競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:大阪杯

    大阪杯予想|2017年|予想・データまとめ

    まだまだ知られていないここの凄さ
    無料だけで充分まだ無料会員になっていないええええ




    【大阪杯】(12)アンビシャス 折り合いを意識「状態はいい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000045-spnannex-horse
    昨年は横山典がアンビシャスを2番手から勝利に導いたが、今年の福永は12番枠からどう運ぶか。枠の並びを見た鞍上は「(逃げる)マルターズの外だし、いいんじゃない。いろんな乗り方をできる感じの馬じゃないけどね」と後方待機策を示唆する。この日は自ら手綱を取り、坂路で4F75秒2と折り合いを意識した調整。「キレッキレで紙一重な感じだけど、状態はいいよ」と気を引き締めていた。
    【大阪杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    5
    【大阪杯馬体診断】

    デイリースポーツよりヤフーニュースより

    出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、今年からG1に昇格した大阪杯に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    ヤマカツエース=評価A
     【ヤマカツエース=評価A】

     2歳の新馬戦は千二でデビューし、3歳の春はクラシックには目を向けずNZTを制するなどマイル戦線で活躍。

    その後の北海道シリーズからは中距離路線に顔をのぞかせると、芝二千の重賞を4勝するまでの猛者に成長した。  

    当然、馬体や走法も大きく変化したが、今では首差しが長く胴長+脚長のトモ高体形。前後のバランスは上々で適度な筋肉量を誇り中距離志向に様変わりした。  

    馬体に凹凸がなくメリハリを欠いていた金鯱賞が圧巻の勝ちっぷり。
    今回は晴天で天候の違いはあるが、馬体の張りツヤは目を見張り、トモの容量や質感は明らかに前走以上。目標としていた二千のG1に向けて悔いのない仕上げだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前診断〉
    26日の栗東坂路で4F57秒1-40秒6-12秒8(馬なり)。レース間隔も考慮して派手は時計は出していないが、力強い踏み込みが目を引く。好調維持。

    アンビシャス=評価B

    【アンビシャス=評価B】  
    脚長でスラッとしたシルエットだが、首差しは短めで肩も少し立ち気味。マイラーの残像が見え隠れしているが、今回はあばらをうっすらと見せておりだいぶスカッとした体つきになっている。  

    前走の中山記念に比べると股の膨らみは見劣るが丸みは十分で馬体に厚みがあるのは好印象。  ビシッと追われた1週前と最終追い切りでトモが張ってくれば、理想的なバランスを手に入れそうだ。久々を叩かれて顔立ちも聡明(そうめい)になり上積みは十分。

    昨年の大阪杯から装着装蹄のエクイロックスを使用していることと、気性を踏まえれば間隔は少しでも開いた方がいいタイプ。

    昨年同様にいい状態で挑めそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F52秒1-37秒5-12秒8(強め)。ミッキーロケット(4歳オープン)に2馬身半遅れはしたが、最後まで集中して走れていた。ひと叩きされたことで動きに活気が出てきた印象。

    キタサンブラック=評価B

    【キタサンブラック=評価B】  
    昨年の有馬記念時はトモがそろって前重心だったが、今回は比較的バランスが取れている方。前重心はどうしても後肢が頼りなく見えてしまうが、今回はそういう感じは一切ない。  

    長距離輸送のあるなしやローテーションで当然仕上げは変わってくるものだが、過去の経験則から言えば、今回の姿形は関東遠征仕様に見える。

    トモが凝縮されているが、首差しや胴が少し短く見える姿形は気持ち重たい可能性がある。
    阪神や京都で戦うときはもう少しスカッと見せており、

    今年の初戦が大阪杯と言うローテーションが影響している印象。
    最終追い切りを経てどこまで良化するかが見ものだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    黒岩を背に栗東CWで6F78秒6-37秒7-12秒2(馬なり)と最後まで余力十分に好時計をマーク。僚馬2頭を0秒9、0秒5追走して、それぞれに併入、0秒5先着した。機敏な動きで、太め感なく仕上がっている。
    マカヒキ=評価B
    【マカヒキ=評価B】  
    前後のバランスが優れていた昨年のダービーはS評価。あばらをうっすらと見せながらもトモに膨らみがあり、筋肉質の馬体は目を見張った。頭の位置もそれほど高くなく気品が漂っていた。  

