競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:共同会見

    エリザベス女王杯予想|2016年|共同会見まとめ
     
    勝馬伝説の無料予想が熱い・・・・無料情報で万馬券GET


    パールコード中内田師『力を出せる状態です』/エリザベス女王杯共同会見

    ■パールコードを管理する中内田充正調教師

    ――前走の秋華賞2着、素晴らしい競馬でした。
    中内田 負けましたけどね。陣営は悔しい思いをしています。

    ――秋華賞は秋の目標レースだったのでしょうか?
    中内田 そうですね。春の時点からこの馬の適性を考えながら、秋華賞が一番走れるところかな、と思っていました。そこを狙って順調に馬が応えてくれたかな、というかんじでした。川田ジョッキーが上手に誘導してくれて、結果2着でしたけどパールコードのレースは出来たかな、と思います。

    ――内容そのものについては納得のいくものだったと?
    中内田 結果以外は納得しています。

    ――今回は結果を求めて、ということになりますか?
    中内田 あくまでも挑戦者の立場ですし、古馬相手、もちろんGI馬もいます。その中でパールコードがどこまで走れるか、というところですね。

    ――今年の3歳牝馬三冠路線は勝ち馬がすべて異なりました。そして、その馬たちは今回出走しません。パールコードが3歳の代表という意味合いになるかと思いますが。
    中内田 結果的にそうなりましたが、パールコード自体が3歳牝馬クラスでも上のほうだと思っていましたので、そのへんは代表するかたちで頑張らせてもらいます。

    ――先週はCW、今週は芝での追い切りとなりました。
    中内田 今朝の馬場状態を確認したところ、芝がパールコードにとって一番走りやすいところかなと思ったので芝コースで追い切りました。先週は予定よりずいぶん速い時計になりましたが、その後、馬も大丈夫でした。今朝はちょうどいいくらいの時計でした。理想の調整ができたと思います。馬の力を出せる状態に持っていけそうですね。

    ――ダイナミックな走りをしますね。
    中内田 そうですね。体はあるほう、(馬体重は)500ちょいある馬ですので、ストライドが大きく、体を大きく使ってくれるのがこの馬の特徴かな、と思っています。

    ――血統的には父、母どちらが出ていますか?
    中内田 難しいですね。両方ではないでしょうかね。血統だけみれば、世界的に通用してもいい血統だと思います。

    ――今回は京都外まわりの2200mとなります。
    中内田 そうですね。初めて走るコースになりますが、前走の内容を考えれば対応してくれるのではないかな、と思っています。

    ――デビュー戦も外回りでしたよね?
    中内田 デビュー戦はまだ訳がわからず走ってきたかんじがありましたが、競馬に行ってからのセンスがとてもいいのでその辺に期待したいところです。

    ――相手はさらに強くなりますが?
    中内田 強いメンバーでパールコードがどこまで走れるか、ですよね。今後に繋がるかと思っています。

    ――秋華賞はマイナス体重でしたが?
    中内田 数字的な問題で、体を見れば僕は全然問題ないかな、と思っていました。調教もしっかりして、カイバもきれいに食べていましたので心配していませんでした。

    ――いまの状態は?
    中内田 使った後もまたひとつ良くなったかんじがありましたので、さらにパールコード自体の力が出せるような状態にあるのでは、と思います。

    ――初重賞勝ちがGIになるといいですね。
    中内田 そうですね。結果、そうなればいいな、と思っています。

    ――当日の条件についてはいかがですか?
    中内田 一番心配しているのは天気ですね。できれば良馬場で走らせてあげたいな、と思います。枠順については上手に競馬してくれる馬なので、決まったところで競馬するしかないかな、と思っています。

    ――最後に抱負を。
    中内田 前走の秋華賞では皆さんに応援していただきましたが悔しい思いをしました。今回はまたパールコードのいいところを見せられればと思っています。ぜひ競馬場に足を運んでパールコードを応援して下さい。よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)



    浜中騎手『またミッキークイーンと一緒にタイトルを』/エリザベス女王杯 

     

    ■ミッキークイーンに騎乗予定の浜中俊騎手

    ――先週、今週の追い切りはともに坂路で52秒0という時計を出しています。
    浜中 いい動きでした。先週の1週前追い切りはまだ休み明けという感じだと思っていたんですけど、今週の動きはよかったです。

    ――同じ時計ですが、内容が違ったのですね?
    浜中 はい。今日のほうが馬の気持ちも入っていて走りも集中できたと思います。

    ――この春は人馬ともに欲求不満の内容だったのでは?
    浜中 そうですね。自分も怪我をして休んでいましたし、ミッキークイーンもGIで2着という成績でした。秋はいい結果を一緒に得られるように頑張りたいと思います。

    ――予定していた京都大賞典は回避。それを聞いた時の気持ちは?
    浜中 大事をとっての回避ということで、こうして無事戻ってきてくれましたからホッとしています。

    ――現在の状態の感触は?
    浜中 もともと、競馬を一度使ったほうがよくなるタイプですが、いつもの休み明けと遜色ない仕上がりで競馬に臨めると思います。休み明けでも十分よく走ってくれる馬です。

    ――エリザベス女王杯のコースはいかがでしょうか?
    浜中 外まわりのほうがこの馬には間違いなく合うと思います。

    ――ミッキークイーンは浜中さんにとってどういう馬ですか?
    浜中 ひじょうに優秀な馬ですので、そういう馬に乗っているということは僕自身嬉しいですし、今年怪我をしてから復帰するにあたってのひとつの大きなモチベーションになっていたのもこのミッキークイーンでしたので。またこの馬と一緒にタイトルを獲りたいという気持ちはひじょうに強いものがあります。

    ――乗りやすい馬ですか?
    浜中 ほんとに乗りやすいです。乗り手に従順で、ひじょうに賢い馬です。

    ――不安な点は?
    浜中 強いて言うならばスタートですかね。もともとゲートがそんなに上手ではないんですけども…他馬と一緒ぐらいに出れればいいなと思っています。

