競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:大阪杯

    大阪杯予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【大阪杯】東西調教ウオッチャー

    片岡 美浦は濃霧でまともに“ウオッチ”できんかった。まずは栗東のええ馬を教えてくれや。

     斉藤 CWコースのスワーヴリチャードです。馬なりの調整でしたが、相変わらずパワフルな動きでした。

     片岡 右回りはモタれる面があるんちゃうの。

     斉藤 大丈夫ですよ。スムーズでゆったりとした大きなフットワーク。見た目以上に時計が出ました。馬体の張りも目立ちます。

     川端 4頭出しの池江勢ではアルアインですわ。CWコースの3頭併せで最後方から2秒近く追走。馬なりで一気に追いついたし、最内を回っても十分評価できますわ。坂路ならダンビュライト。水曜の一番時計だった併走馬にクビ差遅れたけど、しっかり食らいついてました。

     片岡 穴っぽいのは?

     斉藤 ヤマカツエースです。金鯱賞から中2週ですが、6ハロン79秒9-11秒7で意欲的な内容。太め残りを叩いた上積みはかなりありますね。美浦組も雰囲気くらいは教えてほしいです。

     片岡 5メートル前も見えへん状況でミッキースワローやウインブライトが追い切った。目を凝らしても見えんかったけど、2頭とも乗り手の話を聞くと感触は良さそうや。ほんま、天候だけはどうもならんぞ。

     川端 コース見ながら居眠りしてたんと違いますか(笑)。
    ヤフーニュース中 サンスポ


    大阪杯-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    Encosta De Lago 2- 1- 0- 1/ 4 50.00% 75.00% 122 105
    ハービンジャー 8- 9- 7- 43/ 67 11.90% 35.80% 46 80
    マンハッタンカフェ 7- 3- 11- 43/ 64 10.90% 32.80% 92 110
    ディープインパクト 25- 21- 19-136/201 12.40% 32.30% 65 74
    アドマイヤムーン 8- 8- 2- 59/ 77 10.40% 23.40% 83 78
    ステイゴールド 9- 9- 7- 84/109 8.30% 22.90% 46 76
    ダイワメジャー 11- 11- 15-130/167 6.60% 22.20% 48 61
    スクリーンヒーロー 7- 1- 1- 32/ 41 17.10% 22.00% 299 76
    クロフネ 2- 4- 4- 40/ 50 4.00% 20.00% 132 74
    ゴスホークケン 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 406 112


    大阪杯-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    戸崎圭太 25- 30- 15- 80/150 16.70% 46.70% 74 86
    田辺裕信 18- 13- 11- 76/118 15.30% 35.60% 128 91
    大野拓弥 14- 11- 10- 94/129 10.90% 27.10% 155 104
    柴山雄一 10- 12- 7- 80/109 9.20% 26.60% 58 71
    吉田隼人 5- 4- 5- 55/ 69 7.20% 20.30% 71 58
    田中勝春 4- 4- 10- 72/ 90 4.40% 20.00% 105 68
    三浦皇成 4- 7- 7- 73/ 91 4.40% 19.80% 36 51
    北村宏司 5- 6- 5- 67/ 83 6.00% 19.30% 26 53
    池添謙一 2- 0- 0- 9/ 11 18.20% 18.20% 164 41
    木幡巧也 1- 2- 4- 32/ 39 2.60% 17.90% 8 33
    柴田善臣 8- 4- 4- 77/ 93 8.60% 17.20% 314 78
    柴田大知 7- 8- 6-111/132 5.30% 15.90% 56 47
    石橋脩 4- 2- 6- 71/ 83 4.80% 14.50% 20 76
    ミナリク 1- 0- 0- 6/ 7 14.30% 14.30% 380 88
    藤岡康太 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 18
    菊沢一樹 0- 0- 2- 15/ 17 0.00% 11.80% 0 48



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    大阪杯予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【大阪杯馬体診断】ミッキースワロー 評価A

