競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:東海S

    東海S予想|2019年|予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi









    東海S予想-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    アグネスデジタル 3- 4- 4-18/29 10.30% 37.90% 79 107
    ディープスカイ 1- 2- 5-20/28 3.60% 28.60% 13 145
    カンパニー 1- 1- 1- 8/11 9.10% 27.30% 214 86
    ネオユニヴァース 6- 3- 6-44/59 10.20% 25.40% 51 152
    ステイゴールド 4- 1- 3-27/35 11.40% 22.90% 153 68
    ゴールドアリュール 7- 9- 6-76/98 7.10% 22.40% 54 69
    キングカメハメハ 5-12- 4-76/97 5.20% 21.60% 55 58
    ディープインパクト 7- 2- 1-38/48 14.60% 20.80% 77 41
    ケイムホーム 1- 0- 1- 8/10 10.00% 20.00% 33 55
    シニスターミニスター 2- 1- 3-29/35 5.70% 17.10% 45 85
    ロージズインメイ 1- 2- 3-32/38 2.60% 15.80% 67 60


    東海S予想-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    横山典弘 1- 1- 1- 3/ 6 16.70% 50.00% 43 75
    川田将雅 2- 5- 2-14/23 8.70% 39.10% 26 71
    武豊 5- 4- 1-16/26 19.20% 38.50% 71 73
    藤岡康太 10- 7- 6-42/65 15.40% 35.40% 160 125
    古川吉洋 4- 5- 1-19/29 13.80% 34.50% 121 94
    小崎綾也 3- 0- 3-15/21 14.30% 28.60% 88 71
    鮫島克駿 5- 6- 6-52/69 7.20% 24.60% 42 67
    藤岡佑介 1- 2- 0-11/14 7.10% 21.40% 19 55
    丸山元気 3- 4- 2-39/48 6.30% 18.80% 52 65
    藤懸貴志 0- 2- 2-22/26 0.00% 15.40% 0 30
    太宰啓介 6- 0- 1-49/56 10.70% 12.50% 115 36
    吉田隼人 2- 0- 1-23/26 7.70% 11.50% 33 29
    ミナリク 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    東海S予想-スピード指数

    1位 チュウワウィザード
    2位 グレンツェント
    3位 アスカノロマン
    4位 インディ
    5位 アンジュデジール




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    東海S予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【東海S】厩舎の話 テイエムジンソク・古川騎手「順調に乗り込んできている」

     ◆アスカノロマン・川村師 「絶好調時には及ばない感じだけど、地力とコース相性に期待」

     ◆クインズサターン・野中師 「回復力が早くなったので、当週も負荷をかけていける。筋肉がついて完成してきた」

     ◆コスモカナディアン・金成師 「この馬なりの平均的なデキにはあるが、この前の負け方が良くなかったからね…」

     ◆ゴールデンバローズ・森助手 「中間はハミを工夫。調教のときのように集中して走れれば」

     ◆サルサディオーネ・羽月師 「時計は速すぎてしまったけど、いい動きでした。力をつけてきていると思います」

     ◆サングラス・谷師 「速い時計が出たし、体調は悪くない。自分の競馬をしてどこまで」

     ◆サンマルデューク・小島太師 「動きは良かった。うまく展開がはまってくれれば」

     ◆シャイニービーム・福島師 「最近は成績が安定して、レース内容が落ちついてきた」

     ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「障害練習を取り入れて体調はいい。気持ちの問題」

     ◆ディアデルレイ・牧師 「好調をキープ。今の状態だったらどんな競馬でもできる」

     ◆テイエムジンソク・古川騎手 「順調に乗り込んできている。昨年の秋から、トモ(後肢)の感じがもうひとつ良くなってきました」

     ◆ドラゴンバローズ・渡辺師 「この馬にしてはいい時計で動きました。具合は良さそう」

     ◆モルトベーネ・松永昌師 「それほど速くならないようにやった。状態は良さそう」

     ◆ローズプリンスダム・畠山師 「放牧から戻って、予定通り。思い切った競馬を」


    東海S-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    アグネスデジタル 5- 7- 4- 16/ 32 15.60% 50.00% 159 135
    カンパニー 1- 3- 1- 9/ 14 7.10% 35.70% 168 100
    ゴールドアリュール 10- 8- 8- 73/ 99 10.10% 26.30% 80 66
    ディープスカイ 3- 4- 5- 34/ 46 6.50% 26.10% 77 189
    クロフネ 9- 8- 3- 82/102 8.80% 19.60% 32 42
    キングカメハメハ 6- 11- 4- 89/110 5.50% 19.10% 33 44
    ブラックタイド 1- 3- 1- 34/ 39 2.60% 12.80% 16 44
    パイロ 2- 2- 0- 30/ 34 5.90% 11.80% 42 32
    ロージズインメイ 1- 0- 1- 25/ 27 3.70% 7.40% 94 18
    アドマイヤマックス 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
    Tapit 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
    スタチューオブリバティ 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0


