競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:阪神大賞典

    阪神大賞典予想|2017年|データ・ネット評価まとめ


    【阪神大賞典(日曜=19日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・30天皇賞・春優先出走権)栗東トレセン発秘話】歩様、毛ヅヤ、馬体重の増減…見た目に体調の変化が分かる材料はいくつかあり、調教の動きもその一つ。阪神大賞典に出走するシュヴァルグランは中間、これが明らかに変わった。

     昨年までは攻め駆けしない馬の代表格のような存在。毎回のように併せ馬で見劣っていたものだが、この中間は楽な手応えで併せ先着の好調教を連発。あまりに動くので、15日の最終追い切りはこれまでのウッドから坂路に変えたほどだ(ここでも併せ先着を果たした)。この違いの理由は?

    「去年の有馬記念(6着)あたりから兆しは出ていたんです。今までは軽い芝なら動けるけど、(ウッド)チップでは体を使い切れなくて、時計が出なかった。それがようやくしっかり体を使えるようになったんだよね。馬がそれだけ良くなっているということですよ」とは担当の津田助手だ。

     阪神大賞典、アルゼンチン共和国杯とGII・2勝に、天皇賞・春、ジャパンCのGI・3着2回。昨年は目覚ましい活躍をしたシュヴァルグランだが、津田さんから毎回のように聞いていたのは「本当に良くなるのは、まだ先」という言葉だった。正直、「これだけ走っているのに、まだ良くなるのか?」と思ったものだが、実際、この中間の抜群の動きを見せられると、本当に“まだ上があった”ということなのだろう。

    「本格化? 今年がそういう年になるかもしれないですね。これまでよりワンランク上の状態に持っていけそうな感触はあります」

     サトノダイヤモンドという強敵がいるだけに、連覇は決して楽なミッションではないが、内容的に昨年以上の走りを見せれば、調教の変化通り、馬が着実にステップアップを遂げた証しになる。“激安”になるであろう馬券的なことはさておき、その走りに注目したい。

    【阪神大賞典予想|2017年|データ・ネット評価まとめ】の続きを読む

    阪神大賞典予想|予想・データ|ネット評価まとめ

     

    【阪神大賞典(日曜=20日、阪神芝内3000メートル=1着馬に天皇賞・春優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、今週は何の前振りも思いつかなかった稲富菜穂です。で、いきなり本題。ゴールドシップの3連覇でおなじみの阪神大賞典が今週の注目レースですね。

     一昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルにはミルコ・デムーロ騎手が初騎乗。「だいじょばない」のレギュラーさん(勝手に常連扱いしてすみません)は「初めて乗ったけど、いい馬だと思った。でも、7か月の休み明けだけが不安です」と。う~ん、そこは私も気になるところ。管理する谷調教師に突っ込んで聞いてみました。

    「本当は“少し太いです~”とか、“息遣い悪いです~”って、ミルコに言われると思っていた。太いと感じたら気合を入れといて、と言うてたんやけど、最後まで馬なりで上がってきて“大丈夫です。やることなかったです”と」

     ふむふむ。めっちゃええ感じやん♪…と油断していたら、いきなり飛んできましたよ! 気になるコメントさんが。

    「この馬の場合は休みが多くてね。今回も脚に不安があっての休養で、ただの休みではないし…。最終的な目標は天皇賞(春)。まずは無事に回ってきてくれたら」

    “不安”というところまではいってないんやけど、それでも“慎重”な感じではあったかな。ふむふむ。稲富的には「狙いは次」とみた。

     イチ押しはシュヴァルグラン。福永騎手いわく「追い切りの動きだけやったら“条件戦でも勝てるかな?”という感じ。不思議な馬だよね。でも調教で無駄に傷むことがないし、これでいいと思う。まだ足りない部分の方が多いけど、レースに関しては優秀な馬」と。

     ふむふむ。そういえば友道調教師も「前走まで乗っていたルメールも稽古では“えっ、これで走るの?”って感触だったみたい」。トップジョッキーが口を揃えて言うんだから、わざと練習をサボってるわけではないのね、ふむふむ(自分と重ねちゃダメ)。

    「賞金的には昨年の菊花賞も出走できそうだったんだけど、目標は春の天皇賞と思ってやってきた。一歩ずつ着実にね。このレースも昨年の秋から視野に入っていたんだよ。前走の日経新春杯(2着)でもゴール前でしっかりと伸びているし、折り合いもつくので距離も大丈夫だと思う。実績のある馬が何頭かいるし、どんなレースをしてくれるか楽しみです」(友道調教師)

