競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:オークス予想

    オークス(優駿牝馬)予想|2017年|予想・データまとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    オークス(優駿牝馬)予想|2017年|予想・データまとめ

    ヤフーニュースより
    【オークス】武豊が明かしたリスグラシューの「心配ない面」と「心配な面」

    【オークス(日曜=21日、東京芝2400メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。ヴィクトリアマイル当日、ウインズ横浜でやらせていただいた東スポ本紙・舘林さんとの予想検討会。張り切って予想を発表して、どーんと散ってきました。とても恥ずかしかったけど、皆さんとその時間を共有できて、すごくうれしかったです! 外れたのは“私だけじゃない”とも思えたし(なんてやつだ)。

     先週は仕方ないですよ。だって古馬牝馬の戦いだもん。今週は若い3歳牝馬の戦いですよね? はい、今度こそ稲富の出番ですよっと(殴らないでくださいね)。

     まずは桜花賞で惜しくも2着に敗れたリスグラシュー。気にならないわけがありません。武豊騎手にじっくりお話をうかがいました。

    「先週、乗った感触は良かったですよ。桜花賞の時と同じように、“いい感じだなぁ~”って。東京コースは実際に(アルテミスSで)勝っているように合っている。距離はちょっとやってみないと分からないというか、未知なのでなんとも言えないところもありますけど、悪くはないかな、と。今までのレース内容から、少なくとも距離が延びることに関して特にマイナスのイメージは持ってません。折り合いは問題ないし、決して乗り難しいタイプではないんですが、スタートがあまり上手じゃない。だからレース当日のイレ込みだけがちょっと心配かな」

     ふむふむ。心配ない面と心配な面、両方聞けたのは良かったぞ。女心はその日その日で変わっちゃうもんね♪ 当日の様子をしっかり見極めなくちゃ!

     桜花賞組で気になるといえば、12着に敗れてしまったアドマイヤミヤビ。とても期待していたのでビックリしたのですが、敗因はどこにあったのでしょう? 教えてっ、ミルコ・デムーロ騎手。

    「前走はとても残念。馬場がダメだった。手応えも全然なかった」

     そう話すデムーロ騎手の表情、ホント悲しそうで胸がキュンとしました(仕事に集中しろ!)。馬場が合わなかったのは仕方ないですよね。でも今回はお天気予報も今のところ晴れ。期待に胸が膨らみっぱなしです!

    「東京コースは良さそうです。(桜花賞へ向けて)調教で初めて乗った時から“もっと(距離が)長い方がいいね”ってみんなで言い合っていた。状態は変わらない。今度は自信あります」

     おぉっ、かわいいミヤビちゃんの巻き返しにも注目ですな!

     桜花賞組以外で特に気になるのはフローラSで見事に3連勝を決めたモズカッチャン。パートナーの和田騎手も先週4勝。ノリに乗っているコンビだけに気になるぅ。

    「未勝利戦(3着)で乗った時はゲートの出も良くなくて、あまりうまくいかなかったんですけど“しぶとい競馬をするな”って。次に中山の500万で乗った時は勝ちにいく、強気の競馬で結果を出してくれたので“これは(レベルが)違うなぁ”と。桜花賞組はもちろん強いと思いますし、力差があるのか、ないのかは、やってみないと分からないですけどね。馬の力を信じて乗りたいと思います。馬場が良くても悪くても走れる馬ですし、折り合えるので距離延長も大丈夫。(他馬と比べて)マイナス面が少ないと思うので、そのあたりを生かして頑張りたい」

     心強いなぁ。最近は波乱のレースも多いから、オッズを見て、つい欲にまみれる“よこしま予想”をしちゃいそうですが…。今回はマイナス面の少なさにポイントを置いて考えてみようかなぁ。乙女たちの気持ちになって頑張るぞ♪


