競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:1番人気敗北

    阪神大賞典予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【阪神大賞典展望】武豊騎手と初コンビの菊花賞2着馬クリンチャーが中心

     ◆第66回阪神大賞典・G2(3月18日・芝3000メートル、阪神競馬場)

     
     第66回阪神大賞典・G2が3月18日、阪神競馬場の芝3000メートルで行われる。

     
     極悪馬場の菊花賞を2着した後、続く京都記念で重賞初制覇を飾ったクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎=ディープスカイ産駒)は今回、初コンビの武豊騎手にスイッチする。充実一途の現況を考えると、得意の長丁場で凡走は考えにくい。

     
     ステイヤーS3連覇中のアルバート(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎=アドマイヤドン産駒)は、ダイヤモンドSも勝っており、3000メートル以上のスタミナ比べに絶対の自信を持つステイヤー。初タッグの福永騎手の手綱さばきに注目。

     
     昨秋はG1の王道3戦(天皇賞、ジャパンC、有馬記念)を使われ、3、6、8着と崩れなかったレインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)。ステイゴールドの産駒で菊花賞2着があり、持久力勝負はお手のものだ。

     
     有馬記念9着のサトノクロニクル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、ハーツクライの産駒。母の父のインチカブは、エリザベス女王杯連覇のスノーフェアリーを出した。不良馬場の菊花賞は10着に敗れたが、距離をこなせる下地はある。

     
     AJCC8着、9着のトミケンスラーヴァ(牡8歳、美浦・竹内正洋厩舎=タイキシャトル産駒)、シホウ(牡7歳、栗東・笹田和秀厩舎=キングカメハメハ産駒)などもエントリーしている。


    過去10年阪神大賞典1番人気馬


    hanshind









    1番人気が5連勝中。
    2着2回・3着2回

    大敗だったのはオウケンブルースリだけ
    今年はクリンチャーになりそうだけど・・・


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    金鯱賞予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    有力馬集結の一戦、好走の条件は/金鯱賞展望

     かつては宝塚記念のステップレースだったが、2012年に有馬記念のステップに。そして昨年からは大阪杯のステップへと、施行時期が目まぐるしく変わってきた。しかし、どの時期に行われても、本番での好走馬を送り出す重要レースであることに変わりはない。昨年の大阪杯でも、2着のステファノスと3着のヤマカツエースが金鯱賞をステップにしていた。

    1.ペースが上がりにくい

     スタート直後に上り坂があって、すぐに1コーナーに飛び込んでいくコースレイアウト。よほどのことがないかぎりペースが上がりにくい形態になっており、立ち回りの器用さと瞬発力が要求される傾向が強い。

    2.人気どおりの決着とはいかない

     GI直前に行われるグレード別定戦で、GI好走実績のある強豪が毎回多数出走するレースでありながら、なかなか順当には収まらない。過去10年で馬連が3桁配当で収まったのは、京都で行われた2011年のみ。昨年は小倉大賞典を4着に敗れていたロードヴァンドールが2着に逃げ粘り、一昨年も前走で準オープンを敗れていたパドルウィールが2着に入っている。

    3.ディープインパクト産駒は勝ち味に遅い

     このコースで強い種牡馬はキングカメハメハ。過去3年で勝率14.3%と、盤石の強さを見せる。勝率ベースではゼンノロブロイ、メイショウサムソンと続いて、ディープインパクトは勝率6.0%と勝ち味に遅くなる。昨年も2番人気のプロディガルサン、3番人気のステファノスが掲示板外に敗れた。


     ヤマカツエースは2016年の冬、昨年春とこのレースを2連勝。小回り芝2000m戦では、他に中山金杯と福島記念も制しており、この条件のスペシャリストと言える存在。秋のGI戦線ではこの馬には不向きな条件が続いたこともあって消化不良に終わったが、芝2000mの大レースが続く春シーズンこそがこの馬の大目標になる。


    過去10年金鯱賞1番人気馬

    kinko









    条件が変わっているし・・・大阪杯のTR的な感じにもなるし
    今までは種類が違うかな。


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    弥生賞予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【弥生賞】ジャンダルム、武背に絶好調11秒4

