競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:オークス共同会見

    オークス(優駿牝馬)予想|2017年|共同会見まとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ


    『ヤフーニュースより引用』

    ソウルスターリング鞍上ルメール「ベストホースが勝てるコース」/オークス共同会見

    桜花賞3着からの巻き返しを図るソウルスターリング(牝3・美浦・藤沢和雄)が、C.ルメール騎手を背に最終追い切りを消化。追い切り後、ルメール騎手と藤沢調教師の共同記者会見が行われた。

    ■ルメール騎手

    (桜花賞・GI・3着を振り返って)
    「馬場がちょっと重くて柔らかく、少し難しかったです。枠番も外でした。よく手前を替えていてあまり良くなかったですし、直線での反応もちょっと遅かったですね。それでも3着でしたから、能力があります」

    (今日の追い切りの指示は?)
    「お任せと言われていました。今日は軽い追い切りでしたが、自分で動いていましたし、とても良い感じでした」

    (2400mについては?)
    「桜花賞でゴールのあともすぐに止まらず、まだ走っていました。経験を積んで乗りやすいですし、2400mもいけると思います」

    (母はフランスでオークスを勝っているが、似ている部分は?)
    「はい、似ています。体と雰囲気が似ています。脚が長くて、トビが大きくて、ハイテンションっぽいところもすごく似ています」

    (希望する枠順は?)
    「真ん中の枠番がほしいです。大外枠はちょっと難しいです。1コーナーがすぐ来ますから、もし大外だったらスタートが大変です。枠が内過ぎたら、スタートが悪かった時にちょっと難しいですね。トビが大きいですし、ペースが遅かったら、ちょっと引っ掛かるかもしれません。だから真ん中の枠番がちょうど良いと思います」

    (道中はどのようなポジションで?)
    「距離は行けそうですけど、まだわからないですから、多分先行馬の後ろがベストポジションだと思います。後ろ過ぎるのは、良くないと思います」

    (東京コースは?)
    「広くて直線が長いですから、ベストホースが勝てるコースです。だから僕は府中が大好きです」

    (先週もGIで優勝したが?)
    「そうですね。でも先週ですから。今回はオークスを勝ちたいです。オークスのことを考えます」

    (ファンにメッセージを)
    「今週、ソウルスターリングはリベンジです。オークスはとても楽しみですし、今回も応援してください。ありがとうございます」


    ■藤沢調教師

    (前走の桜花賞について)
    「たくさん応援してもらったのにすみません。とてもガッカリしました」

    (前走から中5週、どのような調整を?)
    「レース後、10日ほど牧場に行き、こちらに帰ってきてからも順調に調教しています」

    (今日の追い切り、ルメール騎手にはどんな指示を?)
    「今年2回使わせてもらっているし、そんな速い時計ではないですが、馬の気分次第で併せ馬をするように言っておきました」

    (動きを見てどのような感想を?)
    「さほど速い時計ではなかったですけど、いつもと同じで動きは良かったです」

    (2400mの距離は?)
    「使い出しは1800mで、3戦目から1600mを3戦して、また距離を延ばすということになりますが、2400mはどの馬にとっても初めての経験ですからね。折り合いがうまくついてくれたらいいかなと思っています」

    (これまでレースでの折り合い面は?)
    「最初は1800mを続けて2回使って良かったのですけど、その後マイルに行ってからもすごく上手で、マイルっぽい感じがしました。ただこの間は馬場が悪くてダメでしたね。今回は何とか落ち着いて走ってもらいたいと思います」

    (お天気の希望は?)
    「皆同じ条件ですけど、良い馬場で走らせたいですね」

    (オークスの作戦は?)
    「どの馬も初めて1周り半回りますが、道中穏やかに走らなければ直線が長いですし、その辺だけです。1800mの時から穏やかに走っていたので、問題はないでしょう」

    (枠順の希望は?)
    「やはり内枠の方が良いかなとは思っていますけど」

    (ファンへのメッセージを)
    「前走は本当にたくさんの人に応援してもらいました。ゴール前は私も悲鳴が出るくらいで、本当に残念でした。今回は難しい距離ですが、馬の体調は良さそうなので、また懲りずに応援してください」
    レーヌミノル池添騎手「二冠を獲りたい」/オークス共同会見