    東海S
    -騎手データ


    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    藤岡康太 12- 9- 3-46/70 17.10% 34.30% 159 100
    古川吉洋 6- 6- 1-23/36 16.70% 36.10% 250 112
    和田竜二 5- 6-10-35/56 8.90% 37.50% 34 114
    北村友一 5- 4- 5-28/42 11.90% 33.30% 67 74
    中谷雄太 4- 9- 3-35/51 7.80% 31.40% 83 66
    太宰啓介 3- 0- 2-42/47 6.40% 10.60% 41 27
    松山弘平 2- 4- 9-55/70 2.90% 21.40% 48 76
    丸山元気 2- 4- 2-45/53 3.80% 15.10% 42 66
    秋山真一 2- 3- 3-31/39 5.10% 20.50% 20 108
    勝浦正樹 2- 2- 2-31/37 5.40% 16.20% 105 54
    丸田恭介 1- 1- 1-22/25 4.00% 12.00% 13 165
    酒井学 0- 3- 3-46/52 0.00% 11.50% 0 42
    岡田祥嗣 0- 2- 4-17/23 0.00% 26.10% 0 203
    池添謙一 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 110
    木幡巧也 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0
    丹内祐次 0- 0- 0-13/13 0.00% 0.00% 0 0



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    東海S|2018年|注目馬ニュースまとめ「テイエムジンソク」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【東海S】テイエムジンソク、勝って堂々とGIへ

     主役を演じるのはテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎、牡6歳)だ。
    GI初挑戦で1番人気に支持された前走のチャンピオンズCは、3着コパノリッキーを競り落としたところで、勝ったゴールドドリームの強襲に屈しての2着。一旦は先頭に立ってのクビ差で、負けてなお強しを印象づけた。
     昨年5月以降は、みやこSでの重賞初Vを含む【4・2・0・0】とパーフェクト連対で、完全に本格化。ここで重賞2勝目を挙げ、堂々とフェブラリーSに向かう。

    【東海S】テイエムジンソク「自分が親分みたいな感じで振る舞うようになってきた」

     【東海S(日曜=21日、中京ダート1800メートル=1着馬に2・18フェブラリーS優先出走権)注目馬16日朝の表情:栗東】

     不動の主役テイエムジンソクは坂路で軽めのキャンター。短期放牧を挟んだが、行きたがるようなしぐさも見せず、2着だったチャンピオンズC時と変わらぬ好気配だ。 
     木原調教師「いい具合で乗れていた。気持ちを前面に出す馬なので、放牧はいいリフレッシュになったと思うよ。ここにきて馬に力がついてきたからか、自分が親分みたいな感じで振る舞うようになってきたね」

    【東海S 古川吉洋騎手に聞く】テイエムジンソク、勝負の一年「結果欲しい」

     ◆第35回東海S・G2(1月21日、中京競馬場・ダ1800メートル)

     フェブラリーS・G1(2月18日、東京)の優先出走権がかかる東海S(21日、中京)には、昨年のチャンピオンズC2着のテイエムジンソクが参戦。念願のG1タイトルに向けて弾みをつける。

     悲願の頂へ―。古川とテイエムジンソクの新たな戦いが幕を開ける。騎手として23度目の春を迎えた主戦に気負いはない。

     「まわりの見方が変わるだけで、やることは変わらないですから」

     
     初騎乗の昨年5月は条件馬の身分だったが、そこから重賞勝ちを含む6戦4勝、2着2回。昨年暮れのチャンピオンズCは、G1初挑戦にもかかわらず1番人気に支持された。ゴール前でゴールドドリームに首差かわされたが、昨年末に引退したG1・11勝馬コパノリッキーの逃げを2番手から正攻法でねじ伏せた2着。一線級相手でも通用する力を示した。

     「G1で足りることは、十分に分かりました。力を確認できたので、それを出し切ることだけを考えればいいと思っています」

     敗戦直後は「勝ったと思ったんですけどねえ」と悔しさをあらわにしたが、すでに気持ちは切り替えている。G1タイトルが夢でなく現実のレベルにある自信が、自然体を貫かせる。

