競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:エリザベス女王杯馬体診断

    エリザベス女王杯予想|2017年|馬体診断まとめ(デイリー)

    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    batai














    ヤフーニュースより

    【エリザベス女王杯馬体診断】ヴィブロス
    【ヴィブロス 評価A】

     デビュー以来最長となる約9カ月ぶりだった前走の府中牝馬S。当時は馬体が仕上がっているものの、毛ヅヤがひと息だった印象。それがひと叩きされた今回は、ビロードのような光沢に包まれて大幅に良化。前腕部や下腿部に血管が浮き出て、皮膚の薄さも目を引く。

     1週前の状態としては満点と言える状態だ。3歳時に比べると、キ甲が抜けて馬体が完成。首差しの長さや胴の長さから、1800~2200メートルがベストの条件と思える。
    【エリザベス女王杯馬体診断】スマートレイアー
    【スマートレイアー 評価A】

     春当時に比べて、一段と毛色に白さが増してきた。そのため筋肉の付き具合が分かりにくくなったが、それでも臀部(でんぶ)の筋肉の段差が見て取れるほど盛り上がっている。

     4カ月ぶりだった前走は腹部に多少の余裕があったが、今回はすっきりとして直線的なフォルムをしている点と、毛ヅヤが良化している点から、叩かれてさらに状態が上向いているとみていい。以前から2戦連続で好走するタイプでもあり、今がピークの出来だろう。

    【エリザベス女王杯馬体診断】ルージュバック

    【ルージュバック 評価A】

     筋肉量が多い方ではなく、華奢に映ることが多いのだが、今回は全体的に丸みがあって、パンパンに張っている。毛ヅヤもピカピカで、写真でこれほど良く見せているのは珍しい。小さな顔に目立つ顎の張りは、しっかりと食べている証拠だ。胸前、肩回りをスカッと見せて、それに合わせたように、トモもコンパクト。無駄に筋肉が付きすぎていないことが、特徴である可動域の広いフォームにつながっているのだろう。状態は前走以上だ。
    【エリザベス女王杯馬体診断】クイーンズリング
    【クイーンズリング 評価B】

     デビュー以来最高体重の470キロだった前走だが、太め感はなく九分以上の仕上がりだった。そのため今回は大きな変化は見られない。

     それでも前回に比べると皮膚の厚ぼったさが解消しており、レースを使われた上昇分はある。中距離のレースでスローの瞬発力勝負になると浮上してくるのは、マイラー体形が影響しているため。本質的には1400~1800メートルが最適条件だろう。昨年の優勝時に比べると、活気が若干ものたりない分、多少評価を下げた。

    【エリザベス女王杯馬体診断】ディアドラ

    【ディアドラ 評価B】

     前走時の490キロは、デビュー以来の最高馬体重。胸前やトモの筋肉が盛り上がり、全体的にパワーアップした。春当時に比べると、ひと回り馬体が大きくなった印象だ。

     前走時も毛ヅヤは良かったが、今回も光沢があり、引き続き良好。道悪競馬を好走した反動はなさそうだ。1週前ということで多少皮膚に厚みがありBとしたが、直前の追い切りで引き締まってくれば評価は上がってくる。体形的には中距離が向いており、条件は合う。
    【エリザベス女王杯馬体診断】ミッキークイーン
    【ミッキークイーン 評価C】

     宝塚記念以来の4カ月半ぶりだが、当時よりも皮膚が厚く、多少余裕のある体つき。肩やトモの筋肉も、前走時より物足りなさを感じる。好調時には胴長の体形に見せるタイプで、今回は胴を短く見せているのは気掛かり。ちょうど2走前のヴィクトリアマイルの時と同じような体形だ。

     それでも毛ヅヤが良い点と、馬体のシルエットをはっきり見せている点はプラス材料。絶好調とは言えないが、体調自体は悪くなさそう。レースまでに、どこまで調子を上げられるかがポイントになる。


    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250




    5
    エリザベス女王杯予想|2016年|馬体診断まとめ



    パールコード(評価A)

     「エリザベス女王杯・G1」(13日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、エリザベス女王杯に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】エリザベス女王杯の馬体診断…週末予想の参考に

     【パールコード 評価=A】

     曇天で撮影された秋華賞は体のシルエットがくっきりと写り、細部の筋肉の張りつやが分かりやすかった。しかしこの時季の晴天の撮影は、光の関係で凹凸が分かりにくい。

     ただ秋は2戦し中3週で本番に挑むにあたって、ふっくらと見せているのはプラスと判断していいだろう。1週前追い切り前の撮影でこのあとに超抜の追い切りを敢行。それによって筋肉を凝縮して、より見栄えのする筋肉質の馬体に変貌する見立て。

     相変わらずトモはパンパンに張っており、前後のバランスがいいシルエットも健在。ハイクオリティーの馬体を維持していることから、今回もA評価が妥当だろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉川田騎手を背に栗東CWで6F78秒3-37秒1-12秒5(馬なり)。イレイション(4歳500万下)を0秒5追走して0秒2先着。一杯に追われる相手を尻目に余力十分の手応え。活気あふれる動きで、引き続き好調だ。

     
    クインズリング(評価B)

     「エリザベス女王杯・G1」(13日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、エリザベス女王杯に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】エリザベス女王杯の馬体診断…週末予想の参考に

     【クイーンズリング 評価=B】

     相変わらず無駄な脂肪が付かないタイプで、府中牝馬Sから中3週で本番を迎えるにあたっては馬体減りがなくいい具合にキープできている印象だ。

     過去の体重と馬体の関係からすれば460キロあたりで出走しているときは、1週前のこの時点で皮膚を厚ぼったく見せていた。しかし今回の体つきなら前走時同様、450キロ前後で出走ができそうな点は強調材料だろう。

     肩の角度や立ち気味のつなぎから、マイル前後で瞬発力を生かすタイプ。前肢の伸びないフォームからすれば2200メートルの距離がひとつの課題になりそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉ミルコ・デムーロ騎手を背に栗東CWで6F82秒1-37秒5-11秒7(一杯)。僚馬2頭を0秒6、1秒追走して、それぞれに0秒1、0秒6先着した。追われると俊敏な反応で、鋭い伸び脚を披露。気配もさらに上昇している。

    【エリザベス女王杯予想|2016年|馬体診断まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