競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:共同通信杯

    共同通信杯予想|2017年|予想・データまとめ


    情熱競馬が気になる・・・・
    無料会員で一発儲けましょうw


     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、共同通信杯でスワーヴリチャードに騎乗する四位騎手を直撃した。

     ――スワーヴリチャードには1週前の追い切りで騎乗。

     四位 先週ある程度強めにやって良い動きをしてくれました。今週は厩舎任せですが、レベルの高い馬なので馬なりで良い動きをしてくれたようです。

     ――前走(東京スポーツ杯2歳S2着)ですが、前々走(未勝利1着)から6キロ減の498キロ。

     若い馬だし、東京への輸送も初めての経験。あのくらいの体重減は想定済みだったから心配はありませんでした。

     ――ゲートの中がいつも少しチャカチャカする感じ?

     ゲートへ集合する辺りからイヤイヤする感じで、ゲートの中は落ち着きません。前走もその分、立ち遅れましたがリズム良く走れていたので位置取りは後ろでも気になりませんでした。

     ――未勝利戦の時は折り合いを欠き気味でしたが前走は?

     折り合いに関しては厩舎でも普段の調教時からかなり気を付けてやってくれているようで、前走は掛かることなく走ってくれました。

     ――4コーナーでは外へ。

     他の有力馬より手応えがあると思ったので、他をフタするような形で早めに動きました。結果的にはもうワンテンポ待っていれば勝てたかもしれません。

     ――直線少しフラつきながらも上がり3Fは出走馬中一番速い脚(33秒6)。

     まだ3回目の競馬で初めての長い直線だったこともあって、最後はさすがに苦しくなってしまいました。その分、差されたけど、よく走ってくれました。

     ――今回、作戦は?

     庄野調教師と「次の皐月賞を意識したらある程度、好位で走らせたい」と相談しました。中間、ゲート練習もしっかりやっているようですし、今回は少し出してでも好位で競馬をさせるつもり。こうやってクラシックを意識できるくらい期待の高い馬なので楽しみにしています!

    【共同通信杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    共同通信杯|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ

    <共同通信杯:追い切り>

     クラシックの“登竜門”共同通信杯(G3、芝1800メートル、12日=東京)の追い切りが8日、東西トレセンで行われた。良血馬ムーヴザワールド(牡3、石坂)は坂路で併走。4ハロン53秒1-12秒8をマークし、石坂師は「予定通りの調整」と満足そうな表情を見せた。デビュー2戦目で3着に好走した東スポ杯2歳Sと同じ舞台で、今春の主役候補に名乗りを上げるか。

     朝一の坂路でヴィッセン(古馬1000万)と併走したムーヴザワールドは、ほぼ馬なりで併入を果たした。覇気のある走りは、順調さをアピールするのに十分。石坂師は「先週もかなり負荷をかけて、きさらぎ賞を使えるぐらいの状態だった。時計は速かったが輸送もあるし、今回はしまいだけ調整という感じ。予定通りにきています」と満足感を隠さなかった。

     新馬戦を快勝した後に臨んだ東スポ杯2歳Sでは、早めに先頭に立ちブレスジャーニー、スワーヴリチャードにかわされ首+鼻差の3着。「少し加速がつきにくいので、早めに先頭に立った。押し切ってほしかったけど、相手が強かったですね」と師は振り返る。今回は3カ月ぶりの実戦となるが「若馬なので、詰めて使う必要もないしね。クラシックへ向け、いったんリフレッシュしました。放牧先でも順調だし、帰厩後も順調にきています。この3カ月で成長していると思う」と力を込めた。

     同厩舎の全姉タッチングスピーチは、一昨年のローズSでミッキークイーンを下し、エリザベス女王杯では3着。昨年の京都記念でもサトノクラウンの2着と牡馬相手にも好走した。その姉も果たせなかったクラシック出走。「加速に時間がかかるけど、しまいはしっかりしている馬。(賞金を加算して)クラシックの権利を取りたいですね」。G1・14勝の名トレーナーは「クラシック」という言葉を繰り返した。【中上博】


    ムーヴザワールド、クラシック参戦へ万全の出来

    ◆共同通信杯追い切り(8日・栗東トレセン)

