競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:共同会見

    オークス予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ラヴズオンリーユー鞍上M.デムーロ「馬がバッチリ、僕もバッチリ」/オークス共同会見

     
     ■ラヴズオンリーユーに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走の忘れな草賞を振り返ってください。
    ミルコ 楽勝でしたね。スタートでちょっとぶつかりました。馬が怒っていて、1コーナーまで噛んでいました。でも、すごい賢い馬ですぐに落ち着いて、向こう正面でペースが遅くて早めに動き出しました。3、4コーナーの間の手ごたえは抜群でしたね。直線にいってからは馬なりです。

    ――レース前に騎乗もされていましたが、その時に抱いていたイメージと実際の強さを比較したら?ミルコ イメージよりも強かったですね。調教に乗った時から(矢作)先生に「すごくいい馬」と言ってました。乗ったときの感触がすごくいいですし、お兄さん(リアルスティール)に似ています。

    ――リアルスティールと似ている部分とは?
    ミルコ 背中が一緒ですね。牝馬ですけど、柔らかい。お兄さんは筋肉が重くて少し硬かったけど、この馬はすごく背中がいいし、跳びがきれい。

    ――GIでも通用する素質は感じていますか?
    ミルコ そうですね。今回、舞台が変わりますし、出来も良くなっています。このあいだ勝ったとき(のように)すごく自信はありますね。

    ――先週の1週前追い切りに騎乗されていましたね。感触は?
    ミルコ 初めて乗った時に比べたらだいぶ良くなりました。1回使って成長しています。大人になっているし、折り合いもすごく効く。出していったらすぐ伸びるし、反応も速い。

    ――今朝の追い切りの動きを見ての感想は?
    ミルコ すごくいい感じです。いつも(坂井)瑠星が乗ってるし、すごくいい感じです。

    ――矢作調教師や厩舎スタッフと何か話していますか?
    ミルコ 勝って欲しいと言われました(笑)。

    ――状態に関しては?
    ミルコ そうですね。馬がバッチリ、僕もバッチリ。オークスはまだ勝ったことがない。だから、本当に勝ちたいです。

    ――初めてトップクラスの馬との対戦となります。ライバル関係は?
    ミルコ 僕の馬だけという気持ちでいきますね。他の馬はみんな敵ですね。GIだからみんな勝ちたい。

    ――乗りやすい馬ですか?
    ミルコ そうですね。ちょっと不安になりますね。このあいだ頭数が少なかったので、スタートからぶつかって馬が怒っていた。だから今回、心配していますけど、賢い馬だから大丈夫だと思います。

    ――距離については?
    ミルコ このあいだ(忘れな草賞)いい勝ち方をしていましたね。もうちょっと距離が延びても問題ないと思います。

    ――どのように乗りたいですか?
    ミルコ 勝ちたい、だけですね(笑)。

    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
    ミルコ 応援している人がいっぱいいると思います。本当に勝ちたいですね。頑張ります。
    (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ダノンファンタジー川田騎手「すごく落ち着きがあるというのが何より一番いい」/オークス共同会見
     
    ■ダノンファンタジーに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――前走の桜花賞を振り返ってください
    川田 この馬としてはよく我慢した中で競馬を進めることができました。4コーナーで勝ち馬が動いていったときに多少追いかけざるを得なくなくってしまったので、その分ゴール前苦しくなってしまいましたが、しっかり走り切ってくれたなと思います。

    ――川田騎手の中では桜花賞でダノンファンタジーの力は出し切れたと見ていますか?
    川田 はい。

    ――桜花賞の会見中で「1週ごとに馬が学習して良くなっている。そこがいいところ」とお話しされていました。桜花賞のレースを経てそのあたりはいかがでしょうか?
    川田 よく我慢できていたというのがこの馬にとっての成長だと思うので、そこが。見た目よりは僕の中では落ち着いて走れていたので。見た目ではもっと引っかかっているように見えているかと思うんですけれども、さほど行き過ぎてるわけではなかったです。

    ――最終追い切りでの動きはどのように感じましたか?
    川田 今日は追い切りというよりはガス抜き程度、整える程度にということだったので。気持ちよく坂路を上がってくれましたし、それが何よりだな、と思います。

    ――いつも1週前については“行きたいという気持ちが強すぎる”と仰っていましたが、今回はいかがでしたか?
    川田 この中間もいろいろと工夫をした上でここに歩みを進めていますし、その効果が出ていつもよりは落ち着いていろんなことをこなしてくれたんじゃないかな、と思っています。

    ――桜花賞と比べて心身の変化は?
    川田 すごく落ち着きがあるというのが何より一番のいいポイントだな、と思います。

    ――自信をもって臨んでいく、と捉えてよろしいですか?
    川田 オークスに向けての精神状態という意味ではいい方向で歩んでこれているな、と思っています。

    ――新馬戦以来となる東京コースです。左回りやコース形態については?
    川田 何も問題はなかったです。

    ――2400mという距離については?
    川田 得意じゃないのは間違いないですし。ただ、オークスはこの3歳牝馬で得意な馬のほうが少ないと思いますから。3歳牝馬同士でやるオークスだからこそなんとかなる部分も多々あるので。いい精神状態で来れているので、それを競馬につなげることができたらな、と思っています。

    ――これまで阪神マイルで強い勝ち方をした馬が東京2400で同じように強い勝ち方をするケースを見てきました。この2コースで共通して求められる要素はあるのでしょうか?
    川田 阪神のコースが改修された後に行われている桜花賞の勝ち馬というのは、より能力の高い馬が勝っていると思います。そういう元々の能力の高さというのが、2400になっても生きてくるというところだと思っています。

    ――週末の天気は曇り予報ですが降水確率が高めです。そのあたりは?
    川田 そこはやってみないとわからないのですが、きれいな馬場でやりたいタイプであることは間違いないと思っています。

    ――これまで何度か馬場が悪いタイミングに芝コースで追い切られています。その時の走りは参考になりますか?
    川田 追い切り程度なので。レースとは全然違いますから。そんなにイコールではないと思っているので。

    ――最後に意気込みを。
    川田 2歳女王として挑んだ桜花賞で4着に敗れてしまいましたけれど、いい状態でオークスに向かってこれていると思いますし、2400という距離もなんとか我慢してこなしてくれるように、いい時間を過ごしてこれていると思いますので。  

    あとは当日「彼女のテンションがどれだけ上がるのか」というのと、「2400にどれだけ対応できるのか」というのはやってみないとわからないですけど。なんとか一番いい結果が得られるようにスタッフみんなで、今までの時間とこれからの時間を過ごしていきたいと思っています。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】コントラチェック藤沢和雄師「すごく素直で調整が楽な血統」/オークス共同会見

     
     フラワーC(GIII・1着)からオークスに臨むコントラチェック(牝3・美浦・藤沢和雄)。最終追い切り終了後に、藤沢調教師の共同記者会見が行われた。

    (今朝の追い切りについて)
    「いつもそんなに速い時計で追い切って競馬を使う馬ではないですし、前走を使ってからさほど体が増えてもいませんし、牧場でも十分乗り込んでありましたので、このひと月は遅い時計での調整でした。息遣いも良かったですし、体を見ながら調教をしています。競馬も見ての通り1頭でも一生懸命走れる馬なので、すごく調整は楽で順調に来ていると思います」

    (鮮やかな逃げ切りを決めた前走のフラワーCを振り返って)
    「1週前に使いたかったのですが、頭数が多くて除外になってしまいました。1週延びたのであまり調教をしないで競馬を使ったのですが、よくできていたみたいですね。そんなに速くはなかったのですけど、上手に走ってくれたと思います」

    (3歳になってから連勝をしているが、成長は?)
    「この馬の兄弟を何頭も手掛けていますが、すごく素直な馬で調整が楽な血統です。この子も3歳になってからは本当に順調に競馬を使わせてもらって、喜んでいます」

    (今回はさらに距離が延びるが?)
    「私の馬だけではなくて、2400mを上手に走れる馬は他もなかなかいないと思います。皆初めての経験ですし、距離が長いですから穏やかに引っ掛からないで走ってもらえればなと思います」

    (ハナにはこだわらない?)
    「負けてはいましたけど何回か好位からの競馬をして、ゴール前は詰めてきているので、そんなに脚質はこだわったところはないと思っています」

    (今回はレーン騎手が騎乗するが?)
    「そんなに難しい馬ではないですし、馬なりで位置取りは決まると思うので、そんなに気にしていません」

    (レーン騎手の印象は?)
    「落ち着いて乗っていますし、私の馬(京王杯SC優勝のタワーオブロンドン)も上手にスタートもできました。本国でも活躍している騎手ですし、いいのではないかと思います」

    (厩舎ゆかりの血統のコントラチェックをオークスに送り出すにあたっての抱負を)
    「父が違うのですが、お姉さん(バウンスシャッセ)が3着と惜しい競馬だったので、何とかその分も頑張ってもらいたいなと思っています」
    (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】斉藤師「東京コースは終いの脚がしっかりしているクロノジェネシスと好相性」/オークス共同会見

    ■クロノジェネシスを管理する斉藤崇史調教師

    ――前走の桜花賞を振り返ってください。
    斉藤 もともと予定どおりのプランでよく仕上がっているな、という感じでレースに向かったんですけれども。やっぱり競馬を使うごとに気持ちが入るのが早くなってきていて、テンションが少し高めだったのもあったので。まぁなんとか我慢はしていましたけれどもそのあたりは今後の課題だな、と思いました。

    ――向こう正面で少し掛かっているようにお見受けしましたが?
    斉藤 そのへんは競馬前のテンションの高さとはあまり関係ないかな、と思っているんですけど。2回くらいぶつけられて後ろに下がっちゃってますし、力みがあるのは仕方ないのかな、と思いました。

    ――それでも上りの脚はさすがでしたね。
    斉藤 そうですね。ぶつけられて(競馬を)やめちゃうような馬も中にはいますけれど、あれだけぶつけられて最後の直線では締められながらも自分でこじあけてあれだけの脚を使う馬なので“やっぱり大した馬だな”と思いました。

    ――GIは手が届きそうで届きませんね。
    斉藤 GIは皆さん最終目標にしているところですし、実力だけではなくてやっぱり運も必要になってくると思います。それに関しては結果は結果なので、厩舎としてできることをきっちりやっていくのが最優先だと思います。

    ――この中間の様子は?
    斉藤 レース後すぐにノーザンファームしがらきさんへ放牧に出しました。2週間ほどで戻ってきたんですが、気持ちもリラックスできていましたし、いい放牧になったかな、と思っています。  

