ホッコータルマエ|チャンピオンズカップ予想|いろいろと調べました

無料コンテンツが熱い競馬情報会社

勝馬伝説 
http://www.l-horse.com/
勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

金馬 
http://www.kin-uma.com/
毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

チェンジ
http://www.5il.org/
重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

すごい競馬 
http://www.shopwin.biz/
マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

by競馬予想会社ファン

通算10勝目の新記録を目指すホッコータルマエ
【有吉正徳 世界の名馬】

 12月6日に中京競馬場で行われる第16回チャンピオンズカップでホッコータルマエがダートコースで行われるGIレース通算10勝目の新記録を目指す。

昨年優勝したチャンピオンズカップの写真はこちら

 近年、中央競馬と地方競馬の交流が進み、1997年4月に「ダートグレードレース」が統一された。それ以降、最高峰に位置するGIで最多の9勝を挙げた馬は3頭いる。ヴァーミリアン、エスポワールシチー、そしてホッコータルマエだ。ヴァーミリアンとエスポワールシチーはすでに現役を引退しており、新記録に挑戦できるのはホッコータルマエだけになった。
 2009年5月26日、ホッコータルマエは父キングカメハメハ、母マダムチェロキーとの間に生まれた。滋賀県栗東トレーニング・センターで西浦勝一調教師に育てられた。16勝(12月3日現在)も挙げることになる強豪だが、デビュー戦は16頭立ての14着という惨敗を喫した。2012年1月の京都競馬場でのことだった。
 エリートとは呼べないが、ホッコータルマエは階段を一段ずつ上るように着実に出世した。2戦目で初勝利を挙げると、5戦目で2勝目を飾り、7戦目で3勝目を挙げた。初めて重賞のタイトルを手にしたのはデビュー9戦目、2012年8月の新潟競馬場。レパードSだった。2番人気に支持されたホッコータルマエはゴール前の接戦を首差で制した。
 2013年5月、千葉・船橋競馬場で行われた「かしわ記念」でエスポワールシチーを破ってGIレース初勝利を挙げた。その後は帝王賞(東京・大井競馬場)、JBCクラシック(金沢競馬場)、東京大賞典(大井)と4歳だったこの年、四つのGI勝利を積み重ねた。
 5歳の2014年は1月に川崎記念(川崎競馬場)で優勝した後、3月、アラブ首長国連邦のドバイに遠征。レース後に体調を崩し、復帰は11月までずれ込んだ。それでもチャンピオンズカップ(中京競馬場)、東京大賞典と2連勝し、年末には完全復調した。
 今年もドバイ遠征を挟んで川崎記念と帝王賞で優勝。GIレース9勝の最多勝記録に並んだ。新記録に挑んだJBCクラシック(大井)は5カ月ぶりの実戦とブランクがあったせいか、3着に終わった。
 チャンピオンズカップが「ジャパンカップダート」という名称で行われていた頃から、今年で4年連続の出走になる。過去3年は3着、3着、1着と上位争いに加わっている。得意のレースで2連覇とGIレース10勝目を飾りたい。

(文 有吉正徳 / 朝日新聞デジタル「&M」)

 

 ホッコータルマエ-馬体診断はA評価

 「チャンピオンズC・G1」(12月6日、中京)

 先週のジャパンCは数少ない“A”評価のラストインパクトが2着に激走しました(勝ったショウナンパンドラはB評価)。出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を紹介する好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、JRAのダート頂上決戦の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真】調子が良さそうなのは?

 【ホッコータルマエ=評価A】

 休み明けで臨んだ前々走の帝王賞(1着)と前走のJBCクラシック(3着)は、ともに大井のダート2000メートルの舞台へ502キロの馬体重での出走。走破時計は、前々走が良馬場で2分2秒7、前走は不良馬場で2分5秒0だった。砂質を踏まえると、前走はあまりにも走らなさ過ぎとの印象を受ける。

 久々を1度使われた今回、目付きが鋭くなってきたあたりは、持ち前の負けん気の強さが出てきたと判断できる。さらに、筋肉の張り毛ヅヤなどは明らかに昨年(1着)より今年の方が上だ。追い切り後の撮影で、このボリューム感をキープできているのは大きな上積みの証明。連覇へ向けて視界は良好だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉幸騎手を背に栗東坂路で4F51秒6-37秒9-12秒8(一杯)。ブルドッグボス(3歳1600万下)と併入した。手応えは見劣ったが、最後までしぶとく伸びて好時計をマーク。ひと叩きして順当に良化している。

【ホッコータルマエ|チャンピオンズカップ予想|いろいろと調べました】の続きを読む