競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:共同会見

    皐月賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】サートゥルナーリア陣営「母、兄以上に走ってくれるのでは、という夢と期待がある」/皐月賞共同会見
     
    ■サートゥルナーリアを管理する
    角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手

    ――改めてデビューからこれまでを振り返ってください。
    辻野 お兄さんたちも角居厩舎で活躍してくれた馬だったのでもともと期待値は高かったんですけども、そのとおりの結果を出してくれているなと思います。

    ――中106日での戦いとなった経緯は?
    辻野 ホープフルSで中山の2000mというコースと輸送を経験しましたので、前哨戦を使う必要はないだろうということでオーナーサイドと協議して決まりました。

    ――この中間の様子は?
    辻野 レースの1か月前にこちらのほうに帰ってきまして追い切りも順調に進められています。先週の時点で息遣いなどもだいぶ出来ていているなぁという感触は得られていましたので、もう順調に調教を積んでこれていると思っています。

    ――最終追い切りはCWでシャケトラ、レッドウィズダムとの併せ馬でした。
    辻野 先週はルメールさんに初めて乗ってもらったんですけども、2頭併せの後ろからというあまり刺激のないポジションでの追い切りでした。 

    ルメールさんは『イージーコントロールでパワーを感じる』ということだったんですけども、少し競馬で噛むところがある馬なのでそういったところも今日は感じてもらおうかと思いまして、少し後ろからの刺激の強い追い切りを行いまして、そのあたりをジョッキーに確かめてもらいました。

    ――実際の感触は?
    辻野 「我慢できる?」と(ルメール騎手に)聞いたときには『走りたいだけだ』『一気に加速してしまうわけではなくてジワッと加速していくような感じなので大丈夫。我慢できる』というコメントをいただきました。

    ――ホープフルSとの状態の比較は?
    辻野 ホープフルSのときよりは調教の内容も濃いかな、と思いますし、1週前の段階でしっかり体がはまってきているな、という感触もありました。馬の状態がしっかり出来てきているんじゃないかな、と思っています。

    ――前走はプラス12キロでした。成長分でしょうか?
    辻野 はい、成長分と、やはり幾らか緩さがあったのかなという気はしているので。今回のほうがシルエットを見ましてもシャープな体つきに見えますし、中身のほうも前走よりもしっかりしているのではないかと思っています。

    ――馬体重はマイナス体重でしょうか?
    辻野 そうですね、少し減るのではないかと思っています。

    ――今回の舞台設定については?
    辻野 コース形態については前走でクリアしてくれているんですけれども、今回は前走よりもさらに頭数が増えるのでこの馬の力を出し切れるような競馬になってくれればと思っています。

    ――この馬の力はここまで3戦で出し切っていますか?
    辻野 正直、まだ3戦とも全力で走っていないと思っています。―

    ―何パーセントくらいで走っていますか?
    辻野 うーん、馬に聞いてみないとわからないところではありますが、8割くらいなのかな、という感触もありますし、もしかしたら8割も出していないかもしれないですし。ほんと底知れないポテンシャルは感じていますね。

    ――どんな能力が高い馬なのでしょうか?
    辻野 やはりフィジカル面の強さというのが3歳のこの時期にはなかなかないものを持っています。メンタル面も冷静に走って、かつ人の指示にも素直に従ってくれるという本当に長所がすごく多い馬だと思いますので。ここまでの成績に表れているのではないかと思っています。

    ――上は気性面での課題もありましたが、この馬は?
    辻野 この馬の初入厩以前から、お兄さんたちの危うさというのは我々厩舎一同は知っていましたので。本当に慎重にデビュー戦からここまで接してきているんですけれども。お兄さんたちとは違ってすごく冷静に調教でも競馬でも走ってくれるので、今までの兄弟の中では調整はしやすいな、と感じています。

    ――厩舎の皆さんがこの馬に込める想いは?
    辻野 お母さん(シーザリオ)もお兄さん(エピファネイア、リオンディーズ)も厩舎でGIを獲ってくれた馬なのでこの馬も、と思ってはいたんですけれども、本当にここまでお母さん以上、お兄さんたち以上の活躍をしてくれるんじゃないかという期待と夢を抱かせてくれる馬なので、その期待に応えてこれからも頑張って走ってくれたらいいな、と思っています。

    ――クリストフ・ルメール騎手は「皐月賞、ダービーいけます」とかなり強気ですが?
    辻野 ライバルも強力ですし1頭で競馬をするわけではないので、本当にこの馬の力を出せる競馬が見たいな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    辻野 ファンの皆様も期待されていると思うんですけれども、厩舎一同、期待と夢を持ってこの馬の走りを見守りたいと思っています。応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ニシノデイジー勝浦騎手「良い信頼関係を築けたと思います」/皐月賞共同会見
     
     札幌2歳S(GIII)、東スポ杯2歳S(GIII)と2歳重賞2勝のニシノデイジー(牡3、美浦・高木登)が、ここ2戦(ホープフルS・GI・3着、弥生賞・GII・4着)の敗戦から巻き返しを図る。本番に向けてウッドチップコースでの最終追い切りを終えて、勝浦正樹騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■勝浦騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「順調に今まで来ていますし、今日もスムーズな動きで満足しています。馬の雰囲気も良いですね」

    (前走を振り返って)
    「残念な結果でしたね。乗っていても特殊な馬場で、悪いを通り越してなかなかない馬場になっていたので、度外視したいです」

    (デビュー時の印象は?)
    「良い馬という感じはありましたが、ここまでというのは最初は見抜けなかったです」

    (成長した点は?)
    「馬体がたくましくなったと思います。まだ幼いところはあるのですが、精神面もだいぶ成長しています。普段乗っていてもヤンチャはしなくなったなという感じで、言うことを聞いてくれる可愛い馬です」

    (肉体面では?)
    「全体的に力強くはなっていると思うのですが、まだ物足りないといいますか、これから良くなっていくであろうという部分はあると思います。ただ全体的に成長していってくれていると思います」

    (中間は追い切り以外にも勝浦騎手自身が騎乗していたが?)
    「いろいろな考えがあるとは思うのですが、自分としてはジョッキーが毎日乗るのもどうかなという気持ちもありました。ただ今回は周りから毎日乗った方がいいのではないかと言われて、乗せて頂きました。毎日乗る前よりは、今の方が馬と良い信頼関係を築けたと思います」

    (中山2000mのイメージは?)
    「走る前は最高の舞台だと思っていましたが、結果が出ていないので…。でもその考えは変わっていませんし、舞台的にはデイジーに合っていると思います」

    (この馬の武器は?)
    「それほど強調して言えるものはないのですけど、結果が出ているのが1番の武器というか良いところだと思います」

    (本番に向けてのイメージは作っている?)
    「まだ特にないですね。リズム良く行ければいいなとは思います」

    (ゲートを出てからレースを考えられるような自在性のある馬?)
    「自在性はあるとは思うのですが、いろいろなことができるタイプではないと思いますので、

    (ゲートを)
    出てからリズム良く運べれば、それが1番良い結果に繋がるのではないかなとは思っています」

    (デビュー時からコンビを組んでいる馬とクラシックに向かう心境は?)
    「もちろんニシノデイジーにもそうですが、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯ですね。それに本当に応えたいという気持ちです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「まだまだ先はありますが、ここを目標にやってきましたし、ここで1番良い結果を出せるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

    ■高木調教師
    (追い切りについて)
    「騎手とのコンタクトと、あまり遅くならないようにリズム良く走らせてくれという感じでした。リズム良く行けたと思います。ここまで順調に来ていますし、大丈夫だと思います」

    (前走の弥生賞を振り返って)
    「1番人気に支持して頂きましたし、雨で(馬場が)渋ったのが逆に良いのかなと思ったのですが、結果的に脚元を気にして走っていてその点がダメだったのかなと思います」

    (弥生賞前に、精神面や折り合いがポイントという話があったが、そのあたりは?)
    「下を気にしてハミを取らず、その分脚も溜まらずという競馬になってしまって、そのあたりはちょっと判断が難しいレースになってしまいましたね」

    (トライアルを踏まえてこの中間はどういった調整を?)
    「最近ずっと勝浦君が自ら乗って、馬とのコンタクトを大事に取って、息の合った調教をしてもらっています。勝浦君も日々ずっと乗っていますので、(馬の精神面も)安心して乗れるのではないでしょうか」

    (馬体の成長は?)
    「(以前は)結構行かないと時計は出なかったのですが、今は楽に時計が出るようになりましたし、その分パワーアップしていると思っています」

    (本番に向けてだいぶ良い状態に?)
    「そうですね、はい」(クラシックに管理馬を送り出す心境は?)「気を引き締めて頑張ろうと思います」

    (あと当日天気が味方してくれれば?)
    「そうですね、ちょっと雨マークが見えるので、その辺は気になっています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「馬も非常に良い状態に仕上がってきていますし、頑張りたいと思っていますので、応援よろしくお願い致します」(取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「幸せを噛みしめながら結果を出したい」/皐月賞共同会見
     
     デビューから前走の共同通信杯(GIII)まで無傷の3連勝で皐月賞に臨むダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清)が、本番に向けてポリトラックコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、戸崎圭太騎手と萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■戸崎騎手(今朝の追い切りの感触は?)
    「すごく馬は落ち着いています。2週前くらいから毎週跨らせて頂いているのですけど、レースに向けてスイッチが入ってきたなあという感じを受けました」

    (今日の動きのジャッジは?)
    「単走でした。リラックスをさせてノビノビ走らせるということでしたが、そういう感じで走れていましたし、良い感触や順調さを感じました」

    (今日の追い切り後にゲートの確認を?)
    「問題になることではないのですが、2週前に行った時に(ゲートで)ちょっと動いていたところがありました。(その後)ずっとスタッフがやってくれていたので、すごく落ち着いていて良い感じでした」

    (初重賞の前走を振り返って)
    「距離の不安が少しありましたが、それを覆す強い勝ち方でした。距離も心配ないというのを掴みましたし、2歳王者もいた中でああいう勝ち方ができて、本当に強い馬だと感じました」

    (前走は2走前のひいらぎ賞・500万下と比べるとゆるい流れになったが、そのあたりの対応力は?)「問題なかったですね。ペースが遅い中でもしっかりと我慢もきいて、その分本当に弾けたという感じでした」

    (デビューから3戦すべてコンビを組んでいるが、最初に乗った時の印象は?)
    「兄弟はダートで走っていますので、芝でデビューはどんな感じなのかなと思いましたが、背中はすごく良いものを感じていました。それからどんどん良くなってきて、このような馬になりました」

    (特に良くなったと感じるのはどのあたり?)
    「いろいろな感触がありますが、馬がしっかりしてきたというところですかね。幅が出てきたりとか、そのあたりで跨った瞬間に感じるものがあるという感じですかね」

    (兄弟にダートの短距離で走る馬が多い血統だが、芝の中距離で走るこの馬には父のディープインパクトの影響がある?)
    「ディープインパクトに跨ったことないのでわからないのですけど、すごいバネをこの馬には感じるものはありますね」

    (今回はコーナーが4つの2000mと初めての条件だが?)
    「前走の感触からそういう問題も消えたというか、こなしてくれるだろうというのは感じています。心配はないと思いますね」

    (枠順は真ん中より内の方がいい?)
    「そうですね、その方が組み立てやすいですかね。(真ん中から内は)みんな望むところだと思います」

    (もまれたりすることに不安はない?)
    「そうですね、前走も囲まれてはいましたからね。その中でもひるまず問題なく走ってくれていたので、大丈夫だと思います」

    (デビューからずっとコンビを組んでいる馬でクラシックに臨む心境は?)
    「幸せな気持ちですね。デビューから乗せて頂いて、ずっとコンビを組んで、負けていませんしね。有力馬ということで、その幸せを噛みしめながら結果を出したい気持ちでいっぱいですね」

    (どういったレースをしたい?)
    「この馬の力を存分に出せるようなレースですね。リズム良く、最後は弾ける感じで、気持ち良く走らせたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「3戦3勝という馬でまた(皐月賞に)臨めますし、もう1頭負けなしの馬がいて盛り上がることと思いますので、是非楽しんで頂きたいです。僕自身は連覇を目指しています。ダノンキングリー、応援よろしくお願いします」

    ■萩原調教師(今朝の追い切りについて)
    「単走でと考えていましたし、ジョッキーと話をして、体を使わせて、精神状態とコントロールが利く利かないを見てもらおうと思いました」

    (戸崎騎手がノビノビと走っていたと言っていたが?)
    「同様の感触です」

    (前走を振り返って)
    「コントロールが利いていましたし、脚も使っていましたので良い内容でした。レース後もそれほど大きなダメージもなく、中間も順調に来ています」

    (デビュー当時の印象は?)
    「良い馬だとは思っていましたが、競馬を使ってみないとわからない部分が多かったですし、能力をはかれないと思っていました」

    (レースを使っていく中での成長は?)
    「期待通りの成長を見せていると思います。馬体重は今後もそれほど変わることはないと思いますが、体幹がしっかりしてきましたし、精神的にも今回は落ち着いています」

