競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:天皇賞(春)共同会見

    天皇賞(春)予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】メイショウテッコン高橋義忠師「心臓はかなり強い。長距離でも力を十二分に発揮できる」/天皇賞(春)共同会見
     ■メイショウテッコンを管理する高橋義忠調教師

    ――前走の日経賞を振り返ってください。
    高橋 落ち着いて競馬ができましたし、かかることなくリズムよく運べました。中盤からエタリオウがいいかたちで併さってくれたので、集中して最後まで走れたというのもテッコンにとってはいいかたちでした。

    ――この馬の持ち味が生きたレースだったのでしょうか?
    高橋 そうですね。いちばんいいかたちでのレースができたと思います。

    ――この中間の調整過程は?
    高橋 レース後は多少の疲れが見られました。在厩のまま、まずは疲れをとるところから始めました。厩舎の助手らがいいかたちで調整してくれたので2週間くらい前からこの大一番に向かって調整できる体勢は整ってきています。

    ――ここ2週、福永騎手が騎乗して追い切られていますね。その狙いと効果は?
    高橋 先週は福永ジョッキーにとってファーストコンタクトでした。馬場でしっかり負荷をかけたいというこちらの思いもありましたので、そのあたりをしっかりお伝えし、馬場のほうでしっかり馬と向き合っていただいて追い切りました。  

    ジョッキーは下で見ているとのと、実際に跨ってみるのとでは感覚的に違ったという話をしていました。それは極めていいかんじのコメントで、思っていたよりもいい馬だった、ということだったのでこちらも本当に安心しました。  

    今週の最終追い切りですが、ジョッキーは先週角馬場から(長い時間)跨ってくれまして大体馬のイメージを持ってくれていますし変に気負うのもどうかな、というのがありましたので、昨日(水曜)までの段階ではジョッキーは乗らない方向で考えていました。しかし、ジョッキーと話し合った結果、『もう一度、乗っておきたい』ということでしたしジョッキーの予定も空いているということだったので先週に続いて跨ってもらうことになりました。  

    先週は馬場、今週は坂路ということで、どちらも跨ってもらいましたが、『坂路のほうが馬場よりシャープな動きをする』という話をしていました。今日も本当にいいイメージで上がってきましたので、今日もジョッキ―に乗っていただいて本当によかったと思っています。

    ――京都の3200という舞台は?
    高橋 わたしのイメージとしてはまだ4歳馬ですのでこれからだと思うのですが、ようやく本当に精神と体が釣り合ってきて安定的に力を出せるようになってきました。本当に馬が無事であれば、これから鍛えて一流のステイヤーにしていきたいという想いはあります。しかし、まだその入り口というか、うまく調整していける入り口に到達したところなので、その段階で今回大一番を迎えるのは陣営としては弱いところではあります。しかし、現状としては馬の心身は極めていい状態でレースに向かえると思っています。

    ――現状でのストロングポイントは?
    高橋 去年の秋には言えなかったことですが、精神的な安定もだいぶはかれるようになりました。その辺はジョッキーに苦労をかけることが少なくなってきたのではないか、と思います。  あと、心臓はかなり強いものを持っています。調教中は心拍数の計測も常に行っているのですが、かなり心臓は強いイメージですね。そういう意味では長距離でも力を十二分に発揮できる能力は持っていると思います。

    ――天皇賞というレースへの想いは?
    高橋 いちばん勝ちたいレースは何か?と聞かれたら、迷わず天皇賞と言いたいくらい。やはり伝統あるレースですし、わたしの父(高橋成忠元調教師)もメイショウサムソンで勝ったレース(注:2007年に春秋制覇)でもあります。想いとしてはかなり強いものがあります。こういうかたちで大変お世話になっているメイショウのオーナーの馬でこのような舞台に立たせて貰うというのはちょっと違った想いもあります。恩返しをする想いも含めて馬に頑張って貰いたいな、と思います。

    ――最後にファンの皆さんへメッセージを。
    高橋 本当に強い馬たちが揃っていますけれども、その中でも遜色のない能力を持っている馬だと思います。こちらとしては、まだこれからだと思います。ここが最後でもないです。本当にこれからもっともっと強くなっていくために、きっかけというか、強いところを見せられたら、これからもっともっと皆さんの中にこの馬が入っていくと思います。そして、そういうものを見せてもらえたらなぁ、と思っています。 (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】エタリオウ鞍上M.デムーロ「本当に難しい馬」/天皇賞(春)共同会見
     
     ■エタリオウに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走の日経賞2着を振り返ってください。
    ミルコ 残念でしたね。負けました。メイショウ(テッコン)が自分のペースで決めてよーいドンのペースになった。(それは)あまりエタリオウは得意ではないね。向こう正面から上がっていったけど、やっぱり久しぶりの分、最後の坂で苦しくなった。(それでも)2着に来ていました。ステップレースだからいい感じだと思います。

    ――前々走の菊花賞での2着はいかがですか?
    ミルコ それはもう、考えてたら痛いですね。ハナ差で負けました。痛いです。

    ――レースとしてはいかがでしたか?
    ミルコ まぁ、良かったですね。ペースが遅かった。ちょっとワンペースの馬だから少し…うん、いろいろ考えていたけど、残念。ハナ差負け。運がなかったですね。

    ――今朝の最終追い切りには騎乗されていませんが、先週の1週前追い切りには騎乗されていましたね。
    ミルコ 1週間前だから先生からは「しっかりやって欲しい」という指示でした。馬が良かったです。しっかりやりました。(当日の濃霧の影響で)霧が多すぎてあまり(まわりが)見えなかったけれど、結構追いました。

    ――状態はいかがでしたか?
    ミルコ いい感じ。1回(日経賞を)使ってだいぶ良くなった感じですね。

    ――今週の追い切りはご覧になっていらっしゃいましたが、いかがでしたか?
    ミルコ 今日は単走で馬なりで行ってましたね。うん、いいと思う。55(秒)くらい(注:55秒4)で馬場は少し重くて、大丈夫だと思う。調子良さそうですね。

    ――この馬のストロングポイントは?
    ミルコ ストロングポイントは…性格が悪い(笑)。いつも勝てないね。ちょっと1回勝ちたいね。

    ――性格が悪いのもストロングポイント?
    ミルコ スタミナがありますね。さっき(のは)冗談だったけど、スタミナがある。能力は高いですね。

    ――これまで3回連続2着。勝つために必要なことは?
    ミルコ 最後…えーと…、難しいね。ペース次第。このあいだ(注:日経賞)もスタートから出していったのに引っかかって噛んでました。難しい馬、本当に。先頭に立てばフワッとする可能性がある。ポイントはスムーズにいけたら、(後続馬に)つかまるまで最後まで(脚が)あったらいいですね。

