競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:1番人気敗北

    ダイヤモンドS予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    3400mの長距離戦、あの馬の巻き返しに注目/ダイヤモンドS展望

    冬から春にかけての長距離重賞戦線は、ステイヤーズS、ダイヤモンドS、阪神大賞典、天皇賞(春)という流れ。ダイヤモンドSはその中で唯一のGIII戦で、なおかつハンデ戦ということで特殊な位置にある。

    1.勝つのは若い馬

     このカテゴリーはベテランが出走表の多数を占めがちだが、勝ち切るのはやはり若い世代の馬で、過去10年で4歳馬が4勝を挙げている。以下、5歳が3勝、6歳が2勝、7歳が1勝。

    2.ステイヤーズSからの直行は難しい

     過去10年でこういうケースは13頭いたが、2、3着が1頭ずついるだけで勝ち星はない。一見するとベストの臨戦過程に思えるが、あまり芳しい成績は残せていない。

    3.間隔が開いていると苦戦

     前走が前年の11月以前だったという馬の連対は、過去10年で一昨年2着のフェイムゲームだけ。前走から2か月半以上間隔が開いていたというケースも、2着が2回あるだけである。調教だけで仕上げにくい厳寒期のレースで、しかも長距離戦。前走ステイヤーズS組の意外な苦戦も、このあたりにも原因があるのかもしれない。


     レジェンドセラーに注目したい。ルーラーシップ産駒としては菊花賞のキセキが重賞初制覇となったが、レジェンドセラーもまた距離が延びることで持ち味を発揮できるようになったジリ脚タイプ。前走のAJCCは距離不足でもあったし、前が残るペースで脚を余した面もあった。距離延長は魅力だし、4歳馬優位のレース傾向も心強い。ハンデ戦でこの相手関係なら、重賞でも壁は感じられない。


    1番人気で敗北した馬について調べてみました。
    ダイヤモンドS

    (過去10年1番人気で4位以降になった馬)

    daiya



    10頭中3頭
    比較的堅い。しかも2回は4着。

    長距離1番人気は信頼度高い。




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    京都記念予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【京都記念】皐月賞馬アルアインは川田騎手との初コンビで参戦

    皐月賞馬のアルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)には、“テン乗り”となる川田将雅騎手が騎乗予定。

     アルアインは前走から騎手が替わったことが3回あり、いずれも連対を果たしているが、川田騎手とのコンビでも好成績を挙げることができるだろうか。

     Vなら、同馬を管理する池江調教師は13年連続のJRA重賞制覇となる。


    1番人気で敗北した馬について調べてみました。
    京都記念

    (過去10年1番人気で4位以降になった馬)
    kyotokin1




    牝馬2頭。

    4/10。

    川田将雅2回。
    ・・・




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    共同通信杯予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    後のGI馬続出のレース、好走の条件とは/共同通信杯展望

    ディーマジェスティ、リアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップと、最近6年間の勝ち馬のうち4頭がGI馬へと育っている。クラシックを占う上で見逃せない重要な一戦。

    1.2歳重賞での序列があてにならない

     前走ですでに重賞を勝っていた馬の過去10年の成績は[1-1-0-4]。当然すべてが上位人気だが、勝ったのは2014年のイスラボニータただ一頭のみ。あっけなく実績馬が馬群に沈むシーンが毎年のように繰り返されてきた。

    2.キャリア不問の傾向が強まる

     最近5年間の勝ち馬のうち、イスラボニータ以外の4頭は1勝馬。さらに、一昨年のディーマジェスティ、2015年のリアルスティールは前走がそれぞれ未勝利・新馬だった。

    3.2か月半以上の休み明けは苦戦

     2か月半以上の休み明けでここに挑んだ馬は、過去10年で19頭いて、連対馬は3頭のみ(ディープブリランテ、イスラボニータ、スワーヴリチャード)。いずれも同一コースで行われる東京スポーツ杯2歳Sの連対実績があった、という共通点がある。


     ステイフーリッシュはホープフルSで3着。仕掛けての反応が鈍く大外を回らされる形になりながら、きわどいところまで追い上げており、直線が長い東京コースに替わって戦力アップが計算できる。また、ステイゴールド産駒は過去10年で4頭が出走して2勝と好相性だ。


    1番人気で敗北した馬について調べてみました。
    共同通信杯

    (過去10年1番人気で4位以降になった馬)

    kyoto



    4/10・・・飛び方が半端ない。

    ハートレーは・・・重賞勝って、クラシック云々を言われていた馬。
    っていうかもちろん共同通信杯の1番人気なので全頭言われていますが。

    そこそこしっかりしている印象。
    2018年はグリイルが1番人気だろうけどね。







    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