     ふむふむ。こりゃあ週末を待たずに“頭確定”ですな。

    ☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。2007年にアイドルユニットに参加し、「ひとりじめ☆Teacher」でCDデビュー。関西在住の女性タレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。休日には一人で競馬場へと出向くほど競馬が大好き。また栗東でのリポーター時代には彼女が取材した馬がたびたび激走。現在でも一部のトレセン関係者からは「競馬界の女神」と呼ばれている。




    1) 阪神大賞典・種牡馬データ
    【阪神大賞典予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    阪神大賞典予想|注目馬シュヴァルグラン

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com
     

     今週も栗東は朝の冷え込みが厳しい。1日は深夜からの雪の影響で、Dコースが閉鎖。コース一面が銀世界になっていた。1日に関しては、小雪が舞う時間帯も多く、3月とはいえ、早朝は気温が上がってこない。

     ただ、調教時間も後半の時間帯、9時を過ぎると、かなり暖かくなり、分厚いジャンバーは必要ないくらい。今週末から暖かくなるという予報なので、冬場で体がなかなか絞れてこなかった馬にとっては、これからの季節が待ち遠しいといったところだろう。

    【坂路/4F51.9秒】
     2日。朝一番に追い切られたニシケンモノノフ(栗東・庄野靖志厩舎)が4F48.9秒で一番時計をマーク。この馬を含めた5頭が4F50秒を切るという、ここ最近でも珍しいくらいに速い時計が出ている。ラスト1F11秒台も5頭いて、全体的にも速い時計をマークしやすい馬場となっている。

     3日。馬場状態に関しては、前日と変わりない。一番時計は4F50.4秒のポメグラネイト(栗東・長浜博之厩舎)だったが、二番時計は3歳新馬のナムラエルサ(栗東・五十嵐忠男厩舎)が、4F50.5秒をマーク。朝一番の馬場でかなり時計が出やすかったのは間違いないが、能力がなければこの数字はでないだろう。

     2回目のハローが終了した後の馬場で追い切られたのが、大阪杯(4月3日・阪神芝2000m)での始動を予定しているラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎)。軽く乗っているように見えたが、実際の時計は4F55.9~3F41.3~2F27.4~1F13.6秒とある程度速い数字が出た。それだけ中身がしっかりと出来ている状態で帰厩したということだろう。

     また、10時すぎの時間帯には高松宮記念(3月27日・中京芝1200m)の出走を予定しているビッグアーサー(栗東・藤岡健一厩舎)が単走での追い切り。4F56.8秒と全体時計は遅いものの、ラスト1Fは11.8秒と速い。短期間でどの程度リフレッシュできているのか、これからの調整も見守っていきたい。

     先週の馬場差が「-0.5秒」。今週も同じ馬場差の記録を検討したが、上位の時計があまりにも速すぎるため、やはり今週は速い時計を目安に馬場差を考えるべきと判断。よって、2日、3日とも『-1.0秒』の馬場差で記録している。

    【CW/5F66.5秒】
     ここ最近は時計の出にくい、基準時計通りの馬場が続いていたが、今週は坂路同様、時計の出やすい馬場に変化。別ニュースでお伝えしたシングウィズジョイ(栗東・友道康夫厩舎)が今週の一番時計をマークしているが、この馬だけが突出しているわけではなく、6F80秒切りもそれなりの頭数が揃っている。

     特に3日の方が時計が出ていた印象が残るが、そんな中でシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎)が少し地味。日経新春杯2着の後、放牧を挟んで、次走は阪神大賞典(3月20日・阪神芝3000m)の出走を予定しているが、3日の3頭併せでは追走してきた同厩サラトガスピリットにあっさりと追い抜かれる内容。時計も6F84.7~5F69.0~4F54.6~3F40.0~1F12.8秒とごく平凡。あまりカッカするようなところがないからこそ、長距離が向いているのかも知れないが、動きに派手さがないことは事実。

     先週の馬場差が「±0.0秒」。今週は時計の出やすい馬場に戻っている感じがするだけに、馬場差は2日、3日とも「-1.0秒」で記録している。

    【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
     今週の芝馬場での追い切りは大橋勇樹厩舎の併せ馬と宮徹厩舎の単走を確認しただけ。動き、時計ともにごく標準的なものだったので、2日、3日とも「±0.0秒」で馬場差を記録している。