    ――3200mで勝つためには?
    ミルコ とりあえずスタミナが必要ですね。あと京都コースは下りがすごい。合う馬と合わない馬がいる。エタリオウは何回も京都で(いい成績で)走ったことがあるから大丈夫です。天皇賞(春)の距離は(菊花賞と)近い、似ている。だから問題ないね。もう馬がよくわかっているから問題ないと思います。やっぱりポイントはスムーズ。あとは、すんなり早く先頭に立ちたくないですね。それだけ今回気をつけます。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    ミルコ 平成最後の天皇賞、勝ちたいですね、ホントに。頑張ります。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ユーキャンスマイル岩田康誠騎手「全体的に長距離向き」/天皇賞(春)共同会見
     ■ユーキャンスマイルに騎乗予定の岩田康誠騎手
    ――初騎乗で優勝したダイヤモンドSを振り返ってください。
    岩田 強い内容で勝たせてもらったな、と思います。

    ――直線一気という勝ち方でしたね。
    岩田 想像以上にいい脚を使ってくれましたし、内で我慢して直線は(馬群を)割っていってというレースだったんですけど。本当に乗りやすい馬ですね。

    ――その乗りやすさはどこで感じましたか?
    岩田 折り合いだったり馬群であったり。全体的に長距離向きだと感じましたね。

    ――春の天皇賞が見えた部分はありましたか?
    岩田 (ダイヤモンドSは斤量が)54(キロ)だったんですけど、それもあっていい脚を使ったんじゃないかな、というのありますけれども。先週、追い切りに乗ったときに前走以上の馬体をしていると感じられましたので、心配はしていないです。

    ――先週のCWの追い切りの指示は?
    岩田 1週前なので負担をかけるかたちで乗ってくれ、と言われました。立派な体をしていましたし、スムーズに追い切りが出来たと思います。

    ――仕上がりはある程度の段階まで来ていると感じましたか?
    岩田 そうですね。前回以上に馬体は仕上がっていると思います。

    ――岩田騎手は昨年の天皇賞(春)を制していますが、今年はこの馬と一緒にどのようなレースをしていきたいと考えていますか?
    岩田 本当にこの馬の能力を引き出せたらいい結果が出てくると思いますので、勝利に向けて頑張っていきたいと思います。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを。
    岩田 このチャンスを生かしてユーキャンスマイルと一緒に頑張って、3200、目一杯走りますので応援よろしくお願いします。 (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】フィエールマン鞍上ルメール「平成最後の天皇賞を是非勝ちたい」/天皇賞(春)共同会見


     昨年の菊花賞馬フィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久)が、天皇賞(春)で2つ目のGI制覇を目指して、クリストフ・ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切りを終えて、ルメール騎手と手塚調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (今朝のフィエールマンの印象は?)
    「良さそうです。すごく良い追い切りをしました。ずっと加速をして、最後はすごく良い脚で頑張ってくれました。彼のコンディションは丁度良いと思います。とても走りたい感じです」

    (前走のAJCC・GII・2着のレースに乗った時と違うところは?)
    「パワーアップしたと思います。前回はすごくいい競馬ができました、精一杯走っていたけど、負けました。激しい戦いでした。休み明けで負けました。シャケトラはすごく良い馬ですけど、残念ながら今回はもういないです。AJCCはすごく良い競馬でした」

    (前走から間隔があくがそのあたり心配はない?)
    「心配ないです。長い距離で勝った菊花賞では、ゴールまで頑張ってくれました、全然止まらなかったです。だから4歳でまた3200m、行けると思います」

    (3200mでこうなったらいいなという理想のレース展開は?)
    「まだありませんが、いつもペースが大事ですね。もしスローペースだったら良いポジションを取った方がいいと思います。3200mはとても長い距離ですね。だから最初はリラックスが必要です。段々ポジションを上げればいいと思います」

    (馬場状態は?)
    「良馬場か軟らかい馬場でもいいと思います。フィエールマンの母はヨーロッパの馬でした。だから軟らかい馬場で良い脚を使えると思います」

    (ジョッキーにとっては連続GI制覇がかかるが?)
    「またGIを勝ちたいですね。ドバイ、桜花賞、皐月賞とGIを3週連続で勝ちました。平成最後の天皇賞を是非勝ちたいです」

    (ルメール騎手も平成最後というのは考えますか?)
    「はい、考えます。日本で天皇賞はとても特別なレースですね。今年は平成最後の天皇賞だから、ジョッキーはみんな勝ちたいと思います」

    (ルメール騎手にとっては1000勝というのも近づいているが?)
    「はい、ちょっと時間かかりましたね。先週と先々週はあまり(勝ち星が)少なかったけど、また自信を持って乗りたいです。ゆっくり1000勝にいくと思います」

    (天皇賞と1000勝が一緒にということもある?)
    「面白いです。楽しいですね。でも1番大事なのは、大きなレースですね。レースごとに良い競馬をしたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「菊花賞でフィエールマンは強かったです。今年もGIを勝てると思います。この天皇賞はフィエールマンの春の1番の目標ですね。みなさん応援してください。よろしくお願いします」

    ■手塚調教師
    (今朝の追い切りの印象は?)
    「先週あらかたいいかと思っていましたし、今週は輸送もあるのでそれほど目一杯やらなくてもいいと考えていましたが、思っていた以上に時計が出ました。それだけ状態が良いのだと思います」

    (ルメール騎手とはどんな会話を?)
    「彼はパワフルだったと言っていましたし、菊花賞の時と同じくらいかなという話もしました。その辺の意見は一致していましたし、すごく楽しみにしているような雰囲気でした」

    (前走から間があいているが、調整過程は?)
    「レースが終わった後はいつも通りノーザンファーム天栄に放牧に出して、1か月前に美浦に戻しました。今回は天栄に行ってからも疲労がなくずっと順調に調整ができていました。  美浦に入厩する前に追い切りを1度見に行ったのですけど、その時の動きも素晴らしかったですし、美浦に帰ってからも至極順調に来ていますので、前走の過程よりは数段良いと思っています」

    (前走は軽い熱発という一頓挫があったのも影響した?)
    「それはミスですし、馬には非常に申し訳なかったと思っています」

    (菊花賞に続くビッグタイトルを取れるか、力が入るところだと思うが?)
    「そうですね。菊花賞の時はダークホースといいますか、チャレンジする立場でわりと気楽な雰囲気でレースに臨めたのですが、今回は1つ勲章を持って天皇賞に向かうということで、人気にもなるでしょうし、そういった重圧を跳ねのけてほしいと思っています」

    (今週末のレース次第では、秋にはロンシャンへというビジョンもあるようだが?)
    「お母さんもフランスで走った馬ですし、そういったところも踏まえてオーナーも考えていらっしゃるのかなとは思います。適性としては十分備えているのではないかなと思っていますし、今回の天皇賞でしっかり結果を出して秋に希望が持てるようなレースになればいいですね」

    (展開や馬場については?)
    「実際菊花賞で長距離を経験をしています。距離が未知数だったことは(菊花賞で)払しょくされましたので、3200mだから不安ということはないです。折り合いはつきやすい方なので、どんな展開でも向くとは思いますけど、できれば良馬場の方がいいとは思っています」

    (厩舎開業20年で、この春一気に勝ち星も伸ばしていきたいところ?)
    「そうですね。今年は調子が悪いので皆さんに申し訳ないと思っていますけど、厩舎もアクセルをふかせて頑張っていきたいと思います」
    (取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】グローリーヴェイズ戸崎騎手「平成の最後を飾れたらと思っています」/天皇賞(春)共同会見
     
