競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:きさらぎ賞

    きさらぎ賞予想|2019年|注目NEWSまとめ


    keibanews













    ヤフーニュースからきさらぎ賞の注目ニュースをまとめました


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi










    【きさらぎ賞】例年少頭数で枠順の影響は少ない 敢えて傾向をあげるとすれば?/データ分析(枠順・馬番編)

     3日に京都競馬場で行われるきさらぎ賞(3歳・GIII・芝1800m)について馬番別に検証していく。

     1枠1番はオルフェーヴル産駒のタガノディアマンテ 
     最多となる6回の馬券絡みは3番。4回で4番、7番、9番が続く。  

     きさらぎ賞は毎年、頭数が揃いにくく、過去10年で最も頭数が多かった12年でも13頭立て。10年のうち7年は10頭立て以下で行なわれており、今年も登録段階で11頭にとどまっている。  基本的に枠順の影響はあまり大きく無さそうで、実際に、内外満遍なく馬券に絡んでいるのだが、敢えて傾向をあげるとすれば次の通り。

     ・10番より外は11頭出走して勝ち馬ゼロ ・1番は1-1-0-8で複勝回収率22%・奇数馬番は8-6-6-32で複勝回収率109%  

     頭数が少ないとはいえ、内有利になりやすい京都コースだけに、二桁よりは一桁馬番の方がベターということだろう。今年は8頭立てだが、頭数が10頭に満たなかった5回に絞って見てみても、わずかに内寄りの馬のほうが好成績だ。  

     一方で、初角までが長いコース形態とあって、多くのコースで有利になりやすい1番枠に、それほど大きなアドバンテージはない。自在に動ける中枠が、もっとも競馬がしやすそうだ。  

     また、偶数奇数では奇数馬番が偶数馬番を圧倒している(偶数馬番は2-4-4-36で複勝回収率39%)。「奇数だから良い」ということはないだろうが、頭数が少なくワンターンのゆったりしたコースなので、ゲートで多少遅れても大きなマイナスにならないということか。



    【きさらぎ賞】藤原英調教師とMデムーロ騎手の黄金コンビ、今年はヴァンドギャルドでV狙う

    ◆第59回きさらぎ賞・G3(2月3日・芝1800メートル、京都競馬場)  
     きさらぎ賞・G3(3日、京都・芝1800メートル)でヴァンドギャルドが重賞初制覇を目指す。藤原英調教師は10年にネオヴァンドーム、11年にトーセンラーでこのレースを制覇。過去の2勝ともにコンビを組んでいたMデムーロを配し、今年も勝ってクラシックへの道を切り開いてみせる。

     ホープフルS(6着)は不利があって不完全燃焼に終わったが、スムーズなら結果は違うはず。藤原英師は「インスピレーションだが、京都の1800メートルはいいと思う。今後のために賞金を加算しないと」と何が何でも結果を出す構えだ。  昨年は58勝で初めての年間リーディングを獲得。1月を終えて7勝で中内田厩舎(9勝)に続く全国2位、連対率58・8%と絶好調をキープしている。得意の舞台で名門厩舎の貫禄を示すか。


    【きさらぎ賞】厩舎の話 ヴァンドギャルド・藤原英師「賞金を加算したい」

     
     ◆アガラス・古賀慎師 
    「テンションが上がると思ったけれど、落ち着いていた。鞍上とのコンタクトがいいみたい」  

     ◆ヴァンドギャルド・藤原英師 
    「状態が上向くような追い切りをした。賞金を加算したい」  

     ◆コパノマーティン・村山師 
    「連闘もそんなに疲れはない。うまく流れに乗れれば」  

     ◆タガノディアマンテ・鮫島師 
    「いい状態をキープ。1800メートルでも折り合いはつくと思う」  

     ◆ダノンチェイサー・池江師 
    「いいスピードがあるので、距離が延びても折り合いがつけば」  

     ◆メイショウテンゲン・池添兼師 
    「追い切りはしっかりやれてよかった。まだ幼いが、ここでどんな競馬ができるか」  

     ◆ランスオブプラーナ・本田師 
    「スタートが速いので、前々での競馬になると思う」




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    きさらぎ賞予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【きさらぎ賞】厩舎の話 カツジ・池添兼師「距離はこなすと思う」