    帰ってきてからはやはり桜花賞の時のテンションの高さをどうやって改善していくか、というのを最優先にして調教してきたんですけど。先週、今週と動きはよかったですし、気持ちの部分も体の部分も少しゆとりをもって競馬に臨めそうなのでそれはうまくいったかな、と思っています。

    ――今朝の最終追い切りの指示と内容は?
    斉藤 やっぱりテンションの高さが気になっていたので、あまり終いをしっかり動かし過ぎないようにだけはしたいな、と思っていました。1頭誘導馬を置いてそれを見ながら折り合いをつけていく感じで。最後は出し過ぎない程度に動かすという感じでいきました。

    ――いい状態でオークスに出走できそうですか?
    斉藤 そうですね。体調面は上向いていますし、体もほんと桜花賞前はギリギリだな、という感じでしたけれど、少しゆとりをもった状態で輸送できるのでそういう意味ではいい調整が出来たんじゃないかな、と思っています。

    ――東京コースはこれまで2戦2勝ですね。
    斉藤 東京コースは広いコースで展開の有利不利というのもそんなにない競馬場ですし、終いの脚がしっかりしている彼女にとってはすごく相性のいいコースなんじゃないかな、と思います。

    ――距離はある程度あったほうがいいタイプでしょうか? 斉
    藤 マイルでも全然走れるんですけど、距離も2400をちゃんとこなしてもらいたいな、という気持ちで使ってきました。折り合い面も含めて、今回のオークスへ向けて使ってきたつもりなので。そういう意味では(2400mを)こなして欲しいな、と思っています。

    ――今回の馬体重は?
    斉藤 そんなに大きくは変わらないと思うのですが、輸送もはさむので桜花賞と同じくらいになるかな、という気がするんですけど。体つき自体は今の状況で少しゆとりがあるのでそんなに心配することはないかな、と思っています。

    ――雨や重馬場については?
    斉藤 そこまで悪い馬場で走ったことがないので、何とも言えない部分もありますけれども。多少悪い馬場くらいだったらなんとかなるかな、と思いますね。

    ――先週、姉のノームコアが勝ちました。
    斉藤 走る子をいっぱい出すお母さんなんですけど、お姉ちゃんが先週GI(ヴィクトリアマイル)を勝ちましたし、妹もここで頑張ってくれればいいな、と思います。

    ――厩舎としてはGI8度目の出走です。クラシックに出走させる気持ちは?
    斉藤 クラシックはその馬にとって一生に一度というか、3歳の時しか出れないので。こうやって出させて貰える私たちもありがたいですし、馬がいい結果を出せるようにいい調整をして仕上げるのもこちらとしては大事だと思うので。そういう意味ではいい調整が出来たんじゃないかな、と思います。

    ――ファンの皆さんへメッセージを。
    斉藤 前回もちょっと惜しい競馬で負けちゃったんですけど。今回はきっちり結果を出せるように厩舎もジョッキーもしっかりやってきたつもりなので、皆さん後押しをしてほしいな、と思っています。応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ウィクトーリア戸崎騎手「どんな競馬でもできるのが強味に」/オークス共同会見

     オークストライアルのフローラS(GII)を制してオークスに駒を進めたウィクトーリア(牝3・美浦・小島茂之)。ウッドチップコースで戸崎圭太騎手が手綱を取って、併せ馬の追い切りをこなした。追い切りを終えて、戸崎騎手と小島調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■戸崎騎手(今朝の追い切りについて)
    「前に馬を置いてそれを追いかける感じでしたけど、前走より落ち着きが見られて、ゆったりとしている感じもありました。直線はどんな反応かなと思ったのですけど、すごい反応を見せて、ギアも入って良い動きでした」

    (初コンビとなったフローラSを振り返って)
    「先生の指示通りに乗れませんでした。ハナに行く予定だったのですが、ゲートで遅れてしまったのでドッシリと構えて、折り合い重視で行きましたけど、終始手応えも良くて、直線では道があいたらスルスルと手応え良く伸びていく感じでしたね」

    (今回はさらに距離が延びるが?)
    「前走のような競馬もできましたので、不安はないと言いますか、距離も大丈夫だと思います」

    (この馬の1番の強味は?)
    「やはり背中が良くて乗り味が良いですよね。芯がしっかりしていますし、どんな競馬でもできるのが前回わかったので、その辺も強味になるのかなと思います」

    (この馬とともにオークスに挑む心境は?)
    「また有力馬に乗せて頂くことができました。前走を勝って良い形で来ていますし、楽しみですね」

    (最後にオークスへの抱負を)
    「馬も順調ですし、僕自身もオークスを勝ちたいと思っていますので、応援して頂けたら嬉しいです」

    ■小島調教師(今朝の追い切りについて)
    「放牧に行って馬の状態を確認してもらって、その間もある程度強いところは乗ってもらっていたのですけど、こちらに帰ってきて状態そのものは良いのですが、若干緩んだ感じがありました。最後の感覚はジョッキーに任せましたが、大一番ですし、今日はしっかり追ってもらうつもりで、少し強くやってくれということをお願いしました。(私は)併せ馬の違う馬に乗っていたので、ちょうど陰になっていて見られなかったのですが、後ろ姿を見ていい感じだなというのと、終わってからのジョッキーのコメントが良かったので、あと映像を見てまた確認したいと思います」

    (追い切りの具体的な内容は?)
    「ウィクトーリアがしっかりやろうと思ったら、この馬の相手になる馬がいないんですよね。だから前に未勝利馬を2頭置いて、ウィクトーリアと1000万条件の馬をペアで走らせました。1000万条件の馬がウィクトーリアについていけないと思った時に、前にいる未勝利の馬を頼っていけるよう切り替えられるような形にしました。  戸崎騎手には『単走くらいのイメージでいいから』と言ってありましたが、軽くサッと仕掛けた時に動けるような状態だったので、それ以上のことは当日(オークスで)できればいいと、そこで控えたとジョッキーは話をしていました」

    (GIに向けて良いデキに仕上がった?)
    「牝馬の場合、仕上げ方はいろいろあって、本当にビッシリやる時とある程度余力を残しながらやる時とがあるのですが、10日という制限の中で余力を残しつつも思い切ってできたと思います。追い切った後が1番肝心ですが、ここまでは本当に順調に来ています」

    (控える競馬をしたフローラSについて)
    「逃げることしか想像していなかったので、ビックリしましたね。でも逃げられなかった時は、ジョッキーがいろいろ考えてくれるだろうと思っていました。そういう意味では馬自身もそうですけど、戸崎ジョッキーにも助けてもらったと思います」

    (距離延長については?)
    「お母さん(ブラックエンブレム・4着)は同じオークスの直線で1回先頭に立って、止まったあたり若干距離なのかなと思ったので、その点を今回どう補えるか。やってみなければわからないですけど、少なくとも2000mをこなしている分、戦える余地は十分あると思います」

    (お母さんを受け継いでいる点は?)
    「どうなんでしょうね。ジョッキーにしかわからないことだと思うんですけど、お母さんに乗ってくれたジョッキーたちはすごい良い筋肉をしていると言ってくれていたんですね。そういったところは受け継いでくれているのかなと感じます」

    (厩舎にゆかりのある血統でオークスに挑戦する現在の心境は?)
    「競馬というのは、血統の魅力というおもしろさがあります。自分の携わった馬が子供を出して、その馬でまたチャレンジできる。チャレンジする経過はお母さんとは違いますけど、期待を持って臨めるのは本当に幸せだなと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ふた月くらい前まではオークスは考えてなかったのですが、ここに来て急にグンと良くなって、最後の調教も良かったです。楽しみを持って送り出せますし、後は皆さんの応援を頂ければと思います。よろしくお願い致します」
    (取材・文:佐々木祥恵)


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    ヴィクトリアマイル予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】アエロリット菊沢師「シャキッとしてきた、いい感じに上昇」/ヴィクトリアM共同会見

     
     1月26日のアメリカ遠征(ペガサスWCT・G1・9着)以来となるアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)が、坂路で最終追い切りを消化した。追い切りを終えて菊沢調教師の共同記者会見が行われた。 

     (今日の追い切りについて)
    「1週前にウッドチップコースで併せ馬をして、直前は坂路で態勢を整えるというここ最近のパターンで来ています。時計を感じさせないくらいの雄大なフットワークで駆け抜けていたと思います。たまたま前に走っている馬がいましたので、ちょうど頂上付近で併せ馬になるような感じで、馬もしっかり前の馬を追いかけて集中して走った良い稽古でした」

    (1週前追い切りと比べると?)
    「ウッドチップコースでの追い切り、特に右回りでは終いどうしても俊敏性に欠けるようなところもあるのですけど、それはいつものことですし、1週前にウッドチップコースでしっかり負荷をかけたことで週末、今週にかけて馬もシャキッとしてきたので、いい感じに上昇しているなと思います」

    (前走のアメリカ遠征を振り返って)
    「アエロリット、そして関係者の皆様には海外遠征という初めての経験をさせて頂いて、本当にいろいろ勉強になりました。馬も出国検疫、飛行機での輸送、こちらとの環境の違いと様々に違った環境の中でアエロリットなりに対応して改めてすごいなと思いました」

    (戻ってきてからの印象は?)
    「精神的にも強くなったような気がします。帰ってくる時にニューヨークで寒波の影響で飛行機が遅れたりもしまして、日本で待っている時はすごく心配していたのですが、着地検疫の時に馬も元気にしていたのでホッとしています」

    (一昨年勝利したNHKマイルC、昨年2着の安田記念と同じ舞台になるが?)
    「東京は広いコースですしアエロリットも走りやすいと思っています。決して右回りがダメというわけではないのですが、どうしても器用さに欠けてしまう部分もあり、自分のリズムを崩すと力をなかなか発揮できないというのもありますので、

    (右回りの時は)
    そういった影響もあると思います」

    (昨年のこのレースは0秒1差の4着だったが、昨年と比べると?)
    「1年たちまして、馬自身も体幹的にしっかりしてきました。精神的にも落ち着いてきました。去年のヴィクトリアマイルに向けての調整過程と比べると、馬の雰囲気は今年の方が良いのではないかなと感じています」

    (横山典弘騎手とは6戦振りのコンビとなるが?)
    「デビューから手綱を取ってもらっていたジョッキーですので、アエロリットの成長した姿を感じ取って騎乗してもらえればと思っています」

    (横山騎手と何か話をしている?)
    「アエロリットのことに関しては、ジョッキー自身が乗っていない時でも話はしていますし、ジョッキーも気にして見ていると思いますので、細かくはしていないです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ここ2戦(ペガサスWCT、マイルCS・GI・12着)は結果が出なかったのですが、東京で巻き返したいと思いますので、どうか応援よろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】ラッキーライラック松永幹夫師「なんとか巻き返したい」/ヴィクトリアM共同会見
     