    ■レーヌミノルに騎乗予定の池添謙一騎手

    ――今年のオークスは桜花賞馬で挑みますが、昨年と違いはありますか?
    池添 立場と気持ちが違いますね。

    ――前走の桜花賞では初めての騎乗での優勝でした。
    池添 上手に走ってくれました。カンペキなレースが出来たというのが自分の中にあります。見ている限りではスピードタイプで乗り難しいのかと思っていましたが、実際に乗るとそういうのはなくて、乗りやすくて鞍上の指示に従ってくれます。最初に1週前の追い切りに騎乗したときにそう感じました。

    ――オークスでも1週前追い切りに騎乗していますね。
    池添 桜花賞以来の調教騎乗でした。いい動きをしてくれていましたし、桜花賞のときより状態がいいと感じました。

    ――乗りやすさという点ではどうですか?
    池添 すごく乗りやすいです。こちらが合図を送ればしっかり反応してくれます。よかったと思います。

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池添 先週しっかりやっているし東京への輸送もあるので今日は僕は乗りませんでした。僕は乗って感じるほうなので、見ていてもよくわからなかったんですけど。今、上がってきたので(担当の)中井さんに話を聞いたら、桜花賞よりいいというコメントをいただきました。

    ――オークスでの課題は?
    池添 皆さんからも言われているとおり、距離です。

    ――池添さん自身は距離についてはどう思いますか?
    池添 2400という距離は走ったことがないので、正直なところ走ってみないとわからないです。

    ――距離が延びることで道中の折り合いは?
    池添 そこは大丈夫だと、自分の中では思っています。

    ――理想のレース展開は?
    池添 そうですね、まずは折り合いがすごく大事になってくると思います。スタートがいい馬なので後ろからになるというのはないと思うんですが、だからといって逃げたくもない。そのへんは枠と馬の並びで考えていかなければいけないと思っています。

    ――いまの東京競馬場の馬場はいかがですか?
    池添 内が悪いですね。当日の馬場コンディションについては、当日見極めて乗りたいと思います。

    ――理想の枠順は?
    池添 内は(馬場が)悪いですが、あまり外よりは内側のほうがいいかな、と思っています。

    ――ライバル関係は?
    池添 桜花賞では勝つことが出来ましたけど、その前は負けている馬もいますし。レース展開や騎手の乗り方で変わってくる、腕が問われるレースになると思います。

    ――最後に意気込みを。
    池添 二冠の権利を持っているのはレーヌミノルだけなので、二冠を目指します。自分の中では、距離も絶対に持つ、と思っていますので、自分の腕(次第)だと思っています。あとは未知の距離でもあるので、レーヌミノル自身にも頑張ってもらわなければいけないので、一緒に頑張って二冠を獲りたいと思います。

    リスグラシュー武豊騎手「十分、勝ちを意識できる馬」/オークス共同会見

    ■リスグラシューに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走の桜花賞を振り返ってください。
    武豊 2着によく頑張ってくれたんですけど…惜しかったですね。

    ――終いの伸びは目立っていましたね。
    武豊 そうですね。ゴール前はよく伸びていましたね。

    ――勝負処で1着馬と離されたのが…という話をされていましたが。
    武豊 そうですね。勝ち馬の真後ろでレースをしていたんですが、4コーナーで少しもたついてしまいその差が最後まで逆転できませんでした。

    ――状態については?
    武豊 はい、チューリップ賞の前よりは桜花賞前のほうが調教の動きは良かったので状態は良くなっているな、と思っていました。

    ――桜花賞後の状態はいかがでしょうか?
    武豊 先週乗ったんですけど、いい動きをしていました。状態としてはいい感じだなと思います。

    ――桜花賞よりも状態がアップしていると言ってよろしいでしょうか?
    武豊 いや、どうでしょうね?桜花賞の時も状態良かったですからね。同じような感じだと思います。