     ◆オーデットエール・須貝師 「先週に比べると良かった。実戦で良さを出してほしい」

     ◆カツジ・池添兼師 「距離はこなすと思う。先々が楽しみになるような競馬を」

     ◆グローリーヴェイズ・尾関師 「先週長めからしっかりやっている。距離も大丈夫」

     ◆スラッシュメタル・西村師 「前走は3角から引っ掛かり通し。リズムよく運べれば」

     ◆スーサンドン・岩元師 「落ち着きが出ているし、動きもまずまず。気持ち良く走らせたい」

     ◆ダノンマジェスティ・松若騎手 「しっかり時計を出せた。緩さはあるけど、能力は高い」

     ◆ニホンピロタイド・大橋師 「いい動きだった。力試しで使う」

     ◆ラセット・庄野調教師 「動きはよかった。距離は大丈夫。勝ち負けできる力はある」

     ◆レッドレオン・辻野助手 「コース追いで負荷をかけた。1ハロン距離が延びるのはいいと思う」



    きさらぎ賞
    -種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ディープインパクト 40- 30- 21-151/242 16.50% 37.60% 52 62
    ハーツクライ 9- 13- 15- 64/101 8.90% 36.60% 82 86
    ゼンノロブロイ 5- 3- 3- 52/ 63 7.90% 17.50% 32 37
    ブラックタイド 3- 1- 2- 26/ 32 9.40% 18.80% 49 47
    ワークフォース 2- 3- 1- 24/ 30 6.70% 20.00% 55 77
    モンテロッソ 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    フサイチセブン 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0

    きさらぎ賞-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    M.デム 9- 9- 4-22/44 20.50% 50.00% 56 72
    松山弘平 8- 3- 1-66/78 10.30% 15.40% 103 47
    松若風馬 5- 3- 3-38/49 10.20% 22.40% 104 54
    岩田康誠 5- 2- 8-50/65 7.70% 23.10% 38 35
    北村友一 4- 2- 3-26/35 11.40% 25.70% 102 129
    藤岡佑介 3- 2- 8-25/38 7.90% 34.20% 40 86
    幸英明 2- 2-10-73/87 2.30% 16.10% 10 40
    古川吉洋 1- 3- 0-27/31 3.20% 12.90% 474 68
    川島信二 1- 0- 1-22/24 4.20% 8.30% 13 53
    中谷雄太 0- 0- 0- 7/ 7 0.00% 0.00% 0 0





    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    きさらぎ賞予想|2017年|予想・データ



    きさらぎ賞の予想はここを信頼・・・馬券で儲けたいならここを見ろ


     「第57回きさらぎ賞」の追い切りでは良血サトノアーサーが川田を背にCWコース併せ馬で最終調整。上がり重点ながら、躍動感あふれる身のこなしを披露。厩舎の先輩サトノダイヤモンドに続き3連勝での重賞タイトルを狙う。

     名門・池江厩舎のクラシック候補生がCWコースで躍動した。サトノアーサーの最終調整は主戦の川田を背にシルバーポジー(4歳1000万)と併せ馬。僚馬をリード役に鞍上はテンションを上げすぎないよう、ゆっくりと1歩目を踏み出す。リズミカルな脚取りで、道中の折り合いはスムーズ。3角すぎから徐々にピッチを上げていくと、直線は馬体を沈ませインから一気に加速。父ディープインパクト譲りの瞬発力で相手を3馬身追走から1馬身差突き放した。ゴール前は余力残しの内容で4F53秒8。ラスト1Fは馬なりで11秒4の超抜時計をマーク。川田が感触を振り返る。

     「先週しっかりとやっているので、今週はやり過ぎないように。最後まで集中して走れていましたし、ここまで順調。レースが楽しみですね」

     新馬戦こそ道悪がこたえて同着辛勝だったが、前走は上がり3F32秒7の剛脚を繰り出しV。「初戦が同着で苦い思いをしていたので、2戦目で変わってくれてホッとした」と川田。器の違いを感じさせた。

     この馬とともにクラシック制覇へ、今週ケガから復帰する川田にとっても大事な一戦になる。先月8日の京都競馬で落馬し骨折の重傷を負いながらも、懸命なリハビリで騎乗を再開。「(自分が)中途半端な状態だと、周りに迷惑をかけてしまうので」。関係者のことを第一に考え、自らがベストのパフォーマンスを出せるようになるまで復帰を待った。仕掛けどころが難しい馬だけに、主戦で臨めるのは心強い。

     池江厩舎はこのレースと相性抜群で、12年ワールドエース、14年トーセンスターダム、昨年もサトノダイヤモンドがV。「筋肉量が増えて体に幅が出てきた。能力は高い馬だが、初戦は緩んだ馬場だった。週末の雨予報がどうかだね」とトレーナー。最大のライバルは相手ではなく天気か――。そう思わせるほど今のアーサーには風格が漂っている。

    【きさらぎ賞予想|2017年|予想・データ】の続きを読む

    5

    きさらぎ賞予想|予想・データ|注目馬まとめ

     

    管理人オススメコンテンツ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com


    きさらぎ賞|ロワアブソリュー、Mデムーロを背に”5億円対決”の一角崩しだ

    ◆第56回きさらぎ賞・G3(芝1800メートル、7日・京都競馬場)