     ■ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師の話

    ――今朝の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    松永 時計も結構よかったし、動きもよかった。順調かな、と思います。

    ――併せ馬でしたね?
    松永 はい。併せ馬でした。

    ――最後は相手を離しました。
    松永 まぁ、やれば動く馬なので、ああいうかたちを想像していました。

    ――数字以外に感じる部分は?
    松永 今日に限らず、普段の調教からすごくリラックスしています。いい状態で来ているかな、と思います。

    ――1週前からの変化は?
    松永 特にはないですけどね。まぁ、ある程度やっておこうということでやりました。

    ――前走のレース前の状態との差は?
    松永 いい意味で変わりなく来ています。(今回も)しっかりと調教を消化したという感じです。

    ――前走からの上積みが調教時計に表れている?
     松永 いえ、そういうことではないですね。前走もやれば時計がかなり出ていたと思います。なんとか今回、巻き返したいと思います。

    ――前走について振り返ってください
    松永 たくさんの方からの支持を受けたのに結果を出せなかったというのはすごく申し訳なかったと思います。はじめて包まれる競馬になったので、競馬をさせてもらえなかったのかな、と思います。

    ――その中で終い伸びているというのは?
    松永 そうですね。ただ、最後はちょっと苦しかったのか、内にもたれながら伸びてきたんですけど。着差もあまりなかったので、あれでも力はあるな、と思いました。

    ――もたれたのは前走に限ったものとみてよろしいでしょうか?
    松永 そうですね。あのレースだけでしたね。

    ――今回については?
    松永 特には気にしていないです。

    ――枠順に関しては?
    松永 特にスタートが悪い馬じゃないので気にはしていないです。前走は運がなかったですね。外の馬が行くのかな?と思いきや意外と行かず、その馬の後ろに入ってしまい、どんどん後手にまわったというかたちだったので。まぁ、それも含めて“競馬”だと思いますけど。

    ――前走後のダメージは?
    松永 大丈夫です。

    ――今度は好走していた東京コースに変わります。
    松永 東京コースでも勝っていますしね、巻き返したいです。

    ――勝つためにはどういったことが必要ですか?
    松永 さらに強い馬も出てきているので楽ではないと思いますけど、自分の競馬をしっかりして力を出し切ることかな、と思います。

    ――コース形態としては力を出し切れるのでしょうか?
    松永 そうですね。直線も長いですしね。

    ――前走以上の期待というのは?
    松永 もちろん、期待しています。

    ――「巻き返し」への思いを改めて教えてください。
    松永 やっぱりラッキーライラックもGIホースでありますからね。昨年、あまりいい結果が出なかったので、“今年は”という気持ちがあるので、なんとかここで結果を出したいと思います。

    ――メンバー構成はいかがですか?
    松永 いいメンバーだと思います。

    ――馬メンバーと比べて勝っている部分は?
    松永 比較はできないんですけど、いいスピードのある馬だと思っているのでなんとか結果を出したいですね。

    ――ジョッキーとの話し合いは?
    松永 レース前に話すことになると思います。

    ――最後にファンの皆さんへ意気込みを。
    松永 ここ1年ちょっと結果を出せていないので、なんとか牝馬限定戦という数少ないレースの中で、なんとか結果を出せるように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】レッツゴードンキ岩田康誠騎手「直線に賭ける競馬になると思います」/ヴィクトリアM共同会見

     
     ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手

    ――前走の高松宮記念を振り返ってください。
    岩田 直線でちょっと窮屈になってしまって、その分6着という結果だったんですけど。やっぱり脚が余っていたというのがありました、はい。

    ――最後の上がりの脚をどう感じましたか?
    岩田 最近上がりの競馬というか、後ろからすごくいい脚を使ってくれます。

    ――この馬の良さは?
    岩田 7歳ですけど、本当にまだ若い走りをしています。疲れ知らず、というか。

    ――乗っていらして7歳という数字と若々しさは合わない感じですか?
    岩田 そうですね。本当に熟してるというか、去年よりも全然ふっくらしていますし馬体そのものがすごくいいと思います。

    ――先週、1週前追い切りに騎乗された感触は?
    岩田 前走以上にふっくらしていましたし、トモの筋肉の張りもグッときていると思うんで。追い切り自体もすごく落ち着いて走っていたと思います。

    ――状態は高松宮記念と比べると?
    岩田 もっと良くなっているんじゃないかなと思いますね。毛ヅヤ自体がすごくよく見えるというか。

    ――期待としては前走と比べると互角以上でしょうか?
    岩田 そうですね。今回も馬自体はフレッシュな状態だと思います。

    ――今回の理想のレース運びは?
    岩田 出たとこで。マイルですし、直線に賭ける競馬になると思います。

    ――希望の枠順は?
    岩田 真ん中より内のほうがレースはしやすいというか、脚をためやすいというのはあります。マイルも何回も経験していますし、出たなりで、という感じで行くと思います。

    ――このところは短距離で実績をあげていますが、マイルについては?
    岩田 直線まで折り合いをつけられたら直線では絶対にいい脚を使ってくれるので。良馬場でレースをさせてあげたいな、と思いますね。

    ――東京コースについては?
    岩田 いまのドンキであればいいレースをしてくれると思いますし、悪い着順にはならないと思います。

    ――数字上では東京コースの成績はよくありませんが、そのあたりは?
    岩田 折り合いを欠いてしまったりとか、あるんですけど。今年に関しては馬自体も全然カリカリしていませんし、落ち着いてレースができるんじゃないかなと思います。

    ――4年連続の出走となります。レースへの思いは?
    岩田 7歳ですけどホントに元気で毎回走ってくれる馬です。今回も距離は2ハロン長くなるんですけど。いいレースをしたいと思います。

    ――最後にファンの皆さんへ抱負を。
    岩田 熟したレッツゴードンキの応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ミッキーチャーム川田騎手「輸送さえクリアしてくれれば」/ヴィクトリアM共同会見


    ■ミッキーチャームに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――前走の阪神牝馬Sを振り返ってください。
    川田 その前に中山に連れて行ったときに具合はすごくよく感じていたんですが、どうしても結果が伴わなくて。その敗因が何かというのをみんなで探って、輸送というところに結論付けたいところだったので。

    (前走は)阪神ということで近かったので輸送の問題もなく望む結果が得ることができました。となると、なおさら(前々走は)輸送の影響があっての大敗だと分析ができました。

    (前走は)いい内容で勝てたな、と思います。

    ――その輸送に関してですが、前走のレース後に「これで前々走の敗因が輸送だとはっきりしたので万々歳とはいえない」とお話しされていました。それについては?
    川田 その思いは変わりません。

    ――輸送に関してはどうかな?という思いは残ったまま、という状態ですか?
    川田 はい、もちろんです。

    ――輸送への対策は?
    川田 そのへんは調教師のほうに聞いてもらえたら、と思います。

    ――改めて、前走の強さについては?
    川田 もともと能力の高い馬であることは間違いないですし、初めての1600ということでしたがスムーズに対応してくれました。全体的に前と後ろが離れるような競馬にはならなかった。馬群が密集したというか、みんな近い距離でゴールまでたどり着いたというレースではあると思うんですが、その中でしっかり抜け出せたというのがこの馬の強さかなと思います。

    ――「道中が我慢できました」ということもありました。そのあたりの我慢というのは成長からという見方でよろしいですか?
    川田 その我慢というのはレースの流れの中でのことなので。どうしても前向き過ぎるところがある馬なので、その意味で我慢が出来た、という表現です。

    ――1600mというのはいかがでしたか?
    川田 より対応しやすいだろうとイメージしていましたし、そのとおりだったな、と思います。

    ――東京コースは?
    川田 まったく問題ないと思っています。

    ――レースについてのポイントは?
    川田 そうですね。何より輸送でどういう影響が出るかということなので、そこが一番大きなポイントになると思います。それさえクリアしてくれれば、問題なく走れると思っています。

    ――そのあたりの問題はパドックや返し馬ではわかるのでしょうか?
    川田 わかることもありますけど。うーん、走ってみないとわからないことはたくさんあります。

    ――最後にファンの皆さんへ抱負を。
    川田 なんとか無事にいい状態で当日を迎えてもらって、自分の力が出せる状態でレースを走れたらと思うので、東京で5週GIが続く中の2週目なので、また競馬場に足を運んで目の前で見て貰えたらな、と思います。(取材・文:花岡貴子)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    NHKマイルC予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】グランアレグリア鞍上ルメール騎手「桜花賞よりパワーアップしたと思います」/NHKマイルC共同会見

     
     桜花賞馬のグランアレグリア(牝3・美浦・藤沢和雄)がNHKマイルC(GI・東京芝1600m)に向けて、クリストフ・ルメール騎手を背に最終追い切りを行った。

     ルメール騎手と藤沢調教師が追い切り終了後に共同記者会見に臨んだ。

     ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「結構軽い追い切りでした。でも直線ですごく良い手応えでした。フットワークやコンディションがとても良かったです」

    (桜花賞の時と比べると?)
    「桜花賞は休み明けでしたが、良い競馬ができて、素晴らしかったです。直線ですごく良い脚で、ゴールまで加速しました。すごく良い結果を出しました。桜花賞よりパワーアップしたと思いますね。今日の反応がすごく早かったです。競馬の時もこの速いフットワークができれば、また良い結果を出すことができます」

    (追い切りでテンションの高さは感じた?)
    「感じなかったですけど、パワーアップしましたので、走りたいという感じですね。コントロールや折り合いは問題なかったけど、走りたがっていました。朝日杯FS(GI・3着)と桜花賞は結構長い脚を使いましたけど、今朝はすごく速いフットワークができました。うまくなったと思いますね」

    (阪神から東京にコースが替わるが?)
    「東京競馬場で勝ったことがありますし、東京は大丈夫そうです。東京の1600mはそんなにトリッキーじゃないです。1番強い馬が勝ちます」

    (右回りと左回りなどコースが違うと、モタれたりというのはある?)
    「ありません。真面目な馬です。ちょっと疲れている時は少しモタれるけど、この間東京で勝った時は、問題がなかったので全く心配していないです」

    (去年の朝日杯FSで負けたアドマイヤマーズなどが出てくるが?)
    「牡馬と走るというのは、改めて大きな挑戦ですね。でも今年はグランアレグリアも強くなりましたので、また大きなチャンスがあると思います。もちろんアドマイヤマーズはすごく良い馬ですけど、たくさん良い馬がいます。一生懸命走ったら良い結果を出すことができます」

