競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:共同会見

    マイルCS予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    イスラボニータ栗田師「完成の域に近づいている」/マイルCS共同会見

    マイルCS(GI・京都芝1600m)に出走するイスラボニータ(牡6・美浦・栗田博憲)が、ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、栗田調教師が共同記者会見に臨んだ。

    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週の段階でほぼ息は整えたつもりです。今週は集大成として送り出すのに、馬なりで調整できればいいと思っていましたし、そのような指示を出しました。今日は、馬がリラックスして走っていました。その点が1番良かったです」

    (この中間、コンディションが良さそうだが?)
    「前走の富士S(GIII・2着)は不良馬場で頑張ってくれたのですが、疲れもほとんどなく、良い感じで早く疲労が抜けましたし、良い過程でここまで来ることができました」

    (前走の重馬場で反動が出る心配もあったと思うが?)
    「それを全部克服してくれたこと自体、馬の調子がいかに良いかということなのでしょうね」

    (6歳の秋になって、競走馬として円熟味を増してきた?)
    「6歳の秋ですからね。完成の域に近づいていると思います」

    (今年の春は久々に勝利したが、今度は久々にGIの舞台で先頭ゴールを期待?)
    「結果はあとからついてくるものですから、無事に送り出せるのが何よりですし、良い感じでゴールまで駆け抜けてほしいなと思っています」

    (昨年は2着だったが、今年は?)
    「それは考えないようにしています」

    (馬場は?)
    「良馬場で迎えたいですね」

    (関西への輸送に関しては?)
    「何回も行ったり来たりしていますし、別に問題はないですね」

    (先生のそのような気負わない面が馬に伝わっている?)
    「馬も感じ取ってリラックスしてくれていますし、今回は安心していられますね」

    (GIを勝った若駒の頃と今との違いは?)
    「加齢とともに精神的に落ち着きが出てきて、良い方向で来ていると思います」

    レッドファルクス鞍上C.デムーロ騎手「瞬発力もあり強い馬という印象」/マイルCS共同会見

    スプリンターズS(GI)2連覇を成し遂げて、マイルCS(GI・京都芝1600m)で2階級制覇を狙うレッドファルクス(牡6・美浦・尾関知人)が、南D(ダート)コースで最終追い切りを消化。追い切りにも騎乗したC.デムーロ騎手と管理する尾関知人調教師の共同会見が行われた。

    ■C.デムーロ騎手

    (兄のM.デムーロ騎手がこれまで乗っていたレッドファルクスについての印象は?)
    「何回もビデオで見ていますが、すごく乗りやすそうですし、瞬発力もあるので、強い馬だという印象がありました」

    (M.デムーロ騎手からアドバイスは?)
    「ライバルなのでそんなに多くは語っていないですけど、乗りやすい馬だという話は聞いています」

    (実際に跨ってみての印象は?)
    「前運動からすごくリラックスしていて、すごく乗りやすかったですし、追い切りもコーナーでは少しズブいところを見せていましたが、直線に入ってからは瞬発力も出てスピードがあると思いました」

    (1200mから1600mになるが?)
    「1200を走っている時でも加速するのに少し時間がかかり、最後に交わし切るという馬なので、1600mがむしろ良いのではないかと思いますし、距離に関しては何も心配していません」

    ■尾関知人調教師

    (マイルCSを選択した経緯は?)
    「オーナーと相談させて頂きましたが、安田記念(GI・3着)で頑張ってくれたのは大きかったと思います。また比較的有力馬が秋の天皇賞に向かったので、そのあたりが出て来ないかなという思いもありました。結局出走してくることになった馬もいましたけど、そのようないろいろな面を考えてですね。あとはこの馬のさらなるチャレンジという感じでしょうか。前走のスプリンターズS(GI)もしっかり勝ちきってくれましたし、この馬にさらに勲章をあげたいなという気持ちもあります」

    (前走後の状態は?)
    「予定通り山元トレセンに放牧に出して、牧場サイドで馬の感じを良くチェックしてもらいました。それもあったので最終的な決断が少し遅くなったのですが、牧場にいる時に(出走させると)判断して、こちらに戻してそこからピッチを上げて調整を進め、今日に至るという感じです」

    (今日の追い切りはダートコースだったが?)
    「これまで何回か最終追い切りはDコースのダートでやっています。安田記念の時も確かDコースでの追い切りでしたし、前回は中山を意識してウッドでやりました。万が一内を突かなければいけない時もあると思ったので内めの追い切りでしたが、今回は京都の広いコースですし、チップでやるよりは長い距離の追い切りをやりたいと考えました。ただ昨日雨が降ったのでどうしようかと思いましたが、今朝馬場を歩いてみたら結構良いコンディションだったのでダートコースで追い切りました」

    (新コンビとなるC.デムーロ騎手とは、追い切り前にどんな会話を?)
    「美浦が初めてなのかはわからないのですが、多分Dコースでの追い切りは初めてだと思いましたので、ハロン棒の確認などミスのないように…それはこちらの責任だと思いますのでよく話をして、こんなイメージで追い切りをやってほしい、後ろが元々弱かったので手前を替えづらいところがあるという話はしました」

    (実際追い切りを見ての印象は?)
    「スムーズに折り合いがつきました。右回りだとコーナーリングが少しスムーズではないところが元々あるのですけど、4コーナーの直線に入る手前あたりでトモがしっくりこないような面があり、ジョッキーもそう言っていました。その辺は初めて乗ったということもあったと思いますが、手前を替えてからはしっかり良い伸び脚してくれていましたし、逆にそういう部分を含めて(ジョッキーに)掴めてもらえたのではないでしょうか」

    (6歳の秋にして京都は初めてになるが?)
    「京都の下り坂がどのくらいこなせるのかということと、これまでは坂でギュッと伸びてきましたが、今回は直線が平坦なので、この馬がすごい脚を使ったにしても前もなかなか止まらない…。その辺が課題と言いますか、やってみなければわからないと思っています。正直、4大場の中では1番向かない競馬場のような気もしますが、そこは能力としっかり調子を上げていくという感じですね」

    (種牡馬としての価値を上げるためにも、1600mのこのレースは重要な一戦になると思うが?)
    「お父さん(スウェプトオーヴァーボード)が先日残念ながら亡くなったので、今後そういうことも意識しなければいけないかなとも思うのですが、まずはこの一戦に向けてしっかりやっていきたいです」

    (仕上がりは上々?)
    「この馬の力を出せる状態になってきていると思います」

    笹田師「エアスピネルは変わったな、という姿を見せたい」/マイルCS共同会見

    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――前走の富士Sを振り返ってください。
    笹田 デイリー杯のときも同じような雨降りの馬場で勝っているので、この馬はこなしてくれるのでは?と思って競馬を見ていたら、案の定いいかたちで競馬をしてくれました。結果を出してくれて本当に良かったと思います。

    ――完勝でしたね。
    笹田 他の馬が雨を苦にする馬もいた分、そういうかたちになったと思います。

    ――前走後の疲れや反動は?
    笹田 いつも競馬を使ったあとでもケロッとしているのですが、今回も疲れや反動は出ていなかったんですが、考慮して1週間は本当に楽をさせました。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    笹田 先週の追い切りが全体的な時計がかかったちょっと馬が重いかな、と思っていたので、この前の日曜日と今朝、普段より強めの指示を出しました。

    ――ジャッジは?
    笹田 思ったような時計が出ましたし、馬の動きもグッと沈むようないいフットワークで走ってくれました。いい状態で追い切りができたと思います。

    ――状態は?
    笹田 やはりGIに向けての調整ですので、もうひと段階ふた段階アップした状態で挑めると思います。

    ――古馬になってからマイル路線に進みましたが、マイルがいいのでしょうか?
    笹田 そうですね。この馬にとってはいちばん競馬をしやすいのと、結果を出してるとおりだと思いますけどね。

    ――京都コースについては?
    笹田 京都で重賞2勝していますので、実績を考えると自信を持って出せると思います。

    ――今回、特に不安な点があるとすれば?
    笹田 武豊くんの負傷でジョッキーを交代せざるを得なくなりましたので、その点、初めて乗るジョッキーなのでこの馬の癖がそのレースですぐに把握できて、いい走りをさせられるだろうか、という不安だけで、馬の状態としては何の不安もないと思います。

