競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:競馬2ch

    5
    武蔵野S予想|予想・データ|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


    4戦4勝のモーニンに石坂師『前走は本当に強い勝ち方』

     武蔵野ステークスはデビューから4戦4勝のモーニンに注目だ。

     モーニンは2014年3月にアメリカで行われた2歳のトレーニングセールで335,000ドル(1米ドル100円換算で3350万円相当)で落札された外国産馬だ。一般的にトレーニングセールへ出品される馬はセリの段階で十分に仕上げられる。石坂師いわく、モーニンもその例外ではなく大きな反動が見られたようだ。

    「来日後、体が緩むわけですよね。特にこの馬の場合、本当にクタクタになってしまった。一時は『競走馬になるのかな?』というほど疲れ果てていました」

     その影響ですべてのスケジュールが遅れた。当然、栗東トレセンへやってくるのも遅くなってしまった。

    「それでも、調教をやりだしたら『これは走るな』という手ごたえを感じました」

     新馬戦でのデビューは間に合わず、5月16日の未勝利戦が一戦目となった。

    「思ったとおり、すごく強い勝ち方でした」

     その後は500万の平場で2勝目、1000万下の新涼特別で3勝目を挙げ、準オープンの秋嶺ステークスへと駒を進めた。

    「レース前は1600mという距離は少し長いかな?と思っていましたが、未勝利戦で見せたような圧倒的な強さを見せてくれました。本当に強い勝ち方をしてくれたので、すぐに武蔵野に行こうと決めました」

     4戦4勝と無傷で重賞へと突き進むモーニン。素顔はとても大人しいのだそうだ。

    「それでも、競馬にいったら見事な競馬をしてくれます。最終追い切りは単走でしたが、本当にいい動きでした。順調にきています」

     武蔵野ステークスにはGI馬グレープブランデーなど重賞勝ち馬が出走する。これまで以上にクラスの壁は厚い。それでも石坂師の期待は高まるばかりだ。

    「武蔵野ステークスをクリアできたら、来年はもっと大きなレースに出れる。そういう馬じゃないかな、と思っています」
    (取材・文:花岡貴子)

     

    武蔵野S-種牡馬データ・騎手データ

    1)種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    Henny Hughes3- 0- 2- 3/ 837.50%37.50%62.50%73192
    Tapit5- 1- 3- 12/ 2123.80%28.60%42.90%144115
    Indian Charlie2- 0- 0- 4/ 633.30%33.30%33.30%568111
    ケイムホーム7- 5- 7- 48/ 6710.40%17.90%28.40%155110
    マンハッタンカフェ6- 13- 9- 73/1015.90%18.80%27.70%3175
    ブラックタイド6- 1- 7- 38/ 5211.50%13.50%26.90%14482
    キングカメハメハ13- 23- 21-160/2176.00%16.60%26.30%6477
    メイショウボーラー5- 7- 3- 44/ 598.50%20.30%25.40%12585
    トワイニング3- 1- 1- 16/ 2114.30%19.00%23.80%7541
    ハーツクライ7- 10- 8- 81/1066.60%16.00%23.60%1585
    アドマイヤマックス0- 0- 1- 10/ 110.00%0.00%9.10%032
    Malibu Moon0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

    2)騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ルメール11- 3- 2- 10/ 2642.30%53.80%61.50%205106
    ムーア8- 5- 1- 16/ 3026.70%43.30%46.70%7887
    横山典弘31- 22- 18-123/19416.00%27.30%36.60%7178
    戸崎圭太27- 19- 21-139/20613.10%22.30%32.50%7071
    内田博幸22- 33- 25-176/2568.60%21.50%31.30%5985
    蛯名正義21- 26- 28-169/2448.60%19.30%30.70%4871
    川田将雅2- 3- 1- 17/ 238.70%21.70%26.10%3866
    北村宏司25- 24- 25-210/2848.80%17.30%26.10%8777
    柴田善臣11- 13- 16-134/1746.30%13.80%23.00%135113
    三浦皇成19- 16- 16-179/2308.30%15.20%22.20%7052
    田中勝春23- 12- 13-184/2329.90%15.10%20.70%8285
    柴山雄一8- 5- 3- 89/1057.60%12.40%15.20%6940

     

    武蔵野Sツイッターの声

    【武蔵野S予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    アルゼンチン共和国杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    《AR共和国杯》ラブイズブーシェ気配上昇、力強く1馬身半先着 

     アルゼンチン共和国杯の木曜追い切りが5日、栗東トレセンで行われた。ラブイズブーシェはCWコースで道中ズブさを見せたものの、先行するスリータイタン(6歳1600万)を力強くかわして1馬身半の先着。時計も6F83秒5~1F12秒5と上々だ。

