競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:スプリンターズS

    5
    スプリンターズS予想|予想・データ|ネット評価まとめ
     
    【スプリンターズS予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    アクティブミノル|スプリンターズSで不気味な1頭



    「PR」スプリンターズSはここの無料予想が激アツ
    やっぱり無視できないトライキャスト

    spri6

     


















    [スプリンターズS]アクティブミノル、8年ぶり3歳馬Vへ先頭争い勝つ

     スプリンターズS・G1(10月4日、中山)で、メンバー唯一の3歳馬アクティブミノルが再び大駆けを狙っている。10番人気と注目度が低かった前哨戦のセントウルSを逃げ切って一躍、脚光を浴びた新星。1200メートルは、これでデビューから3戦全勝だが、本番でも通用するのか。

     こんなに強い3歳の短距離馬がいたのかと驚いた。セントウルSのアクティブミノルは内枠をうまく生かしたとはいえ、ウリウリ(2着)など本番さながらのメンバーで逃げ切り。これで1200メートルはデビュー戦、函館2歳Sに続き、重賞2勝を含む3戦全勝だ。

     スプリント界の新星誕生と言っていい。春に存在感を示せなかった理由は、番組体系にあるからだ。1400メートルのファルコンSで2着、マイルのニュージーランドTで15着のように、今春の2戦は守備範囲を超える距離で戦ってきた。「天性のスピードがある馬。でも使いたくても1200メートルの重賞がなかった」と北出調教師はベストの距離に3歳同士の重賞がないことに、歯がゆい思いをしていた。

     ニュージーランドTのあと、左前ハ行でNHKマイルCを諦めて、秋まで充電したのも功を奏した。「今はどんどん良くなる時期。落ち着きが出てきたのが大きい」と担当の中村助手は心身両面の成長を確信する。前走の藤岡康の好騎乗は馬自身のパワーアップがあればこそ。「最後まで脚いろが鈍らず力をつけているのを感じました」と鞍上は振り返った。

     手の内はバレたが、G1でも我が道を突き進むのみ。「前回はマークされなかったけど、今度はみんなが潰しにかかってくる。ここでいい競馬をしてこそ」と北出調教師は不敵に笑う。出足、二の脚とも速かった前走以上のロケットスタートを決められるか。勝負は一瞬。本気でハナを奪いに来るハクサンムーンとの先手争いに勝ったとき、アストンマーチャン以来8年ぶりの3歳馬の優勝が見えてくる。(内尾 篤嗣)

     
    芝1200m重賞は連勝
    函館2歳S

     

    セントウルS

     

    芝1200mは3戦3勝

     

    【アクティブミノル|スプリンターズSで不気味な1頭】の続きを読む

    5
    スプリンターズステークス結果回顧|私的中しましたけど…
    スノードラゴン!! 

    ◆第48回スプリンターズS・G1(5日・新潟競馬場、芝1200メートル、良)

     12年ぶりに新潟で行われた第48回スプリンターズS・G1(5日、芝1200メートル)は、13番人気のスノードラゴンが4コーナー10番手から直線で差し切って優勝。鞍上の大野拓弥騎手(28)=美浦・フリー=とともに、G1初制覇を飾った。2着は、半馬身差でストレイトガール、3着はレッドオーヴァルだった。1番人気に推されたハクサンムーンは、精彩を欠き13着に終わった。

     デビュー10年目の大野が、10度目のG1挑戦で悲願を成就させた。12年ぶりのG1開催に詰めかけた新潟の大観衆の歓声の中、スノードラゴンは、最後の18番目にゲートイン。大外枠からスタートを決めると、他馬を前に置き、中団後方の外でリズム良く運んだ。直線。馬場の中央へ導き、右ムチを振り下ろすと、芦毛の迫力の馬体を揺らしてグングンと加速。残り200メートルで先行集団に並ぶと、勢いそのままに半馬身抜け出し、人馬とも念願の初タイトルを手にした。

     「素直にうれしいですね」と大野は満面の笑みで喜びを表現。「ゲート裏でもゾクッと来たほど歓声がすごくて、馬もそれにピリッとしたのか、いつもよりいい位置につけられた。いつもなかなか手前を替えられないが、スパッと替えてくれた。勢いが違っていたので勝てるかなと。すごい盛り上がりの中、勝てて良かったです」と興奮気味に振り返った。

     着実に実績を積み上げ、ようやく手にした勲章に「G1レースに憧れて、この世界に入りましたし、10年かかりましたが、勝つことができて本当に良かった。ローカルと違って、中央で乗るようになったことで、意識が変わってきましたし、勝ちたいと思っていたので」と改めて勝利をかみしめた。

     13番人気で大仕事をやってのけたスノードラゴン。12年前に同じ舞台、同じレースで2着に敗れた父アドマイヤコジーンの雪辱も見事に果たした。「以前は善戦マンだったが、蛯名騎手の進言で脚をためる形にして結果が出た。これからもっと活躍できる。この後は、香港(スプリント)に登録すると思います」と高木調教師が話せば、鞍上も「芝ではまだ底を見せていないし、まだまだタイトルを取れる馬。海外でも結果を出したい」と未来の可能性に思いを馳せた。充実期を迎えた遅咲きの6歳馬が、次に目指すのは、世界のスプリント王だ。

    (上倉 健)

     ◆大野 拓弥(おおの・たくや)1986年9月8日、埼玉県生まれ。28歳。デビューした05年に、民放競馬記者クラブ賞(関東新人騎手賞)を受賞。JRA通算272勝(5日現在)。今回が6度目の重賞制覇。G1は10度目の挑戦で初勝利。趣味は競馬ゲーム。血液型B。

     【優勝馬メモ】

     ◆性齢 牡6歳の芦毛。

     ◆血統 父アドマイヤコジーン、母マイネカプリース(父タヤスツヨシ)。父の産駒のG1勝利は、07年のこのレースを制したアストンマーチャン以来、2頭目。

     ◆戦績 35戦8勝(うち地方2戦0勝)。重賞初勝利。

     ◆総収得賞金 優勝賞金9500万円を加えて、3億1891万円(うち地方647万円)。

     ◆デビュー35戦目 G1初勝利までに要したレース数では、2番目の記録(84年のグレード制導入後)。最も多いのは、ショウワモダンの39戦目(10年安田記念)。

     ◆13番人気 G1に格上げされた90年以降、2ケタ人気の馬が優勝したのは、00年ダイタクヤマト(16番人気)以来2度目。

     ◆関東馬 01年トロットスター以来の勝利。

     ◆馬名の意味 ユリ科の常緑多年草。

     ◆高木登調教師(49) 06年開業で、GI初勝利。重賞は3勝目。

     ◆生産者 北海道新冠町のイワミ牧場。

     ◆馬主 岡田牧雄氏。

     


    スプリンターズS結果


    1着 スノードラゴン

    2着 ストレイトガール

    3着 レッドオーヴァル

     

    スプリンターズステークス2014年動画

     
     
    的中馬券
    管理人の馬券でした
     123s
     
     













    ちょっと失敗した馬券でした
    的中でしたけど…
     
     
     
    今週もしっかり予想を参考にしました
    この3社の無料会員に注目です、
    誰でも無料でチェック閲覧できますので
    (用意するのはインターネット環境とヤフーフリーメール)
     
     
     

    このページのトップヘ