競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:共同会見

    ヴィクトリアマイル予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】アエロリット菊沢師「シャキッとしてきた、いい感じに上昇」/ヴィクトリアM共同会見

     
     1月26日のアメリカ遠征(ペガサスWCT・G1・9着)以来となるアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)が、坂路で最終追い切りを消化した。追い切りを終えて菊沢調教師の共同記者会見が行われた。 

     (今日の追い切りについて)
    「1週前にウッドチップコースで併せ馬をして、直前は坂路で態勢を整えるというここ最近のパターンで来ています。時計を感じさせないくらいの雄大なフットワークで駆け抜けていたと思います。たまたま前に走っている馬がいましたので、ちょうど頂上付近で併せ馬になるような感じで、馬もしっかり前の馬を追いかけて集中して走った良い稽古でした」

    (1週前追い切りと比べると?)
    「ウッドチップコースでの追い切り、特に右回りでは終いどうしても俊敏性に欠けるようなところもあるのですけど、それはいつものことですし、1週前にウッドチップコースでしっかり負荷をかけたことで週末、今週にかけて馬もシャキッとしてきたので、いい感じに上昇しているなと思います」

    (前走のアメリカ遠征を振り返って)
    「アエロリット、そして関係者の皆様には海外遠征という初めての経験をさせて頂いて、本当にいろいろ勉強になりました。馬も出国検疫、飛行機での輸送、こちらとの環境の違いと様々に違った環境の中でアエロリットなりに対応して改めてすごいなと思いました」

    (戻ってきてからの印象は?)
    「精神的にも強くなったような気がします。帰ってくる時にニューヨークで寒波の影響で飛行機が遅れたりもしまして、日本で待っている時はすごく心配していたのですが、着地検疫の時に馬も元気にしていたのでホッとしています」

    (一昨年勝利したNHKマイルC、昨年2着の安田記念と同じ舞台になるが?)
    「東京は広いコースですしアエロリットも走りやすいと思っています。決して右回りがダメというわけではないのですが、どうしても器用さに欠けてしまう部分もあり、自分のリズムを崩すと力をなかなか発揮できないというのもありますので、

    (右回りの時は)
    そういった影響もあると思います」

    (昨年のこのレースは0秒1差の4着だったが、昨年と比べると?)
    「1年たちまして、馬自身も体幹的にしっかりしてきました。精神的にも落ち着いてきました。去年のヴィクトリアマイルに向けての調整過程と比べると、馬の雰囲気は今年の方が良いのではないかなと感じています」

    (横山典弘騎手とは6戦振りのコンビとなるが?)
    「デビューから手綱を取ってもらっていたジョッキーですので、アエロリットの成長した姿を感じ取って騎乗してもらえればと思っています」

    (横山騎手と何か話をしている?)
    「アエロリットのことに関しては、ジョッキー自身が乗っていない時でも話はしていますし、ジョッキーも気にして見ていると思いますので、細かくはしていないです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ここ2戦(ペガサスWCT、マイルCS・GI・12着)は結果が出なかったのですが、東京で巻き返したいと思いますので、どうか応援よろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】ラッキーライラック松永幹夫師「なんとか巻き返したい」/ヴィクトリアM共同会見
     
     ■ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師の話

    ――今朝の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    松永 時計も結構よかったし、動きもよかった。順調かな、と思います。

    ――併せ馬でしたね?
    松永 はい。併せ馬でした。

    ――最後は相手を離しました。
    松永 まぁ、やれば動く馬なので、ああいうかたちを想像していました。

    ――数字以外に感じる部分は?
    松永 今日に限らず、普段の調教からすごくリラックスしています。いい状態で来ているかな、と思います。

    ――1週前からの変化は?
    松永 特にはないですけどね。まぁ、ある程度やっておこうということでやりました。

    ――前走のレース前の状態との差は?
    松永 いい意味で変わりなく来ています。(今回も)しっかりと調教を消化したという感じです。

    ――前走からの上積みが調教時計に表れている?
     松永 いえ、そういうことではないですね。前走もやれば時計がかなり出ていたと思います。なんとか今回、巻き返したいと思います。

    ――前走について振り返ってください
    松永 たくさんの方からの支持を受けたのに結果を出せなかったというのはすごく申し訳なかったと思います。はじめて包まれる競馬になったので、競馬をさせてもらえなかったのかな、と思います。

    ――その中で終い伸びているというのは?
    松永 そうですね。ただ、最後はちょっと苦しかったのか、内にもたれながら伸びてきたんですけど。着差もあまりなかったので、あれでも力はあるな、と思いました。

    ――もたれたのは前走に限ったものとみてよろしいでしょうか?
    松永 そうですね。あのレースだけでしたね。

    ――今回については?
    松永 特には気にしていないです。

    ――枠順に関しては?
    松永 特にスタートが悪い馬じゃないので気にはしていないです。前走は運がなかったですね。外の馬が行くのかな?と思いきや意外と行かず、その馬の後ろに入ってしまい、どんどん後手にまわったというかたちだったので。まぁ、それも含めて“競馬”だと思いますけど。

    ――前走後のダメージは?
    松永 大丈夫です。

    ――今度は好走していた東京コースに変わります。
    松永 東京コースでも勝っていますしね、巻き返したいです。

    ――勝つためにはどういったことが必要ですか?
    松永 さらに強い馬も出てきているので楽ではないと思いますけど、自分の競馬をしっかりして力を出し切ることかな、と思います。

    ――コース形態としては力を出し切れるのでしょうか?
    松永 そうですね。直線も長いですしね。

    ――前走以上の期待というのは?
    松永 もちろん、期待しています。

    ――「巻き返し」への思いを改めて教えてください。
    松永 やっぱりラッキーライラックもGIホースでありますからね。昨年、あまりいい結果が出なかったので、“今年は”という気持ちがあるので、なんとかここで結果を出したいと思います。

    ――メンバー構成はいかがですか?
    松永 いいメンバーだと思います。

    ――馬メンバーと比べて勝っている部分は?
    松永 比較はできないんですけど、いいスピードのある馬だと思っているのでなんとか結果を出したいですね。

    ――ジョッキーとの話し合いは?
    松永 レース前に話すことになると思います。

    ――最後にファンの皆さんへ意気込みを。
    松永 ここ1年ちょっと結果を出せていないので、なんとか牝馬限定戦という数少ないレースの中で、なんとか結果を出せるように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】レッツゴードンキ岩田康誠騎手「直線に賭ける競馬になると思います」/ヴィクトリアM共同会見

     
     ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手

    ――前走の高松宮記念を振り返ってください。
    岩田 直線でちょっと窮屈になってしまって、その分6着という結果だったんですけど。やっぱり脚が余っていたというのがありました、はい。

    ――最後の上がりの脚をどう感じましたか?
    岩田 最近上がりの競馬というか、後ろからすごくいい脚を使ってくれます。

    ――この馬の良さは?
    岩田 7歳ですけど、本当にまだ若い走りをしています。疲れ知らず、というか。

    ――乗っていらして7歳という数字と若々しさは合わない感じですか?
    岩田 そうですね。本当に熟してるというか、去年よりも全然ふっくらしていますし馬体そのものがすごくいいと思います。

    ――先週、1週前追い切りに騎乗された感触は?
    岩田 前走以上にふっくらしていましたし、トモの筋肉の張りもグッときていると思うんで。追い切り自体もすごく落ち着いて走っていたと思います。

    ――状態は高松宮記念と比べると?
    岩田 もっと良くなっているんじゃないかなと思いますね。毛ヅヤ自体がすごくよく見えるというか。

    ――期待としては前走と比べると互角以上でしょうか?
    岩田 そうですね。今回も馬自体はフレッシュな状態だと思います。

    ――今回の理想のレース運びは?
    岩田 出たとこで。マイルですし、直線に賭ける競馬になると思います。

    ――希望の枠順は?
    岩田 真ん中より内のほうがレースはしやすいというか、脚をためやすいというのはあります。マイルも何回も経験していますし、出たなりで、という感じで行くと思います。

    ――このところは短距離で実績をあげていますが、マイルについては?
    岩田 直線まで折り合いをつけられたら直線では絶対にいい脚を使ってくれるので。良馬場でレースをさせてあげたいな、と思いますね。

    ――東京コースについては?
    岩田 いまのドンキであればいいレースをしてくれると思いますし、悪い着順にはならないと思います。

    ――数字上では東京コースの成績はよくありませんが、そのあたりは?
    岩田 折り合いを欠いてしまったりとか、あるんですけど。今年に関しては馬自体も全然カリカリしていませんし、落ち着いてレースができるんじゃないかなと思います。

    ――4年連続の出走となります。レースへの思いは?
    岩田 7歳ですけどホントに元気で毎回走ってくれる馬です。今回も距離は2ハロン長くなるんですけど。いいレースをしたいと思います。

    ――最後にファンの皆さんへ抱負を。
    岩田 熟したレッツゴードンキの応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ミッキーチャーム川田騎手「輸送さえクリアしてくれれば」/ヴィクトリアM共同会見


    ■ミッキーチャームに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――前走の阪神牝馬Sを振り返ってください。
    川田 その前に中山に連れて行ったときに具合はすごくよく感じていたんですが、どうしても結果が伴わなくて。その敗因が何かというのをみんなで探って、輸送というところに結論付けたいところだったので。

    (前走は)阪神ということで近かったので輸送の問題もなく望む結果が得ることができました。となると、なおさら(前々走は)輸送の影響があっての大敗だと分析ができました。

    (前走は)いい内容で勝てたな、と思います。

    ――その輸送に関してですが、前走のレース後に「これで前々走の敗因が輸送だとはっきりしたので万々歳とはいえない」とお話しされていました。それについては?
    川田 その思いは変わりません。

    ――輸送に関してはどうかな?という思いは残ったまま、という状態ですか?
    川田 はい、もちろんです。

    ――輸送への対策は?
    川田 そのへんは調教師のほうに聞いてもらえたら、と思います。

    ――改めて、前走の強さについては?
    川田 もともと能力の高い馬であることは間違いないですし、初めての1600ということでしたがスムーズに対応してくれました。全体的に前と後ろが離れるような競馬にはならなかった。馬群が密集したというか、みんな近い距離でゴールまでたどり着いたというレースではあると思うんですが、その中でしっかり抜け出せたというのがこの馬の強さかなと思います。

    ――「道中が我慢できました」ということもありました。そのあたりの我慢というのは成長からという見方でよろしいですか?
    川田 その我慢というのはレースの流れの中でのことなので。どうしても前向き過ぎるところがある馬なので、その意味で我慢が出来た、という表現です。

    ――1600mというのはいかがでしたか?
    川田 より対応しやすいだろうとイメージしていましたし、そのとおりだったな、と思います。

    ――東京コースは?
    川田 まったく問題ないと思っています。

    ――レースについてのポイントは?
    川田 そうですね。何より輸送でどういう影響が出るかということなので、そこが一番大きなポイントになると思います。それさえクリアしてくれれば、問題なく走れると思っています。

    ――そのあたりの問題はパドックや返し馬ではわかるのでしょうか?
    川田 わかることもありますけど。うーん、走ってみないとわからないことはたくさんあります。

    ――最後にファンの皆さんへ抱負を。
    川田 なんとか無事にいい状態で当日を迎えてもらって、自分の力が出せる状態でレースを走れたらと思うので、東京で5週GIが続く中の2週目なので、また競馬場に足を運んで目の前で見て貰えたらな、と思います。(取材・文:花岡貴子)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    皐月賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】サートゥルナーリア陣営「母、兄以上に走ってくれるのでは、という夢と期待がある」/皐月賞共同会見
     
    ■サートゥルナーリアを管理する
    角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手

    ――改めてデビューからこれまでを振り返ってください。
    辻野 お兄さんたちも角居厩舎で活躍してくれた馬だったのでもともと期待値は高かったんですけども、そのとおりの結果を出してくれているなと思います。

    ――中106日での戦いとなった経緯は?
    辻野 ホープフルSで中山の2000mというコースと輸送を経験しましたので、前哨戦を使う必要はないだろうということでオーナーサイドと協議して決まりました。

    ――この中間の様子は?
    辻野 レースの1か月前にこちらのほうに帰ってきまして追い切りも順調に進められています。先週の時点で息遣いなどもだいぶ出来ていているなぁという感触は得られていましたので、もう順調に調教を積んでこれていると思っています。

    ――最終追い切りはCWでシャケトラ、レッドウィズダムとの併せ馬でした。
    辻野 先週はルメールさんに初めて乗ってもらったんですけども、2頭併せの後ろからというあまり刺激のないポジションでの追い切りでした。 

    ルメールさんは『イージーコントロールでパワーを感じる』ということだったんですけども、少し競馬で噛むところがある馬なのでそういったところも今日は感じてもらおうかと思いまして、少し後ろからの刺激の強い追い切りを行いまして、そのあたりをジョッキーに確かめてもらいました。