    オークス(優駿牝馬)-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ディープインパクト 20- 12- 10- 78/120 16.70% 35.00% 87 71
    ステイゴールド 15- 9- 11- 97/132 11.40% 26.50% 60 49
    ハービンジャー 7- 2- 3- 34/ 46 15.20% 26.10% 70 92
    ハーツクライ 6- 5- 8- 58/ 77 7.80% 24.70% 75 64
    ダイワメジャー 2- 0- 2- 14/ 18 11.10% 22.20% 87 63
    ブラックタイド 1- 0- 1- 18/ 20 5.00% 10.00% 19 68


    オークス(優駿牝馬)-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    戸崎圭太 15-12- 7-33/67 22.40% 50.70% 122 97
    蛯名正義 8- 6- 4-40/58 13.80% 31.00% 115 65
    北村宏司 7- 5- 5-36/53 13.20% 32.10% 68 87
    内田博幸 6- 5- 4-40/55 10.90% 27.30% 81 95
    田辺裕信 5- 7- 4-38/54 9.30% 29.60% 47 76
    M.デム 4- 2- 5- 9/20 20.00% 55.00% 40 101
    ルメール 4- 2- 5-15/26 15.40% 42.30% 30 65
    吉田豊 4- 2- 4-45/55 7.30% 18.20% 144 53
    松岡正海 3- 4- 4-43/54 5.60% 20.40% 51 63
    岩田康誠 3- 2- 0-17/22 13.60% 22.70% 255 101
    池添謙一 3- 1- 1- 2/ 7 42.90% 71.40% 360 157
    横山典弘 2- 2- 1-31/36 5.60% 13.90% 55 31
    大野拓弥 1- 2- 1-32/36 2.80% 11.10% 19 44
    四位洋文 1- 1- 2- 6/10 10.00% 40.00% 22 70
    武豊 1- 0- 1-11/13 7.70% 15.40% 29 11
    田中勝春 0- 5- 4-26/35 0.00% 25.70% 0 77
    和田竜二 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0



    オークスの馬券を儲けさせて人向け

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・

    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    オークス予想|2016年|予想・データ・ネット評価まとめ
     

     5月22日に行なわれるGIオークス(東京・芝2400m)は、牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)で2着に惜敗したシンハライトの断然ムードとなっている。

    ■4戦連続上がり最速! チェッキーノがオークスで兄の無念を晴らす

     桜花賞は、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。2015年12月13日/阪神・芝1600m)を制した「2歳女王」メジャーエンブレムが圧倒的人気に推されるも、4着に敗退。代わってトップ争いを演じたのは、シンハライトとジュエラーだった。直線で2頭が抜け出し、そのまま馬体を併せてゴール。写真判定の末、ジュエラーがハナ差で勝利した。

     オークスでもこの3頭の争いになると思われたが、桜花賞馬のジュエラーは骨折が判明して戦線離脱。メジャーエンブレムは、別路線のGINHKマイルC(1着。5月8日/東京・芝1600m)に駒を進めた。その結果、オークスはシンハライトの「1強」という状況となっている。

     このことから馬券検討においては、本命シンハライトの「2着探し」というのが一般的な見方になっているが、はたしてそうか。過去のオークスを振り返ってみると、他馬が逆転勝利を決めるシーンも十分に考えられる。

     その例として挙げられるのが、2007年のオークス。この年は、まさしく今年と似た状況であり、しかも伏兵による“逆転勝利”が起きたケースである。

     2007年の3歳牝馬戦線は、ダイワスカーレットとウオッカが抜きん出た存在だった。実際、桜花賞では2頭の一騎打ちとなり、ダイワスカーレットが栄冠を手にした。この2頭がオークスに出ていれば“再戦”は確実だっただろうが、ダイワスカーレットは熱発で回避。ウオッカは、別路線となる牡馬相手のGI日本ダービー(東京・芝2400m)に果敢に挑戦した(そして、見事勝利を飾った)。

     この「2強」がいなくなったオークス。押し出されるようにして抜けた1番人気となったのは、オークストライアルのGIIフローラS(東京・芝2000m)を制して挑んだベッラレイアだった。同馬は人気どおり、直線で堂々と抜け出した。が、最後の最後で“伏兵馬”にかわされてしまった。