    日経新春杯(GII・1着)から天皇賞(春)に向かうグローリーヴェイズ(牡4、美浦・尾関知人)が、初コンビを組む戸崎圭太騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切りを終えて、戸崎騎手と尾関調教師が共同記者会見が臨んだ。

    ■戸崎圭太騎手
    (今日初めて跨ってみての第一印象は?)
    「本当に賢い馬でやることもわかっているという感じで、とても乗りやすかったです」

    (元々持っていた印象と違ったところは?)
    「レース映像を見ましたが、レースでも乗りやすそうだなという感じはしていました。(今日は)それ以上に乗りやすさを感じて、何の問題もないと思いました」

    (3頭併せの真ん中での追い切りだったが?)
    「先週しっかりやっているということで、今週は僕がコンタクトを取れればいいかなと、馬の反応を見る程度でした。状態の良さも感じましたし、良いコンタクトが取れました」

    (この4歳世代はレベル高いと言われているが、この馬もそれに違わぬ馬?)
    「そうですね。気が入ってからはすごい躍動感があって、良い脚を見せてくれるのではないかなという走りでした」

    (長丁場となるが、どのような競馬が理想?)
    「何となくイメージはありますけど。皆同じだと思いますが、距離が長いのであまり外を回りたくないので、枠順は内を取れたらいいなと思います。あとは本当に良い脚を持っていそうなので、その辺を生かしたいです。乗りやすいので、どこからでもいいのかなというのもありますね」

    (急遽この馬の騎乗依頼が来て、意気込みのほどは?)
    「元々シャケトラという馬で臨む予定だったのですけど、ああいう形になって本当に残念な思いなのですが、またこのように乗れるということですごくありがたく思います。また天皇賞ということで、平成の最後を飾れたらとは思っていますね」

    ■尾関調教師
    (戸崎騎手がすごく乗りやすい馬と話をしていたが?)
    「そうですね、大きいセールスポイントだと思います」

    (今日の調教のテーマは?)
    「先週しっかり負荷をかけて中身ができているところまで持ってきていますので、レースに向けて無駄な疲れが残らないようなイメージと、その中で気持ちを少し競馬に向けて上げていければなという感じだったのですが、イメージ通りの追い切りになったと思います」

    (3頭併せの真ん中での追い切りだったが?)
    「当該週に使う馬の組み合わせなどもあるのですけど、時計で負荷をかけるよりも、そういう内容面で気持ちを競馬に向けていくというイメージでした。時計的にも速くなり過ぎず、遅くなり過ぎず、反応もしっかりしていて良かったと思います」

    (放牧から戻ってきてからの調整過程は?)
    「前走の日経新春杯の後、それなりに疲れが出た部分がありました。牧場にも見に行って確認もしていましたし、うまく牧場でもケアをしてもらったので、そのあたりを引き継いでそこを気をつけながら、馬の状態を慎重に確認しながら進めていったのですけど、本当に順調にここまで来れたと思います」

    (菊花賞5着、日経新春杯は優勝して、今度は天皇賞という長距離の最高峰に改めて挑むその心境は?)
    「この馬が純然たるステイヤーかというとそうとも言い切れない部分はあると思いますが、昔で言うとクシロキング(1986年、天皇賞・春優勝)のようなイメージの操縦性の高さで、名ジョッキーを鞍上に攻めた競馬ができたらいいのかなと思っています」

    (戸崎騎手とレースに向けての打ち合わせをする予定は?)
    「馬の感触や操縦性は掴んでもらったと思うので、直前に馬場状態などをいろいろ見ながら、相談したいなと思っています」

    (かなり混戦ムードだが?)
    「菊花賞上位(フィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイル)の馬はみな出てきますが、その後この馬も成長してしっかりタイトルを掴んでくれました。良い勝ち方ではあったのですけど、その時の斤量が55キロだったのが、今度は58キロといろいろ課題はあると思うので、チャレンジャーのつもりでいます」

    (尾関厩舎のこれまでのGI勝利はレッドファルクスでの1200m戦だったが?)
    「そうですね。この子も母の父にスウェプトオーヴァーボードが入っているので、縁があるなと思います。大久保(洋吉)先生のところで調教助手をしていた時からお世話になっていたメジロ牧場の、天皇賞を目指すために積み上げてきたような血統がこの馬に繋がってくるので、そういう部分でも楽しみです」

    (そのような血統のロマンを感じさせるレースができれば?)
    「そういう部分で皆さんに応援して頂いて、後押しして頂けたらいいなと思います」

    (平成最後の天皇賞になるが?)
    「そうですね、平成の天皇賞といえばメジロマックイーン(1991年、92年、天皇賞・春連覇)が思い浮かびます。(メジロでもこの馬とマックイーンは)血統的には繋がりはないですけど、メジロ牧場の血統がこの馬に結集した部分もありますし、自分も競馬ファンでしたからそういうロマンもありますので、是非応援して頂きたいです。まだ成長しているので、令和の時代も頑張ってくれると思います」

    (尾関先生のインタビューが平成最後の美浦の共同記者会見となりました)
    「光栄です(笑)」 (取材・文:佐々木祥恵)

    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    天皇賞(春)予想|2018年|共同会見まとめ


    kyodoukaiken













    うまコラボ
    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    kyodoukaiken














    『ヤフーニュースより引用』


    シュヴァルグラン鞍上ボウマン「馬の気持ちがハッピーかどうかが重要」/天皇賞・春共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のヒュー・ボウマン騎手


    ――今の気持ちは?
    ボウマン シュヴァルグランはジャパンカップを勝たせてくれたとても素晴らしい馬。自分としても思い入れがあります。この馬に乗れるということを非常に心待ちにして日本へ戻ってきました。


    ――長距離戦、どのように乗ろうと思っていますか?
    ボウマン わたしは長距離戦が好きです。もっと乗りたいのですが、オーストラリアではそういったレースがなくてなかなか乗れるチャンスがありません。しかも、オーストラリアの長距離戦はハンデ戦が多く、自分は体重の関係で乗れないこともあるのでフラストレーションが溜まります。その点、日本に来ると長距離戦が多いので嬉しいです。それも日本へ来たい理由のひとつですね。


    ――昨年の有馬記念を振り返ってください。
    ボウマン 中山コース自体がシュヴァルグランには合っていません。京都や東京のような広いコースならいいんですけど、そういう意味では彼のパフォーマンスが十分に発揮できませんでしたし、不利もありました。ああいう結果にはなりましたが、かなり強かったと思いますし、有馬記念で勝ったキタサンブラックは強いチャンピオンホースでした。でも、今回の天皇賞ではキタサンブラックはいません。その分、期待をしています。

    ――シュヴァルグランのいいところは?
    ボウマン 2400から3000あたりの距離ではすごくパフォーマンスが発揮できる馬だと思います。まず切れ味、ビシッと切れるタイプではありませんが長くいい脚が使えます。あとはスタミナがいいところだと思います。


