競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:無料予想

    5
    東京新聞杯予想【2016年】|予想・データ|注目馬

    管理人オススメコンテンツ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com


    マイルになって安定度が増す!! 

    ◆第66回東京新聞杯・G3(芝1600メートル、7日・東京競馬場)

     マイル路線転向後、2連勝中のダイワリベラルが、東京新聞杯(7日、東京)で一気の重賞初制覇を目指す。2歳時から一貫して2000メートル前後を使ってきたが、4歳12月になって初めて1600メートルに投入。2か月半ぶりの市川Sを勝ってオープン入りを決めると、昇級戦のニューイヤーSも連勝。いずれも、粘る先行馬をゴール寸前で鼻差とらえる勝負強さだった。

    【写真】新コンビの池添を背に力強く先着したグランシルク

     「ここ2戦はうまくいったよね」と菊沢調教師は控えめに振り返るが、絶妙なタイミングでの路線変更だったのは間違いない。長めの距離で競馬を教え込み、完成期を見計らって距離を短縮するのは、騎手出身のトレーナーが得意とするパターン。3歳時にマイルのクイーンCを勝ったウキヨノカゼは、5歳時にスプリント路線に変更。キーンランドCを勝ち、G1のスプリンターズSでも3着に入っている。

     前々走はプラス20キロの532キロで復帰し、前走はさらに6キロ増の538キロ。馬体の充実も、連勝の要因のひとつだ。「調教をやってはいるんだけど、冬場で全然汗をかかなくて…。でも、太かったらレースであれだけ動けない。成長分はあるんだと思う」と菊沢師は成長を指摘する。

     偉大な父に似る 父ダイワメジャーは526~532キロでG1を5勝。うち4勝を5、6歳時に挙げ、3勝がマイル戦だった。距離適性、馬体、成長曲線。偉大な父によく似たダイワリベラルが、一気にブレイクを果たす可能性はありそうだ。(椎名 竜大)

     

    今の東京ならこの馬かなって感じがしています。

    ダイワリベラル

     


    東京新聞杯予想・データ



    1) 種牡馬

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    Kitten's Joy2- 0- 0- 0/ 2100.00%100.00%100.00%240125
    ダイワメジャー21- 13- 18-116/16812.50%20.20%31.00%7690
    ステイゴールド9- 6- 13- 76/1048.70%14.40%26.90%9182
    マツリダゴッホ2- 4- 4- 28/ 385.30%15.80%26.30%92111
    シンボリクリスエス8- 8- 6- 78/1008.00%16.00%22.00%12087
    ディープインパクト36- 32- 19-183/27013.30%25.20%32.20%5274
    ゼンノロブロイ4- 8- 3- 52/ 676.00%17.90%22.40%6155
    ヨハネスブルグ0- 3- 2- 20/ 250.00%12.00%20.00%0103
    ニューイングランド0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00

     

    2) 騎手

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    三浦皇成19- 15- 7- 79/12015.80%28.30%34.20%138116
    横山典弘17- 11- 11- 91/13013.10%21.50%30.00%12083
    岩田康誠5- 3- 6- 33/ 4710.60%17.00%29.80%9490
    ベリー1- 4- 2- 17/ 244.20%20.80%29.20%2361
    戸崎圭太21- 12- 10-106/14914.10%22.10%28.90%9165
    浜中俊2- 4- 4- 25/ 355.70%17.10%28.60%1165
    蛯名正義18- 7- 11- 99/13513.30%18.50%26.70%8572
    柴山雄一6- 4- 5- 48/ 639.50%15.90%23.80%5875
    柴田善臣9- 7- 7- 92/1157.80%13.90%20.00%6763
    池添謙一2- 0- 1- 15/ 1811.10%11.10%16.70%548116
    柴田大知6- 7- 8-134/1553.90%8.40%13.50%5351
    勝浦正樹1- 1- 3- 35/ 402.50%5.00%12.50%836
    吉田隼人0- 0- 2- 23/ 250.00%0.00%8.00%037