    ――東京2400については?
    武豊 東京コースは一度走って勝っているし、合っていると思います。距離はほとんどの馬がそうだと思いますが、未知の距離なのでやってみないと分からないです。…まぁ、悪くはないと思いますけどね。

    ――2400はベストではない、と?
    武豊 ほとんどの馬がそうだと思います。ただ、オークスというレースは距離適性というのはあまり関係なくやっている馬も結構います。いままでのレース内容からすると距離が延びるのは特にマイナスにはならないと思います。

    ――何か注文をつける部分はありますか?
    武豊 そんなに乗り難しいタイプではないですけど。ただ、スタートはあまり上手ではないですね。折り合いは問題ないですけど、レース当日のイレ込みは心配ですね。

    ――東京の芝のコンディションについては?
    武豊 先週は雨が相当降ってそれが残っていました。でも、今週は天気予報をみると雨はなさそうですけど…、内のほうは傷んでいるかもですね。

    ――武さんにとっても久しぶりのオークス制覇を意識されているかと思います。
    武豊 久しくオークスは勝っていないですから、久々にチャンスのある馬で挑めます。十分、勝ちを意識できる馬ですし、この馬自身GIに出走して2着が続いていますから、なんとかここでGIホースにしてあげたいな、という気持ちは強いです

    フローレスマジック戸崎騎手「良い雰囲気、良い状態」/オークス共同会見
    ■戸崎騎手

    (前走のフローラSを振り返って)
    「馬の感じも休み明けながら良かったですし、前に壁を作らずにどんな競馬ができるかなというのを思い描いてレースをしました。道中の折り合いも良い感じでしたし、問題ないなと感じました」

    (2400mのオークスを見据えてのレースだった?)
    「そういうわけではないです。そんなに行く馬もいなかったので、前に壁を作らずに、そういう競馬をしたらどうなのかなという感じで乗りました」

    (3着だったが、合格点を与えられる内容?)
    「休み明けという感じもありましたし、最後もバテているわけではないので、良い形だったかなと思います」

    (今日の追い切り、木村師からの指示は?)
    「ある程度しっかりやってくれという指示だったので、しっかりやりました」

    (手応えは?)
    「十分に良い雰囲気で、良い状態で来ているなというのが、感じ取れました」

    (2400m戦は?)
    「乗りやすい馬ですし、攻め馬を積み上げているわりにはテンションも上がっていないので、距離が延びても問題ないでしょう」

    (希望する枠順は?)
    「極端な枠でなければ良いです」

    (今回どのようなレースを思い描いている?)
    「枠順や並びで変わってくると思うので、そこから考えようと思います」

    (ある程度融通はきくタイプ?)
    「そうですね、すごく乗りやすいですし、前走もあのような競馬ができましたので、問題ないかなと思います」

    (オークスは2年連続2着で、今年は期するものがあるのでは?)
    「去年は去年ですからね。今年は今年でまた新たな気持ちでいこうと思っていますけど。何せクラシック勝ってないのでね。勝ちたい気持ちはいっぱいありますね」

    (最後にメッセージを)
    「チャンスのある馬に乗せて頂きましたし、僕もまだクラシックを勝ったことがないので、この馬と一緒に勝てればと思っています。応援よろしくお願いします」


    ■木村調教師

    (前走は戸崎騎手が積極的なレースをしたが?)
    「騎手の気持ちも前掛かりだったでしょうし、馬の気持ちも前掛かりだったと思いますが、しっかり頑張ってくれました」

    (前走後は?)
    「先週の水曜日、ノーザンファーム天栄から私の厩舎に帰ってきて、今日に至ります」

    (今日の追い切りについて)
    「騎手には前の馬についていって、最後しっかりやってくださいとお願いしました。いつも通りの動きだと思います」

    (2400mの距離は?)
    「距離はやってみないとわからないですね」

    (道中の位置取りや作戦、希望の枠は?)
    「特に作戦や希望の枠順はないです」

    (大一番を迎える心境は?)
    「何とか良い状態で出してあげたいと思っています」

    (最後にメッセージを)
    「今のところ週末は天気が持ちそうな予報ですし、皆さん連れだって競馬場にお越し頂いて、オークスを観戦して頂ければと思います」


    最近、希望枠を聞かれて与えられた枠で頑張るって発言が多くなった気もする
    今回絶対に外枠が良いと思う。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    5
    オークス(優駿牝馬)|2016年|共同会見まとめ