    (リベンジできそう?)
    「はい、できそうです(笑)」

    (アーモンドアイがフェラーリなど車によく例えているが、グランアレグリアを例えるとしたら?)
    「スポーツカー。絶対スポーツカーです。スピードがたくさんあるし、力もあるし、だからポルシェ911くらい、能力がたくさんありますね」

    (ドバイから桜花賞、皐月賞、天皇賞と勝って、1000勝も達成して調子が良いが?)
    「はい、良い調子です。毎週、すごく良い馬に乗りました。上手な競馬ができましたし、ミスをしませんでした。でも毎週集中します。上手な競馬をしたいです。全部馬が一生懸命走っていたので、GIをたくさん勝つことができました。すごく嬉しく思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今週はグランアレグリアが牡馬と対戦します。応援してください。グランアレグリアがまたGIを勝ったら、スーパーホースになるかもしれないので、競馬場に見に来てください。テレビで応援してください。よろしくお願いします」

    ■藤沢調教師
    (桜花賞を振り返って)
    「久しぶりのレースだったのですが、速い流れで上手に競馬してくれて良かったと思います」

    (前走時の仕上がり具合は?)
    「仕上がりは良かったです。ただ牧場から帰ってきてひと月くらいでまだ冬場でしたし、冬毛で見栄えは休み明けという感じだったのですけど、よく牧場で乗り込んでもらっていましたし、厩舎に来てからも順調だったので良かったです」

    (輸送などありましたが、精神面は?)
    「お陰様で早くから使わせてもらっているので、いろいろ経験できていましたし、馬が大人になりつつあると思います」

    (桜花賞からここまでの調整は?)
    「今回は桜花賞からそんなに日がたっていないので厩舎にいたのですが、先週あたりからピッチを上げてきて順調に今日の追い切りまで来ています」

    (年明け2戦目となるが、上積みは?)
    「この間も競馬を使って間隔が詰まっていますので、そんなに強い調教はしていませんが、順調だと思います」

    (今朝のウッドチップコースでの最終追い切りのポイントは?)
    「いつもそんなに速い時計で追い切らないので今日もそういう予定でしたが、予想以上に折り合ってゴール前だけ出てきました。時計が遅くても落ち着いて走れるようになったので、ずい分良くなったと思っています」

    (動きは?)
    「ゴールしてから少し流していったのですが、良かったと思います」

    (オークスではなくNHKマイルCに参戦したのは?)
    「血統的に距離はあまり長くない方がいいだろうということで、協議の結果こうなりました。昨年秋に男馬と走らせてもらいましたが、やはり男馬は強いですからね。今回は秋からどれくらい成長しているかなと思って、ちょっと不安もありますけど楽しみにしています」

    (2戦2勝の東京競馬場については?)
    「西へ何回も行きましたが、今回は近いですからそういう面では随分楽になるのでいいと思います」

    (前走は抜け出してから、直線で内ラチの方につくような走りをしていたが、回りで走りが違う面もある?)
    「幾分内に行っていたのは休み明けの分もあると思ってますし、今回は左回りなのでその分はいいかなと思っています」

    (暮れの朝日杯FSで敗れたアドマイヤマーズも出走するが、相手関係について改めて)
    「先ほども言ったように男馬は強いですからね、頑張ってもらいたいです」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「前走は休み明けで素晴らしい競馬をして勝たせてもらいました。今回は何頭も強い男馬がいますが、体調も良さそうなので頑張ってもらいたいと思います。また応援してください」(取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】ファンタジスト梅田師「どれだけ前半リラックスして走るかが勝負の分かれ目」/NHKマイルC共同会見
     
     ■ファンタジストを管理する梅田智之調教師
    ――前々走のスプリングS(2着)を振り返ってください。
    梅田 体的にも皐月賞を見据えて余裕をもっての仕上げでした。レースの内容は思った以上に良かったので、皐月賞は楽しみに迎えられると思っていました。

    ――前走の皐月賞(13着)はいかがでしょうか?
    梅田 もともと距離はどうかな、と思っていたんですけど、スプリングSの結果とか内容から“なんとか持つかな”と希望を持って向かったんですけれども。結果はやはり距離が長かったかな、と思いますね。

    ――ゲートで後手を踏んだのは影響しましたか?
    梅田 それはまったく(影響なかった)。

    ――この中間の調整過程は?
    梅田 皐月賞へ向けてピークになるように馬をつくっていましたので、そこから今回あいだが2週ということと、いかに状態をキープするかということに重きをおいて調整しました。一回、馬の状態をみながら(皐月賞明けの最初の)1週間は疲れを抜く週に充てましたけれども。乗り出し(再開)も早かったし、中間の追い切りもその時々の状態に合わせて助手と相談しながらやってきました。  1週間前追い切りも助手と相談しながら、間も詰まっているしそんなに緩んでいないから馬の気分を損なわないように。たまたま、前に併せ馬をしている馬がいたのでその後ろで折り合うような調教をしました。時計は平凡ですが、きれいな内容だったな、と思います。

    ――今朝の最終追い切りの指示は?
    梅田 先週、坂路で56秒でやって、日曜日にも少しボケているなということで気合入れました。今朝もいい意味でボケてはいるな、と思うんですけれども、最後だけ伸ばすというこの馬のいつもの調教を行いました。全体の時計は若干思ったより速かったんですが、上がってきたときの息の入りから調子の良さを感じました。

    ――最終的な状態のジャッジは?
    梅田 皐月賞を春の最大の目標として調整していたので、なんとかその状態に近づけるように毎日馬の顔をみながらやってきました。その皐月賞の状態とほぼ変わらないくらいの状態に来ているかな、と思っています。

    ――今年3戦目。馬の成長は?
    梅田 この馬は使うたびに増えてきて、ここで体重的な成長曲線は少し鈍っているんですけれども。体はそれでもまだ成長していくだろうな、と思っています。気性はまだだいぶ幼いところがあるんで、その辺がまだ成長していけばまだやれるな、と思っています。

    ――東京のマイルについては?
    梅田 どれだけ前半リラックスして走るかで終いの伸びにかかってくると思います。そういう意味でこの中間は折り合いなどを助手と話しながら調整してきました。このあたりが勝負の分かれ目になるな、と思っています。

    ――あらゆる流れに対応する器用さは?
    梅田 そうですね。流れについては器用な馬なので、速くなってもついていけるだろうし、遅くなっても後ろで折り合えるな、と思っています。

    ――この馬のセールスポイントは?
    梅田 折り合い、乗りやすさですね。

    ――最後に一言。
    梅田 前回、人気を裏切ったかたちになりましたけれども、次はもう少し自分の得意な舞台になると思うので、前回の借りを返せれば、と思っています。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】アドマイヤマーズ友道師「ジョッキーには朝日杯をイメージして乗ってもらいたい」/NHKマイルC共同会見

     
     ■アドマイヤマーズを管理する友道康夫調教師

    ――皐月賞を振り返ってください。
    友道 この馬の持ち味である持久力勝負に持ち込めませんでした。上位3頭が動いた後に動き出したんで、本当ならもう少し先に動きたかったな、という競馬でした。

    ――位置取りは指示をされたのでしょうか?それともジョッキーの判断?
    友道 ある程度、好位のいい位置につけようということでいったんですけれども。いい位置にはいたんですけれどもね。理想をいえばあと1頭分前にいきたかったかな、と思います。

    ――使われての変わり身は?
    友道 前走の皐月賞では結構いい感じで仕上がりました。僕らがみても100%のデキで臨めたかな、と思っていますので。今回は中2週。皐月賞のデキをここまでキープできればいいな、ということでここまで調教してきました。

    ――状態を維持するために中2週の調整は?
    友道 そんなに強い追い切りはやっていないんですけれども、先週(1週前追い切り)も今日(当週追い切り)も坂路でやりました。先週の動きはいい動きだったと思っています。

    ――今朝の追い切りについては?
    友道 先週ある程度やりまして体も出来ています。今朝は馬場状態もある(注:降雨の影響あり)ので、55から56(秒)くらいで終いは1ハロン気合をつける程度でという感じで乗ってもらいました。見た感じも良かったですし、乗っている助手のコメントも「動きもいい」という話でした。

    ――皐月賞の状態を維持できていると?
    友道 今回もいい状態で出走できると思っています。

    ――今回は距離は再びマイルに戻ります。
    友道 僕自身は距離はマイル以上でも持つと思っているんですけれども、結果的にマイルが一番いい成績を残しています。今回もいい競馬ができると思っています。

    ――東京1800mの共同通信杯を走っています(2着)が、そこから東京マイルへのイメージは?
    友道 もともとゲートの出がいい馬なので、ある程度前につけて。東京と阪神ではコースは違いますが、2歳の朝日杯をイメージしてジョッキーには乗ってもらいたいなと思っています。

    ――デビュー以降、大きな体重の変化はありませんが年を明けてからの成長具合は?
    友道 数字的にはそんなに変わりはないんですけれども、写真でみてもわかると思うんですけれども筋肉ひとつひとつにメリハリがついて、大人の体型になってきたかなという気はしています。

    ――速い流れに対応する器用さは?
    友道 ゲートの出もいいので、ある程度いい位置はとれると思います。あと、道中は折り合いもつきますし、もうずっと乗って貰っているジョッキーなので。一番よく知っていると思っているので、競馬はしやすいと思っています。

    ――改めて、セールスポイントは?いま仰っていた競馬のしやすさでしょうか?
    友道 そうですね。それと最後に並んでからの勝負根性。馬体が合えば今まで1回も負けていませんからね。

    ――東京の直線もそのかたちにもっていきたい?
    友道 そうですね。それが理想ですよね。

    ――重賞ウイナーが数多く出てきてハイレベルの戦いが予想されます。特に意識している馬はいますか?
    友道 みんな強い馬ばかりなので。他の馬というより自分の競馬をいかにできるか、というそこだけをみています。

    ――今回、このレースについてミルコ・デムーロ騎手と何か話していますか?
    友道 いや、まだしていないです。

    ――新しい時代になって初のGIですが、心に期するものはありますか?
    友道 そうですね。(元号が令和にかわってから)初めてのGIなんで、勝ちたいですよね。

    ――最後にひとこと。
    友道 年明け2戦使ったんですけれども、馬自身は一生懸命走っているんですけれども成績がついていけてないです。今回、一番得意としている1600mですのでいい競馬ができると思います。ファンの皆さん、応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ヴィッテルスバッハ池上師「末脚にさらに磨きがかかった状態」/NHKマイルC共同会見