    ――調教で確認したいことは?
    ボウマン 馬の状態は厩舎に任せていますので、メンタルがハッピーかどうかを確認したいです。それ以外に特にないですね。呼吸の状態などフィジカル面も大事ですが、長距離戦はレースの時間が長いのでこういうときこそメンタル面が(フィジカル面に)連鎖してきます。だから、レース中はいかに気分よく走っているかが鍵だと思います。


    ――このレースでの作戦は?
    ボウマン それは枠が出てから考えたいです。あと、他の対戦相手について研究が済んでいないので、それが終わってからですね。


    ――最後に抱負を。
    ボウマン 日本に来れて、シュヴァルグランに乗れて本当によかったです。
    “がんばります”。


    クリンチャー宮本師「長距離仕様の仕上げ。三浦くんでグッドレースを」/天皇賞・春共同会見


    クリンチャーを管理する宮本博調教師


    ――GI馬4頭を負かした前々走の京都記念を振り返ってください。
     宮本 昨年の菊花賞のあと、大山ヒルズに放牧に出ました。本当は有馬記念も使いたかったんですが、今年に賭けようということでそうなりました。今年の1月4日に栗東にかえってきましたが、私の想像以上に馬がいい仕事をしてくれました。


      クリンチャーは不正駈歩(ふせいかけあし 注:前脚と後脚の手前が異なるキャンター)をする馬でまだまだ馬が緩かったんですよね。この馬は菊花賞まで不正駆歩で結果を出してきた馬なんですよ。それがこの1月4日に帰ってきてからは不正駈歩もしなくなりました。(京都記念は)どういったレースをするのか、と思っていましたが、自分の想像以上に馬が走ってくれました。


    ――その次の阪神大賞典はいかがでしたか?
     宮本 さすがに(京都記念で)GI馬4頭に勝って阪神大賞典もという気持ちがありまして、馬にかなりの負荷をかけました。僕自身、反省点もあります。3着で本当にがっかりしました。それで天皇賞はやっぱり長距離の仕上げで行こうということになりました。馬主さんの理解もありまして、そのように調教させていただきました。


    ――その調教ですが、先週はCWで単走追いでした。
     宮本 はい。1月4日に入厩して今回が3走目。パターン的には2週前、1週前はコースでやって、当週は山(坂路)でやる。菊花賞と同じパターンで行こうということになりました。先週はある程度やりました。そこである程度仕上げて、今朝三浦くんに乗ってもらいました。今朝は流すような追い切りだったんですけれど、三浦くん自身もまぁまぁの感覚を掴んでくれたみたいです。


    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
     宮本 三浦くんも武さんと同じで「すごくズブいイメージがあった」と言っていたんですけれど、なんせこの馬、この1年間で別馬に変わってしまったんで。「やっぱり、すごい馬ですね」と言ってくれましたよ。


    ――具体的にはどのあたりが変わりましたか?
     宮本 調教時計が普通の馬以上に出るようになりました。


    ――今回、ジョッキーが三浦騎手に決まるまでの経緯は?
     宮本 日曜(京都)8レースで武さんが騎乗停止になって、“うーん。一体、どうするのかな”ということでオーナーと相談しました。わたしからは「オーナーが一番悔いのない乗り役さんを」と言いました。
    それで三浦くんになったという感じです。


    ――これまで三浦騎手は(宮本厩舎の馬に)何度か騎乗されています。今回はどのように乗りこなして欲しいですか?

     宮本 これは作戦になるので、具体的なお話はここでは省略させていただきます。でも、三浦くんは好青年でこちらの話も十分よくわかってくれる人です。当日グッドレースをしますので、それで勘弁してください。


    ――当日までのお楽しみですね?
     宮本 はい、お楽しみで。


    ――京都コースは3戦すべて連対しています。どのあたりが合うと思いますか?
     宮本 たまたまだと思います。これからは関東圏に行っても走ってくれる馬だと思っています。


    ――京都は直線が平たんとか、ありますけども。
     宮本 関係ないですね。クリンチャーは持って生まれたスタミナがありますので。


    ――秋には凱旋門賞への挑戦というプランもあります。
     宮本 勝ってくれたら一番うれしいですけれど、とにかくいいレースをしたいですね。それで凱旋門賞へ行けたら最高だと思います。

    ――最後に抱負を。
     宮本 クリンチャー、ここに来ていろいろバタバタとしましたけれども、100%の状態で出せるというのは、わたし自身胸を張って送り出せます。ファンの皆様、応援よろしくお願いいたします。

    ■クリンチャーに騎乗予定の三浦皇成騎手

    ――急遽、白羽の矢が立っての騎乗依頼だったと思います。依頼はいつごろ来たのでしょうか?

     三浦 日曜日のレースが終わった後でした。1週間の競馬が終わってひと段落ついた後だったので、驚きと…驚きしかなかったです。


    ――GIですもんね。

     三浦 そうですね。このようなかたちで依頼が舞い込んで。僕を選んで下さって、本当にオーナーに感謝しかないです。


    ――前走までクリンチャーに抱いていたイメージは?

     三浦 前走まではどちらかというとズブさというか、一線級でやっている馬たちに比べてちょっと幼さだったり反応の鈍さがあるのかな、と思っていたのですが。かえってそれが競馬でいいふうに出ていたのかな、と。でも、前走を見る限りしっかりスイッチがあるというか、いろいろ気をつけて乗らなければいけないんだなというふうに思っていました。


    ――今朝の追い切りでは初めてクリンチャーに騎乗されましたが、宮本師からの指示は?

     三浦 馬のほうはしっかり乗り込んで仕上がっているという話でした。今朝の追い切りで単走で馬のクセなどをしっかり確認して欲しいということでした。あいにくの雨なので馬場はいつもより悪いのが心配だったのですが、そういう意味でもいろいろと気をつけながら乗りました。


    ――実際にまたがった感触は?

     三浦 ずっと坂路まで並足で歩かせてもらったんですけど扱いやすい馬でした。すぐにコンタクトがとれましたし、またがってみても確かに“やはりGIを取りに行く、いい馬だな”という背中をしていました。


    ――どのあたりが良かったですか?

     三浦 時計は無理しないように最後までいい走りを持続できるようにという指示だったんですけど、逆にちょっと物足りないかなと思うくらい。時計は55くらい(注:54.9-39.9-12.6)だったんですけど、もっといい時計が出る印象でした。でも、今日は馬も仕上がっているという話だったので、どういう状態なのか、どういうときにどういう反応をみせるのかという確認を取りたかったのですが、そういう意味では本当にいい追い切りができました。初めてでしたけど、“改めていい背中をしているな”と感触がつかめました。


    ――前走の阪神大賞典の走りを見て、ちょっとクセがある馬だな、と思いませんでしたか?

     三浦 クセととらえるか、逆にこの馬の良さととらえるか。そこはもう初めてタッグを組ませていただくので、この馬のセールスポイントだと思いました。“それをいいように競馬で持っていけたらな”と思っているので心配はしていません。


    ――スタミナ面は感じられましたか?

     三浦 はい。本当にいい走りを最後まで持続できていましたし、いい感触をつかめたんじゃないかなと思っています。


    ――今回、調教を終えて調教師と話しましたか?

