競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:日本ダービー馬体診断

    日本ダービー予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【ダービー馬体診断】ダノンプレミアム

     【ダノンプレミアム 評価S】

      皐月賞は挫石で回避したが、1週前に発表する時点で時計を出しておらず馬にストレスがなかったのは何より。いつものゆったりしたローテーションに戻ったことで爪の薄さも解消し、順調な攻めを施されている。

      豪快な動きを見せた1週前追い切り前の撮影だが、この時点で馬体をふっくらと見せてトモのボリュームも朝日杯FSと同様で弥生賞より上。それでいてあばらをうっすらと見せ文句なしの態勢だ。右前肢のかぶりは今まで以上だが、地面の勾配の強さと重心によるもの。

      少し太めの首差しだが、朝日杯より胴が伸びて全体&前後のバランスが良化しマイル~中距離に向くシルエットになった。時計の速い軽い芝の二四は全く問題なさそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

     
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F79秒1-36秒6-11秒2(G一杯)の自己ベストをマーク。先行した僚馬2頭に追いつかなかったものの、直線は抜群の伸び脚を披露。ひと追いごとに良化しており、態勢は完全に整った。

    【ダービー馬体診断】ゴーフォザサミット

     【ゴーフォザサミット 評価B】

      
     スプリングS→青葉賞と予定通りのステップ。体形的には太くも細くもない平均的なバランス型のつくり。首差しが長く柔らかみがある分、前肢に窮屈な所はなし。ガチッと固まらず、抜けるところがある分、500キロ近い数字を感じさせないシャープさが感じられる。

      立ち姿の迫力という点ではインパクトは薄いが、可動域の広いフットワークで動かしていいタイプの一頭ではある。ツヤのいい肌質と適度に丸みのあるシルエットからも反動は見受けられない。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉蛯名を背に美浦Wで4F55秒8-41秒2-13秒3(馬なり)。呼吸を合わせる調整だったため速い数字は出なかったが、気分良く、伸び伸びと走れていた。馬体も柔らかみを保てており、好調キープ。

    【ダービー馬体診断】ジェネラーレウーノ

     【ジェネラーレウーノ 評価B】

      皐月賞の1週前と比較してアウトラインの輪郭がシャープになり、首回りもすっきりとしたいい意味で研ぎ澄まされたフォルム。腹回りは少しふっくらと見せるのはこれまでと同様で体形的なもので、適度なボリュームを維持できている。

      背中、胴が長めの体付きで、跳びの大きいフォームの持続力タイプ。総合すれば距離延長はプラスと捉えられる。ただ気性は表面に出やすく、下見所はホライゾネット+メンコ着用で、時折小走りになる周回。時季的に発汗は仕方ないとしても、あまりにも目立つようなら注意は必要だろう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉田辺を背に美浦Wで5F65秒1-36秒6-12秒8(直一杯)。抜け出す脚の速さが際立ち、追えば追うだけ伸びそうな脚勢。馬体もパンパンに張っており、皐月賞当時よりも格段にパワーアップしている。

    【ダービー馬体診断】エポカドーロ

     【エポカドーロ 評価B】

      
     新種牡馬のオルフェーブル産駒だが、気性の激しさは見せず堅実な戦績を残している。母父フォーティナイナーの影響なのか、首差しは短めで太くコロンとしたシルエット。近2走に比べると皮膚を厚く見せていない点は好印象だ。

      しかし、筋肉隆々の前腕に比べると後肢が物足りなく映る。臀部(でんぶ)のへこみや前後のバランスは、まだこれから完成していく印象を受ける。またつなぎが短く立ち爪で、やや破折(※1)気味の脚元からすれば、時計のかかる設定が合う印象。筋肉の質感はアップしているが、東京の二四の適性には疑問が残る。ただし渋化馬場なら浮上の余地はありそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉岡田を背に栗東CWで6F86秒7-39秒3-11秒7(仕掛け)。コーカス(4歳1600万下)を1秒9追走して首差先着。前半はピタリと折り合いがつき、直線でゴーサインが出るとシャープな伸びを見せた。状態に陰りはない。

