ウリウリ|CBC賞、芝1200m走れるのか?まとめ

 


CBC賞はここのサイトを参考にします!!
管理人はいつもお世話になっています。
cbc1


















ウリウリニュース『ウリウリ好天を願うのみ』ー藤原英師『最低条件は良馬場』

 「CBC賞・G3」(5日、中京)

 安土城SをJRAタイレコードで制したウリウリが1日、栗東CWで最終追い切りを行った。タフな馬場状態をものともせず、快活な動きで併走先着を果たした。2つ目のタイトル奪取へ、視界良好だ。

 降りしきる雨も何のその。5歳夏を迎え、心身ともにタフさを身につけたウリウリにとって、水分を含んだウッドチップはちょうどいい負荷となった。

 ハロー(馬場清掃)明けの栗東CW。鮫島良(レースは岩田)を背に、5Fから進出を開始すると、先行するダノンルージュ(5歳500万下)をインからとらえ、軽く合図を送った程度でビュンと加速した。

 5F67秒4-37秒9-11秒9。ゴール前で0秒1先着を果たした。鞍上は「いい動きだったと思います」と体調の良さを感じた様子。見守った藤原英師も「乗り手には“ある程度できているからな”と伝えた。あの動きなら問題はない」と納得の表情を浮かべた。

 意外にもスプリント戦は今回が初めて。序盤のペースはがらっと変わるが、指揮官は「中京だから、そう速くならないと思って使う」と言い切る。スタート地点は緩やかな上り坂。直線も長く、坂も待ち構えるだけに、リズムを崩すことなく走れると確信している。

 それでも、まだ問題はある。「左回りがどうか」と話すように、本質的には右回りがベター。力を要する中京の芝を含め、クリアすべき課題は少なくない。

 だが、最後には「そのあたりはちゃんと計算している」と笑顔。JRA通算500勝にリーチをかける名トレーナーは、最後に一つだけ課題を挙げた。「最低条件は良(馬場)やな」。人事を尽くして天命を待つ。あとは好天を願うのみだ。

 
 
ウリウリ
【ウリウリ|CBC賞予想、芝1200m走れるのか?まとめ】の続きを読む