     ホープフルS2着のジャンダルムが、CWコースで武豊騎手を背に併せ馬。ゴール前で仕掛けられると鋭い伸びを見せ、ラスト1ハロン11秒4(5ハロン69秒8)をマーク。僚馬シャルドネゴールド(OP)に1馬身先着した。

     「今年初めて乗ったけどいい動きだった。先週も時計を出しているし、ラストを伸ばす程度。相変わらずいい馬だね」と武豊騎手も納得顔だ。池江調教師も「今週は微調整程度で。仕上がりは申し分なし」とデキの良さに太鼓判を押した。


    過去10年弥生賞記念1番人気馬

    yayoi1








    5勝 2着2回

    まあ文句ないレベル。

    1番人気が何になるか?(ダノンプレミアム・ワグネリアン)別にして



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    中山記念予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【中山記念】マイル王ペルシアンナイト、動き上々!池江師「サラッとだけど動きよかった」

     中山記念の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。栗東では昨秋のマイルCSで17年ぶりとなる3歳馬Vを飾ったペルシアンナイトが、CWコースの併せ馬で上々の動きを披露。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』となった。

     春の始動戦から、アクセル全開だ。昨年、3歳馬として17年ぶりにマイルCSを制したペルシアンナイトが、M・デムーロ騎手を背にCWコースで伸びのある動きを披露した。動きを見届けた池江調教師の口調も滑らかだ。

     「ラスト1ハロンから併せて馬なりでサラッとやったけど、動きはよかったね。順調に乗り込めているし(休み明けの)富士S(5着)よりもいい」

     僚馬トゥザクラウン(1000万下)を追いかける形でスタート。直線で内に切り替えると、大きなストライドで差を詰める。最後まで手綱はガッチリと抑えられたままで、6ハロン84秒7、3ハロン37秒9-12秒2。馬なりで併入した。鞍上も「いい感じでしたね」。先週もCWコースでラスト1ハロン11秒3(6ハロン82秒1)としっかり負荷をかけており、態勢は整った。

     前走のマイルCSでは大外枠((18)番)から序盤は内に潜り込んで末脚温存。直線で外に持ち出されると、矢のように伸びて差し切った。今回はその切れ味を1800メートルでも発揮できるかが鍵となる。

     中山記念3連覇がかかるM・デムーロ騎手は「1800メートルは問題ない。負けたくない気持ちが強い馬だし、いい脚もある。ペース次第でいろんな競馬もできる」と自信を見せる。

     「マイルの切れ味が中距離だと影を潜めるので、(末脚を)使えるようになれば。(マイルと中距離のGIで)2階級制覇してほしいね」と話すトレーナー。“中距離でも切れる馬”になるための、試金石となる1800メートル戦。目標は春の中距離王を決める大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)。2階級制覇への足がかりを、しっかりとつかみたい


    過去10年中山記念1番人気馬
    nakayamaki1








     
    3勝・3着
    結構飛んでいるねwww

    結構名前のあるG1クラスが飛んでいる!!



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    フェブラリーS予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    フェブラリーSでラストランのララベル、引退式を2月24日に実施

    18日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(GI・ダ1600m)を最後に繁殖入りする予定のララベル(牝6、大井・荒山勝徳厩舎)の引退式実施が決まった。

     ララベルは父ゴールドアリュール、母ブリージーウッズ、その父ティンバーカントリーという血統。2017年のJBCレディスクラシック(大井・JpnI・ダ1800m)で地方所属馬として初優勝するなど、通算成績18戦8勝(うち重賞6勝、2018年2月16日時点)。2017年のTCK大賞選出。

    【日時】
    2月24日(土) 17時00分~(最終レース終了後)

    【場所】
    大井競馬場・賞典台


    1番人気で敗北した馬について調べてみました。
    フェブラリーS

    (過去10年1番人気で4位以降になった馬)

    2013年 カレンブラックヒル(1番人気15着)
    2012年 トランセンド(1番人気7着)

     
    10頭中2頭
    比較的堅い。

    まあカレンブラックヒルは初ダートで???なんで1番人気
    トランセンドは状態って感じ。


    比較的1番人気は信頼度が高いwww



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