     三浦 自信を持って乗ってきて欲しいと言われました。オーナーからも調教師からも“今回は勝ちに行く”という気持ちがじゅうぶん伝わったので、僕もその中で手綱を任せていただいた以上、勝ちに行きたいと思っています。


    ――レースプランは?

     三浦 一番は馬のリズムとコースロスなく立ち回ることだけです。枠順を含めてこの馬が3200mコースロスなく気持ちよく走り切れるように導けたらと思っています。


    ――内、外の希望はありますか?

     三浦 やはり内枠のほうがイメージはつきやすいですけど。内枠、内枠と言っていて外枠になることもあるのでその辺はあまり気にせずにいこうと思います。とにかくいいイメージがつかめたので、どの枠でもこの馬のリズムで走れれば間違いなくいい結果がついてくると思っています。そういう意味でも今日、感触をつかめてよかったです。


    ――最後にひとこと。

     三浦 このようなかたちで急に依頼をいただきましたけれども、しっかりこの馬の競馬をして勝ちに行けたらと思っていますので、応援よろしくお願いします。



    レインボーライン岩田騎手「リズム良く走れれば末脚は絶対につかってくれる」/天皇賞・春共同会見

    ■レインボーラインに騎乗予定の岩田康誠騎手


    ――まず阪神大賞典を振り返ってください。
     岩田 去年より馬体が大きくなっていましたし、すごくスムーズに走れたと思います。


    ――これまで岩田騎手は計6回騎乗しています。どのような馬ですか?
     岩田 馬体はそれほど大きくなりませんが、すごく乗りやすい馬です。


    ――距離適性はどのように考えていますか?
     岩田 阪神大賞典を勝ちましたし、距離的には問題ないと思います。


    ――先週の1週前追い切りに騎乗しています。このときはいかがでしたか?
     岩田 浅見先生からは15-15という指示でした。指示通り、スムーズにいけたと思います。すごく元気でしたし、好調だと思います。


    ――昨年の宝塚記念からコンビを組んでいますが、1年経ってどのような変化がみられますか?
     岩田 宝塚記念はちょっと小さかったんですけどね。去年の有馬記念の頃と比べたら、比較できないくらい馬体がグッと大きくなっています。去年とは別馬ですね。


    ――どのようなレースをしたいですか?
     岩田 スムーズにゲートを出てリズム良く走れれば、末脚は絶対に使ってくれると思います。頑張りたいと思います。


    ――最後にひとこと。
     岩田 本当に去年のレインボーラインとは全然違います。今年はメンバー的にもチャンスだと思います。ベストを尽くして頑張ります



    アルバート堀宣行師「昨年、一昨年以上の着順を狙える」/天皇賞・春共同会見


    春の天皇賞(GI・京都芝3200m)に出走するアルバート(牡7・美浦・堀宣行)が、ウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後に、管理する堀調教師の共同記者会見が行われた。


    (前走の阪神大賞典・GII・4着からここまでの調整過程は?)
    「7、8分くらいの状態を叩いて、在厩調整で気配は上向きです。長い距離をずっと使っていますし、年を取った馬なので歩様などに硬いところが出てきていて、その辺をケアしながら順調に調整してきています」


    (今日の最終追い切りについて)
    「先週1週前に強い追い切りをしています。その疲れを取れるのを待ったので、先週の週末はあまり速い時計を出していません。あと今週からゴールデンウイークということで、金曜の輸送を予定していますので、日曜競馬ではありますが、水曜日に当該週としてはしっかりめに追い切っています。

      
    フルスピードに入ってから1ハロン標識あたりで少しフワッとするところがありましたけど、最小限度の扶助でまたしっかりハミを取って最後まで走り切っています。馬場が悪かったのですが、予定通りの調教ができたと思います。上がりの息も良かったですし、仕上がりは良いと思います」


    (一昨年は日経賞から、去年はダイヤモンドSから、今年は阪神大賞典からとここ3年違う臨戦過程となるが、今年の狙いは?)
    「去年、一昨年は前年暮れに有馬記念を使っていますし、今年は昨年暮れに有馬記念を使っていません。春の目標が天皇賞というのはこの3年変わりませんけど、天皇賞に向けていく過程と言いますか、有馬記念のあとのダメージ具合などが毎年違いますから、それに合わせて天皇賞でしっかり良い状態に持ってこれるようにという配慮でローテーションを組み立てています。

      
     狙いというより馬の状態に合わせて、昨年暮れはあえて有馬記念を使わずにここにしっかり照準を合わせてほしいというオーナーの要望もありましたので、こういったローテーションになっています」


    (今年このローテーションを踏んだ感触は?)
    「短い期間で長い距離と輸送を2回というところで、そこら辺のさじ加減に1番気を遣っていたのですけど、阪神大賞典のあとのダメージが心配していたよりもなくて状態が良いので、そういった意味では順調に態勢を整えてこれたと思っています」


    (前走は過去最高の482キロだったが、今回はどのくらいで?)
    「昨日の夕方で486キロでした。輸送もありますので、前走よりもう少し絞れた状態で出走になるのではないかと思います」


    (過去2回の天皇賞との状態の比較は?)
    「先ほども言ったように長い距離をずっと使っていますし、年齢を重ねて歩様等に硬さが出てきているのは否めません。ただその辺を差し引いても、去年より一昨年の方が良かったかなと思っていますが、一昨年よりも今回の方が現時点ではいいのかなと思っています。ただこのあともいろいろ要素がありますので、なるべく良い状態で使えるように整えていきたいと思います」


    (3000m超の重賞4勝のステイヤーが春の天皇賞に3度目の出走となるが、期待のほどは?)
    「毎年期待しているのですが、年も取ってきてその中で経験を積み、この馬自体も徐々に良くなって、競馬に向けてのメンタルも良くなっています。そういった意味でも、今年も期待したいですし、昨年、一昨年(5着、6着)以上の着順を狙えるのではないかと思っています」


    ソールインパクト戸田師「フェノーメノが色々教えてくれた」/天皇賞・春共同会見


    長丁場を得意とするソールインパクト(牡6・美浦・戸田博文)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後、管理する戸田調教師が共同記者会見に臨んだ。


    (前走の日経賞・GII・7着を振り返って)
    「大外枠が響いて道中もだいぶ外々を回されてコースロスもありました。着順ほど悲観する内容ではなかったですが、少し苦しかったかなと思います」


    (日経賞からここまで中4週、中間の調整過程は?)
    「ここを目標にして中4週というのもちょうど良いローテーションですし、それを見据えて日経賞を選択しました。馬も使いながら良くなるタイプですので、非常に良い状態で向かうことができると思います」


    (今朝のウッドチップコースでの、併せ馬の最終追い切りについて)
    「先週は長めからしっかり負荷をかけられました。今週は輸送もありますし、雨が降って馬場があまり良くなかったので、時計というよりは最後の息遣いとゴール前の反応を確かめるようにということでしたが、内容的には良かったです。どちらかというと実戦タイプで、使いながら良くなってくる馬です。今日併せた相手は障害馬ですが調教は走る馬ですし、今日の時計は遅かったですが、ゴール前の反応も良く非常に良い動きだったと思います」