    ――改めてジョッキーを教えてください。
    笹田 ライアン・ムーア騎手に依頼しました。

    ――ムーア騎手に何を一番伝えようと思っていますか?
    笹田 彼もおそらく依頼を受けたのでレースの録画とかを見て研究していると思いますけれど、あとはこの馬の性格と注意する点、その辺だけを伝えればいいかな、と思っています。

    ――どのへんが噛み合えばGI制覇に結びつくと思いますか?
    笹田 やはり3歳時、クラシックを走っていた時点では性格的な甘さがありまして、完全な力を発揮できないというのがこの馬の欠点だったと思うのですが、年を越して徐々に落ち着きとか、普段真面目に一生懸命やろうかな、という雰囲気を見せてくれるようになりました。馬が成長して自分の力を出せるようになってきているんじゃないかな、と思います。

    ――GI制覇、機は熟したとみていいでしょうか?
    笹田 そうですね。いまのところ不安なくレースを迎えられると思います。

    ――最後に意気込みを。
    笹田 なかなか(GIを)勝てそうで勝てなかった馬なので、今回はなんとしてもその思いを達成できるように、これから日曜日まで日もありますからきっちり調整します。そして、みんながエアスピネルは変わったな、という姿を見せたいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    菊花賞予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    ダンビュライト音無師「武豊騎手の腕に期待」/菊花賞共同会見

    ■ダンビュライトを管理する音無秀孝調教師

    ――今朝の追い切りの指示と印象は?
    音無 一杯やるように指示しました。ただ、馬場が悪かったですね。馬場が悪いのは苦手です。でも、動き自体は悪くなかったですね。

    ――満足のいく出来でしたか?
    音無 まぁ、大丈夫でしょう。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    音無 武豊騎手が2番手をとりにいきましたね。そこで少し脚を使ったかな、という印象もありましたが、(結果的には)ちゃんと走りましたからね。

    ――前走はプラス16キロでした。
    音無 当日は太いかな、と僕は思っていたのですが。神戸新聞杯を使ったあとも同じような馬体をしていますから成長分だと思うんですよね。(現状)減ってないということなので、菊花賞も同じような体で出てくると思います。

    ――どのあたりに成長を感じますか?
    音無 背が少し伸びて幅も出たので、その分プラス体重が増えたのだと思います。

    ――舞台は京都の3000mです。
    音無 問題はそこなんですよね。どの馬も初めての距離ですからね。やってみないとわからない部分がありますけれども。血統的背景は長いところ走っている馬もいますから。乗り方次第だと思いますけどね、大丈夫だと思います。

     武豊騎手も神戸新聞杯では前に行かせる競馬をしていました。彼は何回も経験しているとおり、長い距離になればなるほど上手に乗りますから。そのあたり、豊くんの腕に期待して、うまくだまして乗ってくれると思います。

    ――武豊騎手を信じて、というところでしょうか?
    音無 天皇賞(春)をはじめ、実績ありますからね。本当に頼りになるジョッキーだと思っています。

    ――1勝馬ながらクラシックで実績を見せてくれています。最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
    音無 新馬を勝ってからずっと勝てていないので、自信めいたものはないんですけど。そこそこの力は持っているから、うまくレースの流れに乗れて自分の力を発揮できるような状況になれば可能性はあるかな、と思っています。応援してください。よろしくお願いします。


    ■ダンビュライトに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    武豊 状態は仕上がっていました。最後の直線で一度は先頭に立ったようにこの馬の競馬は出来たんですが、ラストはちょっとしんどかったですね。

    ――前々での競馬でした。
    武豊 距離が若干不安があるので、ラストは疲れるだろうけれどどこまで我慢してくれるかな、というかんじでした。

    ――前走での競馬は菊花賞で生きそうですよね?
    武豊 そうですね。生かしたいですよね。

    ――体重はプラス16キロでした。
    武豊 はい、春はダービーまでずっとレースを使っていましたからね。そこから間隔をとって馬体はすごく良くなったと思いました。

    ――ひと夏を越してしっかり成長してくれた、という印象でしょうか?
    武豊 調教タイムもかなり速いタイムで仕上げています。前走は休養効果があったかな、と思います。

    ――今週の菊花賞、3000mのレースになりますが?
    武豊 正直、この距離が合っているとは思わないですけど。でも、どの馬も初めての距離ですし、同じ条件ですから。その中でどれだけやれるかでしょう。

    ――淀の長丁場といえば、武豊騎手という印象があります。3歳馬がこの舞台を乗り切るコツは?
    武豊 やはり初めての距離ですから…そうですね、やはり折り合いが当然難しくなってくるので、そのへんでしょうね。前半どれだけリラックスして走らせられるかというのが大きいと思います。

    ――ファンの皆さんにメッセージを。
    武豊 皐月賞でいいレースをしてくれて力のある馬だと感じていました。今回、距離は長いですけどチャンスのある1頭だし、混戦だと思っています。上手く乗ればチャンスはあると思います。
    キセキ鞍上デムーロ「自信を持っています」/菊花賞共同会見

    ■キセキに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――今朝の追い切りの動きは?
    デムーロ 素晴らしいですね。いつもと変わらないです。

    ――いい意味で変わらない、という意味ですか?
    デムーロ そうですね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    デムーロ (前々走の)新潟ではいい勝ち方でした。この間は距離が2400m、いつもどおりスタートがあまり速くなくてジリジリ動くんですけど。菊花賞のイメージで乗りました。折り合いはすごく良かった。3、4コーナーのあいだではごちゃごちゃしてスムーズな競馬は出来なかったけれど、最後まで頑張っていました。一生懸命、いい脚を使っていました。

    ――3000mについては?
    デムーロ 距離の問題は(どの馬も)みんな同じようにありますよね。この前の2400mで折り合いもついていたし最後まで伸びていますから、問題ないと思います。

    ――理想のポジションは?
    デムーロ この馬は少し引っかかるんですが、引っかかると最後は伸びない。折り合いをつけて、落ち着かせて乗りたいですね。中段くらいのポジションかな。詳しくは枠順が出てからですね。

    ――道悪は?
    デムーロ 悪くはないと思います。今日の芝コースも少し重かったけれど、問題なかったですよ。

    ――ライバルは?
    デムーロ いっぱいいますね。典さんが前走中山で勝った馬(ミッキースワロー)が強かったですね。

    ――最後に抱負を。
    デムーロ キセキはとってもいい馬です。勝ちたいという気持ちがいっぱいあります。キセキは素晴らしい馬。能力があるし、力もあります。自信を持っています。頑張ります。


    ■キセキを管理する角居勝彦調教師

    ――今朝の芝コースでの追い切りはいかがでしたか?
    角居 3頭併せの一番後ろから、折り合いに気をつけながら、直線では外から併せました。

    ――納得の出来でしたか?
    角居 そうですね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    角居 あのメンバーの中でどうやって競馬をするのかと思いましたが、狭いところから徐々に抜けてくる競馬をしてきましたね。

    ――春と比べての成長はいかがでしょうか?
    角居 春はまだトモが緩く、体も柔らかすぎたので、走ったり走らなかったりでしたね。メンタルはずっと安定しています。

    ――前走はマイナス12キロという馬体でしたが?
    角居 GI馬を相手にしなければならないのでしっかりつくりました。

    ――今の馬体の印象は?
    角居 維持出来ていると思います。

    ――舞台は3000mですが?
    角居 どうですかね。走る馬はみな未知なのかな、と思います。

    ――父のルーラーシップと似ている部分はありますか?
    角居 きれいな走りをしているところが似ていると思います。

    ――最後に抱負を。
    角居 春先も素質はみせてくれていたのですが、まだしっかりつくり切れませんでした。秋はだいぶしっかりしてきたので、休み明けの神戸新聞杯もしっかり走ってくれました。今回は距離の長いGIですけれども、しっかり走れるようにつくったつもりですので、応援よろしくおねがいします。

    アルアイン鞍上ルメール「3000mはいけると思います」/菊花賞共同会見

    ■アルアインに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――まずは先週は秋華賞優勝、おめでとうございます。
    ルメール ありがとうございます。

    ――この秋もいいスタートが切れましたね。
    ルメール はい、またGIを勝ちたいです。

    ――今朝は菊花賞に向けてアルアインの追い切りに騎乗されました。いかがでしたか?
    ルメール 馬のコンディションがすごく良くなったと思います。すごくリラックスしながらも自分から動いていました。馬の状態が完璧になったと思います。