     NHKマイルC(GI・東京芝1600m)に出走するヴィッテルスバッハ(牡3、美浦・池上昌和)が、1日(水)にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、管理する池上昌和調教師の共同記者会見が行われた。

    (今日の最終追い切りはどのような指示を?)
    「前走(ニュージーランドT・GII・3着)後、少し馬に硬さが出ていたので、短期放牧を挟みました。先週の時点で疲れが残っていないことを確認しましたので、今週の追い切りは競馬に向けて最後ちょっとスイッチを押してほしいなと思って、直線だけ少し促すような指示を出しました」

    (ウッドチップコースで前の馬を追走し、最後は抜け出すという内容だったが?)
    「競馬でもそうなのですが、コーナリングが少し苦手なので、直線に向いてから勢いをつけるというところに主眼を置いたのですが、併走馬をキッチリと楽に交わしていくという感じでしたし、反応も良く見えたので状態は良いのかなと思います」

    (追い切りに騎乗した石神騎手のコメントは?)
    「ニュージーランドに出走する前の週にも石神ジョッキーに騎乗してもらったのですけど、その時よりもコーナリングや終いの反応など、すべてに関して状態は前回より良いというコメントを頂きました」

    (GIに向けて自信を持って送り出せる?)
    「そうですね、前走に関しても素晴らしい脚を見せてくれましたし、東京に替わるのはプラス材料だと思っているので、その末脚にさらに磨きがかかった状態を皆さんにお見せすることができると考えています」

    (改めて前走を振り返って)
    「前々走の東京(500万下)で勝つことができたのですが、ゲートの駐立が悪かったものですから、ニュージーランドの前は駐立をしっかりするということで、ゲート練習を行いました。その効果もあって駐立もしっかりできていましたし、スタートの一歩目に関しては出れていたのかなとは思うのですけど、その後の二の脚がつかずということで、結果的に後方になってしまいました。  

    ただスローの前残りの展開の中、しかも中山コースであれだけの脚を使えましたし、東京で勝った時もビックリしましたけど、前走も負けて強しというような内容だと評価しました」

    (この馬の能力を改めて感じた?)
    「そうですね、何とかニュージーランドでNHKマイルCの出走権を得られましたし、東京に向けて好材料が揃ったと当時は思っていました」

    (この馬の長所は?)
    「ニュージーランドしかり、その前の500万下しかり、終いの脚がしっかりしているということがまず最大のセールスポイントだと思います。また普段の調教に関しても競馬場においてもそうなのですが、堂々と歩いていて余計なことをしないというあたりが最後の爆発力に繋がっていると思います。この2点に関しては彼のセールスポイントだと思います」

    (デビュー当初からここまで成長した点、変わってきた点は?)
    「2歳の時点である程度しっかりした馬格だと思っていましたけど、体重増が示す通り、さらに中身が詰まって筋肉の張りが出たというような成長は見ていて感じます」

    (今回はメンバーが揃うGIとなるが、見通しは?)
    「おっしゃる通りさすがにGIですし、特に例年以上にメンバーが揃っているという印象はあるのですけど、ヴィッテルスバッハも成長していますし、ここ2走の末脚を当日繰り出すことができれば、十分に対抗できるだけの力はあるのではないかと思っています」

    (好走のポイントはどのあたりに?)
    「やはりゲートが1つ大きなポイントかとは思います。後ろから行って必ず末脚を使うというのはわかっていますけど、後手を踏んでメリットになるということはあまり考えにくいので、少しでもスムーズに集団についていく、あるいはいつもよりは前めのポジションについていけるということが1つ課題かなと思っています」

    (この中間はゲート練習をしている?)
    「先週の時点で行いました。駐立に関しては前回と同じでしっかりゲートの中で立っていることができています。当日の雰囲気に呑まれるようなタイプの馬でもないので、そこに関しては大丈夫だろうと思っていますけれど、ゲートを出た後に何とか馬が少しヤル気を出して、皆と一緒についていってくれればと思います」

    (開業後、平地GI出走は2回目、デビューから手掛けた馬としては初めてのGI出走となるが、その点に関しては?)
    「こういう舞台に馬を送り出せるのは、やはり調教師としては嬉しいことではあります。ただレースに行けばジョッキーと馬が一生懸命頑張ってくれると思いますので、僕がレースの前に力む必要もないですし、力んだところであとは馬が一生懸命走ってくれると思うので、なるべく平常心でいようと思っています」(取材・文:佐々木祥恵)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    天皇賞(春)予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】メイショウテッコン高橋義忠師「心臓はかなり強い。長距離でも力を十二分に発揮できる」/天皇賞(春)共同会見
     ■メイショウテッコンを管理する高橋義忠調教師

    ――前走の日経賞を振り返ってください。
    高橋 落ち着いて競馬ができましたし、かかることなくリズムよく運べました。中盤からエタリオウがいいかたちで併さってくれたので、集中して最後まで走れたというのもテッコンにとってはいいかたちでした。

    ――この馬の持ち味が生きたレースだったのでしょうか?
    高橋 そうですね。いちばんいいかたちでのレースができたと思います。

    ――この中間の調整過程は?
    高橋 レース後は多少の疲れが見られました。在厩のまま、まずは疲れをとるところから始めました。厩舎の助手らがいいかたちで調整してくれたので2週間くらい前からこの大一番に向かって調整できる体勢は整ってきています。

    ――ここ2週、福永騎手が騎乗して追い切られていますね。その狙いと効果は?
    高橋 先週は福永ジョッキーにとってファーストコンタクトでした。馬場でしっかり負荷をかけたいというこちらの思いもありましたので、そのあたりをしっかりお伝えし、馬場のほうでしっかり馬と向き合っていただいて追い切りました。  

    ジョッキーは下で見ているとのと、実際に跨ってみるのとでは感覚的に違ったという話をしていました。それは極めていいかんじのコメントで、思っていたよりもいい馬だった、ということだったのでこちらも本当に安心しました。  

    今週の最終追い切りですが、ジョッキーは先週角馬場から(長い時間)跨ってくれまして大体馬のイメージを持ってくれていますし変に気負うのもどうかな、というのがありましたので、昨日(水曜)までの段階ではジョッキーは乗らない方向で考えていました。しかし、ジョッキーと話し合った結果、『もう一度、乗っておきたい』ということでしたしジョッキーの予定も空いているということだったので先週に続いて跨ってもらうことになりました。  

    先週は馬場、今週は坂路ということで、どちらも跨ってもらいましたが、『坂路のほうが馬場よりシャープな動きをする』という話をしていました。今日も本当にいいイメージで上がってきましたので、今日もジョッキ―に乗っていただいて本当によかったと思っています。

    ――京都の3200という舞台は?
    高橋 わたしのイメージとしてはまだ4歳馬ですのでこれからだと思うのですが、ようやく本当に精神と体が釣り合ってきて安定的に力を出せるようになってきました。本当に馬が無事であれば、これから鍛えて一流のステイヤーにしていきたいという想いはあります。しかし、まだその入り口というか、うまく調整していける入り口に到達したところなので、その段階で今回大一番を迎えるのは陣営としては弱いところではあります。しかし、現状としては馬の心身は極めていい状態でレースに向かえると思っています。

    ――現状でのストロングポイントは?
    高橋 去年の秋には言えなかったことですが、精神的な安定もだいぶはかれるようになりました。その辺はジョッキーに苦労をかけることが少なくなってきたのではないか、と思います。  あと、心臓はかなり強いものを持っています。調教中は心拍数の計測も常に行っているのですが、かなり心臓は強いイメージですね。そういう意味では長距離でも力を十二分に発揮できる能力は持っていると思います。

    ――天皇賞というレースへの想いは?
    高橋 いちばん勝ちたいレースは何か?と聞かれたら、迷わず天皇賞と言いたいくらい。やはり伝統あるレースですし、わたしの父(高橋成忠元調教師)もメイショウサムソンで勝ったレース(注:2007年に春秋制覇)でもあります。想いとしてはかなり強いものがあります。こういうかたちで大変お世話になっているメイショウのオーナーの馬でこのような舞台に立たせて貰うというのはちょっと違った想いもあります。恩返しをする想いも含めて馬に頑張って貰いたいな、と思います。

    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
    高橋 本当に強い馬たちが揃っていますけれども、その中でも遜色のない能力を持っている馬だと思います。こちらとしては、まだこれからだと思います。ここが最後でもないです。本当にこれからもっともっと強くなっていくために、きっかけというか、強いところを見せられたら、これからもっともっと皆さんの中にこの馬が入っていくと思います。そして、そういうものを見せてもらえたらなぁ、と思っています。 (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】エタリオウ鞍上M.デムーロ「本当に難しい馬」/天皇賞(春)共同会見
     
     ■エタリオウに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走の日経賞2着を振り返ってください。
    ミルコ 残念でしたね。負けました。メイショウ(テッコン)が自分のペースで決めてよーいドンのペースになった。(それは)あまりエタリオウは得意ではないね。向こう正面から上がっていったけど、やっぱり久しぶりの分、最後の坂で苦しくなった。(それでも)2着に来ていました。ステップレースだからいい感じだと思います。

    ――前々走の菊花賞での2着はいかがですか?
    ミルコ それはもう、考えてたら痛いですね。ハナ差で負けました。痛いです。

    ――レースとしてはいかがでしたか?
    ミルコ まぁ、良かったですね。ペースが遅かった。ちょっとワンペースの馬だから少し…うん、いろいろ考えていたけど、残念。ハナ差負け。運がなかったですね。

    ――今朝の最終追い切りには騎乗されていませんが、先週の1週前追い切りには騎乗されていましたね。
    ミルコ 1週間前だから先生からは「しっかりやって欲しい」という指示でした。馬が良かったです。しっかりやりました。(当日の濃霧の影響で)霧が多すぎてあまり(まわりが)見えなかったけれど、結構追いました。

    ――状態はいかがでしたか?
    ミルコ いい感じ。1回(日経賞を)使ってだいぶ良くなった感じですね。

    ――今週の追い切りはご覧になっていらっしゃいましたが、いかがでしたか?
    ミルコ 今日は単走で馬なりで行ってましたね。うん、いいと思う。55(秒)くらい(注:55秒4)で馬場は少し重くて、大丈夫だと思う。調子良さそうですね。

