京都大賞典回顧|ラブリーデイの覚醒まとめ


京都大賞典を外した人へ
ここが注目…見逃ししたら後悔・・・
金馬の無料会員が注目

kinb1


 











[貫禄の差しきり勝ち]ラブリーデイ、陣営の予想を超える進化を証明

 12日に京都競馬場で行われたGII京都大賞典(芝外2400メートル)は1番人気のラブリーデイ(牡5・池江)がグランプリホースの貫禄を示す差し切り勝ち。秋のGI・3連戦に向けて弾みをつけた。6番人気での勝利だった宝塚記念が紛れもなく実力だったことを証明した今回の一戦。その価値の大きさを改めて検証する。

 上半期のグランプリホースとなったラブリーデイの秋初戦。自信満々での出走だったかといえば実はそうでもない。

「この後にGIを3走することを考えてつくってきたからね。腹回りに余裕があって八分あるかどうかの状態。距離2400メートルも微妙だし、逃げ馬がいないメンバー構成もどうか、と。速い上がりの競馬は苦手なタイプと思っていたからね」(池江調教師)

 前哨戦ながら必勝を期して臨んだライバル陣営が多い中、叩き台であることを宣言していた唯一の存在。ゆえにレース後の池江師は「こちらの予想以上に進化している」。うれしい誤算といった口ぶりだった。

 では、手綱を取った川田の反応はどうか? こちらも「しっかりとつくっていない状態にしては返し馬の雰囲気は良かった」とあくまで前哨戦と割り切ったうえでの好感触だったようで、道中も目先の勝利よりも、馬のリズムを重視したレース運びを選択した。

「思っていた以上にいい形で勝ってくれたよ。58キロを背負い、速い上がりにも対応して、狭いスペースを割ってこれたんだから」と振り返ったが、口にしたすべてはまさに今後に向けての課題。GI・3連戦に向かう前に、試しておきたかったことだった。そんな中、ラブリーデイがマークした上がり3ハロンは32秒3。ペース、コースが違うとはいえ、天皇賞・秋と同じ58キロを背負って、高速上がり決着に対応したことに価値がある。

 今回の勝利で今年、早くも重賞5勝目。古くはオグリキャップにナリタブライアン、最近ではディープインパクトにオルフェーヴル、ジェンティルドンナ。「年間重賞5勝」というラインはそれだけで超一流馬の証明になるが、この馬はまだ道半ば。まだまだ重賞勝利を積み重ねる勢いだ。

「今度は強い逃げ馬(エイシンヒカリ)をロックオンして、どこで捕まえるか。こういう状況の方が競馬はしやすいんだよ。2000メートルは最も得意な距離でもあるからね」と池江師。陣営の予想をはるかに超えるスピードで進化し続けるラブリーデイ。条件が好転する次走の天皇賞・秋(11月1日=東京芝2000メートル)での好走はすでに約束されたも同然だ。

 

2015年-京都大賞典



1着 ラブリーデイ 川田将雅

2着 サウンドオブアース 浜中俊

3着 カレンミロティック 蛯名正義

 

 


京都大賞典の馬券
kyouda













【京都大賞典回顧|ラブリーデイの覚醒まとめ】の続きを読む