     【ミッキースワロー 評価A】

      体高があり、胴が長め。首もスラッと伸びており、馬体のつくりはステイヤーとみていいだろう。無理をせず成長に合わせていたため、菊花賞当時はボテッと映っていたが、今季初戦のAJCCはスカッと見せるシルエットだった。

      
     幼さが抜けて風格が出ているように、ここにきて急激な成長を遂げている。今回の馬体は当時以上。腹回りの無駄肉がそぎ落とされ、トモのラインもくっきり。何よりも前駆が強じんになり、肩回りのボリュームは相当鍛え上げられてきた証拠だ。良化は著しい。

     (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      
     〈1週前追い切り診断〉横山典を背に美浦Pで6F80秒0-37秒4-11秒8(馬なり)。追走して外から並び掛けると、ゴール前は持ったまま矢のような伸び脚。スピード、切れともに抜群で、馬体の張りも申し分ない。隙のない仕上げ。


    【大阪杯馬体診断】スワーヴリチャード 評価A  

     【スワーヴリチャード 評価A】

      
     アルゼンチン共和国杯が10キロ増で有馬記念は8キロ増、金鯱賞では10キロ増と一戦ごとに馬体重が増えているが、全く太め感のない馬体をしている。ダービー当時からだと前走時で28キロの体重増だが、これは成長分とみていいだろう。

      
     馬体に重厚感があり、迫力も増している。顔つきに精悍(せいかん)さが増したのと、馬体に張りが出てきたのは休み明けを叩かれた上昇分で、この時季としては毛ヅヤも申し分ない。中長距離馬として完成の域は近そうだ。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒5-37秒5-11秒9(馬なり)。僚馬2頭を1秒1追走して、それぞれに0秒1、0秒4先着した。レース後11日でも、これだけ追えるほど元気。動きも活気に満ちている。


    【大阪杯馬体診断】サトノダイヤモンド 評価A

     【サトノダイヤモンド 評価A】

      
     デビュー以来、馬体重が498キロ~506キロと大きな変動がないタイプ。凱旋門賞から5カ月半ぶりの前走は、肩の筋肉の盛り上がりやトモの筋肉の段差など、好調時と遜色のない状態に仕上がっていた。写真では首が高く見えるが、本来は地面と平行になるぐらい低くなるので心配はない。

      
     菊花賞を勝っているが、胴はそれほど長くなく典型的な長距離馬とは言えない。首の長さや脚の長い体形から長距離をこなしている印象で、最適の距離は2000~2400m。本質的には中長距離馬だ。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

       
     〈1週前診断〉25日の日曜に栗東坂路で4F55秒7-13秒1(馬なり)。この馬らしい大きな走りで気配は良化している

    大阪杯馬体診断】アルアイン 評価A

     【アルアイン 評価A】

      
     3カ月半ぶりの京都記念では多少馬体に緩さが残っているものの、九分以上の仕上がりだった。そのため大幅な変化は見られないが、体が引き締まったのはプラス。加えて毛ヅヤが良化して体に張りが出てきたのも、ひと叩きされた効果だろう。

      
     3歳時に比べると肩の筋肉量が増して、だいぶ古馬らしくなってきた。欲を言えばもう少しトモに筋肉がつけば申し分のない体つきになるが、完成するのはひと夏を越してからになりそう。それでも現時点で考えればベストの馬体だ。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒5-38秒7-11秒6(一杯)。僚馬2頭を内から追い抜く形で、反応の速さは前走時を上回っている、抜かりのない仕上げを施してきた。

    大阪杯馬体診断】ペルシアンナイト 評価B

     【ペルシアンナイト 評価B】

     マイルCSに比べて、全体的に筋肉量が増えてがっちりとした体つきになった。当時は「前駆にさらに筋肉がついてくると、この馬の完成形になる」と診断したが、首も太くなってマイラーとしてほぼ完成形と言える。

