まだ今はね、そういう状態だと思いますね。その中であの強力な2頭を相手にする上でもね、負けられない気持ちでいますし、自信をもってあの2頭を相手にぶつかっていける状態だと思います。

    ――レース展開については?
    福永 まだ決めていないです。ペースにあわせた位置取り。この馬が一番力を発揮できるリズムで走らせてあげたいなと思っています。

    ――枠順のこだわりは?
    福永 大きい馬でストライドもさらに大きくなっています。極端な内枠はできれば欲しくはないですけど、当たった枠で考えます。そんな感じでダービーも勝てたので(笑)。

    ――陣営は来年のドバイを見据えているという話もありますが、そのあたりも含めて意気込みを。
    福永 はい。ドバイに関しては、転厩した際に杉山調教師に話をする機会があって自分のほうからドバイにチャレンジさせて欲しいという旨は伝えたんです。なぜかというと、大井競馬場で結構いい成績を残しているんですけれども、大井の馬場は雨が降ると少し土っぽく粘土っぽくなるんです。そのときの走りが返し馬からずいぶん良かった。

    だから、ドバイに限らずアメリカ的な馬場にチャレンジしてみたいな、という思いがあったんです。杉山調教師もそのあたりをオーナーと一緒に考えてくださいました。  

    そして、そうなるためにはドバイの前に日本で結果を出さなければチャレンジも出来ません。そういった意味でチャレンジをする資格は既にGI3勝はしているので持っているのだとは思いますが、やはりどうせ行くなら日本の代表馬として行ければいいなと思いますので、なんとしてもここでいい結果を出して日本代表の座をつかみ取ることができればいいな、と思っています。

    ※1 会見はゴールドドリームの回避が発表される前に行われました
    【JRA】ルヴァンスレーヴ萩原師「前走は非常に強い競馬」/チャンピオンズC共同会見
     古馬を退け南部杯(JpnI・1着)に優勝して勢いに乗る3歳馬のルヴァンスレーヴ(牡3・美浦・萩原清)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。その後、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    (ここ2週は坂路での追い切りだったが、今朝のウッドチップコースでの追い切りについて) 「直前ですのでしっかり作っていきたいということで、先週水曜日は坂路で、先週土曜と今朝はウッドチップで追い切りをしました」

    (手応えは?)
    「霧で十分に確認はできていないのですけど、乗り手の感触は良かったですし、土曜日の追い切りとの兼ね合いを考えても良かったとは思っています」

    (乗り手とは具体的にどんな話を?)
    「息遣いを含めて馬の動き、あとは反応的なところを話しました」

    (馬の状態は)
    「前回と変わらないくらいの状態で出られるでしょう」

    (史上初の3歳馬の優勝となった南部杯を振り返って)
    「賞金的に3歳馬が出にくいレースになっていますが、古馬を完封という形ですので、非常に強い競馬だと思っています」

    (ゴールドドリームに勝ったことの評価は?)
    ※ゴールドドリームはチャンピオンズCを回避 「内容的にも3コーナーあたりでの脚の使い方、動きがとても良かったですし、非常に評価できるレースだと思っています」

    (南部杯から2か月たったが、変化は?)
    「大きくはないですけど、1戦1戦成長している感じはあります」

    (左回りは5戦全勝だが、初めての中京コースは?)
    「今までもいろいろな競馬場で対応ができていますので、コース替わりはそんなに心配はしていないです」

    (3歳馬が制すると12年振りの快挙、中京に開催が移ってからは初となるが?)
    「そうなればいいなとは思っています」

    (ミルコ・デムーロ騎手とは何か話を?)
    「ミルコとは南部杯のあともそんなに話はしていないのですけど、馬の能力を我々以上に知っていると思いますので、全幅の信頼を置いてお任せさせて頂きます」