    (距離が2000mに延びるが?)
    「1800mの前走の競馬を見る限り、距離が延びることに関して不安のあるレースではなかったと思っています」

    (1番のセールスポイントは?)
    「やはりスピードですね」

    (クラシックに管理馬を送り出す心境は?)
    「非常にありがたいと思っています」

    (理想の枠順は?)
    「枠順はこちらで選択できるものではないですし、与えられた枠で競馬をするしかないので特に気にしません」

    (馬場コンディションについては?)
    「それもこちらでコントロールできるものではないので、その条件で競馬をさせて頂きます」

    (最後にファンにメッセージを)
    「一連の状態をキープして皐月賞に向かえると思います。皆さんの期待に沿うような走りを見せることができればいいと思っています。頑張るのでよろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】川田騎手「立ち向かうのは簡単ではないが、精一杯ヴェロックスの競馬を」/皐月賞共同会見

     ■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――過去騎乗された2戦の印象は?
    川田 それまでのレースはずっと見ていました。どういうことが出来てどういうことが出来ないのかな、というイメージは大体ついていました。二戦ともいいかたちで勝ってくれましたし、一戦ごとに勉強しながらここまで来れたのではないかと思います。

    ――一戦ごとに成長が感じられる点は?
    川田 一番はレースの中身ですね。レースの組立において(以前に)負けている中でもいろいろ学べたはずですし、それがこの二回で生きているのでは、と思います。

    ――中山芝2000mについては?
    川田 ある程度いろんな競馬に対応できるタイプだと思っているので、この中山芝2000mというコース形態については特に問題ないと思ってます。

    ――芝コースでの最終追い切りに騎乗されましたが、感触は?
    川田 指示は馬の状態を確かめながら、終いは僕の感覚でやるもやらないもちょうどいい感じで決めて欲しいということでした。 

    すごくいい流れで走っていたと思いますし、4コーナー手前くらいからさらにリズムは良くなりました。それからはいい雰囲気で、いい内容で走れていたと思います。いい最終追い切りだったと思います。

    ――前走からの上積みは?
    川田 前回は正直、そんなにいい状態ではなかったので、それを思えば良くなってきています。期待どおりですし、無事にここまで来れて良かったな、と思います。

    ――芝での追い切りになったのは馬場状態を考慮してのことでしょうか?
    川田 そうです。

    ――今回、怪物級と言われるようなライバルも1頭いるというムードですが、川田騎手はそのあたりは感じられていますか?
    川田 ライバルというのも失礼かなと思いますけどね。1頭、抜けていると思いますから。あれだけ素晴らしい馬がいるので、そこにチャレンジしにいく立場ですから、なんとかいい競馬が出来ればいいな、とは思いますが。

    ――最後に抱負を。
    川田 無事に皐月賞の舞台までたどり着きましたし、先ほども言いましたけど素晴らしい馬が1頭いるので、そこに立ち向かっていくのは簡単なことではないですけど、なんとか精一杯ヴェロックスの競馬をして…頑張ってくれると思うので当日を無事に迎えたいなと思います。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】アドマイヤマーズ鞍上M.デムーロ「GIだから皆がライバル。楽しみにしています」/皐月賞共同会見
     
    ■アドマイヤマーズに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走は共同通信杯2着でした。
    デムーロ 残念でしたね。初めて負けました。コースも距離も初めてでしたね。朝日杯FSからあまり時間もなく、馬が少しフレッシュでしたね。(その中間は)休みに(放牧へ)出たんですけど、そんな時間がなかった。馬が少しイレ込んでいました。 スタートから思っていたとおり、ペースはすごく遅かったです。先頭に行っていましたけれど、そこから結構噛んでました。折り合いが難しかったです。馬自体はワンペースで自分のペースでは行ってましたけれど、後ろの馬はすごく瞬発力がありました。勝った馬(ダノンキングリー)は強かったですね。上がり(3F)も一番速かった。

    ――馬体重がプラス8キロでしたが?
    デムーロ それは全然問題ない。馬がどんどんどんどん成長しています。今回もプラス(体重)になりますね。すごくいい状態で成長しています。

    ――具体的にはどんなところが成長していますか?
    デムーロ 大きくなっていますね。筋肉が増えているし、背が高くなった。

    ――一度使って変わってきそうですか?
    デムーロ そうですね。

    ――この中間、3月28日に調教に騎乗されています。そのときの感触は?
    デムーロ いいですね。競馬のあと、1か月経ってだいぶ良くなった。

    ――今朝の追い切りは坂路で行われましたね?
    デムーロ 馬なりでやったと聞いています。大丈夫です。厩舎のかたがこの馬のことをよくわかっているので問題ないです。

    ――今回、さらに1ハロン延びて中山という舞台ですが?
    デムーロ 今回も初めてのコースで、コーナーが4つありますね。距離は問題ないと思います。1ハロン増えても問題ないと思います。2000mまでは問題ないと思っています。

    ――枠順の希望は?
    デムーロ 真ん中くらいがいいですね。

    ――今回は一番強さを知っているサートゥルナーリアがライバルにいます。印象は?
    デムーロ GIだからみんながライバル。だけど、(サートゥルナーリアは)何回か乗りましたがすごくいい馬ですね。サートゥルナーリアだけでなくいっぱいいい馬が出てきます。楽しみにしています。

    ――皐月賞は4勝しています。改めて印象は?
    デムーロ もう1回、5回目を勝ちたいです(笑)。

    ――トリッキーなコースと言われていますが?
    デムーロ 難しいコースですね。中山コースは難しい。まぁ、今までいい馬に乗っていますが、何回も失敗した。

    ――改めて意気込みを。
    デムーロ 勝ちたいです。頑張ります。(取材・文:花岡貴子)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    桜花賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】クロノジェネシス北村友騎手「瞬発力と一生懸命走る脚を生かしたい」/桜花賞共同会見
     
    ■クロノジェネシスに騎乗予定の北村友一騎手

    ――この馬の印象は?
    北村 体は少し小柄でピッチで走る馬なんですけど、本当に瞬発力があって最後まで一生懸命走ってくれる馬です。

    ――前走のクイーンCを振り返ってください。
    北村 馬の状態的には100%という感じではなかったんですけど。阪神JFの時も少し出遅れてしまいましたし、次に向けてもゲートは出していきたいとは思っていました。スタートして少し出しながらだったんですけど、しっかりコントロールも効いてこの馬らしい瞬発力を見せてくれたのでいい内容だったと思いますね。

    ――成長は感じましたか?
    北村 正直、特によくなった、変わったというところはなかったですね。

    ――完成度が高かったということですか?
    北村 はい。

    ――この中間の状態は?
    北村 前走は100%の状態ではないと思っていましたし、少し小柄な馬ですが前走はさらに華奢で非力な感じがしたのでそのあたりを心配したんですけど。今回体重は変わらなくとも、すごくしっかりしているな、と思いますね。馬のポテンシャルを改めて感じました。

    ――相手関係は?
    北村 もちろん阪神JFで負けたダノンファンタジーもいますし、その他先行勢も強いと思います。終いの本当にいい馬も出てきますし、いいメンバーの中でこの馬の武器である瞬発力と一生懸命走る脚というのを生かしたいと思いますね。

    ――桜花賞のイメージは?
    北村 うーん…。桜が綺麗だな、と思いますね(笑)。

    ――最後にひとこと。
    北村 前回はいい内容で勝ってくれたので、阪神JFの1/2馬身差2着のリベンジを果たしたい。次は勝ちたいと思っています。しっかりとエスコートできるように一生懸命頑張りたいと思います。応援してください。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】クロノジェネシス斉藤師「一番の武器は最後の瞬発力」/桜花賞共同会見

    ■クロノジェネシスを管理する斉藤崇史調教師
    ――前走のクイーンCを振り返ってください。
    斉藤 雪で少し(開催が)延びてしまったんですけどその辺の調整もうまくいきましたし、クイーンCに行くに当たってはその前の阪神JFの時にスタートが少し遅かったというのと、あとは折り合いをつけるという課題を、と思っていたんですけど。ふたつとも上手にこなしてくれました。いい勝ち方だったかな、と思います。

    ――クイーンCを選んだ経緯は?
    斉藤 一戦一戦一生懸命走ってしまう馬なので一回ずつの消耗が大きいんです。なるべく本番までの間隔をとりたかったというのでクイーンCを選びました。東京ならマイルでもそんなに前半のペースが速くならないので、オークスのことも考えるとあまり速いペースでの競馬を何回もしたくなかったので。その辺も含めて東京の1600にしました。

    ――阪神JFは2着でしたが、いかがでしたか?
    斉藤 初めてのマイルでしたし、それまでの2戦が1800でしかも前半3ハロンが38秒くらいの競馬しかしていなかったので、GIのマイルなら後ろからの競馬になるんだろうな、と想定はしていたんですけど。ちょっとスタートも他の短い距離を経験した馬と比べたら遅かったですし、それでも後ろからダノンさんの馬(ダノンファンタジー)にピッタリついていって、最後は交わせなかったですけどいい勝負まで持ち込めたので能力が高い馬だと改めて実感しました。

    ――この馬の良さは?
    斉藤 一番の武器は最後の瞬発力だと思うので、それをどうやって生かすかだと思っています。そのためには折り合いもしっかりつけていかなければいけないと思いますし、その辺を意識した調教を重ねてきたという感じなんですけど。

    ――この中間の調整過程は?
    斉藤 前回のクイーンCのときは少し動きも重かったりとか、前哨戦なりという出来でしたけれども。今回は本番ですし、1週前の動きもすごく良かったです。今日もちょっと遅いペースの中、(前の)馬の2馬身くらい後ろでしっかりと折り合いをつけて最後だけ気持ちよく抜けてくるというかたちで調教したんですけど。ジョッキーの感覚も良かったと思いますし、いい状態で競馬にむかえると思います。

    ――北村友一騎手と綿密に話をされていたようですが?
    斉藤 馬の感じと、当日どういうふうに組み立てますか、という話をね。当日に話してもいいのかもしれないですけど、バタバタしても嫌なんでその辺の打ち合わせだけして終わりました。

    ――馬の成長については?
    斉藤 うーん、そうですね。馬体重に関してはもう少し欲を言うともう少し増えて欲しいというか、もうちょっと大きくなって欲しいというところはあるんですけど。減ってしぼんできてしまっているわけではないですし、体重が変わらない中でも少しずつ芯が入ってしっかりしてきたというイメージがあるので。特に心配していないですけどね。

    ――調教師として初制覇のかかるGIへの想いは?
    斉藤 10年前に調教助手のころに桜花賞に行かせてもらって(注:レッドディザイアの担当者だった)、ブエナビスタに負けて2着でしたけれども。そのときのブエナビスタのサンデーレーシングさんの勝負服でこうやって大きな舞台に行けるのはすごく楽しみですし、なんとか勝ってみたいなという気持ちのほうが強いですね。

    ――調教助手と調教師ではGIで挑む気持ちも違いますか?
    斉藤 そうですね。やっぱりそういう舞台に立ちたくて調教師になったという部分があるので。今回だけじゃなくてコンスタントにね、毎年こういう大きな舞台に(管理馬を)送りだせるような調教師になりたいと思っています。そのための第一歩というか、ここでなんとか結果を残して、次に続けるようになんとか頑張っていきたいなと思います。

    ――レースのイメージは?
    斉藤 先ほども言いましたが、この馬の武器は瞬発力だと思っているので。本当に前半どれだけ折り合いをつけて運べるか、ということだと思っています。あとはジョッキーに任せて、その折り合い面だけに注意してもらえればと思っています。

    ――鞍上の北村騎手は先週初GI制覇を果たしました。鞍上へ賭ける想いは?
    斉藤 この馬がデビューの時からずっと乗ってくれていて馬のことを一番よく知ってくれていると思います。先週も大きな舞台で初めて勝っていましたが、そういう舞台でも動じることのないジョッキーなのでその辺は安心して全部任せられるかな、と思っています。

    ――最後にメッセージを
    斉藤 平成最後の桜花賞ということで、なんとかいい結果を残してGIタイトルを彼女に獲らせてあげたいと思っていますので応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ダノンファンタジー川田騎手「調教では走りたがるが競馬では我慢が効く。この差が競馬に生きている」/桜花賞共同会見
     
    ■ダノンファンタジーに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――前走のチューリップ賞を振り返ってください。
    川田 ゲートも上手に出てくれましたし、スムーズに競馬を組み立てることが出来たと思います。直線は進路がなかなかなかったですけど、内枠で人気馬ですからそんなにすぐ空くわけではないのは当たり前なので。徐々に道をつくりながら、少しずつ馬の気持ちを前に持っていきながら(レースを組み立てました)。終いはいい脚を使ってくれましたし、非常にいい内容でレースを終えることができました。

    ――成長は感じましたか?
    川田 一戦ごとに成長を伴いながら進んでこれています。競馬の中身も新馬、未勝利、ファンタジーSといい内容で走ってくれました。阪神ジュベナイルフィリーズは乗っていないので何とも言いづらいですが、いい内容でいい勝ち方をしてくれています。そのあとが休み明けのチューリップ賞と、一戦ごとに色んなものを勉強をしながらここまで来れているんじゃないかと思います。