      (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

    【ダービー馬体診断】ワグネリアン

     【エポカドーロ 評価B】

      
     新種牡馬のオルフェーブル産駒だが、気性の激しさは見せず堅実な戦績を残している。母父フォーティナイナーの影響なのか、首差しは短めで太くコロンとしたシルエット。近2走に比べると皮膚を厚く見せていない点は好印象だ。

      しかし、筋肉隆々の前腕に比べると後肢が物足りなく映る。臀部(でんぶ)のへこみや前後のバランスは、まだこれから完成していく印象を受ける。またつなぎが短く立ち爪で、やや破折(※1)気味の脚元からすれば、時計のかかる設定が合う印象。筋肉の質感はアップしているが、東京の二四の適性には疑問が残る。ただし渋化馬場なら浮上の余地はありそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉岡田を背に栗東CWで6F86秒7-39秒3-11秒7(仕掛け)。コーカス(4歳1600万下)を1秒9追走して首差先着。前半はピタリと折り合いがつき、直線でゴーサインが出るとシャープな伸びを見せた。状態に陰りはない。

      (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。


    【ダービー馬体診断】ブラストワンピース

     【ブラストワンピース 評価C】

      光沢があり、肌の質感自体は良好で、前・後肢の張りも非常に良い。筋肉量が目立つパワー型だが、動かすと四肢の運びに窮屈さはなく、見た目とは裏腹にしなやかに歩けるのはバネの良さを物語る。

      ただ個体そのものが大きく、がっちりとし過ぎている感は否めない。520キロ超えの数字が示すように、もともと太く映るシルエット。それでも今回は首差しに余裕が感じられ、ボテッとした腹回りからももうひと絞りできそうな印象ではある。

      あくまでも1週前の段階。週末、当週の追い切りでいかに詰めていけるかがポイントになりそう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉池添を背に美浦Wで6F80秒5-36秒1-12秒0(直一杯)。反応が甘いのはいつもこと。ただ、エンジンがかかってからの伸び脚は素晴らしく、前をきっちりとらえて1F12秒0でまとめた内容はさすがと言えよう。馬体の張り、ツヤも良く、1週前としては文句なし。




    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    日本ダービー(東京優駿)予想|2017年|馬体診断まとめ(デイリー)

    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    batai














    ヤフーニュースより

    日本ダービー(東京優駿)-馬体診断ペルシアンナイト
    【ペルシアンナイト=評価S】

     ハービンジャー産駒は、首差しが太く腹回りがボテッと映る寸詰まりのタイプが多い印象。筋肉量が多いためかハマった時は相当な爆発力を秘めているが、トモ腰に甘さが残るため器用さを欠く。さらに言えば、コースによって得手不得手がハッキリしているタイプと言っていいだろう。

     しかし、今年のクラシック戦線を沸かした産駒は、牡牝に関わらずスカッと見せるタイプが多く時計&上がり勝負で好結果を残しているのは心強い限りだ。当馬も筋肉量はあるが、比較的首差しから胴のラインに伸びを感じさせるシルエット。皐月賞に比べると全体的にふっくらと見せつつうっすらとあばらを見せており、筋肉や皮膚の質感は絶妙だ。

     1週前追い切り前の撮影のためさらにトモがパンと張ってくる可能性は高く、トモのボリューム感も前走以上だ。前走後の回復が遅いというコメントはあったものの、1週前追いの内容とこの馬体を見る限りは全く問題なし。今年はここが4走目となるローテだが、文句なしの態勢だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒9-38秒9-11秒8(一杯)。クィーンチャーム(5歳1600万下)を0秒7追走して0秒5先着した。追われると抜群の反応で併走馬を置き去りに。気配も申し分なく、好調をキープしている。
    日本ダービー(東京優駿)-馬体診断アドミラブル
    【アドミラブル=評価A】

