競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:ジャパンカップ

    JC(ジャパンカップ)予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    サトノクラウン森助手「ムーア騎手が『パーフェクトな状態』と」/ジャパンC共同会見

    ジャパンC(GI・東京芝2400m)に出走するサトノクラウン(牡5・美浦・堀宣行)がR.ムーア騎手騎乗(レースはM.デムーロ騎手)で、ウッドチップコースで3頭併せの追い切りを行った。追い切り後、森一誠調教助手が共同記者会見に臨んだ。

    (今朝の追い切りについて)
    「秋の天皇賞(GI・2着)の時は単走での追い切りでしたが、今日は3頭での併せ馬となりました。1週前に単走で追い切りをしたのですけど、その時は終い少しフワフワするところがあったので、そこを矯正する意味で今週は併せ馬での追い切りとなりました。休み明けを1度使っているので、終いを確かめる程度で動きの方は良かったと思います」

    (ムーア騎手が追い切りに乗った意図は?)
    「ムーアジョッキー自体、この馬をすごく気に入っていまして、海外にいる時からこの馬のことをすごく気にかけてくれています。今回はレースでは別の馬に乗るのですけど、クラウンのことがすごく好きでこの馬に乗ってみたいという理由が1つと、普段は調教助手が乗っているのですけど、ジョッキーにクラウンの今の状態を聞いてみたいということで、ムーア騎手が乗ることになりました」


    (ムーア騎手の感触は?)
    「この馬自身、年齢を重ねていて、馬自身が自分のやることをわかっているということで、動きの方も精神面も問題なく、すごくパーフェクトな状態だと言っていました」


    (休み明けだった秋の天皇賞と比較して今の状態は?)
    「天皇賞がだいぶ重い馬場での競馬だったので、その疲労がどれくらいあるのかというのを中間見極めながらの調整だったのですけど、幸い大きなダメージもなく中間も順調に調整できていて、1度使った分良い状態で臨めると思います」


    (秋の天皇賞の評価は?)
    「昨年、一昨年と結果が出ていない舞台ではあったのですが、今年は2着という結果でした。最後の直線では勝ち馬が先に抜け出して、ちょっと厳しいかなと思ったのですけど、クラウン自身最後も一完歩ずつ差を詰めて首差まで詰め寄って、負けはしましたけどすごく良い内容だったと思っています」


    (去年は秋の天皇賞から香港ヴァーズ(GI・1着)というローテーションだったが、今年ジャパンCを選択した理由は?)
    「天皇賞の前から今年の秋は国内専念ということでローテーションは決まっていたのですけど、その中で東京の2400のジャパンCを是非とも使いたいということで選択しました」


    (東京の2400mの適性は?)
    「この舞台自体、ダービー以来、約2年半振りになります。ダービーは負けはしたのですけど、すごく良い内容の3着で、終いも良い脚を使っていましたし、この馬にとっては一番適した舞台だと思っています」

    シュヴァルグラン友道師「毎回言ってますが、この馬にGIを獲らせてあげたい」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランを管理する友道康夫調教師

    ――前走の京都大賞典を振り返ってください。
    友道 ゲートを出てちょっと挟まれまして位置取りが後ろになったんですが、それでも終いはしっかりとした脚で差を詰めました。秋緒戦としては満足しています。

    ――それから中6週で迎えるジャパンカップ。その後の調整具合は?
    友道 在厩させてしっかり乗り込みました。先週までで大方出来上がったと思います。

    ――先週の1週前追い切りはいかがでしたか?
    友道 ジョッキー(ミルコ・デムーロ騎手)を乗せて馬場(ウッドチップコース)で併せました。ジョッキーにはゴールを過ぎてからもしっかり追ってもらいました。もともとそんなに調教では動く馬ではなかったのですが、動きは良かったと思います。

    ――今朝の最終追い切りは坂路でボウマン騎手が乗って行われました。
    友道 今日はジョッキーに感触を確かめてもらう程度だったんですが、動きを見ていても良かったしジョッキーの感想も良かったのでいい調教ができたと思います。

    ――臨戦過程は昨年とは違って間隔が空いていますが、そのあたりは?
    友道 今年が本当のローテーションです。昨年は春の疲れが残っていたので(使い出しが遅れて)、アルゼンチン共和国杯からの参戦で中2週になったのですが、本来考えていたローテーションは今年のパターンです。今回は本当に万全でいけると思います。