    (ここまでは青写真通り?)
    「輸送してプラス4キロと短期休養明けで太め残りもあった日経新春杯(GII・11着)と、日経賞の2戦は原因がわかっていますので、それを微調整しながらここまで来ることができました。日経新春杯の後はダイヤモンドS(GIII・3着)、日経賞とコンスタントに使いながら、非常に馬の調子も上がってきています。

      
     この馬にとって3000mを越してからの距離は非常に魅力がありますし、相性も良いと思っています。何とか頑張ってもらいたいとスタッフ皆一生懸命やってきましたし、重賞未勝利ですけど胸を張って大舞台に向かえる状態にはなっていると思います」


    (3400mのダイヤモンドSで3着と好走したが、その内容については?)
    「やはりこの馬は3000m前後の距離で本領発揮というか、良さが出てくるので、それが生きたレースだったと思います」


    (2013、2014年とフェノーメノで春の天皇賞を連覇しているが、天皇賞の重みについては?)
    「伝統のあるレースなので秋も取りたいところですが、ウチの厩舎は普段の調教でも長めにじっくりやる調教方針なので、春の天皇賞に勝てた時は本当に嬉しかったですし、ウチの調教スタイルの成果が出たというのもありました。あの時にフェノーメノが色々教えてくれた経験などを十分に生かして、ソールインパクトはうまく段取りができたかなと思っています」


    (天皇賞3勝目になりますように)
    「そうですね、重賞未勝利なのですが、この馬の良さが生きるレースだと思っていますので、皆をあっと言わせるような競馬ができたらなと思っています」





    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    天皇賞(春)予想|2017年|共同会見まとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ


    『ヤフーニュースより引用』

    シュヴァルグラン福永騎手「今年の方が自信を持っていける状態」/天皇賞春共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定の福永祐一騎手

    ――まず、阪神大賞典を振り返ってください。
    福永 調教から乗せてもらったんですけど、(厩舎側から)伝え聞いたとおり今年に入って馬が良くなっています。走るフォームというか走りの質が昨年とは違っていたので、レースでどういった変化を見せてくれるのか非常に楽しみに乗った一戦でした。調教での変化がレースでもいい面で表れていました。昨年とはずいぶんメンバーも違いましたし、早めに動くかたちの中で負けはしましたが休み明けの一戦としてはいい内容だったと思います。

    ――続いて今週の天皇賞(春)に向けての仕上がりについてはいかがですか?
    福永 中間、追い切りは乗っていないんですけど、動きのキレもよかったですし、一度使われてうまく上昇曲線を描けていると思います。

    ――ローテーションは昨年と同じですが中身は違うと?
    福永 良くなるのは以前から今年に入ってからくらいかな、と友道先生をはじめ厩舎スタッフたちと話していました。昨年が思った以上に結果を残してくれましたし、今年も期待どおり良くなりました。昨年は勝って臨んだ天皇賞(春)でしたが、中身に関しては圧倒的に今年の方が自信を持っていける状態だと思います。

    ――昨年の天皇賞(春)を振り返ってください。
    福永 スローペースが予想されていましたし、実際にスローペースでした。ポジション的にはもうひとつ前で競馬したいな、と思っていたんですがそこは取れませんでした。結果、伸びてきて惜しい3着でした。

     スタートがもともと速くないというか速く出れない走り方をしていたんですが、調教でいい動きを見せるようになって競馬でもスタートの一歩目の出方が良くなりました。あの出方をしてくれるなら、当たった枠にもよりますが昨年よりはいいポジションをラクにとれるようになっていると思います。

    ――距離適性は?
    福永 結果が示す通り、長距離適性はかなりあると思います。

    ――昨年から今年にかけての変化は?
    福永 もともと調教から乗りやすい馬でした。よくいえば乗りやすいんですが、悪くいえば向かってこないんです。調教でもいいタイムも出ず、目立った動きもしていませんでした。そこが成長してきたのもあるでしょうし、(厩舎側が)調教でも少し工夫していると聞いています。

     その中で阪神大賞典の追い切りに乗せてもらったときに、ハミに向かって走るように変わっていましたので。昨年とは走り方が違うし、使う筋肉も若干違う。だから、ゲートからの一歩目が出れたんですよね。その分、道中は前よりもちょっと行きたがる面は出てきました。ただ、潜在的なスタミナは持っていますから多少行きたがってもスタミナが損なわれることはないと思います。いい変化だと思います。

    ――福永さんはこの馬の兄弟にはかなり乗っていますが、GIタイトルは牝馬に先を越されていますね。
    福永 でも、コンスタントに高い能力を持つ子を出す母馬ですね。すごいな、と思います。タイプもそれぞれ違うし、面白いですね。この馬に関しては我慢して使われてきた成果がここに表れていると思います。

    ――これまでキタサンブラック、サトノダイヤモンドには悔しい負け方をしていますが?
    福永 その2頭はGIを複数勝っている馬ですから、同列にいるとは思っていません。あくまでも挑戦者の立場だと感じています。ただ、2頭とも3000m超えのGIも勝っていますしなかなかスキは見つけにくいですけど。シュヴァルグランも力をつけていますが、あの2頭もハタから見ていてわかるくらい力をつけていますから。

     簡単なレースではないと思いますが、諦めている人間には勝利の女神は微笑まないと思いますので。馬の状態もいいですし、スタッフも一生懸命やってくれているので、あくまでも勝つイメージを持って一番いい結果が出せるように頑張れたらと思います。

    ――そのための作戦は考えていますか?
    福永 考えてないです。僕は基本的に枠が出てからしか考えないので。枠が出て、並びを見てみないと(それまで考えていたとしても)ガラッと変わるので。基本的に佐々木オーナーと友道調教師は乗り方に関してはジョッキーに一任してくれるので、そのへんは枠が出てから考えます。あとは馬場状態を見て考えていきたいと思います。

    ――枠の希望は?
    福永 与えられた条件下でやるのが競馬だと思いますから。希望したからといって、そのとおりになるわけではないので。

    ――天皇賞(春)については?
    福永 非常に名誉のあるレースですし、個人的には獲りたいタイトルではありますが、競馬はあくまでも馬が主役。シュヴァルグランはGIIまでは勝っていますが、まだGIを獲っていないので、今年はぜひ彼と一緒にGIタイトルを獲りたいという気持ちが強いです。今回もチャンスがあると思うので、一生懸命頑張りたいと思います。

    ――最後に抱負を。
    福永 非常に順調にきていますし、1回使われて体調も良化しています。強力な相手はいますが、自信を持って臨んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします。


    ■シュヴァルグランを管理する友道康夫調教師

    ――阪神大賞典を振り返ってください。
    友道 順調に牧場から帰ってきまして、調整もうまくいきました。競馬の内容もこの馬にとっては100%自分の力を出せたと思います。強い馬にマークされるかたちになって最後は少し差はあいたのですが、内容は良かったと思います。

