競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:チャンピオンズカップ共同会見

    チャンピオンズカップ予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ケイティブレイブ杉山師「こちらが思っている以上に上向いてきている手応え」/チャンピオンズC共同会見
     ■ケイティブレイブを管理する杉山晴紀調教師
    ――今朝の追い切りについて教えてください。
    杉山 先週は福永騎手が乗ってCWコースで追い切りました。思った以上に全体の時計が速かったので、今週は確認程度で55~56秒ぐらいのつもりだというのはジョッキーと話していました。(しかし)内容的に53秒台で終いまでしっかり走っていました。先週も同じ感じだったのですが、ジョッキーが思っている以上に時計が出ましたが、(これについては)完歩が、ストライドがジョッキーが思っている以上に伸びているということで、いい傾向にあるのではないかと思います。

    ――この中間の調整は?
    杉山 叩き2走目ということでJBCのときもかなり上積みを感じていました。その流れに沿ってJBCのときとあまり調整過程を変えずにやってきました。

    ――状態は上がっていますか?
    杉山 正直、維持できればいいかな、という感じだったんですけれども。こちらが思っている以上にかなり上向いてきているという手応えは感じています。

    ――前走は初めての中央場所でのGI勝ちでした。
    杉山 あれだけの馬を開業からそんなに時間が経っていない厩舎に預けていただきました。そのためにも地方のGIではなく中央の舞台で勝つということがひとつの区切りだと思っていましたので、それを果たすことができてまずはホッとしています。

    ――中京のコース適性は?
    杉山 右回り、左回りはあまり関係ないと思うのですが。中京の場合は強いて言うと直線に坂があります。そこが違いにはなってくると思います。前走のような出たなりで相手を見ながらという競馬ができれば、克服はできるのではないかと思います。前走もジョッキーが言ってましたけれども、集中して出遅れないように。それができればそれなりの位置でレースを運べるのがわかっていますので。あまり展開に注文というのはつかないと思っています。

    ――ライバル関係は?
    杉山 強い馬がいるのはわかっていますけれども、厩舎サイドとして出来ることは馬が走れる状態に持っていくというのを集中してやるだけです。

    ――今回の馬体重は?
    杉山 大きく変わってはいないと思います。

    ――最後に来年のドバイも含めた上での抱負を。
    杉山 オーナーの夢もあって来年のプランというのももちろんあるのですが、まずは一戦一戦しっかり納得できる結果が出るようにやっていくだけです。また強いケイティブレイブを見せられるように頑張りたいと思います。


    ■ケイティブレイブに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    福永 先週はCWで追ったのですが、想定より速いタイムが出てしまいました。今週は軽めに5ハロン55秒くらいで最後伸ばすような感じをイメージしていたんですが、今週も速くなりました。

    ――それは馬の状態がいいからでしょうか?
    福永 状態はもちろんいいのですが、ストライドが伸びた感じなんですよね。だいぶゆっくり入りましたし、僕は競馬も調教もこの馬には以前の目野厩舎時代から乗せていただいています。それでもタイムの感覚がずいぶん崩れているので。ストライドが伸びたようですね。

    ――前走のレース後と比較して状態は?
    福永 いいんじゃないですか。ストライドが伸びているということは体の使い方がいいということです。前走も非常にいいコンディションで、大幅に上がっているという感じでもないですけれども、維持しているという感じでもないですね。前走時か、それよりいいぐらいの状態。動ける状態だと感じます。

    ――どういったところが良くなりましたか?
    福永 心身ともにずいぶん成長したな、と思いますけれども。体の面でいうと、年齢的なものもあると思うんですけど、競走馬としていい体になってきたなと思います。走るバランスなんかも含めて。以前は前のめりな感じ、前に重心がある感じで走っていたんですけど、そこのバランスが変わってきた感じがします。だからストライドも伸びていると思います。  

    精神面で言うと、最初僕が乗せてもらったときには結構極端な逃げ馬でした。最初に名古屋の重賞(2017年3月名古屋大賞典)を勝ったんですけど、逃げてるんですけど集中していない馬でした。そんな状態でも勝っているので、かなり高いポテンシャルは感じていました。  