     外から強襲してベッラレイアをとらえたのは、5番人気のローブデコルテ。最後にハナ差かわして、金星を射止めたのである。

     その2007年と似た状況にある今年、ローブデコルテのように「1強」を打ち負かす馬が再び現れてもおかしくない。

     ローブデコルテの成績を見てみると、阪神JFで4着、桜花賞でも4着と好走していた。この実績はオークスでも上位だったが、過去に1400m戦で強さを見せるなどして、オークスでの距離延長はやや不安視されていた。また、いずれのGIも優勝争いからはかなり離されての4着。GIで勝ち負けするには厳しいと見られていた。そのため、5番人気の評価にとどまった。

     しかし本番では、あらゆる不安を一掃して見事戴冠。GIで好走してきた地力がモノを言ったのだろう。

     




    オークスの無料予想はここが注目!!
    すごい競馬が大注目
    sugoioks








    1) オークス・種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    メイショウサムソン2- 6- 2- 19/ 296.90%34.50%54103
    ディープインパクト16- 12- 11- 81/12013.30%32.50%7070
    ステイゴールド11- 6- 11- 76/10410.60%26.90%7663
    ハービンジャー4- 0- 3- 20/ 2714.80%25.90%74111
    マンハッタンカフェ0- 3- 5- 25/ 330.00%24.20%055
    キングカメハメハ10- 4- 5- 60/ 7912.70%24.10%6152
    ハーツクライ8- 5- 4- 58/ 7510.70%22.70%7756
    ネオユニヴァース2- 6- 1- 34/ 434.70%20.90%11861
    ロージズインメイ0- 1- 0- 9/ 100.00%10.00%0174
    オレハマッテルゼ0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%00
    クロフネ0- 0- 0- 12/ 120.00%0.00%00

     

    2) オークス・騎手データ


    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    池添謙一2- 1- 1- 3/ 728.60%57.10%331141
    四位洋文1- 1- 1- 3/ 616.70%50.00%3690
    川田将雅1- 4- 1- 8/147.10%42.90%2975
    ルメール2- 0- 3- 7/1216.70%41.70%5380
    戸崎圭太12- 7- 8-39/6618.20%40.90%7579
    蛯名正義12- 8- 2-37/5920.30%37.30%20090
    石橋脩0- 6- 5-21/320.00%34.40%0173
    田辺裕信5- 8- 3-31/4710.60%34.00%4487
    M.デム2- 1- 1- 8/1216.70%33.30%3351
    柴田大知3- 2- 8-51/644.70%20.30%1896
    横山典弘5- 2- 2-37/4610.90%19.60%12550
    岩田康誠3- 1- 0-17/2114.30%19.00%13255
    吉田豊4- 2- 4-46/567.10%17.90%14254
    三浦皇成3- 1- 3-36/437.00%16.30%7349
    松岡正海2- 2- 3-44/513.90%13.70%4553
    福永祐一0- 2- 1-19/220.00%13.60%034
    ベリー0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%00
    古川吉洋0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00

     

     

     