    ――その時点では勝ち馬が強かったかな、という印象ですか?
    友道 どれくらい力の差があるかと思っていましたが、あの時点では差がありましたね。今回、その差を詰められればいいなと思います。

    ――昨年と同じローテーションで挑みますが、この中間の調整具合は?
    友道 昨年は放牧に出しましたが、今年はこちらで調整しました。

    ――先週、先々週はCWでビッシリ追われましたね
    友道 1週前、2週前は併せ馬で、馬場でしっかり負荷をかけて長距離に対応できる調教をしました。もともと調教ではそれほど動かない馬でしたが、しっかり動いてくれて状態も上がってきていると思います。

    ――今週は坂路での追い切りでした。
    友道 今週はある程度負荷をかけつつ、競馬で疲れを残さないように仕上げました。

    ――これまで友道師の青写真通りにきている、と。
    友道 本当に天皇賞に向けていいかんじで出走できると思います。昨年よりメンバーも若干強くなっていますが、頑張れると思います。

    ――昨年の天皇賞(春)はいかがでしたか?
    友道 頑張ったと思います。

    ――昨年と比べて変化は?
    友道 見たかんじ、体つきもシャープになりました。昨年は力で押し切る感じでしたが、今年はキレもあってシャープさが出てきたと思います。

    ――今回、相手にはキタサンブラック、サトノダイヤモンドがいます。
    友道 本当に強いですよね。でも、出るからには1着を目指します。スタッフもみんな頑張っています。

    ――母馬はいろんなタイプの馬を産んでいますね。
    友道 兄弟、全然印象が違うんです。お父さんの特徴をうまく出してくれる繁殖だと思います。

    ――そうするとこの馬はハーツクライの特徴が出ている、と?
    友道 そうですね。距離も持ちますし、お父さんの特徴が出ていると思います。

    ――非常にいい状態で天皇賞(春)を迎えられるといってよろしいですか?
    友道 持っている力を100%出せる状態だと思います。

    ――当日の条件ですが、希望はありますか?
    友道 みんな一緒の条件ですが、競馬は晴れた絶好の馬場でやりたいですよね。

    ――最後にひとこと。
    友道 本当に今年の天皇賞(春)のメンバーはすごい馬が集まりました。当日はぜひ競馬場に足を運んでください。僕も天皇賞(春)を楽しみにしています。

    (取材・写真:花岡貴子)
    ゴールドアクター中川師「新しい味を見せてくれれば」/天皇賞春共同会見

    ~天皇賞(春)(4月30日・GI・京都芝3200m)に出走するゴールドアクター(牡6・美浦・中川公成)について、管理する中川調教師の共同記者会見が行われた。

    (最終追い切りについて)
    「先週、横山(典)騎手が乗って1週前追い切りをしました。その後ジョッキーといろいろ相談しましたが、先週の時点で馬はもうできていると横山騎手も言っていました。それで今週はジョッキーが乗らずにウチのスタッフで最終追い切りをしました。馬なりで軽い調整程度の追い切りでしたけど、馬に活気もありますし、動きも問題ないと思います」

    (前走の日経賞・GII・5着を振り返って)
    「力を出せなかった要因はいろいろありますけど、レース後の馬を見ていますと、結構馬体も締まって良くなってきましたし、乗り込み不足が少し響いたかなと感じました」

    (昨年のこのレースの敗戦の理由は)
    「距離にしても枠にしてもいろいろな理由がありますが、1番大きかったのはパドックでそれまでになくイレ込んで体力を消費したのが大きかったと思います」

    (今回その対策は?昨年は木曜日の輸送でしたが?)
    「今年は天皇賞の日程が去年と違って楽なので、輸送もそれほど前に行く必要もないですからね。今年は金曜日に輸送します。翌日馬場に入れるかどうかは、着いて状態を見て決めます」

    (横山騎手とのコンビに期待することは?)
    「ジョッキーが替わることで、あの馬の持っている新しい味を見せてくれればと思っています」

    (その新しい面とは?)
    「それは当日、横山ジョッキーがどう乗るかだと思います」

    (京都の3200mについては?)
    「菊花賞の場合は(3歳馬の)限定戦でしたし、馬の適性もそれほどできていない頃のレースなので、距離に関しては何とも言えないというのが正直なところです。ただ折り合いに問題はありませんし、馬の状態は良くなってきています」

    (枠順、馬場状態の希望は?)
    「馬場は少々重くても大丈夫でしょう。枠に関しては、今年はできれば内側がほしいですね」

    (ファンにメッセージを)
    「ここ最近結果が伴っていないですけど、使いながら良くなってきています。力を出せると思いますので、よろしくお願いします」

    サトノダイヤモンド鞍上ルメール「キタサンブラックをマークしたい」/天皇賞春共同会見

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ―天皇賞(春)ですね。
    ルメール はい、日本で天皇賞はとても大切なレースですね。だから、ぜひ勝ちたいです。

    ――阪神大賞典は強かったですね。
    ルメール はい、強かったです。休み明けでしたから、馬がすごく元気でした。レースのときは少しひっかかりましたが、直線での反応はよかったです。ラクに勝ちました。

    ――乗っていていつでも前の馬を交わせるというかんじですか?
    ルメール そうです。彼はファイティングスピリットがあるから、直線ですごく頑張ってくれました。

    ――これまで全レースに騎乗していますね。
    ルメール それはとてもいいことですね。最初から彼に乗ったから、今こうして友達になることができました。サトノダイヤモンドはチャンピオンホースになりました。今、トップレベルにいます。彼に乗るのは毎回すごくうれしいことです。

    ――デビュー時からどう変わりましたか?
    ルメール 最初はまだ子供でした。でも、だんだん体が大きくなった。昨年の秋から大人になってパワーアップしました。

    ――今回のレースプランを教えてください。
    ルメール まだありませんけど、キタサンブラックは一番のライバルですからマークしたいですね。有馬記念と同じくらい(の位置)で乗りたいです。キタサンブラックはスタートが速いです。いつもいいポジションをとります。サトノダイヤモンドはスタートがもうちょっと遅いですから、ミドルポジションになるね。直線でもキタサンブラックは止まらないから、勝つためにはキタサンブラックの近くに行きたいですね。

    ――今回は他にも強い馬が出走します。
    ルメール はい、もちろん。GIですからみんなチャンスがあります。ディーマジェスティはGIホースです。シュヴァルグランは良い馬です。シャケトラもすごくよくなった。この距離でチャンスがあります。ミルコの馬(レインボーライン)もいい馬ですから。もちろんキタサンブラックは一番のライバルですけど皆勝つことにトライしていますから、危ないです。

    ――それでもそういう馬たちに勝てるのがサトノダイヤモンドではないのですか?
    ルメール サトノダイヤモンドのポテンシャルはとても高いです。追い切りはとてもよかったです。池江厩舎のスタッフがいい仕事をしました。だから今トップコンディションになりました。天皇賞(春)は春シーズンのメインのターゲットです。

    ――キタサンブラックを倒すために、仕掛けのポイントはどの地点をイメージしていますか?
    ルメール 直線でラストスパートの瞬発力を使いたいですね。キタサンブラックはタフな馬ですからね。