    それに比べると京都記念時と今回はともに頭の位置が高いためか少しアンバランスに見えてしまう。馬体重は同じでも筋肉の質感が違い、ここ2戦は皮膚を厚ぼったく見せている。  

    さらに前が勝った体形は、母系の血が濃くなり距離適性が千六~二千あたりになっている印象を受ける。個人的には、凱旋門賞の大敗による心身両面の変化を感じずにはいられない。  前走時よりはたくましい姿形で上積みは見込めそうだが、正直半信半疑だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで7F94秒3-79秒2-37秒4-12秒1(一杯)。僚馬2頭を2秒4、0秒9追走してそれぞれに0秒2、0秒8先着。休み明けをひと叩きされて、動きに活気が増している。気配も良化し、状態は上昇一途。

    【PR】 大阪杯はおまかせ
    ここの予想で万馬券・・・
    まずは無料コンテンツでお宝をゲットしましょう



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250

    大阪杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ

     産経大阪杯の出走馬が31日、決まった。GI馬5頭が集う豪華メンバーだが、特捜班はGI未勝利のタッチングスピーチに注目した。自慢の末脚は、この相手でも通用するはず。福永騎手は先週の高松宮記念をビッグアーサーで制すなど、ここ2週で重賞4連続連対と絶好調。牝馬の活躍が目立つレースでもあり、一発があるとみた。

     少頭数でも豪華な顔触れ。しかし、人気になりそうなGI馬よりも魅力的な存在がいる。今年初戦の京都記念で2着と健闘した4歳牝馬のタッチングスピーチだ。

     石坂調教師は「今年は牡馬とやろうと決めていた。順調なら春は宝塚記念が目標。そこでも、今回のメンバーとやることになるわけだし」と、一歩も引く構えはない。ジャパンC連覇などGI7勝の名牝ジェンティルドンナを手掛けたトレーナーの意気込みが、好勝負のムードを漂わせる。

     昨秋はローズSを差し切り勝ち。外回りと内回りの違いはあるが、阪神の芝そのものに不安はない。エリザベス女王杯ではマリアライト、ヌーヴォレコルトに続く3着だったが、その2頭は牡馬相手のGIでも互角に戦う力の持ち主。タッチングスピーチの能力も同レベルとみていいだろう。

     実際に、初の牡馬トップレベルが相手だった前走の京都記念も好走。瞬発力をそがれる重馬場だったが、しぶとく伸びての2着確保が地力の高さの証明だ。産経大阪杯の当日は降水確率50%。多少の馬場悪化も、前走の走りなら心配ない。

     現在、重賞で4連続連対中と勢いに乗っている福永騎手の手綱も“買い材料”だ。「ここにぶつけるのは、期待の表れでしょう。斤量差もあるし、使っているアドバンテージもあるから」と意欲満々の言葉は心強い。

     産経大阪杯は過去10年で牝馬が6頭出走して2勝、3着1回の好成績。昨年は4番人気のラキシスが、ダービー馬のキズナをくだした。今年の3頭の牝馬も有力で、その中でも配当的な妙味がありそうなタッチングスピーチで勝負したい。

     

    大阪杯予想・データ

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    フジキセキ2- 2- 3- 10/ 1711.80%41.20%177195
    ハーツクライ7- 14- 10- 51/ 828.50%37.80%40110
    ディープインパクト17- 12- 11- 71/11115.30%36.00%6366
    キングカメハメハ12- 8- 8- 57/ 8514.10%32.90%377149
    デュランダル1- 1- 1- 11/ 147.10%21.40%4475
    アグネスタキオン1- 0- 1- 19/ 214.80%9.50%3018
    ブラックタイド0- 0- 1- 12/ 130.00%7.70%020
    チーフベアハート0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%00
    Smart Strike0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    横山典弘1- 0- 1- 2/ 425.00%50.00%445197
    蛯名正義0- 1- 4- 5/100.00%50.00%0144
    岩田康誠10- 9- 5-27/5119.60%47.10%6497
    M.デム8- 3- 2-16/2927.60%44.80%7070
    武豊5- 8- 3-32/4810.40%33.30%6163
    池添謙一3- 2- 3-21/2910.30%27.60%3472
    福永祐一4- 5- 4-36/498.20%26.50%1441
    松若風馬2- 1- 2-22/277.40%18.50%27107
    国分恭介2- 1- 1-25/296.90%13.80%20468
    柴田善臣0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00
    丹内祐次0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00