      前走時にかなり仕上がっていただけに上積みがどこまであるのかは疑問だったが、それでも毛ヅヤが良化しており皮膚の質感も十分に出てきた。距離適性という観点ではC評価になるが、状態の良さを加味して評価をひとつ上げたい。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒3-37秒6-11秒7(一杯)。伸び脚自体は上々でも、直線の追い比べでやや手応えで見劣ったように、絶好調時に比べると反応面がひと息。ビシッと追われたこのひと追いでどこまで良くなるか。

    【大阪杯馬体診断】シュヴァルグラン 評価C

     【シュヴァルグラン 評価C】

      昨秋の絶好調時の金色に輝くビロードのような馬体に比べると、毛ヅヤが物足りない。好調時にはぬれたように黒みが増して焦げ茶色になるが、今回は赤茶色の点も気になる。前腕部や下腿(かたい)に浮き出ていた血管も目立たず、皮膚が厚ぼったく見える点もマイナスだ。

      顔つきに風格があるのは唯一の好材料だが、いかにも休み明けというたたずまいでは評価を下げるのが妥当だろう。当日までにどこまで状態を上げられるかがポイントになる。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)


      〈1週前追い切り診断〉三浦を背に栗東CWで6F81秒4-37秒9-12秒6(一杯)。インヴィクタ(4歳1000万下)を1秒追走して併入した。脚色は劣勢だったが、大きく追走した分で心配はない。豊富な乗り込みをこなして、現時点でも馬体は八分以上の仕上がり。




    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    大阪杯予想|2017年|予想・データまとめ

    まだまだ知られていないここの凄さ
    無料だけで充分まだ無料会員になっていないええええ




    【大阪杯】(12)アンビシャス 折り合いを意識「状態はいい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000045-spnannex-horse
    昨年は横山典がアンビシャスを2番手から勝利に導いたが、今年の福永は12番枠からどう運ぶか。枠の並びを見た鞍上は「(逃げる)マルターズの外だし、いいんじゃない。いろんな乗り方をできる感じの馬じゃないけどね」と後方待機策を示唆する。この日は自ら手綱を取り、坂路で4F75秒2と折り合いを意識した調整。「キレッキレで紙一重な感じだけど、状態はいいよ」と気を引き締めていた。
    【大阪杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    5
    【大阪杯馬体診断】

    デイリースポーツよりヤフーニュースより

    出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、今年からG1に昇格した大阪杯に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    ヤマカツエース=評価A
     【ヤマカツエース=評価A】

     2歳の新馬戦は千二でデビューし、3歳の春はクラシックには目を向けずNZTを制するなどマイル戦線で活躍。

    その後の北海道シリーズからは中距離路線に顔をのぞかせると、芝二千の重賞を4勝するまでの猛者に成長した。  

    当然、馬体や走法も大きく変化したが、今では首差しが長く胴長+脚長のトモ高体形。前後のバランスは上々で適度な筋肉量を誇り中距離志向に様変わりした。  

    馬体に凹凸がなくメリハリを欠いていた金鯱賞が圧巻の勝ちっぷり。
    今回は晴天で天候の違いはあるが、馬体の張りツヤは目を見張り、トモの容量や質感は明らかに前走以上。目標としていた二千のG1に向けて悔いのない仕上げだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前診断〉
    26日の栗東坂路で4F57秒1-40秒6-12秒8(馬なり)。レース間隔も考慮して派手は時計は出していないが、力強い踏み込みが目を引く。好調維持。

    アンビシャス=評価B

    【アンビシャス=評価B】  
    脚長でスラッとしたシルエットだが、首差しは短めで肩も少し立ち気味。マイラーの残像が見え隠れしているが、今回はあばらをうっすらと見せておりだいぶスカッとした体つきになっている。  

    前走の中山記念に比べると股の膨らみは見劣るが丸みは十分で馬体に厚みがあるのは好印象。  ビシッと追われた1週前と最終追い切りでトモが張ってくれば、理想的なバランスを手に入れそうだ。久々を叩かれて顔立ちも聡明(そうめい)になり上積みは十分。