    ――実際の感触は?
    辻野 「我慢できる?」と(ルメール騎手に)聞いたときには『走りたいだけだ』『一気に加速してしまうわけではなくてジワッと加速していくような感じなので大丈夫。我慢できる』というコメントをいただきました。

    ――ホープフルSとの状態の比較は?
    辻野 ホープフルSのときよりは調教の内容も濃いかな、と思いますし、1週前の段階でしっかり体がはまってきているな、という感触もありました。馬の状態がしっかり出来てきているんじゃないかな、と思っています。

    ――前走はプラス12キロでした。成長分でしょうか?
    辻野 はい、成長分と、やはり幾らか緩さがあったのかなという気はしているので。今回のほうがシルエットを見ましてもシャープな体つきに見えますし、中身のほうも前走よりもしっかりしているのではないかと思っています。

    ――馬体重はマイナス体重でしょうか?
    辻野 そうですね、少し減るのではないかと思っています。

    ――今回の舞台設定については?
    辻野 コース形態については前走でクリアしてくれているんですけれども、今回は前走よりもさらに頭数が増えるのでこの馬の力を出し切れるような競馬になってくれればと思っています。

    ――この馬の力はここまで3戦で出し切っていますか?
    辻野 正直、まだ3戦とも全力で走っていないと思っています。―

    ―何パーセントくらいで走っていますか?
    辻野 うーん、馬に聞いてみないとわからないところではありますが、8割くらいなのかな、という感触もありますし、もしかしたら8割も出していないかもしれないですし。ほんと底知れないポテンシャルは感じていますね。

    ――どんな能力が高い馬なのでしょうか?
    辻野 やはりフィジカル面の強さというのが3歳のこの時期にはなかなかないものを持っています。メンタル面も冷静に走って、かつ人の指示にも素直に従ってくれるという本当に長所がすごく多い馬だと思いますので。ここまでの成績に表れているのではないかと思っています。

    ――上は気性面での課題もありましたが、この馬は?
    辻野 この馬の初入厩以前から、お兄さんたちの危うさというのは我々厩舎一同は知っていましたので。本当に慎重にデビュー戦からここまで接してきているんですけれども。お兄さんたちとは違ってすごく冷静に調教でも競馬でも走ってくれるので、今までの兄弟の中では調整はしやすいな、と感じています。

    ――厩舎の皆さんがこの馬に込める想いは?
    辻野 お母さん(シーザリオ)もお兄さん(エピファネイア、リオンディーズ)も厩舎でGIを獲ってくれた馬なのでこの馬も、と思ってはいたんですけれども、本当にここまでお母さん以上、お兄さんたち以上の活躍をしてくれるんじゃないかという期待と夢を抱かせてくれる馬なので、その期待に応えてこれからも頑張って走ってくれたらいいな、と思っています。

    ――クリストフ・ルメール騎手は「皐月賞、ダービーいけます」とかなり強気ですが?
    辻野 ライバルも強力ですし1頭で競馬をするわけではないので、本当にこの馬の力を出せる競馬が見たいな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    辻野 ファンの皆様も期待されていると思うんですけれども、厩舎一同、期待と夢を持ってこの馬の走りを見守りたいと思っています。応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ニシノデイジー勝浦騎手「良い信頼関係を築けたと思います」/皐月賞共同会見
     
     札幌2歳S(GIII)、東スポ杯2歳S(GIII)と2歳重賞2勝のニシノデイジー(牡3、美浦・高木登)が、ここ2戦(ホープフルS・GI・3着、弥生賞・GII・4着)の敗戦から巻き返しを図る。本番に向けてウッドチップコースでの最終追い切りを終えて、勝浦正樹騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■勝浦騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「順調に今まで来ていますし、今日もスムーズな動きで満足しています。馬の雰囲気も良いですね」

    (前走を振り返って)
    「残念な結果でしたね。乗っていても特殊な馬場で、悪いを通り越してなかなかない馬場になっていたので、度外視したいです」

    (デビュー時の印象は?)
    「良い馬という感じはありましたが、ここまでというのは最初は見抜けなかったです」

    (成長した点は?)
    「馬体がたくましくなったと思います。まだ幼いところはあるのですが、精神面もだいぶ成長しています。普段乗っていてもヤンチャはしなくなったなという感じで、言うことを聞いてくれる可愛い馬です」

    (肉体面では?)
    「全体的に力強くはなっていると思うのですが、まだ物足りないといいますか、これから良くなっていくであろうという部分はあると思います。ただ全体的に成長していってくれていると思います」

    (中間は追い切り以外にも勝浦騎手自身が騎乗していたが?)
    「いろいろな考えがあるとは思うのですが、自分としてはジョッキーが毎日乗るのもどうかなという気持ちもありました。ただ今回は周りから毎日乗った方がいいのではないかと言われて、乗せて頂きました。毎日乗る前よりは、今の方が馬と良い信頼関係を築けたと思います」

    (中山2000mのイメージは?)
    「走る前は最高の舞台だと思っていましたが、結果が出ていないので…。でもその考えは変わっていませんし、舞台的にはデイジーに合っていると思います」

    (この馬の武器は?)
    「それほど強調して言えるものはないのですけど、結果が出ているのが1番の武器というか良いところだと思います」

    (本番に向けてのイメージは作っている?)
    「まだ特にないですね。リズム良く行ければいいなとは思います」

    (ゲートを出てからレースを考えられるような自在性のある馬?)
    「自在性はあるとは思うのですが、いろいろなことができるタイプではないと思いますので、

    (ゲートを)
    出てからリズム良く運べれば、それが1番良い結果に繋がるのではないかなとは思っています」

    (デビュー時からコンビを組んでいる馬とクラシックに向かう心境は?)
    「もちろんニシノデイジーにもそうですが、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯ですね。それに本当に応えたいという気持ちです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「まだまだ先はありますが、ここを目標にやってきましたし、ここで1番良い結果を出せるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

    ■高木調教師
    (追い切りについて)
    「騎手とのコンタクトと、あまり遅くならないようにリズム良く走らせてくれという感じでした。リズム良く行けたと思います。ここまで順調に来ていますし、大丈夫だと思います」

    (前走の弥生賞を振り返って)
    「1番人気に支持して頂きましたし、雨で(馬場が)渋ったのが逆に良いのかなと思ったのですが、結果的に脚元を気にして走っていてその点がダメだったのかなと思います」

    (弥生賞前に、精神面や折り合いがポイントという話があったが、そのあたりは?)
    「下を気にしてハミを取らず、その分脚も溜まらずという競馬になってしまって、そのあたりはちょっと判断が難しいレースになってしまいましたね」

    (トライアルを踏まえてこの中間はどういった調整を?)
    「最近ずっと勝浦君が自ら乗って、馬とのコンタクトを大事に取って、息の合った調教をしてもらっています。勝浦君も日々ずっと乗っていますので、(馬の精神面も)安心して乗れるのではないでしょうか」

    (馬体の成長は?)
    「(以前は)結構行かないと時計は出なかったのですが、今は楽に時計が出るようになりましたし、その分パワーアップしていると思っています」

    (本番に向けてだいぶ良い状態に?)
    「そうですね、はい」(クラシックに管理馬を送り出す心境は?)「気を引き締めて頑張ろうと思います」

    (あと当日天気が味方してくれれば?)
    「そうですね、ちょっと雨マークが見えるので、その辺は気になっています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「馬も非常に良い状態に仕上がってきていますし、頑張りたいと思っていますので、応援よろしくお願い致します」(取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「幸せを噛みしめながら結果を出したい」/皐月賞共同会見
     
     デビューから前走の共同通信杯(GIII)まで無傷の3連勝で皐月賞に臨むダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清)が、本番に向けてポリトラックコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、戸崎圭太騎手と萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■戸崎騎手(今朝の追い切りの感触は?)
    「すごく馬は落ち着いています。2週前くらいから毎週跨らせて頂いているのですけど、レースに向けてスイッチが入ってきたなあという感じを受けました」

    (今日の動きのジャッジは?)
    「単走でした。リラックスをさせてノビノビ走らせるということでしたが、そういう感じで走れていましたし、良い感触や順調さを感じました」

    (今日の追い切り後にゲートの確認を?)
    「問題になることではないのですが、2週前に行った時に(ゲートで)ちょっと動いていたところがありました。(その後)ずっとスタッフがやってくれていたので、すごく落ち着いていて良い感じでした」

    (初重賞の前走を振り返って)
    「距離の不安が少しありましたが、それを覆す強い勝ち方でした。距離も心配ないというのを掴みましたし、2歳王者もいた中でああいう勝ち方ができて、本当に強い馬だと感じました」

    (前走は2走前のひいらぎ賞・500万下と比べるとゆるい流れになったが、そのあたりの対応力は?)「問題なかったですね。ペースが遅い中でもしっかりと我慢もきいて、その分本当に弾けたという感じでした」

    (デビューから3戦すべてコンビを組んでいるが、最初に乗った時の印象は?)
    「兄弟はダートで走っていますので、芝でデビューはどんな感じなのかなと思いましたが、背中はすごく良いものを感じていました。それからどんどん良くなってきて、このような馬になりました」

    (特に良くなったと感じるのはどのあたり?)
    「いろいろな感触がありますが、馬がしっかりしてきたというところですかね。幅が出てきたりとか、そのあたりで跨った瞬間に感じるものがあるという感じですかね」

    (兄弟にダートの短距離で走る馬が多い血統だが、芝の中距離で走るこの馬には父のディープインパクトの影響がある?)
    「ディープインパクトに跨ったことないのでわからないのですけど、すごいバネをこの馬には感じるものはありますね」

    (今回はコーナーが4つの2000mと初めての条件だが?)
    「前走の感触からそういう問題も消えたというか、こなしてくれるだろうというのは感じています。心配はないと思いますね」

    (枠順は真ん中より内の方がいい?)
    「そうですね、その方が組み立てやすいですかね。(真ん中から内は)みんな望むところだと思います」

    (もまれたりすることに不安はない?)
    「そうですね、前走も囲まれてはいましたからね。その中でもひるまず問題なく走ってくれていたので、大丈夫だと思います」

    (デビューからずっとコンビを組んでいる馬でクラシックに臨む心境は?)
    「幸せな気持ちですね。デビューから乗せて頂いて、ずっとコンビを組んで、負けていませんしね。有力馬ということで、その幸せを噛みしめながら結果を出したい気持ちでいっぱいですね」

    (どういったレースをしたい?)
    「この馬の力を存分に出せるようなレースですね。リズム良く、最後は弾ける感じで、気持ち良く走らせたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「3戦3勝という馬でまた(皐月賞に)臨めますし、もう1頭負けなしの馬がいて盛り上がることと思いますので、是非楽しんで頂きたいです。僕自身は連覇を目指しています。ダノンキングリー、応援よろしくお願いします」

    ■萩原調教師(今朝の追い切りについて)
    「単走でと考えていましたし、ジョッキーと話をして、体を使わせて、精神状態とコントロールが利く利かないを見てもらおうと思いました」

    (戸崎騎手がノビノビと走っていたと言っていたが?)
    「同様の感触です」

    (前走を振り返って)
    「コントロールが利いていましたし、脚も使っていましたので良い内容でした。レース後もそれほど大きなダメージもなく、中間も順調に来ています」

    (デビュー当時の印象は?)
    「良い馬だとは思っていましたが、競馬を使ってみないとわからない部分が多かったですし、能力をはかれないと思っていました」

    (レースを使っていく中での成長は?)
    「期待通りの成長を見せていると思います。馬体重は今後もそれほど変わることはないと思いますが、体幹がしっかりしてきましたし、精神的にも今回は落ち着いています」

    (距離が2000mに延びるが?)
    「1800mの前走の競馬を見る限り、距離が延びることに関して不安のあるレースではなかったと思っています」

    (1番のセールスポイントは?)
    「やはりスピードですね」

    (クラシックに管理馬を送り出す心境は?)
    「非常にありがたいと思っています」

    (理想の枠順は?)
    「枠順はこちらで選択できるものではないですし、与えられた枠で競馬をするしかないので特に気にしません」

    (馬場コンディションについては?)
    「それもこちらでコントロールできるものではないので、その条件で競馬をさせて頂きます」

    (最後にファンにメッセージを)
    「一連の状態をキープして皐月賞に向かえると思います。皆さんの期待に沿うような走りを見せることができればいいと思っています。頑張るのでよろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】川田騎手「立ち向かうのは簡単ではないが、精一杯ヴェロックスの競馬を」/皐月賞共同会見

     ■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――過去騎乗された2戦の印象は?
    川田 それまでのレースはずっと見ていました。どういうことが出来てどういうことが出来ないのかな、というイメージは大体ついていました。二戦ともいいかたちで勝ってくれましたし、一戦ごとに勉強しながらここまで来れたのではないかと思います。