    僕自身、極端な逃げ馬が好きじゃないわけじゃないんですけど、無駄が出てしまう感じがあると思ってしまって。逃げ一辺倒の馬よりはある程度いろいろな走りができる中で逃げが選べる馬になったらもっと安定していい結果を出せるんじゃないかな、という思いは持っていました。それは以前の目野厩舎時代に先生にも伝えていました。  

    今でこそ自在性が武器みたいに言われていますけれども、一番自在性がなかった馬でしたから。二番手でもムキになって脚がたまらないような馬でしたから。それは帝王賞(2017年6月)でスタートで躓いて差すかたちで勝てたというのが大きかったと思います。あれをきっかけにいろいろできる馬になるんじゃないかな、と思いました。でも、それは一朝一夕にできるものではないですし、結構時間がかかりました。  

    それが、二走前の船橋(2018年10月日本テレビ盃)の競馬でああいうかたちで勝つことが出来たときに、もう試すことはないな、と。戦法、脚質に関してはいじるところはないな、と思いました。

    ――そういった成長を感じる中で前走の中央場所での1勝(2018年11月のJBCクラシック)はいかがでしたか?
    福永 すごくあの馬の価値を高める1勝だったと思います。JRAの舞台で大きな実績を出せていなかったので、レース前はそこが不安視されていた面もありましたけれども。僕自身に関しては全然心配していなかったですね。  

    というのも、1年前に同じ京都コースで同じ距離の平安Sを走っているんですけど、あの時は大外枠が当たって逃げることが出来なくて途中から引っかかって、途中で先頭に立って失速して、最後は5着だったんですけれども。このときに1分56秒台で走っていたので。全然問題ないと思っていました。

    ――舞台は中京にかわりますが、そのあたりは?
    福永 左回りは走っていますし重賞も勝っています。坂ですけど、そうですね…不安に思っても(自分が)やることは変わらないので。大丈夫だと思います。昨年も4着で走っているコースです。  

    昨年は最悪の内枠が当たって、逃げ馬の後ろでした。そもそもそういう競馬もできない馬でしたが、その中で4着に健闘していましたし、そこからは自在性も出ましたから。当然昨年よりはいいパフォーマンスで走れるのは間違いないので。何にも心配はしていないです。

    ――関東馬ルヴァンスレーヴなどのライバル関係は?
    福永 もちろん、一番強力な相手だと思っています。チャンピオンホースのゴールドドリーム(※1)とルヴァンスレーヴ、この2頭は強力です。ルヴァンスレーヴは3歳馬ではありますけれども、今年の3歳馬はレベルが高いです。いずれはこの世代の馬がダート界をけん引していくんだろうと思いますけれども。まだ今はね、そういう状態だと思いますね。その中であの強力な2頭を相手にする上でもね、負けられない気持ちでいますし、自信をもってあの2頭を相手にぶつかっていける状態だと思います。

    ――レース展開については?
    福永 まだ決めていないです。ペースにあわせた位置取り。この馬が一番力を発揮できるリズムで走らせてあげたいなと思っています。

    ――枠順のこだわりは?
    福永 大きい馬でストライドもさらに大きくなっています。極端な内枠はできれば欲しくはないですけど、当たった枠で考えます。そんな感じでダービーも勝てたので(笑)。

    ――陣営は来年のドバイを見据えているという話もありますが、そのあたりも含めて意気込みを。
    福永 はい。ドバイに関しては、転厩した際に杉山調教師に話をする機会があって自分のほうからドバイにチャレンジさせて欲しいという旨は伝えたんです。なぜかというと、大井競馬場で結構いい成績を残しているんですけれども、大井の馬場は雨が降ると少し土っぽく粘土っぽくなるんです。そのときの走りが返し馬からずいぶん良かった。