    1:2016/05/20(金) 13:43:46.07 ID:
    ┏━━━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  5/22 東京11R 芝・左 2400m
    ┃第77回優駿牝馬(オークス)(GI).┃(´∀` )<3歳(国際)牝(指定)オープン 定量 発走15:40
    ┣━┯━┯━━━━━━━━━┻○┯○┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃1 │1 │フロムマイハート  ...[牝3]│55│石橋脩│(西)宮本博│スイートピ 2┃
    ┃1 │2 │アウェイク      ...[牝3]│55│吉田豊│(東)斎藤誠│フロ-ラS. 3┃
    ┃2 │3 │シンハライト       .[牝3]│55│池  添│(西)石坂正│桜花賞 2┃
    ┃2 │4 │アットザシーサイド   [牝3]│55│福  永│(西)浅見秀│桜花賞 3┃
    ┃3 │5 │ペプチドサプル    .[牝3]│55│四  位│(西)木原一│矢車賞 1┃
    ┃3 │6 │アドマイヤリード   .[牝3]│55│岩  田│(西)須貝尚│桜花賞 5┃
    ┃4 │7 │ゲッカコウ       .[牝3]│55│柴田大│(東)高橋義│フロ-ラS. 8┃
    ┃4 │8 │デンコウアンジュ   .[牝3]│55│川  田│(西)荒川義│桜花賞10┃
    ┃5 │9 │ウインファビラス  ....[牝3]│55│松  岡│(東)畠山吉│桜花賞12┃
    ┃5 │10│ダンツペンダント  ...[牝3]│55│古  川│(西)本田優│3歳5百 1┃
    ┃6 │11│エンジェルフェイス ...[牝3]│55│cルメール│(西)藤原英│フラワーC 1┃
    ┃6 │12│フロンテアクイーン......[牝3]│55│蛯  名│(東)国枝栄│フロ-ラS. 4┃
    ┃7 │13│チェッキーノ       .[牝3]│55│戸  崎│(東)藤沢和│フロ-ラS. 1┃
    ┃7 │14│ビッシュ          .[牝3]│55..|M.デム-ロ|..(東)鹿戸雄│フロ-ラS. 5┃
    ┃7 │15│レッドアヴァンセ    .[牝3]│55│田  辺│(西)音無秀│桜花賞 7┃
    ┃8 │16│ジェラシー       .[牝3]│55│横山典│(東)菊沢隆│スイートピ 1┃
    ┃8 │17│ロッテンマイヤー   .[牝3]│55│T・ベリー│(西)池添学..| 忘れな. 1┃
    ┃8 │18│ダイワドレッサー  ...[牝3]│55│三  浦│(東)鹿戸雄│クイーンC 4┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

    次スレを立てる時はレス1行目に
    !extend:checked:vvvvv:1000:512
    を入れること
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    3:2016/05/20(金) 13:46:03.62 ID:
    >>1

    オークス
    過去の結果
    http://race.hotcom-web.com/data.php?p=place&id=56
    http://race.hotcom-web.com/data.php?p=sire&id=56
    過去の人気馬
    http://race.hotcom-web.com/data.php?p=favor&id=56
    データ
    http://race.hotcom-web.com/total.php?p=place&id=56
    http://race.hotcom-web.com/total.php?p=people&id=56
    http://race.hotcom-web.com/total.php?p=sire&id=56
    馬券傾向
    http://race.hotcom-web.com/favor.php?id=56
    【オークス予想|2016年|予想・データ・ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    オークス(優駿牝馬)|2016年|共同会見まとめ

    エンジェルフェイス、藤原師「いかにリラックスして走れるか?」/オークス共同会見

    ■エンジェルフェイスを管理する藤原英昭調教師

    ――無事、オークス出走の運びとなりました
    藤原「やはり血統がしっかりしていますからね。クラシックに乗せたかった馬でしたから、ここまでうまく順調にきてくれています」

    ――フラワーCでは見事な逃げ切りでした
    藤原「今回(オークス)のことも考えて輸送を1回経験させたかった。そして、賞金が欲しかったのでどうしても勝ちたかったんです。きっちりモノにしてくれてよかったです」

    ――先行から逃げ切る競馬となりました
    藤原「ゲートの出がすごくいいですし、ストライドも大きい馬なんでね。それを邪魔せずに競馬するという意味では今はあれが一番パフォーマンスが上がるのかなと思います」

    ――早い段階で桜花賞は回避し、目標をオークス一本に絞りましたね
    藤原「使い出しが遅かったこと。つまり、成長を待ちながらというのがあったので。その時点で桜花賞は間に合わないかな、と考えていました。まぁ、出ようと思えば出れましたが、桜花賞の出走メンバーはキャリアがありますから。ある程度経験を積んでる馬との対決では(こちらの)着順やパフォーマンスも予想できたので。それなら、みんなが未知の世界のオークスの方が分があるかなと思い、ここに(狙いを)絞りました」

