競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    タグ:桜花賞馬体診断

    桜花賞予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【桜花賞馬体診断】ダノンファンタジー
     
     【ダノンファンタジー 評価A】  

     間隔にかかわらず、筋肉が緩まずに皮膚の薄いシルエットをキープできるタイプ。今回はチューリップ賞から中4週ということもあり、より研ぎ澄まされて見える。うっすらとあばらを見せているあたりは前走時と同様だが、前後のバランスがさらに良化してきたのは確かな上積みと捉えて良さそうだ。頭が高くてトモが流れ気味のため、どうしても左後肢の爪は浮いているが、写真撮影は全て同様で問題はない。

     あとは、1週前追い切りで見せた力みだけが心配。出来が良過ぎるがゆえ、どうしてもその不安は多少残る。 (馬サブロー栗東・吉田順一)  

     〈1週前追い切り診断〉
    川田を背に栗東CWで6F78秒4-38秒4-12秒8(馬なり)。スピード感満点の走りで、最後まで素軽いフットワークを披露。ひと叩きしたことで毛ヅヤが良化し、馬体の張りもアップ。反動は全く見られず、状態はさらに上向いている。
    【桜花賞馬体診断】グランアレグリア

     
     【グランアレグリア 評価B】  

     昨年の朝日杯FS以来の出走。前回の1週前段階では適度にふっくらと映ったが今回は全体的に引き締まっており、細いくらいのつくり。首差しはいかにも牝馬らしくシャープだが、さらに研ぎ澄まされた印象を持つ。日差しの関係で筋肉の立体感が出ている分、張り自体は良く見せているが、明らかにシルエットはこれまでとは変わってきている。見た目に動ける態勢にはあるが、長距離輸送を挟んでのレースだけに、当日の気配はやはり注目だろう。 (馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉
    杉原を背に美浦Wで5F69秒5-39秒7-13秒0(馬なり)。後ろからつつかせてプレッシャーをかけたが、折り合ったまま直線へ。馬体を並べても気負いはなく、最後まで余力を持って一直線に伸びた。順調に調整が進んでいる。

    【桜花賞馬体診断】クロノジェネシス

     
     【クロノジェネシス 評価B】

      頭が高く回転の速いピッチ走法だが、それでいて少しずつギアを上げて長く脚が使えるタイプ。2歳時は、トモがこぢんまりとして前が勝った手脚の長いシルエット。非力な印象を受けたが、胴が伸びたのか体高や長さのバランスが取れてきたのは成長と判断していいだろう。澄んだ目をしているが、実戦ではいい意味で負けん気の強さを発揮できるタイプ。オンとオフがはっきりしているのは、この馬の長所と言えそうだ。まだ良化の余地は残しているが、トモに丸みがあるのはゆったりとしたローテも奏功している。 (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    北村友を背に栗東CWで6F83秒3-38秒7-11秒8(馬なり)。ショージョーダ(4歳500万下)を0秒8追走して併入。一杯に追われる相手を圧倒した。程良いテンションを保っており、キビキビとしたフットワークも好印象。

    【桜花賞馬体診断】プールヴィル

     
     【プールヴィル 評価B】

      
     2歳時からキ甲(※1)が抜けていたが、丸みがあったトモに比べると首差し~肩~前腕にかけては物足りなさが残った。ただ前走時はそのあたりが解消。これは成長と言っていいだろう。今回は間隔が詰まって中3週での実戦となるが、前腕のボリュームが増してきたのは驚きの一語だ。ここにきての上昇度は計り知れずA評価も考えたが、多少臀部(でんぶ)の膨らみが落ちて前が勝った感じに映る点は割り引きか。つなぎが短めだが、クッション性があるためマイルは守備範囲。B評価が妥当だろう。

      (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
    〈1週前追い切り診断〉
     栗東坂路で4F53秒1-38秒7-12秒3(馬なり)。キービジュアル(3歳未勝利)に半馬身遅れたが、最後までしっかりと集中したいい走りだった。好気配。

    【桜花賞馬体診断】ビーチサンバ

     
     【ビーチサンバ 評価B】

      
     クロフネ産駒らしく骨格がしっかりとしていてパワーを感じさせるが、その割に脚が細い印象を受ける。多少アンバランスな面は否めないが、2歳時よりは胴に厚みが出て全体のバランスが良化している点は前向きに捉えたい。つなぎから爪の角度は適性で、フットワークが滑らかな点は評価すべきだろう。数字ほどは切れる印象はなく、長くいい脚が使えるタイプ。よどみのない流れになるマイルは歓迎で、適度に上がりがかかれば時計が速くなるにも対応は可能だ。目つきも穏やかで、いい仕上げで挑めそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F83秒9-38秒3-11秒8(G一杯)。スーパーフェザー(4歳1000万下)を0秒4追走して半馬身先着。メリハリを利かせた内容から、ラストは重心を低く構えて鋭く伸びた。前走からの成長を感じる。