    ――一戦ごとに成長が感じられる点は?
    川田 一番はレースの中身ですね。レースの組立において(以前に)負けている中でもいろいろ学べたはずですし、それがこの二回で生きているのでは、と思います。

    ――中山芝2000mについては?
    川田 ある程度いろんな競馬に対応できるタイプだと思っているので、この中山芝2000mというコース形態については特に問題ないと思ってます。

    ――芝コースでの最終追い切りに騎乗されましたが、感触は?
    川田 指示は馬の状態を確かめながら、終いは僕の感覚でやるもやらないもちょうどいい感じで決めて欲しいということでした。 

    すごくいい流れで走っていたと思いますし、4コーナー手前くらいからさらにリズムは良くなりました。それからはいい雰囲気で、いい内容で走れていたと思います。いい最終追い切りだったと思います。

    ――前走からの上積みは?
    川田 前回は正直、そんなにいい状態ではなかったので、それを思えば良くなってきています。期待どおりですし、無事にここまで来れて良かったな、と思います。

    ――芝での追い切りになったのは馬場状態を考慮してのことでしょうか?
    川田 そうです。

    ――今回、怪物級と言われるようなライバルも1頭いるというムードですが、川田騎手はそのあたりは感じられていますか?
    川田 ライバルというのも失礼かなと思いますけどね。1頭、抜けていると思いますから。あれだけ素晴らしい馬がいるので、そこにチャレンジしにいく立場ですから、なんとかいい競馬が出来ればいいな、とは思いますが。

    ――最後に抱負を。
    川田 無事に皐月賞の舞台までたどり着きましたし、先ほども言いましたけど素晴らしい馬が1頭いるので、そこに立ち向かっていくのは簡単なことではないですけど、なんとか精一杯ヴェロックスの競馬をして…頑張ってくれると思うので当日を無事に迎えたいなと思います。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】アドマイヤマーズ鞍上M.デムーロ「GIだから皆がライバル。楽しみにしています」/皐月賞共同会見
     
    ■アドマイヤマーズに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走は共同通信杯2着でした。
    デムーロ 残念でしたね。初めて負けました。コースも距離も初めてでしたね。朝日杯FSからあまり時間もなく、馬が少しフレッシュでしたね。(その中間は)休みに(放牧へ)出たんですけど、そんな時間がなかった。馬が少しイレ込んでいました。 スタートから思っていたとおり、ペースはすごく遅かったです。先頭に行っていましたけれど、そこから結構噛んでました。折り合いが難しかったです。馬自体はワンペースで自分のペースでは行ってましたけれど、後ろの馬はすごく瞬発力がありました。勝った馬(ダノンキングリー)は強かったですね。上がり(3F)も一番速かった。

    ――馬体重がプラス8キロでしたが?
    デムーロ それは全然問題ない。馬がどんどんどんどん成長しています。今回もプラス(体重)になりますね。すごくいい状態で成長しています。

    ――具体的にはどんなところが成長していますか?
    デムーロ 大きくなっていますね。筋肉が増えているし、背が高くなった。

    ――一度使って変わってきそうですか?
    デムーロ そうですね。

    ――この中間、3月28日に調教に騎乗されています。そのときの感触は?
    デムーロ いいですね。競馬のあと、1か月経ってだいぶ良くなった。

    ――今朝の追い切りは坂路で行われましたね?
    デムーロ 馬なりでやったと聞いています。大丈夫です。厩舎のかたがこの馬のことをよくわかっているので問題ないです。

    ――今回、さらに1ハロン延びて中山という舞台ですが?
    デムーロ 今回も初めてのコースで、コーナーが4つありますね。距離は問題ないと思います。1ハロン増えても問題ないと思います。2000mまでは問題ないと思っています。

    ――枠順の希望は?
    デムーロ 真ん中くらいがいいですね。

    ――今回は一番強さを知っているサートゥルナーリアがライバルにいます。印象は?
    デムーロ GIだからみんながライバル。だけど、(サートゥルナーリアは)何回か乗りましたがすごくいい馬ですね。サートゥルナーリアだけでなくいっぱいいい馬が出てきます。楽しみにしています。

    ――皐月賞は4勝しています。改めて印象は?
    デムーロ もう1回、5回目を勝ちたいです(笑)。

    ――トリッキーなコースと言われていますが?
    デムーロ 難しいコースですね。中山コースは難しい。まぁ、今までいい馬に乗っていますが、何回も失敗した。

    ――改めて意気込みを。
    デムーロ 勝ちたいです。頑張ります。(取材・文:花岡貴子)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    大阪杯予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより
    【JRA】ペルシアンナイト鞍上M.デムーロ「ポイントは4コーナーで一番いい位置につけること」/大阪杯共同会見
    ■ペルシアンナイトに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走の金鯱賞は4着でした。振り返ってください。
    ミルコ 最近ちょっとツイていないですね。香港では良馬場で硬かった。金鯱賞は重馬場だった。もともと重馬場は得意ではないですね。中京の2000mは問題なかったですけれども、いつも休み明けは良くないですね。1回使ったら良くなるんですが。

    ――この結果はあまり気にしなくていいでしょうか?
    ミルコ はい、あまり気にしていないです。さすがにいい馬だから問題はなかったけれど、展開は良くなかったですね。前回はペースが遅くてよーいドンの競馬だったのに、僕の馬はジリジリ上がってきたのに対して前の馬はいい脚を使っていましたね。

    ――久々の2000mは大丈夫でしたか?
    ミルコ いまはちょっと大人になっています。香港での1600m(香港マイル)は忙しかったですね。昨年の大阪杯も2着でしたから距離は問題ないと思います。

    ――昨年はスワーヴリチャードで勝っていますね。このレースのポイントは?
    ミルコ ポイントは…どうだろう。昨年は外枠だった。展開は良かったね。スタートはみんな速くて、僕の馬は1コーナー2コーナーで折り合いをつけていました。向こう正面でペースが落ちたときに出していきました。なかなか有り得ない。 

    今回は…どうだろう。どんな展開になるのかわからないですね。ポイントはもちろん4コーナーでいいところに(つけていたい)。内まわりだから。4コーナーで一番いいところに行っていたら…なんとなく。頑張りたい、はい。

    ――いまの阪神競馬場の馬場状態はいかがでしょうか?
    ミルコ うーん、最近はあまり乗っていないね。東京に行ってます。うーん、そんなに悪くない。中山も先週少し悪かったけれども、阪神は大丈夫ですね。内も芝がまだ残っています。今週も雨が降らないみたいだし、それは一番いいことだと思います。

    ――ペルシアンナイトにとってもいい馬場のほうがいいですか?
    ミルコ はい。重馬場と硬すぎる馬場はあまり良くないですね。

    ――5歳になり心身の成長は?
    ミルコ もともと自分が初めて乗っていたときに体は出来ていましたね。そこから変わらないですね。いい馬ですし、キレる。力もありますね。

    ――今回GI馬8頭がそろいました。
    ミルコ やっぱり楽しみですね。僕の馬もGIを勝っていますし、昨年(の大阪杯)はギリギリ2着でした。GIをもっと勝ちたいですね。能力があるので自信を持っています。いっぱいいい馬が出ていても、僕の馬もいい馬だから。

    ――希望の枠順は?
    ミルコ うーん、ペルシアンナイトはスタートがいつもまぁまぁいいので問題ない。どこでもつけられる。もちろん外はちょっとキツイですけど、昨年はみんなペースが最初から速かったから(結果的に15番枠のスワーヴリチャードでも)良かったですけど。まぁ、内のほうがいいです。頑張ります。

    ――最後にひとこと。
    ミルコ 今年も(ミルコ騎手自身が)2連覇して欲しいですね。頑張ります。今年もGIシーズンも始まりましたが、いっぱい勝ちたいです。いつもありがとうございます。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ブラストワンピース池添騎手「完成の域に近づいている」/大阪杯共同会見
     
     昨年暮れの有馬記念(GI)を制したブラストワンピース(牡4、美浦・大竹正博)が、今年初戦の大阪杯(GI・阪神芝2000m)に向けて、主戦の池添謙一騎手が手綱を取ってウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切り後、池添騎手と大竹調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■池添騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「向正面から入っていって、5ハロンから時計を出して行くという形でした。形的には3頭での追い切りでしたが、実質2頭で併せ馬をして前の馬に追いつけたら追いつくという感じでした。3ハロンからペースを上げていってそれでしっかりついていき、終いはしっかりやっていいと聞いていたので、動きを見ながらそれなりにやりました。 

    最初にダートコースでウォーミングアップしたのですが、いつものように1つ1つチェックをしてすごく落ち着いていましたし、準備運動の中でのフットワークもすごく柔らかかったです。ホント良い形で来てくれてるなと思いました。牧場からしっかり厩舎にバトンタッチをして、先週の1週前追い切り、そして今週の追い切りと順調だと思います」

    (有馬記念前は背腰がしっかりしてきたと話していたが、今回にかけての体の変化は?)
    「牧場からは体重は増えて帰ってきていると聞いていたのですが、追い切りをするごとに体も絞れてきています。先週も今週も思ったのですが、背腰やトモ、中身がすごくしっかりしてきていて、完成の域に近づいていると思います」

    (昨年の毎日杯(GIII)1着以来の阪神で、今回は内回りコースに替わるが?)
    「コース自体は問題ないと思います。外回りから内回りになるのが1つポイントになると思いますが、大きい馬でも不器用ではないので、自分の中ではあまり心配はしていません」

    (毎日杯以降は逃げる以外のだいたいの戦法を取ってきているが、今回展開面では?)
    「まずは枠順と馬の並びが決まってからだと思います。先週は内枠有利な馬場になったように、枠は大事になってくると思いますので、出てからしっかり考えたいです」

    (希望する枠順は?)
    「天候や馬場状態によって変わってくるので、一概にどこがいいかは言えませんが、どこでも対処はできると思います。当日の馬場状態を見極めて、あとは枠とメンバーと並びを見ながらレースを組み立てたいと思っています」

    (有馬記念は渋った馬場だったが、馬場状態は?)
    「多少力いる馬場でもパワーがあるので問題ないですし、良馬場でもどちらでも大丈夫だと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ブラストワンピースにとって、大事な今年初戦です。昨年の有馬記念の後に今年は古馬の王道を歩んでほしいと言ったのですが、(王道を)歩んでいけるようにしっかり結果を出したいと思っています」

    ■大竹調教師(昨年の有馬記念を振り返って)
    「スタートも良くてイメージしていたポジションにピタッとはまりましたし、早めに動いて最後しっかり伸びてくるという、本当に思い描いていた通りの競馬をしてくれました。これもずっと池添ジョッキーが乗っていたからなのかなと思いますし、イメージをちゃんと共有できていたからこそあのような競馬ができたのだと思います」

    (有馬記念からここまでの調整過程は?)
    「ノーザンファーム天栄に放牧に出したのですが、競馬のダメージが少なかったので、早い段階から時計を積極的に出していました。今回3か月あくということで、いつもは約3週間前に入ってくるところを1週間前倒しをして、レースの1か月前に戻ってきました。 今までよりも追い切りの本数を増やしてここまで来ています。時間的な余裕がありますので、ほんの少しでも気になるところをケアしつつ、じっくり時間をかけながらここまでやってきました」

    (今朝の追い切りの指示は?)
    「いつもそうなのですが、特に僕から指示するというわけではなくて、彼が跨った時の雰囲気でお願いするという感じで、ジョッキーに任せました」

    (3頭併せで、前に1頭、後ろ2頭という形だったが?)
    「リードホースが結構前にいたので、最後併入できるのか少し不安には思っていたのですけど、何とか恰好はつけてくれました」

    (追い切り後のブラストワンピースを見て、改めてどう感じたか?)
    「ここのところ追い切りの後はテンションを引きずることなくすぐに落ち着きますし、時計は速かったのですが、ケロッとして帰ってきました」

    (輸送については?)
    「これまでも輸送競馬をしているので、特に心配はしてないですし、むしろ前走と比べて現時点でプラス体重なので、輸送は良い方にとらえています」

    (1年振りの阪神コースについては?)
    「去年外回りではありますが毎日杯で一応経験しているコースなので、そんなに不安はないかなと思っています。前回も中山のトリッキーなコースで結果を出していますので、このコースもこなしてくれるのではないかなと思います」

    (渋った馬場や時計の速い馬場で勝っているが、馬場状態については?)
    「今のところこの先の天気は流動的だと聞いていますが、いずれにせよ問題ないと思っています」