     

     

    1:2016/04/03(日) 08:04:36.16 ID:

    ┏━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  4/3 阪神11R 芝・右 2000m
    ┃第60回産経大阪杯(GII).┃(´∀` )<4歳以上(国際)(指定)オープン 別定 発走15:35
    ┣━┯━┯━━━━━━┻○━○━━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃1 │1 │(外)レッドレイヴン     [牡6]│56│柴田善│(東)藤沢和│中山記 5┃
    ┃2 │2 │ラブリーデイ          [牡6]│58..|M.デム-ロ|..(西)池江寿│有馬記 5┃
    ┃3 │3 │ヌーヴォレコルト       [牝5]│54│岩  田│(東)斎藤誠│香港C 2 ┃
    ┃4 │4 │イスラボニータ         . [牡5]│57│蛯  名│(東)栗田博│中山記 9┃
    ┃5 │5 │アクションスター       .[牡6]│56│松  若│(西)音無秀│日経賞 6┃
    ┃6 │6 │タッチングスピーチ      [牝4]│54│福  永│(西)石坂正│京都記 2┃
    ┃6 │7 │キタサンブラック       [牡4]│58│武  豊│(西)清水久│有馬記 3┃
    ┃7 │8 │ショウナンパンドラ     .[牝5]│56│池  添│(西)高野友│JC   1┃
    ┃7 │9 │アンビシャス           [牡4]│56│横山典│(西)音無秀│中山記 2┃
    ┃8 │10│マイネルラクリマ        [牡8]│56│丹  内│(東)上原博│中山記10┃
    ┃8 │11│ニシノビークイック      [牡7]│56│国分恭│(東)竹内正│ポラリスs11┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

    前スレ
    4/3(日) 第60回産経大阪杯(GⅡ) part4
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1459585897/
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    【大阪杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    キズナ本命でいいの?|産経大阪杯予想・データ・ツイッターなどのまとめ
     
    不気味な一頭ロゴタイプ

     打倒キズナに名乗りをあげるのは同期の朝日杯FS&皐月賞馬。ロゴタイプが完全復活を遂げる。

     3歳夏に極悪馬場の札幌記念(5着)を走った影響か、その後は精彩を欠いていたが、今季は中山金杯&中山記念で2着と確かな復調をアピール。金杯はトップハンデ58キロを背負い、前走はヌーヴォレコルト=岩田騎手のなりふり構わぬイン強襲(過怠金5万円)にクビ差だけ屈してのもの。皐月賞以来の美酒は目前だ。

     再生の立役者となったのが坂路調教だ。今週はWコースでの追い切りだったが、先週は坂路でラスト1F12秒5の好タイムをマーク。「結果が出ていないときは少しズルいような面も見せていたので坂路でビッシリやろうと。その効果で気持ちが前向きになってきたし、胸前の筋肉もしっかり。もう1段、ギアが上がっていいはず」と、田中剛調教師はニンマリだ。

     舞台は中山に似た阪神内回り2000メートル。早めにスパートをかけるロゴにとって、キズナを封じ込むのにうってつけだ。「もう自分のスタイルは確立されている。特別なことは必要ないでしょう。どうレースにはめ込むかだけ」と、テン乗りの福永騎手も腹は固まっている。日本ダービー(キズナ1着、ロゴ5着)以来の対決でリベンジだ。(夕刊フジ)

     

    断然人気が予想されるキズナ…果たして、この馬で良いのだろうか?

    昨年圧勝していますし、まあ注目であるのは間違いないですね…!!




    注目の大阪杯予想
    産経大阪杯予想


     

    プロの予想を無料でもらってみる!!