    ――昨年はジャパンカップ3着でしたが、そのあたりは?
    友道 先ほども言いましたとおり、昨年はちょっと強行軍でのジャパンカップ参戦だったのですが3着でした。今年は本当に万全な状態で臨めるので、本当になんとか巻き返したいと思います。

    ――理想の展開は?
    友道 これからボウマン騎手と作戦会議をするんですけど、本来ならばゲートもいい馬なのでいい位置につけられると思います。競馬の流れに乗ってくれれば、結果はついてくると思います。

    ――ボウマン騎手ですが、どのあたりを期待しての起用でしょうか?
    友道 やはり世界ナンバーワンのジョッキーですし、シュヴァルグランはちょっとズブいところがあるのでしっかり追ってくれる方だと思ってお願いしました。

    ――追い切りでの動きから人馬の相性の良さは感じられましたか?
    友道 今日はそんなに追ってはいないのですが、いいリズムで走っていたと思います。

    ――相手関係は?
    友道 ダービー馬が3頭いますし、本当に強いメンバーが集まったと思います。その中でいい競馬ができればと思います。

    ――なんとかGIタイトルをという思い、かと思いますが?
    友道 毎回GIの前に言ってるんですけど、本当にいつも“この馬にGIを獲らせてあげたい”と思っています。

    ――最後に意気込みを。
    友道 昨年は3着であと一歩のところでした。春もあと少しでGIのタイトルが獲れるところまできています。なんとかここでこの馬にもGIを獲らせてあげたいです。応援よろしくお願いします。

    キタサンブラック清水師「一緒にいられる残された時間を楽しみたい」/ジャパンC共同会見

    ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

    ――まずは前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。
     清水 本当に強い内容だったと思います。ゲートはまさかああいうかたちになるとは思わなかったですね。ヒヤッとしましたけど、すぐに僕も気持ちを切り替えることが出来ましたんで割と冷静に見ていられましたね。


    ――もともとゲートでの癖などはあったのでしょうか?
     清水 そうですね。もともと(ゲート内の)駐立はソワソワするところがあったんですけれども。それでもしっかり出て、二の脚も速かったので心配はしていなかったんですけど。まぁ、(天皇賞では)気持ちが入り過ぎてしまったのか、タイミングが合わなかったですね。たまにはありますよ、こういうことも。

    ――追い上げるかたちのレースになりましたね?
     清水 はい、後ろからの競馬になったんですけれども、しっかり気持ち良さそうに折り合っていましたのでいいかんじで(レースを)運べているな、と思いましたね。

    ――直線の攻防はいかがでしたか?
     清水 アッという間にあそこにいましたのでビックリしました。抜け出してから並びかけてくるとまた伸びるといういい根性をしていますので。ある程度安心して見ていられましたね。ラストはブラックならしのいでくれると思っていました。

    ――その後の馬の様子は?
     清水 おかげさまで特に痛めたところもなく、毛ヅヤも全く落ちなかったですし、疲れはしっかりとりました。休み明けを1回使ったという上積みもありますので、それほど慌てて立ち上げていくこともなかったので、本当にこの中間は順調にこれました。

    ――1週前追い切りはいかがでしたか?
     清水 しっかり負荷をかけたかったので、思ったとおりの追い切りができたと思います。

    ――今朝の最終追い切りの内容と評価を教えてください。
     清水 はい。内容も良かったと思いますし、いい評価をあげられると思いますね。追い切り後の馬の状態も落ち着いています。

    ――昨年に比べてより完成度は上がっていると捉えてもよろしいですか?
     清水 はい。天皇賞(春)も素晴らしかったですし、(秋)もあの馬場で強い競馬をしてくれました。昨年以上だと思ってくれていいと思います。

    ――今回の舞台は、昨年圧巻のレースをした舞台ですね。
     清水 はい。東京への輸送も何も、すべてにおいて不安はないですね。

    ――昨年のジャパンCを振り返ってください。
     清水 枠順も内でしたし、スタートも決めて、特に主張していった訳ではないですけど馬のスピードに任せてああいうかたちになりました。いいペース配分で最高の騎乗だったと思います。