    (希望する枠順やレースプランについては?)
    「特に枠順は気にしてはいません。レースプランはジョッキーが考えるでしょうし、任せようと思っています」

    (今年1年、どういった思いで臨む?)
    「今まで挑戦者という立場でしたが、今年からは追いかけられる立場になると思いますので、しっかり名に恥じない競馬をしていかなければいけないかなと。一戦一戦、真剣勝負だと思っています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「ようやくこの時期になって、思い描いていた馬体と精神状態で競馬を迎えることができるようになりました。これからも皆さんの応援がこの馬のパフォーマンスに影響すると思いますので、これからも引き続き応援のほどよろしくお願いします」(取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】川田騎手「キセキとともにしっかり頑張れたら」/大阪杯共同会見
     
     ■キセキに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――今朝はキセキの追い切りの動きを見て確認し、どのように感じましたか?
    川田 馬場に入ったときからすごく落ち着きがあって精神的にもいい状態なんだろうな、と思いました。その後の調教内容にしても動きにしても、とてもいい状態でここ(大阪杯)に出てくれるのではないか、と思いました。

    ――前走の有馬記念を振り返ってください。
    川田 昨年秋、素晴らしい競馬を続ける中で有馬記念に出走するまでいきましたけれども、具合に関しては本当に良かったと思います。 

    ただ、ゲートの中で少し落ち着き過ぎてしまうところがあって、その分ゲートを出る動きがあまり良くありませんでしたから、少し促してあの競馬をした分、どうしても道中はいつも以上に力んでしまいました。それが影響しての5着だとは思うのですが、それでもあれだけ踏ん張れたというのはあの馬の能力の高さだと思います。

    ――秋の4走は本当に頑張りましたね。
    川田 本当に頑張りました。あれだけの競馬を毎回続けてくれましたから。

    ――毎日王冠から前に行くというスタイルの競馬が続きました。そのあたり、板についてきたという感じなのでしょうか?
    川田 そうですね。毎日王冠に関しては厩舎からのリクエストで前々からの競馬をして欲しいということだったんですけれども。天皇賞に関してはレースの中で先頭まで行ってしまったほうがいいかたちになったのでそういう競馬を選択しました。そして、それで得たもので、ジャパンカップ、有馬記念とああいう競馬を組み立てました。本当によく頑張ってくれたな、と思います。

    ――今後もその流れを汲んで競馬を組み立てるのでしょうか?
    川田 継続的にやっていることがあると思います。ただ、今回の競馬に関しては角居先生とどういう競馬を組み立てていこうかという話はしていませんから。そこに関しては(角居師と)相談してからになると思います。

    ――阪神芝2000mへの適性は?
    川田 個人としては、特に何も問題ないと思います。

    ――2000mという距離は?
    川田 何ら問題ないと思います。

    ――GI馬8頭の豪華メンバーとなりました。
    川田 これだけの有力馬たちがそろいましたから、素晴らしいGIになることは間違いないでしょう。その中でキセキがどういう競馬が出来るのか、というところだと思うので、キセキとともにしっかり頑張れたらな、と思います。

    ――最後にファンの方へひとこと。
    川田 先ほど調教を見たのですが、いい状態で来れていると思います。ここでも彼らしい競馬が出来ればと思います。精いっぱい頑張ってくれると思うので、ぜひ競馬場へお越しください。これだけのGI馬が集まりますので、ぜひ生で競馬を観戦していただけたらと思います。そして、テレビ越しでも楽しんでいただけたらと思います。(取材・文:花岡貴子)


    【JRA】ワグネリアン福永騎手「ダービー以上の感動を味わえるように」/大阪杯共同会見

     ■ワグネリアンに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――先週、追い切りに騎乗したときの印象は?
    福永 体重がかなり増えて帰ってきたというのは聞いていたんですけど。またがった印象としてはたくましくなったなという印象を受けました。芝コースでの追い切りで直線を向くまでは先行馬の後ろで我慢させていたんですけど。以前よりは前進気勢が強くなったというか、前向きさが結構出ていましたね。フレッシュな状態だと思います。

    ――いい状態で向かえそうですかね?
    福永 そうですね。追い切りの本数もかなりやっていますし、先週乗った感触も良かったです。息遣いも悪くなかった。まぁ、動ける状態にあるんじゃないか、と思います。

    ――去年の秋はお休みとなりましたが、再びコンビを組むことになりました。
    福永 秋緒戦は自分の怪我もあって騎乗することは叶わなかったんですけど。藤岡康太くんが非常に上手な競馬をしてくれて、キッチリ勝ってくれました。 

     その後は疲れが取り切れなかったということで、無理して使えば使えないことがないくらいの感じだったらしいんですが、そのへんは調教師とオーナーの判断で大事をとって仕切り直すというかたちをとられたので。その甲斐あって心身ともにフレッシュな状態で来ていますんでね。ここから大きなタイトルを獲りに行きたいなと思っています。

    ――馬に成長は見られますか?
    福永 帰ってきた当時は500キロくらいあったようで相当ボリュームアップして帰ってきたみたいなんですけど。血統的には母系(の距離適性)は短めなのでそういった影響もあって、体型にも気持ちにもそういったものは出てきているのかな、という気もします。 そういったものも鑑みて2000mを使うというのはあると思います。成長したいま、2000mでどのような競馬をするのか。その内容と結果によって、今後向かっていく路線というのもある程度明確になってくるのかな、と思います。

    ――阪神芝2000mというのは?
    福永 そうですね。うーん、難しいコースですけどね。内回りですし。まぁ、差し馬にとっては簡単なコースではないかな、と思います。

    ――GI馬が8頭出走してきます。
    福永 この路線が日本では一番層が厚いと思いますし、この中で結果を出していくというのがワグネリアンの価値を高めていくことで重要なことだと思っています。相手はそろっていますし簡単ではないと思いますけれども、いい結果を出せるように頑張っていけたらな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    福永 僕自身も非常に楽しみにしていた一戦ですし、4歳になってたくましくなった彼と一緒に、ダービー以上の感動を味わえるように頑張っていきたいと思います。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】エアウィンザー陣営「思ったとおり、ひと叩きして良くなっている」/大阪杯共同会見

    ■エアウィンザーを管理する角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手

    ――前走の金鯱賞は3着でした。
    辻野 GIを勝った馬がたくさん出ている中、その中に入っての3着だったわけですので悲観する内容ではなかったと思っています。

    ――その後の中間の調整は?
    辻野 まずレースの疲れがないかどうかを確認していました。もともと叩き良化型というのもありますので、使った後のほうが動きに軽さが出ていますし、こちらの思ったとおり、ひと叩きして良くなっていると感じています。

    ――以前より体質的には強くなっていますか?
    辻野 そうですね。メンタルの面もそうですし、体の面もだいぶ大人になってしっかりしてくれたので、競馬を使っても疲れが出ることなく、使いながら良化していくという過程をたどれるようになってきているのではないかと思います。

    ――上積みは期待できそうですか?
    辻野 そうですね。金鯱賞の時もこれを使って状態がもう一段上がってくるのではないかと思っていましたので。こちらのイメージ通りに来れているかと思います。

    ――体質の変化は感じられますか?
    辻野 そうですね。以前よりひ弱さがとれてきたところがありますし、ガッチリとしたキングカメハメハの産駒の特徴が出てきている感じがします。

    ――コース形態については?
    辻野 前々走で重賞を勝ってくれている舞台でもあります。舞台設定がマイナスになることはないと思いますし、前走の3着から着順を上げてほしいな、と思っています。

    ――最後にファンの方にメッセージを。
    辻野 お母さん(エアメサイア)もGIを勝った馬だったので、この馬もひとつ上のGIの舞台で大きなタイトルを獲ってほしいと思っています。応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ステルヴィオ丸山騎手「今回は結果にこだわりたい」/大阪杯共同会見

     昨年のマイルCSに優勝してGIホースの仲間入りをしたステルヴィオ(牡4、美浦・木村哲也)が、27日(水)、大阪杯(GI)に向けてウッドチップコースで併せ馬の追い切りを行った。追い切り後、前走の中山記念(GII・3着)に引き続き同馬の手綱を取る丸山元気騎手(追い切りには乗らず)と、管理する木村調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■丸山騎手
    (前走の中山記念を振り返って)
    「自分が思っていた競馬はできましたし、休み明けを考えればよく走ってくれていると思います」

    (阪神コースについて)
    「コースはそんなに気にしていないですし、距離が2000mになるので、いかにロスなく直線まで来れるかが今回のポイントになると思います。内枠がほしいですね」

    (馬場状態は?)
    「土日のレースを見て考えたいと思っていますが、前走も少し荒れた馬場でも大丈夫だったので、そこまで気にはしていません」

    (相手関係については?)
    「本当に豪華なメンバーが揃っているので、うまくエスコートしてあげたいなという気持ちですね」

    (弟弟子の野中騎手、妹弟子の藤田騎手も活躍中だが、相乗効果もある?)
    「あまり意識はしていないですが、周りからは抜かされるぞと言われています。あの2人に負けたら僕もショックなので、負けないように頑張っています」

    (丸山騎手も絶好調だが?)
    「たくさん良い馬に乗せてもらっていますし、良い流れは大切にしたいです。今はローカルで乗せてもらっていますが、本場でもこういう結果が出せるように頑張りたいですね」

    (昨秋GIを勝った馬の春シーズンのオファーを受けた時の気持ちは?)
    「はじめ、話を聞いた時には『間違いではないか』という気持ちもありました。乗せてもらってやっぱり素晴らしい馬でしたし、GIに行くのはこういう馬だと改めて感じました。チャンスがある馬なので、今回は結果を出したいという気持ちが強いですね」

    (人気馬に乗ってGIを迎える心境は?)
    「自分自身も昨年ダービーに乗せてもらって、またああいう舞台で乗りたいなという気持ちが強くなりました。GIでチャンスのある馬ですし、まずGIを取りたいという気持ちがあります」

    (最後にファンにメッセージを)
    「大変チャンスのある馬に乗せて頂くので、今回は結果にこだわりたいと思っていますし、自分自身ももっともっと上のステージに行けるように頑張っていきたいです」

    ■木村調教師(前走を振り返って)
    「馬もしっかり頑張ってくれましたし、騎手もうまく立ち回ってくれたのですが、結果は残念でした」

    (中4週、どのような調整を?)
    「前走後はノーザンファーム天栄に移動して、3週間前に厩舎に連れてきました」

    (今朝の追い切りは3頭の併せ馬だったが、どのような指示を?)
    「(4ハロン)55秒の(3ハロン)40秒でという指示でした。いつも通りです」

    (阪神コースは久しぶりになるが?)
    「札幌に行っても頑張る、東京でも中山でも阪神でも頑張る、京都ではGIを勝つ。どこの競馬場に行っても、問題ないと思います」

    (関西圏でまた大きなタイトルをという思いは?)
    「この間中山記念で負けたのも非常に悔しいですし、現状の注目度も非常に高い馬なので、関西だからということではなくどこでも勝ちたい気持ちは一緒です」

    (ダービー馬やグランプリホースがいるという顔合わせになるが、相手関係については?)
    「険しい山脈だなと思います」

    (枠順の希望は?)
    「ないです」

    (マイルCS、中山記念はこれまでより前めの位置取りだったが、今回は?)
    「どのレースでもどの馬でもそうですけど、良いスタートを切りたいという気持ちはあります。前に行くとか後ろから行くなど(位置取りは)決めつけられないですね。馬の状態が良ければ張り切って行くでしょうし…と思っています」

    (前走、今回と騎乗する丸山騎手については?)
    「私自身、皆さまのご協力のもとでGIを取らせて頂いて、良い思いをさせて頂きました。

    (丸山騎手は)
    まだGIタイトルを取っていないということなので、彼の普段の努力や今までの頑張りが報われるよう、何とかそのサポートを最大限していきたいなと思っています」

    (木村厩舎のスタッフにも、もう1つタイトルをという気持ちも?)
    「1つと言わず…なのですけど。手前味噌になりますが、今朝の調教でも、こういうプレッシャーのかかる状況の中で、寸分たがわずプラン通りに立ち回ってくるスタッフの素晴らしさを見て、私自身幸せだなと思いました。この場で言うことではないのかもしれないですけど、心の中では本当にそう思っています」

    (また素晴らしいステルヴィオを見ることができそうだが?)
    「去年マイルCSを勝たせてもらって、多くの方が喜んでくださいました。そのこと自体が私に生きる意味や、仕事は何のためにするのかということを明確にしてくれたような事象だったので、今週末も応援してくださる方々のために最善を尽くしたいと思っていますし、今現在、良い方向に行っていると自分では判断しています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「厩舎だったり、私に対してだったり、応援してくださる熱量というのが昨今増えてきていて、そのこと自体が私の日々のモチベーションになっています。何とか今週末もそういった期待に応えて、応援してくださる皆さんに喜んでもらいたいという気持ちで臨みたいと思っています。応援よろしくお願いします」(取材・文:佐々木祥恵)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    高松宮記念予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】レッツゴードンキ岩田康誠騎手「直線に賭けるレースをしたい」/高松宮記念共同会見
    ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手
    ――先週の追い切りには騎乗されたとのことなので、この中間の状態について教えてください。
    岩田 先週の追い切りでは凄い時計でした(栗東坂路で4F49秒4)。去年より気持ちの面が凄くいいなと感じています。本当に気持ちの強い馬だと思います。