    ――この中間、二ヶ月ほど時間がありましたが、そのあいだの調整はイメージどおりでしたか?
    藤原「馬の成長を待ちたかったので、フィジカル、フィットネス、メンタル、ともに向上してここにこれるというのを目標に馬づくりをしてきました。そういう意味ではこの期間というのは重要だったように思います」

    ――2週前からルメール騎手で追い切りをかけていますね
    藤原「やはり長い距離なんで、ジョッキーとのコンタクトがひじょうに重要です。フィーリングをつかんでもらうという意味で2週続けて乗ってもらったんです」

    ――そして今朝の最終追い切りはコースで、鮫島騎手によって行われました
    藤原「もう今週はルメールジョッキーではなく鮫島くんに手伝ってもらいました。鮫島くんはこちらの求めるすべての要求をわかっているのでね。最後は馬なりですが、気持ちをリラックスさせながらという指示どおりのいい内容でした」

    ――力を出せる状態になっていますか?
    藤原「現状、コンディションはすごくいいです。力は出せると思います」

    ――前走からどれだけ成長しているか、見てみたいです
    藤原「はい。そこを見てみたいですね。潜在能力の高さはわかっていますから。現時点でどれくらい走ってくれるか、興味があります」

    ――東京の2400mという舞台、そしてライバル関係、どのように考えていますか?
    藤原「展開というよりも、まだまだ小技が使えない馬です。いかにリラックスして、マイペースで走ってくれるかというのが重要だと思います。そういう意味では競馬のスタイルは決まってくると思います」

    ――最後にひとこと
    藤原「天気もよさそうなので、ファンの方にいっぱい来てもらいたいですね。いいレースができるよう頑張っています。応援よろしくお願いします」

    ■エンジェルフェイスに騎乗予定のC・ルメール騎手

    ――1週前追い切りで騎乗された感触は?
    ルメール「とても乗りやすい。Good Feelingがありました」

    ――オークスでの作戦は?
    ルメール「いつもスタートが速いです。たぶんオークスも好スタートを切ったら逃げる。いちばん大事なのはリラックス。同じイメージで乗ります」

    ――いまの東京の芝コースはいかがですか?
    ルメール「とてもいいコンディションです。いっぱい芝があります」

    ――最後にひとことお願いします
    ルメール「オークスは大切なGIです。競馬場に来てください。よろしくお願いします」

    (取材・写真:花岡貴子)

     


    ロッテンマイヤー、池添学師「不安より期待が大きい」/オークス共同会見

     

    ■ロッテンマイヤーを管理する池添学調教師

    ――開業2年目、GI初参戦のお気持ちは?
    池添「特にありません。普段どおり、いい状態でレースに臨めればと思います」

    ――昨年骨折で休養していましたが、よくオークスに間に合いましたね
    池添「無理せず、いい状態で使ってきた上で使える状況になったので出走となりました」

    ――忘れな草賞の感想は?
    池添「想定していた勝ち方とは違いましたが、ジョッキーがうまく乗ってくれました」

    ――ここまでの三戦の評価は?
    池添「三戦ともに戦いかたが全然違うように、オールマイティな競馬ができています。かつ、一戦ごとに成長を感じています。そのへんの伸びしろは血統のなせる業だと思います」

    ――祖母がビワハイジ、叔母にブエナビスタという血統ですね
    池添「預託が決まった時点で、この馬は1歳だったんですが、それ以降よく見に行っていました。すごく見栄えのいい馬なので期待はしていました」

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池添「先週のCWの動きがよかったので、今週は坂路だけでいいかな、と思ったんですが。馬の状態がすごくよかったので日曜日に左回りでの追い切りも行いました。試す程度の調教だったのですが、すごくリラックスしていいかんじでした。今日の最終追い切りは坂路コースで併せ馬、後ろで我慢させて気持ちが乗っていたら最後の1ハロンで伸ばすという指示をしました。指示どおりのいい追い切りでした。全体の時計としては目立つ方ではありませんが、わたし自身がさほど時計は気にしませんしね」

