競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:ノンコノユメ

    ノンコノユメ|チャンピオンズカップ予想|直前情報まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    チャンピオンズカップ|ノンコノユメ自慢の末脚でVだ

     「チャンピオンズC・G1」(6日、中京)

     自慢の決め脚で5連勝のゴールへと飛び込み、世代交代を成し遂げる。06年アロンダイト(当時はJCダートの名称で施行)以来、9年ぶりの3歳馬Vを目指すノンコノユメは、厩舎周りの引き運動とプール調整で前々日調整を完了。3日に追い切ったばかりでも馬には活気があり、上々の態勢を印象付けた。

     「前回は久々でしたし、反動よりも上積みの方がありますね。気合面も変わってきました」と伊丹助手は納得の表情を浮かべる。分厚い戦歴を持つ砂の猛者のなかにあって、前走馬体重の452キロは最軽量だが、陣営に気後れした様子は全くない。「(数字自体は)大きくありませんが、体を大きく使う馬ですから」とうなずいた。

     デビュー以来、全戦でメンバー最速の上がり3Fを記録。古馬初挑戦の武蔵野Sでは初めて58キロの斤量を背負いながらも、次位を1秒1も上回る末脚で府中の直線を突き抜けた。初コースも大きな障壁にはならないとの手応えが陣営にはある。

     「前走で前日輸送も経験済み。どんな流れになっても脚を使ってくれるでしょう」。関東馬としては02年JCダートのイーグルカフェ以来、13年ぶりのJRAダートG1制覇へ、夢を膨らませながら決戦の地へ乗り込む。

    馬体診断、ノンコノユメー評価B

     「チャンピオンズC・G1」(12月6日、中京)

     先週のジャパンCは数少ない“A”評価のラストインパクトが2着に激走しました(勝ったショウナンパンドラはB評価)。出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を紹介するス好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、JRAのダート頂上決戦の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真】調子が良さそうなのは?

     【ノンコノユメ=評価B】

     牡馬にしてはコンパクトな馬体のつくりで、一見、芝向きと印象すらある立ち姿。今春から体形に目立った変化はなく、休養を挟んだ前走の武蔵野S(1着)でも馬体は微増(4キロ)だった。皮膚が薄く、無駄肉の付かないタイプで、今回もすっきりとしたこの馬らしい体付きだ。

     前走は初の58キロを克服し、鬼脚を発揮。中京が舞台だけにもうワンポジション前での競馬が理想だが、切れ味に秀でており、スピード勝負の決着なら確実に追い込めるはずだ。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉29日に美浦Wで、中間初時計となる4F58秒3-42秒7-14秒6(馬なり)を記録。450キロ前後の馬体で、レース間隔も詰まっており、直前のひと追いできっちり態勢は整いそうだ。

    【ノンコノユメ|チャンピオンズカップ予想|調教師の不安発言などまとめ】の続きを読む

    5

    チャンピオンズカップ予想|2015年|ノンコノユメは牝馬ではありませんまとめ


    競馬予想に役立つ無料情報サイト

    競馬スピリッツ 
    http://www.hicchu.net

    元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。
    競馬記者の予想など無料コンテンツが満載

    by競馬予想会社ファン



    チャンピオンズカップ|ノンコノユメ9年ぶり3歳馬Vで世代交代だ 

     「チャンピオンズC・G1」(6日、中京)

     4連勝中のノンコノユメが06年アロンダイト以来の3歳馬による優勝を狙う。デビュー当初は背腰が弱く、成績は安定しなかったが、体質が強化されたことで力を出せるようになった。加藤征師は「一戦ごとに成長している」と目を細める。

     前走の武蔵野Sは初の古馬相手で斤量58キロを背負いながらも、メンバー最速の上がり3Fをマークして差し切った。「最後はいい脚を使ってくれた」とレースぶりを評価。新王者誕生に期待は十分だ。

     
    ノンコノユメの前走は武蔵野S
     


    2014年-武蔵野S


    1着 ノンコノユメ ルメール

    2着 タガノトネール 戸崎圭太

    3着 モーニン 川田将雅

     

    ノンコノユメって牝馬だと思っている人が多いw

     



    ノンコノユメ

    父-トワイニング、母父-アグネスタキオン

     



    ツイッターの声

    【チャンピオンズカップ予想|2015年|ノンコノユメは牝馬ではありませんまとめ】の続きを読む

    5
    ノンコノユメのパフォーマンスは衝撃まとめ
     

    ◆第17回ジャパンダートダービー・G1(8日、大井競馬場・2000メートル)

     第17回ジャパンダートダービー・交流G1は8日、大井競馬場の2000メートルで、3歳馬13頭(JRA6、南関東3、他地区4)が争った。2番人気のノンコノユメ(ルメール)が6番手から直線で鮮やかに伸びて、逃げ粘るクロスクリーガーを2馬身半退け、3連勝で3歳ダート王に輝いた。ルメールはJRA移籍後、初G1制覇となった。

     夢が大きく広がるノンコノユメの走りだった。最後の直線。降りしきる雨を切り裂くように、力強く伸びてくる。逃げ込みを図るクロスクリーガーが止まって見えるほどだ。そして、その差はグングンと詰まり、並ぶ間もなくかわすと、今度は逆に2馬身半差つけてゴール。“3歳ダート王”の座に輝いた。

     「最高。すごい走り。ノンコちゃん、ホントいい馬で大好き」とお立ち台のルメール。「ストロングポイントは瞬発力。前走はマイル戦だったけど、2000メートルでも同じ加速でした」と称賛した。今年6戦目。着実に成長曲線を描いてきた。「体がしっかりしてきた。だから、使えるんですよ。幼さも抜けてきました」と加藤征調教師は躍進の秘密を口にした。

     秋にはJBCクラシック・交流G1(11月3日、大井)をはじめ古馬との対戦が待ち受ける。「3歳の日本一。ほかのG1も勝てる」とルメール。トレーナーも「成長する余地がある。ぜひ(大井に)戻ってきたい」と力強い。夢いっぱいの未来が待っている。(春木 宏夫)

     ◆ノンコノユメ 父トワイニング、母ノンコ(父アグネスタキオン)。美浦・加藤征弘厩舎所属の牡3歳。北海道千歳市の社台ファームの生産。通算成績8戦5勝(うち地方1戦1勝)。総収得賞金1億1853万3000円(うち地方4500万円)。主な勝ち鞍はユニコーンS(15年)。馬主は山田和正氏。

     

     【大井・JDD】クロスクリーガー2着岩田、『勝てると思ったが』

     逃げた1番人気クロスクリーガー。直線入り口まで岩田は“持ったまま”。このまま独走と思われたが勝ち馬の鬼脚に屈し、2着に敗れた。

     「(前が有利な)不良馬場とあって、いいペースで行けた。4角を回ったときには勝てると思ったが…。まさかあそこから(かわされて)突き放されるとは。勝ち馬の切れ味は凄い」。地方のダートコースを知り尽くす岩田も勝ち馬に脱帽するしかなかった。

    【ノンコノユメのパフォーマンスは衝撃まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