    ――過去の実績から今回も有力候補の1頭となりますが?
    浜中 やはりGIですので牝馬同士といえども強い馬がいますので。ただ、ミッキークイーンは牝馬同士では力が上だと思っていますので、今回もいいレースをしてくれると思います。

    ――マリアライトへの意識は?
    浜中 マリアライトが実績では一番上だと思いますね。宝塚記念を勝って、去年のエリザベス女王杯も勝っている馬ですので、やはり一番意識している馬なのは間違いないですけども、一緒に走ったことがないですからね。未知の部分もありますけども、それよりもミッキークイーンの方がマリアライトを上回ってくれるという期待の方が僕は大きいです。

    ――レースの位置取りは?
    浜中 レースはスタートしてみないと分かりませんけども、とにかくミッキークイーンが走りやすい、リズムのいい競馬をしてあげられればと思います。力を引き出せる乗り方をしたいです。

    ――改めて抱負を。
    浜中 これだけの素晴らしい馬は自分にとっては(ほかに)いませんので、もうひとつ、ふたつ。もっともっとタイトルを獲りたいと思っています。期待しています。


    ■ミッキークイーンを管理する池江泰寿調教師

    ――京都大賞典を回避しましたが?
    池江 球節をちょっと捻挫しましたので、大事を取りました。女王杯なら乗り込む時間がもう少しあるので、無理に京都大賞典を使って再発するよりはじっくり乗り込もうと思ってこのようにしました。

    ――坂路での追い切りは先週、今週と52秒0という時計でした。
    池江 先週はまだもっさりしていましたが、今週の方がシャープに動きました。一回使って良くなるタイプなので、その辺は何とも言えませんが。まぁ、休み明けとしては仕上がったとは思います。

    ――今回は休み明けですが、そのあたりは?
    池江 どうしても休み明けはレース感覚が鈍って、ゲートを出遅れたり、勝負どころで反応が遅かったり、行き脚がつかなかったりします。小柄な馬なのですが、叩き良化型の部分もあります。でも、休み明けとしての態勢は整ったと思います。脚元の保護のために坂路で調教をしていますし、スタッフもケアしてくれています。何とか保っているのですけれど、よくここまで牧場のスタッフも厩舎のスタッフもケアしてくれたと感謝しています。

    ――馬体重は?
    池江 若干増えていますが、背丈も高くなっています。

    ――プラス体重でしょうか?
    池江 数字は関係ないと思います。

    ――馬場については?
    池江 緩い馬場はこなしますので、馬場状態はあまり気にしていません。

    ――枠順は?
    池江 偶数のほうがいいですね。初戦は出遅れますのでね。

    ――改めて抱負を。
    池江 前哨戦を使えなかった誤算はありますけれど、休み明けとしての態勢は十分整ったと思います。去年のローズステークスや今年の春の阪神牝馬ステークスと同じぐらいのデキには持ってこれたと思っています。暖かく見守っていただければと思っています。

    (取材・写真:花岡貴子)

    【エリザベス女王杯予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    天皇賞秋|2016年|共同会見まとめ

     天皇賞・秋(GI・芝2000m)に出走するモーリス(牡5・美浦・堀宣行)を管理する堀調教師の共同記者会見が行われた。

    (前走の札幌記念・GII・2着を振り返って)
    「この馬にかかっている期待の大きさを考えると、残念だったと言わざるを得ないと思います。ただ内容に関しては、外枠と重馬場という中で、馬も頑張って走ってくれましたし、ジョッキーも上手に乗ってくれました。概ね、この馬の能力は出せたのではないかなと感じています。去年の今頃は課題として大きかったゲートについては、五分のスタートが切れていますし、重馬場で少し気を遣った面があって乗りやすかったとは思いますけど、それを差し引いてもしっかり折り合いがついていましたし、そういった意味では収穫もあったレースでした」

    (札幌記念後からここまでの調整過程は?)
    「前走後は状態の確認をして、ノーザンファーム早来に放牧をしております。概ね1か月前の9月下旬に美浦に戻ってきました。その時は540キロ程度と、この馬としては体重がかなり増えていましたので、その辺を考慮しながら順調に調整は進んできています」

    (今日の最終追い切りについて)
    「先週、1週前追い切りを終えて週末までの状態を把握する中で、もう1本しっかりめにやっておきたいということで、水曜日の追い切りを予定しました。まだ少し手先の重さと反応の鈍さがありましたし、直前なのでその辺の確認と、あとはしっかり馬体を併せて少し緩急をつけた流れの中で、しっかりリズムをとれるかどうかの確認をしました。特にリズムに関しては稽古では段階的に良くなってきて、当初厩舎に来た時とは大きな違いが出ています。

     1番良かったチャンピオンズマイル(香港・GI・1着)の前よりは少し重さがあるという印象ですけど、去年の安田記念(GI・1着)の前や、その前よりも状態は良いのではないかと感じています」

    (左回りと右回りの適性は?)
    「右回り、左回りと言ってもいろいろレイアウトがありますし、世界各国いろいろな競馬場がありますけど、右回りでしたら広いコースの方が良いと思いますし、左回りでしたら小回りの方が適性があると思っています」

    (その理由は?)
    「この馬は背腰に少しウイークポイントを抱えていて、その関係で左手前のストライドの方が伸びるという状態です。右手前、左手前のアンバランスさは段々取れてきて、バランスは整ってきてはいるのですけど、まだその傾向があります。それもあって先ほどのような話になりました。コーナーリングは左回りの方が上手なのですが、右手前になるとストライドが伸びません。とは言っても、東京ではもう1回左手前に戻しますので、そんなに致命傷にはならないでしょう」

    (東京競馬場は?)
    「広いコースですけど、世界的に言えばものすごく大きいコースというほどでもないので、こなせる範囲だと思います」

    (2000mの距離について)
    「血統的には問題ないということと、気性面ではレースに行って一生懸命に走り過ぎてしまうところがありますが、調教ではだいぶ解消されてきていますし、今でしたら2000m、例えスローペースになったとしても折り合いに関しては問題ないのではないかと思います。あとは流れの中でどう自分のリズムを保っていくかがポイントになってくるのかなと。2000mに関してはやり方次第でこなせないことはないと思っております」