     「しまいだけやってほしいという指示でした。動きは良かったですよ。まだ衰える年でもないし、気持ちが途切れなければやれると思うんですけどね」

     手綱を取った古川は精神面をポイントに挙げたが、力を出し切れれば十分に勝ち負け可能と思わせる口ぶりだ。報告を受けた村山師も、トーンが上がる。

     「まだ完全に気持ちが乗ったわけじゃないけど、徐々に良くなっていますね。前走の新潟でも集中力を切らさずに走っていました。左回りは天皇賞・秋4着などの実績がありますし、走る方に気が向けば差はないでしょう」

     近走内容が嫌われて人気落ち。低迷の原因が年齢的な衰えならば手が出しづらいが、村山師は「気持ちの問題」と断言する。その点、前走で6戦ぶりに1桁着順を確保したのは、やる気アップのサインだろう。同厩舎、同馬主のコパノリッキーが3日のJBCクラシックを制覇。自身の、そしてステーブルメートの追い風に乗って、1年4カ月ぶりの勝利を狙う。

     

    アルゼンチン共和国杯ー種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ゴールドヘイロー0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0320
    ブライアンズタイム0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0240
    マンハッタンカフェ0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%0340
    ハーツクライ1- 2- 0- 5/ 812.50%37.50%37.50%6182
    ディープインパクト1- 0- 1- 5/ 714.30%14.30%28.60%6257
    キングカメハメハ1- 0- 1- 6/ 812.50%12.50%25.00%316100
    ステイゴールド1- 0- 0- 5/ 616.70%16.70%16.70%27073
    ゴールドアリュール0- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%070
    ダイワメジャー0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    ネオユニヴァース0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
    シンボリクリスエス0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

    アルゼンチン共和国杯ー騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    蛯名正義2- 0- 0- 5/ 728.60%28.60%28.60%29491
    内田博幸1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%146115
    吉田豊0- 1- 0- 3/ 40.00%25.00%25.00%057
    古川吉洋0- 1- 0- 0/ 10.00%100.00%100.00%0680
    柴田大知0- 0- 1- 5/ 60.00%0.00%16.70%070
    川田将雅0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    柴田善臣0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    田辺裕信0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
    松岡正海0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
    石神深一0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
    C.デム0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    吉田隼人0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
     


    2chSCの声はこちらから
    【アルゼンチン共和国杯予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    天皇賞(秋)予想|2015年覚醒した感じ|ラブリーデイまとめ

     目下3連勝で、その内容もレースごとに強くなるラブリーデイがGI・2勝目に王手をかける。対抗する他馬も左回りを完全に克服したエイシンヒカリ、好パートナーを得たショウナンパンドラ、3歳馬サトノクラウンと好メンバーが揃った。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■11/1(日) 天皇賞・秋(3歳上・GI・東京芝2000m)

     ラブリーデイ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は今年だけで重賞を5勝。前走の京都大賞典はいつもと違い内を突く展開になったが、それでもきっちりと伸びて突き抜けた。正に本格化した様だ。距離短縮はプラス材料で、左回りも問題ない。ここも当然上位争いに持ち込んでくるだろう。

     エイシンヒカリ(牡4、栗東・坂口正則厩舎)は初めての左回りだった昨秋のアイルランドTで外へ大きくヨレてしまったが、その後は徐々に修正。鞍上もピッタリの様で、前走は全くそんなところも見せずに逃げ切った。元々能力が高い馬だが、悪癖も修正できたことでGI制覇まで見えてきた。

     ショウナンパンドラ(牝4、栗東・高野友和厩舎)は池添謙一騎手の手が合ったこともあり、前走のオールカマーでは目の覚めるような末脚を披露。牡馬の一線級が相手でもと思わせる走りを見せた。距離もちょうど良く、ここも当然期待がかかる。

     サトノクラウン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)はダービー以来のレースとなるが、予定通りのローテーションだけに問題は無さそうだ。距離短縮はプラス材料で、斤量も有利。好走が期待できそうだ。

     その他、一叩きされて上積みが大きい昨年の覇者スピルバーグ(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)、堅実に走り崩れないディサイファ(牡6、美浦・小島太厩舎)、前走で復活の兆しが見えたイスラボニータ(牡4、美浦・栗田博憲厩舎)、本来の脚を溜める形なら差はないヴァンセンヌ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)辺りも上位争いの候補。発走は15時40分。

     

    ラブリーデイは2015年覚醒した感じ

    中山金杯⇒京都記念⇒鳴尾記念⇒宝塚記念⇒京都大賞典
    と勝利している。

     



    やっぱり、印象的なのは、宝塚記念


     

    2015年-宝塚記念


    1着 ラブリーデイ 川田将雅

    2着 デニムアンドルビー 浜中俊

    3着 ショウナンパンドラ 池添謙一

     

    ラブリーデイはツイッターでも盛り上がる!!