    (理想の展開は?)
    「競馬の形がはっきり整っていない馬なので、流れに応じてになるでしょう。また新しい面が出ればとも思っています」

    (枠順は?)
    「与えられた枠で対応していくということになりますので、特に気にしていません」

    (最後に意気込みを)
    「大勢のファンの方の応援や関係者の努力によってここまで来られましたので、我々は良い形で(ジョッキーに)バトンタッチして、良いパフォーマンスを競馬でお見せできればと思っています」
    【JRA】サンライズノヴァ生野助手「レースを走ったことで馬がシャキッとした感じ」/チャンピオンズC共同会見
    ■サンライズノヴァを管理する音無厩舎の生野賢一調教助手
    ――今朝の最終追い切りについて教えてください。
    生野 指示は調教師から任せられましたので、競馬の間隔も詰まっていますし全体の時計はそんなに出さなくていいなと思い、最初はゆっくり入って終いは伸ばすかたちにしました。

    ――状態はいかがでしたか?
    生野 競馬のダメージはないと思います。レースを走ったことで馬がシャキッとした感じがあり、調子はいいと思います。走っていると無駄なことはしませんし、トモからの力はしっかりと伝わる走りをしていると思います。

    ――中京、および今回のコースの適性は?
    生野 この馬はよく東京で走っているイメージがあると思います。似たように直線が広くて大きいコースですし、持ち味が生かせるのではないかと思います。以前、結構前にはなりますが1800でも走っていますしコーナー4つのコースもこなしてくれるんじゃないかと思います。いまは最初はのんびり行って終いに脚を使うという競馬が確立されてきましたしね。

    ――枠順へのこだわりは?
    生野 最後どうしても外を回して脚を使うので、あまり内過ぎなければいいなと思います。

    ――3連勝ですが、成長を感じる部分は?
    生野 体がしっかり大きくなりましたし、力もそれにあわせてついてきました。

    ――最後に抱負を。
    生野 調子もすごくいいと思います。十分戦えると思いますので応援よろしくお願いします。
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】スワーヴリチャード鞍上M.デムーロ「そろそろ勝ちたいです」/ジャパンC共同会見
      ■スワーヴリチャードに騎乗のミルコ・デムーロ騎手
    ――前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。

    ミルコ 全然良くなかったです。まず、スタートでちょっとぶつかりました。3、4コーナーもずっと内にもたれましたし、直線も全然伸びなかったですね。

    ――現在の馬の状態は?

    ミルコ すごく良いですね。何も変わらないですね。今日も追い切りに乗りましたがすごくいい動きをしていました。前走のダメージは全然ないです。

    ――1週前の追い切りはいかがでしたか?

    ミルコ 1回競馬を使っていたので軽い追い切りでした。

    ――東京の芝2400mというコースは?

    ミルコ アルゼンチン共和国杯を勝った時と同じ(東京)コースですし、距離も100m短いだけであまり変わらないです。左回りは上手ですし、馬の状態はカンペキ。気持ちだけちょっと(欲しい)ですね。

    ――どのようなレースにしたいですか?

    ミルコ ジャパンカップはいつも難しい展開になりますね。枠順も大事。ゲートの中でイライラせずに、タイミング良くいいポジションをとりたいですね。前(での競馬)がいいですね。

    ――ゲートはどのあたりがいいですか?

    ミルコ 真ん中くらいですね。

    ――スタートに関しては調教師と話しましたか?

    ミルコ いえ、ないですね。いつも任せてくれます。厩舎も先生も僕もこの馬のことは結構わかっていますから。頑張ります。

    ――前走から良くなっている点は?

    ミルコ さきほど言ったとおり、調教でのダメージはないです。いつも、調教の時はすごくいい状態。(だから前走)競馬にいってあんな結果になるとはビックリしましたね。安田記念ではたぶんすごく疲れていました。たぶん状態が悪くなって、で、前走も競馬をしていなかった。だから、その問題かもしれないですね。

    ――今回のメンバーで気になる馬は?

    ミルコ いっぱいいますね。GIですからね。アーモンドアイは凄い。バケモノですね。

    ――他にはいますか?