    ――この馬のストロングポイントは?
    ミルコ ストロングポイントは…性格が悪い(笑)。いつも勝てないね。ちょっと1回勝ちたいね。

    ――性格が悪いのもストロングポイント?
    ミルコ スタミナがありますね。さっき(のは)冗談だったけど、スタミナがある。能力は高いですね。

    ――これまで3回連続2着。勝つために必要なことは?
    ミルコ 最後…えーと…、難しいね。ペース次第。このあいだ(注:日経賞)もスタートから出していったのに引っかかって噛んでました。難しい馬、本当に。先頭に立てばフワッとする可能性がある。ポイントはスムーズにいけたら、(後続馬に)つかまるまで最後まで(脚が)あったらいいですね。

    ――3200mで勝つためには?
    ミルコ とりあえずスタミナが必要ですね。あと京都コースは下りがすごい。合う馬と合わない馬がいる。エタリオウは何回も京都で(いい成績で)走ったことがあるから大丈夫です。天皇賞(春)の距離は(菊花賞と)近い、似ている。だから問題ないね。もう馬がよくわかっているから問題ないと思います。やっぱりポイントはスムーズ。あとは、すんなり早く先頭に立ちたくないですね。それだけ今回気をつけます。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    ミルコ 平成最後の天皇賞、勝ちたいですね、ホントに。頑張ります。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ユーキャンスマイル岩田康誠騎手「全体的に長距離向き」/天皇賞(春)共同会見
     ■ユーキャンスマイルに騎乗予定の岩田康誠騎手
    ――初騎乗で優勝したダイヤモンドSを振り返ってください。
    岩田 強い内容で勝たせてもらったな、と思います。

    ――直線一気という勝ち方でしたね。
    岩田 想像以上にいい脚を使ってくれましたし、内で我慢して直線は(馬群を)割っていってというレースだったんですけど。本当に乗りやすい馬ですね。

    ――その乗りやすさはどこで感じましたか?
    岩田 折り合いだったり馬群であったり。全体的に長距離向きだと感じましたね。

    ――春の天皇賞が見えた部分はありましたか?
    岩田 (ダイヤモンドSは斤量が)54(キロ)だったんですけど、それもあっていい脚を使ったんじゃないかな、というのありますけれども。先週、追い切りに乗ったときに前走以上の馬体をしていると感じられましたので、心配はしていないです。

    ――先週のCWの追い切りの指示は?
    岩田 1週前なので負担をかけるかたちで乗ってくれ、と言われました。立派な体をしていましたし、スムーズに追い切りが出来たと思います。

    ――仕上がりはある程度の段階まで来ていると感じましたか?
    岩田 そうですね。前回以上に馬体は仕上がっていると思います。

    ――岩田騎手は昨年の天皇賞(春)を制していますが、今年はこの馬と一緒にどのようなレースをしていきたいと考えていますか?
    岩田 本当にこの馬の能力を引き出せたらいい結果が出てくると思いますので、勝利に向けて頑張っていきたいと思います。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    岩田 このチャンスを生かしてユーキャンスマイルと一緒に頑張って、3200、目一杯走りますので応援よろしくお願いします。 (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】フィエールマン鞍上ルメール「平成最後の天皇賞を是非勝ちたい」/天皇賞(春)共同会見


     昨年の菊花賞馬フィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久)が、天皇賞(春)で2つ目のGI制覇を目指して、クリストフ・ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切りを終えて、ルメール騎手と手塚調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (今朝のフィエールマンの印象は?)
    「良さそうです。すごく良い追い切りをしました。ずっと加速をして、最後はすごく良い脚で頑張ってくれました。彼のコンディションは丁度良いと思います。とても走りたい感じです」

    (前走のAJCC・GII・2着のレースに乗った時と違うところは?)
    「パワーアップしたと思います。前回はすごくいい競馬ができました、精一杯走っていたけど、負けました。激しい戦いでした。休み明けで負けました。シャケトラはすごく良い馬ですけど、残念ながら今回はもういないです。AJCCはすごく良い競馬でした」

    (前走から間隔があくがそのあたり心配はない?)
    「心配ないです。長い距離で勝った菊花賞では、ゴールまで頑張ってくれました、全然止まらなかったです。だから4歳でまた3200m、行けると思います」

    (3200mでこうなったらいいなという理想のレース展開は?)
    「まだありませんが、いつもペースが大事ですね。もしスローペースだったら良いポジションを取った方がいいと思います。3200mはとても長い距離ですね。だから最初はリラックスが必要です。段々ポジションを上げればいいと思います」

    (馬場状態は?)
    「良馬場か軟らかい馬場でもいいと思います。フィエールマンの母はヨーロッパの馬でした。だから軟らかい馬場で良い脚を使えると思います」

    (ジョッキーにとっては連続GI制覇がかかるが?)
    「またGIを勝ちたいですね。ドバイ、桜花賞、皐月賞とGIを3週連続で勝ちました。平成最後の天皇賞を是非勝ちたいです」

    (ルメール騎手も平成最後というのは考えますか?)
    「はい、考えます。日本で天皇賞はとても特別なレースですね。今年は平成最後の天皇賞だから、ジョッキーはみんな勝ちたいと思います」

    (ルメール騎手にとっては1000勝というのも近づいているが?)
    「はい、ちょっと時間かかりましたね。先週と先々週はあまり(勝ち星が)少なかったけど、また自信を持って乗りたいです。ゆっくり1000勝にいくと思います」

    (天皇賞と1000勝が一緒にということもある?)
    「面白いです。楽しいですね。でも1番大事なのは、大きなレースですね。レースごとに良い競馬をしたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「菊花賞でフィエールマンは強かったです。今年もGIを勝てると思います。この天皇賞はフィエールマンの春の1番の目標ですね。みなさん応援してください。よろしくお願いします」

    ■手塚調教師
    (今朝の追い切りの印象は?)
    「先週あらかたいいかと思っていましたし、今週は輸送もあるのでそれほど目一杯やらなくてもいいと考えていましたが、思っていた以上に時計が出ました。それだけ状態が良いのだと思います」

    (ルメール騎手とはどんな会話を?)
    「彼はパワフルだったと言っていましたし、菊花賞の時と同じくらいかなという話もしました。その辺の意見は一致していましたし、すごく楽しみにしているような雰囲気でした」

    (前走から間があいているが、調整過程は?)
    「レースが終わった後はいつも通りノーザンファーム天栄に放牧に出して、1か月前に美浦に戻しました。今回は天栄に行ってからも疲労がなくずっと順調に調整ができていました。  美浦に入厩する前に追い切りを1度見に行ったのですけど、その時の動きも素晴らしかったですし、美浦に帰ってからも至極順調に来ていますので、前走の過程よりは数段良いと思っています」

    (前走は軽い熱発という一頓挫があったのも影響した?)
    「それはミスですし、馬には非常に申し訳なかったと思っています」

    (菊花賞に続くビッグタイトルを取れるか、力が入るところだと思うが?)
    「そうですね。菊花賞の時はダークホースといいますか、チャレンジする立場でわりと気楽な雰囲気でレースに臨めたのですが、今回は1つ勲章を持って天皇賞に向かうということで、人気にもなるでしょうし、そういった重圧を跳ねのけてほしいと思っています」

    (今週末のレース次第では、秋にはロンシャンへというビジョンもあるようだが?)
    「お母さんもフランスで走った馬ですし、そういったところも踏まえてオーナーも考えていらっしゃるのかなとは思います。適性としては十分備えているのではないかなと思っていますし、今回の天皇賞でしっかり結果を出して秋に希望が持てるようなレースになればいいですね」

    (展開や馬場については?)
    「実際菊花賞で長距離を経験をしています。距離が未知数だったことは(菊花賞で)払しょくされましたので、3200mだから不安ということはないです。折り合いはつきやすい方なので、どんな展開でも向くとは思いますけど、できれば良馬場の方がいいとは思っています」

    (厩舎開業20年で、この春一気に勝ち星も伸ばしていきたいところ?)
    「そうですね。今年は調子が悪いので皆さんに申し訳ないと思っていますけど、厩舎もアクセルをふかせて頑張っていきたいと思います」
    (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】グローリーヴェイズ戸崎騎手「平成の最後を飾れたらと思っています」/天皇賞(春)共同会見
     
    日経新春杯(GII・1着)から天皇賞(春)に向かうグローリーヴェイズ(牡4、美浦・尾関知人)が、初コンビを組む戸崎圭太騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切りを終えて、戸崎騎手と尾関調教師が共同記者会見が臨んだ。

    ■戸崎圭太騎手
    (今日初めて跨ってみての第一印象は?)
    「本当に賢い馬でやることもわかっているという感じで、とても乗りやすかったです」

    (元々持っていた印象と違ったところは?)
    「レース映像を見ましたが、レースでも乗りやすそうだなという感じはしていました。(今日は)それ以上に乗りやすさを感じて、何の問題もないと思いました」

    (3頭併せの真ん中での追い切りだったが?)
    「先週しっかりやっているということで、今週は僕がコンタクトを取れればいいかなと、馬の反応を見る程度でした。状態の良さも感じましたし、良いコンタクトが取れました」

    (この4歳世代はレベル高いと言われているが、この馬もそれに違わぬ馬?)
    「そうですね。気が入ってからはすごい躍動感があって、良い脚を見せてくれるのではないかなという走りでした」

    (長丁場となるが、どのような競馬が理想?)
    「何となくイメージはありますけど。皆同じだと思いますが、距離が長いのであまり外を回りたくないので、枠順は内を取れたらいいなと思います。あとは本当に良い脚を持っていそうなので、その辺を生かしたいです。乗りやすいので、どこからでもいいのかなというのもありますね」

    (急遽この馬の騎乗依頼が来て、意気込みのほどは?)
    「元々シャケトラという馬で臨む予定だったのですけど、ああいう形になって本当に残念な思いなのですが、またこのように乗れるということですごくありがたく思います。また天皇賞ということで、平成の最後を飾れたらとは思っていますね」

    ■尾関調教師
    (戸崎騎手がすごく乗りやすい馬と話をしていたが?)
    「そうですね、大きいセールスポイントだと思います」

    (今日の調教のテーマは?)
    「先週しっかり負荷をかけて中身ができているところまで持ってきていますので、レースに向けて無駄な疲れが残らないようなイメージと、その中で気持ちを少し競馬に向けて上げていければなという感じだったのですが、イメージ通りの追い切りになったと思います」

    (3頭併せの真ん中での追い切りだったが?)
    「当該週に使う馬の組み合わせなどもあるのですけど、時計で負荷をかけるよりも、そういう内容面で気持ちを競馬に向けていくというイメージでした。時計的にも速くなり過ぎず、遅くなり過ぎず、反応もしっかりしていて良かったと思います」