    (取材・写真:佐々木祥恵)


    ロゴタイプ-逃げれたら逃げる

     天皇賞・秋(GI・芝2000m)に出走するロゴタイプ(牡6・美浦・田中剛)を管理する田中調教師と騎乗する田辺裕信騎手の共同記者会見が行われた。

    ■田中調教師

    (今日の最終追い切りについて)
    「週末に坂路で53秒台を出しておりますので、全体的な時計は速くなくてもいいから、6ハロンのあとくらいから15-15で行って、ゴール前だけしっかり闘魂注入してほしいという指示でした。田辺騎手も、良かったですと言っていました」

    (天皇賞・秋を春のマイル王として迎える心境は)
    「2000mも通用する馬だと思っております。あとはすごいメンバーが揃ったなという感じですね」

    (3年振りとなった安田記念の勝利を振り返って)
    「本当に長かったです。勝ってはいなかったですが、惜しいレースがいくつかありましたし、どこかで絶対勝たなければ、このままで終わってはいけないという気持ちがありました。牧場の方とスタッフとジョッキーと、皆一丸となった結果だと思います」

    (勝てなかった4、5歳時に力を注いだことは?)
    「ウイークポイントを見つけて、そこに手をかけながら良くしていく方法に徹しました。良くしようと思って強い負荷をかけてしまうと、逆にオーバーワークになってしまうこともありますので、そこを加減しながらやってきました」

    (ウイークポイントを具体的に)
    「背中から腰にかけてまだ緩いところがありました。安田記念の前あたりから、その部分がしっかりはまってきているような感じがありましたので、そこを含めてケアをしながら負荷をかけてきました」

    (3歳から6歳にかけての成長は?)
    「徐々に徐々に本当に良くなってきてくれている感じがしますので、まだまだ頑張ってほしいと思っています」

    (前走の毎日王冠・GII・8着について)
    「前走はゲートがうまくいきませんでした」

    (東京2000mの攻略のポイントは?)
    「1頭速い馬がいますので、その馬と競らないような感じで行きながら、早め先頭という形で何とかロゴタイプの競馬ができればと思っています。ただレースは生き物なので、スタートを切ってみなければわからないですし、スタートを切ったところで田辺ジョッキーと武ジョッキーがどういう動きをするのか、とても興味深いレースになると思います」

    (枠順、馬場状態の注文は?)
    「できれば馬場はあまり渋ってはほしくないですし、あまり外枠には行きたくないですけど、こればっかりは…」

    (安田記念にも勝って、大一番に強いという印象があるが?)
    「あの時はすべてがうまく行って、本当に神様が味方をしてくれたのではないかというレースだったと思います」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「ロゴタイプの馬券をたくさん買って応援してください。よろしくお願い致します」


    ■田辺騎手

    (最終追い切りの感触は?)
    「この前、競馬を使って、少しピリッとしたというか、シャキッとしました」

    (追い切りの指示は?)
    「時計など特に細かい指示はなかったのですが、最後に少し頑張らせて気合いを入れてほしいという感じでした」

    (コンビを組んで5戦目で迎える天皇賞・秋を迎える進境は?)
    「この前も期待はしていたのですが、結果はついてきませんでした。ただ使って上向くタイプだと僕は思っていますので、ここも悲観はしていませんし、頑張ってほしいですね」

    (安田記念を振り返って)
    「スタートも上手な馬ですし、これと言ってハナを主張する馬もいなかったので、自分でペースを作れました。でも何より最後で踏ん張れたのは、あの馬自身が頑張れたからだと思います」

    (コンビを組む前のロゴタイプの印象は?)
    「朝日杯FS(GI)や皐月賞(GI)も勝っていますし、長い距離はそんなに使っているイメージはなかったですけど、距離が短ければダメとか、長くないとダメなど、注文がつかない馬だなと思っていました」

    (安田記念の勝因は?)
    「年齢らしからぬ体ですし、調教の動きと競馬を使ってからの息の入りなど、それに比例して調子を上げてくるタイプですね」

    (中山記念や毎日王冠の1800mとマイル戦を走った時の違いは?)
    「距離で負けたわけではないと思います。毎日王冠は休み明けの影響もあるでしょうし、メンバーも当然違いますし、流れ1つで勝ったり負けたりというのはこの馬に限らずあると思います。前走で負けたということの反省と、それを生かして次の競馬をしたいというのはありますね」

    (東京の2000mはどんな競馬を?)
    「スタートが速い馬なので、流れに乗って行きたいです。枠順はまだわからないですけど、丁度良いところを取りたいですね。何回も言っている通りスタートが速い馬ですし、距離のロスなく行きたいので、枠順は結構重要かなと思います」

    (人気上位馬との先行争いも注目になるが?)
    「去年の秋の天皇賞もエイシンヒカリが行くと思っていたのですけど、自分が乗っていたクラレントの方が速かったので、どの馬が行くかはあまり考えないようにします。自分も行けたら行くつもりではいますし、その辺は柔軟に対応したいです」

    (ファンへのメッセージを)
    「ここを目標に1回使って、気持ちも息の入りも上がってきていますので、頑張ってもらいたいと思います。応援よろしくお願いします」

    (取材・写真:佐々木祥恵)



    競馬ファンならゲットしたい-無料予想
    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com






    菊花賞予想|2016年|共同会見まとめ

    競馬ファンならここの予想を見逃すな-すごい競馬の予想が熱い
    今なら限定無料会員募集中


    エアスピネル笹田師「得意の馬場で巻き返したい」/菊花賞共同会見

    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――今朝の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    笹田 武豊騎手が乗ってくれるので、終い重点でさっとやってほしいと指示しました。今日は少し時計のかかる馬場でしたが、にもかからわらず速い時計で走っていますし、重心の下がったいいフォームで走っているのではないかな、と思いました。