    ――どのあたりに一番気をつけて馬をつくってきましたか?
    川田 どうしても走る気持ちが強すぎるのでそこのコントロールが一番難しい馬ではあります。それをスタッフとともに相談しながらここまで歩んでこれています。今週の雰囲気もさらに良くなってきているので問題なくレースに向かえるのでは、と思っています。

    ――追い切りについては先週から今週にかけて、改めてどうでしたか?
    川田 チューリップ賞もそうだったんですが1週前はどうしてもより走る気持ちが強すぎるので、そこで一度ガス抜きをしておいて、当週はできるだけ負担になり過ぎないようにというイメージで来ているんですけれども。今朝の追い切りも走る気持ちは強いですけれどもよく我慢が出来ていたと思いますし、これが競馬に向けていい準備になればなと思っています。

    ――改めてこの馬のセールスポイントは?
    川田 競馬にいけば上手に競馬を組み立ててくれますし、我慢もしっかり効きますし、いい内容で走ることが出来ます。そういう調教での走りたい気持ちと、競馬にいってしっかり我慢できるというところの差というかが、競馬にすごく生きていると思います。それがいいところではないかと思います。

    ――ここ3戦は馬体重の変化がありませんが、そのあたりは?
    川田 そうですね。馬体重については増減はないですが、体の中身は良くなっているので、特に気にはしていないです。

    ――グランアレグリアとの対戦については?
    川田 新馬戦は負けることはないと思って行ったんですけど、圧倒的に強い馬が1頭いたのでビックリしました。こちらはその状態でも、重賞は普通に勝てる馬だな、という印象だったので。グランアレグリアに関しては楽に重賞を勝てる馬だな、という印象を受けました。その馬と久しぶりにGIの舞台で対戦できるということは、ファンの皆さんが楽しみにしているのと同じように、こちら側も楽しみにしています。

    ――2戦目でのプラス18キロについては?
    川田 急に体が後脚だけ成長し過ぎたことによって少しバランスが良くなかったんですけど。それが徐々に解消されて、全体的に完成されて中身が伴ってきたな、と思っています。

    ――川田騎手自身も騎手リーディングですが?
    川田 いや、僕のことは大丈夫です。

    ――ハープスターでも制した桜花賞ですが、このレースの印象は?
    川田 阪神の1600mということで強い馬が勝っていますから、まぎれの少ない競馬になりやすいのが桜花賞だと思います。ダノンファンタジーがその強さを見せてくれるといいな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    川田 今回本当に素晴らしい馬たちがそろっていると思います。3歳牝馬は全体的にレベルが高いと思っています。その中でも2歳女王としてここに挑むわけですし、しっかりと自分の競馬をして一番いい結果を得れるようにファンタジーと頑張りたいと思いますので、ぜひ楽しみにしてもらえたらな、と思います。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】【シェーングランツ藤沢和雄師「武豊騎手得意の阪神、期待しています」/桜花賞共同会見
     前走のチューリップ賞(GII)5着から桜花賞に臨むシェーングランツ(牝3、美浦・藤沢和雄)を管理する藤沢調教師の共同記者会見が、同馬の追い切り後に行われた。

    (今朝の追い切りの狙いは?)
    「前走時は幾分ゴール前でモタつきましたが、今回は時計は速くないものの併せ馬をしっかりできたので良いと思います」

    (前走と前走後の調整過程について)
    「姉のソウルスターリングと違って慎重な子で、使いながら良くなるという感じがあったので、トライアルを使いました。アルテミスS(GIII・1着)では終いがしっかりしていたので阪神でも期待していたのですが、阪神JF(GI・4着)ではモタついてついて行けませんでした。前走はもう少し動けるかなと思ったのですけど、あまりスムーズな競馬ではなく意外と良くない結果でした。今回は1回使って、その後は調整も楽で順調にきています」

    (レース本番に向けての期待のほどは?)
    「今回はGIで当然流れが速くなるでしょうし、彼女に向く流れや展開になれば終いはしっかりしている馬なので期待できると思います」

    (武豊騎手とのコンビは4戦目となるが?)
    「素晴らしいジョッキーでたくさん勝たせてもらっていますし、勝っているジョッキーなので安心しています。

    (武豊騎手は2004年の桜花賞を勝った)
    ダンスインザムードで素晴らしい競馬をしました。彼女とは全く違う脚質の馬ですが、得意の阪神だと思うので期待しています」

    (馬体重は?)
    「前走からプラスにはなっていますが、輸送を含めて減ると思うので前走くらいの体重で行けると思います。厩舎の皆と一緒に前日に輸送予定です」

    (藤沢厩舎のワンツーも?)
    「あるといいと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「血統的にも素晴らしい馬ですし、姉のソウルスターリングはうまくいきませんでしたが、その分も頑張ってくれると思います。武騎手はまだまだ当分やれると思うのですが、私の方は定年が近いので何とか頑張ってもらいたいです」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】グランアレグリア藤沢和雄師「前走の経験はプラスになる」/桜花賞共同会見
     朝日杯FS(GI)3着から桜花賞に臨むグランアレグリア(牝3、美浦・藤沢和雄)を管理する藤沢和雄調教師の共同記者会見が、同馬の追い切り後に行われた。

     (今朝の追い切りについて)
    「休み明けなので先週、今週と併せ馬でやりました。それほど速い時計ではありませんでしたが、順調に調整できています。少し行きたがるところが若い頃からあったので気を付けてきましたが、最終追い切りではわりと落ち着いていて良い調教ができていると思います」

    (前走からの過程は?)
    「デビューはすごく早い時期でしたし、前走までは順調に使ってきましたが、一生懸命走るので前走後は疲れた様子でした。本当はトライアルから行きたかったですけど、疲れが取れていないということで牧場の方で調整してもらって、それに合わせて厩舎に来てからも調整を進めてきました」

    (フィジカル面、メンタル面での変化は?)
    「体力は上がっています。デビュー戦も2歳牝馬であの時期にあの時計で走れる馬はなかなかいないように、素晴らしい馬です。気持ちが前向きなところがあって少し手こずりましたが、見ての通りそのあたりについては調教では落ち着いてきていますし、競馬でも上手に走ってきてくれるかなと思います」

    (前走を振り返って)
    「前走は牡馬と一緒に走らせてもらいましたが、強い馬がたくさんいる中であの着順でしたし、内容的には悲観しなくていいでしょう。関西圏への遠征で強い牡馬相手によく頑張ってくれました」

    (阪神マイルという舞台については?)
    「若いうちから厩舎にいていろいろやらせてもらっていますし、前走の経験もプラスになると思います」

    (輸送については?)
    「輸送は経験もありますし、能力が高い馬なので問題ないと思います。同じ厩舎の仲間たちと一緒に前日に輸送する予定です」

    (馬体重は?)
    「前走よりもいくらかプラスになっていますし、減ってもレース当日に1桁台なら問題ありません」

    (本番ではどのようなレースを?)
    「デビュー戦から強い競馬をしてくれましたし、今回も良い状態で臨めそうです。他馬も当然成長しているでしょうし、今年になってからもレース経験がある馬相手です。この馬は休み明けなので、胸を借りるつもりで臨みます」

    (理想の競馬の形は?)
    「スタートが肝心なので、みんなと一緒に出てくれれば嬉しいです。久々なので、ゲートは遅れないようにしてもらいたいです」

    (桜花賞の難しさはどのあたりに?)
    「桜花賞に限らず、暖かくなってきていてもこの時期の3歳牝馬は食欲が落ちてしまい体が減る馬がほとんどですから。輸送もありますし、その辺りが堪えるかなと思います。この子も牝馬なので当然体は減ると思いますが、期待しています」

    (最後にファンへメッセージを)「牝馬ですが強い馬です。前走は男馬相手で結果は残念でしたが、休み明けでも頑張ってくれると思うので応援してください」(取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】ビーチサンバ福永騎手「前走時と比べて格段にいいフォームになりました」/桜花賞共同会見
     
    ビーチサンバに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――前走のクイーンCは2着でした。
    福永 ゲートはスタートが上手く出れなかったんですけど、隣の馬が大暴れしていて最後の最後で馬がちょっと気にしてね。いい体勢で出られなかったんですけど。  

    その後はまぁ道中うまくリラックスしてくれて頭数も少なかったので勝ち馬を見るかたちで。こっちのほうが先に追い出したんですけどね。まぁ、ちょっと勝ち馬が強かったですけど、最後まで長くいい脚を使ってくれましたし、ああいったアクシデントがあったことを考えれば悲観する内容ではなかったのかな、と思います。

    ――前走も瞬発力を発揮していましたね。
    福永 長くいい脚を使える馬なので、東京コースは合うと思いました。ただ、勝ち馬(クロノジェネシス)が強かったですね。

    ――その時のコメントで「課題がある中で結果が残せた」と仰っていました。その課題とは?
    福永 成長過程にある馬体ということもあって、調教でちょっと走るフォームがハミに頼るようなところがありました。その辺が改善されればいいなと思っていたんですが、そういった走りのフォームの中でも競馬ではきっちりある程度結果を出してくれていたので。ポテンシャルの高い馬だな、というイメージではあったんですけど。  

    前走後に短期放牧に出て、その後は厩舎で調整してくれていたんですけど、ハミに頼って走る面を(厩舎サイドが)修正してくれていたんで。それに伴って調教の動きなんかも前走時よりもいいフォームで走れていますし、時計にしてもそうですし。前走時と比べると格段にいい状態というか、いいフォームで臨めるんじゃないかと思っています。

    ――桜花賞での逆転の可能性は?
    福永 そのために必要なことを、ということで厩舎スタッフといろいろ話をしながらやっていく中で、うまく馬のよくない点を修正してくれていました。そこは「さすが友道厩舎だな」と思います。

    ――改めて、この馬のセールスポイントは?
    福永 スピードの持続力がある馬なんで。お兄さん(フサイチリシャール)もそうでしたけど。高い能力を持っているんだな、と思いますね。

    ――福永騎手は母のフサイチエアデール、兄のフサイチリシャールの両方に騎乗されていますが、比べると兄のほうに似ていると感じていますか?
    福永 そうですね、はい。

    ――福永騎手は桜花賞をプリモディーネ、ラインクラフトで2勝しています。桜花賞のイメージは? 福永 あ、そうか…。新しいコースになってから勝っていないですね。じゃあ、前のイメージを持っていてもしょうがない(苦笑)。3着が多いイメージですね。でも、阪神の外回り1600mは紛れないコースなので。以前と違って、力のある馬が力を発揮しやすいコースになっています。なかなか力が劣る馬で逆転しようというのは難しいコースではあるんですけど。  ビーチサンバについては対戦成績は負けてはいますけど、持っているポテンシャルとしてはそこまで差はないと自分では思っているので。うまく厩舎側が調整してくれているので今までの差を逆転できるように一緒に頑張りたいと思っています。

    ――ダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシス、もちろんビーチサンバも含めて今年の3歳牝馬のレベルは高いと言われていますが、実際に騎乗されてどのように感じますか?
     福永 まぁ、世代のレベルというのは、まだ測れないですよね。他の世代と対戦するようになって明らかになっていくものだと思いますし、この世代が強いか弱いかというのは分かんないですけど、いまいま挙げられた馬たちが走る馬だというのは間違いないので。  
    その馬たちを負かせるように、負かすためにはどうしたらいいかというのを厩舎スタッフや調教師と相談しながら一緒に取り組んでいきたいと思っています。

    ――枠の希望は?
    福永 並びであったり、まぁ基本的には当たったところでやります。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを
    福永 血統的に縁のある馬の騎乗依頼をいただいてまだ一番いい結果を出せていないので、なんとかこのGIで1着になれるように頑張りたいなと思っています。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】フィリアプーラ丸山騎手「騎手になったからにはやっぱり…」/桜花賞共同会見
     前走のフェアリーS(GIII)に勝って桜花賞に臨むフィリアプーラ(牝3、美浦・菊沢隆徳)。騎乗する丸山元気騎手と管理する菊沢調教師の共同記者会見が行われた。

    ■丸山騎手(1週前追い切りに騎乗していたが?)
    「先週は強めにやりましたが、実戦に行って良いタイプかなという感じがしました。前走時は芝の返し馬が素晴らしかったですが、ウッドチップだと走りにくそうにしていましたので、競馬に行って良いのかなという感じですね」

    (それはコンビを組んだ前走から導き出された手応え?)
    「元々返し馬のフットワークはすごく良くて、競馬も乗りやすいですし、追ったらしっかり伸びますからね」

    (前走を振り返って)
    「スタートは普通に出てくれましたが、ポジションは気にせずリズム良く走らせました。4コーナーから外に出せましたし、終いの反応も良く、末脚も良かったです」

    (この馬の持ち味は?)
    「最後はすごい脚を持っていますので、最後の末脚という点だと思います。今回も位置取りは気にせず、リズム重視でいきたいという気持ちはあります。この馬はこの先どんどん良くなりそうですし、距離が延びて良さそうなので、ここだけが勝負ではありませんが、ここで良い走りができれば先が楽しみになりますね」

    (過去2回桜花賞に乗っているが、桜花賞の難しさについては?)
    「過去2回は前に行く競馬でしたが、今回は後ろからになると思うのでちょっと違うのですが、阪神コース自体の馬場が特徴的ですし、外回りで3歳牝馬ということもあってまだ手探りな面もあります。コース形態というよりも、3歳牝馬の難しさがありますね」