    昨年の大阪杯から装着装蹄のエクイロックスを使用していることと、気性を踏まえれば間隔は少しでも開いた方がいいタイプ。

    昨年同様にいい状態で挑めそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F52秒1-37秒5-12秒8(強め)。ミッキーロケット(4歳オープン)に2馬身半遅れはしたが、最後まで集中して走れていた。ひと叩きされたことで動きに活気が出てきた印象。

    キタサンブラック=評価B

    【キタサンブラック=評価B】  
    昨年の有馬記念時はトモがそろって前重心だったが、今回は比較的バランスが取れている方。前重心はどうしても後肢が頼りなく見えてしまうが、今回はそういう感じは一切ない。  

    長距離輸送のあるなしやローテーションで当然仕上げは変わってくるものだが、過去の経験則から言えば、今回の姿形は関東遠征仕様に見える。

    トモが凝縮されているが、首差しや胴が少し短く見える姿形は気持ち重たい可能性がある。
    阪神や京都で戦うときはもう少しスカッと見せており、

    今年の初戦が大阪杯と言うローテーションが影響している印象。
    最終追い切りを経てどこまで良化するかが見ものだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    黒岩を背に栗東CWで6F78秒6-37秒7-12秒2(馬なり)と最後まで余力十分に好時計をマーク。僚馬2頭を0秒9、0秒5追走して、それぞれに併入、0秒5先着した。機敏な動きで、太め感なく仕上がっている。
    マカヒキ=評価B
    【マカヒキ=評価B】  
    前後のバランスが優れていた昨年のダービーはS評価。あばらをうっすらと見せながらもトモに膨らみがあり、筋肉質の馬体は目を見張った。頭の位置もそれほど高くなく気品が漂っていた。  

    それに比べると京都記念時と今回はともに頭の位置が高いためか少しアンバランスに見えてしまう。馬体重は同じでも筋肉の質感が違い、ここ2戦は皮膚を厚ぼったく見せている。  

    さらに前が勝った体形は、母系の血が濃くなり距離適性が千六~二千あたりになっている印象を受ける。個人的には、凱旋門賞の大敗による心身両面の変化を感じずにはいられない。  前走時よりはたくましい姿形で上積みは見込めそうだが、正直半信半疑だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで7F94秒3-79秒2-37秒4-12秒1(一杯)。僚馬2頭を2秒4、0秒9追走してそれぞれに0秒2、0秒8先着。休み明けをひと叩きされて、動きに活気が増している。気配も良化し、状態は上昇一途。

    【PR】 大阪杯はおまかせ
    ここの予想で万馬券・・・
    まずは無料コンテンツでお宝をゲットしましょう



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250

    大阪杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ

     産経大阪杯の出走馬が31日、決まった。GI馬5頭が集う豪華メンバーだが、特捜班はGI未勝利のタッチングスピーチに注目した。自慢の末脚は、この相手でも通用するはず。福永騎手は先週の高松宮記念をビッグアーサーで制すなど、ここ2週で重賞4連続連対と絶好調。牝馬の活躍が目立つレースでもあり、一発があるとみた。

     少頭数でも豪華な顔触れ。しかし、人気になりそうなGI馬よりも魅力的な存在がいる。今年初戦の京都記念で2着と健闘した4歳牝馬のタッチングスピーチだ。

     石坂調教師は「今年は牡馬とやろうと決めていた。順調なら春は宝塚記念が目標。そこでも、今回のメンバーとやることになるわけだし」と、一歩も引く構えはない。ジャパンC連覇などGI7勝の名牝ジェンティルドンナを手掛けたトレーナーの意気込みが、好勝負のムードを漂わせる。

     昨秋はローズSを差し切り勝ち。外回りと内回りの違いはあるが、阪神の芝そのものに不安はない。エリザベス女王杯ではマリアライト、ヌーヴォレコルトに続く3着だったが、その2頭は牡馬相手のGIでも互角に戦う力の持ち主。タッチングスピーチの能力も同レベルとみていいだろう。