     第56回きさらぎ賞・G3(7日、京都)の出走メンバーが4日、確定した。13年セレクトセールで2億4150万円で落札されたサトノダイヤモンド、同じく2億5200万円のロイカバードの“2度目の5億円対決”が話題だが、一角崩しに燃えるのが、きさらぎ賞2勝を誇るMデムーロ。1戦1勝と底を見せていないロワアブソリューに大きな可能性を感じている。

    【写真】ルメールのゴーサインに応え、鋭い瞬発力で併走馬を突き放したサトノダイヤモンド

     “5億円対決”の影で、リーディングジョッキーが静かに闘志を燃やす。「2頭は強いけど、まだどれだけ強いか分からない。チャンスはあると思う。頑張る」。1戦1勝のロワアブソリューで挑むMデムーロは力を込めた。

     クラシックの登竜門とも言われるG3は、得意のレースだ。過去に3度騎乗し、10年ネオヴァンドーム(5番人気)、11年トーセンラー(3番人気)の2勝。「昨日、グリーンチャンネルできさらぎ賞の過去のレースが流れていて、『あ、勝った。また勝った』ってなったよ。ラーの時は(池添)謙ちゃんの馬(オルフェーヴル3着)が強いと思ったけど、それに勝ったんだ」。鮮やかに残る記憶に明るい表情を見せた。

     今年のパートナーは昨年12月の新馬戦(阪神・芝1800メートル)で逃げて2馬身半差の快勝。「いい馬。左側を怖がって右にもたれる面がちょっとだけ心配だけど、ポテンシャルはある」。13年函館スプリントS2着のシュプリームギフトが半姉にいる良血への評価は高い。

     3日の追い切りにまたがり、栗東の坂路で52秒7―12秒3をマーク。「状態はいいね。新馬の時より体が締まって良くなっている。ハートが強い馬。まだ若いけど、どこまでやれるか楽しみ。頑張る」。気合の一語を再び重ねた名手が一角崩しを狙っている。(橋本 樹理)

     
     
    ここは文句無しでサトノダイヤモンドでしょwww
    【きさらぎ賞予想|予想・データ|注目馬まとめ】の続きを読む

    5

    サトノダイヤモンド|きさらぎ賞|注目馬ネット評価まとめ

     


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン




    「サトノダイヤモンド」騎乗ルメール超自信「全部強い」

    【きさらぎ賞(日曜=7日、京都芝外1800メートル)5億円再対決:サトノダイヤモンド】“5億円マッチ”再び――。GIIIきさらぎ賞では、超良血3歳牡馬2頭による因縁の対決が再び実現する。サトノダイヤモンド(池江)が昨秋の新馬戦に続きライバルを退けるのか、それともロイカバード(松永幹)のリベンジか。ルメールVS武豊の名手対決にもなるこの一戦、2016年の牡馬クラシックを占う意味でも見逃せない。

     ゆったりとしたローテーションで楽々と2戦2勝、着実にキャリアを積み上げてきたサトノダイヤモンド。その輝きをどこまで増したのか。

     デビュー前は「まだまだという感じ。大型馬なので新馬向きではないかも」と慎重だった池江調教師のトーンも、最近は変わってきた。栗東ウッドでの1週前追い切り(1月27日)は、2年前のきさらぎ賞の覇者トーセンスターダム(東京新聞杯出走予定)と併せ、ラスト11・6秒(6ハロン85・3秒)と強烈に伸びて半馬身先着。見届けたトレーナーは「体は大きく変わっていないけど、使うごとに稽古の動きが良くなっている」と一戦ごとの“上昇”を強調する。

    「ディープ産駒だけど、燃え過ぎないところがいい。大人びているというか、(精神的に)しっかりしているので、レースで無駄な力を使っていない」と指揮官の信頼度は高い。「渋い馬場は大丈夫だったけど、かき込む走法なので硬い馬場になるとどうか」と不安点も挙げたが、これも杞憂に終わる可能性が高い。

    「問題ないよ」と主戦のルメールは力強く言い切る。「いいパワーがついてきたし、とても静かで乗りやすい。強いよ。全部が強い。ウイークポイントがないんだ。重賞を勝つ自信がある」とパートナーへの信頼は揺るぎない。

     ロイカバードとの再対決についても「相手のコンディションがどこまで上がっているのか分からないけど」と前置きしながらも「(デビュー2戦とも)ライバルがいなかったので、ムチを入れなかった。この馬はまだフルパワーで走ったことがないんだ」。

     名手が見据えるのは2度目の5億円対決の行方ではなく、その先にそびえ立つクラシックの頂のようだ。

     
     
    サトノダイヤモンドの過去2戦
    【サトノダイヤモンド|きさらぎ賞|注目馬ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