    ミルコ もちろんもちろん。GIはみんな勝ちたいですからね。GIを勝った馬も結構いますし、サトノダイヤモンドにシュヴァルグランなどがいますね。

    ――デムーロ騎手自身も勝ちたいですよね。

    ミルコ もちろん、もちろん。前走は全然競馬してなかったけど、大阪杯の時はすごく強かった。その馬(注:大阪杯の時のスワーヴリチャード)だったら全然チャンスありますね。

    ――最後にファンの方へメッセージを。

    ミルコ 先週も言ってましたが、今年は2着が多いです。そろそろ勝ちたいです。今週も頑張ります。
    【JRA】アーモンドアイ鞍上ルメール「ほとんど完璧な馬」/ジャパンC共同会見
     今年の牝馬三冠馬のアーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)がウッドチップコースで、クリストフ・ルメール騎手を背に最終追い切りを行った。追い切り後、ルメール騎手と国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りの感触は?)
    「今朝は2頭で併せました。とても良い追い切りでした。彼女は最初からリラックスして、フットワークはとても良かったです。3、4コーナーからペースアップしました。直線で良い脚を使いましたし、コンディションは良さそうです」

    (先週の追い切りと比べると?)
    「先週は少し軽い追い切りでした。今回はジャパンCの週でもう少し速いペースで走りました。コンディションがアップしたと思います」

    (前走の秋華賞を振り返って)
    「素晴らしいレースでした。後ろのポジションから加速してくれました。残念ながら3コーナーで大外の進路を進まなければいけませんでしたが、彼女の能力はすごいですから、勝つことができました。素晴らしい仕上げでしたね」

    (秋華賞の会見時は95パーセントの仕上がりとのことだったが、今回は?)
    「今回はだいたい100パーセントだと思います」

    (秋華賞時と比べて今回変わってきた点は?)
    「今回は多分、スタート前にもう少しリラックスすることができるでしょう。道中はいつも乗りやすいです。秋華賞の時は馬場入りの時もエキサイトしました。今回は多分、もっと良い感じだと思います。心身ともに充実していますし、良い結果を出すことができるでしょう」

    (東京の2400mの舞台について)
    「皆にとって大変な距離ですね。でも彼女は府中でオークスに勝ちました。彼女にとってコースは問題ないと思います」

    (以前ウオッカでこのレースを制しているルメール騎手にとって、ジャパンCとは?)
    「世界でジャパンCはとても有名なレースです。日本で賞金が1番高い。いつも勝った馬がスーパーホースになりますね。とても大変なレースです。有名ですから、是非勝ちたいですね」

    (そのレースに三冠牝馬のアーモンドアイでチャレンジする気持ちは?)
    「今年三冠はアーモンドアイの1番の目標でした。三冠取ってとても良かったです。今週は彼女の(今年)最後の挑戦です。今回は古馬相手で結構難しいレースになりますが、能力はありますので、自信を持って乗りたいです」

    (アーモンドアイはどんな馬か?)
    「ほとんど完璧な馬ですね。とても賢い馬です。頭が良くてすべきことを良く知っています。1番良いところは、瞬発力です。直線でトビがすごく大きいです。力をたくさん使います。心臓も強いです。悪いところがないです」

    (乗っていて実際どのような感じ?)
    「加速する時はすごく良い感じです。フェラーリに乗れば同じくらいですね。ギアがすごい良い感じです。特別な馬ですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今週のジャパンCは、アーモンドアイの最後の挑戦です。もう1度アーモンドアイを応援してください。よろしくお願いします」

    ■国枝調教師
    (今朝の追い切りの狙いは?)
    「先週良い動きができていましたので、同じような感じでやれば良いだろうと思いました。(動きは)良かったと思います」

    (追い切り後ルメール騎手とは?)
    「彼も満足していたようで『申し分ない、問題ない』と言っていました」

    (秋華賞を振り返って)
    「いろいろな要素があったのですが、競馬に行ったら自分の仕事をサッとやってくれて、すごい馬だなと思っています」

    (レース後の様子は?)
    「多分熱中症ではないかなと思うのですが、体が動かないような状況になりました。ただそれは一過性で、治療をして良くなったら全く問題ありませんでした。その後も良く様子を見ていたのですが、問題がないのでジャパンCということになりました。その後は牧場に出て順調に来ました。予定通りこちらに帰厩して、追い切りをして順調です」

    (秋華賞では馬体重が増えていたが、成長は?)
    「あの時はだいぶ間があいて数字も増えていて、体付きも少し余裕がありました。今回数字は前回と同じですけど、やはり1回使われているので体にシャープさが出てきたのではないかと思います」

