競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:オークス予想馬体診断

    オークス予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【オークス馬体診断】ラヴズオンリーユー
     
     【ラヴズオンリーユー 評価A】 

     全兄のリアルスティールに比べると爪は丈夫か。また、つなぎの柔軟性も兄よりは上。目つきは鋭く、あくまで折り合いがポイントだが、クビ差しが長くて胴長+脚長の体形も加味すれば、距離に対する融通性は妹の方がありそうだ。  

     栗東CWで長めから2本の追い切りを施されているが、それでもふっくらとしたシルエットを誇っているのは状態のいい証し。撮影では多少、前重心になるのは兄と同様だが、トモのボリュームと丸みは目を見張る。厳しい競馬をしていない分、馬に余力があるのは好材料だ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    M・デムーロを背に栗東CWで6F81秒0-38秒0-11秒5(馬なり)。エントシャイデン(4歳オープン)を0秒7追走して0秒4先着。パートナーを抜き去る際の加速は際立っていた。休み明けを叩かれ、状態はさらに上向いている。
    【オークス馬体診断】コントラチェック

     
     【コントラチェック 評価B】 

     【コントラチェック 評価B】   
     きょうだいは重厚なつくりのタイプが多いが、当馬はバランス型の体形。今回は首差しがより力強く、前肢が勝って映るシルエットだが、トモからお尻はシャープにまとまっており、ガチッと固まっていないのは父ディープインパクトの血の影響が濃く出ているのを感じさせる。  

     距離は延びるが、つなぎの長さと角度も理想的で走法からも問題なし。立ち姿からは気負いは見せないが、走らせると前向き過ぎる面を出すのがネック。この中間も調整はテンションを上げさせないように工夫されてのもの。お腹回りに少しゆとりが見られるように、もうひと絞りできれば完璧だろう。(馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉
    美浦Wで3F44秒5-13秒3(馬なり)。3Fからサラッと流したが、緩いペースにも力みはなく、リズム良く走れている。体も締まっており、状態面はいい意味で変わらない。

    【オークス馬体診断】ダノンファンタジー

     
     【ダノンファンタジー 評価B】 

     チューリップ賞で結果を出し、桜花賞へ向けては意欲的な調整が施された。あばらをうっすらと見せながらもトモがパンパンに張り、体脂肪の低い研ぎ澄まされたシルエット。骨格やつなぎからもマイラーのイメージが強く、折り合い面などに課題があるため桜花賞が最大目標だった可能性は高い。

      ただ、体脂肪は多少増えたが、緩みのない体つきでトモの丸みも十分。今回の姿形からすればハードにやった反動は感じられないが、テンションが上がらぬようにケイコの負荷を弱めているのは事実。見栄えはするものの、上積みは疑問だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      
    〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F56秒7-41秒0-12秒9(馬なり)。馬任せに終始したが、フットワークは素軽く、気配は良好。

    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    オークス予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【オークス馬体診断】ラッキーライラック

    【ラッキーライラック 評価A】

      
     桜花賞時は『体脂肪率はいくつ?』と思うくらいに研ぎ澄まされたフォルムだった。当時の阪神は前週まで6週連続で高速ターフ。そんな馬場傾向にも沿った仕上げだと感嘆してA評価としたものだ。

       少々誤算があったとすれば、その桜花賞の週は土曜が芝=稍重、ダート=重のスタート(日曜もダートは重でスタート)と、天候や馬場がそれまでとは一線を画する設定だったことか。それがゴール前のスタミナ切れ?を誘発した印象がなきにしもあらず(結果的にレースレコードではあったが…)だ。

      今回は長距離輸送も踏まえて、前走時よりもふっくらとしたシルエット。結果的に『仕上がり過ぎ』だった桜花賞とは違うアプローチの馬体づくりだと感じる。長めのつなぎ、馬体のバランス、目つきから、距離延長は逆転女王への希望となる。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒2-37秒2-12秒2(一杯)。レッドエクシード(3歳未勝利)を1秒3追走して0秒2先着。パートナーを抜き去る加速が速く、抜け出してからもしっかりと気合をつけられた。この馬らしいバネの強さを感じさせる走り。すこぶる順調にきている。

    【オークス馬体診断】アーモンドアイ

    【アーモンドアイ 評価A】

      
     日が差していないだけに毛ヅヤはくすんで映るが、皮膚の薄いつくりは変わりない。前後肢のつくべきところに筋肉がついた、均等なバランスを維持できている。

      背中のラインに窮屈なところはないが、桜花賞時の1週前と比較して胴の縦幅の厚みが増して映り、やや体の線は太くなってきた印象を受ける。それでも首回りはすっきりとしており、長めでシャープなつくり。