    ――セントライト記念より状態はアップしていますか?
    ルメール はい。このあいだは休み明けですから、ちょっと重かったね。最後はちょっと疲れてた。今回は問題ないです。ちょうどいいコンディションです。

    ――前走ではじめて騎乗されましたが、印象は?
    ルメール とてもいい感じだった。アルアインはとても乗りやすい、やさしい馬です。だから、いいポジションを取ることが出来た。負けたけれどいいレースをしたと思います。

    ――3000mは?
    ルメール いけると思います。どんなペースでもいけるし、どんなポジションもとれるでしょう。

    ――とりたいポジションは?
    ルメール まだプランはありません。ペースにもよりますね。

    ――ライバルは?
    ルメール たくさんいると思います。秋からたくさん上がり馬がいるね。たとえば、ミッキースワロー。この間は楽に勝ちました。他にもいっぱいいますね。

    ――道悪の可能性もありますが?
    ルメール アルアインのフットワークはとても軟らかいです。だから馬場が重くなっても問題ないです。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    ルメール 皆さま、こんにちは。菊花賞もすごく楽しみです。アルアインは今年GIを勝てると思います。だから応援してください。よろしくおねがいします。


    ■アルアインを管理する池江泰寿調教師

    ――今朝の調教の動きは?
    池江 良かったですね。

    ――納得の出来でしょうか?
    池江 はい。

    ――前走のセントライト記念を振り返ってください。
    池江 そうですね。休み明けですけども、上手に走りましたし、いい感じだなと思いました。

    ――その後の中間の様子は?
    池江 レースを走って、動きも息づかいも良くなりました。

    ――3000mについては?
    池江 やってみないとわからないですね。

    ――3000mに向けて、何か特別にしたことはありますか?
    池江 普段どおり、きっちりこなしてくれれば。それだけですね。

    ――道悪はいかがでしょうか?
    池江 これもやってみないとわからないですね。

    ――最後に二冠に向けてメッセージを
    池江 なんとか二冠をとらせてあげたいと思っています。応援よろしくお願いします。

    ミッキースワロー菊沢師「終いでしっかり伸びてくれれば」/菊花賞共同会見
    トライアルのセントライト記念(GII)を皐月賞馬のアルアインを下して快勝し、菊花賞に挑むミッキースワロー(牡3・美浦・菊沢隆徳)。菊沢調教師自らが手綱を取って最終追い切りを消化したのち、共同記者会見が行われた。

    (今朝の最終追い切りについて)、
    「気合い面や心肺機能はだいぶできている状態でしたし、前走、ゲートの入り、寄りが悪かったので、まずはゲートでの駐立を確認してから、馬場で5ハロンの追い切りをしました。要所要所、カーッとしたり燃えたりするのですが、馬場入り時に周りにいっぱい馬がいたり、追い切りをかけている馬もいる中で、今日は落ち着いていましたし、こちらが呆気にとられるくらい気分良さそうに走っていました」

    (それだけ前回からの上積みもある?)
    「落ち着かせて気分良く走らせるというのが狙いだったので、そういった点に関してはこちらが思った以上にのんびり走ってくれたなと思います」

    (昨日の段階では前に馬を置いての追い切りという話もあったが?)
    「他厩舎の馬が3頭いたので、ちょうど良いなと思ってそれを目標にする形にしました。追いついてしまうと、少しオーバーワークになりそうでしたし、前の馬を追いかけようとしていたので、あのくらいに収めておきました」

    (セントライト記念を振り返って)
    「秋はまずセントライト記念を目標にして夏は競馬を使いました。馬もそれに応えてくれまして、前走は私の想像以上の内容と末脚を使ってくれて、勝つことができてビックリしています」

    (どのあたりに成長を感じるか?)
    「普段の肉体面のスムーズさや、走りのスムーズさ、あとは気性ですね。走って最後伸びるということを馬自身が理解してきているような気がします」

    (3000mという舞台については?)
    「やってみなければわからないのですけど、折り合い面に関しては3000mは問題ないのではないかと思います。ただ馬場状態や輸送もありますし、当日のテンションなど、そういった面ではまだわかりかねています」

    (前回のような脚を使ってくれれば?)
    「そうですね、理想は3000mをリラックスして走って、この間のような、まあこの間ほどの脚を使わなくても良いのですけど、終いでしっかり伸びてくれればいいなとは思っています」

    (春もクラシックに挑戦した馬がいたが、秋はこの馬で菊花賞に挑むその心境は?)
    「大変光栄に思います。また素質のある馬を預けて頂いて本当に感謝しています。全部ではないですが、1つでも多くクラシックを目指して、また出走が叶うよう努力してやってきたので、本当に良かったなと思います」

    (最後に菊花賞への抱負を)
    「3歳最後のクラシック、私自身スタッフ含めて精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」

    ウインガナドル津村騎手「3000mでも本当に楽しみ」/菊花賞共同会見
    前走の新潟記念(GIII)で初めて古馬と対戦して4着と健闘したウインガナドル(牡3・美浦・上原博之)。父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという血統背景からも3000mの舞台が合いそうな同馬について、騎乗する津村明秀騎手と管理する上原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■津村騎手

    (前走の新潟記念について)
    「初めての古馬との対戦だったので、どのくらいやれるかという期待と不安があったのですが、4コーナー過ぎに早めに勝ち馬に交わされて、もうダメかなと思ったところからまた盛り返して4着だったので、本当に成長が窺えるレースでしたね」

    (どのあたりに成長を感じる?)
    「1年前くらいまではレース前からピリピリしていたのですが、だいぶ落ち着いてレースに挑めるようになりました。それで力が出せるようになったのかなということと、交わされてから盛り返していく根性を見せてくれたので、本当に頼もしいですね」

    (騎乗した1週前追い切りについて)
    「すごい霧の中で馬も少し戸惑っていた面もあったのですけど、終いは本当に良い反応で、1週前としてはとても良い調教ができたと思います」

    (3000mという舞台、どのようなイメージを?)
    「皆多分、距離的にも長いと思いますし、条件は皆一緒です。この馬は血統背景からも多分距離は大丈夫なので、期待しています」

    (ある程度レースのイメージは決まっている?)
    「この馬のスタイルはだいたい決まっているので、そんなに深くは考えていないです」

    (今回も逃げる?)
    「多分、その形になると思います」

    (自身の年間最多勝の記録を更新して充実しているが、最後の一冠に挑む心境は?)
    「僕自身の記録というよりは、GI初制覇を、僕も馬に期待して頑張ります。本当に楽しみです」

    (この馬のどんな面を引き出したいか?)
    「長く良い脚を使えますし、持続してスピードを保っていられます。馬場が悪くなっても大丈夫ですし、3000mでも本当に楽しみですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「メンバー的にも混戦となる一戦だと思いますし、僕の馬にもチャンスは十分あると思うので、是非皆さん、応援してください」

    ■上原調教師

    (最終追い切りについて)
    「先週、津村ジョッキーに乗ってもらって、実質的な最終追い切りというか、少し強めの調教を予定通りやってもらいました。今週は馬の状態を見て、輸送も考慮して単走で直線気分良く走らせて調整するという程度でした。動きは良かったですね。先週も良かったのですけど、今週はよその厩舎の馬と直線ちょっと一緒になるようなところもありまして、丁度気分良く走れた感じでした」

    (前走は古馬相手の新潟記念だったが?)
    「古馬相手でどういう競馬をしてくれるかだったのですが、直線でも最後までしっかり走っていましたし、周りのプレッシャーにも動じず頑張ってくれて、次につながるレースをしてくれました」

    (ひと夏を越えての成長は?)
    「春先は精神的にも肉体的にも子供っぽいところがありました。ひと夏越えてだいぶ馬がしっかりして精神的にも大人になってきましたので、レースに集中できるような状態になっています」

    (そういう状態で3000mという舞台を迎えるが?)
    「元々血統的に距離は持つと思っていますし、レースで何回か乗っている津村騎手からは3000mも楽しみですというコメントもありましたので、距離等は心配していません」

    (あとは輸送など落ち着いてクリアしてくれれば?)
    「まだ若い馬なので輸送をうまくクリアして、レースで自分の力を出してくれればいいなと思っています」

    (津村騎手は逃げることになりそうと話をしていたが?)
    「そうですね、スタートが良くてストライドも大きくて先行できる馬なので、どうしても押し出される形になったりもしていますけど、逃げても先行集団にいても競馬ができる馬だと思いますし、スタートの感じや周りの状況を見ながら臨機応変にレースができると思いますけどね」

