スプリングS予想|データ・予想|戸崎の中山芝1800mデータ

 


re


 ブラックバゴ権利取りへ

 今週の中山メーン、皐月賞トライアルのフジテレビ賞スプリングSは、優先出走権をかけた熱い走りに注目。京成杯2着のブラックバゴは、現状のままだと賞金的に本番の出走は厳しい。それだけに、陣営もここで勝負をかけてきた。賞金的に余裕のある馬とは本気度が違う。

 ここで好結果を出さないと本番はない。なんとしても皐月賞に出走するため、ブラックバゴが3着以内の優先出走権獲得を目指す。

 「確かにメンバーは強いです。でも、この相手でブラックバゴがどこまでやれるのか、楽しみもあります。なんとしても権利は取ってほしい」

 アメリカ出張中の斎藤誠師に代わって、留守を預かる押野助手が気合満々の様子で話す。ホープフルSの3着も、京成杯の2着も僅差。能力的には一線級と差がないことを証明しているが、現在の収得賞金1150万円のままでは、皐月賞に出られない。最低でも3着だが、ダービーまで見すえれば2着以内で賞金を加算したい。

 9月の新馬戦で2着となり、いったん放牧へ。11月に復帰して勝つと、12月のホープフルS、1月の京成杯と月1走のペースで出走してきた。「とにかく真面目すぎるほど真面目に走る馬。だからこそ最後まであきらめずに走って成績が安定しているんだと思います。前走は返し馬からカッカしていたけど、今回は放牧でリフレッシュして落ち着きがあるし、状態がすごくいい」。押野助手はどんな相手でも食らいつく勝負根性を高く評価している。

 今回は2走前に手綱を取った戸崎騎手とのコンビ。先週は土日で7勝と爆発的に勝ち星を量産したが、皐月賞での騎乗馬はまだ確定していない状況だ。「一生懸命走りますからね。中山で結果も出しているし、距離も問題ない。跳びが大きいのでブレーキをかけないように、と思っています。がんばりますよ」と、ジョッキーの期待も高まっている。

 最優秀2歳牡馬ダノンプラチナを筆頭に、重賞勝ち馬4頭がそろった皐月賞トライアル。実績馬とは本気度が違うブラックバゴが、前哨戦Vで本番の主役の座まで奪い取りそうだ。 (柴田章利)

■皐月賞戦線

 現状では収得賞金1650万円までが出走可能。ブラックバゴに加えて、本番の出走が厳しいキタサンブラック、タケデンタイガー、フォワードカフェ、ベストミックス、マイネルサクセサー、マイネルシュバリエが、優先出走権獲得を狙う。

 
スプリングS-種牡馬データ
種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
ディープインパクト11- 14- 6- 76/10710.30%23.40%29.00%3460
キングカメハメハ9- 4- 8- 58/ 7911.40%16.50%26.60%5970
マンハッタンカフェ4- 6- 3- 33/ 468.70%21.70%28.30%97139
ダイワメジャー3- 8- 8- 36/ 555.50%20.00%34.50%8691
ブラックタイド1- 2- 1- 12/ 166.30%18.80%25.00%22165
ハービンジャー1- 0- 2- 4/ 714.30%14.30%42.90%064
バゴ1- 0- 0- 6/ 714.30%14.30%14.30%7835
ブライアンズタイム0- 2- 2- 7/ 110.00%18.20%36.40%0108
フレンチデピュティ0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00

ディープインパクト産駒とハービンジャー産駒

スプリングS-騎手データ


騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
戸崎圭太15-11- 4-28/5825.90%44.80%51.70%149107
柴田善臣6- 4- 8-42/6010.00%16.70%30.00%3478
北村宏司11- 8- 4-55/7814.10%24.40%29.50%10373
蛯名正義3- 8- 4-44/595.10%18.60%25.40%2047
三浦皇成4- 8- 4-47/636.30%19.00%25.40%2367
福永祐一2- 0- 1- 9/1216.70%16.70%25.00%22180
田中勝春5- 4- 4-47/608.30%15.00%21.70%9357
川田将雅1- 0- 0- 6/ 714.30%14.30%14.30%7527
柴山雄一1- 1- 0-14/166.30%12.50%12.50%3327
津村明秀0- 1- 1-25/270.00%3.70%7.40%095
バルジュ0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00

 戸崎騎手と柴田善臣騎手

 

 

 ツイッターの声

【スプリングS予想|データ・予想|戸崎の中山芝1800mデータ】の続きを読む