     第51回共同通信杯・G3(12日、東京)でクラシック参戦への賞金加算を狙うムーヴザワールドは栗東・坂路で絶好の動きを披露した。

     素質馬が勝負のG3へ、しっかり態勢を整えてきた。ムーヴザワールドは栗東の坂路でヴィッセン(6歳1000万)と併せ馬。2ハロン目からスピードアップしてラスト2ハロンを12秒4、12秒8。抜け出ていた僚馬を上回る手応えで、全体53秒1で楽に併入に持ち込んだ。

     「先週、負荷をかけてやったので大体できています。今回は輸送もあるし、時計は先週と似たものだけど、より調整の感じ」と石坂調教師。先週は53秒2だが馬場の荒れた後半で、この日は開門まもない馬場。異なるパターンで2週続けてマークした、53秒0(昨年9月)の自己ベストに迫る時計が万全の出来を示す。

     「いきなりは少し難しいかと思ってました」と石坂調教師が振り返る初戦で、エアウィンザーとの良血対決を首差勝利。3着を2馬身離したのが地力の違いだ。G3に挑んだ前走は首、鼻差の3着だが、キャリア2走目だけにトレーナーは悲観していない。「加速がつきにくいので、早めの仕掛けで。押し切ってほしかったけど、重賞でよく頑張ってくれました」

     全姉タッチングスピーチは3歳秋のローズSを勝ち、エリザベス女王杯3着。成長力を期待できる血統で「以前はバタバタと走っていたけど、素軽さが出てきました」と古川助手は昨秋からの変化を認める。「3か月でどれくらい成長してるのか。ただ、成長を感じます。何とかクラシックへの権利を取りたい」。石坂調教師のストレートな言葉は、そのまま期待の表れだ。(宮崎 尚行)


    ムーヴザワールド、調教の中身が前走と大違いで「楽しみしかない」

     

    【共同通信杯(日曜=12日、東京芝1800メートル)栗東発トレセン秘話】共同通信杯に出走するムーヴザワールドについて、前走の東京スポーツ杯2歳S(3着)ウイークに当コラムでこんなことを書いた。

    「直前の追い切りでは前が邪魔になり、ブレーキをかける場面がありながらも、その後即座に伸び返したところに非凡な瞬発力が表れている」と。

     一方で、しっかりやるはずの追い切りが軽くなってしまう誤算となったのも事実だ。日迫厩務員は当時をこう振り返る。

    「あの時は1週前の稽古も軽かったし、当週も結果的に軽めになってしまって…。あれで重賞(を勝つの)は正直、楽じゃないと思った。あそこまで走ってくれたことに、ちょっと驚きましたね」

     当時の調整過程に比べ、今回のそれはどうだ。3週前の時点で栗東坂路4ハロン53・2秒の時計をマークし、その後2週が53・1→53・2秒。最速タイムが54・8秒というプロセスでレースに向かった前回と、時計の出し方に明確な違いがあるのは一目瞭然ではないか。

    「2週前の時点ですでに前回の乗り込み量を超えているんじゃないかな。馬はそこまで大きく変わってはいないけど、少なくとも調教の中身は全然違うよ」(日迫厩務員)

     この馬の調教を日々つけている古川助手の言葉もまた力強い。

    「前回に比べて数を乗ってきたし、1週前にビシッと追って、しんどいところまで回転数を上げたからレース当週はさらに良くなってくれるはず。これまでは体の大きさに中身がついてこない感じで、全ての動きがスローに感じたけど、そういう面がなくなってきたところに成長を感じる。今回は楽しみしかない」

     2017年牡馬クラシック戦線の主役の一頭にムーヴザワールドが名乗りを上げる――。共同通信杯はそんなレースになることを半ば確信している。

    【共同通信杯|2017年|ムーヴザワールドニュース・動画まとめ】の続きを読む

    共同通信杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ
     
    管理人オススメコンテンツ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com

     共同通信杯の追い切りが10日、東西のトレセンで行われた。美浦では2戦2勝でホープフルSの覇者ハートレーが、3頭併せをシャープな伸びで最先着。好仕上がりをみせた。栗東では昨年11月の東スポ杯2歳S1着以来となるスマートオーディンが坂路で鋭い脚さばきで仕上がりの良さをアピールした。

     僚馬を左右に従えて悠々と駆け抜けた。新馬、ホープフルSと連勝したハートレーは馬なりでWコース5ハロン67秒4、3ハロン38秒3-12秒9をマークし、3頭併せでクビ差抜けてフィニッシュだ。