    (秋の最後の一冠に馬を送り出す心境は?)
    「クラシックレースは、1回しか出られないレースですので楽しみにしています」

    (改めて菊花賞への抱負を)
    「血統もこういう舞台で活躍できる配合の馬なので、あとは結果をうまく出してくれればと思っています」



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    安田記念予想|2017年|共同会見まとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ


    『ヤフーニュースより引用』

    イスラボニータ栗田博師「完成の域に入ってきている」/安田記念共同会見

    前走のマイラーズC(GII)で2年7か月振りに勝利を挙げたイスラボニータ(牡6・美浦・栗田博憲)。中間も順調に調整が進められ、今朝ウッドチップコースで最終追い切りを消化。その後、栗田調教師の共同記者会見が行われた。

    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週ある程度負荷をかけていますので、今週はサラッとやる程度で良いという感じで送り出しました。ただ外に3頭、他の厩舎の馬がいたものですから、タイトな攻め馬になりました。そういう中で実戦並みのような感じで抜けてきましたので、それはそれで良かったのかなと思っております。動きに関しては満足しております」

    (久々の勝利となった前走のマイラーズCを振り返って)
    「十分時間をかけて、馬をじっくり作ってレースに臨みました。着差的はそんなに離して勝てませんでしたが、内容と勝ったことに対しては大変満足しております」

    (馬も6歳になって完成の域に入ってきた?)
    「そうですね、だいたいそういう域に入ってきていると思います」

    (昨年に続いての安田記念出走、今年のメンバーについては?)
    「何とも言えないですね。それはもう皆さんの方がお詳しいと思います」

    (今勢いに乗っているルメール騎手に対する期待も?)
    「そういうことはないですね。ただ自分自身も自信を持っていますし、ルメール騎手も乗れています。馬も良い状態で臨めますし、良い結果がついてきてくれたら嬉しいなと思います」

    (過去ヤマニンゼファーで安田記念を2度制しているが、今回この馬を送り出すにあたっての心境は?)
    「イスラボニータに安田記念を勝たせてあげたいという思いでいっぱいです」

    (人気を集めての出走となる安田記念への抱負を)
    「馬もお陰様で順調に来ましたし、応援して頂ければ嬉しいなと思っております。よろしくお願い致します」
    ステファノス藤原英師「馬への感謝の気持ちをGI制覇に繋げたい」/安田記念共同会見

    ■ステファノスを管理する藤原英昭調教師

    ――前走の大阪杯を振り返ってください。
    藤原 新設のGIですし条件は揃っていましたから“なんとか”と思ったのですが…、戦前からジョッキーとは「やはり勝ち負けはキタサンブラック」と話していまして徹底マークということで挑みましたが、さすがでしたね。こちらもしっかり走っていると思ったレースです。

    ――コンマ1秒差、悲観する内容ではありませんよね?
    藤原 いや、悲観しましたね(苦笑)。これほど強いのか、と。4コーナーではこっちのほうが手ごたえがよかったので作戦どおりだったのですが…。まぁ、そういう馬づくりをしてきましたから、それで抜かせないということでした。

    ――そこから2か月、間隔が空いています。
    藤原 香港も考えていましたがパスして宝塚ではなく安田記念を目標に定めました。マイルは勝ったことがありますし、東京コースですから条件が合うと思いました。その分、間隔は空いたので、放牧に出すと緩んでしまう馬なので在厩してずっと乗ってここに挑むという計画でした。

    ――青写真どおりにきたと?
    藤原 ここまではそうですね。

    ――1週前の調教は戸崎騎手を鞍上に行われましたね。
    藤原 戸崎ジョッキーも久々に乗りますし、大一番ですからね。馬に気合も欲しかったので「しっかり最後まで追ってくれ」と指示しました。そのとおり乗ってくれましたし、それに応える動きでした。すごくいい調教だったと思います。

    ――今朝の最終追い切り、CWコースで行われましたがいかがでしたか?
    藤原 いつも最終追い切りには鮫島くん(良太騎手)が乗っており、今回もそうです。まず状態を確かめるのと、さすがに1600ですからね。やはり距離によって作り方は違ってきますから、そういう意味合いでの追い切りを指示しました。内容としては先行させて、後ろから追いかけさせて、4コーナーで仕掛けるという指示でした。ジョッキーも馬は軽いしすごくいいということでしたから、計画通り進んでいます。

    ――マイルに向けての調教方法とは?
    藤原 やはり2000以上になると馬をリラックスさせて最後に力を温存できるような強弱をつけた調教になりますが、マイルになると最初から最後までスタミナも要りますしスピードも要ります。本当にタフな競馬になると思うので、そのあたりを意識した調教をしています。

    ――マイルは久々ですが、改めて期待するところは?
    藤原 マイルもずっと試したかったんですが、ずっと2000前後で調整してきましたから。東京競馬場の長い直線、広いコースで競馬が出来るというのは、マイルを使う上での一番の条件でした。前々から狙っていたので“ようやくその時が来た”というかんじです。

    ――ステファノスに対して“もっとこうなったら”と期待したり必要と感じる部分は?
    藤原 GIについては常に100の力で走ってくれているとは思います。「もっと」というよりはそれを維持してチャンスに乗る、という。これだけGIで頑張ってくれていますのでね。馬に感謝して馬づくりをしています。ちょっとした運であったり、相手関係であったり、そのあたりがマッチしてくれば、と思っています。

    ――マイルということで希望する騎乗方法は?
    藤原 流れも違いますからね。東京競馬場ですから終いが生きる競馬場だと思っています。ダービーは違いましたけどね(苦笑)。流れ次第だとは思います。まず重要なのは、1600の流れに馬がついていけるか、ということ。そういう調教もしてきました。あとは終いをしっかり。そのあたりは戸崎ジョッキーは合っていると思うので。ステファノスについては。だから、スムーズな競馬をして終いをしっかり走ってくれれば上位にはくると思います。

    ――最後に抱負を。
    藤原 海外を含めてGIで好走してくれて馬に感謝しています。その感謝の気持ちを勝利という形で導いてあげたいな、となんとか我々も頑張っております。安田記念、1600mというのはすごく厳しい戦いになるとは思いますが、それに対応できるポテンシャルはあると思います。こちらも期待して馬づくりをしていますので、ファンの皆さんも期待して応援していただければと思います。

    エアスピネル武豊騎手「この馬とGIを勝ちたい気持ちは強い」/安田記念共同会見

    ■エアスピネルに騎乗予定の武豊騎手

    ――デビューから馬体重を大きく変えていませんが、デビュー時から知っている武騎手からみてこの馬のこれまでの変化を感じていたら教えてください。
    武豊 そんなに大きくは変わっていませんけどね。2歳のときから完成度が高い馬だと思いました。変わらずいい馬だと思います。

    ――今年を振り返ってください。
    武豊 今年の上半期の目標を安田記念に決めて、そこから逆算して1600に向けてのローテーションを組んでの3戦でした。金杯は勝ったんですけど、まだこの馬の本領を発揮出来ていないというか…前回も発揮してくれてはいるんですけど、もっとやれる馬なんじゃないかな、という印象ですね。

    ――1週前追い切りはいかがでしたか?
    武豊 先週も乗ってかなりタイムも速かったですけど、しっかり動けていましたし状態はすごくいいと思います。

    ――弾けてくれそうな予感はありますか?
    武豊 なかなかGIレースに手が届かないというか、上位にはきてくれるんですけど。個人的にも期待してきた馬ですし、なんとかこの馬でGIを勝ちたいという気持ちは強いですね。

    ――マイルがいいという判断に至った経緯は?
    武豊 いろんな距離で結果を残してきているんですけど、1600で勝ったときの強さは印象深かったので、この春の目標はこのレースに決めたようですね。

    ――大崩れしない馬ですね?
    武豊 そうですね。マイルだと特に折り合いにも気を遣わずに走れています。レースも上手な馬です。あとは1着が欲しいですね。GIレースでここまで4戦して2着3着4着4着ですからね。早く1着が欲しいですね。

    ――道悪は?
    武豊 ダメではないと思います。デイリー杯を勝った時も相当降っていましたし、調教でも凄いタイムで走れますからね。雨が降ったほうがいいとは思いませんが、降っても問題ないです。

    ――最後に抱負を。
    武豊 この馬のお母さんも現役時代、全てのレースで手綱を取ることができましたし、そしてこの馬もデビューから乗ってきているので、この馬とGIを勝ちたいという気持ちは強いです。