    (放牧から戻ってきてからの調整過程は?)
    「前走の日経新春杯の後、それなりに疲れが出た部分がありました。牧場にも見に行って確認もしていましたし、うまく牧場でもケアをしてもらったので、そのあたりを引き継いでそこを気をつけながら、馬の状態を慎重に確認しながら進めていったのですけど、本当に順調にここまで来れたと思います」

    (菊花賞5着、日経新春杯は優勝して、今度は天皇賞という長距離の最高峰に改めて挑むその心境は?)
    「この馬が純然たるステイヤーかというとそうとも言い切れない部分はあると思いますが、昔で言うとクシロキング(1986年、天皇賞・春優勝)のようなイメージの操縦性の高さで、名ジョッキーを鞍上に攻めた競馬ができたらいいのかなと思っています」

    (戸崎騎手とレースに向けての打ち合わせをする予定は?)
    「馬の感触や操縦性は掴んでもらったと思うので、直前に馬場状態などをいろいろ見ながら、相談したいなと思っています」

    (かなり混戦ムードだが?)
    「菊花賞上位(フィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイル)の馬はみな出てきますが、その後この馬も成長してしっかりタイトルを掴んでくれました。良い勝ち方ではあったのですけど、その時の斤量が55キロだったのが、今度は58キロといろいろ課題はあると思うので、チャレンジャーのつもりでいます」

    (尾関厩舎のこれまでのGI勝利はレッドファルクスでの1200m戦だったが?)
    「そうですね。この子も母の父にスウェプトオーヴァーボードが入っているので、縁があるなと思います。大久保(洋吉)先生のところで調教助手をしていた時からお世話になっていたメジロ牧場の、天皇賞を目指すために積み上げてきたような血統がこの馬に繋がってくるので、そういう部分でも楽しみです」

    (そのような血統のロマンを感じさせるレースができれば?)
    「そういう部分で皆さんに応援して頂いて、後押しして頂けたらいいなと思います」

    (平成最後の天皇賞になるが?)
    「そうですね、平成の天皇賞といえばメジロマックイーン(1991年、92年、天皇賞・春連覇)が思い浮かびます。(メジロでもこの馬とマックイーンは)血統的には繋がりはないですけど、メジロ牧場の血統がこの馬に結集した部分もありますし、自分も競馬ファンでしたからそういうロマンもありますので、是非応援して頂きたいです。まだ成長しているので、令和の時代も頑張ってくれると思います」

    (尾関先生のインタビューが平成最後の美浦の共同記者会見となりました)
    「光栄です(笑)」 (取材・文:佐々木祥恵)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    皐月賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】サートゥルナーリア陣営「母、兄以上に走ってくれるのでは、という夢と期待がある」/皐月賞共同会見
     
    ■サートゥルナーリアを管理する
    角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手

    ――改めてデビューからこれまでを振り返ってください。
    辻野 お兄さんたちも角居厩舎で活躍してくれた馬だったのでもともと期待値は高かったんですけども、そのとおりの結果を出してくれているなと思います。

    ――中106日での戦いとなった経緯は?
    辻野 ホープフルSで中山の2000mというコースと輸送を経験しましたので、前哨戦を使う必要はないだろうということでオーナーサイドと協議して決まりました。

    ――この中間の様子は?
    辻野 レースの1か月前にこちらのほうに帰ってきまして追い切りも順調に進められています。先週の時点で息遣いなどもだいぶ出来ていているなぁという感触は得られていましたので、もう順調に調教を積んでこれていると思っています。

    ――最終追い切りはCWでシャケトラ、レッドウィズダムとの併せ馬でした。
    辻野 先週はルメールさんに初めて乗ってもらったんですけども、2頭併せの後ろからというあまり刺激のないポジションでの追い切りでした。 

    ルメールさんは『イージーコントロールでパワーを感じる』ということだったんですけども、少し競馬で噛むところがある馬なのでそういったところも今日は感じてもらおうかと思いまして、少し後ろからの刺激の強い追い切りを行いまして、そのあたりをジョッキーに確かめてもらいました。

    ――実際の感触は?
    辻野 「我慢できる?」と(ルメール騎手に)聞いたときには『走りたいだけだ』『一気に加速してしまうわけではなくてジワッと加速していくような感じなので大丈夫。我慢できる』というコメントをいただきました。

    ――ホープフルSとの状態の比較は?
    辻野 ホープフルSのときよりは調教の内容も濃いかな、と思いますし、1週前の段階でしっかり体がはまってきているな、という感触もありました。馬の状態がしっかり出来てきているんじゃないかな、と思っています。

    ――前走はプラス12キロでした。成長分でしょうか?
    辻野 はい、成長分と、やはり幾らか緩さがあったのかなという気はしているので。今回のほうがシルエットを見ましてもシャープな体つきに見えますし、中身のほうも前走よりもしっかりしているのではないかと思っています。

    ――馬体重はマイナス体重でしょうか?
    辻野 そうですね、少し減るのではないかと思っています。

    ――今回の舞台設定については?
    辻野 コース形態については前走でクリアしてくれているんですけれども、今回は前走よりもさらに頭数が増えるのでこの馬の力を出し切れるような競馬になってくれればと思っています。

    ――この馬の力はここまで3戦で出し切っていますか?
    辻野 正直、まだ3戦とも全力で走っていないと思っています。―

    ―何パーセントくらいで走っていますか?
    辻野 うーん、馬に聞いてみないとわからないところではありますが、8割くらいなのかな、という感触もありますし、もしかしたら8割も出していないかもしれないですし。ほんと底知れないポテンシャルは感じていますね。

    ――どんな能力が高い馬なのでしょうか?
    辻野 やはりフィジカル面の強さというのが3歳のこの時期にはなかなかないものを持っています。メンタル面も冷静に走って、かつ人の指示にも素直に従ってくれるという本当に長所がすごく多い馬だと思いますので。ここまでの成績に表れているのではないかと思っています。

    ――上は気性面での課題もありましたが、この馬は?
    辻野 この馬の初入厩以前から、お兄さんたちの危うさというのは我々厩舎一同は知っていましたので。本当に慎重にデビュー戦からここまで接してきているんですけれども。お兄さんたちとは違ってすごく冷静に調教でも競馬でも走ってくれるので、今までの兄弟の中では調整はしやすいな、と感じています。

    ――厩舎の皆さんがこの馬に込める想いは?
    辻野 お母さん(シーザリオ)もお兄さん(エピファネイア、リオンディーズ)も厩舎でGIを獲ってくれた馬なのでこの馬も、と思ってはいたんですけれども、本当にここまでお母さん以上、お兄さんたち以上の活躍をしてくれるんじゃないかという期待と夢を抱かせてくれる馬なので、その期待に応えてこれからも頑張って走ってくれたらいいな、と思っています。

    ――クリストフ・ルメール騎手は「皐月賞、ダービーいけます」とかなり強気ですが?
    辻野 ライバルも強力ですし1頭で競馬をするわけではないので、本当にこの馬の力を出せる競馬が見たいな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    辻野 ファンの皆様も期待されていると思うんですけれども、厩舎一同、期待と夢を持ってこの馬の走りを見守りたいと思っています。応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ニシノデイジー勝浦騎手「良い信頼関係を築けたと思います」/皐月賞共同会見
     
     札幌2歳S(GIII)、東スポ杯2歳S(GIII)と2歳重賞2勝のニシノデイジー(牡3、美浦・高木登)が、ここ2戦(ホープフルS・GI・3着、弥生賞・GII・4着)の敗戦から巻き返しを図る。本番に向けてウッドチップコースでの最終追い切りを終えて、勝浦正樹騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■勝浦騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「順調に今まで来ていますし、今日もスムーズな動きで満足しています。馬の雰囲気も良いですね」

    (前走を振り返って)
    「残念な結果でしたね。乗っていても特殊な馬場で、悪いを通り越してなかなかない馬場になっていたので、度外視したいです」

    (デビュー時の印象は?)
    「良い馬という感じはありましたが、ここまでというのは最初は見抜けなかったです」

    (成長した点は?)
    「馬体がたくましくなったと思います。まだ幼いところはあるのですが、精神面もだいぶ成長しています。普段乗っていてもヤンチャはしなくなったなという感じで、言うことを聞いてくれる可愛い馬です」

    (肉体面では?)
    「全体的に力強くはなっていると思うのですが、まだ物足りないといいますか、これから良くなっていくであろうという部分はあると思います。ただ全体的に成長していってくれていると思います」

    (中間は追い切り以外にも勝浦騎手自身が騎乗していたが?)
    「いろいろな考えがあるとは思うのですが、自分としてはジョッキーが毎日乗るのもどうかなという気持ちもありました。ただ今回は周りから毎日乗った方がいいのではないかと言われて、乗せて頂きました。毎日乗る前よりは、今の方が馬と良い信頼関係を築けたと思います」

    (中山2000mのイメージは?)
    「走る前は最高の舞台だと思っていましたが、結果が出ていないので…。でもその考えは変わっていませんし、舞台的にはデイジーに合っていると思います」

    (この馬の武器は?)
    「それほど強調して言えるものはないのですけど、結果が出ているのが1番の武器というか良いところだと思います」

    (本番に向けてのイメージは作っている?)
    「まだ特にないですね。リズム良く行ければいいなとは思います」

    (ゲートを出てからレースを考えられるような自在性のある馬?)
    「自在性はあるとは思うのですが、いろいろなことができるタイプではないと思いますので、

    (ゲートを)
    出てからリズム良く運べれば、それが1番良い結果に繋がるのではないかなとは思っています」

    (デビュー時からコンビを組んでいる馬とクラシックに向かう心境は?)
    「もちろんニシノデイジーにもそうですが、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯ですね。それに本当に応えたいという気持ちです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「まだまだ先はありますが、ここを目標にやってきましたし、ここで1番良い結果を出せるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

    ■高木調教師
    (追い切りについて)
    「騎手とのコンタクトと、あまり遅くならないようにリズム良く走らせてくれという感じでした。リズム良く行けたと思います。ここまで順調に来ていますし、大丈夫だと思います」

    (前走の弥生賞を振り返って)
    「1番人気に支持して頂きましたし、雨で(馬場が)渋ったのが逆に良いのかなと思ったのですが、結果的に脚元を気にして走っていてその点がダメだったのかなと思います」

    (弥生賞前に、精神面や折り合いがポイントという話があったが、そのあたりは?)
    「下を気にしてハミを取らず、その分脚も溜まらずという競馬になってしまって、そのあたりはちょっと判断が難しいレースになってしまいましたね」

    (トライアルを踏まえてこの中間はどういった調整を?)
    「最近ずっと勝浦君が自ら乗って、馬とのコンタクトを大事に取って、息の合った調教をしてもらっています。勝浦君も日々ずっと乗っていますので、(馬の精神面も)安心して乗れるのではないでしょうか」

