共同通信杯|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ

<共同通信杯:追い切り>

 クラシックの“登竜門”共同通信杯(G3、芝1800メートル、12日=東京)の追い切りが8日、東西トレセンで行われた。良血馬ムーヴザワールド(牡3、石坂)は坂路で併走。4ハロン53秒1-12秒8をマークし、石坂師は「予定通りの調整」と満足そうな表情を見せた。デビュー2戦目で3着に好走した東スポ杯2歳Sと同じ舞台で、今春の主役候補に名乗りを上げるか。

 朝一の坂路でヴィッセン(古馬1000万)と併走したムーヴザワールドは、ほぼ馬なりで併入を果たした。覇気のある走りは、順調さをアピールするのに十分。石坂師は「先週もかなり負荷をかけて、きさらぎ賞を使えるぐらいの状態だった。時計は速かったが輸送もあるし、今回はしまいだけ調整という感じ。予定通りにきています」と満足感を隠さなかった。

 新馬戦を快勝した後に臨んだ東スポ杯2歳Sでは、早めに先頭に立ちブレスジャーニー、スワーヴリチャードにかわされ首+鼻差の3着。「少し加速がつきにくいので、早めに先頭に立った。押し切ってほしかったけど、相手が強かったですね」と師は振り返る。今回は3カ月ぶりの実戦となるが「若馬なので、詰めて使う必要もないしね。クラシックへ向け、いったんリフレッシュしました。放牧先でも順調だし、帰厩後も順調にきています。この3カ月で成長していると思う」と力を込めた。

 同厩舎の全姉タッチングスピーチは、一昨年のローズSでミッキークイーンを下し、エリザベス女王杯では3着。昨年の京都記念でもサトノクラウンの2着と牡馬相手にも好走した。その姉も果たせなかったクラシック出走。「加速に時間がかかるけど、しまいはしっかりしている馬。(賞金を加算して)クラシックの権利を取りたいですね」。G1・14勝の名トレーナーは「クラシック」という言葉を繰り返した。【中上博】


ムーヴザワールド、クラシック参戦へ万全の出来

◆共同通信杯追い切り(8日・栗東トレセン)

 第51回共同通信杯・G3(12日、東京)でクラシック参戦への賞金加算を狙うムーヴザワールドは栗東・坂路で絶好の動きを披露した。

 素質馬が勝負のG3へ、しっかり態勢を整えてきた。ムーヴザワールドは栗東の坂路でヴィッセン(6歳1000万)と併せ馬。2ハロン目からスピードアップしてラスト2ハロンを12秒4、12秒8。抜け出ていた僚馬を上回る手応えで、全体53秒1で楽に併入に持ち込んだ。

 「先週、負荷をかけてやったので大体できています。今回は輸送もあるし、時計は先週と似たものだけど、より調整の感じ」と石坂調教師。先週は53秒2だが馬場の荒れた後半で、この日は開門まもない馬場。異なるパターンで2週続けてマークした、53秒0(昨年9月)の自己ベストに迫る時計が万全の出来を示す。

 「いきなりは少し難しいかと思ってました」と石坂調教師が振り返る初戦で、エアウィンザーとの良血対決を首差勝利。3着を2馬身離したのが地力の違いだ。G3に挑んだ前走は首、鼻差の3着だが、キャリア2走目だけにトレーナーは悲観していない。「加速がつきにくいので、早めの仕掛けで。押し切ってほしかったけど、重賞でよく頑張ってくれました」

 全姉タッチングスピーチは3歳秋のローズSを勝ち、エリザベス女王杯3着。成長力を期待できる血統で「以前はバタバタと走っていたけど、素軽さが出てきました」と古川助手は昨秋からの変化を認める。「3か月でどれくらい成長してるのか。ただ、成長を感じます。何とかクラシックへの権利を取りたい」。石坂調教師のストレートな言葉は、そのまま期待の表れだ。(宮崎 尚行)


ムーヴザワールド、調教の中身が前走と大違いで「楽しみしかない」

 

【共同通信杯(日曜=12日、東京芝1800メートル)栗東発トレセン秘話】共同通信杯に出走するムーヴザワールドについて、前走の東京スポーツ杯2歳S(3着)ウイークに当コラムでこんなことを書いた。

「直前の追い切りでは前が邪魔になり、ブレーキをかける場面がありながらも、その後即座に伸び返したところに非凡な瞬発力が表れている」と。

 一方で、しっかりやるはずの追い切りが軽くなってしまう誤算となったのも事実だ。日迫厩務員は当時をこう振り返る。

「あの時は1週前の稽古も軽かったし、当週も結果的に軽めになってしまって…。あれで重賞(を勝つの)は正直、楽じゃないと思った。あそこまで走ってくれたことに、ちょっと驚きましたね」

 当時の調整過程に比べ、今回のそれはどうだ。3週前の時点で栗東坂路4ハロン53・2秒の時計をマークし、その後2週が53・1→53・2秒。最速タイムが54・8秒というプロセスでレースに向かった前回と、時計の出し方に明確な違いがあるのは一目瞭然ではないか。

「2週前の時点ですでに前回の乗り込み量を超えているんじゃないかな。馬はそこまで大きく変わってはいないけど、少なくとも調教の中身は全然違うよ」(日迫厩務員)

 この馬の調教を日々つけている古川助手の言葉もまた力強い。

「前回に比べて数を乗ってきたし、1週前にビシッと追って、しんどいところまで回転数を上げたからレース当週はさらに良くなってくれるはず。これまでは体の大きさに中身がついてこない感じで、全ての動きがスローに感じたけど、そういう面がなくなってきたところに成長を感じる。今回は楽しみしかない」

 2017年牡馬クラシック戦線の主役の一頭にムーヴザワールドが名乗りを上げる――。共同通信杯はそんなレースになることを半ば確信している。

【共同通信杯|2017年|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ】の続きを読む