    だから、ドバイに限らずアメリカ的な馬場にチャレンジしてみたいな、という思いがあったんです。杉山調教師もそのあたりをオーナーと一緒に考えてくださいました。  

    そして、そうなるためにはドバイの前に日本で結果を出さなければチャレンジも出来ません。そういった意味でチャレンジをする資格は既にGI3勝はしているので持っているのだとは思いますが、やはりどうせ行くなら日本の代表馬として行ければいいなと思いますので、なんとしてもここでいい結果を出して日本代表の座をつかみ取ることができればいいな、と思っています。

    ※1 会見はゴールドドリームの回避が発表される前に行われました
    【JRA】ルヴァンスレーヴ萩原師「前走は非常に強い競馬」/チャンピオンズC共同会見
     古馬を退け南部杯(JpnI・1着)に優勝して勢いに乗る3歳馬のルヴァンスレーヴ(牡3・美浦・萩原清)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。その後、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    (ここ2週は坂路での追い切りだったが、今朝のウッドチップコースでの追い切りについて) 「直前ですのでしっかり作っていきたいということで、先週水曜日は坂路で、先週土曜と今朝はウッドチップで追い切りをしました」

    (手応えは?)
    「霧で十分に確認はできていないのですけど、乗り手の感触は良かったですし、土曜日の追い切りとの兼ね合いを考えても良かったとは思っています」

    (乗り手とは具体的にどんな話を?)
    「息遣いを含めて馬の動き、あとは反応的なところを話しました」

    (馬の状態は)
    「前回と変わらないくらいの状態で出られるでしょう」

    (史上初の3歳馬の優勝となった南部杯を振り返って)
    「賞金的に3歳馬が出にくいレースになっていますが、古馬を完封という形ですので、非常に強い競馬だと思っています」

    (ゴールドドリームに勝ったことの評価は?)
    ※ゴールドドリームはチャンピオンズCを回避 「内容的にも3コーナーあたりでの脚の使い方、動きがとても良かったですし、非常に評価できるレースだと思っています」

    (南部杯から2か月たったが、変化は?)
    「大きくはないですけど、1戦1戦成長している感じはあります」

    (左回りは5戦全勝だが、初めての中京コースは?)
    「今までもいろいろな競馬場で対応ができていますので、コース替わりはそんなに心配はしていないです」

    (3歳馬が制すると12年振りの快挙、中京に開催が移ってからは初となるが?)
    「そうなればいいなとは思っています」

    (ミルコ・デムーロ騎手とは何か話を?)
    「ミルコとは南部杯のあともそんなに話はしていないのですけど、馬の能力を我々以上に知っていると思いますので、全幅の信頼を置いてお任せさせて頂きます」

    (理想の展開は?)
    「競馬の形がはっきり整っていない馬なので、流れに応じてになるでしょう。また新しい面が出ればとも思っています」

    (枠順は?)
    「与えられた枠で対応していくということになりますので、特に気にしていません」

    (最後に意気込みを)
    「大勢のファンの方の応援や関係者の努力によってここまで来られましたので、我々は良い形で(ジョッキーに)バトンタッチして、良いパフォーマンスを競馬でお見せできればと思っています」
    【JRA】サンライズノヴァ生野助手「レースを走ったことで馬がシャキッとした感じ」/チャンピオンズC共同会見
    ■サンライズノヴァを管理する音無厩舎の生野賢一調教助手
    ――今朝の最終追い切りについて教えてください。
    生野 指示は調教師から任せられましたので、競馬の間隔も詰まっていますし全体の時計はそんなに出さなくていいなと思い、最初はゆっくり入って終いは伸ばすかたちにしました。

    ――状態はいかがでしたか?
    生野 競馬のダメージはないと思います。レースを走ったことで馬がシャキッとした感じがあり、調子はいいと思います。走っていると無駄なことはしませんし、トモからの力はしっかりと伝わる走りをしていると思います。

    ――中京、および今回のコースの適性は?
    生野 この馬はよく東京で走っているイメージがあると思います。似たように直線が広くて大きいコースですし、持ち味が生かせるのではないかと思います。以前、結構前にはなりますが1800でも走っていますしコーナー4つのコースもこなしてくれるんじゃないかと思います。いまは最初はのんびり行って終いに脚を使うという競馬が確立されてきましたしね。

