東海S予想|注目馬モンドクラッセ|ネット評価まとめ

無料コンテンツが熱い競馬情報会社

勝馬伝説 
http://www.l-horse.com/
勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

金馬 
http://www.kin-uma.com/
毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

チェンジ
http://www.5il.org/
重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

すごい競馬 
http://www.shopwin.biz/
マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

by競馬予想会社ファン

東海S、モンドクラッセ、今度こそ逃げで

 今週の中京メーンは東海ステークス。1着馬にはフェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦だ。注目はダート転向後、8戦5勝の逃げ馬モンドクラッセ。前走のGIIIみやこSは先手を奪えず7着に敗れたが、中間は調教強化で“闘魂”を注入され、重賞に再び挑む。

 重賞初挑戦だった前走のみやこSで7着に敗れたダート界の新星・モンドクラッセが、改めてタイトル獲得を目指す。

 清水英調教師は「前走はちょっと中途半端な競馬になってしまった」と語り、巻き返しを図っている。

 昨夏の札幌戦(500万下)からポプラ特別(1000万下)、内房S(1600万下)と、スタート直後から後続に影を踏ませず、それぞれ2着に8馬身、3馬身半、5馬身の差をつけて圧勝。3連勝を飾って臨んだみやこSでは2番人気に支持された。

 しかし、エーシンモアオバーに先手を奪われ、2番手を追走。4コーナーで外から並びかけ、直線で一旦先頭に立ったが、後続にのみ込まれた。

 反撃へ向け、陣営は対策を取っている。「この中間は少し攻め馬を強化しているので、いい仕上がりで臨めると思う」とトレーナー。

 今月に入って5本の追い切りを消化し、そのうち13日に美浦Wコースで4ハロン51秒8-12秒9を馬なりでマーク。17日には同コースで4ハロン54秒4-12秒4を一杯に追って計時し、僚馬を4馬身突き放した。体調はひと追いごとに上向いている。

 トレーナーは「まだ気難しい面があって、オープンに入っての1800メートルは少し長いのかもしれないが、気分よく走ってくれれば」と課題を挙げながらも期待を寄せている。

 主戦の三浦騎手が中山で騎乗するため、鞍上は先週の愛知杯をバウンスシャッセで制した田辺騎手。勢いがあるのは頼もしい。

 ダートに転向して8戦5勝のモンドクラッセ。理想の単騎逃げで淡々と運べれば、調教強化の効果で待望の重賞勝利をもぎ取れるはずだ。

★重要な前哨戦

 東海Sはダート路線のローテーションの見直しに伴い、5月の京都開催から2013年に1月の中京開催へ変更。同じ左回りの東京で開催される2月のGIフェブラリーSの重要な前哨戦となった。過去3年の優勝馬のうち、13年のグレープブランデーと15年のコパノリッキーは、同年のフェブラリーSを制覇している。

 

 

モンドクラッセと言えば

 

スプリンターズS、当日の最終レース…強かったですね。

メンバーを考えると

 

今の中京ダートは逃げ有利だけに



三浦皇成騎手→田辺裕信騎手へ変更も良いですね。

 

中京ダート1800m(2015年)

三浦皇成騎手→0-0-0-2/2

田辺裕信騎手→0-1-0-1/2(8番人気2着)

 

逃げ

三浦皇成騎手→15-13-12-51/91(16%ー44%)

田辺裕信騎手→7-8-5ー47/67(10%ー29%)

ここが不安点

 

 

 モンドクラッセ-ツイッター

【東海S予想|注目馬モンドクラッセ|ネット評価まとめ】の続きを読む