競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:ヌーヴォレコルト

    ヌーヴォレコルト|札幌記念2016年|ネット評価まとめ

     今週の札幌メインは豪華メンバー集結の「第52回札幌記念」。14年オークス馬のヌーヴォレコルトが完全復活を狙う。今年2戦は不本意な結果に終わったが、シェイプアップして反撃ムード。秋に予定している米G1・BCフィリー&メアターフ(11月5日、サンタアニタパーク)に向け“モーリス斬り”で弾みをつけるつもりだ。

     北の大地でヌーヴォレコルトが本来の姿を取り戻しつつある。札幌は初めてだが、2度の香港遠征も経験している女傑にとっては慣れたもの。小原助手は「環境の変化に強くて、どこに行っても初日に物見をする程度。涼しいし、状態はいい」と頼もしげに愛馬を見やった。

     5歳を迎えた今年2戦はともに6着。フケ(発情)の兆候もあって調整が難しく大阪杯はデビュー以来最高の456キロ、続くクイーンエリザベス2世Cはさらに6キロ増の462キロでの出走だった。今回は14日で452キロ。小原助手は「スッキリした体に戻ってきた。春はゴツくなっていたが、元々きゃしゃな感じで走っていた馬ですからね」と変化を口にする。結果が出ていた頃の体に戻れば、これまでの実績が黙っていない。

     14年のオークス馬。昨年中山記念ではロゴタイプ、イスラボニータと牡のG1馬を撃破した。以後は勝ち星から遠ざかっているが、2着が続いた昨秋3戦の勝ち馬はショウナンパンドラ、マリアライト、エイシンヒカリとその後にG1勝ちを重ねた強豪。例年なら断然の主役に推されておかしくない。「相手(モーリス)はちょっと強過ぎますけどね。まだまだ終わっていないぞというところを見せてほしい」。小原助手は控えめな口ぶりの中にも意地をにじませた。

     秋にはBCフィリー&メアターフに挑戦予定。芝の質が似ているということもあり、洋芝が舞台の札幌記念を前哨戦に選んだ。小原助手は「力のいる馬場は大丈夫。むしろ極端に速い馬場よりいい」と適性に手応えを示した。胸を張って大舞台へ。打倒モーリスの一番手は、やはりこの馬をおいて他にいない。

     
     
    問題になるのは騎乗停止になった武豊→吉田隼人


    ここの予想は激アツ。
    まずは無料会員から
    すごい競馬
    競馬ファンなら信頼度が熱い

    ★【本年初】約1年8ヶ月ぶりの公開!

    今開催も3戦3勝!

    的中率100%!

    これを成し得ているホースメン会議予想陣の『その日一番』から厳選する勝負情報と言えば実験レース!

    その実験レースの枠で収まりきらない確信予想が【実験勝負レース】ですが、特大万馬券も狙える【穴の大勝負】に指定されたのは、予告通りに的中馬券をお届けした2014年11月以来、約1年8ヶ月ぶり!

    「毎年、毎回、負け知らず」と言われ、実際に通常の実験レースで『開催成績7戦7勝』も記録している、秋の【東京・京都】開催で公開した情報がコレ!

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      ≪約1年8ヶ月前≫ 
    2014/11/15  5東京3[8R]
    ◎ニシノテキーラ(5人気)
    ☆シュピッツェ(8人気)
    △アンレール(3人気)
    3連単5万6060円的中!
    3連複8330円的中!
    馬連本線4510円的中!

    1点1000円購入(勝負馬券は計39点)で
    68万9000円獲得

    わずか1点500円でも
    34万4500円獲得

    たった300円ずつでも
    20万6700円獲得


    button3-4-u




    【ヌーヴォレコルト|札幌記念2016年|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5


    管理人も超絶儲かっています
    競馬ファンなら見逃し厳禁

    kinb1










    【宝塚記念2015年】不気味過ぎるヌーヴォレコルトのまとめ

    【ヌーヴォレコルト】反撃態勢が整う

    <宝塚記念:1週前追い切り>

     ヌーヴォレコルト(牝4、斎藤)は珍しく単走で追われた。

     ウッドコースの六分どころを軽快に流して、6ハロン81秒1、上がり38秒7-13秒4(強め)をマーク。斎藤師は「今回は阪神までの輸送があるし、体も出来ているので単走追い。来週も1頭で70-40くらいの予定。落ち着きがあるので無理にテンションを上げる必要はない、という判断です」と説明した。ヴィクトリアMは6着に敗れたが「距離適性の差。悲観はしてません」。2200メートルでの反撃態勢は整いつつある。

     
     【ヌーヴォレコルト】『今回もいい状態で来ている』
     
    【【宝塚記念2015年】不気味過ぎるヌーヴォレコルトのまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