    (後ろ脚の踏み込みが深くて前脚にぶつけて爪を痛めるということもあり、秋華賞時は坂路で追い切っていたが、今回はウッドチップコースでの追い切りということで何か工夫した点などは?)
    「基本的にはダメージを治すというところだったのですが、思いのほか蹄の治りが早かったですね。右前脚には鉄橋の蹄鉄(間に橋のように鉄板が架けられた蹄鉄)を履かせていますが、全く問題なく来ましたので良かったです」

    (東京の2400mにコースが替わるが?)
    「競馬のしやすいコースですし、実際オークスで結果が出ていますので、あのようなイメージで競馬ができればと思います」

    (古馬相手という新たなステージにチャレンジとなるが?)
    「どうかなという不安もありますが、楽しみの方が大きいですね」

    (ジャパンCというレースにはどのような思いを?)
    「創設の時からすごく憧れのレースでしたし、出られるのはすごく嬉しいですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「とても可能性を秘めた牝馬で、良いパフォーマンスを見せられると思いますので、期待をしてもらいたいです」
    【JRA】シュヴァルグラン鞍上C.デムーロ「ライバルはアーモンドアイです」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のクリスチャン・デムーロ騎手
    ――コンビを組むことになった時の気持ちは?
    クリスチャン とても素敵な贈り物だと感じました。とてもビックリしました。騎乗依頼が来てとても幸せです。

    ――この馬のレースぶりはいかがですか?
    クリスチャン 昨年のジャパンカップを勝っているということですごくいい馬だということはわかっています。前走は4着でしたが、休み明けでこの結果を出している、いい馬ですね。

    ――中間、シュヴァルグランに跨っての感想は?
    クリスチャン 先週初めて騎乗しましたが、状態も良く、いい感触を得ました。今朝も騎乗させていただきましたが先週より良くなっています。ジャパンカップに向けて準備は出来ていると思います。

    ――騎乗前と騎乗後でイメージは違いましたか?
    クリスチャン GIを勝つレベルの馬ですし、騎乗前も後もイメージどおりいい馬で変わりはないです。

    ――東京コースについてはいかがですか?
    クリスチャン スタートもいいですし、好位を取ることも上手な馬です。前回のジャパンカップの時もスタートは良かったですし、先団のすぐ後ろにつけています。今回もそのようにしていきたいと思います。

    ――気になるライバルはいますか?
    クリスチャン アーモンドアイです。

    ――他にはいますか?
    クリスチャン はい。私の兄が乗るスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドのようないいメンバーが揃っていると思います。

    ――お兄さんへのライバル心はありますか?
    クリスチャン ありません。自分の馬に集中して乗ることが大事ですからね。

    ――最後にファンにメッセージを。
    クリスチャン このレースを勝つという夢を叶え、皆さんに届けたいです。「(日本語で)がんばります。ありがとうございます」。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    エリザベス女王杯予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ノームコア萩原師「良い意味でギャップに驚いた」/エリザベス女王杯共同会見
     9月8日の紫苑S(GIII・1着)からの参戦となるノームコア(牝3・美浦・萩原清)。ウッドチップコースでの最終追い切りを終え、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    (ウッドチップコースで行われた単走の今朝の追い切りについて)
    「前回と変わらない状態で出られるかどうかの動きを確認しました。

    (動きは)
    「良かったと思います」

    (紫苑Sから間隔をあけた今回、仕上がり具合は?)
    「良い感じだと思います。関係者の方々の期待に応えられるような状況で出走させたいと思っています」

    (紫苑Sはレースレコードで3馬身差の圧勝でしたが?)
    「良い意味で春とのギャップが大きかったので、戸惑いもありました。思いのほか馬が動いたという感じはあります」

    (夏を越して秋初戦、変わってきた部分は?)
    「馬がしっかりしてきましたので、あのような結果だったと思います」

    (春より少し後ろの位置取りでの競馬だったが、ジョッキーとそのあたりは話を?)
    「多くは話さなかったですけど、馬の持ち味が生きるような競馬をしてもらいたかったということですね」