    ――前走からの上積みは?
    笹田 ジョッキーが上がってきたときに状態を聞きましたが、前走時の追い切りよりもずいぶん馬が良くなっているというコメントをいただきました。良くなっていると思います。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    笹田 ひと夏越して成長して落ち着きました。競馬もずいぶん折り合いがついてスムーズだったので、菊花賞に向けていい予行演習ができたんじゃないかな、と思います。

    ――精神的な部分での成長も大きく出たかな、と?
    笹田 そうですね。

    ――今回、京都の3000mが舞台です。
    笹田 デイリー杯を勝っているように相性はいいと思います。距離については、それを克服するように、と春は皐月賞やダービーを経験していますし。前走も2400mを経験していますし。十分に対応はできると思います。

    ――最後に意気込みを。
    笹田 ずっと善戦してきている馬なので能力はあるというのは証明してくれていますから。京都のいい馬場で、得意な馬場で巻き返したいと思っています。

    (取材・写真:花岡貴子)


    ミッキーロケット音無「春の分も雪辱してほしい」菊花賞共同会見

    ■ミッキーロケットを管理する音無秀孝調教師

    ――今朝の坂路での最終追い切りはいかがでしたか?
    音無 やればもっと時計出るんですけども、今日は前半セーブした中での追い切りだったので。それでも、最後はしっかりと伸びていますし、併せた相手も調教で走る馬なのでね、いい時計がでたな、と思っています。

    ――納得の出来ですか?
    音無 そうですね。(前走から)あいだもそれほどあいていませんし、これ以上時計を出すとオーバーワークになるのでね。ちょうどいいかな、と思いますけどね。

    ――前走の神戸新聞杯は勝ち馬に迫る競馬でした。
    音無 そうですね。道中も折り合いがついてましたし、4コーナーでちょっと前がふさがる不利もありましたしね。そんな中で最後伸びて2着なので、僕らが思っていた以上に馬のほうがよくなっているというか、力をつけてるな、と思いましたね。

    ――課題だったスタートも無事五分のスタートでした。
    音無 そこはですね、最後入れでしたでしょ?どうしてもゲートの中でゴソゴソする馬なのですが、このあいだは入ってすぐスタートだったのでゴソゴソする暇がなかったのでね。(後入れが)いいほうに出たのかな、と思います。

    ――スタートの部分での課題をクリアするための工夫は?
    音無 中間、ずっとゲート練習はしています。まぁ、それが今度は奇数が当たってもいいようにね。

    ――京都は久しぶりの実戦になりますが?
    音無 うーん、京都が云々というのはないと思うんですけど、やっぱり3000mになりますとね、前半の坂を上って下って、いわゆる2コーナーに至るその中間ですね。そこで折り合っているかどうかが一番のポイントだな、と思っています。それはミッキーロケットに限らず、他の馬もおなじ。おそらくスローになると思います。普段は引っ掛からなくても菊花賞だけ引っ掛かるということもありますからね。その辺はジョッキーも注意してほしいな、と思いますけどね。

    ――ふだんのミッキーロケットは折り合いに苦労しないのでしょうか?
    音無 苦労するどころか、ついていけない時もありますからね。だから、ゲートの問題もありますけども、北海道(注:函館、札幌での3戦)でも後ろから行って終い一辺倒の競馬ですから。ああいう競馬にならざるを得ない可能性もありますよね。神戸新聞杯のように最後伸びてくる、というのはいつものことなので、あの馬の特性を生かした乗り方を和田くんにはお願いしたいと思っていますね。

    ――今年10戦目ですが、状態は?
    音無 なかなか難しいのですが、春はなんとかクラシックに行きたいということで何回も挑戦したのですが、ことごとく跳ね返されて。皐月賞は500万の身でしたが抽選で出れましたが、やはりそこも跳ね返されました。だから、他の馬はダービーを目指している中、早めに夏休みにしました。北海道で早めの秋を迎えているのですよ。そこで私たちが思っているとおり、実力があるのがわかったので。秋は春の分も雪辱して欲しいと思っていますけれどもね。

    ――最後にひとこと
    音無 最後の一冠になりましたけれども、ずっとクラシックを目指してきた馬なので、最後の一冠を狙って欲しいと思っています。また応援してください。お願いします。

    ■ミッキーロケットに騎乗予定の和田竜二騎手

    ――前走、神戸新聞杯を振り返ってください。
    和田 まずゲートに課題のある馬なのですが、大外枠で最後入れだったので「思ったより出たな」と思いました。その後はサトノダイヤモンドが隣にいましたので「あの馬の出方を見ようかな」と思っていました。先に行きたがっていたので、その後をついて行く感じでした。後はリズム良く行けましたし、少し4コーナーでゴチャつくところがありましたが、減速するほどではありませんでした。

    ――この馬の成長度合いは?
    和田 力のある馬にあそこまで迫れましたし、馬自体が成長していると思います。私自身も一回競馬に乗って、競馬自体は使いやすいと思いました。それから、距離はもちそうな雰囲気はありました。本番に向けていい競馬ができたと思います。

    ――京都コースはいかがでしょうか?
    和田 競馬は何回も使っているみたいですし、馬も成長して切れ味が出てきていますのでね。京都の瞬発力勝負の競馬になっても、ヒケは取らないと思います。

    ――3000mについては?
    和田 みんな走ったことがないので分からない部分がたくさんあると思います。未知の魅力に賭けたいですね。

    ――折り合いについては?
    和田 そんなに難しいかんじはありません。溜めれば最後まで動ける感じもありました。この前も長い直線でも止まっている感じはなかったですし、いけるのではないでしょうか。

    ――レースに向けて特に気を付けている点は?
    和田 スタートが大事です。距離云々よりはスタートの方が神経を使うと思います。

    ――ゲートについては?
    和田 春から癖があったようです。毎週練習させてもらっています。先週もゲートの雰囲気だけ見たのですが、3回練習して、最初の時よりは少しマシかな、という雰囲気は出ています。本番はまだ分かりませんが、何とか我慢してくれればいいですね。タイミングで少し後ろに下がったり前に行ったりする馬なので、前に行った時にスターターが(ゲートを開く指示を)切ってくれたら、と思います。