    ――前走の阪急杯を振り返ってください。
    岩田 内枠でああいうレースをしようというのは頭で描いていたとおりだったんですが、1頭大外からすごい脚で来た馬がいました。ドンキ自体はよく走ったな、と思います。

    ――今週のレースに向けていいイメージはできましたか?
    岩田 状態はグッと上向いていますし、前走以上のレースはできると思います。

    ――4度目の高松宮記念、ここ2年は2着が続いていますね。
    岩田 桜花賞以来、GIを勝っていないし、本当に惜しいレースも続いています。微妙なハナ差のような負け方をしているので、乗り方次第ではそれ以上のレースができるかな、と思います。

    ――その乗り方ですが、やはりロスなく乗るということでしょうか?
    岩田 そうですね。脚をためて、という感じになると思いますし、それに合った乗り方ができればと思います。

    ――枠順については?
    岩田 内のほうが理想的だな、と思いますね。

    ――勝ててはいないものの中京のコース相性はいいと見ていますが、いかがですか?
    岩田 馬場も気にしませんし、ロスなく直線に賭けるレースをしたいと思います。

    ――コンビを組んで26戦目。この馬への思いは?
    岩田 本当に悔しい思いをしていたので、なんとかGIの勲章をひとつでも(多く)獲らせてあげたいな、と思います。

    ――ファンの方へメッセージを。

    岩田 本当に去年よりグッと状態は上回っていますし、最高のパフォーマンスが出来ればいいなと思います。応援よろしくお願いします。 (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】モズスーパーフレア武豊騎手「逃げ切りは至難だが、スタイルを変えるつもりはない」/高松宮記念共同会見
    ■モズスーパーフレアに騎乗予定の武豊騎手
    ――これまで騎乗されて感じたこの馬の長所は?
    武豊 やはりスピードですね。スタートが速いですし前半のスピードに乗るまでの距離が短いですね。

    ――まだ4歳馬ですが、気性は?
    武豊 非常に大人しいですよ。素直ですし扱いやすい。ジョッキーからすると乗りやすいタイプです。

    ――カーバンクルSなどで騎乗されていますが、この馬のペースについてはどのように感じますか?
    武豊 少し速いな、とは思いますけれども。その分、気分よく走らせてあげれば最後まで頑張ってくれるかな、というのはあります。ただ、中山でしたからね。ある程度速いペースでいっていても残りやすい。中山のときはそういう気持ちがあります。

    ――今回は中京コースですが、そのあたりは?
    武豊 中京は直線が長いですし、乗っていて感じるのはなかなか逃げ切るのは難しい…ですよね。

    ――それでも戦法は変わらず?
    武豊 そうですね。レースなのでどうなるかわからないですし、他の馬も先手を取りに行く馬がいるかもしれないですけど。自分のスタイルがはっきりしている馬なので、迷いはないです。

    ――そうなると枠順はある程度、内のほうがいいのでしょうか?
    武豊 そうですね。ある程度、内のほうが欲しいですね。

    ――そういったことを踏まえて、改めて中京コースについては?
    武豊 結構タフな芝ですし、直線もあって、坂もあって。坂を上がってからも距離がありますから。なかなか高松宮記念を逃げ切るというのは、かなり至難だとは思うんです。かといって、スタイルを変えるつもりはない。期待はしています。

    ――マークされる立場になるのでは?
    武豊 そうでしょうね。おそらく他のジョッキーも僕の馬に速さがあるのかな、と思っているとは思いますし。そこは僕が考えてもしょうがないですからね(笑)。まぁ、マークというのはあまり…逆にマークさせるというのも。結構、(この馬のペースに)ついてきた馬が残れていないというのがこの馬の場合ありますから。

    ――ご自身50歳初のGIであり、フェブラリーSからの連勝というあたりも気になります。
    武豊 まぁ、50歳というのはどうもないですけど(笑)、こうやってチャンスのある馬で挑めますし、このチャンスを生かしたいという気持ちはあります。

    ――最後にファンの方へメッセージを。
    武豊 ここにきて馬が充実しているみたいですし、この馬にとっては1200mのGIというのが目標なので。全力で挑みたいですね。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ナックビーナス大野騎手「師匠の馬、勝てたら1番良い」/高松宮記念共同会見
     カーバンクルS(OP)、オーシャンS(GIII)とここ2戦、モズスーパーフレアの2着と惜しいレースが続くナックビーナス(牝6、美浦・杉浦宏昭)が、20日(水)にポリトラックコースで併せ馬の最終追い切りを行った。追い切り後、大野騎手(追い切りは騎乗せず)と杉浦調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■大野騎手
    (ここ2戦、大野騎手とのコンビで惜しい競馬が続いているが?)
    「初めて乗せてもらった時(3走前のJBCスプリント・JpnI・15着)からは状態は上がってきてますので、本番は良い形で迎えられると思います」

    (どのように状態は上がっている?)
    「馬自身、体が使えるようになりました。雰囲気もありますし、すごくバランス良く走れています」

    (高松宮記念でのポイントは?)
    「状態はもちろんですが、この馬に関しては気持ちを重視して競馬を作っていけたらいいなと思っています」

    (気持ちを重視というと?)
    「気持ちが逸れてしまうというか、最後まで集中できないところがありますので、そのあたりをうまく持っていけたらなと思っています」

    (元々地力がある?)
    「そうですね、力はあると思っています」

    (展開、枠順、流れなど、この馬の力を発揮するために重要なことは?)
    「枠順が出てからではないとイメージはつきにくいのですが、どの枠でも気持ちがポイントだと思っていますので、そのあたりを考えながら作っていけたらなと思います」

    (モズスーパーフレアにここ2戦、後塵を拝しているが?)
    「感触としては逆転できるかなと思っています。力を出し切れれば、逆転は大いにあると思います」

    (他の関係者からペースが流れるのではという話も聞くが?)
    「僕も流れるのではないかと思います」

    (ポジションは?)
    「別に行けたら行ってもいいなと思っているので、そのあたりは臨機応変にと言いますか…、まあ枠順が出てからですね」

    (元々所属だった杉浦厩舎の有力な馬でGIに臨む心境は?)
    「師匠の馬ということで、勝てたら1番良いかなと思っています」

    (師弟関係は特別なもの?)
    「ジョッキーとしての基礎などを杉浦調教師に教えてもらったという思いはあります」

    (最後にファンにメッセージを)
    「充実してGIを迎えられますので良い競馬ができると思います。応援よろしくお願いします」

    ■杉浦調教師
    (今朝の追い切りについて)
    「前走からあまり間隔もないので、そんなにやらなくてもいいかなと。先週15-15程度やった中で、1回併せて気持ちだけ乗っていればもうあとは十分かなという感じの調教でした。ちょっと時計は速すぎたのですけど、それでも無理して出した時計でもないですし、引っ張り切れないぐらいの感じで来ているので、僕には良く見えました」

    (馬の内面も充実しているように見受けられたが?)
    「年齢的にもその辺はしっかりしてきたのだと思います」

    (前走後のコンディションは?)
    「前走がこれを使ったらもっと良くなりそうだという感覚の中で使えていますし、使った後は思っていた通り良いという感じには来ていると思います」

    (2着続きで今度こそという思いがあるのでは?)
    「なかなか強いですよね、あの馬(モズスーパーフレア)ね。あの冬毛が長い馬に負けるのかなと…(笑)」

    (展開面でも?)
    「あれだけ飛ばしていたので最後は差せると思って見ていたら、なかなか止まらなかったですからね。今度は(モズスーパーフレアも)だいぶ冬毛も抜けているでしょうし、空気抵抗もなくなっていると思うので(笑)」

    (GIの舞台でリベンジを?)
    「馬自体が良い感じで競馬を迎えられます。あとは枠順や馬場状態などいろいろあると思うので、その辺は運を天に任せてというところですね」

    (枠順の希望は?)
    「今の中京の馬場を見ていると、真ん中くらいで良いのかなと。変に内めに入るより真ん中くらいが良いのかなと思っていると、違う所に入れられちゃうんで(笑)、その辺も運に任せて」

    (理想の展開は?)
    「どんな競馬でもできるので、行かなければダメとか後ろじゃなければダメというのではなくて、その辺は出た感触の中でジョッキーが判断することだと思います」

    (昨年はこのレースで3着と実績もあり、その点では安心して本番に臨める?)
    「その辺はファンの方が判断することだと思いますので。こちらは走れると思っても、なかなか人気が出ないということもあります。ただ去年よりはちょっと良いかなという感触で行けると思いますので、楽しみにはしています」

    (どのあたりが昨年より良い?)
    「気持ちが充実してきたところはありますね。少し雑なところがあって、自分の思ったような形にならないとだらしなさというか、やめちゃうところがありましたが、それがなくなってきています」

    (ここ3戦騎乗している大野騎手と相性が良さそうだが?)
    「モレイラが1番良いと思っていますが(笑)。まあ大野は自分の弟子でもありますしね。(大野騎手が)中京で初騎乗した時に、初騎乗、初落馬(2005年3月5日・中京1Rナンヨージルバ号)というのをやってくれたのでね、俺に恩返ししてくれないかなと。そういう気持ちで乗ってもらいたいと思います」

    (大野騎手も師匠への思いを話していたが?)
    「何言ってました?」

    (師匠のところの馬に乗るのはやはり特別だと)
    「その辺は弟子と師匠という関係で、皆さんに伝えられないような思いはお互いあると思います」

    (大野騎手にはどのような言葉を?)
    「ジョッキーとしての感覚で乗ってもらえればそれで良いと思うので、特にどうしろ、こうしろというつもりはありません」

    (先週のスプリングSも師弟コンビでの重賞制覇でしたが?)
    「ねえ。3度目なら良かったですね。2度あることは3度あるでね(笑)」

    (最後にファンにメッセージを)
    「良い状態で迎えられるので僕自身も楽しみにしています。皆さんも、応援したい方は応援してくだされば良いかなと思います」 (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】デアレガーロ池添騎手「直線でどこを突いていくか考えたい」/高松宮記念共同会見
     前走の京都牝馬S(GIII)を勝ってGIに向かうデアレガーロ(牝5、美浦・大竹正博)が、20日(水)、ウッドチップコースで池添謙一騎手が騎乗して最終追い切りを行った。追い切り後、池添騎手と大竹調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■池添騎手
    (今日の追い切りについて)
    「レース当週の追い切りなのでそこまで強い調教という感じではなく、相手に併せる内容でした。併せた相手が動きましたが、この馬もそれにしっかりついていけましたし、良い動きをしてくれたと思います。しっかり反応していましたし、レースではかかるところがありますが、今日に関しては折り合いも我慢してくれて良い感じで来ていると思います」

    (前走を振り返って)
    「去年の同じレースでは行きたがってしまってあまり上手く乗れませんでしたが、前走に関してはしっかり折り合いもついてコントロールできましたし、直線も良い脚を使ってくれました。しっかり折り合いさえつけば良い脚を使ってくれる馬だと思います」

    (GIでも手応えを感じる?)
    「スプリントでも函館でしっかり勝っていますし、この距離は自分の中では良いと思っています。今回はGIのペースになるのでより折り合いがつきやすくなると思います。しっかりコントロールできれば確実に終いに良い脚を使えるので、それを生かせればと思います」

    (初の中京コースだが、左回りに関しては?)
    「中京自体は初めてで、ヴィクトリアマイルで左回りは経験していますが、大丈夫かなとは思っています。あの時はマイルだったので、かかってしまって上手く乗れませんでした。今回はスプリントなのでその辺りは問題ないと思いますし、左回りでも大丈夫かなとは思っています」

    (メンバー構成もさすがGIという感じだが?)
    「そうですね。GIで良いメンバーが揃っていますし簡単ではないと思っています」

    (理想のレースの形は?)
    「まずは普通にゲートを出てくれるのが1番の条件だと思います。ゲートでソワソワするので、そこは気を付けないといけないところだと思っています。GIですし、先行馬もいてペースも流れると思うので、その後ろくらいにつけて末脚を生かせればと思っています」

    (枠順は?)
    「今回の中京開催で乗っていないので、前日にしっかり確かめないといけない部分があります。その日の天候や馬場状態によって内外どちらが良いかが出てくると思うので、一概に内外とは言えませんし、しっかり当日の馬場状態を見極めて直線でどこを突いていくか考えていきたいと思います」

    (高松宮記念、来週の大阪杯のブラストワンピースと楽しみな馬が揃っているが?)
    「今週からGIシーズンが始まりますし、楽しみな馬に乗せていただけます。結果を出さないといけないプレッシャーもありますが、充実した春シーズンにしたいです」