    【天皇賞(秋)予想|2015年覚醒した感じ|ラブリーデイまとめ】の続きを読む

    5
    富士S予想|予想・データ|ネット評価まとめ


    富士S、サトノアラジン、抜群の動きにルメール[マイルに替わるのはこの馬にとってプラス]
     

    【富士S(土曜=24日、東京芝1600メートル=1着馬にマイルCS優先出走権)注目馬21日最終追い切り:栗東】サトノアラジンはウッドで単走。スピードに乗って直線を向くと気合十分にひと伸び。全身をフルに使ったダイナミックなフォームでラスト12・1秒(5ハロン68・2秒)の切れ味を披露。攻め駆けタイプらしく、抜群の動きで好仕上がりをアピールした。

     調教を見守ったルメール騎手「休み明けになるが、今週もとてもいい動きだったね。前走(エプソムC=2着)は距離がぎりぎりだった感じ。マイルに替わるのはこの馬にとってプラス」

     

    グランシルクはしっかり伸びる、叩いて息遣いや体の張りが良化

     

    【富士S予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    京都大賞典回顧|ラブリーデイの覚醒まとめ


    京都大賞典を外した人へ
    ここが注目…見逃ししたら後悔・・・
    金馬の無料会員が注目

    kinb1


     











    [貫禄の差しきり勝ち]ラブリーデイ、陣営の予想を超える進化を証明

     12日に京都競馬場で行われたGII京都大賞典(芝外2400メートル)は1番人気のラブリーデイ(牡5・池江)がグランプリホースの貫禄を示す差し切り勝ち。秋のGI・3連戦に向けて弾みをつけた。6番人気での勝利だった宝塚記念が紛れもなく実力だったことを証明した今回の一戦。その価値の大きさを改めて検証する。

     上半期のグランプリホースとなったラブリーデイの秋初戦。自信満々での出走だったかといえば実はそうでもない。

    「この後にGIを3走することを考えてつくってきたからね。腹回りに余裕があって八分あるかどうかの状態。距離2400メートルも微妙だし、逃げ馬がいないメンバー構成もどうか、と。速い上がりの競馬は苦手なタイプと思っていたからね」(池江調教師)

     前哨戦ながら必勝を期して臨んだライバル陣営が多い中、叩き台であることを宣言していた唯一の存在。ゆえにレース後の池江師は「こちらの予想以上に進化している」。うれしい誤算といった口ぶりだった。

     では、手綱を取った川田の反応はどうか? こちらも「しっかりとつくっていない状態にしては返し馬の雰囲気は良かった」とあくまで前哨戦と割り切ったうえでの好感触だったようで、道中も目先の勝利よりも、馬のリズムを重視したレース運びを選択した。

    「思っていた以上にいい形で勝ってくれたよ。58キロを背負い、速い上がりにも対応して、狭いスペースを割ってこれたんだから」と振り返ったが、口にしたすべてはまさに今後に向けての課題。GI・3連戦に向かう前に、試しておきたかったことだった。そんな中、ラブリーデイがマークした上がり3ハロンは32秒3。ペース、コースが違うとはいえ、天皇賞・秋と同じ58キロを背負って、高速上がり決着に対応したことに価値がある。

     今回の勝利で今年、早くも重賞5勝目。古くはオグリキャップにナリタブライアン、最近ではディープインパクトにオルフェーヴル、ジェンティルドンナ。「年間重賞5勝」というラインはそれだけで超一流馬の証明になるが、この馬はまだ道半ば。まだまだ重賞勝利を積み重ねる勢いだ。

    「今度は強い逃げ馬(エイシンヒカリ)をロックオンして、どこで捕まえるか。こういう状況の方が競馬はしやすいんだよ。2000メートルは最も得意な距離でもあるからね」と池江師。陣営の予想をはるかに超えるスピードで進化し続けるラブリーデイ。条件が好転する次走の天皇賞・秋(11月1日=東京芝2000メートル)での好走はすでに約束されたも同然だ。

     

    2015年-京都大賞典



    1着 ラブリーデイ 川田将雅

    2着 サウンドオブアース 浜中俊

    3着 カレンミロティック 蛯名正義

     

     


    京都大賞典の馬券
    kyouda













    【京都大賞典回顧|ラブリーデイの覚醒まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