    ――最後にひとこと
    和田 休み明けの前走で負かせきれなかったのが、本番に向けてはまた課題になってくると思います。長丁場なので何があるかわかりませんが、自分の馬の能力を出すことに集中したいですね。結果はあとからついてきてくれたら、と思います。当日は競馬場に足を運んでください。応援よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)


    サトノダイヤモンド鞍上ルメール「いちばん大切なのはリラックス」菊花賞共同会見

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    ルメール とても良い感じでした。今日の追い切りは800mと短い距離でした。直線での反応がとても良かったです。追い切りの時計は結構速かった。馬の状態は完璧だと思います。ストライドがとてもスムーズで、リラックスして喜んでいました。

    ――神戸新聞杯を使ってさらに良くなっている印象はありますか?
    ルメール このあいだは休み明けでしたから馬がフレッシュでした。ちょっと引っかかったけど、最後は頑張ってくれました。今回リラックスしてくれたらもっと乗りやすいかもしれません。自信、あります。

    ――神戸新聞杯のレースを振り返ってください。
    ルメール コンディションがたぶん100%ではなかった。けれど、4コーナーから馬が走りたがって自分からハナに立っていました。ゴールまで頑張ってくれました。たぶん、菊花賞ではコンディションが100%になるはずです。

    ――京都競馬場はどうでしょうか?
    ルメール 京都競馬場では外回り(注:きさらぎ賞)、内回り(注:新馬)と勝っているから問題ないです。

    ――距離3000mはどうですか?
    ルメール 長いです。でも、みんな3000mは初めてです。この馬はスタミナがあると思います。リラックスすれば3000mもいけるでしょう。

    ――今回、どんなレースをしたいですか?
    ルメール スタートやペースによりますから、まだわからないけど、一番大切なのはリラックスです。

    ――ポジションは考えていますか?
    ルメール まだわかりません。普通に競馬をしたら6番手、7番手になりますけど、もしいいスタートを切ったら前に行くかも。その後は直線で頑張ってくれるでしょう。

    ――ライバル関係は?
    ルメール 一番のライバルはディーマジェスティです。皐月賞を勝ち、ダービー3着もいい競馬でした。この前も中山で結構簡単に勝ちました。とても良い馬、走る馬です。だから、彼は一番のライバルです。

    ――最後にひとこと。
    ルメール 今週は菊花賞です。3歳の最後のクラシックです。みなさま、サトノダイヤモンドを応援お願いします。彼はGIを勝てそう。頑張ります。

    ■サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池江 ラスト1ハロンで馬体を併せて行くように指示を出しました。動きは素晴らしかったですね。

    ――上積みは感じられますか?
    池江 はい。

    ――特にどのあたりが素晴らしかったですか?
    池江 ストライドがすごく大きくてね、四肢を伸ばして、なかなか見られないフォームでしたね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    池江 久々なんで少し気負っていました。急仕上げの中よく頑張ったな、と思います。

    ――差は詰められましたが、しっかりねじ伏せたという印象でしたが?
    池江 そうですね。馬なりで先頭に立って、ジョッキーも馬も“もう競馬が終わった”というところに内側から一頭出てきたのでね。そこから再加速して、というのはなかなかできないものですから。その取りつく脚に関してはさすがだな思いました。

    ――いまはリラックスして走れる状態でしょうか?
    池江 そうですね。1回レースを走ってガスが抜けたようなかんじです。

    ――菊花賞は京都競馬場で行われますが?
    池江 京都競馬場は相性のいいコースだと思いますね。

    ――坂の上り下りもありますが?
    池江 3000mは走ったことがないのでね。やってみないと分からないとは思います。

    ――3000mの距離適性は?
    池江 ベストではない、とは思いますけどね。

    ――乗り越えるいい機会、という見方もできますが?
    池江 そうですね。昔から菊花賞は3000mですから、あえて適性ではないその難しいレースに立ち向かっていきます。

    ――池江先生は常々チャレンジを掲げていらっしゃいますが、今回も?
    池江 そうですね。馬だけでなく人間も、できることだけでなく少し難しいことをチャレンジしていくということは成長につながるのではないかと信じております。

    ――今回、その“3000m”を乗り越えるにあたり、尽力されたことは?
    池江 やはり折り合いがポイントとなりますのでね、その辺をスタッフとじっくり話し合って日々の調教にとり入れています。体もかなりシェイプアップしてステイヤー体型に持っていかないと、と。

    ――その試みを本番で出せる状況にありますか?
    池江 そうですね。今のところ、思い描いているような状態で出せそうなので。とりあえず今日の追い切りを終えてホッとしています。

    ――最後の一冠に向けての意気込みを教えてください。
    池江 2歳の新馬戦の時から多くのファンの方に応援していただいています。春は無冠に終わりましたが、最後の菊花賞だけは何とか獲得して、ファンの皆さんに認めてもらえるような馬に育てていきたいと思っております。

    (取材・写真:花岡貴子)


    ディーマジェスティ二ノ宮師「平常心でやるのが一番」菊花賞共同会見

     皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3・美浦・二ノ宮敬宇)が、蛯名正義騎手を背に菊花賞(GI・3000m)の最終追い切りを消化。それを受けて、管理する二ノ宮調教師の共同記者会見が行われた。

    (最終追い切りについて)
    「先週も蛯名騎手に追い切りに乗ってもらっていますし、十分調教は積んでいるので、今週は少し長めから無理をしないで馬なり程度で乗ってくださいとジョッキーには話をしました。時計的には先週と同じくらいでしたが、心臓の方もできていますし、長めから行って終いも馬なりでスーッとかわしたという感じでした。体も心肺機能も、十分にできたかなと思っています」