    ――今回、レースプランは?
     清水 そこはジョッキーが考えてくれていると思います。

    ――相手関係は?
     清水 3歳勢も出てきていますね。いつものことですが、相手関係は考えずにいい状態で仕上げることだけに集中したいですね。

    ――改めて、キタサンブラックへの思いは?
     清水 “感謝”のひとことですね。

    ――この秋は残り3戦と決まったあと、前走の天皇賞(秋)で優勝しました。よりプレッシャーも高まってくるのではないでしょうか?
     清水 もちろんありますけども、ブラックに限っては心配事はないですし。故障のリスクも本当にないですし。以前ほどのプレッシャーは感じずにいられます。あとはね、短いあいだですがあの子と一緒にいられる残された時間を楽しみたいですね。

    ――最後にひとこと。
     清水 秋緒戦、いいかたちで結果を出してくれました。本当にファンの多い馬ですし、3歳馬も出てきますけれども、連覇に向けていい状態で当日を迎えたいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    JC(ジャパンカップ)予想|2017年|馬体診断まとめ(デイリー)

    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    batai














    ヤフーニュースより

    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】シュヴァルグラン

    【シュヴァルグラン 評価A】

     金色に輝くビロードのような馬体から、毛ヅヤの良さや皮膚の張りが見て取れる。胴長で脚長の体形から、中長距離~長距離の芝向きの馬体と判断できるが、初勝利を除く5勝が芝2400~3000メートルという点もうなずける。

      前走の京都大賞典当時は肋(ろく)の部分に皮膚の厚みが若干残っていたが、ひと叩きされて薄くなってきたのはプラスだ。昨年はアルゼンチン共和国杯から中2週だったが、今回は中5週。間隔があいた分、反動が解消して、上積みだけが残った。状態は昨年以上だろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

      〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に栗東CWで6F83秒3-37秒4-12秒1(一杯)。僚馬2頭を1秒、1秒4追走して、それぞれと併入した。休み明けをひと叩きされて動きに素軽さが増し、気配も大幅に良化している。


    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】ソウルスターリング

    【ソウルスターリング 評価A】


      惚れ惚れするようなシルエット。凝縮された背中を中心に、バランス良く伸びた前肢と後肢。長めの胴には無駄な肉が一切なく、全体的に研ぎ澄まされたようなつくりだ。

      激しいレースの後だが硬さはなく、トモのボリューム感も前走同様に素晴らしいの一言。肌ツヤの良さも目立ち、体調面の不安は皆無。

      今週は少しピリピリしていたということで、騎乗者を変更して追ったが、立ち姿、表情からはリラックスしていることが分かる。撮られることにも慣れてきたのだろう。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      〈1週前追い切り診断〉美浦Wで4F55秒5-40秒9-13秒0(馬なり)。僚馬を目標に進み、直線も間隔を保ったままフィニッシュ。オーバーワークを避けた内容だったが、動きは力強く滑らか。張り、ツヤも目立ち、出来落ちはない。



    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】キタサンブラック

    【キタサンブラック 評価A】

      日陰の写真のため見にくいが、発達した前駆の筋肉や丸みを帯びたトモは、前走時の1週前とほぼ変わっていない。極悪馬場の天皇賞・秋で激走した反動が不安だったが、無用の心配に終わったようだ。

      変化といえば当時大きく見せていた馬体が、やや小さく見えるようになったところ。これは好調時の特徴で、4カ月ぶりの実戦を叩かれた効果だろう。腹回りもすっきりとして、顔つきに精悍(せいかん)さが増した点から、前回よりも評価を上げたい。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

      〈1週前追い切り診断〉黒岩を背に栗東CWで81秒1-37秒1-12秒2(馬なり)。大きく先行する2頭の外に残り1Fで併せて、ラストは脚力の違いで圧倒した。動きの迫力は前走以上と言える。


    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】サトノクラウン

    【サトノクラウン 評価B】


      天皇賞・秋は、思った以上に腹回りがボテッと映っていたこともあって評価を下げたが、今回は見た目ではっきりと分かる締まったシルエット。トモの筋肉も目立ち、馬体に関しては、かなり良くなった印象を受ける。パワーの源である重厚な首差しと胸前は健在で、凜と前を向く表情からは、走る気がみなぎっている感じだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F69秒7-39秒1-13秒5(馬なり)。単走で馬の気に任せたが、ダイナミックなフットワークは数字以上のスピード感。最後までブレることなく一直線に伸び切った。馬体もふっくらと見せており、激戦の疲れは皆無