     実際に、初の牡馬トップレベルが相手だった前走の京都記念も好走。瞬発力をそがれる重馬場だったが、しぶとく伸びての2着確保が地力の高さの証明だ。産経大阪杯の当日は降水確率50%。多少の馬場悪化も、前走の走りなら心配ない。

     現在、重賞で4連続連対中と勢いに乗っている福永騎手の手綱も“買い材料”だ。「ここにぶつけるのは、期待の表れでしょう。斤量差もあるし、使っているアドバンテージもあるから」と意欲満々の言葉は心強い。

     産経大阪杯は過去10年で牝馬が6頭出走して2勝、3着1回の好成績。昨年は4番人気のラキシスが、ダービー馬のキズナをくだした。今年の3頭の牝馬も有力で、その中でも配当的な妙味がありそうなタッチングスピーチで勝負したい。

     

    大阪杯予想・データ

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    フジキセキ2- 2- 3- 10/ 1711.80%41.20%177195
    ハーツクライ7- 14- 10- 51/ 828.50%37.80%40110
    ディープインパクト17- 12- 11- 71/11115.30%36.00%6366
    キングカメハメハ12- 8- 8- 57/ 8514.10%32.90%377149
    デュランダル1- 1- 1- 11/ 147.10%21.40%4475
    アグネスタキオン1- 0- 1- 19/ 214.80%9.50%3018
    ブラックタイド0- 0- 1- 12/ 130.00%7.70%020
    チーフベアハート0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%00
    Smart Strike0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    横山典弘1- 0- 1- 2/ 425.00%50.00%445197
    蛯名正義0- 1- 4- 5/100.00%50.00%0144
    岩田康誠10- 9- 5-27/5119.60%47.10%6497
    M.デム8- 3- 2-16/2927.60%44.80%7070
    武豊5- 8- 3-32/4810.40%33.30%6163
    池添謙一3- 2- 3-21/2910.30%27.60%3472
    福永祐一4- 5- 4-36/498.20%26.50%1441
    松若風馬2- 1- 2-22/277.40%18.50%27107
    国分恭介2- 1- 1-25/296.90%13.80%20468
    柴田善臣0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00
    丹内祐次0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00

     

     

    1:2016/04/03(日) 08:04:36.16 ID:

    ┏━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  4/3 阪神11R 芝・右 2000m
    ┃第60回産経大阪杯(GII).┃(´∀` )<4歳以上(国際)(指定)オープン 別定 発走15:35
    ┣━┯━┯━━━━━━┻○━○━━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃1 │1 │(外)レッドレイヴン     [牡6]│56│柴田善│(東)藤沢和│中山記 5┃
    ┃2 │2 │ラブリーデイ          [牡6]│58..|M.デム-ロ|..(西)池江寿│有馬記 5┃
    ┃3 │3 │ヌーヴォレコルト       [牝5]│54│岩  田│(東)斎藤誠│香港C 2 ┃
    ┃4 │4 │イスラボニータ         . [牡5]│57│蛯  名│(東)栗田博│中山記 9┃
    ┃5 │5 │アクションスター       .[牡6]│56│松  若│(西)音無秀│日経賞 6┃
    ┃6 │6 │タッチングスピーチ      [牝4]│54│福  永│(西)石坂正│京都記 2┃
    ┃6 │7 │キタサンブラック       [牡4]│58│武  豊│(西)清水久│有馬記 3┃
    ┃7 │8 │ショウナンパンドラ     .[牝5]│56│池  添│(西)高野友│JC   1┃
    ┃7 │9 │アンビシャス           [牡4]│56│横山典│(西)音無秀│中山記 2┃
    ┃8 │10│マイネルラクリマ        [牡8]│56│丹  内│(東)上原博│中山記10┃
    ┃8 │11│ニシノビークイック      [牡7]│56│国分恭│(東)竹内正│ポラリスs11┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

    前スレ
    4/3(日) 第60回産経大阪杯(GⅡ) part4
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1459585897/
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    【大阪杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