    (これまでの経緯について)
    「夏場は北海道の牧場で過ごしました。その時に、この馬はツメが小さいこともあり、何回も釘を打っていると釘を打つ部分が弱くなって、落鉄をしてしまいました。接着剤で蹄鉄を着けて、2か月弱置いておいたらツメが伸びてきましたし、それ以降はツメに関しては全く問題ありません。美浦に戻ってきてすぐに改装しましたけど、その時点ではもう釘を打てましたので、心配ありません。

     こちらに戻ってきてからは、追うごとに馬体も充実してきて、息の方もやるごとに良くなってきています。潜在能力があるので、やっていくごとに良くなっているなという感じを受けました。馬体も春先に比べれば、非常にボリュームのあるオープン馬らしい体になってきました」

    (この馬にとって3000mは?)
    「この前のレースもそんなに掛かることなく、馬なりでスーッといい位置につけられましたし、瞬間的にはカッとなりますが、十分おさえがきくと思います。初めての輸送と長距離のレースですが、十分心得ているジョッキーなので、心配はしていません」

    (二冠のかかる馬を送り出す進境は?)
    「緊張が馬にも伝わると思いますし、平常心でやるのが一番いいと思っています。強い調教をしているわけではないですし、以前のレースと全く変わらず、馬を信頼して、人間もリラックスしています。できるなら取りたいなとは思っていますけど、僕の仕事は馬をいい状態に持って行くということなので、厩務員や調教助手と話をしながら、またはジョッキーとコミュニケーションを取って、それをまとめています。力のある馬ですし、それを信頼して平常心で普通通りにやるだけです」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【関連記事】


    プロディガルサン田辺「相変わらず良く感じました」菊花賞共同会見

     菊花賞(GI・芝3000m)に出走するプロディガルサン(牡3・美浦・国枝栄)の最終追い切り終了後、管理する国枝調教師と田辺裕信騎手の共同記者会見が行われた。

    ■国枝調教師

    (今朝の追い切りについて)
    「今日は田辺君に乗ってもらい、先週と同じような感じでやって、馬の雰囲気を確かめてもらいました。調教駈けする馬ですし、動きも良かったので、調子がいいのはわかるのですが、どこまでやれるかは競馬にいかないとわからないです。(ジョッキーも)手応えも良くていい雰囲気だと言っていましたので、あとは本番だと思います」

    (追い込んで3着だった前走のセントライト記念について)
    「競馬なのでいろいろありますが、馬もしっかりしてきたなというレースをしてくれました。折り合って行きましたし、騎手の要望にも応えて動けたと思います」

    (1度使った後は?)
    「特に問題になるようなところもなく、順調に来ています」

    (3000mの距離について)
    「距離は大丈夫だと思います。道中の折り合いがうまくいけば、いい形で競馬ができるでしょう」

    (セールスポイントは?)
    「利口な馬ですし、なめらかさもあるので、トータルでいいレベルだと思います」

    (クラシック最終戦に送り出す進境は?)
    「やはりクラシックなので、できたら取りたいなとは思っていますけど、まだこれからどんどん良くなる馬ですし、現時点でどこまでいけるかというのが正直なところです」

    (最後にメッセージを)
    「クラシックで頑張ってきましたので、最後の1つで良い結果が出るよう頑張りたいと思います。よろしくお願いします」


    ■田辺騎手

    (最終追い切りについて)
    「前回のセントライト記念の前も追い切りに乗せてもらって、その時も軽快な動きをしていたのですが、調教はとても動く馬なので、今日も相変わらず良く感じました」

    (1回使ってのプラスアルファは?)
    「ここを目標にしていたと思いますし、レースを叩いたことで上向いてきてくれると思います」

    (前走を振り返って)
    「ダービーと違ってポジションにこだわらず、出た感じのリズムを守ってレースを運びました。ダービーとメンバーも違いますが、終いの頑張りがあったので、負けはしましたけどいい感じで終えてくれました」

    (春先と比べて)
    「元々大型馬でゆるいところがあったので、少し締まってきたのではないかと思います」

    (京都の3000mについて)
    「この馬は折り合いが難しいところがありますので、そのあたりを重視して流れに乗っていきたいなと思います」

    (この舞台でこの馬が力を発揮できる競馬のイメージは?)
    「イメージはしていません。周りも3000mが初めてだと思いますし、流れというのは競馬に行ってみないとわからないので、ここのポジションを取りに行くなど、そのあたりは考えていません」

    (クラシックに挑む前の心境は?)
    「あまり変わらないです」

    (いつも通り平常心で?)
    「はい。それが1番いいことだと思っています」

    (ファンへのメッセージを)
    「最後の一冠ですし、菊花賞2着のリアルスティールの弟ということで、期待している部分も大きいです。頑張りますので応援よろしくお願いします」

    (取材・写真:佐々木祥恵)



    無料情報で大万馬券期待できる注目サイト
    誰でもフリーメール無料で無料情報をゲットできます
    だからGETしちゃってください、勝馬伝説
    kachium

    秋華賞 共同会見まとめ 

    ここのサイト激アツです・・・・情熱競馬で情熱GET

    ビッシュが一発狙えます

     秋華賞(GI・芝2000m)に出走する関東期待のビッシュ(牝3・美浦・鹿戸雄一)が、戸崎騎手を背に最終追い切りを消化。追い切り後に、管理する鹿戸調教師と戸崎圭太騎手の共同記者会見が行われた。

    ■鹿戸調教師

    (大一番を前にしての心境は?)
    「あと2日ありますので、無事にレースに臨めればと思っています」

    (最終追い切りについて)
    「日曜日にやっていますし、今日の稽古は最後だけキッチリ併せて、ヤル気を出すような稽古をしてもらいました」

    (前走の紫苑Sにも勝ち、ここまでは順調に?)
    「はい、順調に来ています」

    (2月にデビューした時の印象は?)
    「少し体が弱いところがあってデビューが遅れました。小さいですけどなかなか良い馬でしたし、時間はかかりましたけど無事に新馬を勝てて良かったです」