    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――古馬になってからの3戦を振り返ってください。
    笹田 初戦は勝つことが出来ましたが2戦目、3戦目は少し負けています。だんだん落ち着きが出て、どの距離でも安定して走れるようになってきています。

    ――前走を振り返ってください。
    笹田 結果をみれば4コーナーでの内外のコース取りの差かな、と思いました。まだこの馬自身、幼さがあって(他の)馬を頼ってちょっと気を抜いたりする面も見られます。

    ――使われた上積みは?
    笹田 安定してどういうときでも走れる馬なんですが、レースを続けて使うというのは馬の気持ち的にはいいんじゃないかと思います。

    ――この中間の調整過程は?
    笹田 ずっと厩舎に置いておいて、2週間くらい楽をさせてから調教のピッチを上げていきました。

    ――1週前追い切りでは武騎手騎乗で行われました。
    笹田 1週前だし目一杯やっていいと言いました。1番時計を出すくらいでしたし、いい動きだったと思います。

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    笹田 先週は一杯やっているので、今週は少し余裕を持たせた調教をしたかったんですけど。これまでは1週前と当該週と違うように(レース当該週のほうは)少し時計に余裕を持たせていたんですが、今回は少し速い時計を出すように指示しました。GIということもありますが、この馬の性格を考えるともっと苦しめてやりたいな、ということで。少し馬に苦しい思いをさせて、レースで全力を出せるようにしたいと思いました。

    ――古馬になり、どのあたりに成長を感じますか?
    笹田 この馬は持っている能力が高く、3歳の時から距離的に関係なく善戦してくれました。古馬になって少し落ち着きが出て、もっと力を出せる状態にはあると思うんですが、精神面がまだ少し甘いなといったところが残っています。

    ――とはいえ、成績は崩れませんね。そのあたりの理由は?
    笹田 身体能力の高さでしょう。

    ――最後に抱負を。
    笹田 GIを目指してこの春ここを目標にやってきました。それに応えられるように調整してきましたので、あとは馬を信じていい結果を望めるようにしたいな、と思います。

    ロゴタイプ田辺騎手「逃げることも頭に入っています」/安田記念共同会見
      安田記念(GI・芝1600m)連覇を目指すロゴタイプ(牡7・美浦・田中剛)。ウッドチップコースでの追い切り後、田辺裕信騎手と田中調教師の共同記者会見が行われた。

    ■田辺騎手

    (最終追い切りについて)
    「併せ馬を用意してもらって、その前の馬を見ながら、ロゴタイプ自身の反応を見て負荷をかけていければと思いました。こちらが大きなアクションをしなくても楽に動けていたので、それは良かったと思います」

    (最後、グングン突き放していったが?)
    「併せた馬は条件も違いますし、あの馬が同じ安田記念に出てくるわけではないですけど、馬のリズムがすごく良く、大きいストライドで走れていましたので、今回はとても良い感じがします」

    (前走の中山記念・GII・3着を振り返って)
    「競馬自体は悪くなかったと思います。この馬はスタートが本当に上手ですし、途中でペースを少し乱されたのですが、この馬自身の走りはできていました。中山記念の時の追い切りがモタモタしていたので、それに比べると今日の方が動きがとてもスムーズでしたね」

    (コンビを組んで1年、馬に変化は?)
    「年齢が年齢だけに衰えなどの心配もあるのですけど、乗っていてそんなに年を取ったという感じがしなくて、まだ頑張れる覇気もあります。良い意味で平行線だと思います」

    (去年は安田記念を逃げ切ったが、今年の戦い方のイメージは?)
    「スタートが上手なのがこの馬の武器なので、もちろん逃げることも頭に入っていますし、あとはゲートを出て周りの出方次第ですね」

    (去年は少頭数ながらメンバーが揃っていたと言われているが、今年の印象は?)
    「今年は実績のある馬と勢いのある若い馬がいて、ガラッとメンバーも変わりますが、この馬自身、正攻法の競馬でいつも戦っていますし、今回もそうなると思います」

    (連覇がかかる今年の意気込みを)
    「連覇というのはすごく難しいことだと思いますが、去年勝ったのがラッキーではないというような走りをしてほしいですし、何とか頑張ってもらいたいです」


    ■田中調教師

    (今朝の最終追い切りについて)
    「すごく良かったと思います」

    (追い切り後、田辺騎手との会話の内容は?)
    「まずロゴタイプのコンディション的なことを聞きましたら、レスポンスが良かったということを言っていました」

    (納得のいく追い切りができた?)
    「今日は本当に良かったと思います」

    (前走の中山記念から間隔があいたが、この中間の調整は?)
    「中山記念の後にダービー卿CTを目標にしていましたが、軽い感染症を起こすアクシデントがありまして、すぐ山元トレセンに移動させました。しっかり向こうで治療してもらって、その後は乗り込んでもらっていました。

     こちらに帰ってきてからはしっかりと常歩で歩けていましたし、また少し変わってきたなというところがありました。先週の追い切りでも、ブレないで真っ直ぐ地面をなめるように走ってくれましたので、馬がまた変わったなという感じがありました。今週の追い切りまでに、田辺ジョッキーが良い雰囲気で競馬に行けるような馬づくりができたら良いなと思ってやってきました」

    (1度使ってからの方が良いタイプと聞くが、今回は間隔があいての一戦となるが?)
    「間があいた分、少し調教内容を変えました。ひと叩きしてからレースに臨むことはできないと思っていましたので、1か月前に入厩した時点から1レース使った分くらいの負荷をかけた調教を始めた結果、良い雰囲気に持ってこれたと思います」

    (具体的にどんな負荷を?)
    「坂路で1回乗って心臓と肺を膨らませてからウッドチップコースで追い切りをするとか、坂路を2本上がるとか、そういうところで心肺機能を高めることによって、肉体的にダメージが起きないようにバランスを取りながらやっていくというプランを立てました。そのプランにロゴタイプもうまく対応してくれましたし、疲れもなく常歩もしっかり歩けるようになってきました」

    (7歳ですが、まだ衰えなく頑張ってくれそう?)
    「そうですね、また進化しました」

    (中山記念で戦ったメンバーがその後海外で結果を出したことから、この馬への期待も大きいと思うが?)
    「去年の香港では途中挟まりそうな感じもありましたし、狭いところをこじあけてきての僅差での着順だったので、本当に悔しい思いをして帰ってきました。ロゴタイプは香港ではアウェーでしたが、今度は外国の馬がアウェーになります。またロゴタイプと一緒に走ったメンバーが良い成績を出していますので、この馬も絶対に良い結果を出してくれると思っています」

    (スタートが上手と田辺騎手が言っていたが、この馬の強みは?)
    「スタートが本当にうまいですし、最近は操縦性がとても良くなって、乗りやすい馬だと思います。レースの流れにも対応できるようになってきています。一時期は少し引っ掛かるというイメージがあったのですが、今は本当に乗りやすくて、ジョッキーの言うことを聞いてくれる馬になっていて、そこが強みではないのかなと思います」

    (連覇のかかるこの馬を送り出す心境、そしてファンへのメッセージを)
    「皆さんに期待して頂いていると思いますが、ロゴタイプと一緒に走ってきたメンバーが良い成績を出していますし、僕らとしてはかなり緊張しています。とにかく皆さんの応援に応えられるように1日1日、頑張って来ました。今日の追い切りを見ても、ロゴタイプは進化しています。レースは生き物なのですが、ロゴタイプの全能力を発揮できるようにジョッキーはじめ、僕たちも頑張っていますので、応援よろしくお願いします」


    最近、ロゴタイプ・・・逃げるのかな?