    エンジェルフェイス、藤原師「いかにリラックスして走れるか?」/オークス共同会見

    ■エンジェルフェイスを管理する藤原英昭調教師

    ――無事、オークス出走の運びとなりました
    藤原「やはり血統がしっかりしていますからね。クラシックに乗せたかった馬でしたから、ここまでうまく順調にきてくれています」

    ――フラワーCでは見事な逃げ切りでした
    藤原「今回(オークス)のことも考えて輸送を1回経験させたかった。そして、賞金が欲しかったのでどうしても勝ちたかったんです。きっちりモノにしてくれてよかったです」

    ――先行から逃げ切る競馬となりました
    藤原「ゲートの出がすごくいいですし、ストライドも大きい馬なんでね。それを邪魔せずに競馬するという意味では今はあれが一番パフォーマンスが上がるのかなと思います」

    ――早い段階で桜花賞は回避し、目標をオークス一本に絞りましたね
    藤原「使い出しが遅かったこと。つまり、成長を待ちながらというのがあったので。その時点で桜花賞は間に合わないかな、と考えていました。まぁ、出ようと思えば出れましたが、桜花賞の出走メンバーはキャリアがありますから。ある程度経験を積んでる馬との対決では(こちらの)着順やパフォーマンスも予想できたので。それなら、みんなが未知の世界のオークスの方が分があるかなと思い、ここに(狙いを)絞りました」

    ――この中間、二ヶ月ほど時間がありましたが、そのあいだの調整はイメージどおりでしたか?
    藤原「馬の成長を待ちたかったので、フィジカル、フィットネス、メンタル、ともに向上してここにこれるというのを目標に馬づくりをしてきました。そういう意味ではこの期間というのは重要だったように思います」

    ――2週前からルメール騎手で追い切りをかけていますね
    藤原「やはり長い距離なんで、ジョッキーとのコンタクトがひじょうに重要です。フィーリングをつかんでもらうという意味で2週続けて乗ってもらったんです」

    ――そして今朝の最終追い切りはコースで、鮫島騎手によって行われました
    藤原「もう今週はルメールジョッキーではなく鮫島くんに手伝ってもらいました。鮫島くんはこちらの求めるすべての要求をわかっているのでね。最後は馬なりですが、気持ちをリラックスさせながらという指示どおりのいい内容でした」

    ――力を出せる状態になっていますか?
    藤原「現状、コンディションはすごくいいです。力は出せると思います」

    ――前走からどれだけ成長しているか、見てみたいです
    藤原「はい。そこを見てみたいですね。潜在能力の高さはわかっていますから。現時点でどれくらい走ってくれるか、興味があります」

    ――東京の2400mという舞台、そしてライバル関係、どのように考えていますか?
    藤原「展開というよりも、まだまだ小技が使えない馬です。いかにリラックスして、マイペースで走ってくれるかというのが重要だと思います。そういう意味では競馬のスタイルは決まってくると思います」

    ――最後にひとこと
    藤原「天気もよさそうなので、ファンの方にいっぱい来てもらいたいですね。いいレースができるよう頑張っています。応援よろしくお願いします」

    ■エンジェルフェイスに騎乗予定のC・ルメール騎手

    ――1週前追い切りで騎乗された感触は?
    ルメール「とても乗りやすい。Good Feelingがありました」

    ――オークスでの作戦は?
    ルメール「いつもスタートが速いです。たぶんオークスも好スタートを切ったら逃げる。いちばん大事なのはリラックス。同じイメージで乗ります」

    ――いまの東京の芝コースはいかがですか?
    ルメール「とてもいいコンディションです。いっぱい芝があります」

    ――最後にひとことお願いします
    ルメール「オークスは大切なGIです。競馬場に来てください。よろしくお願いします」

    (取材・写真:花岡貴子)