    (オークス3着という成績については?)
    「あの頃はまだ体を維持するのが大変だったのですが、よく頑張って走ってくれました」

    (夏を越しての成長は?)
    「オークスが終わった後、オーナーと相談して紫苑S1本で行きましょうということで、ゆっくりノーザンファーム天栄で休んで調整してもらいました。こちらに良い状態で戻してもらいましたので、紫苑Sはある程度やれると思って挑みました」

    (紫苑Sは戸崎騎手と初コンビでしたが?)
    「一流のジョッキーなのであまり言うこともないですけど、強気の競馬をしてくれということだけ伝えました」

    (精神面の成長は?)
    「そんなに変わりはないですね。元々穏やかですし、乗り手の言うことをきく馬なので、いつも通りです」

    (京都への遠征について)
    「牧場とトレセンの行き来を何度もしていますし、あまり難しいことを考えても仕方ないので、輸送は大丈夫だと信じています」

    (京都の2000mについては?)
    「同じような感じで中山でも走っていますし、条件はどの馬も一緒なので、うまく立ち回れると思います」

    (馬場状態、枠順の注文は?)
    「予報を見る限り多分天気が良いので、良馬場でやれそうですね。あまり揉まれるのは良くなさそうなので、真ん中くらいがいいと思います」

    (出走メンバーの中ではオークス最先着となるが、意気込みを)
    「体調も万全で出せそうですし、オークスでも頑張っていますので、何とか良いレースをしてほしいと思っています」


    ■戸崎騎手

    (最終追い切りについて)
    「順調に来ているということは感じました。馬は元気でしたし、良い調子で終えることができました」

    (追い出した時の反応は?)
    「手応えも十分ありましたし、先週日曜日もやれているので、今日は反応を見るというか調子を見る程度でいいと言われていたので、感触だけ掴んできました」

    (初めてコンビを組んだ紫苑Sについて)
    「初めて乗せて頂いたのが追い切りだったのですけど、その時から手応えも感じていましたし、乗りやすさもありましたので、前走も自信を持って乗せて頂きました」

    (本番に向けて視界良好のレースで?)
    「そうですね、思った以上の走りを見せてくれましたので、僕も自信になりました。何一つ心配もなく乗せて頂けるなと感じました」

    (それまでのビッシュに対する印象は?)
    「体が小さいのでどんな感じの馬なのかというのと、センスのいい走りをしているなと感じていました。乗せてもらっては、体は小さいですけど体全身で走っていて、あまり小ささを感じさせないフットワークでした」

    (本番ではどんなレースを?)
    「リズム良く行って、最後いい脚を使ってくれればという感じですね」

    (京都2000mの攻略の鍵は?)
    「特にはないです」

    (メンバー中、オークス最先着馬ですが?)
    「実力はありますので、僕はしっかり騎乗したいと思います」

    (最後にメッセージを)
    「前走もいい形でいいパフォーマンスを見せてくれていました。調子も良いですし、僕も自信を持って乗せて頂きますので、応援よろしくお願い致します」

    (取材・写真:佐々木祥恵)


    秋華賞-ダイワドレッサー
     

     秋華賞(GI・芝2000m)に出走するダイワドレッサー(牝3・美浦・鹿戸雄一)の最終追い切り後、管理する鹿戸調教師と追い切りに騎乗した川須栄彦騎手の共同記者会見が行われた。

    ■鹿戸調教師

    (最終追い切りについて)
    「この馬は早めに入厩して稽古をどんどん積んでいましたので、今日はビッシュ同様、最後だけ併せてキッチリ息を整えるような調整でした」

    (川須騎手にはどのような指示を?)
    「とにかく最後までヤル気を出させてほしいと伝えました」

    (1勝馬ながら重賞2着2回のこの馬について)
    「レースが上手な馬なので、相手が強くても頑張っているところがあります。本当は勝ちたかったのですけど、彼女なりには一生懸命走っていると思います。飼い葉食いに関しても心配する馬ではないので、どしどし週2本ずつ稽古を積んで万全な状態で行けると思います」

    (セールスポイントは?)
    「競馬が上手なところです」

    (枠の注文は?)
    「できれば内枠がいいかなと思います」

    (本番ではどんなレースを?)
    「レースが上手で先行力もありますし、ある程度いい位置について流れに乗ってほしいです」


    ■川須騎手

    (最終追い切りの手応えは?)
    「初めて乗せて頂いたのですけど、操縦性が高くて反応も良かったですし、本当にいい追い切りができたと思います」

    (鹿戸師からアドバイスなどは?)
    「追い切りに関しては、初めて馬とコンタクトを取るのでその辺のことと、そんなにやり過ぎなくてもいいからと言われていました。時計については細かい指示はなかったので、ペースメーカーの馬を見ながら行って、最後併せるというような内容でした」

    (本番への期待も高まる?)
    「感触も良くて、本番がとても楽しみになりましたね」

    (ダイワドレッサーの印象は?)
    「レースを見せて頂く限りでは、とても立ち回りがうまく、常に上位に来て、一生懸命能力を出し切って走っているような印象でした。乗りやすい馬ではないかなと思いました」

    (そのイメージとのギャップは?)
    「イメージ通り、とても乗りやすいです。競馬が上手だと思うので、京都の2000mという舞台は合っていそうですし、立ち回りのうまさを生かして競馬をしたいですね」

    (本番のイメージは?)
    「まだ馬場も良くて内回りですし、いい位置で競馬ができたらなというのはありますね。あとは流れや展開に応じて器用に立ち回れる操縦性の高さがありますので、臨機応変に競馬ができればと思います」

    (京都2000mの攻略の鍵は?)
    「やはり最初のコーナーまでのポジショニングが、とても大事だと思います。見ている限りゲートも上手そうなので、立ち回りのうまさをアドバンテージにしたいです。流れが遅くなったり、速い時計を意識して速いペースになったりもするので、立ち回りのうまさは大事ですし、絶対に武器になると思います」

    (GIタイトルに向けての思いは?)
    「こういうチャンスを頂けることがすごくありがたいですし、オーナーや関係者の方に頂いたチャンスなので、結果で恩返しできたらというのはあります」