    (無料会員募集中サイト)


    無料予想が激熱!!
    (無料会員限定募集中)
    re

     

    【キズナ本命でいいの?|産経大阪杯予想・データ・ツイッターなどのまとめ】の続きを読む

    5

    産経大阪杯予想|スピルバーグに注目|ネット情報まとめ

     


    ここの無料会員になってみる価値大あり
    re







    【産経大阪杯】レース展望

     今週は阪神競馬場で、GII産経大阪杯(4月5日、芝2000メートル)が行われる。勝ち馬には天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権が与えられるが、安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)へのステップに選ぶ馬も参戦するのが通例。今年はGIウイナー7頭という超豪華なメンバーが顔をそろえた。

     まずは、昨年の覇者キズナ(栗東・佐々木晶三厩舎、牡5歳)に注目したい。前走の京都記念は骨折明けで約9カ月ぶりに出走。馬体重が22キロ増と余裕残しだったが、メンバー最速の上がり3ハロン33秒3の豪脚で、勝ち馬ラブリーデイとタイム差なしの3着となった。今回はひと叩きした効果が大きく、動きは素軽さを増している。勝って完全復活をアピールし、天皇賞・春、宝塚記念へとはずみをつけたい一戦だ。

     昨秋の天皇賞馬スピルバーグ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は今年の始動戦となる。前走のジャパンCは3~4コーナーで故障馬のあおりを受けたが、鋭く伸びて3着と力を示した。今回は4カ月ぶりの実戦となるが、中間は坂路で入念な併せ馬を消化し、態勢は整いつつある。全6勝を東京で挙げており、2013年8月の日高特別(函館)6着以来となる右回りコースの克服がポイントだろう。秋の凱旋門賞挑戦を掲げているキズナに対して、こちらも夏のイギリス遠征を予定している。1歳下のダービー馬との対決は見ものだ。

     昨年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)は、1番人気に支持された今年初戦の中山記念で伸び切れず5着に敗れた。3カ月の休み明けもあったが、雨で緩んだ馬場(稍重)が影響したのは間違いない。阪神コースは初めてだが、直線に坂がある東京、中山で好成績を残しており、心配無用だろう。良馬場なら前記2頭と互角の競馬が望める。

     一昨年の皐月賞馬ロゴタイプ(美浦・田中剛厩舎、牡5歳)も復調気配だ。前走の中山記念は4コーナー先頭の積極策。最後は内を突いたヌーヴォレコルトにクビ差かわされたが、2着に踏ん張った。状態は良く、そろそろ復活Vを決めたいところだ。新コンビ・福永祐一騎手の手綱に望みを託す。

     昨年のエリザベス女王杯馬ラキシス(栗東・角居勝彦厩舎、牝5歳)は、騎乗停止明けでJRAジョッキーとしてのデビューを果たすクリストフ・ルメール騎手と初コンビを組む。有馬記念6着以来、3カ月ぶりだが順調そのもの。3戦2勝と阪神コースも得意にしている。同厩舎のデニムアンドルビーが牡馬相手のGII阪神大賞典で2着に好走しており、こちらも続きたいところだ。

     12年のNHKマイルC馬カレンブラックヒル(栗東・平田修厩舎、牡6歳)は、前走の小倉大賞典で58キロを背負い、早め先頭で押し切った。3戦して5着が最高着順の2000メートルが鍵だが、後続が牽制(けんせい)し合うようならそのスピードが生きるシーンもありそうだ。主戦・秋山真一郎騎手が騎乗停止中のため、今回は松山弘平騎手とのコンビで挑む。

     昨年の秋華賞馬ショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、牝4歳)はエリザベス女王杯6着以来、4カ月ぶりの実戦。オープン級の古馬と戦うのは初めてだが、昨秋に秋華賞で破ったヌーヴォレコルトが中山記念を勝っているだけに、通用しても不思議はない。ここを叩いてヴィクトリアマイルに向かう予定だが、レースぶりが注目される。

     アメリカジョッキークラブC3着のエアソミュール(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)はミルコ・デムーロ騎手との初タッグが魅力。阪神2000メートルでは昨年の鳴尾記念を制しているように、条件はマッチしている。8番人気の低評価で実績馬を打ち破った昨秋の毎日王冠を再現するシーンもありそうだ。

     ほかでは充実著しいデウスウルト(栗東・平田修厩舎、セン7歳)の安定感も目を引くところ。

     いずれにしても、ここでいい競馬をみせた馬が春のGI戦線を引っ張る存在となるのは間違いない。例年以上に見応えある戦いが期待できそうで、ファン必見のレースだ。

     
    2014年-産経大阪杯動画 
     
    1着 キズナ 武豊
    2着 トウカイパラダイス 柴山雄一
    3着 エピファネイア 福永祐一
     
     
    スピルバーグ-天皇賞(秋)
    【産経大阪杯予想|スピルバーグに注目|ネット情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