    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    桜花賞予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【桜花賞馬体診断】ラッキーライラック 評価A

     【ラッキーライラック 評価A】


      顔つきと毛色だけでなく、体脂肪が少なく皮膚の薄い馬体は父オルフェーヴル譲りか。同時期の父に比べると50キロほど馬体重は上回っている(前走・チューリップ賞1着時が494キロ)が、胴と脚が長く、実際の数字よりもコンパクトに映る。

      最もトモに丸みがあったのは前々走の阪神JFで、その次が前走。今回は丸みがなく平たいが、その分、あばらを見せて極限に絞り込んできた。1週前追い切り後の段階で、今すぐにでも使えそうなシルエット。今の高速馬場の阪神に適した姿形だ。耳をピンと立てて目つきも凜としており、精神面の充実ぶりも見逃せない。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)


      〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒5-37秒9-11秒5(強め)。ウォルビスベイ(3歳500万下)を2秒追走し0秒2先着した。追われると瞬時に反応し、鋭い伸び脚を発揮。それでもまだ手応えには余裕があり、気配も申し分ない。

    【桜花賞馬体診断】アーモンドアイ 評価A  

     【アーモンドアイ 評価A】

      
     首差しが細めでスラッとはしているが、体全体は適度なボリュームがあり、芯の強さを感じさせる立ち姿。肌ツヤが非常に良く、久々でも張りが目立っている点は好印象だ。

      丸みがあり、角張っていない筋肉の質感から柔軟さが見て取れ、シャープに切れる瞬発力タイプ。ポテンシャルの高さは前走のシンザン記念Vで実証済みでもある。異例のローテでぶっつけの本番となるが、見た目の仕上がりは◎。長距離輸送も経験しているのも心強い。

      阪神が舞台なら身上の切れが増す可能性が高く、あとは本流組との力関係がどうかだけだろう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉帰厩後は週に2本、順調に時計をマークしてきた。3月21日には美浦Wで、僚馬を大きく追走して楽に併入に持ち込む鋭い走りを披露。1日にも長めから時計をマーク(6F87秒8-40秒6-14秒3)している。馬体がひと回り大きくなり、確実にパワーアップしている。


    【桜花賞馬体診断】マウレア 評価B

     【マウレア 評価B】

      
     腰高のシルエットはこれまでと変わっていなくても、胴がゆったりとして長くなった印象。首差しは細いが、いつになく体を全体的にふっくらと見せて、珍しく厚みが感じられるほどだ。

      前走後から栗東へ滞在して調整されているが、中間の実質的な追い切りは先週(29日)のCWでの1本。デイリー杯クイーンC5着→チューリップ賞2着のローテで、その前走がマイナス8キロだった経緯を踏まえると、馬体回復を優先したと捉えられる。

      それでもシャープなトモを維持しており、出来はいい意味での平行線。当週のひと追いできっちりと整いそうだ。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉美浦から駆け付けた嶋田を背に、栗東CWで6F82秒3-37秒5-11秒7(G前強め)。先行するヤングマンパワー(6歳オープン)を楽に抜き去る絶好の動きを見せた。前走後は栗東に居残って調整を続けており、ふっくらしているとは言わないまでも、馬体を見る限りきゃしゃな感じは全くない。

    桜花賞馬体診断】リリーノーブル 評価B

     【リリーノーブル 評価B】

      首差しが短くて太め。前腕とトモのボリューム感が満点で、全体的に皮膚の厚いフォルムだ。この時期のルーラーシップ産駒らしくトモに甘さを抱えているが、立ちつなぎでも柔軟性があり、鍛えれば鍛えるほど強くなる可能性を秘めている。

      ただ筋肉量を増やせば、ダート短距離を活躍の場とした母ピュアチャプレットの血が騒ぐ可能性もある。前走(チューリップ賞3着)時に比べて馬体に厚みがあるのは、その影響が出ているのかもしれない。1度使って目つきは鋭くなっており、週末と最終追い切りでどこまで絞れてくるかだろう。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
    〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒3-38秒1-12秒1(一杯)。テンから意欲的に運んで、ラストも鋭く伸びた。ひと叩きされた効果は大きそうだ。

    桜花賞馬体診断】プリモシーン 評価B

     【プリモシーン 評価B】

      
     ディープインパクト産駒の牝馬は細身のタイプが多い。この馬はくっきりとしたラインで、筋肉量も適度。首差しとのバランスが非常に良く、皮膚の薄さからも仕上げには手間取らないクチだ。今回もシャープにまとまっている。