    ――枠順へのこだわりは?
    生野 最後どうしても外を回して脚を使うので、あまり内過ぎなければいいなと思います。

    ――3連勝ですが、成長を感じる部分は?
    生野 体がしっかり大きくなりましたし、力もそれにあわせてついてきました。

    ――最後に抱負を。
    生野 調子もすごくいいと思います。十分戦えると思いますので応援よろしくお願いします。
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    チャンピオンズカップ予想|2017年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken












    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    テイエムジンソク古川吉洋騎手「チャレンジャーの立場です」/チャンピオンズC共同会見

    ■テイエムジンソクに騎乗予定の古川吉洋騎手

    ――今朝の追い切りには騎乗されていませんでしたが、いかがでしたか?
    古川 今日は跨っていないんですけど、日曜日に左回りのときに乗せてもらいました。今日もいい動きだったと思います。

    ――左回りはいかがでしたか?
    古川 動きは特に問題なかったです。

    ――前走のみやこSを振り返ってください。
    古川 競馬の前は一番外枠なのでさすがに多少気になっていたんですが、終わってみればスムーズな競馬ができましたし、この馬の強さは見せられたと思いました。

    ――この馬の強みは?
    古川 スピードの維持能力だと思います。これはすごいことだと思います。初めて跨らせてもらったときもちょっと感じたんですけど、その脚がちょっとずつ長くなっているような気がしますね。

    ――気性面は?
    古川 もともとすごく元気のいい馬なので、落ち着きが欲しいといえばそうなんですけど。でも、これだけ動いてくれていますし、競馬に行って返し馬が終わると嘘のように落ち着いてくるので、そのへんの切り替えが出来るので特に心配はしていません。

    ――ライバル関係は?
    古川 GIホースばかりの中でこちらはGIIIを勝ったばかりなのでチャレンジャーの立場ですね。

    ――中京コースはいかがでしょうか?
    古川 競馬場が変わってもやることは一緒なので気にしていません。この馬はスタートも上手なので特に心配していませんね。

    ――上り坂の途中がスタート地点ですが、そのあたりは?
    古川 この馬はスタートも上手なので特に心配していませんね。

    ――レースプランは?
    古川 ありますけど、まだ枠順も決まっていませんからね。

    ――ある程度、前には行きますか?
    古川 そうなるとは思います。

    ――ご自身にとっても大きなタイトルを獲るチャンスですね。
    古川 それに関しては全く気にしていないですね。自分がどうのこうのというよりも馬に(タイトルを)獲らせてあげたいというのが一番だと思うので。結果的にあとで僕にも(タイトルが)ついてきてくれるというだけの話なので。ジンソクのために、もちろん厩舎関係者、オーナーのためになればいいので、僕はそのあとでいいです。

    ――最後にひとこと。
    古川 勢いがありますので、この勢いをGIホースたちにぶつけてどんな勝負になるのかすごく楽しみです。応援してもらいたいですね。

    アウォーディー武豊騎手「なんとかビッグタイトルを」/チャンピオンズC共同会見

    ■アウォーディーに騎乗予定の武豊騎手

    ――今朝の最終追い切りに騎乗されていましたが、いかがでしたか?
    武豊 僚馬が一頭先行するのでそれを目標に直線を向いてもらって、ラストは手ごたえを見ながら、あとの判断は任せます、という指示でした。道中は思ったより馬に前向きさがあったので、いい動きだなと思っていました。直線も追いつくまでは楽なかんじだったんですが、並んでからは相手が調教駆けする馬ということもあったんですがなかなか前に出ようとしないところが少しありました。でも、状態自体はいいと思います。

    ――まだまだ若さは感じますか?
    武豊 そうですね。馬体も張りがありますし、馬もすごく元気がありますから。7歳の暮れという感じではないですね。

    ――前走のJBCクラシックは4着でした。
    武豊 ひじょうに状態も良かったと思いますし、レースの道中もいいかんじで走っていました。直線を向いたときも“突き抜けて勝てるかな”という手ごたえはあったので、それだけにちょっと、うーん、どうしたのかなというかんじはありました。