     ノドの手術後から3連勝。芝2400メートルと中3週にこだわったローテで無駄打ちすることなくこの舞台に上り詰めてきた。再度の関東遠征でも青葉賞と同じルーティーンで調整。1週前追い切り後の撮影で馬体の細化がないのは何よりだ。

     前駆体形に見えてしまうのは斜め前からの撮影によるものだが、トモの臀部(でんぶ)や股の膨らみと丸みは及第点を与えられる。つなぎなどにも窮屈な面はなく、柔軟性に優れたタイプ。胴長+脚長で凝縮された馬体のため500キロを超すディープインパクト産駒に見えないことも体調のいい証しだろう。

     いずれにしろ最高のパフォーマンスを見せた青葉賞の状態はキープしている。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒5-39秒6-13秒2(馬なり)。レッドラーザム(3歳未勝利)と併入した。気負うことなく登坂する姿に好感。馬体の張りも目立っており、好調を堅持している。
    日本ダービー(東京優駿)-馬体診断アルアイン
    【アルアイン=評価A】

     首差しは太めで少し寸の詰まった体形。トモのボリューム感は目を見張り筋肉隆々の馬体を誇示している。ストライドが伸びる走法ではないことと、体形からこの馬の距離適性はマイル~二千というのが見解だ。

     ただ皐月賞V時に比べると全ての部分で筋肉にメリハリがあり、背中や胴が長く見えるのは撮る角度だけの問題ではなさそう。栗東CW追いを多く取り入れた調整の工夫の効果が十分にうかがい知れる。

     1週前追い切り前の撮影だが、これでよりトモがパンとすれば前走以上の状態になる可能性は十分だ。東京コース特有の時計が速い決着なら、距離の不安はなくなりそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉松山を背に栗東CWで6F81秒5-38秒1-11秒8(一杯)。ステイインシアトル(6歳オープン)を0秒7追走して0秒1先着した。道中はスピード感十分の走りで、追われてからの伸び脚も鋭さ満点。引き続き好調をキープしている。
    日本ダービー(東京優駿)-馬体診断スワーヴリチャード
     【スワーヴリチャード=評価A】

     共同通信杯から約2カ月ぶりだった皐月賞(6着)は、目つきやしぐさなどにやんちゃな面を残しつつも筋肉質の馬体は示していた。

     しかし今回は前走時より間隔が詰まっているためか、より胴長でスラッとしたフォルムになっている。少し前肢がそろい気味で弓脚のようになっている後ろ重心のせいか、トモが流れ気味になってしまったが、耳や目つき+筋肉の質感からより研ぎ澄まされた印象を受ける。

     左爪の高さと角度が右爪より高く傾斜がきついこと、手前の関係から左回り巧者の可能性が高いという判断は今回も変わらない。待望の舞台設定に体調を上げて挑めるのは心強い限りだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉四位を背に栗東CWで6F81秒1-36秒5-12秒2(強め)。スワーヴアーサー(4歳1000万下)を1秒1追走して併入した。最後まで力強いフットワークで迫力満点の動き。2カ月ぶりの皐月賞を叩かれて、状態は大きく上向いている。
    日本ダービー(東京優駿)-馬体診断レイデオロ
    【レイデオロ=評価B】

     母父のシンボリクリスエスが色濃く出ている影響か、縦幅の狭い胴のつくり。走重心は少し高めだが、体形的には距離の融通性は感じられる。

     明らかに緩みのあった皐月賞1週前と比較してスッキリとした腹回り。太く映った首差しも窮屈さがなく、背腰のラインもはっきりとしてきた。全体的な輪郭が分かるようになっており、確実に引き締まっている。前後の筋肉量もほぼ均等で、バランスも文句なし。前回からの上積みは十分にあると判断する。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで4F53秒0-39秒6-12秒7(馬なり)。2頭を追い掛けて内に潜ると、引っ張り切れないほどの手応えのまま一直線にはじけた。気合乗りも抜群で、良化は著しい。


    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250




    このページのトップヘ