      体形的には距離が延びても問題なさそう。ただ気合乗りが早く、下見所で時折幼いしぐさが目立つ点から、精神面にはまだ課題が残るというのが個人的な見解。輸送を挟むだけに当日の気配にはより注目しておきたい。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

     
     〈1週前追い切り診断〉1月にフェアリーSを制したあとは、3月21日の美浦W(6F87秒3-14秒1)がトレセンでの初時計。無理をせず馬の気に任せて、しなやかなフォームは数字以上の切れを感じさせた。1日には坂路で4F55秒4-12秒4。落ち着きがあり、馬体もパンと張っている。順調な仕上がりとみていい。


    【大阪杯馬体診断】ツヅミモン 評価B

     【ツヅミモン 評価B】

      約2カ月ぶりだが、あばらを見せて余分な脂肪はあまりついていない。500キロを優に超す馬体ながら、思惑通りに仕上がっているとみていいだろう。

      立派なトモに比べれば、首差しや前腕のボリューム感はひと息。キ甲(首と背の境の膨らんでいる部分)の抜け具合を含めてまだ前後のバランスに良化の余地をかなり残したシルエットだが、それでいて牡馬混合のシンザン記念で2着を確保したのは立派だ。本格化はまだまだ先との印象はあっても、週末と当週でもう少し研ぎ澄まされてくれば期待できる態勢にある。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)


      〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F51秒7-37秒6-12秒4(強め)。気負うことなくスイスイ駆け上がってきた。全体時計も上々で、気配は上向いている。





    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    桜花賞【2017年】予想|馬体診断まとめ(デイリー)


    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    (ヤフーニュースより引用)

    【桜花賞馬体診断】ソウルスターリング-評価A

    【ソウルスターリング=評価A】

     胴長で体高があり、体形的には長い距離の方が良さそうに映るが、前進気勢があり、持っているスピードの絶対値が他とは一線を画するのだろう。

     2歳時から後肢の発達が著しく、トモ、お尻の幅はボリューム満点で、年を重ねてより厚みが増し、さらに迫力を感じさせている。その半面、長い首差しが特徴で前肢部がシャープ。今後の成長にもよるが、現状ではがっちりとし過ぎていない分、柔と剛のバランスが絶妙に取れていると判断したい。

     チューリップ賞の1週前と比較するとふっくらと映ったおなかのラインは研ぎ澄まされ、くっきりとした体のライン。それでも全体的な筋肉量はしっかりと維持できており、メリハリのある姿からも上積みは相当に感じさせる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F70秒7-40秒2-12秒8(馬なり)。内から一瞬にして抜け出したように、抜群の加速力を披露。最後は相手を待つ余裕もあって、数字以上の切れと迫力を感じさせた。ケチのつけようがない

    【桜花賞馬体診断】カラクレナイ-評価A

     【カラクレナイ=評価A】

    首差しは少し短めで胴は長め。前腕とトモのボリュームは満点だが腹のラインはシャープ。これからの成長と調整法で体形は変化していきそうだが、一度使ったことによる上積みは随所に感じさせる。

     地面の傾斜と重心のバランスでトモが流れた姿形だが、これは前走時も同様で心配なし。腹回りはこの前よりふっくらしているがうっすらとあばらを見せ、トモの丸みと膨らみは前走以上。とりわけ股の厚みが増しているのは強調材料だ。

     少し短めだが、立ち気味のつなぎやトモ高の体形からはマイル以下で瞬発力を生かすタイプ。オークスよりは桜花賞向きで、ここは全力投球の仕上げに思える。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉田辺を背に栗東CWで6F82秒7-38秒0-12秒3(馬なり)。4角で前の馬が邪魔になり内に切れ込む場面はあったが、慌てずに悠々とした走り。パワフルなフォームで迫力満点の動きを披露した。

    【桜花賞馬体診断】ミスエルテ-評価B

    【ミスエルテ=評価B】
     
    昨年末は阪神JFではなく朝日杯FSを選択したが、体調面やローテーションを加味したもの。フランケル産駒らしい勝ち気な気性はもろ刃の剣と言えそうだが、カイ食いの問題なのか現状はあまり詰めてレースを使えない印象だ。

     今回は前哨戦をパスしてのぶっつけ本番。その効果か体をふっくらと見せているのは好感が持てる。とは言っても朝日杯FSとそう大差はないシルエット。年明けに1走していれば、この体を維持できたかを算段すれば、このローテは英断かもしれない。

     穏やかな目をしているのは好印象だが、まだ気持ち前駆体形。前走時からの伸びしろは思ったほどではない。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東CWで6F81秒7-38秒2-11秒7(一杯)。シルバーポジー(4歳1000万下)を0秒4追走して0秒2先着。追われると素早い反応を返して、シャープに伸びた。約4カ月ぶりでも太め感はなく、ひと追いごとに気配も良化している。