    (これくらいやれると早い段階から思っていた?)
    「そうですね。どれくらいのレベルかというのは正直掴めなかったですけど、春の成績よりは上がってくるだろうとは思っていました」

    (成長したと実感した一戦だった?)
    「成長したというよりは、こちらとしてはギャップに驚いたというところですね」

    (あの勝利を見て今後は益々楽しみに?)
    「そうですね。期待も大きくなってきますので、それに応えられるようにと思っています」

    (距離が1ハロン延び、古馬との対戦になるが?)
    「未知数な部分が大きいですけど、前走は評価をしていい競馬だったと思います」

    (距離延長は大丈夫?)
    「とは思っています」

    (関西圏への輸送は?)
    「それもクリアしなければいけない課題なので、クリアするよう努めます」

    (輸送はいつ?)
    「馬の状況を見てこれから考えます」

    (京都の外回りの2200mに関しては?)
    「その辺は未知数ですね」

    (どのようなレースを期待する?)
    「紫苑Sに引き続いて、ノームコアの能力を発揮できるようなレースをしてもらいたいです」

    (最後に意気込みを)
    「レース当日まで、何とか良い状態で競馬に臨めるように努めていきますので、競馬場で応援よろしくお願い致します」
    【JRA】フロンテアクイーン蛯名騎手「大人になってきた」/エリザベス女王杯共同会見
    昨年秋から勝てないまでも安定した成績を残しているフロンテアクイーン(牝5・美浦・国枝栄)が、蛯名正義騎手を背に坂路で最終追い切りを消化。追い切りを終えて蛯名騎手と国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■蛯名騎手
    (坂路での最終追い切りについて)
    「多少速くなりましたけど、良い動きで順調だと思います」

    (追い切りではどのようなことの確認を?)
    「テンションとこちら側の指示に上手に従って走ってくれるかということです」

    (前走の府中牝馬S・GII・3着からの上積みは?)
    「前走も良い感じだったので、すごく大きく変わったことはないのですが、高いレベルで維持をしているのではないかと思います」

    (楽しみを持って臨める?)
    「すごく順調に来ていて、力は出せるのではないかと思います」

    (強豪が揃った前走は惜しいレースだったが?)
    「本当に良い競馬でした。時計的にも走っていますし、相当速い上がりの中で強いメンバーを相手にあそこまで競馬ができていたので、非常に良い内容だったと思います」

    (2走前のクイーンS・GIII・2着から久々にコンビを組んで、3歳時と比べると?)
    「だいぶ落ち着いてきて、大人になってきたなと思いました」

    (京都の2200mに関しては?)
    「距離的なところがどうかなとは思うのですが、ここのところの落ち着きや競馬の上手さを考えると、十分やれてもおかしくないと思います。この間もあれだけ上がりの競馬になりながらも我慢がきいていましたので、折り合いは大丈夫でしょう。秋華賞(GI・14着)にも行きましたが、その時はまだ不安定な部分がたくさんあった中での長めの距離でした。今は古馬になって落ち着いた中での長めの距離なので、改めて期待をしています」

    (勝利を得るためにどのような競馬を?)
    「非常に強いメンバーが相手なので、この馬の競馬をしてどこまでやれるかとは思っています」

    (蛯名騎手は3年前にマリアライトでこのレースを勝っているが、今回も好結果が期待できる?)
    「馬の力で何とかそういうことになればいいなと思います」

    (この馬の久しぶりの勝利がこのGIになれば?)
    「本当にここのところ堅実に走ってくれて、自分の能力を出し切れるようにはなってきていますし、あとは力関係だと思っていますので、良い競馬ができればと思います」

    (最後に意気込みを)
    「馬の状態も非常に良い感じで来ていますので、何とか良い競馬をしたいです。応援してください」

    ■国枝調教師
    (先週に引き続いて今週も坂路で50秒台の時計が出ていたが?)
    「もう少し軽くても良かったのですが、併せた馬も速かったですからね。動きは良かったです」

    (この追い切りで主眼に置いたことは?)
    「どのくらいできているかということです。この後の競馬に至るまでの状況もありますから、それを見ながらという感じですね」