     

     

     

    827:2016/02/05(金) 18:00:43.55 ID:
    ┏━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  2/7 東京11R 芝・左 1600m
    ┃第66回東京新聞杯(GIII) .┃(´∀` )<4歳以上(国際)[指定]オープン 別定 発走15:45
    ┣━┯━┯━━━━━━━┻○━○━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃1 │1 │グランシルク          .[牡4]│56│池  添│(東)戸田博│ニューイヤ 3┃
    ┃2 │2 │ダノンプラチナ       [牡4]│57│蛯  名│(東)国枝栄│香港M..7┃
    ┃3 │3 │エキストラエンド         [牡7]│57│岩  田│(西)角居勝│京都金 7┃
    ┃3 │4 │ダイワリベラル         [牡5]│56│横山典│(東)菊沢隆│ニューイヤ 1┃
    ┃4 │5 │タガノブルグ        .[牡5]│56│三  浦│(西)鮫島一│阪神C 11┃
    ┃4 │6 │スマートレイアー       [牝6]│55│吉田隼│(西)大久龍│エリ女 5┃
    ┃5 │7 │ルルーシュ       .    [牡8]│57│柴田善│(東)藤沢和│AJCC 15┃
    ┃5 │8 │マーティンボロ         .[牡7]│58│sフォ-リ-│(西)友道康│京都金 9┃
    ┃6 │9 │アルマワイオリ         [牡4]│56│勝  浦│(西)西浦勝│阪神C 7 ┃
    ┃6 │10│マイネルアウラート     [牡5]│56│柴田大│(東)高橋裕│阪神C 9 ┃
    ┃7 │11│(外)ダッシングブレイズ  [牡4]│56│浜  中│(西)吉村圭│リゲルS 1 ┃
    ┃7 │12│トーセンスターダム      [牡5]│56│F・ベリー│(西)池江寿│京都金10┃
    ┃8 │13│サトノギャラント         .[牡7]│56│柴  山│(東)藤沢和│関屋記 8┃
    ┃8 │14│テイエムタイホー       .[牡7]│57│戸  崎│(西)鈴木孝│京都金 2┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛
             ノ
            ('A`) マーティ!!
            (⑧) 7
            < ヽ
            マリオ
    【東京新聞杯予想【2016年】|予想・データ|注目馬】の続きを読む

    5

    【2015年毎日王冠予想】グランデッツァは福永騎手と東京芝1800mに向くか


    毎日王冠はここの馬連予想見ないでどうする
    とりあえず無料会員になるべし

    mainichisu



















    『毎日王冠』レース展望



     中山開催が終了して、関東の秋競馬の舞台は東京に移る。10~12日、3日間にわたる開催の日曜メーンは毎日王冠(11日、GII、芝1800メートル)。1着馬には天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)への優先出走権が与えられる。過去10年でも、6頭がこのレースをステップに天皇賞を制覇。例年ハイレベルなメンバーとなる一戦は、今年も登録13頭がすべて重賞ウイナーで、うち4頭がGI馬という豪華な顔ぶれだ。ちなみに、登録13頭のうち10頭がディープインパクト産駒。残る3頭もすべて父がサンデーサイレンス産駒となっている。

     スピルバーグ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は昨年、このレースで3着に入った後、天皇賞・秋を制した。英GIプリンスオブウェールズS6着以来、約4カ月ぶりの出走となるが、調整過程は順調。東京芝でメンバー最多の6勝を挙げており、秋初戦から注目される。

     昨年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)は、東京芝1800メートルで東京スポーツ杯2歳S、共同通信杯と重賞を2勝。東京では他にもダービー2着、天皇賞・秋3着と実績がある。春は中山記念(5着)の1戦のみで、今回は約7カ月の休み明け。1週前の追い切りはまだ本来の動きになかったが、相性のいい舞台なのは間違いない。最終追い切りが鍵を握りそうだ。