    (馬体の成長は?)
    「(以前は)結構行かないと時計は出なかったのですが、今は楽に時計が出るようになりましたし、その分パワーアップしていると思っています」

    (本番に向けてだいぶ良い状態に?)
    「そうですね、はい」(クラシックに管理馬を送り出す心境は?)「気を引き締めて頑張ろうと思います」

    (あと当日天気が味方してくれれば?)
    「そうですね、ちょっと雨マークが見えるので、その辺は気になっています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「馬も非常に良い状態に仕上がってきていますし、頑張りたいと思っていますので、応援よろしくお願い致します」(取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「幸せを噛みしめながら結果を出したい」/皐月賞共同会見
     
     デビューから前走の共同通信杯(GIII)まで無傷の3連勝で皐月賞に臨むダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清)が、本番に向けてポリトラックコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、戸崎圭太騎手と萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■戸崎騎手(今朝の追い切りの感触は?)
    「すごく馬は落ち着いています。2週前くらいから毎週跨らせて頂いているのですけど、レースに向けてスイッチが入ってきたなあという感じを受けました」

    (今日の動きのジャッジは?)
    「単走でした。リラックスをさせてノビノビ走らせるということでしたが、そういう感じで走れていましたし、良い感触や順調さを感じました」

    (今日の追い切り後にゲートの確認を?)
    「問題になることではないのですが、2週前に行った時に(ゲートで)ちょっと動いていたところがありました。(その後)ずっとスタッフがやってくれていたので、すごく落ち着いていて良い感じでした」

    (初重賞の前走を振り返って)
    「距離の不安が少しありましたが、それを覆す強い勝ち方でした。距離も心配ないというのを掴みましたし、2歳王者もいた中でああいう勝ち方ができて、本当に強い馬だと感じました」

    (前走は2走前のひいらぎ賞・500万下と比べるとゆるい流れになったが、そのあたりの対応力は?)「問題なかったですね。ペースが遅い中でもしっかりと我慢もきいて、その分本当に弾けたという感じでした」

    (デビューから3戦すべてコンビを組んでいるが、最初に乗った時の印象は?)
    「兄弟はダートで走っていますので、芝でデビューはどんな感じなのかなと思いましたが、背中はすごく良いものを感じていました。それからどんどん良くなってきて、このような馬になりました」

    (特に良くなったと感じるのはどのあたり?)
    「いろいろな感触がありますが、馬がしっかりしてきたというところですかね。幅が出てきたりとか、そのあたりで跨った瞬間に感じるものがあるという感じですかね」

    (兄弟にダートの短距離で走る馬が多い血統だが、芝の中距離で走るこの馬には父のディープインパクトの影響がある?)
    「ディープインパクトに跨ったことないのでわからないのですけど、すごいバネをこの馬には感じるものはありますね」

    (今回はコーナーが4つの2000mと初めての条件だが?)
    「前走の感触からそういう問題も消えたというか、こなしてくれるだろうというのは感じています。心配はないと思いますね」

    (枠順は真ん中より内の方がいい?)
    「そうですね、その方が組み立てやすいですかね。(真ん中から内は)みんな望むところだと思います」

    (もまれたりすることに不安はない?)
    「そうですね、前走も囲まれてはいましたからね。その中でもひるまず問題なく走ってくれていたので、大丈夫だと思います」

    (デビューからずっとコンビを組んでいる馬でクラシックに臨む心境は?)
    「幸せな気持ちですね。デビューから乗せて頂いて、ずっとコンビを組んで、負けていませんしね。有力馬ということで、その幸せを噛みしめながら結果を出したい気持ちでいっぱいですね」

    (どういったレースをしたい?)
    「この馬の力を存分に出せるようなレースですね。リズム良く、最後は弾ける感じで、気持ち良く走らせたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「3戦3勝という馬でまた(皐月賞に)臨めますし、もう1頭負けなしの馬がいて盛り上がることと思いますので、是非楽しんで頂きたいです。僕自身は連覇を目指しています。ダノンキングリー、応援よろしくお願いします」

    ■萩原調教師(今朝の追い切りについて)
    「単走でと考えていましたし、ジョッキーと話をして、体を使わせて、精神状態とコントロールが利く利かないを見てもらおうと思いました」

    (戸崎騎手がノビノビと走っていたと言っていたが?)
    「同様の感触です」

    (前走を振り返って)
    「コントロールが利いていましたし、脚も使っていましたので良い内容でした。レース後もそれほど大きなダメージもなく、中間も順調に来ています」

    (デビュー当時の印象は?)
    「良い馬だとは思っていましたが、競馬を使ってみないとわからない部分が多かったですし、能力をはかれないと思っていました」

    (レースを使っていく中での成長は?)
    「期待通りの成長を見せていると思います。馬体重は今後もそれほど変わることはないと思いますが、体幹がしっかりしてきましたし、精神的にも今回は落ち着いています」

    (距離が2000mに延びるが?)
    「1800mの前走の競馬を見る限り、距離が延びることに関して不安のあるレースではなかったと思っています」

    (1番のセールスポイントは?)
    「やはりスピードですね」

    (クラシックに管理馬を送り出す心境は?)
    「非常にありがたいと思っています」

    (理想の枠順は?)
    「枠順はこちらで選択できるものではないですし、与えられた枠で競馬をするしかないので特に気にしません」

    (馬場コンディションについては?)
    「それもこちらでコントロールできるものではないので、その条件で競馬をさせて頂きます」

    (最後にファンにメッセージを)
    「一連の状態をキープして皐月賞に向かえると思います。皆さんの期待に沿うような走りを見せることができればいいと思っています。頑張るのでよろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】川田騎手「立ち向かうのは簡単ではないが、精一杯ヴェロックスの競馬を」/皐月賞共同会見

     ■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――過去騎乗された2戦の印象は?
    川田 それまでのレースはずっと見ていました。どういうことが出来てどういうことが出来ないのかな、というイメージは大体ついていました。二戦ともいいかたちで勝ってくれましたし、一戦ごとに勉強しながらここまで来れたのではないかと思います。

    ――一戦ごとに成長が感じられる点は?
    川田 一番はレースの中身ですね。レースの組立において(以前に)負けている中でもいろいろ学べたはずですし、それがこの二回で生きているのでは、と思います。

    ――中山芝2000mについては?
    川田 ある程度いろんな競馬に対応できるタイプだと思っているので、この中山芝2000mというコース形態については特に問題ないと思ってます。

    ――芝コースでの最終追い切りに騎乗されましたが、感触は?
    川田 指示は馬の状態を確かめながら、終いは僕の感覚でやるもやらないもちょうどいい感じで決めて欲しいということでした。 

    すごくいい流れで走っていたと思いますし、4コーナー手前くらいからさらにリズムは良くなりました。それからはいい雰囲気で、いい内容で走れていたと思います。いい最終追い切りだったと思います。

    ――前走からの上積みは?
    川田 前回は正直、そんなにいい状態ではなかったので、それを思えば良くなってきています。期待どおりですし、無事にここまで来れて良かったな、と思います。

    ――芝での追い切りになったのは馬場状態を考慮してのことでしょうか?
    川田 そうです。

    ――今回、怪物級と言われるようなライバルも1頭いるというムードですが、川田騎手はそのあたりは感じられていますか?
    川田 ライバルというのも失礼かなと思いますけどね。1頭、抜けていると思いますから。あれだけ素晴らしい馬がいるので、そこにチャレンジしにいく立場ですから、なんとかいい競馬が出来ればいいな、とは思いますが。

    ――最後に抱負を。
    川田 無事に皐月賞の舞台までたどり着きましたし、先ほども言いましたけど素晴らしい馬が1頭いるので、そこに立ち向かっていくのは簡単なことではないですけど、なんとか精一杯ヴェロックスの競馬をして…頑張ってくれると思うので当日を無事に迎えたいなと思います。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】アドマイヤマーズ鞍上M.デムーロ「GIだから皆がライバル。楽しみにしています」/皐月賞共同会見
     
    ■アドマイヤマーズに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走は共同通信杯2着でした。
    デムーロ 残念でしたね。初めて負けました。コースも距離も初めてでしたね。朝日杯FSからあまり時間もなく、馬が少しフレッシュでしたね。(その中間は)休みに(放牧へ)出たんですけど、そんな時間がなかった。馬が少しイレ込んでいました。 スタートから思っていたとおり、ペースはすごく遅かったです。先頭に行っていましたけれど、そこから結構噛んでました。折り合いが難しかったです。馬自体はワンペースで自分のペースでは行ってましたけれど、後ろの馬はすごく瞬発力がありました。勝った馬(ダノンキングリー)は強かったですね。上がり(3F)も一番速かった。

    ――馬体重がプラス8キロでしたが?
    デムーロ それは全然問題ない。馬がどんどんどんどん成長しています。今回もプラス(体重)になりますね。すごくいい状態で成長しています。

    ――具体的にはどんなところが成長していますか?
    デムーロ 大きくなっていますね。筋肉が増えているし、背が高くなった。

    ――一度使って変わってきそうですか?
    デムーロ そうですね。

    ――この中間、3月28日に調教に騎乗されています。そのときの感触は?
    デムーロ いいですね。競馬のあと、1か月経ってだいぶ良くなった。

    ――今朝の追い切りは坂路で行われましたね?
    デムーロ 馬なりでやったと聞いています。大丈夫です。厩舎のかたがこの馬のことをよくわかっているので問題ないです。

    ――今回、さらに1ハロン延びて中山という舞台ですが?
    デムーロ 今回も初めてのコースで、コーナーが4つありますね。距離は問題ないと思います。1ハロン増えても問題ないと思います。2000mまでは問題ないと思っています。

    ――枠順の希望は?
    デムーロ 真ん中くらいがいいですね。

    ――今回は一番強さを知っているサートゥルナーリアがライバルにいます。印象は?
    デムーロ GIだからみんながライバル。だけど、(サートゥルナーリアは)何回か乗りましたがすごくいい馬ですね。サートゥルナーリアだけでなくいっぱいいい馬が出てきます。楽しみにしています。

    ――皐月賞は4勝しています。改めて印象は?
    デムーロ もう1回、5回目を勝ちたいです(笑)。

    ――トリッキーなコースと言われていますが?
    デムーロ 難しいコースですね。中山コースは難しい。まぁ、今までいい馬に乗っていますが、何回も失敗した。

    ――改めて意気込みを。
    デムーロ 勝ちたいです。頑張ります。(取材・文:花岡貴子)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