     「操縦がしやすくて、いい馬だ。けいこは良かったし、競馬に関してはみんなが見たとおり。どんな競馬をするか楽しみ」

     初コンタクトをとった横山典騎手が好感触を伝えた。

     先行したローズクランス(3歳500万下)から少し離れてシベリアンスパーブ(OP)、ハートレーの順で続いた。ローズのペースが遅く、早くも3コーナー手前で両サイドに馬を置く形になったが、最後までリズムを乱すことはなかった。「先週と比べたら反応がいいし息も良くなっている。前走くらいのデキ」と手塚調教師も合格点を与えた。

     デビュー前の追い切りで年長馬と併せた際に「相手がフーフーいっているのに、すぐに息が入っていた。これはケタ違いかも」とトレーナーが予感したとおり、新馬戦を快勝し、ホープフルSでも新潟2歳Sを勝ったロードクエストを退けた。

     その前走の口取り(優勝馬の記念撮影)では、レースを終えた直後とは思えない落ち着きぶり。「走った後なのにピタッと立ち続けていました。こんな馬は今までやったことがない」と担当の中條助手も驚く。まだ全力を出していないということか。

     「GI仕様のような目いっぱいの仕上げではないけど、どんな競馬をしてくれるか。(1キロ重い斤量)57キロでも勝ってもらわないとね。クラシックも57キロなんだから」と手塚師は期待を込める。

     同世代が対戦を避け、グレード制導入後で最少の7頭立てとなる見込み。それすらもハートレー伝説の一部か。関東のエースが、無敗を守ってクラシックへ乗り込む。 (板津雄志)

     

     

    共同通信杯予想

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    ディープインパクト38- 29- 33-153/25315.00%39.50%7492
    マンハッタンカフェ8- 5- 4- 69/ 869.30%19.80%7848
    ゼンノロブロイ7- 7- 5- 73/ 927.60%20.70%2247
    ネオユニヴァース7- 3- 4- 65/ 798.90%17.70%6946
    ダノンシャンティ2- 0- 0- 1/ 366.70%66.70%1840380
    マーベラスサンデー0- 0- 1- 11/ 120.00%8.30%020

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    蛯名正義17- 10- 12- 71/11015.50%35.50%9869
    武豊7- 3- 2- 22/ 3420.60%35.30%11175
    ルメール3- 1- 4- 16/ 2412.50%33.30%15573
    戸崎圭太12- 11- 15- 77/11510.40%33.00%4665
    横山典弘13- 10- 5- 66/ 9413.80%29.80%12865
    三浦皇成6- 4- 13- 70/ 936.50%24.70%4570
    柴田善臣4- 5- 7- 62/ 785.10%20.50%2166
    大野拓弥1- 9- 3- 55/ 681.50%19.10%644
    石川裕紀1- 1- 5- 35/ 422.40%16.70%1596
    柴山雄一3- 1- 1- 49/ 545.60%9.30%3135

     

    ツイッターの声

     

    【共同通信杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    共同通信杯予想|スマートオーディン|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


    素質はキンカメ級!?スマートオーディンに施された「エリート教育」
    【共同通信杯予想|スマートオーディン|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    共同通信杯回顧|リアルスティールが強かった!!

    re

    ◆第49回共同通信杯・G3(15日・芝1800メートル、東京競馬場、良)

     第49回共同通信杯・G3(15日、東京・芝1800メートル)は、3番人気のリアルスティール(福永)が、1番人気のドゥラメンテとの競り合いを半馬身制して優勝。デビューから2連勝で重賞初制覇を飾った。3着は4番人気のアンビシャス。2番人気のアヴニールマルシェは5着だった。

     並ぶまもなく抜き去った。リアルスティールは福永の右ムチに応えるように、徐々に加速していった。ラスト200メートルを切って、先に抜け出したのはドゥラメンテ。ただ、ラスト100メートル付近で一騎打ちになるかと思われたのも一瞬、あっという間に突き放し「どれくらいやれるかと思って臨んだが、強い馬を相手に勝ってくれた。かなり能力が高いと再確認しました」。最後は半馬身差をつけての勝利に、鞍上は満足げな表情だった。

