競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:関屋記念

    5
    関屋記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ

    競馬ファンならチェックしましょうwwwww

     ヴィクトリアマイル6着のマジックタイムは、美浦Wコースで5ハロン66秒9、3ハロン37秒0-12秒7。馬なりながらも、しっかりとした伸び脚を見せて併入した。「追い切りの時計は予定通りで順調。いい動きだったと思う」と中川調教師は満足げな表情を浮かべる。マイルは全5勝を挙げる得意距離で、新潟も3戦して2勝2着1回と好成績。ダービー卿CTに続く重賞2勝目へ態勢は整っている。

     
    関屋記念・予想・データ
    1) 種牡馬データ
    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    メジロベイリー2- 2- 0- 1/ 540.00%80.00%258342
    スニッツェル0- 1- 1- 2/ 40.00%50.00%0220
    ディープインパクト9- 18- 13- 80/1207.50%33.30%5673
    フジキセキ4- 3- 0- 18/ 2516.00%28.00%14982
    アグネスタキオン2- 1- 2- 13/ 1811.10%27.80%122103
    ハーツクライ6- 9- 4- 58/ 777.80%24.70%6974
    チチカステナンゴ1- 0- 4- 17/ 224.50%22.70%2283
    ステイゴールド4- 7- 5- 55/ 715.60%22.50%4795
    ダンスインザダーク2- 0- 1- 11/ 1414.30%21.40%11062
    シンボリクリスエス3- 3- 5- 42/ 535.70%20.80%2461
    キングカメハメハ5- 6- 2- 52/ 657.70%20.00%5439
    サクラバクシンオー3- 0- 1- 16/ 2015.00%20.00%11456
    クロフネ2- 1- 2- 26/ 316.50%16.10%5139
    アドマイヤコジーン0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    M.デム6- 4- 0- 8/1833.30%55.60%11274
    松若風馬2- 0- 1- 4/ 728.60%42.90%11777
    田辺裕信12- 3- 4-31/5024.00%38.00%180128
    蛯名正義8- 8- 5-36/5714.00%36.80%13680
    横山典弘0- 5- 7-23/350.00%34.30%097
    戸崎圭太5- 8- 1-31/4511.10%31.10%2852
    小牧太1- 0- 1- 5/ 714.30%28.60%7184
    柴田大知4- 5- 3-43/557.30%21.80%14075
    柴田善臣5- 2- 3-37/4710.60%21.30%8771
    津村明秀2- 3- 3-33/414.90%19.50%70107
    内田博幸3- 2- 1-35/417.30%14.60%3125
    村田一誠0- 1- 1-15/170.00%11.80%021
    大野拓弥0- 3- 3-52/580.00%10.30%027
    石橋脩1- 1- 2-42/462.20%8.70%5637
    北村友一0- 0- 0-10/100.00%0.00%00
    和田竜二0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%00
    酒井学0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%00




    ここの予想…競馬ファンなら知っている
    無料会員が激アツwwww
    チェンジ
    実際に公開されている


    「 関屋記念(G3) 」
    ―――――――――――

    ※長い直線でのスピードと瞬発力比べが見せ場となり、道中のペースや各騎手の作戦などが、勝敗を左右する重要なポイントとなるレース。本年度は


    良績が1400に偏っており、マイル戦は若干長く、特殊な条件となる新潟マイルでは不安点こそあるも、G2勝ちの実績はここでは一枚上となるロサギガンティアを中心に、左回りのマイルがめっぽう得意で、牝馬ならではの末脚の切れがここでは怖いマジックタイムや近走の充実ぶりが目立つピークトラム等、虎視眈々と穴馬が躍進する半で線という特徴が顕著に現れる傾向にある注目の一戦。

    ―――――――――――
      開催場の特徴
    ―――――――――――
    新潟・芝1600m(外回り)

      ↓↓↓↓↓↓

    正面半ばからのスタートで、外回りコースの入り口から3コーナーまでは上り坂。スタート地点から3コーナーまでは約550mとなり、3コーナーから4コーナーにかけて緩やかな下りがある。直線距離は658.7mで、JRAのコースの中では最も長いこともあり、前半は遅く、上がりが極端に速くなる傾向あり。2歳馬にとってはタフなコースで、長い直線まで脚を温存できる能力が重要となる。古馬混合のレースでは、直線でスピードを持続する能力が要求される。(※JRAホームページより抜粋)

    伏兵の台頭が多くはなるが、その分上位人気馬も堅実な結果を残しており、今年も上位人気+伏兵馬という基本を抑えて、調教時よりメイチの動きを披露している『有力馬情報』をキャッチ!