    (メンバーは揃っているがチャンスもありそう?)
    「有力馬は前に行く馬が多いと思いますし、ペースが流れて展開が嵌れば出番があると思います」

    (GI勝利となれば自身初となるが?)
    「チャンスを頂いているので、良い結果を出したいですね」

    (今年すでに重賞を3つ勝っているが、手応えを感じている?)
    「そこまで意識はしていないですけど、重賞でも乗せてもらっているので、結果を出さないといけないと思っています。ただ去年のダービーに乗ってから、意識が変わったかもしれないというのはありますね。  ダービーは競馬前なのに鳥肌が立つくらいすごい歓声でしたし、乗らなければ味わえない感動があったので、ああいう舞台で乗らないといけないなと気持ちが強くなりました。騎手になったからにはやっぱりGIジョッキーになりたいですし、今流れが良い時なので少しでも近づけるように頑張ります」

    (何か変えたところは?)
    「ないですね。変えたつもりはないですが、乗せてもらえる馬に一生懸命乗るだけです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今回もチャンスのある馬ですし、馬の特徴を最大限に引き出してあげることが僕の仕事なので、良い結果を出せるように頑張ります」

    ■菊沢調教師
    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週ウッドで長めからしっかり併せ馬をしまして、週末にかけて状態も十分できているような感じでしたので、今日は確認とあと少しメリハリをつけた動きができればいいと思っていました」

    (前に2頭置いて少し後ろから単走でしたが?)
    「はい、前に馬を置いて追いかけるような形で、あとはジョッキー(追い切りは菊沢騎手)とコンタクト取りながら、最後メリハリをつけるよう指示をしました」

    (先週の追い切りでは丸山騎手が乗っていましたが?)
    「彼はフェアリーSの時に初めて跨ったもので、その時と調教との感覚の違いを確認してもらえればいいと思っていました」

    (前走を振り返って)
    「未勝利を勝ち上がって間隔が短かったのですが、出走へのゴーサインを出しました。幼い面があるのでテンションがとても心配でしたし、重賞にしては極端なスローペースで、脚を使っても届くかな、大丈夫かなという感じで見ていましたが、しっかり脚を使って差し切ってくれて、強い競馬をしてくれたと思います」

    (そこから間隔があいたが?)
    「ノーザンファーム天栄でケアして頂いて、それからまた乗り込みを開始しまして、順調に調整して戻ってきました」

    (本番に向けて心身ともに充実を?)
    「まだ使ってても伸びしろがある感じの馬です。まだ3歳の若馬なので、桜花賞で強い馬と戦って、また次に繋がっていけばという感じです」

    (先生自身はどのあたりに伸びしろを感じる?)
    「まだ冬毛も生えていますしね。あと体幹がまだこれからという感じですね」

    (関西への輸送は初めてだが?)
    「輸送自体は何度も繰り返しています。あとは阪神競馬場のざわついた環境に変わるので、そのあたりがポイントになるのかなと思っています」

    (どのくらいの馬体重での出走に?)
    「輸送でどのくらい減るのかわからない部分もあります。現状では440キロ台半ばで餌もしっかり食べていますから、現時点では心配はありません」

    (ジョッキー時代に桜花賞に騎乗経験がある師から見て、桜花賞のどこが難しい?)
    「キャリアが少ない若い牝馬ですし、たくさんの観衆などいろいろなプレッシャーがあると思います。まだ精神的に幼い若い牝馬にとっては、普段の力が出せない、そういった難しさがあるのかなと思います」

    (フィリアプーラにとって理想のレースは?)
    「恐らくですけど、(道中は)中団より後方からというイメージを持っています。レースは生き物ですし、フィリアプーラがスムーズに立ち回れればいいと思っています」

    (アエロリットの桜花賞は力を出し切れなかった印象だが?)
    「アエロリットにも十分勉強させて頂きました。馬のタイプは全然違いますが、そういったものを生かして今回の桜花賞に臨みたいと思っています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「まだまだフィリアプーラは成長しているところなのですけど、そういった過程で桜花賞に向かいます。強い馬が相手ですけど、全力で良い結果を求めて頑張りますので応援してください」(取材・文:佐々木祥恵)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    大阪杯予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより
    【JRA】ペルシアンナイト鞍上M.デムーロ「ポイントは4コーナーで一番いい位置につけること」/大阪杯共同会見
    ■ペルシアンナイトに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走の金鯱賞は4着でした。振り返ってください。
    ミルコ 最近ちょっとツイていないですね。香港では良馬場で硬かった。金鯱賞は重馬場だった。もともと重馬場は得意ではないですね。中京の2000mは問題なかったですけれども、いつも休み明けは良くないですね。1回使ったら良くなるんですが。

    ――この結果はあまり気にしなくていいでしょうか?
    ミルコ はい、あまり気にしていないです。さすがにいい馬だから問題はなかったけれど、展開は良くなかったですね。前回はペースが遅くてよーいドンの競馬だったのに、僕の馬はジリジリ上がってきたのに対して前の馬はいい脚を使っていましたね。

    ――久々の2000mは大丈夫でしたか?
    ミルコ いまはちょっと大人になっています。香港での1600m(香港マイル)は忙しかったですね。昨年の大阪杯も2着でしたから距離は問題ないと思います。

    ――昨年はスワーヴリチャードで勝っていますね。このレースのポイントは?
    ミルコ ポイントは…どうだろう。昨年は外枠だった。展開は良かったね。スタートはみんな速くて、僕の馬は1コーナー2コーナーで折り合いをつけていました。向こう正面でペースが落ちたときに出していきました。なかなか有り得ない。 

    今回は…どうだろう。どんな展開になるのかわからないですね。ポイントはもちろん4コーナーでいいところに(つけていたい)。内まわりだから。4コーナーで一番いいところに行っていたら…なんとなく。頑張りたい、はい。

    ――いまの阪神競馬場の馬場状態はいかがでしょうか?
    ミルコ うーん、最近はあまり乗っていないね。東京に行ってます。うーん、そんなに悪くない。中山も先週少し悪かったけれども、阪神は大丈夫ですね。内も芝がまだ残っています。今週も雨が降らないみたいだし、それは一番いいことだと思います。

    ――ペルシアンナイトにとってもいい馬場のほうがいいですか?
    ミルコ はい。重馬場と硬すぎる馬場はあまり良くないですね。

    ――5歳になり心身の成長は?
    ミルコ もともと自分が初めて乗っていたときに体は出来ていましたね。そこから変わらないですね。いい馬ですし、キレる。力もありますね。

    ――今回GI馬8頭がそろいました。
    ミルコ やっぱり楽しみですね。僕の馬もGIを勝っていますし、昨年(の大阪杯)はギリギリ2着でした。GIをもっと勝ちたいですね。能力があるので自信を持っています。いっぱいいい馬が出ていても、僕の馬もいい馬だから。

    ――希望の枠順は?
    ミルコ うーん、ペルシアンナイトはスタートがいつもまぁまぁいいので問題ない。どこでもつけられる。もちろん外はちょっとキツイですけど、昨年はみんなペースが最初から速かったから(結果的に15番枠のスワーヴリチャードでも)良かったですけど。まぁ、内のほうがいいです。頑張ります。

    ――最後にひとこと。
    ミルコ 今年も(ミルコ騎手自身が)2連覇して欲しいですね。頑張ります。今年もGIシーズンも始まりましたが、いっぱい勝ちたいです。いつもありがとうございます。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ブラストワンピース池添騎手「完成の域に近づいている」/大阪杯共同会見
     
     昨年暮れの有馬記念(GI)を制したブラストワンピース(牡4、美浦・大竹正博)が、今年初戦の大阪杯(GI・阪神芝2000m)に向けて、主戦の池添謙一騎手が手綱を取ってウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切り後、池添騎手と大竹調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■池添騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「向正面から入っていって、5ハロンから時計を出して行くという形でした。形的には3頭での追い切りでしたが、実質2頭で併せ馬をして前の馬に追いつけたら追いつくという感じでした。3ハロンからペースを上げていってそれでしっかりついていき、終いはしっかりやっていいと聞いていたので、動きを見ながらそれなりにやりました。 

    最初にダートコースでウォーミングアップしたのですが、いつものように1つ1つチェックをしてすごく落ち着いていましたし、準備運動の中でのフットワークもすごく柔らかかったです。ホント良い形で来てくれてるなと思いました。牧場からしっかり厩舎にバトンタッチをして、先週の1週前追い切り、そして今週の追い切りと順調だと思います」

    (有馬記念前は背腰がしっかりしてきたと話していたが、今回にかけての体の変化は?)
    「牧場からは体重は増えて帰ってきていると聞いていたのですが、追い切りをするごとに体も絞れてきています。先週も今週も思ったのですが、背腰やトモ、中身がすごくしっかりしてきていて、完成の域に近づいていると思います」

    (昨年の毎日杯(GIII)1着以来の阪神で、今回は内回りコースに替わるが?)
    「コース自体は問題ないと思います。外回りから内回りになるのが1つポイントになると思いますが、大きい馬でも不器用ではないので、自分の中ではあまり心配はしていません」

    (毎日杯以降は逃げる以外のだいたいの戦法を取ってきているが、今回展開面では?)
    「まずは枠順と馬の並びが決まってからだと思います。先週は内枠有利な馬場になったように、枠は大事になってくると思いますので、出てからしっかり考えたいです」

    (希望する枠順は?)
    「天候や馬場状態によって変わってくるので、一概にどこがいいかは言えませんが、どこでも対処はできると思います。当日の馬場状態を見極めて、あとは枠とメンバーと並びを見ながらレースを組み立てたいと思っています」

    (有馬記念は渋った馬場だったが、馬場状態は?)
    「多少力いる馬場でもパワーがあるので問題ないですし、良馬場でもどちらでも大丈夫だと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ブラストワンピースにとって、大事な今年初戦です。昨年の有馬記念の後に今年は古馬の王道を歩んでほしいと言ったのですが、(王道を)歩んでいけるようにしっかり結果を出したいと思っています」

    ■大竹調教師(昨年の有馬記念を振り返って)
    「スタートも良くてイメージしていたポジションにピタッとはまりましたし、早めに動いて最後しっかり伸びてくるという、本当に思い描いていた通りの競馬をしてくれました。これもずっと池添ジョッキーが乗っていたからなのかなと思いますし、イメージをちゃんと共有できていたからこそあのような競馬ができたのだと思います」

    (有馬記念からここまでの調整過程は?)
    「ノーザンファーム天栄に放牧に出したのですが、競馬のダメージが少なかったので、早い段階から時計を積極的に出していました。今回3か月あくということで、いつもは約3週間前に入ってくるところを1週間前倒しをして、レースの1か月前に戻ってきました。 今までよりも追い切りの本数を増やしてここまで来ています。時間的な余裕がありますので、ほんの少しでも気になるところをケアしつつ、じっくり時間をかけながらここまでやってきました」

    (今朝の追い切りの指示は?)
    「いつもそうなのですが、特に僕から指示するというわけではなくて、彼が跨った時の雰囲気でお願いするという感じで、ジョッキーに任せました」

    (3頭併せで、前に1頭、後ろ2頭という形だったが?)
    「リードホースが結構前にいたので、最後併入できるのか少し不安には思っていたのですけど、何とか恰好はつけてくれました」

    (追い切り後のブラストワンピースを見て、改めてどう感じたか?)
    「ここのところ追い切りの後はテンションを引きずることなくすぐに落ち着きますし、時計は速かったのですが、ケロッとして帰ってきました」

    (輸送については?)
    「これまでも輸送競馬をしているので、特に心配はしてないですし、むしろ前走と比べて現時点でプラス体重なので、輸送は良い方にとらえています」

    (1年振りの阪神コースについては?)
    「去年外回りではありますが毎日杯で一応経験しているコースなので、そんなに不安はないかなと思っています。前回も中山のトリッキーなコースで結果を出していますので、このコースもこなしてくれるのではないかなと思います」

    (渋った馬場や時計の速い馬場で勝っているが、馬場状態については?)
    「今のところこの先の天気は流動的だと聞いていますが、いずれにせよ問題ないと思っています」

    (希望する枠順やレースプランについては?)
    「特に枠順は気にしてはいません。レースプランはジョッキーが考えるでしょうし、任せようと思っています」

    (今年1年、どういった思いで臨む?)
    「今まで挑戦者という立場でしたが、今年からは追いかけられる立場になると思いますので、しっかり名に恥じない競馬をしていかなければいけないかなと。一戦一戦、真剣勝負だと思っています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ようやくこの時期になって、思い描いていた馬体と精神状態で競馬を迎えることができるようになりました。これからも皆さんの応援がこの馬のパフォーマンスに影響すると思いますので、これからも引き続き応援のほどよろしくお願いします」(取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】川田騎手「キセキとともにしっかり頑張れたら」/大阪杯共同会見
     
     ■キセキに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――今朝はキセキの追い切りの動きを見て確認し、どのように感じましたか?
    川田 馬場に入ったときからすごく落ち着きがあって精神的にもいい状態なんだろうな、と思いました。その後の調教内容にしても動きにしても、とてもいい状態でここ(大阪杯)に出てくれるのではないか、と思いました。