    (ファンにメッセージを)
    「デアレガーロは良い状態で臨めると思いますし、しっかり良い結果を出せるように頑張りたいです」

    ■大竹調教師
    (今日の追い切りについて)
    「狙いとしては前走と同じような調教内容でと池添騎手に指示しました。その通りにやれましたし、追い切り後に池添騎手と話しましたが、前走とほとんど変わらない感じで臨めると思います」

    (前走を振り返ってください)
    「折り合いがついたことが1番の勝因だと思います。去年は前半にハミを噛んで折り合いを欠いていたので、その分差されたのだと思います。今年はペースも流れていたので、折り合いをつけやすかったと思います」

    (馬体重が32キロ増だったが?)
    「普通に考えれば重いかなと数字を見た時は思いましたが、しっかりやった上での体重増でしたし得意の舞台でもあったので、何とか結果を出してくれるのではないかとも思っていました。もしかしてあれが理想の体重だったのかもしれませんし、今までが細かったのかもしれません」

    (今の馬体重は?)
    「女の子の体重のことなので具体的な数字を言うのは失礼だと思いますが、恐らく同じくらいかと思います」

    (これまで左回りで結果が出ていないが?)
    「確かに東京で2回走っていずれも結果が出ていませんが、左回りというよりも、東京は装鞍所に入る前の地下馬道が長くて装鞍所でイレ込んでしまうことがありました。中京は地下馬道を通る時間が短いですし、コースそのものよりも装鞍所からの流れを考えると中京は良いのではないかと思っています。走りに関しても、右手前の方が大きく使える馬なので、むしろプラスに働くのではないかと思います」

    (1200mの距離については?)
    「1200mではポジションを取りに行く作業をしないとちょっと遅れてしまうイメージがありますが、幸い池添騎手は1200のGIを勝っていますし、それを踏まえて考えて乗ってくれると思います」

    (どのようなレースを?)
    「恐らくペースは速くなるだろうなという印象は持っているので、中団くらいにつけられれば十分チャンスがあると思っています」

    (希望の枠順は?)
    「この前は馬群の中でも良い競馬ができていますし、特に枠順はこだわりません」

    (最後にファンにメッセージを)
    「皆さんの予想において馬体重は重要なファクターになると思いますが、見ていると今は充実してきていると思います。体重のことには目をつぶって応援していただければ、それが力になります」 (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】スノードラゴン藤田菜七子騎手「馬に色々教えてもらいたい」/高松宮記念共同会見
     2014年のスプリンターズS(GI)の勝ち馬で11歳となるスノードラゴン(牡11、美浦・高木登)が、5回目の出走となる高松宮記念(GI・中京芝1200m)に向けて坂路で最終追い切りを行った。レースで騎乗する藤田菜七子騎手と管理する高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■藤田騎手
    (2度目のGI挑戦について現在の心境を)
    「このような機会をいただけて、本当に有難いです。オーナー、調教師、厩舎の皆さんに感謝します。前回乗せていただいたGIのときと気持ちは変わりませんし、今回も自分にできることを精一杯やりたいです」

    (GIを1回経験したが?)
    「フェブラリーステークスでGIという舞台で初めて乗せていただいて、すごく勉強になりました。GIは騎手を目指していた頃からの憧れですし、改めて素晴らしいと思いました。またGIで乗りたいと思ってこうして早く乗せていただけることは有難いですし、今回は2回目なので前回よりも周りを見て臨めるのではないかと思っています」

    (コンビを組むスノードラゴンの印象は?)
    「私が競馬を見始めたような頃から走っているような大ベテランですし、GIも勝っていますので、そういう意味では馬にも色々教えてもらいたいなという気持ちです。調教で乗せてもらったときも、普段歩いているときは落ち着きがありますし、いざ追い切りになると年齢を感じさせない動きを見せて、さすがGI馬だなと思いました。  
    気持ちの切り替えが上手ですし、背中も良くパワーもあってすごく良い馬だと思います。高木先生とはまだ競馬について詳しい話はしていませんし、どういう競馬をするかはこれから考えていきたいです」

    (舞台となる中京コースの印象は?)
    「コースが広くて綺麗な競馬場ですし、良いイメージを持っています」

    (今回は兄弟子の丸山元気騎手も騎乗予定だが?)
    「普段から先輩には競馬のことをいろいろ教えてもらってお世話になっていますが、競馬では負けないように頑張りたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「たくさんの馬に乗せていただいていますし、もっと勝たないといけないと思っています。GIも含めて、他のレースでも精一杯頑張っていきたいです」

    ■高木調教師
    (今朝の坂路での追い切りについて)
    「最近は角馬場でよくほぐしてからハッキングをして、坂路を1本で調教をしています。今日も予定通りでした」

    (時計は4F53.9、ラスト1F12.5だったが?)
    「終いだけという感じでした。前走からレース間隔も詰まっていますし、これで十分だと思います」

    (前走のオーシャンS・GIII・15着からここまでの過程は?)
    「前走が久々だったもので、そこを使った分の筋肉の硬さがあったのですけど、すぐにケアをしてそれが取れて問題がないということで調教を進めてきました」

    (年齢を感じさせないくらい元気で?)
    「そうですね、長く休んだ時期もありましたけど。前走の前もトモに疲れが残りましたが、キッチリ休んで治してから出走させましたし、大事に使ってきています」

    (現在の馬の様子は?)
    「抑えるのに苦労するくらいパワフルです。2年くらい前から硬さが出てきたかなという感じはありますけど、ケアしながら調整しているので問題ありません」

    (精神面の変化は?)
    「スイッチのオンとオフがはっきりしていて、パドックでもドッシリ構えていて競馬で大丈夫かなと思うくらいですが、返し馬に行くときには気が入っています」

    (馬体重は?)
    「今は530キロありますが、当日はちょっと減ります。前走は久々の分競馬モードに入ってくれなかったのですが、今回は2回目なので競馬モードに入ってくれると思います」

    (中京1200mの舞台については?)
    「左回りで直線の長いコースは合っていると思います」

    (良い結果を出すにはどのあたりが鍵に?)
    「久々で前走も馬は非常に元気だったのですけど、馬場に脚を取られて上手く進めず、前進気勢があまりなかったのでそれが不安だったのですが、中間も馬は元気ですし、良い状態で出走できると思います」

    (理想のポジションは?)
    「最近はゲートも良いですし、出たなりで自分のペースで走ることができればいいなと思っています」
    (ベテランホースに今回は藤田菜七子騎手が騎乗するが?)
    「ひょっとしたら最後のレースになるかもしれませんが、長年ともにしてきましたし、いろいろな思いがあります。その分、馬もベテランですからね。彼女は当たりも良いですし、流れに乗って馬についていける技術を持っていますので、リズム良く運んでほしいなと思います」
    (GIのフェブラリーSに騎乗するなど、最近の藤田騎手の進境については?)
    「彼女は努力していますし、そういうところも目にしていますので、そのあたりが段々出てきて成績も上がってきているのではないでしょうか」

    (先週藤田騎手が乗った時にどんな会話を?)
    「あまり多くは語らずという感じですね。乗ってもらって得るものがあればいいと思います」

    (自信を持って馬を託せる?)
    「そうですね、馬もベテランですし、何の心配もしていません」

    (藤田騎手の師匠である根本調教師とは何か話を?)
    「『よろしくお願いします』とお互いに挨拶しました」

    (藤田騎手には何と言って送り出す?)
    「気楽に乗ってこいという感じです」

    (ファンにメッセージを)
    「11歳ですけど結果を出せるように、万全の態勢で出走できるようにスタッフ一同頑張っています。応援よろしくお願いします」 (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】ダノンスマッシュ安田隆行師「初の古馬GI、父が果たせなかった夢を叶えて欲しい」/高松宮記念共同会見
    ■ダノンスマッシュを管理する安田隆行調教師

    ――今朝の最終追い切りは坂路で北村友一騎手が騎乗し51秒3という好タイムを記録しました。これについて教えてください。
    安田隆 53秒くらいの時計で流そうか、という指示でした。ただ今回馬場状態がすごく良くて時計が出やすい馬場なので。ジョッキーも「52秒前半くらい出るかもしれませんよ」と話していたほどです。結局、51秒台でしたが、楽に問題なくいいかたちで上がってこれたと思います。

    ――この中間の調整過程は?
    安田隆 ほんとに順調に来れました。先週の時点である程度しっかり負荷をかけて、今週は軽めでサッと流す程度。そのとおりに来れたと思います。

    ――前走のシルクロードSを振り返ってください。
    安田隆 確かに前走は直線を向いたときに『あー、ヤバい!』と、一瞬負けたかな、と思っていました。しかし、いまのスマッシュの力でねじ伏せたように思います。

    ――改めてこの馬の強さは?
    安田隆 ちょうど去年の今ごろはファルコンSで1番人気に支持されながらも負けてしまいました。あの頃から比べると、かなりトモの緩さや腰の甘さが解消されてきました。いまは完成しつつあると思っています。まだ、一応“完成”とまではいかないと思っていますけれども、完成に近い状態です。

    ――特にスプリント路線にしてから強さが目立っていますね。
    安田隆 NHKマイルまでいって、あのレースを見て(マイルでは)距離が長いな、と思いました。その後、北海道へ行きまして、函館のレース(函館日刊スポーツ杯)を使いました。結果どうかな?と心配しながら見ていたんですが、非常に強い内容で好位から楽に抜けて勝ってくれました。やはりこの馬は1200の馬だな、と認識しました。

    ――左回りについてはいかがですか?
    安田隆 確かに(過去に)左回りではまだ実績が出ていないんですが、今の状態で出ていれば結果は違ったと思います。

    ――直線の長いコース形態については?
    安田隆 確かに不安もありますけど、今のスマッシュだったらその直線で弾けてくれるのではないかと思っています。

    ――その他、気になる点は?
    安田隆 ジョッキーが手の内に入れていますからね。(ポジション取りなども含めて)心配していません。

    ――やはり父であるロードカナロアと比較される点も多いかと思います。現状、父と同じ行程を歩んでいますが、比較するといかがですか?
    安田隆 お父さんとここまで同じローテーションで来れたんですけれども、力からみてやはりお父さんのロードカナロアのほうが今のところは上ですね。早く近づいて欲しいです。追い越すのは無理でも。

    ――お父さんはこの(4歳時の)高松宮記念で悔しい思いをされました(注:3着)ので、並々ならぬ思いはあるかと思います。
    安田隆 そうですね。お父さんが4歳古馬になって初めてのGIだったんですけれども、お父さんがなしえなかった夢をこのスマッシュに託したいと思います。

    ――超える器というのはあるのでしょうか?
    安田隆 超えるというのは相当な話なので、肩を並べるところまでは行って欲しいです。できると思います。

    ――最後に抱負を。
    安田隆 偉大なる父・ロードカナロアも4歳時は古馬との対戦で3着と勝てなかったんですけれども、その悔しさをスマッシュに託して、なんとかこの夢を叶えて欲しいな、と思います。 (取材・文:花岡貴子)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    日本ダービー(東京優駿)予想|2018年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken













    うまコラボ
    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    kyodoukaiken














    『ヤフーニュースより引用』


    木村調教師「ステルヴィオに対する恩返しを」/日本ダービー共同会見

     皐月賞(GI)4着から巻き返しを図るステルヴィオ(牡3・美浦・木村哲也)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。管理する木村調教師が共同記者会見に臨んだ。


    (ルメール騎手が跨った先週の追い切りと今朝の追い切りについて)
    「ルメール騎手には併せ馬の指示をして、終わって『オッケー』と言ってもらいました。(今朝は)いつも通りできればいいなという感じでしたし、動きについてもいつも通りだったかなと思います。馬の状態もいつも通りかなと思っています」


    (4着だった皐月賞について)
    「馬はもちろんですけど、オーナーにも関係者の皆さんにも、携わってくださっている皆さんにも、本当に申し訳ないことをしてしまったなと思っています。馬は奥歯を噛みしめて走ってきたなという感じで、本当にそういう姿を見ても申し訳なかったなと思います」


    (この中間の馬の雰囲気は?)
    「必死に日々頑張っているなという感じがして、そういう頑張りは伝わってきました。彼は必死に頑張っているので、これ以上彼に対する要求はないですね」


    (ダービーに向けて馬の仕上がりは良い?)
    「それは結果が出てみないとわからないですけど、良かれと思って日々取り組んでいます。レースに向けて少しでも健康な状態で出せればというところです」


    (厩舎開業以来、初めてのダービーになるが、どのような思いがあるか?)
    「僕自身、その重さをまだ理解できていないと思いますね。ステルヴィオがデビューしてから丸1年たつんですけど、その間、僕自身、引っ張ってきてもらったという気持ちがものすごく強くて、彼から教わったこと、今週こういう機会を得ているということも含めて、彼は僕に色々なことを教えてくれていると思います。彼に対する感謝とかリスペクトという気持ちを何とか最大限発揮できるようなシチュエーションを彼に提供したいですし、それが彼に対する最大の恩返しになると思います。