    ―――――――――――

    そんな「関屋記念(G3)」は日曜日10時からの無料情報公開予定!

    総勢216名の馬券師在籍数を誇る弊社ならではの見解にて、厳選単勝3点情報として公開いたします。


    button3-4-u



    【関屋記念予想|2016年予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    関屋記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ
     
     
    競馬サイトはここを信頼
    関屋記念ならここを買う
    無料会員なら激アツ!!
    チェンジ
    sekiya2















    マジェスティハーツ&森騎手、人馬初重賞制覇を目指す

     関屋記念に向けてマジェスティハーツが好気配をみせている。
     今週はレースでも騎乗する森一馬騎手が騎乗し、少々内にもたれながらもマルカファインに先着した。もたれる癖については、成長期に腸骨を骨折したのが原因と言われている。
    「身体的な理由なのでどうしようもないが、左まわりのほうがマシですね。状態はいいので期待しています」(中山助手)

     今回は特殊ハミの一種であるトライアビットを利用する。トライアビットは、リングハミの円の部分の上部が直線に近い緩やかなカーブになっている。この形状だと口の中に入れる部分がまっすぐ水平なので、ちょうど馬の口にはまる。行きたがる馬の矯正に役立ち、かつ比較的あたりの柔らかいハミなのでリラックスして走れるという。

     マジェスティハーツはこれまでリングハミもトライアビットも使用してきたが、今回は2週前の追い切りでトライアビットに換えたら真っ直ぐ走ったのでレースでの装着を決めたそうだ。

    「直前の追い切りでは、トライアビットに換えてた効果を高めるためにあえてつけませんでした。それでも追い切りではしっかり動いてくれました。状態のよさとトライアビットの相乗効果があるといいですね」と森騎手は笑顔をみせた。

     馬体は若干余裕はあるが「輸送で絞れるだろうし、もともと使い詰めるより余裕のある使い方のほうが結果がいい」(中山助手)のでこの点は心配なさそうだ。

     森一馬騎手は「後輩の松若騎手も重賞を勝ったことが刺激になった」とのこと。
    「腹を据えて騎乗して、結果を出したいです」と、熱く意気込みを語っていた。
    (取材・写真:花岡貴子)

     

    マジェスティハーツはレベルの高い鳴尾記念を2着だった

     

    【関屋記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    【関屋記念予想】スマートオリオンの最大限の不安点まとめ


    競馬ファンならここ見逃すな
    関屋記念の無料予想をゲット
    sekiya2













    スマートオリオンと鹿戸氏

     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、関屋記念にスマートオリオンで挑む鹿戸師を直撃した。

     ――前走(中京記念1着)は輸送があったのにプラス2キロの504キロ。

     鹿戸師 前々走(パラダイスS1着)後、早々に目標を中京記念においてうまく仕上げることができました。

     ――スタートからデムーロ騎手が押して先行しました。

     ズブいと思ったのか、予想以上に押して出していきました。おかげで良い位置を取れたと思います。

     ――インコースの少々馬場が悪いところを回った。

     ある程度の悪い馬場はこなせる馬なので、むしろコースロスなく回れたのが良かったと思います。

     ――直線では外に出して早め先頭。

     自分で勝ちにいく形で最後までしのいでくれました。ハンデを背負っていたことを考えても着差以上に強い内容だったと思います。

     ――1600メートルを克服したのは大きかった?

     若い頃は折り合いが難しくて短いところを使っていました。古馬になりズブさが出てきたので今なら1600~1800メートルでも大丈夫だと思います。

     ――気性面の成長もある感じ?

     気性的には元から悪くはありません。ただ前向き過ぎただけですが、そういう意味ではだいぶ落ち着きが出てきました。

     ――デビュー時476キロだった体が近走は500キロ以上。

     これに関しては明らかに成長分。昔より肉体面はしっかりしてきています。

     ――途中からシャドーロールを変更した?

     少し口向きの悪いところがあり舌を出したりしていたのでクロス鼻革を併用するようにしました。その後の走りを見る限り、効果が大きく出ています。

     ――前走後の状態は?