    ――前走の有馬記念を振り返ってください。
    川田 昨年秋、素晴らしい競馬を続ける中で有馬記念に出走するまでいきましたけれども、具合に関しては本当に良かったと思います。 

    ただ、ゲートの中で少し落ち着き過ぎてしまうところがあって、その分ゲートを出る動きがあまり良くありませんでしたから、少し促してあの競馬をした分、どうしても道中はいつも以上に力んでしまいました。それが影響しての5着だとは思うのですが、それでもあれだけ踏ん張れたというのはあの馬の能力の高さだと思います。

    ――秋の4走は本当に頑張りましたね。
    川田 本当に頑張りました。あれだけの競馬を毎回続けてくれましたから。

    ――毎日王冠から前に行くというスタイルの競馬が続きました。そのあたり、板についてきたという感じなのでしょうか?
    川田 そうですね。毎日王冠に関しては厩舎からのリクエストで前々からの競馬をして欲しいということだったんですけれども。天皇賞に関してはレースの中で先頭まで行ってしまったほうがいいかたちになったのでそういう競馬を選択しました。そして、それで得たもので、ジャパンカップ、有馬記念とああいう競馬を組み立てました。本当によく頑張ってくれたな、と思います。

    ――今後もその流れを汲んで競馬を組み立てるのでしょうか?
    川田 継続的にやっていることがあると思います。ただ、今回の競馬に関しては角居先生とどういう競馬を組み立てていこうかという話はしていませんから。そこに関しては(角居師と)相談してからになると思います。

    ――阪神芝2000mへの適性は?
    川田 個人としては、特に何も問題ないと思います。

    ――2000mという距離は?
    川田 何ら問題ないと思います。

    ――GI馬8頭の豪華メンバーとなりました。
    川田 これだけの有力馬たちがそろいましたから、素晴らしいGIになることは間違いないでしょう。その中でキセキがどういう競馬が出来るのか、というところだと思うので、キセキとともにしっかり頑張れたらな、と思います。

    ――最後にファンの方へひとこと。
    川田 先ほど調教を見たのですが、いい状態で来れていると思います。ここでも彼らしい競馬が出来ればと思います。精いっぱい頑張ってくれると思うので、ぜひ競馬場へお越しください。これだけのGI馬が集まりますので、ぜひ生で競馬を観戦していただけたらと思います。そして、テレビ越しでも楽しんでいただけたらと思います。(取材・文:花岡貴子)


    【JRA】ワグネリアン福永騎手「ダービー以上の感動を味わえるように」/大阪杯共同会見

     ■ワグネリアンに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――先週、追い切りに騎乗したときの印象は?
    福永 体重がかなり増えて帰ってきたというのは聞いていたんですけど。またがった印象としてはたくましくなったなという印象を受けました。芝コースでの追い切りで直線を向くまでは先行馬の後ろで我慢させていたんですけど。以前よりは前進気勢が強くなったというか、前向きさが結構出ていましたね。フレッシュな状態だと思います。

    ――いい状態で向かえそうですかね?
    福永 そうですね。追い切りの本数もかなりやっていますし、先週乗った感触も良かったです。息遣いも悪くなかった。まぁ、動ける状態にあるんじゃないか、と思います。

    ――去年の秋はお休みとなりましたが、再びコンビを組むことになりました。
    福永 秋緒戦は自分の怪我もあって騎乗することは叶わなかったんですけど。藤岡康太くんが非常に上手な競馬をしてくれて、キッチリ勝ってくれました。 

     その後は疲れが取り切れなかったということで、無理して使えば使えないことがないくらいの感じだったらしいんですが、そのへんは調教師とオーナーの判断で大事をとって仕切り直すというかたちをとられたので。その甲斐あって心身ともにフレッシュな状態で来ていますんでね。ここから大きなタイトルを獲りに行きたいなと思っています。

    ――馬に成長は見られますか?
    福永 帰ってきた当時は500キロくらいあったようで相当ボリュームアップして帰ってきたみたいなんですけど。血統的には母系(の距離適性)は短めなのでそういった影響もあって、体型にも気持ちにもそういったものは出てきているのかな、という気もします。 そういったものも鑑みて2000mを使うというのはあると思います。成長したいま、2000mでどのような競馬をするのか。その内容と結果によって、今後向かっていく路線というのもある程度明確になってくるのかな、と思います。

    ――阪神芝2000mというのは?
    福永 そうですね。うーん、難しいコースですけどね。内回りですし。まぁ、差し馬にとっては簡単なコースではないかな、と思います。

    ――GI馬が8頭出走してきます。
    福永 この路線が日本では一番層が厚いと思いますし、この中で結果を出していくというのがワグネリアンの価値を高めていくことで重要なことだと思っています。相手はそろっていますし簡単ではないと思いますけれども、いい結果を出せるように頑張っていけたらな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    福永 僕自身も非常に楽しみにしていた一戦ですし、4歳になってたくましくなった彼と一緒に、ダービー以上の感動を味わえるように頑張っていきたいと思います。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】エアウィンザー陣営「思ったとおり、ひと叩きして良くなっている」/大阪杯共同会見

    ■エアウィンザーを管理する角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手

    ――前走の金鯱賞は3着でした。
    辻野 GIを勝った馬がたくさん出ている中、その中に入っての3着だったわけですので悲観する内容ではなかったと思っています。

    ――その後の中間の調整は?
    辻野 まずレースの疲れがないかどうかを確認していました。もともと叩き良化型というのもありますので、使った後のほうが動きに軽さが出ていますし、こちらの思ったとおり、ひと叩きして良くなっていると感じています。

    ――以前より体質的には強くなっていますか?
    辻野 そうですね。メンタルの面もそうですし、体の面もだいぶ大人になってしっかりしてくれたので、競馬を使っても疲れが出ることなく、使いながら良化していくという過程をたどれるようになってきているのではないかと思います。

    ――上積みは期待できそうですか?
    辻野 そうですね。金鯱賞の時もこれを使って状態がもう一段上がってくるのではないかと思っていましたので。こちらのイメージ通りに来れているかと思います。

    ――体質の変化は感じられますか?
    辻野 そうですね。以前よりひ弱さがとれてきたところがありますし、ガッチリとしたキングカメハメハの産駒の特徴が出てきている感じがします。

    ――コース形態については?
    辻野 前々走で重賞を勝ってくれている舞台でもあります。舞台設定がマイナスになることはないと思いますし、前走の3着から着順を上げてほしいな、と思っています。

    ――最後にファンの方にメッセージを。
    辻野 お母さん(エアメサイア)もGIを勝った馬だったので、この馬もひとつ上のGIの舞台で大きなタイトルを獲ってほしいと思っています。応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ステルヴィオ丸山騎手「今回は結果にこだわりたい」/大阪杯共同会見

     昨年のマイルCSに優勝してGIホースの仲間入りをしたステルヴィオ(牡4、美浦・木村哲也)が、27日(水)、大阪杯(GI)に向けてウッドチップコースで併せ馬の追い切りを行った。追い切り後、前走の中山記念(GII・3着)に引き続き同馬の手綱を取る丸山元気騎手(追い切りには乗らず)と、管理する木村調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■丸山騎手
    (前走の中山記念を振り返って)
    「自分が思っていた競馬はできましたし、休み明けを考えればよく走ってくれていると思います」

    (阪神コースについて)
    「コースはそんなに気にしていないですし、距離が2000mになるので、いかにロスなく直線まで来れるかが今回のポイントになると思います。内枠がほしいですね」

    (馬場状態は?)
    「土日のレースを見て考えたいと思っていますが、前走も少し荒れた馬場でも大丈夫だったので、そこまで気にはしていません」

    (相手関係については?)
    「本当に豪華なメンバーが揃っているので、うまくエスコートしてあげたいなという気持ちですね」

    (弟弟子の野中騎手、妹弟子の藤田騎手も活躍中だが、相乗効果もある?)
    「あまり意識はしていないですが、周りからは抜かされるぞと言われています。あの2人に負けたら僕もショックなので、負けないように頑張っています」

    (丸山騎手も絶好調だが?)
    「たくさん良い馬に乗せてもらっていますし、良い流れは大切にしたいです。今はローカルで乗せてもらっていますが、本場でもこういう結果が出せるように頑張りたいですね」

    (昨秋GIを勝った馬の春シーズンのオファーを受けた時の気持ちは?)
    「はじめ、話を聞いた時には『間違いではないか』という気持ちもありました。乗せてもらってやっぱり素晴らしい馬でしたし、GIに行くのはこういう馬だと改めて感じました。チャンスがある馬なので、今回は結果を出したいという気持ちが強いですね」

    (人気馬に乗ってGIを迎える心境は?)
    「自分自身も昨年ダービーに乗せてもらって、またああいう舞台で乗りたいなという気持ちが強くなりました。GIでチャンスのある馬ですし、まずGIを取りたいという気持ちがあります」

    (最後にファンにメッセージを)
    「大変チャンスのある馬に乗せて頂くので、今回は結果にこだわりたいと思っていますし、自分自身ももっともっと上のステージに行けるように頑張っていきたいです」

    ■木村調教師(前走を振り返って)
    「馬もしっかり頑張ってくれましたし、騎手もうまく立ち回ってくれたのですが、結果は残念でした」

    (中4週、どのような調整を?)
    「前走後はノーザンファーム天栄に移動して、3週間前に厩舎に連れてきました」

    (今朝の追い切りは3頭の併せ馬だったが、どのような指示を?)
    「(4ハロン)55秒の(3ハロン)40秒でという指示でした。いつも通りです」

    (阪神コースは久しぶりになるが?)
    「札幌に行っても頑張る、東京でも中山でも阪神でも頑張る、京都ではGIを勝つ。どこの競馬場に行っても、問題ないと思います」

    (関西圏でまた大きなタイトルをという思いは?)
    「この間中山記念で負けたのも非常に悔しいですし、現状の注目度も非常に高い馬なので、関西だからということではなくどこでも勝ちたい気持ちは一緒です」

    (ダービー馬やグランプリホースがいるという顔合わせになるが、相手関係については?)
    「険しい山脈だなと思います」

    (枠順の希望は?)
    「ないです」

    (マイルCS、中山記念はこれまでより前めの位置取りだったが、今回は?)
    「どのレースでもどの馬でもそうですけど、良いスタートを切りたいという気持ちはあります。前に行くとか後ろから行くなど(位置取りは)決めつけられないですね。馬の状態が良ければ張り切って行くでしょうし…と思っています」

    (前走、今回と騎乗する丸山騎手については?)
    「私自身、皆さまのご協力のもとでGIを取らせて頂いて、良い思いをさせて頂きました。

    (丸山騎手は)
    まだGIタイトルを取っていないということなので、彼の普段の努力や今までの頑張りが報われるよう、何とかそのサポートを最大限していきたいなと思っています」

    (木村厩舎のスタッフにも、もう1つタイトルをという気持ちも?)
    「1つと言わず…なのですけど。手前味噌になりますが、今朝の調教でも、こういうプレッシャーのかかる状況の中で、寸分たがわずプラン通りに立ち回ってくるスタッフの素晴らしさを見て、私自身幸せだなと思いました。この場で言うことではないのかもしれないですけど、心の中では本当にそう思っています」

    (また素晴らしいステルヴィオを見ることができそうだが?)
    「去年マイルCSを勝たせてもらって、多くの方が喜んでくださいました。そのこと自体が私に生きる意味や、仕事は何のためにするのかということを明確にしてくれたような事象だったので、今週末も応援してくださる方々のために最善を尽くしたいと思っていますし、今現在、良い方向に行っていると自分では判断しています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「厩舎だったり、私に対してだったり、応援してくださる熱量というのが昨今増えてきていて、そのこと自体が私の日々のモチベーションになっています。何とか今週末もそういった期待に応えて、応援してくださる皆さんに喜んでもらいたいという気持ちで臨みたいと思っています。応援よろしくお願いします」(取材・文:佐々木祥恵)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    高松宮記念予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】レッツゴードンキ岩田康誠騎手「直線に賭けるレースをしたい」/高松宮記念共同会見
    ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手
    ――先週の追い切りには騎乗されたとのことなので、この中間の状態について教えてください。
    岩田 先週の追い切りでは凄い時計でした(栗東坂路で4F49秒4)。去年より気持ちの面が凄くいいなと感じています。本当に気持ちの強い馬だと思います。

    ――前走の阪急杯を振り返ってください。
    岩田 内枠でああいうレースをしようというのは頭で描いていたとおりだったんですが、1頭大外からすごい脚で来た馬がいました。ドンキ自体はよく走ったな、と思います。

    ――今週のレースに向けていいイメージはできましたか?
    岩田 状態はグッと上向いていますし、前走以上のレースはできると思います。

    ――4度目の高松宮記念、ここ2年は2着が続いていますね。
    岩田 桜花賞以来、GIを勝っていないし、本当に惜しいレースも続いています。微妙なハナ差のような負け方をしているので、乗り方次第ではそれ以上のレースができるかな、と思います。

    ――その乗り方ですが、やはりロスなく乗るということでしょうか?
    岩田 そうですね。脚をためて、という感じになると思いますし、それに合った乗り方ができればと思います。