     
     11日には栗東・CWコースの1週前追いに騎乗して、感触を確かめた。6ハロン80秒1で、ラスト1ハロンを13秒7。背中から伝わってくる気配に静かにうなずいた。

     
     「少し(間隔が)空いたぶん、リフレッシュできたんじゃないですかね。でも、特に変わりはないですよ」

     
     挑戦者の立場から一転、主役の一角として臨む勝負の年。結果がすべて、と分かっている。景気のいい言葉をあえてのみ込むが、ひと言だけこぼした。

     「もちろん形として、結果は欲しいですけどね」

     
     今まで通り目の前の勝負に集中して、一つずつ勝利を重ねるだけ。その先にG1制覇がある。





    テイエムジンソクは前走、G1でも通用したからね。東海Sを勝利してフェブラリーSへって流れかな
    ここで大きなミスがなければフルキチも乗れるだろうしね。






    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj














    競馬ジャパンへ行く


    東海S|2017年|予想・データまとめ

    勝馬伝説の無料情報で万馬券・・・GET


     「東海S・G2」(22日、中京)

     馬具の効果と得意の左回りで初タイトル奪取だ。ケイコ駆けしないモズライジンが19日、栗東坂路で自己ベストタイをマーク。当初は除外候補だったが、賞金上位馬の回避で晴れて出走へ。全ての面で流れが向いてきたとなれば、久々のコンビ結成で張り切る中谷を背に、大仕事をやってのけてもいい。

     力感あふれるパワフルなアクションで、モズライジンが栗東坂路で自己ベストタイをマーク。攻め駆けしない馬がゴールまでしっかりと駆け抜けた。

     4F53秒4-38秒8-13秒1のタイムに、騎乗した中谷は「時計もちょうどいいし、よう動いているよ」と称賛した。前走の東京大賞典では一気の相手強化に6着と敗れたが、そのダメージはみじんも感じられなかった。

     JRAでの重賞挑戦は昨春のマーチS(9着)以来2度目。これまで重賞では、昨年3月の名古屋大賞典3着が最高。能力的には通用するものを持っているが、真面目に走らない気性面が出世を邪魔してきた。そこで鞍上は、今回から「厩務員さんとも話していて、前から着けたかったんです」とチークピーシーズ着用を提案。その効果からか、最終追い切りでも集中力を切らすことはなかった。

     もうひとつ追い風となりそうなのが、7戦6連対と抜群の安定感を誇る左回りに変わる点だ。「コーナーがスムーズだし、ゲートの出からして違う」と中谷。確かに4走前の東京では、スタートを決めて好位から押し切る強い勝ちっぷり。中京でも2戦して2連対と言うことなし。待望のタイトル奪取へ、桶狭間にライジンの一撃をとどろかせてみせる。

    【東海S|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    5
    東海S予想を当てる|ニュース・動画|2ch・ツイッター

     昨年前半の勢いが後半で削がれた格好のコパノリッキー。自分の形に持ち込めた時は強く、ここで弾みをつけて再びその勢いを取り戻したいところだ。それをナムラビクター、インカンテーションといった実力馬が阻止するのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/25(日) 東海S(4歳上・GII・中京ダート1800m)

     コパノリッキー(牡5、栗東・村山明厩舎)は昨年、GIを3勝して一時代を築くかに思われたが、秋のチャンピオンズCでは出遅れが響いてレースにならず、続く東京大賞典でもホッコータルマエに完敗し、その勢いは止まってしまった。しかし、自分の形に持ち込んだ時の強さは健在なはずで、ここを押し切って再度その勢いを取り戻したいところだ。

     ナムラビクター(牡6、栗東・福島信晴厩舎)は前走のチャンピオンズCで惜しい2着。先行して脚を伸ばすスタイルで、ここでも大崩れは考えにくい。今回相手ははっきりしているだけに、早目の競馬で勝ち切る場面があっても良さそうだ。

     インカンテーション(牡5、栗東・羽月友彦厩舎)は前走のチャンピオンズCで10着に終わったが、力負けではないだろう。その前の3連勝の内容からここでも通用するのは明白で、一気の巻き返しを期待したいところ。

     その他、往年の力は望めないが実績上位のニホンピロアワーズ(牡8、栗東・大橋勇樹厩舎)、相手なりで堅実に走るランウェイワルツ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、成績にムラはあるが能力は通用しそうなソロル(牡5、栗東・中竹和也厩舎)なども上位進出を狙う。発走は15時25分。

     
    東海S-2014年動画
     
    1着 ニホンピロアワーズ 酒井学
    2着 グランドシチー ギュイヨン
    3着 マイネルバイカ 松山弘平
     
     
    ツイッターの声 
    【東海S予想を当てる|ニュース・動画|2ch・ツイッター】の続きを読む

    このページのトップヘ