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    チャンピオンズカップ予想|2016年|共同会見まとめ


    チャンピオンズカップー凄い競馬の予想が熱い・・・すごい競馬


    アウォーディ、武豊「今週も勝ちたい」

    ■アウォーディーに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走・JBCクラシックは手ごたえのある勝利だったのでは?
    武豊 連勝はしていましたが、今まででいちばん強いメンバーと戦うレースだったので。このメンバーでどれだけやれるかな、という気持ちで挑みました。

    ――ダートに転向後、変わったことは?
    武豊 はじめてダートを使ったのが遅かったのですが、一走ごとに力強さが出ているというのは感じます。

    ――追い切りについては?
    武豊 いつも任せています。きっといい状態で当日を迎えられると思います。

    ――前走は川崎、今回は中京と左回りが続きます。
    武豊 そんなに癖のある馬ではないのですが、左回りはいいですね。中京はいいと思います。

    ――距離はいかがですか?
    武豊 いいと思います。

    ――ライバル関係は?
    武豊 JRAのダートのGIはふたつしかないですし、他の馬たちも当然ここが目標なのでメンバーも強力です。厳しいレースになると思います。

    ――松永幹夫調教師の馬でGIに挑むというのは?
    武豊 騎手時代からずっとお世話になっている先輩ですからね。一緒に挑戦して、レースを勝てればうれしいですね。

    ――騎手生活30年、好成績が続きます。
    武豊 はい、そうですね。おそらく主役だと思いますし、こういう馬で挑めるというのは騎手として光栄なことです。当然、プレッシャーもありますけどそれに応えたいという気持ちが強いですね。

    ――改めて、歴代の一流GIダートホースと比較すると?
    武豊 ダートを走りだしてから負けていないですからね。いい結果を出すというのがすごいと思います。馬のほうも今、ひじょうに充実している感じがします。ここは目標のレースなので楽しみにしています。

    ――最後にひとこと。
    武豊 ベストを尽くして、今週も勝てたらいいなと思います。

    ■アウォーディーを管理する松永幹夫調教師

    ――この中間は?
    松永 いつもどおりです。順調に回復しています。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    松永 どうしても抜けちゃうとやめるところがあるので、前の馬を追いかけて気を抜かせないようにしっかり追うようにしました。

    ――手ごたえは?
    松永 よかったと思いますね。最近、しっかり走れていて、調教も動くようになってきました。

    ――連勝して変わってきたところは?
    松永 特に何が変わったというのはありません。前から堅実に走っている馬でしたからね。それがダートにいって、しっかり力を出しているかな、と思います。

    ――前走のJBCクラシックは大きな勝利だったのでは?
    松永 ヘヴンリーロマンスの子供でGIを勝てたというのは嬉しかったです。

    ――今回の舞台は中京ダート1800mです。
    松永 流れが全然違うと思いますが、そのあたりはジョッキーがわかっていますので。任せたいと思います。

    ――前走もジョッキーが絶妙の仕掛けでした。
    松永 ほんと、抜けちゃうとやめるんで。そのへんは上手いな、と思います。

    ――最後に意気込みを。
    松永 やはり中央でGIを勝たないことには評価されないと思うので頑張って走ってくれればと思います。

    (取材・写真:花岡貴子)



    ラニ松永調教師「兄弟を負かしてほしいです」

    ■ラニを管理する松永幹夫調教師の話

    ――この中間の調整は?
    松永 前走後からすぐに乗り始めて、順調です。秋入厩してから20キロぐらい増えました。まだ成長しています。

    ――今回の舞台は中京ダート1800mです。
    松永 左まわりはいいと思うので、前走のような結果(みやこS13着)にはならないかな、と思います。

    ――位置取りなど、特に何かありますか?
    松永 ないです。自分のリズムで走らせてほしいですね。

    ――これまでの歩みが注目されていますが。
    松永 春はずっと海外に行っていて、向こうではそれなりの結果を出していたので。ぜひ、この中央場所でも結果を出して欲しいですね。

    ――最後にひとこと。
    松永 相手も強くなりますし、とくにアウォーディーは連勝していますし。もちろん、アウォーディーには連勝して欲しいんですけれど。なんとか、兄貴のアウォーディーを負かして欲しいですね。

    (取材・写真:花岡貴子)


    コパノリッキー村山師「気分良く走れればと思います」

    ■コパノリッキーを管理する村山明調教師

    ――前走後の調整過程を教えてください。
    村山 短期のリフレッシュ放牧に出して10日くらいで戻ってきました。先週、ルメール騎手が乗って追い切っています。今週はいつもどおり、助手が追い切っています。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    村山 最後の伸びもしっかりしていました。全体の時計はそんなに速くないんですが、うまく調教できました。

    ――年齢を重ねても圧倒的な強さをみせていますが、変化は?
    村山 6歳で体もしっかりできていますし、いい状態で来ています。

    ――舞台は中京1800に変わりますが?
    村山 スピードもありますし、いいと思います。

    ――先行争いが激しくなりそうですが?
    村山 毎回言っていますが、位置はあまりこだわらないです。気分よくスムーズに走れればと思います。

    ――最後にひとこと。
    村山 今年もGIを連勝してきたところだったんですが、力は本当にあるのでいい結果を出せたらと思います。数々のGIタイトルをとっていますが、チャンピオンズカップはまだ獲っていませんからね。いつもどおりの調整をして力を出し切れれば“勝ち”にも近いんじゃないかな、と思います。

    (取材・写真:花岡貴子)


    サウンドトゥルー大野「気分良く走れればと思います」

     昨年のこのレースで3着だったサウンドトゥルー(セン6・美浦・高木登)が、坂路で最終追い切りを消化。管理する高木調教師と大野拓弥騎手の共同記者会見が行われた。

    ■高木調教師

    (今日の追い切りについて)
    「ここ2戦使ってきて馬の状態も上がってますし、先週もある程度負荷をかけていますので、今日は確認のためにジョッキーに乗ってもらってサラッとやりました。予定通り良い感じでしたし、柔らかみも出てきて状態も良いと思います」

    (前走のJBCクラシック・JpnI・3着を振り返って)
    「休み明け(日本テレビ盃・JpnII・3着)はスローで消化不良の競馬でしたし、前走は2100mに距離が延びて追走が楽になるのではないかと見ていましたが、その通り、3コーナーあたりで結構良い手応えでした。けれども、3、4コーナーはコーナーがきついのか、追いかけづらいような感じでした。ただ直線もしっかり脚は使っていますので、内容的には満足しています」

    (前走からここまでの調教過程は?)
    「去年と同じローテーションを組んでいますけど、使った後、状態が悪くなると硬くなってきますので、その辺だけを気を付けました。反動もなく硬さもなく来ていますし、先週から時計も出して順調に来ています」

    (今回はどのような競馬を?)
    「去年もそうでしたけど、ゲートでどうしても遅れてしまうんですよね。1コーナーでどうしても離れた後ろになってしまいますし、それを想定して一か八か、詰まってもいいから内に突っ込んでくれと去年はジョッキーに言いました。けれども内に進路がなく、自分が余計なことを言ったから外に出すのが遅れたという面もありましたので、今年はジョッキーに任せてようかなと思っています」

    (理想の位置取りは?)
    「中央のこの辺のメンバーですと、テンは少し置かれるんですよね。そこで出して行くとリズムがあまり良くないようですし、どうしても遅れていくので、流れが鍵にはなるでしょう。ある程度は前に引っ張ってもらって、4コーナー手前から追い上げてくるという感じになると思います。直線も長いですし、去年は脚を余したところもありますので、何とか去年以上の結果を望んでいます」

    (最後にメッセージを)
    「非常に状態は上がってきていますので、何とか中央でもGIのタイトルを取りたいと思っています。応援よろしくお願い致します」


    ■大野騎手

    (今日の追い切りについて)
    「順調にこなしてくれて、良い動きでした。バランスが良かったですね」

    (馬の成長具合は?)
    「細かいところは時期ごとに少し変化はあるのですけど、良い意味で良い状態をキープしてくれていると思っています」

    (去年のこのレースから比べては?)
    「良い意味で同じです。調子も良いです」

    (昨年は3着だったが、今回のポイントは?)
    「後ろから行く馬なので、展開などに左右されることもあるのですが、良い誘導ができれば良いかなと思っています。中央のダートGIは2つしかないですし、勝てたらいいなと思います」

    (高木調教師から指示は?)
    「特にないです。攻め馬が終わった後に調子がどうかという話をしただけです」

    (最後にメッセージを)
    「馬は順調に来ていますし、前走の競馬で僕自身も手応えを掴んでいます。勝てるように頑張りますので応援してください」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【チャンピオンズカップ予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    菊花賞予想|2016年|共同会見まとめ

    競馬ファンならここの予想を見逃すな-すごい競馬の予想が熱い
    今なら限定無料会員募集中


    エアスピネル笹田師「得意の馬場で巻き返したい」/菊花賞共同会見

    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――今朝の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    笹田 武豊騎手が乗ってくれるので、終い重点でさっとやってほしいと指示しました。今日は少し時計のかかる馬場でしたが、にもかからわらず速い時計で走っていますし、重心の下がったいいフォームで走っているのではないかな、と思いました。