    ――枠順については?
    岩田 内のほうが理想的だな、と思いますね。

    ――勝ててはいないものの中京のコース相性はいいと見ていますが、いかがですか?
    岩田 馬場も気にしませんし、ロスなく直線に賭けるレースをしたいと思います。

    ――コンビを組んで26戦目。この馬への思いは?
    岩田 本当に悔しい思いをしていたので、なんとかGIの勲章をひとつでも(多く)獲らせてあげたいな、と思います。

    ――ファンの方へメッセージを。

    岩田 本当に去年よりグッと状態は上回っていますし、最高のパフォーマンスが出来ればいいなと思います。応援よろしくお願いします。 (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】モズスーパーフレア武豊騎手「逃げ切りは至難だが、スタイルを変えるつもりはない」/高松宮記念共同会見
    ■モズスーパーフレアに騎乗予定の武豊騎手
    ――これまで騎乗されて感じたこの馬の長所は?
    武豊 やはりスピードですね。スタートが速いですし前半のスピードに乗るまでの距離が短いですね。

    ――まだ4歳馬ですが、気性は?
    武豊 非常に大人しいですよ。素直ですし扱いやすい。ジョッキーからすると乗りやすいタイプです。

    ――カーバンクルSなどで騎乗されていますが、この馬のペースについてはどのように感じますか?
    武豊 少し速いな、とは思いますけれども。その分、気分よく走らせてあげれば最後まで頑張ってくれるかな、というのはあります。ただ、中山でしたからね。ある程度速いペースでいっていても残りやすい。中山のときはそういう気持ちがあります。

    ――今回は中京コースですが、そのあたりは?
    武豊 中京は直線が長いですし、乗っていて感じるのはなかなか逃げ切るのは難しい…ですよね。

    ――それでも戦法は変わらず?
    武豊 そうですね。レースなのでどうなるかわからないですし、他の馬も先手を取りに行く馬がいるかもしれないですけど。自分のスタイルがはっきりしている馬なので、迷いはないです。

    ――そうなると枠順はある程度、内のほうがいいのでしょうか?
    武豊 そうですね。ある程度、内のほうが欲しいですね。

    ――そういったことを踏まえて、改めて中京コースについては?
    武豊 結構タフな芝ですし、直線もあって、坂もあって。坂を上がってからも距離がありますから。なかなか高松宮記念を逃げ切るというのは、かなり至難だとは思うんです。かといって、スタイルを変えるつもりはない。期待はしています。

    ――マークされる立場になるのでは?
    武豊 そうでしょうね。おそらく他のジョッキーも僕の馬に速さがあるのかな、と思っているとは思いますし。そこは僕が考えてもしょうがないですからね(笑)。まぁ、マークというのはあまり…逆にマークさせるというのも。結構、(この馬のペースに)ついてきた馬が残れていないというのがこの馬の場合ありますから。

    ――ご自身50歳初のGIであり、フェブラリーSからの連勝というあたりも気になります。
    武豊 まぁ、50歳というのはどうもないですけど(笑)、こうやってチャンスのある馬で挑めますし、このチャンスを生かしたいという気持ちはあります。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    武豊 ここにきて馬が充実しているみたいですし、この馬にとっては1200mのGIというのが目標なので。全力で挑みたいですね。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ナックビーナス大野騎手「師匠の馬、勝てたら1番良い」/高松宮記念共同会見
     カーバンクルS(OP)、オーシャンS(GIII)とここ2戦、モズスーパーフレアの2着と惜しいレースが続くナックビーナス(牝6、美浦・杉浦宏昭)が、20日(水)にポリトラックコースで併せ馬の最終追い切りを行った。追い切り後、大野騎手(追い切りは騎乗せず)と杉浦調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■大野騎手
    (ここ2戦、大野騎手とのコンビで惜しい競馬が続いているが?)
    「初めて乗せてもらった時(3走前のJBCスプリント・JpnI・15着)からは状態は上がってきてますので、本番は良い形で迎えられると思います」

    (どのように状態は上がっている?)
    「馬自身、体が使えるようになりました。雰囲気もありますし、すごくバランス良く走れています」

    (高松宮記念でのポイントは?)
    「状態はもちろんですが、この馬に関しては気持ちを重視して競馬を作っていけたらいいなと思っています」

    (気持ちを重視というと?)
    「気持ちが逸れてしまうというか、最後まで集中できないところがありますので、そのあたりをうまく持っていけたらなと思っています」

    (元々地力がある?)
    「そうですね、力はあると思っています」

    (展開、枠順、流れなど、この馬の力を発揮するために重要なことは?)
    「枠順が出てからではないとイメージはつきにくいのですが、どの枠でも気持ちがポイントだと思っていますので、そのあたりを考えながら作っていけたらなと思います」

    (モズスーパーフレアにここ2戦、後塵を拝しているが?)
    「感触としては逆転できるかなと思っています。力を出し切れれば、逆転は大いにあると思います」

    (他の関係者からペースが流れるのではという話も聞くが?)
    「僕も流れるのではないかと思います」

    (ポジションは?)
    「別に行けたら行ってもいいなと思っているので、そのあたりは臨機応変にと言いますか…、まあ枠順が出てからですね」

    (元々所属だった杉浦厩舎の有力な馬でGIに臨む心境は?)
    「師匠の馬ということで、勝てたら1番良いかなと思っています」

    (師弟関係は特別なもの?)
    「ジョッキーとしての基礎などを杉浦調教師に教えてもらったという思いはあります」

    (最後にファンにメッセージを)
    「充実してGIを迎えられますので良い競馬ができると思います。応援よろしくお願いします」

    ■杉浦調教師
    (今朝の追い切りについて)
    「前走からあまり間隔もないので、そんなにやらなくてもいいかなと。先週15-15程度やった中で、1回併せて気持ちだけ乗っていればもうあとは十分かなという感じの調教でした。ちょっと時計は速すぎたのですけど、それでも無理して出した時計でもないですし、引っ張り切れないぐらいの感じで来ているので、僕には良く見えました」

    (馬の内面も充実しているように見受けられたが?)
    「年齢的にもその辺はしっかりしてきたのだと思います」

    (前走後のコンディションは?)
    「前走がこれを使ったらもっと良くなりそうだという感覚の中で使えていますし、使った後は思っていた通り良いという感じには来ていると思います」

    (2着続きで今度こそという思いがあるのでは?)
    「なかなか強いですよね、あの馬(モズスーパーフレア)ね。あの冬毛が長い馬に負けるのかなと…(笑)」

    (展開面でも?)
    「あれだけ飛ばしていたので最後は差せると思って見ていたら、なかなか止まらなかったですからね。今度は(モズスーパーフレアも)だいぶ冬毛も抜けているでしょうし、空気抵抗もなくなっていると思うので(笑)」

    (GIの舞台でリベンジを?)
    「馬自体が良い感じで競馬を迎えられます。あとは枠順や馬場状態などいろいろあると思うので、その辺は運を天に任せてというところですね」

    (枠順の希望は?)
    「今の中京の馬場を見ていると、真ん中くらいで良いのかなと。変に内めに入るより真ん中くらいが良いのかなと思っていると、違う所に入れられちゃうんで(笑)、その辺も運に任せて」

    (理想の展開は?)
    「どんな競馬でもできるので、行かなければダメとか後ろじゃなければダメというのではなくて、その辺は出た感触の中でジョッキーが判断することだと思います」

    (昨年はこのレースで3着と実績もあり、その点では安心して本番に臨める?)
    「その辺はファンの方が判断することだと思いますので。こちらは走れると思っても、なかなか人気が出ないということもあります。ただ去年よりはちょっと良いかなという感触で行けると思いますので、楽しみにはしています」

    (どのあたりが昨年より良い?)
    「気持ちが充実してきたところはありますね。少し雑なところがあって、自分の思ったような形にならないとだらしなさというか、やめちゃうところがありましたが、それがなくなってきています」

    (ここ3戦騎乗している大野騎手と相性が良さそうだが?)
    「モレイラが1番良いと思っていますが(笑)。まあ大野は自分の弟子でもありますしね。(大野騎手が)中京で初騎乗した時に、初騎乗、初落馬(2005年3月5日・中京1Rナンヨージルバ号)というのをやってくれたのでね、俺に恩返ししてくれないかなと。そういう気持ちで乗ってもらいたいと思います」

    (大野騎手も師匠への思いを話していたが?)
    「何言ってました?」

    (師匠のところの馬に乗るのはやはり特別だと)
    「その辺は弟子と師匠という関係で、皆さんに伝えられないような思いはお互いあると思います」

    (大野騎手にはどのような言葉を?)
    「ジョッキーとしての感覚で乗ってもらえればそれで良いと思うので、特にどうしろ、こうしろというつもりはありません」

    (先週のスプリングSも師弟コンビでの重賞制覇でしたが?)
    「ねえ。3度目なら良かったですね。2度あることは3度あるでね(笑)」

    (最後にファンにメッセージを)
    「良い状態で迎えられるので僕自身も楽しみにしています。皆さんも、応援したい方は応援してくだされば良いかなと思います」 (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】デアレガーロ池添騎手「直線でどこを突いていくか考えたい」/高松宮記念共同会見
     前走の京都牝馬S(GIII)を勝ってGIに向かうデアレガーロ(牝5、美浦・大竹正博)が、20日(水)、ウッドチップコースで池添謙一騎手が騎乗して最終追い切りを行った。追い切り後、池添騎手と大竹調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■池添騎手
    (今日の追い切りについて)
    「レース当週の追い切りなのでそこまで強い調教という感じではなく、相手に併せる内容でした。併せた相手が動きましたが、この馬もそれにしっかりついていけましたし、良い動きをしてくれたと思います。しっかり反応していましたし、レースではかかるところがありますが、今日に関しては折り合いも我慢してくれて良い感じで来ていると思います」

    (前走を振り返って)
    「去年の同じレースでは行きたがってしまってあまり上手く乗れませんでしたが、前走に関してはしっかり折り合いもついてコントロールできましたし、直線も良い脚を使ってくれました。しっかり折り合いさえつけば良い脚を使ってくれる馬だと思います」

    (GIでも手応えを感じる?)
    「スプリントでも函館でしっかり勝っていますし、この距離は自分の中では良いと思っています。今回はGIのペースになるのでより折り合いがつきやすくなると思います。しっかりコントロールできれば確実に終いに良い脚を使えるので、それを生かせればと思います」

    (初の中京コースだが、左回りに関しては?)
    「中京自体は初めてで、ヴィクトリアマイルで左回りは経験していますが、大丈夫かなとは思っています。あの時はマイルだったので、かかってしまって上手く乗れませんでした。今回はスプリントなのでその辺りは問題ないと思いますし、左回りでも大丈夫かなとは思っています」

    (メンバー構成もさすがGIという感じだが?)
    「そうですね。GIで良いメンバーが揃っていますし簡単ではないと思っています」

    (理想のレースの形は?)
    「まずは普通にゲートを出てくれるのが1番の条件だと思います。ゲートでソワソワするので、そこは気を付けないといけないところだと思っています。GIですし、先行馬もいてペースも流れると思うので、その後ろくらいにつけて末脚を生かせればと思っています」

    (枠順は?)
    「今回の中京開催で乗っていないので、前日にしっかり確かめないといけない部分があります。その日の天候や馬場状態によって内外どちらが良いかが出てくると思うので、一概に内外とは言えませんし、しっかり当日の馬場状態を見極めて直線でどこを突いていくか考えていきたいと思います」

    (高松宮記念、来週の大阪杯のブラストワンピースと楽しみな馬が揃っているが?)
    「今週からGIシーズンが始まりますし、楽しみな馬に乗せていただけます。結果を出さないといけないプレッシャーもありますが、充実した春シーズンにしたいです」

    (ファンにメッセージを)
    「デアレガーロは良い状態で臨めると思いますし、しっかり良い結果を出せるように頑張りたいです」

    ■大竹調教師
    (今日の追い切りについて)
    「狙いとしては前走と同じような調教内容でと池添騎手に指示しました。その通りにやれましたし、追い切り後に池添騎手と話しましたが、前走とほとんど変わらない感じで臨めると思います」

    (前走を振り返ってください)
    「折り合いがついたことが1番の勝因だと思います。去年は前半にハミを噛んで折り合いを欠いていたので、その分差されたのだと思います。今年はペースも流れていたので、折り合いをつけやすかったと思います」

    (馬体重が32キロ増だったが?)
    「普通に考えれば重いかなと数字を見た時は思いましたが、しっかりやった上での体重増でしたし得意の舞台でもあったので、何とか結果を出してくれるのではないかとも思っていました。もしかしてあれが理想の体重だったのかもしれませんし、今までが細かったのかもしれません」

    (今の馬体重は?)
    「女の子の体重のことなので具体的な数字を言うのは失礼だと思いますが、恐らく同じくらいかと思います」

    (これまで左回りで結果が出ていないが?)
    「確かに東京で2回走っていずれも結果が出ていませんが、左回りというよりも、東京は装鞍所に入る前の地下馬道が長くて装鞍所でイレ込んでしまうことがありました。中京は地下馬道を通る時間が短いですし、コースそのものよりも装鞍所からの流れを考えると中京は良いのではないかと思っています。走りに関しても、右手前の方が大きく使える馬なので、むしろプラスに働くのではないかと思います」