     


    ロッテンマイヤー、池添学師「不安より期待が大きい」/オークス共同会見

     

    ■ロッテンマイヤーを管理する池添学調教師

    ――開業2年目、GI初参戦のお気持ちは?
    池添「特にありません。普段どおり、いい状態でレースに臨めればと思います」

    ――昨年骨折で休養していましたが、よくオークスに間に合いましたね
    池添「無理せず、いい状態で使ってきた上で使える状況になったので出走となりました」

    ――忘れな草賞の感想は?
    池添「想定していた勝ち方とは違いましたが、ジョッキーがうまく乗ってくれました」

    ――ここまでの三戦の評価は?
    池添「三戦ともに戦いかたが全然違うように、オールマイティな競馬ができています。かつ、一戦ごとに成長を感じています。そのへんの伸びしろは血統のなせる業だと思います」

    ――祖母がビワハイジ、叔母にブエナビスタという血統ですね
    池添「預託が決まった時点で、この馬は1歳だったんですが、それ以降よく見に行っていました。すごく見栄えのいい馬なので期待はしていました」

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池添「先週のCWの動きがよかったので、今週は坂路だけでいいかな、と思ったんですが。馬の状態がすごくよかったので日曜日に左回りでの追い切りも行いました。試す程度の調教だったのですが、すごくリラックスしていいかんじでした。今日の最終追い切りは坂路コースで併せ馬、後ろで我慢させて気持ちが乗っていたら最後の1ハロンで伸ばすという指示をしました。指示どおりのいい追い切りでした。全体の時計としては目立つ方ではありませんが、わたし自身がさほど時計は気にしませんしね」

    ――前走からの上積みは?
    池添「前走後は短期放牧に出して、体もさらにひとまわり大きくなりました。トレセンに帰ってきてからは、カイバ食いもよく馬体重も安定しています。ここまで順調にこれていますし、だからしっかりとした追い切りもできました。じゅうぶん上積みという点では大きいと思います」

    ――レースではT・ベリー騎手が騎乗しますね。先週の追い切りには騎乗されていましたね
    池添「またがる前に少しこういう馬だというのは説明しました。その上で、あまり伝えすぎてジョッキーの感性がなくなるのもこわいので。乗った後の感想を聞こうと思っていました。そして追い切り後に話したところ、自分の思っていたイメージとジョッキーの感想が一緒だったので、ほっとしました。

     具体的には、後ろで走っている分にはリラックスしていますが、並びかけると一気に前の馬をかわそうとします。とりあえず、後ろで走れば力を抜いて走れる、ということだけを伝えて追い切りに乗ってもらったんです。そして、追い切り後にベリー騎手から『並びかけるとかわそうとする』と言われたので、同じ感想だな、と思いました」

    ――レースでも前に馬をおいて進めたいですか?
    池添「レースではゲートの出方次第でまわりの馬との状況をみてジョッキーが判断してくれればいいと思いますが。横に並びかけてずっと走るというのだけは避けてほしいな、と思います」

    ――すでに輸送も経験済みです。現時点での不安材料は?
    池添「いまのところ何も不安な点はありません。輸送も前走、いまの状態よりももうひとつよくなかった状態でしたが、あまり馬体重は減りませんでしたからね。今回も輸送減りとか気にしていません。あとは落ち着いてレースに臨んでくれればと思います」

    ――お兄さんが騎乗するシンハライトを筆頭にライバル関係はどのようにお考えですか?
    池添「桜花賞組は一枚も二枚も上だと思っています。ロッテンマイヤー自身がこれまでそういう馬とは対戦したことがないので未知数な部分が大きいです。不安もありますが、未知数という点では不安より期待の方が大きいです」

    ――最後にひとことお願いします
    池添「ここまで順調に調整してこれました。あとは無事にゲートインするのを待つだけなんですが、そこまでしっかりと管理していかなければと思います。レース当日、いい状態で出走できると思うので、競馬場に足を運んでいただき応援していただけたらと思います」

    (取材・写真:花岡貴子)

    【オークス(優駿牝馬)|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