    ――前走からの上積みは?
    笹田 ジョッキーが上がってきたときに状態を聞きましたが、前走時の追い切りよりもずいぶん馬が良くなっているというコメントをいただきました。良くなっていると思います。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    笹田 ひと夏越して成長して落ち着きました。競馬もずいぶん折り合いがついてスムーズだったので、菊花賞に向けていい予行演習ができたんじゃないかな、と思います。

    ――精神的な部分での成長も大きく出たかな、と?
    笹田 そうですね。

    ――今回、京都の3000mが舞台です。
    笹田 デイリー杯を勝っているように相性はいいと思います。距離については、それを克服するように、と春は皐月賞やダービーを経験していますし。前走も2400mを経験していますし。十分に対応はできると思います。

    ――最後に意気込みを。
    笹田 ずっと善戦してきている馬なので能力はあるというのは証明してくれていますから。京都のいい馬場で、得意な馬場で巻き返したいと思っています。

    (取材・写真:花岡貴子)


    ミッキーロケット音無「春の分も雪辱してほしい」菊花賞共同会見

    ■ミッキーロケットを管理する音無秀孝調教師

    ――今朝の坂路での最終追い切りはいかがでしたか?
    音無 やればもっと時計出るんですけども、今日は前半セーブした中での追い切りだったので。それでも、最後はしっかりと伸びていますし、併せた相手も調教で走る馬なのでね、いい時計がでたな、と思っています。

    ――納得の出来ですか?
    音無 そうですね。(前走から)あいだもそれほどあいていませんし、これ以上時計を出すとオーバーワークになるのでね。ちょうどいいかな、と思いますけどね。

    ――前走の神戸新聞杯は勝ち馬に迫る競馬でした。
    音無 そうですね。道中も折り合いがついてましたし、4コーナーでちょっと前がふさがる不利もありましたしね。そんな中で最後伸びて2着なので、僕らが思っていた以上に馬のほうがよくなっているというか、力をつけてるな、と思いましたね。

    ――課題だったスタートも無事五分のスタートでした。
    音無 そこはですね、最後入れでしたでしょ?どうしてもゲートの中でゴソゴソする馬なのですが、このあいだは入ってすぐスタートだったのでゴソゴソする暇がなかったのでね。(後入れが)いいほうに出たのかな、と思います。

    ――スタートの部分での課題をクリアするための工夫は?
    音無 中間、ずっとゲート練習はしています。まぁ、それが今度は奇数が当たってもいいようにね。

    ――京都は久しぶりの実戦になりますが?
    音無 うーん、京都が云々というのはないと思うんですけど、やっぱり3000mになりますとね、前半の坂を上って下って、いわゆる2コーナーに至るその中間ですね。そこで折り合っているかどうかが一番のポイントだな、と思っています。それはミッキーロケットに限らず、他の馬もおなじ。おそらくスローになると思います。普段は引っ掛からなくても菊花賞だけ引っ掛かるということもありますからね。その辺はジョッキーも注意してほしいな、と思いますけどね。

    ――ふだんのミッキーロケットは折り合いに苦労しないのでしょうか?
    音無 苦労するどころか、ついていけない時もありますからね。だから、ゲートの問題もありますけども、北海道(注:函館、札幌での3戦)でも後ろから行って終い一辺倒の競馬ですから。ああいう競馬にならざるを得ない可能性もありますよね。神戸新聞杯のように最後伸びてくる、というのはいつものことなので、あの馬の特性を生かした乗り方を和田くんにはお願いしたいと思っていますね。

    ――今年10戦目ですが、状態は?
    音無 なかなか難しいのですが、春はなんとかクラシックに行きたいということで何回も挑戦したのですが、ことごとく跳ね返されて。皐月賞は500万の身でしたが抽選で出れましたが、やはりそこも跳ね返されました。だから、他の馬はダービーを目指している中、早めに夏休みにしました。北海道で早めの秋を迎えているのですよ。そこで私たちが思っているとおり、実力があるのがわかったので。秋は春の分も雪辱して欲しいと思っていますけれどもね。

    ――最後にひとこと
    音無 最後の一冠になりましたけれども、ずっとクラシックを目指してきた馬なので、最後の一冠を狙って欲しいと思っています。また応援してください。お願いします。

    ■ミッキーロケットに騎乗予定の和田竜二騎手

    ――前走、神戸新聞杯を振り返ってください。
    和田 まずゲートに課題のある馬なのですが、大外枠で最後入れだったので「思ったより出たな」と思いました。その後はサトノダイヤモンドが隣にいましたので「あの馬の出方を見ようかな」と思っていました。先に行きたがっていたので、その後をついて行く感じでした。後はリズム良く行けましたし、少し4コーナーでゴチャつくところがありましたが、減速するほどではありませんでした。

    ――この馬の成長度合いは?
    和田 力のある馬にあそこまで迫れましたし、馬自体が成長していると思います。私自身も一回競馬に乗って、競馬自体は使いやすいと思いました。それから、距離はもちそうな雰囲気はありました。本番に向けていい競馬ができたと思います。

    ――京都コースはいかがでしょうか?
    和田 競馬は何回も使っているみたいですし、馬も成長して切れ味が出てきていますのでね。京都の瞬発力勝負の競馬になっても、ヒケは取らないと思います。

    ――3000mについては?
    和田 みんな走ったことがないので分からない部分がたくさんあると思います。未知の魅力に賭けたいですね。

    ――折り合いについては?
    和田 そんなに難しいかんじはありません。溜めれば最後まで動ける感じもありました。この前も長い直線でも止まっている感じはなかったですし、いけるのではないでしょうか。

    ――レースに向けて特に気を付けている点は?
    和田 スタートが大事です。距離云々よりはスタートの方が神経を使うと思います。

    ――ゲートについては?
    和田 春から癖があったようです。毎週練習させてもらっています。先週もゲートの雰囲気だけ見たのですが、3回練習して、最初の時よりは少しマシかな、という雰囲気は出ています。本番はまだ分かりませんが、何とか我慢してくれればいいですね。タイミングで少し後ろに下がったり前に行ったりする馬なので、前に行った時にスターターが(ゲートを開く指示を)切ってくれたら、と思います。

    ――最後にひとこと
    和田 休み明けの前走で負かせきれなかったのが、本番に向けてはまた課題になってくると思います。長丁場なので何があるかわかりませんが、自分の馬の能力を出すことに集中したいですね。結果はあとからついてきてくれたら、と思います。当日は競馬場に足を運んでください。応援よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)


    サトノダイヤモンド鞍上ルメール「いちばん大切なのはリラックス」菊花賞共同会見

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    ルメール とても良い感じでした。今日の追い切りは800mと短い距離でした。直線での反応がとても良かったです。追い切りの時計は結構速かった。馬の状態は完璧だと思います。ストライドがとてもスムーズで、リラックスして喜んでいました。

    ――神戸新聞杯を使ってさらに良くなっている印象はありますか?
    ルメール このあいだは休み明けでしたから馬がフレッシュでした。ちょっと引っかかったけど、最後は頑張ってくれました。今回リラックスしてくれたらもっと乗りやすいかもしれません。自信、あります。

    ――神戸新聞杯のレースを振り返ってください。
    ルメール コンディションがたぶん100%ではなかった。けれど、4コーナーから馬が走りたがって自分からハナに立っていました。ゴールまで頑張ってくれました。たぶん、菊花賞ではコンディションが100%になるはずです。

    ――京都競馬場はどうでしょうか?
    ルメール 京都競馬場では外回り(注:きさらぎ賞)、内回り(注:新馬)と勝っているから問題ないです。

    ――距離3000mはどうですか?
    ルメール 長いです。でも、みんな3000mは初めてです。この馬はスタミナがあると思います。リラックスすれば3000mもいけるでしょう。

    ――今回、どんなレースをしたいですか?
    ルメール スタートやペースによりますから、まだわからないけど、一番大切なのはリラックスです。

    ――ポジションは考えていますか?
    ルメール まだわかりません。普通に競馬をしたら6番手、7番手になりますけど、もしいいスタートを切ったら前に行くかも。その後は直線で頑張ってくれるでしょう。

    ――ライバル関係は?
    ルメール 一番のライバルはディーマジェスティです。皐月賞を勝ち、ダービー3着もいい競馬でした。この前も中山で結構簡単に勝ちました。とても良い馬、走る馬です。だから、彼は一番のライバルです。