      当然そこには関わってくださっているオーナーをはじめ、厩舎以外でも彼に携わってくれているすべてのホースマンたちに感謝したいですし、手前味噌にはなるのですけど、今日もウチの厩舎のスタッフたちは最大限仕事をしてくれたと自負しています。その頑張りが報われるように、レースまでスムーズにいくように持っていきたいなと思います」


    ダノンプレミアム中内田師「無事にゲートインできるように」/日本ダービー共同会見

    ■ダノンプレミアムを管理する中内田充正調教師


    ――いよいよダービーです。いまの心境は?
     中内田 レース当日を無事に迎えられるように、という気持ちだけですね。


    ――これだけの馬で臨む日本ダービーですが?
     中内田 無事にゲートインできるように、という気持ちだけです。


    ――プレッシャー云々よりも、それが一番ということですか?
     中内田 そういうことですね。


    ――前走の弥生賞を振り返ってください。
     中内田 スタートはいつもどおり良かったですし、1コーナーの入りで少し力みがみられましたのでその辺を心配しながら見ていましたけど、4コーナー回ってくるときは馬場のいいところを選んでもらって終いまでしっかり走れていた感じですね。


    ――弥生賞の前はコース形態がトリッキーなので期待より不安が大きいと話をされていましたが?
     中内田 やはり向こう正面に入るときに馬が力んで行ってたところを見ていたので、その辺は課題でした。それでもジョッキーが上手に馬に教えてくれたかな、と思っています。


    ――その後、残念ながら皐月賞を回避されました。それも含めて日本ダービーまでの調整過程を教えてください。
     中内田 皐月賞をザ石で回避して、2週間くらい調教ができない状態が続きました。その後はずっと順調にダービーを目指して追い切りを重ねました。いい状態でダービーまで持っていけるかな、と思っています。


    ――ここまでの苦労は?
     中内田 日々のケアであったり、調教であったり、普段やっていることをこなす、というところでした。それにここまで応えてきてくれた馬が偉いな、と思います。


    ――1週前追い切りを振り返ってください。
     中内田 ちょっと強めの負荷を掛けたかったので、しっかり時計も出ていましたし、ジョッキーも納得できる動きをしてくれたかな、と思っています。


    ――今朝の最終追い切りについて教えてください。
     中内田 CWコースを1周半、半マイル(800m)から5ハロン(1000m)時計になっていればいいかな、という感じで。道中はリズム重視。引っ張り殺さずにリズムよく運んでくれれば、というところですよね。終いはサーっと馬が気持ちよく動けるところで、ギアをひとつずつ上げていくようなイメージでした。


    ――総合的な評価は?
     中内田 本当に順調に追い切りを終えられたかな、というところです。


    ――ザ石の影響はないと?
     中内田 はい、それは大丈夫です。


    ――これまでレース間隔をあけながらレースを使ってきましたが、今回も結果的に開いてしまいました。そのあたりは?
     中内田 そうですね。結果的に間隔が開いたというのが正しい表現だと思います。休み明けでも上手に走れる子ですので、その辺は心配してないですね。


    ――プラスに考えたいというところですか?
     中内田 うーん、それはね、競馬に行ってみないとわからないところです。あとは間隔が開いたということよりも距離のほうが不安は残りますね。


    ――その2400という距離について伺います。
     中内田 前走の内容から考えると、もう少し力みは取れて欲しいかなという感じはあります。でもやっぱり学習能力の高い子なのでこなせるんじゃないかな、というのが半面、当日の雰囲気も含めて不安な半面も、両方あります。


    ――そのためのトレーニングは?
     中内田 普段意識はしてますけれども、実際の競馬につながるかどうかは当日競馬に行ってみないとわからないというところですね。


    ――距離は違いますが、東京コースはサウジアラビアロイヤルCで勝っていますね。
     中内田 左回りは上手に走ってくれるかな、というイメージはありますね。


    ――相手関係は?
     中内田 すべての馬が相手だと思います。GIを勝っている馬もいますし、評判馬もいますので。18頭全部が勝つチャンスがあると思っています。


    ――競馬のイメージ、頭に思い描いているものはありますか?
     中内田 位置取りというより、ダノンプレミアムのリズム重視でいって欲しいな、というところですね。


    ――希望の枠順は?
     中内田 抽選ですし、どこに当たるかわからないですけど。正直なところ、こだわりはないですね。スタートがいい馬なので極端な枠でなければいいかな、と思っています。


    ――最後に意気込みを。
     中内田 皐月賞は残念な思いをしています。ダノンプレミアムはダービーに向けて調教に耐えてくれています。いい状態で出走させられると思っています。あとは当日まで無事に持っていければと思っています。


    ジェネラーレウーノ田辺騎手「未知な部分が色々ある楽しい馬」/日本ダービー共同会見

    皐月賞(GI)3着から日本ダービー(GI・東京芝2400m)に向かうジェネラーレウーノ(牡3・美浦・矢野英一)に騎乗する田辺裕信騎手と管理する矢野調教師が共同記者会見に臨んだ。


    ■田辺騎手

    (先週追い切りに騎乗した感触は?)
    「いつも通りというか、良い感じでした」


    (皐月賞前は不思議な馬と表現していたが、それは今も変わらず?)
    「そうですね、それもあの馬の特徴だと思っています。一生懸命さに欠けるというか、そういう未知な部分も色々あるので、楽しい馬です」


    (3着だった皐月賞を振り返って)
    「ハイペースに巻き込まれてしまって、その中で唯一残れたのですが、負けはしましたが心肺能力の高さを再確認できました。もう少し展開が向いていればもうちょっと粘れたかなとか考えることもあったのですが、あのレースでいろいろわかることもあったので良かったと思います」


    (レース間隔があいていた中での3着、ダービーへの手応えを感じた?)
    「その時はあまり考えていないですけど、そういう不真面目さがプラスに出て折り合いがつきやすいというのがありますね。2400mが適性距離ではない馬も出ていると思うのですが、あの馬に関しては結構楽しみにしています」


    (以前より成長したところは?)
    「馬体はすごくいいですね。ピカピカしていて張りもあって、言うことないと思います」


    (この馬が1番力を発揮できるスタイルは?)
    「どうなんですかね。あの馬も気分屋なんでちょっとわからないのですけど…。いつも通りの競馬が1番いいのかもしれないですけど、わかりません」


    (逃げることも選択肢の1つ?)
    「そうでしょうね、皐月賞で一緒にハイペースで飛ばした馬たちが出ていないわけなので、もしスタートが良くて他に主張する馬がいなければ行く形もあると思います」


    (一生懸命走らないということだが、100パーセントの力を出し切ったらという期待も?)
    「ずっと一生懸命走らないわけではなくて、集中力が短いとかそういうところがあるので、何とか最後の直線でそういう部分は出さないようにしたいなと思います」


    (4度目の騎乗となるダービーを前にした今の気持ちは?)
    「そうですね、初めての時はドキドキやプレッシャーもあったと思うのですけど、わりと冷静に見れるようになったので、馬の力を発揮できるよう頑張りたいです」


    (最後にファンにメッセージを)
    「チャンスのある馬だと思いますし、頑張りますので応援よろしくお願い致します」


    ■矢野調教師

    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週の追い切りでだいたい終わっているので、今日は最終的な調整ということもあり、あまりやり過ぎないような指示を出して半マイルにしています」


    (動きは?)
    「問題ないと思います。先週バシッとやっているので、やり過ぎを注意した感じでしたが良い動きだったと思います」


    (京成杯以来の実戦となった皐月賞を振り返って)
    「3着という結果はちゃんと評価してあげたいと思います」


    (走った後の馬の様子は?)
    「さすがにちゃんと走り切ってきた感じはあって、かなり苦しい息遣いもしていました。前回もまだ底を見せていないというコメントはしたのですけど、底を見せていないというかまだ掴み切れていないなというのが正直なところでした。今回は距離が延びて2400mになっての東京での競馬で、僕らもまだ手探りの出走になるかもしれないのですが、状態に関しては万全だと思います」


    (東京2400mにはどんなイメージを?)
    「長いなと思っています(笑)。ただあの馬にとって距離が延びるのは本当にいいことだとは思っているので、あとはもう少し天候の面で、何かあの馬にとって有利な形になれば都合がいいのですけど」


    (少し時計がかかってくれるくらいの方が?)
    「そうですね。皐月賞もいろんな条件はあの馬にとっては揃ってはいたのですけど、今回もそういう形になればいいのではないかなと思っています」


    (マックスの力を出した時のこの馬のポテンシャルを想像すると?)
    「いやあ、想像つきませんね。何とも掴みづらいのですが、そういった面も含めて僕も手探りの状態で、是非あの馬の本気の走りを見てみたいなと思っています」


    (開業以来初めてのダービーとなるが?)
    「開業して10年なんですけど、ようやくこのレースに参加できたという喜びはあります」


    (先生にとってダービーとはどんなレース?)
    「皆にとっても同じだと思うのですけど、やはりホースマンにとって憧れのレースですし、今回こういうチャンスを頂いたので、何か小さくてもいいから爪跡を残して終わりたいなと思っています」


    (最後にダービーに向けての抱負を)
    「本気のジェネラーレウーノの走りを見て、皆さんと一緒に興奮したいと思います」


    ブラストワンピース池添騎手「どんどんどんどん良くなっている」/日本ダービー共同会見

    3月24日の毎日杯(GIII)から日本ダービーに直行のブラストワンピース(牡3・美浦・大竹正博)が、池添謙一騎手を背にウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後、池添騎手と大竹調教師が共同記者会見に臨んだ。


    ■池添騎手

    (美浦で迎えるダービーウィークについて)
    「デビューしてダービーウィークを美浦で迎えるのは初めてなので、美浦はどんな感じなのかとは思っていたのですけど、栗東と変わりなくダービーの雰囲気があって良いなと感じました。特別な雰囲気がありますし、18人しか出られないダービーでその中の1人として参加できるのはすごくありがたいですし、感謝という言葉が出てきます」


    (今朝の追い切りについて)
    「大竹先生からは先週同様に任せるという指示でしたので、併せ馬をする助手さんと話をしました。前の馬を追走する形で、抜け出してからは自分の感触でやってくれていいと聞いていたので、抜け出して気を抜かさないようにだけ気をつけて、強めくらいの追い切りを消化できたと思います」


    (動きは?)
    「1週前追い切りが終わった後に、これからさらに状態が上がるのだろうなと思っていました。今日も1つ1つチェックして乗っていったのですが、先週より体も締まっていましたし、追い切り時の走るフォームや息遣いも先週より良くなっています。状態が上がっているなと感じる追い切りでしたし、今日追い切りを消化して本番までにまだ上がると思うので、ピークに持っていけるのではないでしょうか」


    (毎日杯を振り返って)
    「2走目の東京の2400(ゆりかもめ賞・500万下・1着)を使うと聞いてからはダービーを頭に入れてレースをしていこう、結果を出していこうと思っていましたし、2戦目も良い内容とレースでした。その後、毎日杯に行って直接ダービーと聞いていて、毎日杯に行くという先生の意図をくんでレースをしたつもりでしたし、2走目とはまた違うレース内容になったのですけど、自分の求めるものにしっかり応えてくれて、結果も内容も満点だったと思います。これでダービーだと思いました」


    (デビュー時から成長したと感じる点は?)
    「背腰がまだ甘い部分があったのですが、それも使うごとに段々良くなってきていました。体自体も成長してくれていると思いますし、どんどんどんどん良くなっていっていると思います」


    (初めてこの馬に乗った頃の印象は?)
    「初めて乗せてもらったのは11月の新馬戦の返し馬でした。返し馬の時もいいなと思いましたし、レース内容もすごく良かったので、2戦目がさらに大事になってくるなと思いました。2戦目はダービーと同じ距離と競馬場という同じ舞台でレースをして良い結果を出すことができたので、ダービー(を目指す馬)だと僕の中では思いました」


    (この馬の力を1番出せそうなスタイルは?)
    「レースの流れによって進めることができると僕の中では思っています。まずは正面スタンド(前)でのスタートは歓声がすごいので、ゲートを大事にしてそこからレースを組み立てていければいいかなと思います」


    (あとは枠の運が味方してくれれば?)
    「枠順はとても大事だと思いますし、どれが当たるかですかね」


    (2度目のダービー制覇がかかるが、1度ダービーを勝った経験があると違うものか?)
    「そうですね、1度勝たせて頂いているのですけど、本当にダービーは特別だと思いますし、そこは1度勝たせてもらっているので、勝っていないジョッキーよりは…と思います(笑)。すみません、生意気言って。大竹先生にもずっとそれを言われているんですよ。追い切りも『お前、勝ったことあるからわかるだろう』と言われて(笑)、調教を任せてもらっています。その分責任感を感じますし、いい緊張感もあります」