    (仕上がりは?)
    「飼い葉も食べていますし、良い感じです」

    (前走から中3週、久しぶりに間隔を詰めてのレースということになるが、この馬の力は出せる出来にある?)
    「堅実に走ってくれますし、状態に関しては問題ないので、大丈夫でしょう」

    (去年の暮れからここまで間隔をあけつつ重賞を使ってきて惜しいレースが続いているが?) 「すごく良い競馬はできていますし、もう少しのところだと思いますので、うまく噛み合えばチャンスはあるでしょう」

    (そのもう少しのところを埋めるための工夫は?)
    「ここが足らないなというところは特にないので、あとは競馬での流れ一つかなと思います」

    (2走前からからコンビ復活の蛯名騎手と何か話は?)
    「彼もこの馬によく乗っていて色々わかっていますし、今日も(追い切りが)終わった後に良い感じでは来ているということでした。あとは(ジョッキーに)お任せという感じですね」

    (京都の2200mについては?)
    「折り合いも問題ないですから、流れの中でどの位置になるかということになると思いますけど、特に心配はしていません。秋華賞で走った時は残念だったのですが、あの頃に比べれば馬もしっかりしていますので、距離も問題ないと思います」

    (輸送は?)
    「あちこちに行っていますしね、問題ないでしょう」

    (エリザベス女王杯ではどういうレースを?)
    「極端な競馬にならなければ、ステディな競馬になるかなと思いますけどね」

    (このGIの舞台で久々の勝利を?)
    「初重賞勝利がGIなら最高だと思います」

    (ここを勝てば、JRAの牝馬GI完全制覇となるが?)
    「頑張ります」

    (最後に意気込みを)
    「いつも一生懸命走ってくれますので、チャンスはあると思います。応援よろしくお願い致します」
    【JRA】モズカッチャン鞍上M.デムーロ「スムーズな競馬で連覇したい」/エリザベス女王杯共同会見
    ■モズカッチャンに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手
    ――前走の札幌記念を振り返ってください。
    ミルコ 残念ながら届かなかったけど、すごくいい競馬をしてくれました。

    ――サングレーザーを追い詰める走りを見せてくれました。やはりモズカッチャンは走りますね?
    ミルコ 走ります。それは心配ないですけど、あのときは相手が強かったですね。

    ――この馬の長所は?
    ミルコ 今はちょっと大人になりましたね。以前はスタートが良くてすぐにいいところについていって、瞬発力のある走りをしていましたけれど、今はスタートは少し時間がかかるようになりましたが、長くいい脚を使えるようになりました。今もすごくいい脚を使ってくれます。

    ――昨年のエリザベス女王杯は覚えていますか?
    ミルコ はい、もちろんです。秋華賞のリベンジができました。秋華賞では落鉄してついていなかったし、最後は苦しくなって3着という結果でしたから。でも、エリザベス女王杯は3歳ながら大人の古馬と一緒に走って、GIを獲りました。

    ――京都コースを乗りこなすポイントは?
    ミルコ モズカッチャンは本当に(競馬が)上手ですね。真面目なので内回りも外回りもしっかり走ってくれます。(当日の騎乗について)あとは枠順とペース次第ですね。

    ――弟さん(クリスチャン・デムーロ騎手)がカンタービレに騎乗しますが何か話しましたか?
    ミルコ 敵ですね(笑)。特に話していません。(二人とも騎乗馬は)最後はいい脚を使う馬だから、いい対決をしたいね。

    ――ご自身はカンタービレにも騎乗されていましたが、強いですか?
    ミルコ 強いですね。

    ――連覇がかかりますが?
    ミルコ もちろん連覇したいですね。GIだから敵は多く強いです。もちろんカンタービレなどいろんな馬が勝ちたいと思っているだろうから、簡単ではないと思いますが。