     元来夏場に良いタイプ。前走後はすぐにここを目標にしたので変わらず良い状態を維持しています。

     ――サマーマイルチャンピオンを狙える。

     そうなれるように送り出すつもりです。応援よろしくお願いします。

     
    スマートオリオンは前走中京記念を勝利している
     

     

     ツイッターの声



    【【関屋記念予想】スマートオリオンの最大限の不安点まとめ】の続きを読む

    関屋記念予想|今のところの注目馬サトノギャラントまとめ

     

    管理人おすすめかな
    只今-無料会員募集中
    cen1












    【サトノギャラントが巻き返すか?】


    【関屋記念(日曜=16日、新潟芝外1600メートル)注目馬最新情報:美浦】サトノギャラントの1週前追い切りは南ウッド5ハロンから追いかけ先着で68・2―37・9―12・2秒。直線の反応上々で伸び脚もシャープ。暑さの影響を感じさせず体調は安定している。

     津曲助手「出遅れた前走(安田記念=13着)は1頭だけでの追走になって気持ちが乗らなかった。新潟は勝ち鞍のあるコース。1週前追い切りの動きも確かな脚取りだった。状態はいいので巻き返してほしい」


     【関屋記念】レース展望

     夏の新潟競馬は前半最終週を迎える。日曜メーンは、サマーマイルシリーズ第2弾の関屋記念(GIII、芝1600メートル)。直線の長い外回りコースでマイラーが覇を競う一戦は、50回目という区切りを迎える。

     「夏は牝馬が強い」の格言通り、まずはカフェブリリアント(美浦・堀宣行厩舎、5歳)に注目したい。今年に入ってからの成長が目立つ一頭で、準オープンの節分Sを勝って挑んだサンスポ杯阪神牝馬Sを好位から抜け出し、重賞初挑戦でV。続くヴィクトリアマイルは中団から伸び、勝ち馬ストレイトガールから0秒5差の5着と善戦した。今回は3カ月ぶりの実戦となるが、美浦トレセンの坂路とWコースで順調に乗り込まれており、力を出せる状態にある。全6勝のうち、新潟の芝で3勝と相性もよく、重賞2勝目のチャンスだ。

     サマーマイルシリーズ第1弾の中京記念を制したスマートオリオン(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡5歳)は、シリーズ連勝を狙う。夕刊フジ賞オーシャンSを含み、芝1200メートルで5勝とスプリンターのイメージが強かったが、前々走のパラダイスSで芝1400メートルを克服して1着。さらに1ハロン距離が延びた中京記念でも好位から抜け出して連勝を飾った。今回は関東リーディングの戸崎圭太騎手と初コンビ。鹿戸厩舎は7月以降だけで9勝と今夏は勝ち星を量産しており、厩舎の勢いも後押しする。ここを勝てばシリーズ制覇はほぼ確定的な状況(アルマディヴァンが関屋記念2着、京成杯AH優勝時のみ同点優勝)だけに、ボーナス獲得の意味でも全力投球だ。

     レッドアリオン(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡5歳)は全6勝のうち、5勝を芝1600メートルでマーク。前走の中京記念は57.5キロのハンデが響いたのか8着と伸び切れなかったが、それでも0秒3差と大きく負けていない。賞金別定戦の今回は57キロで出走できる。昨年勝った同厩の半兄クラレント(父ダンスインザダーク)に次ぐ兄弟制覇も十分にあるだろう。

     アルマディヴァン(美浦・高橋文雅厩舎、牝5歳)は中京記念でスマートオリオンとクビ差の2着。斤量が前走の52キロから2キロ増える54キロになる点がどうかだが、全5勝中、新潟は3勝と最も得意にしているコースなので軽視できない。藤岡佑介騎手とのコンビでは前走が13番人気2着、今春の初音Sが8番人気3着と手が合う印象。高橋文雅厩舎には重賞初制覇の期待がかかる。

     サトノギャラント(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は昨年の3着馬で、同じ新潟芝1600メートルで行われた前々走の谷川岳Sでは上がり3ハロン31秒9の豪脚で、直線一気の追い込みを決めた。前走の安田記念は13着だったが、得意の舞台なら見直せる。同じく安田記念(9着)からリベンジを狙うエキストラエンド(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)はミルコ・デムーロ騎手の騎乗が魅力だ。

     他では鳴尾記念2着のマジェスティハーツ(栗東・松永昌博厩舎、牡5歳)、中京記念4着のエールブリーズ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡5歳)なども上位争いが可能。アーリントンC勝ちがあり、NHKマイル6着からの参戦するヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡3歳)は、3歳馬は過去10年で3着1回(2011年サトノフローラ)と苦戦傾向なのが気になる。涼しい函館で調整して、直前輸送で臨む陣営の策が吉と出るか、興味深い。

     
    関屋記念-2014年


    1着 クラレント 田辺裕信

    2着 ダノンシャーク 内田博幸

    3着 サトノギャラント 北村宏司

     



    まあサトノギャラントはここでは格上なんだろうね・・・

     



    ツイッターの声

    【関屋記念予想|今のところの注目馬サトノギャラントまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