    (1200mの距離については?)
    「1200mではポジションを取りに行く作業をしないとちょっと遅れてしまうイメージがありますが、幸い池添騎手は1200のGIを勝っていますし、それを踏まえて考えて乗ってくれると思います」

    (どのようなレースを?)
    「恐らくペースは速くなるだろうなという印象は持っているので、中団くらいにつけられれば十分チャンスがあると思っています」

    (希望の枠順は?)
    「この前は馬群の中でも良い競馬ができていますし、特に枠順はこだわりません」

    (最後にファンにメッセージを)
    「皆さんの予想において馬体重は重要なファクターになると思いますが、見ていると今は充実してきていると思います。体重のことには目をつぶって応援していただければ、それが力になります」 (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】スノードラゴン藤田菜七子騎手「馬に色々教えてもらいたい」/高松宮記念共同会見
     2014年のスプリンターズS(GI)の勝ち馬で11歳となるスノードラゴン(牡11、美浦・高木登)が、5回目の出走となる高松宮記念(GI・中京芝1200m)に向けて坂路で最終追い切りを行った。レースで騎乗する藤田菜七子騎手と管理する高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■藤田騎手
    (2度目のGI挑戦について現在の心境を)
    「このような機会をいただけて、本当に有難いです。オーナー、調教師、厩舎の皆さんに感謝します。前回乗せていただいたGIのときと気持ちは変わりませんし、今回も自分にできることを精一杯やりたいです」

    (GIを1回経験したが?)
    「フェブラリーステークスでGIという舞台で初めて乗せていただいて、すごく勉強になりました。GIは騎手を目指していた頃からの憧れですし、改めて素晴らしいと思いました。またGIで乗りたいと思ってこうして早く乗せていただけることは有難いですし、今回は2回目なので前回よりも周りを見て臨めるのではないかと思っています」

    (コンビを組むスノードラゴンの印象は?)
    「私が競馬を見始めたような頃から走っているような大ベテランですし、GIも勝っていますので、そういう意味では馬にも色々教えてもらいたいなという気持ちです。調教で乗せてもらったときも、普段歩いているときは落ち着きがありますし、いざ追い切りになると年齢を感じさせない動きを見せて、さすがGI馬だなと思いました。  
    気持ちの切り替えが上手ですし、背中も良くパワーもあってすごく良い馬だと思います。高木先生とはまだ競馬について詳しい話はしていませんし、どういう競馬をするかはこれから考えていきたいです」

    (舞台となる中京コースの印象は?)
    「コースが広くて綺麗な競馬場ですし、良いイメージを持っています」

    (今回は兄弟子の丸山元気騎手も騎乗予定だが?)
    「普段から先輩には競馬のことをいろいろ教えてもらってお世話になっていますが、競馬では負けないように頑張りたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「たくさんの馬に乗せていただいていますし、もっと勝たないといけないと思っています。GIも含めて、他のレースでも精一杯頑張っていきたいです」

    ■高木調教師
    (今朝の坂路での追い切りについて)
    「最近は角馬場でよくほぐしてからハッキングをして、坂路を1本で調教をしています。今日も予定通りでした」

    (時計は4F53.9、ラスト1F12.5だったが?)
    「終いだけという感じでした。前走からレース間隔も詰まっていますし、これで十分だと思います」

    (前走のオーシャンS・GIII・15着からここまでの過程は?)
    「前走が久々だったもので、そこを使った分の筋肉の硬さがあったのですけど、すぐにケアをしてそれが取れて問題がないということで調教を進めてきました」

    (年齢を感じさせないくらい元気で?)
    「そうですね、長く休んだ時期もありましたけど。前走の前もトモに疲れが残りましたが、キッチリ休んで治してから出走させましたし、大事に使ってきています」

    (現在の馬の様子は?)
    「抑えるのに苦労するくらいパワフルです。2年くらい前から硬さが出てきたかなという感じはありますけど、ケアしながら調整しているので問題ありません」

    (精神面の変化は?)
    「スイッチのオンとオフがはっきりしていて、パドックでもドッシリ構えていて競馬で大丈夫かなと思うくらいですが、返し馬に行くときには気が入っています」

    (馬体重は?)
    「今は530キロありますが、当日はちょっと減ります。前走は久々の分競馬モードに入ってくれなかったのですが、今回は2回目なので競馬モードに入ってくれると思います」

    (中京1200mの舞台については?)
    「左回りで直線の長いコースは合っていると思います」

    (良い結果を出すにはどのあたりが鍵に?)
    「久々で前走も馬は非常に元気だったのですけど、馬場に脚を取られて上手く進めず、前進気勢があまりなかったのでそれが不安だったのですが、中間も馬は元気ですし、良い状態で出走できると思います」

    (理想のポジションは?)
    「最近はゲートも良いですし、出たなりで自分のペースで走ることができればいいなと思っています」
    (ベテランホースに今回は藤田菜七子騎手が騎乗するが?)
    「ひょっとしたら最後のレースになるかもしれませんが、長年ともにしてきましたし、いろいろな思いがあります。その分、馬もベテランですからね。彼女は当たりも良いですし、流れに乗って馬についていける技術を持っていますので、リズム良く運んでほしいなと思います」
    (GIのフェブラリーSに騎乗するなど、最近の藤田騎手の進境については?)
    「彼女は努力していますし、そういうところも目にしていますので、そのあたりが段々出てきて成績も上がってきているのではないでしょうか」

    (先週藤田騎手が乗った時にどんな会話を?)
    「あまり多くは語らずという感じですね。乗ってもらって得るものがあればいいと思います」

    (自信を持って馬を託せる?)
    「そうですね、馬もベテランですし、何の心配もしていません」

    (藤田騎手の師匠である根本調教師とは何か話を?)
    「『よろしくお願いします』とお互いに挨拶しました」

    (藤田騎手には何と言って送り出す?)
    「気楽に乗ってこいという感じです」

    (ファンにメッセージを)
    「11歳ですけど結果を出せるように、万全の態勢で出走できるようにスタッフ一同頑張っています。応援よろしくお願いします」 (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】ダノンスマッシュ安田隆行師「初の古馬GI、父が果たせなかった夢を叶えて欲しい」/高松宮記念共同会見
    ■ダノンスマッシュを管理する安田隆行調教師

    ――今朝の最終追い切りは坂路で北村友一騎手が騎乗し51秒3という好タイムを記録しました。これについて教えてください。
    安田隆 53秒くらいの時計で流そうか、という指示でした。ただ今回馬場状態がすごく良くて時計が出やすい馬場なので。ジョッキーも「52秒前半くらい出るかもしれませんよ」と話していたほどです。結局、51秒台でしたが、楽に問題なくいいかたちで上がってこれたと思います。

    ――この中間の調整過程は?
    安田隆 ほんとに順調に来れました。先週の時点である程度しっかり負荷をかけて、今週は軽めでサッと流す程度。そのとおりに来れたと思います。

    ――前走のシルクロードSを振り返ってください。
    安田隆 確かに前走は直線を向いたときに『あー、ヤバい!』と、一瞬負けたかな、と思っていました。しかし、いまのスマッシュの力でねじ伏せたように思います。

    ――改めてこの馬の強さは?
    安田隆 ちょうど去年の今ごろはファルコンSで1番人気に支持されながらも負けてしまいました。あの頃から比べると、かなりトモの緩さや腰の甘さが解消されてきました。いまは完成しつつあると思っています。まだ、一応“完成”とまではいかないと思っていますけれども、完成に近い状態です。

    ――特にスプリント路線にしてから強さが目立っていますね。
    安田隆 NHKマイルまでいって、あのレースを見て(マイルでは)距離が長いな、と思いました。その後、北海道へ行きまして、函館のレース(函館日刊スポーツ杯)を使いました。結果どうかな?と心配しながら見ていたんですが、非常に強い内容で好位から楽に抜けて勝ってくれました。やはりこの馬は1200の馬だな、と認識しました。

    ――左回りについてはいかがですか?
    安田隆 確かに(過去に)左回りではまだ実績が出ていないんですが、今の状態で出ていれば結果は違ったと思います。

    ――直線の長いコース形態については?
    安田隆 確かに不安もありますけど、今のスマッシュだったらその直線で弾けてくれるのではないかと思っています。

    ――その他、気になる点は?
    安田隆 ジョッキーが手の内に入れていますからね。(ポジション取りなども含めて)心配していません。

    ――やはり父であるロードカナロアと比較される点も多いかと思います。現状、父と同じ行程を歩んでいますが、比較するといかがですか?
    安田隆 お父さんとここまで同じローテーションで来れたんですけれども、力からみてやはりお父さんのロードカナロアのほうが今のところは上ですね。早く近づいて欲しいです。追い越すのは無理でも。

    ――お父さんはこの(4歳時の)高松宮記念で悔しい思いをされました(注:3着)ので、並々ならぬ思いはあるかと思います。
    安田隆 そうですね。お父さんが4歳古馬になって初めてのGIだったんですけれども、お父さんがなしえなかった夢をこのスマッシュに託したいと思います。

    ――超える器というのはあるのでしょうか?
    安田隆 超えるというのは相当な話なので、肩を並べるところまでは行って欲しいです。できると思います。

    ――最後に抱負を。
    安田隆 偉大なる父・ロードカナロアも4歳時は古馬との対戦で3着と勝てなかったんですけれども、その悔しさをスマッシュに託して、なんとかこの夢を叶えて欲しいな、と思います。 (取材・文:花岡貴子)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    フェブラリーS予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ノンコノユメ内田騎手「1番喜んでもらえるような騎乗を」/フェブラリーS共同会見
     昨年の覇者ノンコノユメ(セン7、美浦・加藤征弘)が、ウッドチップコースで内田博幸騎手が騎乗して最終追い切りを消化した。追い切り後、管理する加藤調教師と内田騎手の共同記者会見が行われた。

    ■加藤調教師
    (昨年のこのレース以来、勝利から遠ざかっているが?)
    加藤 ゲートに少し難がありまして、大きく出遅れたり、展開に恵まれなかったりで、致し方なかったかなと思います。追い込み馬なのでそういうこともあります。

    (昨年は根岸Sから本番だったが、今年は初戦がこのレースとなるが?)
    加藤 昨年秋に3戦消化したので、3年前の明け4歳時と同じようにチャンピオンズCからの直行という形になりましたが、全く予定通りです。

    (ここまでの過程、調整具合は?)
    加藤 6週間くらい前に入厩して、北Cコースに4週間前と先週の2回入れました。北Cコースで追い切りをするとかなり馬もその気になって動くものですから、その2回しっかり負荷をかけて、直前の今週は馬なり調整でというのも予定通りです。

    (今日はウッドチップコースで単走だったが、内田(博)騎手には何か指示を?)
    加藤 3頭の併せ馬が先導をしていましたので、それを目標に追いかけるような形でと伝えました。

    (今朝の動きのジャッジは?)
    加藤 元々ウッドチップではよく見せないので、いつも通りの動きだったと思います。

    (特に変わりはないと?)
    加藤 そうですね、あまり良くも見えなかったですし、悪いということもないと思います。

    (昨年との比較は?)
    加藤 動き自体は昨年というより、4年間ずっと同じような直前の動きだと思いますよ。

    (十分に力を出せる状態にある?)
    加藤 そうですね、もちろんそういう調整は毎年やっています。

    (新顔や連勝で来た馬もいる今年のメンバーについては?)
    加藤 かなり強い新興勢力がいますからね。この馬自身衰えはないですが、年齢的に若い馬に比べると少しマイナスかなとも思います。

    (後ろから競馬をするこの馬にとって、先行するインティは気になる?)
    加藤 特にインティ1頭が気になるということは全くなくて、並びと流れだけです。どんな流れになるかは、枠順が決まらないと今はわからないですね。

    (昨年は後方から直線で長い脚を使ったが、その時のような流れになってほしい?)
    加藤 できればある程度流れて消耗戦になった方が、この馬の持ち味は生きると思います。あまり前に楽をされると、良い脚を使ってもさすがに届かないので、ある程度流れて前の馬の脚が上がるような形が理想かと思います。

    (そうなればこの馬の底力で前をとらえ切ることができると?)
    加藤 毎回底力を出してくれるとこちらも非常に助かるのですが、その時によって力を出さないことも多々あるので、今回は出してもらいたいなと思っています。

    (最後に意気込みを)
    加藤 毎年調子の波がなくしっかり調整できていますので、当日馬が本気になってやる気を出してくれたら、昨年と同じような脚は繰り出せると思いますので、応援よろしくお願い致します。

    ■内田騎手
    (今朝の最終追い切りでの指示は?)
    内田 単走で、前にいる同じ厩舎の馬を見ながら手応えを見つつという感じで、1週間前にしっかり追っていますので、調整程度という形ですね。

    (追い切りの手応えは?)
    内田 コーナーで少し遅れ気味になったのですが、軽く促していったらそのままスーッと良い感じでついていってくれました。直線ではすごく体を使って良い感じで動いてくれていたので、走りたいように走らせて、そのまま馬なりでゴールという形でした。