    ――最後にひとこと。
    ミルコ 前走の札幌記念は負けました。(勝負どころで抜けだしたかったが)スペースがなかったし、スペースができてからは(そこからスパートしても)届かなかった。今回はスムーズな競走をしたいです。もちろん連覇したいですし、勝ちたいです。
    【JRA】カンタービレ陣営「この秋は成長した姿を見せてくれています」/エリザベス女王杯共同会見
    ■カンタービレを管理する中竹和也厩舎・辻野泰之助手
    ――秋華賞を振り返ってください。
    辻野 競馬の前はもう少し前目のポジションを想定したんですが、ゲートで遅れてしまったこともあってあのようなポジションからのレースになりました。でも、最後はあれだけの脚をみせてくれて、新たな一面がみられました。春からの成長かと思えますし、レースの幅が広がったという意味では収穫のあるレースだったと思います。

    ――中間の調整はいかがでしたか?
    辻野 GIに向けて仕上げていったのでローズSの後より疲れがみられました。軽めの運動でしっかり疲れをとってから立ち上げてきました。  
    追い切りについては、秋2戦使ってきましたので、それほど強い負荷も必要ないと思い、この中間は坂路中心で追い切ってきました。ラストの反応はいいですし、前走と同じような状態で出られると思います。

    ――芝2200mという距離はいかがですか?
    辻野 春はオークスで距離の壁を感じましたが、この秋は成長した姿を見せてくれています。(秋華賞から距離が)1ハロン延びてもこなしてくれるのではないかと思います。

    ――京都の外回りコースについては?
    辻野 春は機動力を生かして押し切る競馬をしていました。前走のような(後方からの)ポジションでもしっかり末脚を伸ばせるところをみせてくれましたし、外回りコースでも不安はないと思っています。

    ――初の古馬との対戦については?
    辻野 初めて違う世代の馬たちと走ることになりますので、比べるのが難しいとは思います。でも、この馬の力を出してくれれば十分通用するのではないかと思います。

    ――最後にひとこと。 辻野 ようやくGIのタイトルに近いところまでこられたと思いますので、もうひと押し頑張ってもらいたいです。応援よろしくお願いします。
    【JRA】マカヒキ武豊騎手「思っていたよりパワフルな感じ」/天皇賞(秋)共同会見
    ■リスグラシューに騎乗予定のジョアン・モレイラ騎手
    ――この馬に初騎乗ですが、気持ちは?
    モレイラ 今日はじめて乗りました。健康的で元気でしたし、仕上がりも良かったので満足しています。今週の騎乗を楽しみにしています。

    ――イメージと実際の騎乗で違いはありましたか?
    モレイラ 実はちょっと違いました。馬の行きっぷりが前向きだったので、行きたがるほどではなかったんですが「すぐに走りたい!」という気持ちがいっぱい感じられました。反応も手ごたえも良くて、そういう意味でも馬が健康的で元気だと思います。改めて騎乗できるのが楽しみです。

    ――モレイラ騎手は京都芝2200mは初めてですが、コースについての印象は?
    モレイラ 京都競馬場はすごくいい競馬場だと思っています。そして、いままで自分が経験した日本の競馬場の中でいちばんトリッキーで一番チャレンジし甲斐のあるコースだと思います。でも、そういいながらもフェアな競馬場であると思います。直線も十分な長さがあるし、強い馬が勝てる競馬場だと思います。改めてGIに騎乗できるということに感謝していますし、京都競馬場で走るのを楽しみにしています。

    ――牝馬限定GIへの騎乗は初めてですね。印象は?
    モレイラ 日本では初めてですが海外では何度も経験しています。でも、久しぶりです。牝馬限定のレースというのは独特で、牝馬は性格が粗いというか不安定なところがあるものです。でも、いままで牝馬限定戦ではいい競馬をしてきたと思うのでその経験をいかしたいです。今回のチャレンジについてもエキサイティングな気分になっています。

    ――勝利のポイントは?
    モレイラ 先ほど言ったとおり、馬の仕上がりのコンディションについては自信があります。大事なポイントは折り合ってこの馬をリラックスさせて、最後の脚を使わせることです。それで勝てるかといえばそこはなんとも言えませんが、とにかく(道中は)リラックスして最後の脚をしっかり使えるように競馬したいと思います。

    ――最後にファンの方へメッセージを
    モレイラ いままでの皆さんのご協力により今週も競馬に騎乗できます。家のテレビをご覧になっている方、そして競馬場へいらしている方の応援を期待しています。きっといい競馬になると思います。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