    ――気性面に問題はあるのでしょうか?
    武豊 確かにデビュー当初から難しい面を持っていた馬ですけど、ダートに転向してからはそういった面は出なくなっていたんですけど、ちょっとここ数戦、昨年の後半からレースで気難しい面を少しですが出していましたね。

    ――今回、中京にかわるのはプラス材料ですか?
    武豊 そうですね。今回、一番条件的にいいなと思うのは左回りに変わることだと思います。もともと、芝で走っていたころから左回りのほうが結果も出ていましたし、乗っていても乗りやすいなという感覚はあったので。左回りのほうが向いていると思います。

    ――今年は海外に行くなどありましたが、今回は中3週のローテーションですね。
    武豊 順調にきていると聞いていましたしJRAのダートGIは2つしかないですから、やはりここは大きな目標ですから、それに向けてのローテーションを組んできたと思います。

    ――どのような騎乗を考えていらっしゃいますか?
    武豊 道中自体は決して乗り難しい馬ではないのでそれほど注文はつかないんですけど。昨年のこのレースでは道中がいい感じではなくて、最後なんとか先頭に立ちそうではあったんですけど、それでもラスト少し止まったように、まだまだ乗りやすい面と気難しい面を両方持っている馬なので、いろいろ考えて乗りたいですね。

    ――最後に意気込みを。
    武豊 この一年間、勝ち星から遠ざかっていますが、力のある馬ですから“なんとかこの馬にビッグタイトル”をという思いが強いですね。

    ■アウォーディーを管理する松永幹夫調教師

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    松永幹 いい動きだったと思います。いつもどおりですね。順調です。

    ――この中間の調整は?
    松永幹 前走後も順調で、先週と今日しっかり追いました。1回使って良くなっているんじゃないかな、と思います。

    ――前走のJBCクラシックを振り返ってください。
    松永幹 大井コースが合わないという訳ではないんですけど、内枠を引いていいところを走っていたんですけどね。いざ追い出したら、何故か大井ではいつもあんな感じが多いかなぁと思います。でも、上手には競馬していたかな、と思います。

    ――左回りについては?
    松永幹 左回りは本当に上手だと思うんで。昨年は実際2着にきていますしね。

    ――今回は中3週のローテーションですね。
    松永幹 いいですね。すごく状態はアップしていると思います。

    ――7歳とベテランですね。
    松永幹 さすがに7歳なので上積みは感じないんですが、高いレベルを維持していると思います。力さえ出し切ればいいかな、と思っています。

    ――あと一歩、というレースが続いていますね。
    松永幹 気性的なところもあるし、コース形態とか。いい枠とか噛み合えば、力は出せるんじゃないかな、と思います。

    ――理想の展開は?
    松永幹 今回、しっかり前に行く馬がいるので、それを見ながら競馬できればいいかな、と思います。

    ――他にポイントは?
    松永幹 ジョッキーに任せてあるので大丈夫です。

    ――理想の枠順は?
    松永幹 外目に出せるような枠がいいですね。内枠でもうまく外に出せるようなかんじのほうがいいかな、と思います。

    ――昨年のこのレース、勝ったと思ったファンは多いと思います。
    松永幹 僕も勝ったと思いましたけどね(苦笑)。やめちゃいましたね。

    ――最後に意気込みを。
    松永幹 ここ一年ちょっと勝ち星から遠ざかっているんですけど、力的にはじゅうぶんやれると思っています。左回りで巻き返したいですね。

    サウンドトゥルー大野騎手「本当に良い状態で迎えられそう、チャンス十分」/チャンピオンズC共同会見

    前走のJBCクラシック(JpnI)を制し、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)連覇を狙うサウンドトゥルー(セン7・美浦・高木登)が、大野拓弥騎手を背に坂路で最終追い切りを行った。追い切り後、大野騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■大野騎手