    (最後にメッセージを)
    「本当に立ち回りが上手な馬ですし、チャンスがある馬でGIに参戦できるということに感謝して、一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com



    スプリンターズS予想|2016年共同会見まとめ
    ビッグアーサー藤岡調教師「絶対的なスピードはある」

    ■ビッグアーサーを管理する藤岡健一調教師

    ――まずは前走・セントウルSを振り返ってください。
    藤岡「1番枠ということで、他に行く馬がいないようなら(逃げる)、というつもりではいましたが、私自身は“逃げる”という作戦はあまり考えていませんでしたね。ジョッキーが上手に乗ってくれました。強い内容でしたから、それでよかったのではないでしょうか」

    ――休み明けでしたが、そのあたりは?
    藤岡「結果にこだわりはありましたが、内容がよければ次につながると思ってはいました」

    ――内容的にはいかがでしたか?
    藤岡「勝ち切ったのがよかったです。それから、レースに幅が出ましたね。本来は好位から差す競馬が向いていると思いますが、いろいろな競馬ができると思えたレースでした」

    ――レース後の調整はいかがですか?
    藤岡「いつも2週前と1週前に結構速い時計を出して、当週は上がり重点でやっています。今回は中2週で輸送もありますので、馬の様子をみながら調整してきました」

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    藤岡「先週は上がり重点でいい調教ができたので、今朝は先週と同じような感じで、という指示を出しました。本来はもっと速い時計が出る馬ですが、追い切った時間帯が遅かったことと馬場が重かったこともあり、少し時計がかかるかな、ということで前半は我慢するように言いました。いい動きでしたね。思った以上に負荷はかけられたと思います。時計的には終いがもう少し速ければ、とも思いますが馬場状態を考えるとこれで十分かなと思います。レース間隔が詰まっている分、若干テンションが高いですね」

    ――先生からみて、この馬のセールスポイントは?
    藤岡「絶対的なスピードがあるところです。1200mを走るのに必要な筋肉や体型などのすべてを兼ね備えた馬ではないでしょうか」

    ――中山への輸送はいかがですか?
    藤岡「以前は結構輸送に問題があった馬ですが、今はスタッフも把握できていますから。輸送に関しては全く心配していません」

    ――道悪については、いかがですか?
    藤岡「去年の高松宮記念当日に勝っています(岡崎特別)が、そのときは非常に馬場が悪かったのですが、それでもすごいパフォーマンスを見せてくれました。馬場は晴れても渋っても全く問題ないと思います」

    ――相手関係についてはいかがですか?
    藤岡「セントウルSの時とは違って行く馬が結構いるので時計は速くなるでしょう。前半、好位につけられれば外を回っても大丈夫でしょうし、終いも切れる脚がありますから。どういう競馬になっても心配していません」

    ――最後にひとこと。
    藤岡「春秋スプリント王としてこの馬の価値を高められるように一生懸命頑張ってきました。あとは皆さんで応援していただき、スプリント王者の貫禄勝ちというものを見せられるように頑張ります。応援してやって下さい」

    (取材・文:花岡貴子)

     

    ミッキーアイル音無師「なんとか古馬G1を」

     

    ■ミッキーアイルを管理する音無秀孝調教師

    ――まず、前走の高松宮記念を振り返ってください。
    音無「レース前にジョッキーから『ハナに行きます』と言われたので『好きに乗っていいよ』と言いました。ところが、ゲートが開いたら外に2頭速い馬がいて、結果的に行くのをやめざるをえなくなりました。それでもペースが速かったので折り合いはついていましたね。その2頭を見るかたちでレースを運びました。4コーナーでは手応えもあったので早めに抜け出そうとしたら、前にいる馬が外に行きましたよね。あれでだいぶ外にふられたような感じがあり、強いていえば不利がありました。その後、抜け出しましたが差されました。結果的にはあの不利が痛かったです」

    ――その後の調整過程を教えてください。
    音無「放牧先は北海道のノーザンファーム空港です。かなりゆっくりしてリラックスできました」

    ――栗東に戻ってからの様子は?
    音無「元々能力の高い馬ですからね、いつものように少しずつ上げていけばいいという感じでした」

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    音無「休み明けですし、マックス(での調整)でやりました。使っている馬は調整だけで済みますが、うちはそういうわけにはいきませんので。しっかりやりました。先週は後ろから追いかけて最後の1ハロンで負けたので、今日は後ろから行くのはやめようということで最初から並んでいきました。すると、横に馬がいるので掛かり気味で行ってしまい、その分テンが速いラップになってしまいました。それでも、ラストが13秒3でめちゃくちゃ速いですから、逆にいうとしっかりやれたな、と思います。(状態については)能力の高い馬なので信頼しています」

    ――休み明けという点についてはいかがですか?
    音無「安田記念をパスしたので、ブランクはこれまでで一番長いですね。これは、高松宮記念の疲れが取れなかったので仕方がなかったのです。(スプリンターズSの前哨戦として)セントウルSがありましたが、そこを使うと暑い時期に入厩させなければならないし、中2週で次のレースが待っている。テンションが上がるのでやめた方がいいだろうということで、ぶっつけ本番になりました。ミッキーアイルにとっては、テンションが上がらずに本番を迎えられるので、いい方に出るのではないでしょうか」

    ――レースにむけてジョッキーへの指示はありますか?
    音無「ジョッキーが考えているので、私がいろいろ言わない方が良いと思います。ポジションはゲートを出てから考えることですし、仮に番手からの競馬になっても大崩れはしない馬です」

    ――道悪はいかがでしょうか?
    音無「どちらかというと掻き込んで走るタイプなので、少々馬場が悪くなっても問題ないと思います」

    ――最後にひとこと。
    音無「春の雪辱もして欲しいですし、なんとかして古馬GIを獲らせたいです。応援よろしくお願いします」

    (取材・写真:花岡貴子)




    競馬情報会社ってどうなのって言われそうですけど
    ここの無料予想は無料予想だけで万馬券を期待できそうですね
    勝馬伝説の予想が注目
    kachium






    【スプリンターズS予想|2016年共同会見まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