    ――最後にひとこと。
    ルメール 今週は菊花賞です。3歳の最後のクラシックです。みなさま、サトノダイヤモンドを応援お願いします。彼はGIを勝てそう。頑張ります。

    ■サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池江 ラスト1ハロンで馬体を併せて行くように指示を出しました。動きは素晴らしかったですね。

    ――上積みは感じられますか?
    池江 はい。

    ――特にどのあたりが素晴らしかったですか?
    池江 ストライドがすごく大きくてね、四肢を伸ばして、なかなか見られないフォームでしたね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    池江 久々なんで少し気負っていました。急仕上げの中よく頑張ったな、と思います。

    ――差は詰められましたが、しっかりねじ伏せたという印象でしたが?
    池江 そうですね。馬なりで先頭に立って、ジョッキーも馬も“もう競馬が終わった”というところに内側から一頭出てきたのでね。そこから再加速して、というのはなかなかできないものですから。その取りつく脚に関してはさすがだな思いました。

    ――いまはリラックスして走れる状態でしょうか?
    池江 そうですね。1回レースを走ってガスが抜けたようなかんじです。

    ――菊花賞は京都競馬場で行われますが?
    池江 京都競馬場は相性のいいコースだと思いますね。

    ――坂の上り下りもありますが?
    池江 3000mは走ったことがないのでね。やってみないと分からないとは思います。

    ――3000mの距離適性は?
    池江 ベストではない、とは思いますけどね。

    ――乗り越えるいい機会、という見方もできますが?
    池江 そうですね。昔から菊花賞は3000mですから、あえて適性ではないその難しいレースに立ち向かっていきます。

    ――池江先生は常々チャレンジを掲げていらっしゃいますが、今回も?
    池江 そうですね。馬だけでなく人間も、できることだけでなく少し難しいことをチャレンジしていくということは成長につながるのではないかと信じております。

    ――今回、その“3000m”を乗り越えるにあたり、尽力されたことは?
    池江 やはり折り合いがポイントとなりますのでね、その辺をスタッフとじっくり話し合って日々の調教にとり入れています。体もかなりシェイプアップしてステイヤー体型に持っていかないと、と。

    ――その試みを本番で出せる状況にありますか?
    池江 そうですね。今のところ、思い描いているような状態で出せそうなので。とりあえず今日の追い切りを終えてホッとしています。

    ――最後の一冠に向けての意気込みを教えてください。
    池江 2歳の新馬戦の時から多くのファンの方に応援していただいています。春は無冠に終わりましたが、最後の菊花賞だけは何とか獲得して、ファンの皆さんに認めてもらえるような馬に育てていきたいと思っております。

    (取材・写真:花岡貴子)


    ディーマジェスティ二ノ宮師「平常心でやるのが一番」菊花賞共同会見

     皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3・美浦・二ノ宮敬宇)が、蛯名正義騎手を背に菊花賞(GI・3000m)の最終追い切りを消化。それを受けて、管理する二ノ宮調教師の共同記者会見が行われた。

    (最終追い切りについて)
    「先週も蛯名騎手に追い切りに乗ってもらっていますし、十分調教は積んでいるので、今週は少し長めから無理をしないで馬なり程度で乗ってくださいとジョッキーには話をしました。時計的には先週と同じくらいでしたが、心臓の方もできていますし、長めから行って終いも馬なりでスーッとかわしたという感じでした。体も心肺機能も、十分にできたかなと思っています」

    (これまでの経緯について)
    「夏場は北海道の牧場で過ごしました。その時に、この馬はツメが小さいこともあり、何回も釘を打っていると釘を打つ部分が弱くなって、落鉄をしてしまいました。接着剤で蹄鉄を着けて、2か月弱置いておいたらツメが伸びてきましたし、それ以降はツメに関しては全く問題ありません。美浦に戻ってきてすぐに改装しましたけど、その時点ではもう釘を打てましたので、心配ありません。

     こちらに戻ってきてからは、追うごとに馬体も充実してきて、息の方もやるごとに良くなってきています。潜在能力があるので、やっていくごとに良くなっているなという感じを受けました。馬体も春先に比べれば、非常にボリュームのあるオープン馬らしい体になってきました」

    (この馬にとって3000mは?)
    「この前のレースもそんなに掛かることなく、馬なりでスーッといい位置につけられましたし、瞬間的にはカッとなりますが、十分おさえがきくと思います。初めての輸送と長距離のレースですが、十分心得ているジョッキーなので、心配はしていません」

    (二冠のかかる馬を送り出す進境は?)
    「緊張が馬にも伝わると思いますし、平常心でやるのが一番いいと思っています。強い調教をしているわけではないですし、以前のレースと全く変わらず、馬を信頼して、人間もリラックスしています。できるなら取りたいなとは思っていますけど、僕の仕事は馬をいい状態に持って行くということなので、厩務員や調教助手と話をしながら、またはジョッキーとコミュニケーションを取って、それをまとめています。力のある馬ですし、それを信頼して平常心で普通通りにやるだけです」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【関連記事】


    プロディガルサン田辺「相変わらず良く感じました」菊花賞共同会見

     菊花賞(GI・芝3000m)に出走するプロディガルサン(牡3・美浦・国枝栄)の最終追い切り終了後、管理する国枝調教師と田辺裕信騎手の共同記者会見が行われた。

    ■国枝調教師

    (今朝の追い切りについて)
    「今日は田辺君に乗ってもらい、先週と同じような感じでやって、馬の雰囲気を確かめてもらいました。調教駈けする馬ですし、動きも良かったので、調子がいいのはわかるのですが、どこまでやれるかは競馬にいかないとわからないです。(ジョッキーも)手応えも良くていい雰囲気だと言っていましたので、あとは本番だと思います」

    (追い込んで3着だった前走のセントライト記念について)
    「競馬なのでいろいろありますが、馬もしっかりしてきたなというレースをしてくれました。折り合って行きましたし、騎手の要望にも応えて動けたと思います」

    (1度使った後は?)
    「特に問題になるようなところもなく、順調に来ています」

    (3000mの距離について)
    「距離は大丈夫だと思います。道中の折り合いがうまくいけば、いい形で競馬ができるでしょう」

    (セールスポイントは?)
    「利口な馬ですし、なめらかさもあるので、トータルでいいレベルだと思います」

    (クラシック最終戦に送り出す進境は?)
    「やはりクラシックなので、できたら取りたいなとは思っていますけど、まだこれからどんどん良くなる馬ですし、現時点でどこまでいけるかというのが正直なところです」

    (最後にメッセージを)
    「クラシックで頑張ってきましたので、最後の1つで良い結果が出るよう頑張りたいと思います。よろしくお願いします」


    ■田辺騎手

    (最終追い切りについて)
    「前回のセントライト記念の前も追い切りに乗せてもらって、その時も軽快な動きをしていたのですが、調教はとても動く馬なので、今日も相変わらず良く感じました」

    (1回使ってのプラスアルファは?)
    「ここを目標にしていたと思いますし、レースを叩いたことで上向いてきてくれると思います」

    (前走を振り返って)
    「ダービーと違ってポジションにこだわらず、出た感じのリズムを守ってレースを運びました。ダービーとメンバーも違いますが、終いの頑張りがあったので、負けはしましたけどいい感じで終えてくれました」

    (春先と比べて)
    「元々大型馬でゆるいところがあったので、少し締まってきたのではないかと思います」

    (京都の3000mについて)
    「この馬は折り合いが難しいところがありますので、そのあたりを重視して流れに乗っていきたいなと思います」

    (この舞台でこの馬が力を発揮できる競馬のイメージは?)
    「イメージはしていません。周りも3000mが初めてだと思いますし、流れというのは競馬に行ってみないとわからないので、ここのポジションを取りに行くなど、そのあたりは考えていません」

    (クラシックに挑む前の心境は?)
    「あまり変わらないです」

    (いつも通り平常心で?)
    「はい。それが1番いいことだと思っています」

    (ファンへのメッセージを)
    「最後の一冠ですし、菊花賞2着のリアルスティールの弟ということで、期待している部分も大きいです。頑張りますので応援よろしくお願いします」

    (取材・写真:佐々木祥恵)



    無料情報で大万馬券期待できる注目サイト
    誰でもフリーメール無料で無料情報をゲットできます
    だからGETしちゃってください、勝馬伝説
    kachium

    このページのトップヘ