    (前走は素晴らしい勝利で?)
    「直線で良い脚を使えるように乗りましたが、強い勝ち方をしてくれました。手応えのある勝利でした。今、充実していますね」

    (今朝の坂路での最終追い切りについて)
    「先週あらかたやってそこで確認は済んでいますので、(今朝は)最終的な仕上げという感じで、順調に来ているなと思いました」

    (昨年よりも今年の方が充実している?)
    「今年は秋の出だしからある程度調子が上がっていましたので、そういった意味では今年の方が順調に来ています」

    (連覇にチャレンジするわけだが?)
    「プレッシャーはありますけど、その中でやれることを嬉しく思っています。楽しみも大きいですね」

    (現時点でレースのイメージは?)
    「ある程度、型の決まっている馬なので、そういう競馬になるかなとは思います。あとは枠順で展開が変わってくると思いますので、(枠順が)出てからいろいろ考えたいと思っています」

    (必ずしも去年と同様のレースにはならない?)
    「そうですね、臨機応変に対応できたらいいと思っています」

    (ライバルも多いが連覇に向けての自信は?)
    「そうですね、本当に良い状態で迎えられそうなので、そのような期待は高いですね。中京も相性が良いと思っていますし、何も問題ないと思います」

    (GIゲットに視界良し?)
    「チャンス十分だと思っています」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「連覇目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します」

    ■高木調教師

    (快勝だった前走を振り返って)
    「自分で3コーナーから動いていって、しっかり勝ちに行って、勝ってくれて良かったですね」

    (前走後の調整過程は?)
    「前走後の反動もそんなになく、15日から時計を出し始めて、チャンピオンズCに向かって順調に来ていますね」

    (今朝の坂路での単走の最終追い切りについて)
    「本当に良い状態をずっとキープしているので、余計なことはいらないなと思っていました。先週ある程度負荷をかけておいて、今週はサラッとで十分かなという感じでした。調教ではあまり動く馬ではないので、十分だと思います」

    (連覇へのプレッシャーは?)
    「いつも伏兵のような感じですが、今回は新聞が賑わっているなと思って、緊張はありますね」

    (今回はJBCクラシックを勝ってここへということで、昨年以上の期待もある?)
    「GIのレースのたびに勝ち馬が変わるので、混戦だと思っていますが、終いはしっかり脚を使いますので、馬を信じて送り出します」

    (昨年以上に充実しているようだが、昨年と比べると?)
    「去年は夏に戻ってきて多少硬さがあるかなという感じでしたが、今年は本当に良い状態で戻ってきて順調ですね。気になるところがないというか、ようやく良くなってきたのかなという感じです」

    (昨年のレース振りを見ても、中京競馬場のタフなダートコースも合っていそう?)
    「はい、そう思っています。左回りで、距離的にも1800くらいがベストかなと正直思っています」

    (大野ジョッキーとは信頼のタッグで?)
    「そうですね、十分、馬のことも理解していますし、脚の使いどころもだいぶわかってきたでしょうし、大野君を信頼して任せていきたいと思います」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「非常に良い状態で送り出せると思いますし、連覇がかかっていますけど、馬も良い状態なので頑張ってくれると思います。応援よろしくお願い致します」


    ノンコノユメ加藤征師「以前のような凄い末脚をお見せしたい」/チャンピオンズC共同会見

    中京競馬場で行われるダートのGI、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)に出走するノンコノユメ(セン5・美浦・加藤征弘)が、ウッドチップコースで単走の追い切りを消化した。追い切り後、加藤調教師の共同記者会見が行われた。

    (武蔵野S・GIII・4着から中2週となるが?)
    「疲れを取り去って体調の維持につとめました。さほど強い調教はせずに、追い切りは当該週だけ1本しっかりとやって体調を整えるという内容でした」

    (今朝のウッドチップコースでの追い切りは実質単走で?)
    「馬添いが良くないというか、併せると逆に馬を気にして時計が出なかったりします。あとは中2週ですし、さほど強い負荷も必要ないということで、伸び伸びと1頭単走で走らせました。調教ではあまり真剣に、本気で走らないところがあるので、息が上がるとかそういうことは全くないですね」