     史上初となる、わずかキャリア1戦での同レース制覇。道中は内々をロスなく進み、「折り合いの心配はしていなかったし、素直でコンタクトも取れた」。優等生なレース運びを見せた一方、調教でもまたがって日々、感触を確かめている福永にとっては、まだまだ完成の域に遠い相棒だ。「返し馬では、ちょっと芯が入ったかなというくらい。まだ、しなりが足りない走りだし、これからもっと良くなる」と将来性に太鼓判を押した。

     管理する矢作調教師の見立ても同じだった。「完成度的には6~7分。調教での常歩も、ハミ受けの姿勢も完全には出来ていない。計り知れない。(常識の)枠を超えるような馬になってほしい」。3年前ダービー馬となったディープブリランテも、共同通信杯は2着。こちらはキャリア2戦目での戴冠だけに、期待値が跳ね上がるのも無理はない。

     今後は王道路線を歩む。「スプリングS(3月22日、中山)を挟んで皐月賞(4月19日、中山)、ダービー(5月31日、東京)を考えています」とトレーナーは見通しを口にした。今年の3歳牡馬路線は、「未完の大器」が一気に主役に躍り出た。(西山 智昭)

     ◆リアルスティール 牡3歳の鹿毛。父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(父ストームキャット)。戦績2戦2勝。総収得賞金4443万4000円。重賞初勝利。生産者・北海道安平町のノーザンファーム。馬主・(有)サンデーレーシング。栗東・矢作芳人厩舎所属。

     

    ドウラメンテはまずまず

    断然の1番人気に支持されたドゥラメンテは序盤の“ロス”が響いて2着に敗れた。スタートを決めて好位に付けたが、外のアンビシャスに寄られてエキサイト。鞍上の石橋が手綱を引っ張ると頭を2度3度と上げ、ポジションを3番手から7番手まで下げた。直線は外から脚を伸ばしていったんは先頭に立ったが、勝ち馬に内をすくわれる形で半馬身差。

     石橋は「スタートを出た分、頭を上げる形になってしまい、自分も折り合いを付けようという気持ちが強くなって下がっていった」と唇をかんだ。

     とはいえ、長く脚を使って上がり3Fはメンバー最速の33秒7。負けて強しの印象も残した。石橋も「あそこでグッと抑えて我慢できていれば結果は違ったと思う」と力負けとは認めなかった。2着確保で賞金加算には成功。初の重賞挑戦で見えた課題を修正し、クラシックでの巻き返しを期す。

     

    アヴニールマルシェは北村君のミステイク?

    2番人気のアヴニールマルシェは直線で伸びたものの5着止まり。デビュー4戦目で初めて連対を外した。行き脚がつかずに後方から。ドゥラメンテの直後で直線を向いたが、追いだしたところで差を広げられた。

     北村宏は「もう少し前で運びたかったが(スタート直後に)寄られた分、ダッシュがつかなかった。直線は瞬時に加速できるイメージがあったが…」と首をひねった。

     

    その他の談話

     ▼4着ミュゼエイリアン(ベリー)瞬発力比べで負けてしまったが、凄くいい馬。まだ伸びる余地があり、今後が楽しみだ。

     ▼6着ソールインパクト(内田)ゲートがうまくいかず、後手後手に回った。

     ▼7着ティルナノーグ(田辺)ゲートの中で落ち着かなかった。まだ緩さもあり、成長途上だと思う。

     ▼8着コスモナインボール(柴田大)少し硬さがあり、いい頃に比べるとひと息。ただ、左回りはいい。

     ▼9着ショウボート(浜中)ゲート入りからごねていた。初めての輸送で精神的にイライラしたのかも。

     ▼10着マイネルサクセサー(柴山)きょうは久々の分、追走に苦労していた。

     ▼11着シゲルケンカヤマ(石川)切れ味勝負では…と思ってハナに行ってみた。いろいろ試している段階。

     ▼12着ダノンメジャー(橋口師)手前を替えた時にガクンときて、無理をしなかったようだ。上がりは大丈夫だったが、様子を見る。

     

    共同通信杯動画-2015年

    1着 リアルスティール 福永祐一

    2着 ドウラメンテ 石橋脩

    3着 アンビシャス デムーロ

     

     ツイッターの声

    【共同通信杯回顧|リアルスティールが強かった!!】の続きを読む

    このページのトップヘ