     他にもGI馬は古豪2頭がスタンバイ。昨年のマイルチャンピンシップをレースレコードで制したダノンシャーク(栗東・大久保龍志厩舎、牡7歳)は、3年前のこのレース(5着)以来、久々の1800メートル戦に挑む。前走の安田記念はスタートのつまずきが響いたもので、リズムに乗れなかった。1週前に栗東坂路でラスト1ハロン11秒6をマークしており、仕上がりは上々だ。また、安田記念、豪州のジョージライダーSとGI・2勝のリアルインパクト(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)も底力がある。4年前のこのレースで2着の実績があり、先行馬に有利な開幕週の馬場を味方に付ければ侮れない。

     春に充実した走りを見せた馬たちも、秋のさらなる飛躍を期している。ヴァンセンヌ(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)は条件戦を3連勝して臨んだ2月の東京新聞杯で重賞初制覇。その後も京王杯スプリングC、安田記念でともに2着と、東京で続けて好走した。芝1800メートルは【3・1・0・0】で、距離延長も問題ない。新コンビ横山典弘騎手とのレースぶりが見ものだ。

     エイシンヒカリ(栗東・坂口正則厩舎、牡4歳)は前走のエプソムCを逃げ切って重賞初制覇。昨秋のアイルランドTで外ラチ近くまで突っ走ったインパクトが強烈に残るが、春の2勝は成長を印象付けた。通算8戦7勝と底を見せていないが、相手が大幅に強化される今回こそ、真価が問われる一戦となりそうだ。

     ディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡6歳)も今年に入って中日新聞杯、札幌記念と重賞を2勝。6歳を迎えて充実ぶりが目立つ。東京芝1800メートルでは昨年のエプソムCを含め3勝を挙げており、適性は高い。

     クラレント(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡6歳)は重賞6勝の実績があり、前走の安田記念で3着と健在をアピールした。このレースでも一昨年に3着と実績は十分。左回りなら安定しているだけに、新コンビ三浦皇成騎手の手綱さばきに期待がかかる。

     アンビシャス(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は今年のメンバーで唯一の3歳馬。前走のラジオNIKKEI賞ではトップハンデ56.5キロを背負いながら、2着ミュゼゴーストに3馬身半差をつけて圧勝した。古馬と対戦するのは初めてになるが、ここで好走するようなら今後が楽しみになる。3歳馬は過去10年で【2・3・0・8】(連対率39%)と年長馬よりもハイアベレージ。東京コースでも共同通信杯3着、プリンシパルS1着と実績があり、初のGII挑戦でも見劣りはしない。

     他にも、4月の香港GIクイーンエリザベス2世Cで2着と好走したステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)、3月の豪GIランヴェットSで同じく2着と善戦したトーセンスターダム(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)、芝1800メートルの日本レコードホルダー・グランデッツァ(栗東・平田修厩舎、牡6歳)、昨年のサマー2000シリーズ覇者マーティンボロ(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)と役者ぞろいだ。

     トップクラスの人馬が激突する今年の毎日王冠。過去に何度も繰り広げられた名勝負に匹敵する、見応えたっぷりのレースが期待できそうだ。

     
    グランデッツァ
    2012年-スプリングSを勝利した時はもっと強くなると思っていた

    【【2015年毎日王冠予想】グランデッツァは福永騎手と東京芝1800mに向くか】の続きを読む

    5
    ヴィクトリアマイル予想・データ|ヌーヴォレコルトまとめ
     
    記事が良かったら共感してください
    いろいろな競馬まとめとみることができます。




    【ヴィクトリアマイル】

    ヴィクトリアマイルは予想を参考にしています!!
    競馬予想コンシェルジュ
    viku





















    【ヴィクトリアマイル予想・データ|ヌーヴォレコルトまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