    (ここへきて連勝してきた頃の勢いが復活してきた?)
    「去勢してから体重面も含めて体調が安定しなかった時期があったので、今回はしっかりと休ませました。休ませたことでかなり良くリフレッシュして戻ってきたので、それが前走の好走に繋がったのではないかなと思います」

    (馬体重については?)
    「現状、454、5キロありますので、450を切らないようにと思っています」

    (今週末も期待できそう?)
    「常に期待はしていますけど、この馬も展開に左右されたりといろいろありますからね」

    (ジョッキーは前走に引き続きC.デムーロ騎手が騎乗するが?)
    「クリスチャンは明け3歳の時に乗ってもらって今回が3回目になります。後ろからしっかり脚をためる競馬ができるジョッキーなので、この馬には合っていると思います」

    (一昨年のこのレースが2着、昨年が6着と、3度目の正直になるが?)
    「展開、流れひとつだと思います。最後のコーナーであまり外を回って脚を使うと切れ味が少し乏しくなる感じがするので、ある程度流れてあまり外を回らないような隊列というか、そういう流れが好きだとは思います」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「すごくファンの多い馬だと思っていますので、以前のようなすごい末脚をお見せして、これからも皆さんにもっともっと応援してもらえるような結果が出せればと思います」


    グレンツェント鞍上ボウマン騎手「リアクション、反応が良くすごく感激している」/チャンピオンズC共同会見

    中京競馬場で行われるダートのGI、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)に出走するグレンツェント(牡4、美浦・加藤征弘)が、H.ボウマン騎手を背にウッドチップコースで併せ馬の追い切りを行った。追い切り後、ボウマン騎手と管理する加藤調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ボウマン騎手

    (先週JCを勝った反響はあった?)
    「家族も友達も、世界有数のジャパンCというレースを勝ったことで皆喜んでくれましたし、私も今幸せです」

    (美浦で調教に騎乗した感想は?)
    「皆さん仕事がプロフェッショナルで、馬たちもとてもハッピーそうに見えます」

    (グレンツェントの調教に乗った経緯は?)
    「チャンピオンズCに出るということで、やはり馬を1番知るためには追い切りに乗ることが大切なので、自らここにやって来ました」

    (実際に追い切りに乗った感触は?)
    「彼の性質や素質を確かめたくて乗りました。馬の状態はとても安定していました。自ら走っていってくれて非常に馬の状態が良いなと思いました。最初の方は馬場もゆるくて走りづらかったのですが、最後の200mの時に自分が押し出したら、とてもリアクション、反応が良く前に出てくれたのですごく感激しています」

    (レースで良い結果を出すためのキーポイントは?)
    「まだ作戦は考えていないのですけど、まず枠順が出てから加藤調教師とお話をして作戦を立てたいと思います」

    (先週のJCに続いて2週連続の勝利に向けての自信は?)
    「自信はありますけれど、何せオーストラリアにダートレースはなく、ダート自体のレース経験が少ないので…。とにかくレースを楽しみにしていてください」

    ■加藤調教師

    (JBCクラシック・JpnI・5着からの中間の調整過程は?)
    「追い切りを始めたのは先週からです。先週は6ハロンから、今週は当該週なので5ハロンからの追い切りでした」

    (疲れなどはなかった?)
    「そうですね。その辺は全くないと思います」

    (今朝の追い切りについて)
    「中3週なので、ある程度の負荷をかけなければいけないと思います。追走して馬がどういう反応をするか、そして前を走る馬に取りついた時にどのように性格の変化を見せるか、そのような面を見てもらわないと、テン乗りのジョッキーにはわかってもらえないところがあるので、そのあたりを考慮して3頭目の1番後ろから進んで1番内へという調教をしました」

    (ボウマン騎手が騎乗する経緯は?)
    「この時期に来日するのは事前にわかっていましたし、この馬は主戦ジョッキーが定まっていなかったということもあります。何人かのジョッキーにもう騎乗馬がいましたので、ちょうど騎乗馬がいなかったボウマン騎手に依頼したという形です」