      現状の馬体からは距離の融通も利きそうで、気性面や脚質的なことを踏まえても舞台変わりに関しては気にする材料ではない。桜花賞のパフォーマンスが一枚も二枚も上。馬体診断においても前回と同様に文句なしのA評価とする。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで6F82秒6-38秒6-12秒3(馬なり)。大きく追走しながらも、直線は持ったままで鋭く伸びて1馬身先着。弾むようなフットワークは、さらに切れが増した印象だ。馬体もふっくらと見せており万全の態勢と言える。


    オークス馬体診断】オールフォーラヴ

    【オールフォーラヴ 評価B】

      
     前走の忘れな草賞(1着)が442キロ。いかにもディープインパクト産駒といったサイズの一頭ながら、あばらをうっすらと見せつつも細いとの印象は受けない。これはトモに適度な丸みがあるためだろう。輸送があることを踏まえても上々のシルエットと判断していいだろう。

      
     ただ、立派な胴に比べると首差しと四肢が細め。キ甲(※1)が抜けており完成度は高そうに映るが、まだ少しアンバランスに見えるあたり、成長の余地を残している印象だ。素材自体の良さは感じさせる半面、桜花賞の上位馬に比べると完成度という点でやや見劣りする。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉和田を背に栗東芝で5F65秒3-36秒6-11秒8(強め)。キビキビとしたフットワークでスピード感十分の動き。追われてからの反応も俊敏で、好調ぶりをアピールしている。

      (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【オークス馬体診断】リリーノーブル

    【リリーノーブル 評価B】

      
     桜花賞(3着)後も緩めることなくハードに仕上げられており、この馬の体力には驚かされる。その前走が、スプリンターかと思わせるほどのボリューム感。短距離志向の母系の血が騒いでいるのかも…と記したが、今回は当時と比較すると幾分シャープに映る。

      
     もちろん首の角度や重心の問題もあるが、東京芝2400mという舞台を意識して馬体を少し絞ってきたとの印象を受ける。ハードなケイコを施されながらも、目つきは穏やか。丸みのある立派なトモも健在で、好調だ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒5-39秒9-12秒0(一杯)。前半からスムーズに運んで、追われてからも鋭く伸びた。中間の乗り込みも熱心で気配は上々だ。



    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    オークス(優駿牝馬)|2016年|馬体診断まとめ

    チェッキーノ-評価-A- 

     「オークス・G1」(22日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牝馬クラシック2冠目の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…オークス馬体診断

     【チェッキーノ=評価A】

     デビュー時はやや非力さが感じられたが、シャープなつくりながらも力感のある立ち姿。腹回りにもいい意味での余裕が感じられ、一戦ごとに数字を増やしてきている表れだろう。トモの幅は薄めだが、体とのバランスを考えればこれぐらいでちょうどいいボリューム。

     前肢の筋肉量が勝るのはこの血統特有ではあるものの、性別の違いもあり、きょうだいと比較して首差しが細く、重心が高くない点は距離を対応できる最大のポイント。

     前走は気合を表面に出し、初めて2人引きでのパドック周回となったが、結果は杞憂(きゆう)となるパフォーマンス。東京が舞台の地の利を踏まえれば、桜花賞組にも十分太刀打ちできる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前診断〉美浦Wで5F70秒1-12秒8(馬なり)。数字は地味だが、程良く気合が乗っていて肌ツヤもいい。目下の充実ぶりは顕著。

     

    ロッテンマイヤー-評価-A-

     「オークス・G1」(22日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牝馬クラシック2冠目の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…オークス馬体診断

     【ロッテンマイヤー=評価A】

     首差しが長く、胴もゆったりめのシルエット。長めの立ちつなぎが生み出すダイナミックな走りは、芝のマイル~2400メートルに適性のある走るクロフネ産駒の特徴かもしれない。母の父のアグネスタキオンも産駒の能力にばらつきが多いが、走る馬は柔らかさのあるタイプで、この馬はそれを継承。同世代でしのぎを削ったクロフネとアグネスタキオンのいいとこどりの結晶といっても過言ではない。

     筋肉隆々の馬体ながらうっすらとあばらが見え、トモの張りも良好。1週前追い切りで見せた力みは少し心配だが、現時点の仕上がりとしては文句ないだろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉T・ベリーを背に、栗東CWで5F71秒0-11秒6(馬なり)。3頭併せの真ん中から楽々と抜け出して、僚馬に0秒9、1秒先着。序盤をゆったり入ったとはいえ、ラストの伸びは圧巻だった。前向きさと集中力も増しており、上積み十分。

     
    【オークス(優駿牝馬)|2016年|馬体診断まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