    ――前走からの上積みは?
    池添「前走後は短期放牧に出して、体もさらにひとまわり大きくなりました。トレセンに帰ってきてからは、カイバ食いもよく馬体重も安定しています。ここまで順調にこれていますし、だからしっかりとした追い切りもできました。じゅうぶん上積みという点では大きいと思います」

    ――レースではT・ベリー騎手が騎乗しますね。先週の追い切りには騎乗されていましたね
    池添「またがる前に少しこういう馬だというのは説明しました。その上で、あまり伝えすぎてジョッキーの感性がなくなるのもこわいので。乗った後の感想を聞こうと思っていました。そして追い切り後に話したところ、自分の思っていたイメージとジョッキーの感想が一緒だったので、ほっとしました。

     具体的には、後ろで走っている分にはリラックスしていますが、並びかけると一気に前の馬をかわそうとします。とりあえず、後ろで走れば力を抜いて走れる、ということだけを伝えて追い切りに乗ってもらったんです。そして、追い切り後にベリー騎手から『並びかけるとかわそうとする』と言われたので、同じ感想だな、と思いました」

    ――レースでも前に馬をおいて進めたいですか?
    池添「レースではゲートの出方次第でまわりの馬との状況をみてジョッキーが判断してくれればいいと思いますが。横に並びかけてずっと走るというのだけは避けてほしいな、と思います」

    ――すでに輸送も経験済みです。現時点での不安材料は?
    池添「いまのところ何も不安な点はありません。輸送も前走、いまの状態よりももうひとつよくなかった状態でしたが、あまり馬体重は減りませんでしたからね。今回も輸送減りとか気にしていません。あとは落ち着いてレースに臨んでくれればと思います」

    ――お兄さんが騎乗するシンハライトを筆頭にライバル関係はどのようにお考えですか?
    池添「桜花賞組は一枚も二枚も上だと思っています。ロッテンマイヤー自身がこれまでそういう馬とは対戦したことがないので未知数な部分が大きいです。不安もありますが、未知数という点では不安より期待の方が大きいです」

    ――最後にひとことお願いします
    池添「ここまで順調に調整してこれました。あとは無事にゲートインするのを待つだけなんですが、そこまでしっかりと管理していかなければと思います。レース当日、いい状態で出走できると思うので、競馬場に足を運んでいただき応援していただけたらと思います」

    (取材・写真:花岡貴子)

    【オークス(優駿牝馬)|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    5

    オークス(優駿牝馬)予想、ルージュバックは不安点満点!!



    ギャロップジャパン(管理人おすすめ競馬コンテンツ)
    gpors

     「オークス・G1」(24日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツホームページに掲載する、大好評企画の第6弾は3歳牝馬の争いオークス。馬を見る目には定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが各馬をA~D評価しました。桜花賞ではA評価を受けたレッツゴードンキが見事にV。さて、同馬の今回の評価はいかに!?

    【写真】G1馬体診断…今週はオークス

     【ルージュバック=B】

     直前まで放牧先でじっくりと調整し、帰厩したのが5月12日。シャープなつくりだった桜花賞前と比較しても明らかに体つきにボリュームがあり、別馬に見えるほどのシルエット。トモからお尻にかけては、はち切れんばかりの盛り上がりだが、さすがに腹回りはもうひと絞りできそうな印象だ。5月17日の長めからの追い切りが前走後初時計。当週の動きに注目が集まる。断然人気を背負った桜花賞はまれにみる超スローペース。直線も進路を確保できず展開に尽きる。やはり広々とした舞台でこそ真価を発揮する馬だろう。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F81秒4-36秒7-12秒6(馬なり)。4秒ほど前を行くダノンウルフ(3歳未勝利)をゴール前できっちりとらえた。道中で行きたがるしぐさは見せるが、しなやかさがあり、この馬本来のフォームで走れている。

     
    やっぱりこのパフォーマンスが注目!!
    きさらぎ賞-2015年
    【オークス(優駿牝馬)予想、ルージュバックは不安点満点!!】の続きを読む

    このページのトップヘ