    (事前に打ち合わせは?)
    「以前、トミー・ベリー騎手が来た時に一緒に食事会などもしていますし、昨日もつくばでご飯を食べながら話をしていました。馬の話は実際今日乗った時と枠順発表のあとのことなので、レースに向けての話ということよりも、日頃の調教の話やレースでの馬のおさえ方、日本のジョッキーと外国のジョッキーとの違いなどを昨日は話をしていました」

    (先週JCに優勝したジョッキーが騎乗するので期待も大きい?)
    「そういうジョッキーに乗っていただくに越したことはないですが、馬の実力、コース形態、芝ダートなど条件も違うので、そのあたりは特に意識はしていません」

    (1月の中京で東海S・GIIを勝っているあたりも追い風に?)
    「チャンピオンズCを使いたいと思ってローテーションを組んでいたので、1月に中京競馬場を上手に走ったのはとても大きいと思います。微妙なペース配分で癖のあるコースですし、巧拙を問われる競馬場だと思っているので、東海Sで上手に走れたのはかなり良いアドバンテージでしょう」

    (この馬が力を出すためにはどういった流れ、展開を希望するか?)
    「GI競走の中で、本当の厳しい流れに対応したことがないので、なるべく距離ロスなくしっかり脚がたまるような枠順で流れに乗りたいと思います」

    (流れに乗れれば待望のGIタイトルが?)
    「実際、競馬の中でどんなペースになるかというのもありますし、まだそんなに強気なことを言える馬ではないと思いますよ」

    (馬体重に関しては?)
    「現状480キロですね。多少輸送に気を遣う馬で、当日までイラついて体重が減ってきますので、ある程度ゆったり作って輸送して、前走と同じかやや減るくらいの体重でと思っています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「東海Sを勝った後の2戦は精神的なものもあって好走できませんでしたけど、しっかり休養させてリフレッシュして、今季最初のJBCは良い走りを見せてくれたので、さらに良い走りをお見せできればと思っています」

    カフジテイク湯窪師「展開ひとつだと思います」/チャンピオンズC共同会見

    ■カフジテイクを管理する湯窪幸雄調教師

    ――前走の武蔵野Sを振り返ってください。
    湯窪 スローな流れで追い込み馬には向かない流れでしたね。

    ――それでもあそこまで来るというのは強さこそ、だと思いますが?
    湯窪 わたしもそう思っています。

    ――中2週ですが、上積みは?
    湯窪 いい状態だと思います。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    湯窪 指示はしていません。ジョッキーと持ち乗り助手と息子(注:湯窪厩舎調教助手)で話し合ってやっていました。内容は良かったと思います。

    ――今回のレースですが、この馬の戦法はいつも通りでしょうか?
    湯窪 そうですね。距離は1800mに延びて、本当に展開ひとつですね。

    ――中京は昨年は4着、決して悪くないと思いますが?
    湯窪 直線が長いので、東京と中京があうと思います。

    ――メンバー構成を見ての感想は?
    湯窪 なんとなく落ち着きそうな気もしますけど、人気馬の動きかた次第でちょっと上がりが掛かって欲しいかな、と思っています。

    ――当然、流れる展開になって欲しいな、と思いますか?
    湯窪 そうです。

    ――今回はルメール騎手に乗り替わりますね。
    湯窪 (この馬の)いいところを出して頑張って欲しいですね。

    ――ジョッキーへの指示は?
    湯窪 もう任せるしかないですかね。

    ――改めて1800mという距離についての不安は?
    湯窪 別に不安はないです。昨年も4着でしたから。展開ひとつだと思います。

    ――ビッグタイトルへの想いは?
    湯窪 ルメールジョッキーも乗ってくれるし、いい方向に向かって欲しいと思います。

    ――気持ちが高ぶらず、という感じでしょうか?
    湯窪 追い込み一手ですからね、自然に見ているしかないですよね。

    ――最後に意気込みを。
    湯窪 ルメール騎手が乗ってくれるし、いい成績を残したいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