    (池添騎手でダービーを勝ったオルフェーヴルの産駒も出てくるが?)
    「乗っていれば思い入れがあるのでしょうけど。皐月賞組や2歳チャンピオンもいますし、今回ダービーで3歳ナンバーワンを決めるレースなので、そこでどの馬が1番強いのかというのを見ていただければいいかなと思います」


    (皐月賞組よりローテーション的にフレッシュというところはあるか?)
    「僕の経験上、ダービーまでの短期間でも良くなる馬というのがダービーを取れる馬だと思います。ブラストワンピースは毎日杯からダービーというローテーションなのですが、成長してくれていますし、背腰も芯が入ってきています。まだまだ良くなるとは思うのですが、今の段階では状態はピークだと思います」


    (最後にダービーへの抱負を)
    「ダービー当日は、競馬サークル、関係者もそうですし、僕らジョッキーもそうですし、今日来ているマスコミの方もそうですし、競馬場に足を運んでくれるファンの方も、皆がダービーの雰囲気を作り上げていると思うんですよね。その雰囲気の中でダービーに乗れるというのはすごく緊張感があって、ワクワクします。

      レースができるのがすごく楽しみですし、今回ブラストワンピースとコンビを組ませてもらうのですけど、この馬に関してはすごく縁を感じてもいます。まだ3戦しかコンビを組んでいないですけど、自分自身思い入れがあるので、この馬と一緒にダービーを勝ちたいと思います」


    ■大竹調教師

    (今朝の追い切りについて)
    「先週もしっかりやって、今日もジョッキーに任せるということで、軽めでも強めでも乗った感触で判断してくれということで見ていました。昨日の時点でも若干体重が重いので、そこを考慮してしっかり最後乗ったのだと思います」


    (動きは?)
    「迫力のある動きでした」


    (納得いく仕上がりに?)
    「攻めの姿勢を貫くのと、ケアというしっかり守る部分も施して今回調整してきたのですけど、しっかりできたかなと思っています」


    (現時点での馬体重と、レース当日の馬体重の予想は?)
    「馬体重は昨日の午後の時点で541キロでしたので、前走から19キロプラスですね。当日の予想としては、前回は輸送で10キロくらい減って、ゆりかもめ賞の体重(522キロ)と同じだったのですが、今回は輸送がないので今日の追い切りもしっかりやって、何とか前走に近い体重には持ってこれるかなと考えています」


    (今日ゲートも練習していたようだが?)
    「ゲートに関しては、少し体をモジモジするところはあったのですけど、おおむね大丈夫でした」


    (前走の毎日杯を振り返って)
    「初めて1番人気に推された競馬でしたが、それにふさわしいパフォーマンスをしっかり示したレースだったと思っています」


    (この中間の雰囲気は?)
    「いつも競馬の後に背腰の疲れが目立つので、いつもと同じようにノーザンファーム天栄に放牧に出して、ケアにつとめながらしっかり乗ってもらいました。帰ってきてからは、これも同じパターンで調教を積んできています」


    (デビュー以来、成長した点は?)
    「今度で4戦目なのですが、前回は少し気負っている部分が目立っていたかなと思いました。その辺、(外厩の)天栄でも1頭で馬場の中を歩かせるなど、キャンター以外のところでのメンタルの部分をしっかり整える作業をしてきたので、今回は精神面での成長がかなり窺えるかなと思います」


    (この馬の1番の強味は?)
    「自在性というところになってくるのだと思っています」


    (東京2400mのイメージは?)
    「やはりタフな距離、コースだと思っています」


    (それだけに1度ダービーを勝っている池添騎手の腕は頼もしい?)
    「そうですね、そこに乗っかっていければなという感じで今回はコンビを組ませてもらっています」


    (開業10年目で初めてダービーに管理馬を送り出すが?)
    「出すのも難しいというのをこの10年で本当に痛感させられましたね。しかもその中で人気の一角という形で今回出走できるのは、本当に光栄なことだなと思っています」


    (勝てば厩舎の初GI制覇がダービーとなるが?)
    「これまでもGI競走に何回か出走させているのですが、取りこぼしているのかなというレースも中にはあったと思いますので、とにかく気負うことなく、極端な話、未勝利戦という気持ちで臨めば、良い結果も期待できると思っています」


    (最後にダービーへの思いを)
    「当事者が舞い上がってはいけないと思っているので、自然体の気持ちでとにかく臨みたいです。そんな様子を競馬場で見ていただければ、予想の判断にもなるのかなと思います。応援、よろしくお願い致します」

    エポカドーロ藤原英師「元気でダービーに出走できるかが一番重要」/日本ダービー共同会見

    ■エポカドーロを管理する藤原英昭調教師


    ――今朝、最終追い切りを終えました。いまの感触は?
     藤原 皐月賞が終わりずっとここまで順調に来たというのが一番ホッとしています。


    ――準備万端といった感じでしょうか?
     藤原 そうですね。やはり大舞台に向けて“順調”というのが一番だと思っていますからね。そういう意味では良かったですね。


    ――皐月賞を振り返ってください。
     藤原 やはり未勝利戦を勝ったときから皐月賞というのはずっと頭にありました。そこを最大の目標で来ましたし、展開もホント向いてくれましたからね。そういう意味では、狙いどおりにいい結果が出たな、ということで安堵はしました。


    ――直線の脚はどうでしたか?
     藤原 やはり本当は逃げたかったんですけどね。でも、いろんなパターンを戸崎ジョッキーと相談しました。あまり馬ごみで競馬をしたことがなかったので、そういう意味ではああいう展開というのはラッキーでした。スプリングSでもああいうかたちになって最後抜け出してくれたので、見ていてすごく安心感はありました。


    ――そういう意味では今回も心強いのではないでしょうか?
     藤原 さすがにね、今回のダービー…、18頭(立て)、ああいうパターンにはならないと思いますからね。そういう意味ではいろんな工夫が必要だと本当は思うんですが、まぁ期間も短いですから、あまり馬にストレスかけるのも、というのもあって。難しい調整ではありますけれどもね。


    ――早いうちから素質の片りんは見えていましたか?
     藤原 やはりね、種牡馬がオルフェーヴルですからどういう競馬をするのかという興味と期待がありました。最初の新馬戦は手探りで見ていましたが、次の未勝利戦はやはりオルフェーヴルだな、というのは感じました。そこはオルフェーヴルに賭けてみましたね。


    ――この中間の調整は?
     藤原 やはり皐月賞を勝ちに行ってますからね。そのあと、どうなるかというのは馬次第だったんですけど。(皐月賞を終えて)1週間、2週間と見ていて、ダービーに向けて馬も元気になりましたからね。そういう意味では狙っていけるというか、出走させていいパフォーマンスができるかな、という確信は出ましたけれどもね。


    ――追い切りの過程を一週前から振り返ってください。
     藤原 いつもと同様、岡田ジョッキーが乗りました。追走して、最後ゴール板で併走というかたちでした。現状、馬の調子がどうかというのを見極めるのが一番の目的だったんですが、そういう意味では皐月賞の前と変わらずすごく元気で動いているというのを確認できました。1週前は目的どおり、調教ができました。


    ――今朝の最終追い切りはどのような指示でしたか?
     藤原 ここはね、ある程度やるのか、おさえるのか。馬とずっと会話をしながら悩んでいたんですけれどもね。やろうと思えばナンボでもできるんですけども、それが馬にとっていいのか。そしてダービー本番で能力を発揮できるのか、というのを馬とずっと相談しながらやってたんですけど。そういう意味で今日の調教というのは、じっくり行って直線で併せて、そして一番の目的はゴールを過ぎてから馬がどれだけ元気でサッと走れるのか、というのを見たかったんです。


    ――その印象はいかがでしたか?
     藤原 見た目よりも岡田ジョッキーがどういう感覚でいるかというのが重要だったんですけども。そのジャッジはすごく良かった。見た目とすごく一致しているな、というのは良かったです。


    ――先生の笑顔からもだいぶいい感触を得ているようにお見受けしますが?
     藤原 そうですね。ここに来て勝つ、負けるというよりも、馬がいかに体調よく、本当に元気でダービーに出走できるかというのが一番重要ですから。そういう意味で本当に良かったと思いますよ。


    ――皐月賞後はどのあたりを一番気をつけて調整されましたか?
     藤原 馬そのものの感じであるとか、雰囲気であるとか、エポカドーロに任せました。その見極めには時間がかかりました。1日、2日で出来るものではなかったです。具体的には動きであったり、食事であったり、目つきであったり。総合的なものです。その後、「いける」と確認したのは…そうですね、1週間、10日以上経ってからですよね。そこでもし、ちょっとでも馬がストレスがかかっていたら辞めようかな、と思っていたんですけれども。

      石橋を叩くように(エポカドーロの様子を)見ていましたからね。普通だったらもっと疲れると思うんですけど、そこでね、予想よりも回復が強靭であるというのは再確認しましたね。


    ――藤原先生からご覧になって馬の調子を見るポイントは?
     藤原 馬が元気であるか、元気でないか。それが一番重要なのでね。追い切りの時計云々ではなくてね。それは皆さんがわからない不安なところだとは思うんですけれども。今日の動きで何かを求めるとか、もっとレベルアップするというのは、我々は不可能に近いと思っていますから。そういう意味では皐月賞よりちょっとレベルアップして体調を維持するというのが最大の目標だったんでね。

      そういう意味で今朝、動きと元気を最終確認しましたが、フレッシュでいい状態だと思いますけどね。今年に入って5回目(のレース)ですからね。まして(関東への)輸送も2回行ってますからね。そう簡単ではないと思います。


    ――さて、今回の舞台についてです。2400mという距離はいかがですか?
     藤原 2000前後が目標だったんですけど、2400となるとやってみないとわからないという点はありますけれども。でも、オルフェーヴルですからね。期待はしてます。


    ――母のダイワパッションというのは気にならないのでしょうか?
     藤原 それも気になりますよ。そして、血統だけでなく体型も胴が詰まってズングリしていますからね。そういう意味では難しい戦いになるのでは、と思いますけれどもね。


    ――今回、エポカドーロにとって左回りは初めてです。そのあたりはいかがですか?
     藤原 それも課題ですよ、やっぱりね。輸送は何回もやってますけれども、左回り、東京、そしてあの大歓声の中というのがね。すごく課題であり、不安というのはありますけれどもね。


    ――相手関係はいかがでしょうか?
     藤原 やはり、皐月賞とは違う能力を発揮してくる馬がたくさんいるでしょうね。でも、その相手関係よりもエポカドーロの力をいかに発揮させるか。その1点だと思います。


    ――理想のレース展開は?
     藤原 いろんなパターンが頭に浮かんでいるんですけどね。今回はそうは簡単にいかないだろう、ということと。やはり、枠が決まってから並びを見て、(エポカドーロ以外の)17頭をいろんな調査をしながら、ということになるでしょうけどね。そう簡単ではないと思いますね。


    ――これから悩む部分も出てくる、と。
     藤原 そうですね。まず、馬の(追い切り後の)体調。それからですね。他の陣営がどういう競馬をしてくるか、というのはね。


    ――オルフェーヴル産駒について、もう少し教えてください。
     藤原 オルフェーヴルというのはこちらの想像よりも違う面を持っているな、というのはありましたね。オルフェーヴル産駒は(藤原厩舎で勝ち上がったのは)まだ1頭。(その特性を具体的に)知らないですからね。


    ――オルフェーヴル産駒の印象は変わりましたか?
     藤原 変わりましたね。変わったというか、いままでいろんな種馬の仔をやらせてもらいましたけれども、オルフェーヴルの仔は予想外、予想以上の行動や能力を感じますね。だから、我々の経験値で(行動や能力を)予想してはいけないな、というのを感じましたね。オルフェーヴル自身も(2012年阪神大賞典での逸走について)あんなところから2着にくるなんてどう考えても考えられないから。その“考えられない”のがエポカドーロにもあれば、ダービーも面白いかな、と思いますね。


    ――2010年にエイシンフラッシュでダービーを制していますが、ダービー制覇の味わいというのは?
     藤原 やはりこれが競馬サークルの中では一番の目標レースですからね、そういうレースを勝たせていただいてエイシンフラッシュ、並びに関係者には本当に感謝しています。そういう感謝をもう1回したいな、というところと、それに携わる方々を喜ばせてあげたいのが根底にありますから。そういう意味では日本で一番のレースではあると思っていますから、気合は入っていますけれどもね。


    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
     藤原 皐月賞では本当に鮮やかに勝たせていただいて、そしてダービーまで駒を進めるというのはそんなに簡単ではないと思うんですけれども、でも二冠を取れる唯一の馬です。スタッフ一同、ダービーに向けてあと何日かですけれども頑張っていきますので応援よろしくお願いします。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