    ――最後にファンへメッセージを。
    ルメール 天皇賞は多分今年一番のレースになります。キタサンブラックもサトノダイヤモンドもチャンピオンホースですからね。すごく楽しみです。皆さん、競馬場に来てください。サトノダイヤモンドを応援してください。ありがとうございます。

    キタサンブラック清水久師「サトノダイヤモンドを逆転したい」/天皇賞春共同会見

    ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

    ――大阪杯、見事な勝利でした。
    清水 ありがとうございます。強かったですね。

    ――安心して見られたんじゃないでしょうか?
    清水 いや、2000mですし折り合いが大丈夫かなという思いもありました。勝負どころから直線に行くあたりから他の馬がブラック目がけてくるのかな、と思いましたけど。思った以上に直線向いた時点でこなかったので、あれ?と思ったんですけど。直線を向いてからは大丈夫だろうと安心して見ていました。

    ――キタサンブラック自身、かなり力をつけていますよね?
    清水 はい、間違いなくパワーアップしています。

    ――これも厩舎一丸となって鍛えた成果ですね。
    清水 鍛えたのは間違いないですけど、馬自身がしっかりとそれに応えて頑張ってくれていますので。本当にありがたいですね。

    ――名馬の域に入りましたね。
    清水 はい、ここまで育ってくれて感謝しかないですね。

    ――昨年と同じローテーションで天皇賞(春)に向かいます。
    清水 昨年は大阪杯2着でしたが今年は勝ってくれました。天皇賞(春)連覇もかかっていますし、いい状態で挑めそうです。

    ――昨年の天皇賞(春)は逃げ切り勝ちでしたね。
    清水 はい、ゴール前でいったん交わされたんですけどね、よく頑張ってくれました。

    ――改めてこの馬の魅力は?
    清水 これだけの成長力は持って生まれたものだと思いますし、精神面をはじめ、あらゆる面で強い馬だと思います。

    ――京都コースは3戦3勝ですね。
    清水 相性がいいといいますか、京都ではしっかり走ってくれていますね。そういう意味では心強いといいますか、自信を持っていけますね。

    ――今回は相手もパワーアップしていますね。
    清水 はい、相手も強いところが揃っていますのでね。あまり考えずに自分の馬だけのことを考えていきたいと思います。

    ――ライバルの中でもサトノダイヤモンドは気になるんじゃないですか?
    清水 もちろん、有馬記念でも負けていますし、前回も強い勝ち方をしていますんで。今回は逆転したいな、という気持ちがあります。

    ――逆転したい、という気持ちですか?
    清水 もちろん、そうですね。連覇もかかっていますし。

    ――有馬記念では斤量がキタサンブラックが2キロ重かったですが、今回は同じです。
    清水 たしかに有馬記念では2キロ差が向こうに有利に働いていたと思いますが、今回は同じ斤量になってこちらが有利だとは思っていません。向こうも力をつけてきますので、向こうが不利だとも思っていませんね。

    ――今年の天皇賞(春)に向けての調教ですが、ビッシリ進めてきましたね。
    清水 そうですね。それだけ体調もいいということですし、緩めずにしっかり乗り込んできました。今朝も指示通りしっかり乗ってくれました。抜け出してから馬がフワッとしたところがあったようですけど、そのへんはいつものことですし『雰囲気もいいですよ』と騎乗者も言っていました。先週もしっかり負荷をかけています。

    ――これで十分仕上がりましたか?
    清水 はい、これで二走目なのでしっかり仕上がっています。

    ――鞍上の武豊さんについては、どう思われていますか?
    清水 すごく息ピッタリだと思います。結果も出していただいてますし、逃げても番手でも勝てますので競馬についてはすべてお任せしています。

    ――馬体重はいかがでしょうか?
    清水 昨日の計測で542キロでした。だいたい同じくらいで出走できるかな、と思っています。大阪杯から10キロ以上増えていますが、太くは見えなかったので100%成長分だと考えています。

    ――レース当日、希望されることはありますか?
    清水 特にないですね。雨も降りそうにないですし、枠順もどこでもいいかなと思っています。二、三番手からも競馬できますし、逃げる馬がいなければ逃げることもできますのでね。

    ――最後に抱負を。
    清水 ここまで無事に調教、追い切りを終えましていい状態でレースを迎えられそうです。盛り上がると思います。僕も楽しみにしています。当日は競馬場まで足を運んでいただければと思います。応援よろしくお願いいたします。


    ■キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走の大阪杯は強かったですね。
    武 はい、いい走りでした。状態が非常によかったこともありますし、結果も内容もよかったですね。先手を取るかたちになるなら前に行ってもいいし、他が行くならそれでもいいという、いいかたちで走れました。

    ――自在性がありますね。
    武 レースは乗っていて非常に楽しいですね。

    ――これで4つめのGIタイトル。名馬の域に入ってきましたね。
    武 ずっとしっかり走ってくれる馬なので、本当にすごい馬だな、と改めて思います。

    ――まずは昨年の天皇賞(春)を振り返ってください。
    武 昨年の大阪杯で初めて跨らせてもらいました。(天皇賞は)1枠1番から先行するかたちでレースを進めて、いちど直線で交わされたんですけど差し返してくれて。非常に嬉しい勝利でした。(逃げ切り勝ちは)なかなか簡単にできることではないと思うんで、底力がある馬だな、と思いました。あれから1年経って馬自身も強さを増していると思いますし、(現在は)全体的に強くなっていると思いますね。

    ――今年の天皇賞(春)に向けて状態のほうはどう聞いていますか?
    武 前走から変わらずです。前走、すごくいい状態でしたし、すごく順調にきていると思います。最終追い切りについても報告を受けましたが、特に変わらずきているというのが嬉しいですね。

    ――昨年以上に素晴らしいメンバーになりました。
    武 はい、盛り上がると思います。

    ――中でもサトノダイヤモンドはどのようにうつりますか?
    武 当然、皆さんが思うように本当に強いですし。2強対決というのは当然だと思います。

    ――その存在は気になりますか?
    武 気になるというか、普通にすごく強い馬ですね。

    ――今回は斤量が同じになります。
    武 そうですね。

    ――関係ありませんか?
    武 どうですかね、わからないですけど。有馬記念では悔しい思いをしましたし、負けたといっても僅かの差でしたし。競馬なのでね、あのくらいの差はなんとかならなかったかな、と思います。

    ――そのあたりも踏まえて挑まれるわけですね?
    武 今年緒戦を境に本当にいい状態でレースができましたし、1年前のキタサンブラックと比較すると今のほうが強さを感じますし、本当にたくましくなったと思います。

    ――どのあたりが強くなりましたか?
    武 もちろん、体も大きくなりました。たくましさがありますね。レースでも非常に安定しています。

    ――最後に抱負を。
    武 本当に大一番ですし、キタサンブラックらしい走りをさせたいという気持ちです。北島オーナーと一緒に表彰台に並びたいと思います。

    (取材・写真:花岡貴子)

    最近、希望枠を聞かれて与えられた枠で頑張るって発言が多くなった気もする
    今回絶対に内枠が良いと思う。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