    【桜花賞馬体診断】アドマイヤミヤビ-評価B

    【アドマイヤミヤビ=評価B】  

    母父がクロフネの影響か、同じハーツクライ産駒のリスグラシューとは系統が違う。勝ったデイリー杯クイーンC時は胴長&脚長のシルエットを誇示していたが、今回は肉付きが良過ぎるためか寸の詰まったパワー型の体形に映る。  

    とりわけ前腕とトモのボリュームは目を見張り、確実に全体的な筋肉量はアップしている。2カ月ぶりだが、しっかりと食べて鍛えた効果が如実に表れている姿形だ。  

    脚は相変わらず細みで長めのため、前走時に比べると多少アンバランスに見えてしまう。ただ膨らまして鍛えた馬体が、週末と来週の調整で引き締まるかがポイントに。全体のバランスが良化すれば楽しみだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に栗東CWで6F81秒1-38秒5-12秒5(一杯)。アドマイヤキズナ(4歳1600万下)を1秒5追走して0秒6先着。力強いフットワークで、追われてからの反応も上々。1週前時点での態勢は万全と言える。
    【桜花賞馬体診断】リスグラシュ-評価C

     【リスグラシュー=評価C】 

    阪神JFやチューリップ賞出走時とは違うシルエット。あばらを見せて余分な脂肪がなく研ぎ澄まされているが、トモの丸みが物足りない。

     気で走ることの多いこの時期の牝馬は、トモの容量や丸みや張りで大きな評価を下すことは危険だと判断しているが、それでも臀部(でんぶ)が平たくなっているのは割引か。

     ハーツクライ産駒らしく少しハ行気味の走法だが、430キロ台の馬とは思えないストライドの大きさがこの馬の武器。息の長い末脚を繰り出すにはもう少しトモに容量が欲しい印象だが、陣営は攻めの調教を貫いている。週末と最終追いでトモが張ってくれば怖さはある。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東坂路で4F50秒8-37秒0-12秒2(仕掛け)。リッパーザウィン(5歳1000万下)に半馬身先着。ゴール前で軽く仕掛けられるとグンとひと伸びを見せた。全体時計も優秀で、気配の良さが目立つ。

    【桜花賞馬体診断】ミスバンテール評価C
     
    【ミスパンテール=評価C】
    7カ月ぶりだったチューリップ賞では、阪神JF2着のリスグラシューとの追い比べを制し2着。相当な資質を秘めていることは間違いないが、ただ順調に使えなかったことも事実だ。

     首差しが短く前が勝ったシルエット。左後肢を浮かしているのは少し引っ掛かり、ハミをかんで若さものぞかせている。短めのつなぎや骨格に見合った体形、勝ち気な気性を踏まえるといずれはスプリント戦線でもと思わせる。

     同世代ではごまかしが利くとは言え、まだキャリアが浅くまだまだ伸びしろの多さを感じさせるシルエット。先々は楽しみな逸材だが、現時点の完成度では割引が必要だろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉四位を背に栗東坂路で4F55秒3-39秒1-12秒1(G強め)。気合を前面に出した迫力ある走りで駆け上がり、出来の良さをアピール。馬体の張りも目立つ。





    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    桜花賞予想|2016年馬体診断|まとめ
     

    馬体診断ーシンハライト

     「桜花賞・G1」(10日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牝馬クラシック第1弾の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】桜花賞馬体診断…週末予想の参考にどうぞ

     【シンハライト=評価A】

     母の産駒は相当な能力を秘めるが、立ち気味のつなぎや爪の不安により順調さを欠くことが多い。

     勝負強さを発揮しての3連勝で順調に賞金を加算。丈夫な血統とは言えないだけに、ここ2戦は大きい鼻差の連勝劇だ。

     デビュー以来、中4週でのレース間隔は最短。そこが気掛かりだが、1週前の坂路でハードな攻めを消化。うっすらとあばらが見えながらも全体的にふっくらと見せるのは、光沢の問題があるにせよ心強い限りだ。

     今回から左前肢にエクイロックス(接着装蹄)のあとが見られる点は唯一の不安点だが、馬体や気合面は間違いなく前走以上。当週もそれなりに負荷が掛かるケイコなら期待値はMAXとなる。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉池添を背に坂路で4F53秒1-38秒4-12秒0(一杯)。イフリート(3歳未勝利)に2馬身先着。数字以上に馬体を大きく見せて、ダイナミックにフィニッシュ。好調をがっちりキープしている。

    【桜花賞予想|2016年馬体診断|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