     ポリトラック馬場の追い切り頭数は30頭程度。チューリップ賞の出走を予定しているジュエラー(栗東・藤岡健一厩舎)は迫力満点の動きを見せていたが、やはりポリトラックはスピード感十分の走りを見せる馬が多い。なお馬場差は2日、3日とも先週と同じ『-1.0秒』で記録している。

    ※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

    (取材・写真:井内利彰)

     


    シュヴァルグランは前走、日経新春杯は2着だった


     

    236:2016/03/13(日) 22:13:58.44 ID:
    阪神3000mってのが微妙なんだよな、つながるのが春天しかないけど日経賞や大阪杯でも十分にステップになるし
    同じような時期にわざわざタフな3000mを選ぶメリットが少ない
    2400mでやればいいんじゃね?と思ったけどそれじゃ翌週の日経賞と似たりよったりだな・・・
    237:2016/03/13(日) 22:15:47.67 ID:
    4歳ワンツーしろ
    盛り上がらん
    【阪神大賞典予想|注目馬シュヴァルグラン】の続きを読む

    5
    阪神大賞典予想|種牡馬データ・騎手データ|ツイッター・2chまとめ

    まだ無料会員になっていないでしょうか?
    re



    【阪神大賞典】ラストで撮る!菱田騎手、悲願初重賞

     今週の阪神大賞典は、ゴールドシップの3連覇なるかが話題だが、ラストインパクトの一発が怖い。昨年重賞3勝をあげて力をつけた今ならチャンスは十分。弥生賞3着、フィリーズレビュー2着と、重賞初Vまであと一歩の菱田裕二騎手(22)=栗・岡田=の手綱にも注目したい。

     大きな瞳を輝かせるデビュー4年目の若武者が、大物食いに意欲満々だ。菱田騎手がラストインパクトとのコンビで、自身初の重賞Vに燃えている。

     「他にも強い馬がいますが、この馬も遜色ないと思います。勝ちにいく競馬をしたい」

     阪神大賞典は、昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルが回避し、GI5勝馬ゴールドシップの1強ムード。しかし、気後れはない。初騎乗となった前走の有馬記念は7着に敗れたが、上がり3ハロン33秒7の脚を繰り出し、勝ったジェンティルドンナに0秒2差、そして3着ゴールドシップとは0秒1差。

     「待たされたぶんもありますが、しまいはいい脚でしたね。リズムよく運べていたら…。全然負けていないと思います」と、菱田騎手は直線でなかなか進路があかなかったことを悔やむが、能力の高さを感じ取っている。

     菱田騎手もそろそろ大仕事をしそうなムードがある。8日の弥生賞では10番人気のタガノエスプレッソを3着、15日のフィリーズRは7番人気のペルフィカを2着に導き、皐月賞と桜花賞の優先出走権を獲得。「たまたまうまくいっただけです」と謙遜するが、ラストを管理する松田博調教師は「デビュー時からレースを見ているけど、若手の中で1人だけ違った。考えて乗っている」と評価するなど、存在感を示している。

     「頭数も少ないし、他の馬は気にしなくていい。自分の競馬をして、(重賞で3着、2着と来て)今回は勝利を狙いたいですね」と、若武者はきっぱり。昨年は重賞3勝で今年はGIでの活躍を目指すラストインパクト。重賞初Vをきっかけにさらなる飛躍を期する菱田騎手とのコンビに注目だ。 (特別取材班)

    ■菱田 裕二(ひしだ・ゆうじ)

     1992(平成4)年9月26日生まれ、22歳。京都府出身。12年に栗東・岡田厩舎から騎手デビューし、同年23勝を挙げて、中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞。2年目に52勝、3年目に64勝と着実に勝ち鞍を増やしている若手の注目株。今年は6勝、JRA通算145勝(19日現在)。

    阪神大賞典-種牡馬データ


    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ステイゴールド2- 1- 0- 0/ 366.70%100.00%100.00%93106
    ハーツクライ1- 1- 0- 0/ 250.00%100.00%100.00%670185
    ディープインパクト0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
    キングカメハメハ0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    ゴールドアリュール0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

     やっぱりステイゴールド産駒ですね。

     

    阪神大賞典-騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    岩田康誠1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%170110
    武豊0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%080
    和田竜二0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0165
    シュタル0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0440
    浜中俊0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    藤岡佑介0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    秋山真一0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    武豊騎手ですね。

     

    基本データが少ないですけど

    やっぱり

    本命

    ゴールドシップ

     

     

     

    【阪神大賞典予想|種牡馬データ・騎手データ|ツイッター・2chまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