秋華賞予想|2017年|道悪・馬場不良陣営まとめ

うまコラボ

この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


300x250

ヤフーニュースより引用

【秋華賞】アエロリット馬場悪化を懸念「良馬場の方がいい」

「秋華賞・G1」(15日、京都)

 仕上がりは申し分ない。14日の午後1時過ぎに到着したアエロリットは、すんなりと京都競馬場の馬房へ収まった。

 「落ち着いている。出来は抜群」と伊藤厩務員は完調宣言を放つ。残る敵は日曜の雨予報。「実績的には良馬場の方がいい」と極端な悪化は避けたい意向だ


【秋華賞】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

京都競馬場がある京都府南部の日曜の天気は終日雨の予報。土曜は曇り時々雨で推移し、馬場状態に影響を及ぼす程ではなかったが、当日はパンパンの良馬場を望むのは厳しい情勢だ。同じ舞台で行われた2歳500万下の土曜京都9R紫菊賞の勝ち時計は2分0秒4と水準級。芝は開幕2週目で引き続き、内外に大きな差はない。3歳牝馬の一線級が集まっただけに、良馬場発表で踏みとどまれば1分58秒台、道悪なら1分59秒台から2分0秒台の時計が予想される。

 内外に差のないコンディションなら、道悪になったとしても、ロスなく運んだ先行馬が圧倒的に有利だ。カワキタエンカの押し切りに期待する。強力な同型は最内枠のアエロリットくらいしか見当たらず、2頭が共倒れを避けようとすれば、早めに隊列も決まるはず。流れは自然と落ち着きそうだ。

 逃げた前走のローズS2着が示す通り、自分のリズムで運べれば、しぶといタイプ。重馬場の新馬戦を勝利しており、馬場不問で力が出せるのも頼もしい。マイペースで運べれば、直線はしっかりと粘り腰を発揮してくれるはずだ

【秋華賞】(7)リスグラシュー 道悪も歓迎「むしろプラス」

リスグラシューは朝一番の坂路を前進気勢たっぷりに駆け上がった。「追い切り後もカイ食いが落ちないし、落ち着きもある。ホンマにいい感じ。もう1年も勝ってないけど、G1で何とかしたい」と北口厩務員。スタンド前発走でテンションが上がることを懸念して、ゲート裏までメンコを着用予定。道悪については「大丈夫。他の馬が苦にするなら、むしろプラスやね」と歓迎した。

ブラックオニキスあまり雨は降らないで/秋華賞

ブラックオニキス(加藤和)は関西圏での競馬は4回目。輸送も慣れたもので、すぐに馬房でリラックスした姿を見せた。

 松山厩務員は「具合は前走以上。枠も理想通りでした。道悪が上手ではないので、あまり雨は降らないでほしい。楽しみです」と紫苑S4着からの上積みを強調した。

モズカッチャン鮫島師、内め4番に満足げ/秋華賞

 秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の枠順が確定した。

 オークス2着馬モズカッチャンは、過去10年で2勝を挙げている2枠4番をゲット。鮫島師は「内めはいいんじゃないかな。オークスも内でうまく立ち回ったからね。道悪も気にしないと思う」と満足げな表情。

 坂路で4ハロン64秒1-15秒9をマークした。


【秋華賞】ラビットラン道悪にも自身アリ 3連勝でG1タイトル獲る!
  「秋華賞・G1」(15日、京都)

 3連勝で頂点へ。ラビットランは14日、栗東坂路で4F61秒8-15秒8をマークして決戦に備えた。

 辻野助手は「カイバも食べていますし、テンションが上がっているところもない」と笑顔。「普段、悪い馬場でも走っているので」と道悪にも自信をのぞかせていた。





勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
無料情報だけで万馬券GETwwwww
kachium