    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】レイデオロ

    【レイデオロ 評価B】


      神戸新聞杯もほぼ仕上がっていたため、見た目には大きな変化はなし。ただ、以前よりも肩の筋肉が付いてきたこともあって、太い首差しとのバランスが取れてきた。

      筋肉量が豊富ながらも、ごつく見せないのはスタイルの良さ。手脚が長く、幅のある背中とお尻は、母父・シンボリクリスエスの血が良く出ている印象だ。胴にもゆとりがあり、距離は大丈夫。精神面の成長とともに、表情も大人っぽくなってきた。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F70秒0-39秒7-12秒3(馬なり)。2頭を追走して内に潜ったが、直線は重心がグンと沈んで矢のような伸び脚。スピード、切れともに素晴らしく、馬体もはち切れんばかりの状態。さらにパワーアップされた。




    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250




    ジャパンカップ予想|2016年|予想・データ

     27日に東京競馬場で行われる、第36回ジャパンC(3歳上・GI・芝2400m・1着賞金3億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     金曜日発売に続き、単勝オッズ1番人気には菊花賞、天皇賞(春)に続くGI・3勝目を狙うキタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎、3.5倍)が支持された。

     続いての2番人気は昨年の有馬記念を制したゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎、4.3倍)、3番人気はドバイターフを制したR.ムーア騎手とのコンビで挑むリアルスティール(牡4、栗東・矢作芳人厩舎、5.7倍)となった。

     以下、今年の皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎、6.9倍)、悲願の重賞勝利&GI制覇を狙うサウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎、12.7倍)、秋の天皇賞7着からの巻き返しを期す女傑ルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎、14.3倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    01 キタサンブラック 3.5
    03 ゴールドアクター 4.3
    16 リアルスティール 5.7
    09 ディーマジェスティ 6.9
    12 サウンズオブアース 12.7
    04 ルージュバック 14.3
    17 シュヴァルグラン 14.6
    14 レインボーライン 19.8
    08 イラプト 30.2
    15 ナイトフラワー 31.0
    10 トーセンバジル 48.2
    02 ビッシュ 51.6
    06 ラストインパクト 70.1
    07 ワンアンドオンリー 87.7
    05 イキートス 89.4
    11 フェイムゲーム 97.5
    13 ヒットザターゲット 173.1

     その他、馬連は01-03が8.5倍、馬単は03-01が16.8倍、3連複は01-03-16が14.3倍、3連単は01-03-16が60.0倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【ジャパンカップ予想|2016年|予想・データ】の続きを読む

    5

    ミッキークイーン|JC(ジャパンカップ)|ネット評価まとめ

     

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


    『ジャパンカップ』クイーンをV指名!史上2頭目、3歳牝馬の勝利へ

     ジャパンC過去10年のデータを徹底分析した結果、3歳牝馬の2冠馬ミッキークイーンがV候補に浮上した。

     (1)外国馬 今年参戦の外国馬は全て年内G1勝ちとハイレベルだが、05年優勝馬アルカセットは、同年に2400メートルの重賞を2勝(G1、G2)しての参戦だった。イトウ、トリップトゥパリス、ナイトフラワーの3頭は12F以上の重賞は年内1勝のみ。少し物足りない。

     (2)前走 国内外問わず、G1・7着以下から優勝した馬はいない。注目のG1・6勝馬ゴールドシップだが、前走・宝塚記念は出遅れがあったとはいえ15着。これだけ負けすぎると少々不安だ。

     (3)近走 コンスタントに成績を残す安定感も必要。フランスから参戦するイラプトだが、2走前・ニエル賞(G2)で大差4着負け。準オープン勝ちしたばかりのジャングルクルーズは勢いが魅力だが、2走前に9着。全幅の信頼は置けない。

     (4)東京実績 外国馬以外の優勝馬9頭は東京の重賞V、またはG1・3着以内の実績があった。ショウナンパンドラはヴィクトリアMで8着、天皇賞・秋4着とコース実績がいまひとつ。ここで脱落する。

     (5)乗り代わり 乗り代わりで優勝した日本馬はスクリーンヒーロー、ウオッカ、ジェンティルドンナ(13年)、エピファネイアの4頭だが、これら全てが日本人から外国人騎手へのスイッチ。ラブリーデイの前走は川田の騎乗停止による浜中へのテン乗りという事情があったが、データ上は不利となる。

     結論 全ての条件をクリアしたのは今年の牝馬2冠馬ミッキークイーン。12年ジェンティルドンナに続く史上2頭目の3歳牝馬Vの偉業を達成する。

     
    オークスでは東京芝2400m勝利
     

     

     

     

    【ミッキークイーン|JC(ジャパンカップ)|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