皐月賞予想|2017年|予想・データまとめ

ここの無料予想激アツ無料だって
無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ



皐月賞-直前ニュース
(ヤフーニュースより引用)

 巡ってきたビッグチャンス。松岡=ウインブライトが混戦を断つ。

  主戦・松岡騎手はある“反省”を胸に、デビュー前から類いまれな素質を感じたパートナーと歩んできた。

  「お姉さんのウインファビラス(現1勝、15年阪神JF2着)では、パートナーの自分が失敗した。弟とはそのことも意識して、3つのテーマを決めてやってきた」

  (1)前半はなだめる(2)一気にではなく徐々に加速させる(3)ソラをつかわせない。教え込んできたことはフジテレビ賞スプリングSで結実。一発勝負のトライアルで、課題を見事にクリアし快勝した。

  もっとも前走時は主戦いわく「休み明けで仕上がりはせいぜい8割程度だった」。しかも12キロの馬体減(460キロ)という誤算もあったが、厩舎サイドと相談して中間はあえてセーブせず、普段どおりの調整を続けた。

  その大一番だからこその強気な姿勢は“吉”と出た。前走のダメージがほとんどなかったことにカイ食いの良さも加わって、併せ馬主体の意欲的なけいこを展開しつつ、水曜の計量で468キロまで馬体も回復した。

  「毛ヅヤ、馬体の張り、追っての反応、どこをとっても前走以上にいい。GIの直前にしっかり追えたのは、それだけ具合がいいってこと」と、12日の最終追いの感触に声を弾ませた。

  皐月賞には複雑な思いもある。初出場の07年は15番人気サンツェッペリンでハナ差2着と惜敗。08年は1番人気マイネルチャールズで3着と期待を裏切った。

  「この時季になると当時を思いだす。今年はその上の着順を狙いたい。乗っている感じから距離が延びても心配ないし、どうしても敵わないっていう相手もいない。道悪も大丈夫。もし馬場が悪くてみんなが外を回るようなら、ゴールドシップ(12年優勝)みたいに内を突く競馬も考える」

  ようやく訪れた雪辱のとき。惚れ込み、教え込んだ最良のパートナーと、Vゴールに飛び込む。

  “究極の3連単”はウインを1着に固定。2、3着にスワーヴリチャード、カデナ、ペルシアンナイト、ファンディーナを置いた12点で勝負だ。(夕刊フジ)

【皐月賞予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む