    (ゴールを過ぎて)
    1コーナーくらいまでは、その勢いでずっと走ってくれていたので、雰囲気は良いなと思いました。

    (状態に関しては問題ない?)
    内田 いつも同じような追い切りで結果を出してきている馬なので、そこは問題ないと思っています。

    (7歳になったが、昨年と比較すると?)
    内田 そんなに数を使っている馬ではないのでまだ若いですし、今日はとても柔らかい走りをしてくれていたので、衰えているとは思わないです。

    (昨年のフェブラリーSに勝った後、勝利からは遠ざかっているが、昨年のレースを振り返ると?)
    内田 なかなか馬券に絡めない着順で、昨年の最後(チャンピオンズC・7着)は入着もできませんでしたので、多分どこか大きいところを取るために、温存しているのではないかと思っています。この馬が「俺は走るぞ」と思った時の走り方というか、根性はものすごいものがあるので、それを自分がうまく引き出して、良い形で導いてあげられるように騎乗していければと思います。

    (「俺は走るぞ」という感触はあった?)
    内田 そうですね、追い切りは良い感じで走ってくれました。去年のフェブラリーSは鬼になったみたいな感じで走ってくれたので、今回も直線で鬼になってもらいたいなと。それを僕がどう引き出すかという感じかなと思います。

    (後ろから競馬をする馬だが、縦長の形か、あるいは馬群が固まって最後の追い比べになるかのどちらが向いている?)
    内田 この馬はどちらでもこなせると思っています。縦長になるとペースが速いので、ふるいにかけられて脚を使って追い込んで来られる馬は決まってきます。

    (馬群が)
    固まれば瞬発力勝負になりますが、そうなればこの馬にはもってこいの形ですし、どちらでもやれるでしょう。

    (レース振りについてはゲートが開いてから?)
    内田 そうですね、ゲートが開いて良い形で流れに乗って、リズム良く、気分良く走ってくれれば、馬の力は出せると思います。

    (今年は6連勝や4連勝という馬もいるが、メンバーについては?)
    内田 いい感じで勝ってきている馬もいるので、底力を見せたいなと思っています。

    (直線で伸びて最後は前をとらえ切る?)
    内田 それが1番理想というか、狙いでもあります。そういう形になってくれれば関係者の方々も1番嬉しいでしょうし、1番喜んでもらえるような騎乗を自分がしていきたいと思います。

    (連覇に向けてファンにメッセージを)
    内田 2018年はJRAの最初のG1をこのノンコノユメで勝ちました。2019年はまたここでノンコノユメの復活をかけてレースをして、良い結果になるように…。スタッフの皆が頑張って馬を仕上げてくれて、最後に自分にバトンを渡されて、レースで良い導きができればと考えていますので、是非応援をしてもらえればと思います。

    【JRA】インティ野中師「不安もあるんですけど、期待も大きいです」/フェブラリーS共同会見
    ■インティを管理する
    野中賢二調教師

    ――快進撃が続いています。前走で6連勝目、その要因は?
    野中 馬の実力かな、と思います。

    ――前走の東海Sを振り返ってください。
    野中 スタート自体はそんなに速くなかったんですけど、この馬が一番速かったので自分でペースをつくって、豊くんも絶妙なペースで逃げてくれました。上がりもこの馬の強みであるいい脚を見せてくれました。内容としてはほぼ完璧に近い、強い内容だったと思います。

    ――今回は中3週、中間の気配は?
    野中 東海Sのレース後のダメージは今までで一番なかったので、すぐに立ち上げることが出来ました。今回は中3週ですが、今までで一番順調かな、と思います。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    野中 予定どおりの追い切りでした。時計は最後1ハロンだけ、ある程度気持ちよく流そうか、という感じでした。順調に来ています。動きは良かったと思います。

    ――今回は東京のマイル戦です。関東への遠征は初めてですが?
    野中 小倉への輸送はしていますし、小倉のほうが輸送時間は長いですしね。普段、大人しい子なので、関東圏への輸送はあまり心配していないです。

    ――1600という距離や芝スタートなど、コース適性はいかがでしょうか?
    野中 距離自体、1600になるのは問題ないと思うんですけどね。芝スタートも跳びが本当に軽い馬なので、あまり気にはしていないです。それよりはやはり、1600の激しい流れになったときにどうなのかな、という心配はあります。  
    あと、メンバーもかなり強力で、前回より遥かにレベルも上がりますから。そのへんに関してはやってみないとわかりません。枠順であったり、いろんなことが絡んでくるのかな、と思いますけどね。

    ――枠順の希望は?
    野中 そうですね。叶うのなら、偶数の外がいいと思いますけどね。

    ――作戦面は?
    野中 枠が出てからになるのかな、と思っているんですけど。枠が出てから、また豊くんと相談して考えます。

    ――馬はもちろん、野中師ご自身もJRA初GI制覇のビッグチャンスかと思いますが?
    野中 そのあたりは全然意識していないです。いい馬に巡り合えば、いいチャンスは巡ってくるだろうと思っています。

    ――最後にファンへ向けてメッセージを。
    野中 こちらが思っている以上に強い勝ち方をしてくれています。レースを使うごとに馬もしっかりしてきてくれています。なかなかこういう勝ち方をして上がってくる馬も珍しいですし、前走も重賞を心配しているところをアッサリとクリアしてくれました。不安もあるんですけど、期待も大きいです。  
    こういう馬をやらせてもらえることがなかなかないので、レースまでしっかり調整していきたいと思います。応援よろしくお願いします。
    【JRA】インティ武豊騎手「なんとかこの馬にGIタイトルを取らせてあげたい」/フェブラリーS共同会見

    ■インティに騎乗予定の武豊騎手
    ――東海Sを振り返ってください。
    武豊 初めての重賞レースでしたが、非常に強い内容で勝ってくれてホッとしています。

    ――武さんは4戦目から騎乗し4連勝。この7か月で成長は感じますか?
    武豊 全体的になんですけど、初めて乗った時のことを思えば、まず体質がすごく強くなったと思います。初めて乗った時から能力は感じていたのですが、それでも一戦一戦馬が力をつけているのは感じていました。

    ――武さんの感じるこの馬のセールスポイントは?
    武豊 現時点ではレースに行って非常に強いですし、速いタイムで競馬していますから、それがストロングポイントになるのかなと思います。

    ――東京コースは初めてですが、いかがですか?
    武豊 初めてですけど、左回りはどちらかというと右回りよりコーナーは上手に走ってくれるので問題ないですね。あとは大きい競馬場になるので直線が長くなりますが…そんなに、あまり問題ないと思います。大きく変わるのはコーナーがひとつということですかね。でも、そんなに心配はしなくていいと思いますけどね。  
    ただ、フェブラリーSということを考えると、レースの質として大体ハイペースになっていますし、追い込み馬の活躍が目立つレースですから。そういう意味で今まで先行してきている馬なので、展開的には厳しくなるというケースは非常に考えられますね。

    ――マイルも初めてですが、そのあたりは?
    武豊 初めてといえば初めてですが、全レースその距離を走っています。タイプ的にはスピードタイプなので、そう考えるとむしろプラスに出る可能性はあるんじゃないかな、と思います。(距離が)延びるよりはいいんじゃないですか。

    ――枠の希望があるなら?
    武豊 うーん、そうですね。…安全策というか、外目のほうがスタートが悪かったときのことを考えればいいかな、と。(ゲートを)普通に出れば結構速い馬なので、内でも対処はできるんではないかな、と思ってはいますけど。

    ――武さんは過去、ゴールドアリュールやスマートファルコンなど強いダートの先行馬に騎乗されてきましたが、インティはそれに匹敵するポテンシャルは感じますか?
    武豊 そうですね。前走は特に強いな、と思いました。いつもタイムが非常に速いですし、ラストまでしっかり走れる上にキレるというのがこの馬の凄いところだと思います。今回も中間に僕は乗っていないですけど、非常にいい調整が出来ていると聞いています。今回のフェブラリーSは非常に楽しみですね。

    ――最後にファンの方に向けてのメッセージを。 武豊 インティにとってこのレースは大きな意義のあるレースだと思いますし、いいかたちで迎えられそうなので、なんとかこの馬にGIタイトルを取らせてあげたいですね。

    【JRA】ゴールドドリーム鞍上ルメール「スタートが上手くなった」/フェブラリーS共同会見
     ■ゴールドドリームに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――東京大賞典は2着でした。振り返っていただけますか?
    ルメール その日はいい競馬が出来ました。でも、残念ながらチャンピオンズカップを使うことが出来なかったので、直線の反応が少し遅かったです。オメガパフュームと併せて戦いましたけど、最後は疲れが出てしまいました。その日はまだトップコンディションじゃなかった。残念ですけど、頑張ってくれました。

    ――昨年は2着で一昨年1着。
    ルメール ライバル馬に騎乗されていましたが、この馬をどう思っていましたか? ルメール いつも後ろのポジションからすごくいい脚を使う、瞬発力のある馬だと思っていました。ダートで力がある結構大きな馬で、いつも前の馬に競りかけてくるという印象がありました。最後(の直線で)、ハナを取る時(注:先頭に立った時)はリラックスして止まっている。それには今週は注意したいですね。ハナを取ったらラスト50mくらい、ちょっと危ない。

    ――この馬に4回騎乗し、感じたストロングポイントは?
    ルメール 最後の速さはありますね。ラスト300mくらい、速い脚があります。すごくいいポイントはスタートです。昔はスタートがちょっと良くなかった。でも、(自分が)乗ってからはいいスタート。上手くなったね。ゲートの中でもっとリラックスできると、いいタイミングでゲートから出せる。いいポジションが取れます。

    ――この馬で東京競馬場で乗るのは初です。イメージは?
    ルメール 彼はこの競馬場が好きだと思いますね。いつもこの競馬場でいい結果を出してきました。長い直線が好きだと思います。今年も大きなチャンスがあると思います。

    ――まだフェブラリーSは勝ったことがないですね。今回チャンスでは?
    ルメール もちろん。ゴールドドリームはダートで強い馬ですね。コンディションは良さそう。全く心配していません。

    ――勝つためのポイントは?
    ルメール いいペースが必要。スムーズなレースだったら直線ですごくいい脚を使うことができます。最後に能力を出すことが出来ますね。

    ――昨年、ルメール騎手は年間GI8勝でした。
    ルメール GIは毎回大事ですね。最初と最後のGIはいつも勝ちたいです。フェブラリーSはまだ勝ったことがないので、今年は頑張りたいです。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    ルメール 皆さま、今週はフェブラリーS、今年最初のGIです。ゴールドドリームで大きなチャンスがあります。だから応援してください。よろしくお願いします。
    【JRA】コパノキッキング村山師「(菜七子騎手が)うまく能力を出してくれると思っています」/フェブラリーS共同会見
    ■コパノキッキングを管理する村山明調教師
    ――前走の根岸Sは中段から抜け出して押し切る競馬でしたね。
    村山 ちょっと(位置取りが)前目かな、と思ったんですけども、結果的にはあの位置にいてそこからはあまり(後続がついて)これなかったんでね。いい位置を取ってくれたな、と思います。

    ――根岸Sのレース後、小林祥晃オーナーから藤田菜七子騎手とのコンビが発表されました。その経緯は?
    村山 賞金を加算できないとフェブラリーSに出れるかわからなかったので、根岸Sの前から2着か1着なら藤田菜七子騎手でいこうとオーナーと話はしていました。

    ――2月8日、藤田菜七子騎手が栗東トレセンに来てコパノキッキングに騎乗しました。どのような話をされましたか?
    村山 結構長く話す時間があったのでいろんなことを話しました。すごく敏感な馬なので難しいところもあるけど、すごくいい脚を使うという話をしました。どこからでもレースができるのでジョッキーに任せたいと思っています。

    ――元騎手でもある村山師から見て、藤田騎手のいいところは?
    村山 スタートが上手いですし、あたりも柔らかい。うまく能力を出してくれると思っています。

    ――中間の調整過程は?
    村山 先週はCWコースでサーッとやっていますので、今週もそんなに一杯に仕上げなくてもいいと思っています。今週もいつもどおり、うちの厩舎の仕上げでいきます。やれば時計の出る馬です。

    ――さらに1ハロン延びて1600mですが?
    村山 そこはホントにやってみないとわからない部分ではあります。持ってくれないかな、という感じです。

    ――(小林オーナーの風水による)今回のレース前のパワーフードは?
    村山 今年全般は肉を食べたらいいということでした。レース当日の朝、メールが来るのが毎回のルーティンになっているので当日の朝にわかると思います。でも、(当日は)秘密です。

    ――ちなみに前走のパワーフードは?
    村山 前走はコパさんの銀座のお店の近くのモスバーガーでチキンを食べました。コパさんはモスチキンを食べて、自分も一緒に行っていた娘とモスチキンを食べて、マーフィー騎手にはチキンナゲットを買ってこれを食べて欲しいと渡しました。刺身とかじゃなくてよかったです(笑)。その前のカペラSは柴田大知ジョッキーに梅干を食べてもらいました。

    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
    村山 (JRA所属の)女性騎手がGI初騎乗で、これを勝てば競馬も盛り上がると思うので連勝してきている勢いを感じて、いい競馬をして欲しいな、と思います。コパノキッキングと藤田菜七子騎手の応援をよろしくお願いします。

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