競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:阪神JF

    阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2017年|馬体診断まとめ(デイリー)

    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    batai














    ヤフーニュースより

    【阪神ジュベナイルフィリーズ馬体診断】ラッキーライラック

     【ラッキーライラック 評価B】

      
     2カ月ぶりのアルテミスSを勝利。そのセンスのいい勝ちっぷりからすれば完成度は高そうに映るが、まだキ甲は抜けておらずかなりトモ高のシルエット。臀部(でんぶ)に丸みがありトモの膨らみはいいが、その半面前腕から肩あたりの肉付きは多少物足りなさが残る。

      
     まだまだ成長の余地を残しながらも結果を残せているのは、オルフェーヴル産駒らしいいい意味での前向きさかもしれない。関東遠征後だが、間隔をとり馬体を維持できているは心強い限りだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F800秒7-37秒4-12秒2(一杯)。ナンヨープルートー(3歳1000万下)を1秒3追走して0秒8先着した。追われると素早く反応して、併走馬を一気に突き放す好内容。気配もさらに良化しており、前走時以上の状態だ。

    阪神ジュベナイルフィリーズ】ロックディスタウン

    【ロックディスタウン 評価B】

      
     姉のキャットコインよりひとつ上のワンブレスアウェイのイメージに近いが、当馬は脚長で体高があり、輪郭が大きいつくり。気性的に使い減りが懸念される血筋でも、これだけ前後肢ともにしっかりとしているのは父オルフェーヴルに変わった影響も大きいのだろう。

      
     ただ、札幌2歳Sの1週前時と比較して今回はお腹のラインが上がり気味で、筋肉量ももう一歩に映る。牝馬らしさが出てきたとも言えるが、アカ抜けた迫力を誇示していたこれまでとは違い、個人的にはまとまり過ぎた印象を持つ。今回は阪神への輸送が鍵を握りそうで、直前の気配はより注意しておきたい。(馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F68秒1-37秒7-12秒4(一杯)。前を走る2頭を目標に進み、直線は内から並ぶ間もなく抜き去った。ひと息入った影響で、まだ反応は本物ではなかったが、加速してからの伸びはさすがと思わせる迫力。この1本でガラッと変わってきそうだ。


    阪神ジュベナイルフィリーズ馬体診断】ベルーガ

    【ベルーガ 評価B】
     
     約2カ月ぶりのファンタジーSを2戦目で快勝。千四を使うメンバーに入るとストライドの大きさは好印象だったが、胴長&脚長の体形+柔らかさが起因している。ただ、今回は少し間隔が詰まっているためか、前走時に比べるとトモの股部分の膨らみが少し物足りない。

      
     また、1週前追い切りの動きが多少こじんまり映ったのは肩の出の問題かも知れない。上半身に比べると脚が細い分アンバランスに映るが、今後の調整でトモが張ってくればバランスは上向く。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東芝で5F65秒3-36秒6-11秒6(馬なり)。先行するロードスター(4歳500万下)をラスト1Fでとらえると、瞬時に抜き去り半馬身先着した。今のところはイレ込みも見られず、これなら1F延長も問題なくこなせそうだ。


    阪神ジュベナイルフィリーズ馬体診断】マウレア

    【マウレア 評価B】

      
     同厩舎で桜花賞を制したアユサンの全妹。当馬はひとまわりほど小さいが、シルエットは非常に酷似しており、小ぶりな体付きでも後肢の発達が目覚ましい。490キロ台を推移した姉と比較して重厚さがなく、より敏しょう性に秀でているつくり。

      
     首差しがまだ頼りなく、幼さを残す部分ではあるが、全体としてはいい意味でコンパクトに収まっており、現状のバランス的には問題なし。切れ味を生かす走りからも外回りのコースも歓迎だ。(馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F71秒0-41秒3-12秒9(馬なり)。オーバーワークを避けて、単走でサラッと。柔軟なフットワークは健在で、直線も楽な手応えのまま軽やかな伸び。硬さもなく、好調をがっちりとキープ。


    阪神ジュベナイルフィリーズ馬体診断】コーディエライト

    【コーディエライト 評価B】

      
     ダイワメジャー産駒らしい筋肉質の馬体を誇るものの、新潟2歳Sあたりに比べるとパワー寄りになっている。キ甲の抜け具合からすれば完成度は高い方だが、その影響なのか短距離血統の血が騒いでいる印象だ。

      
     前後のバランスと皮膚の質感からすればマイルよりは千二~千四のイメージが強い点は多少の割引が必要だ。手前の関係やコーナーでのハミ受けから左回り向きと判断しているが、馬体や脚元からはそれは感じさせない。馬体や調教を考慮すれば好状態を維持。あとは距離か。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒2-38秒9-12秒1(一杯)。久々を好走した反動はなく、元気に登坂。追われてからの伸びも上々で、状態はさらに上向いている印象。



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250




    阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|2016年|馬体診断のまとめ

    無料コンテンツが豊富…只今限定会員募集中-すごい競馬


    ヴゼットジョリー(評価A)

     「阪神JF・G1」(11日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、阪神JFに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…阪神JF馬体診断

     【ヴゼットジョリー 評価=A】

     首差しが長めで脚長+胴長で薄手のシルエット。トモ高の体形で腹が巻き上がって見えるが、背景からすれば傾斜でかなり前重心になっており、その影響も少なからず受けていることは間違いない。

     新潟2歳S制覇時は丸みがあったが、今回はあばらを見せて体脂肪の少ないきゃしゃな体つき。これでケイコが軽いようだと食いが細い?などの心配をしなければいけないが、意欲的な1週前追い切り後の写真なら合格点だ。

     長距離輸送がない関西圏の競馬で、賞金的に来春のクラシックが安泰な立場。久々だが当然ここが最大目標で、次走を考えなくていい状況下。馬体を研ぎ澄ませながらもしっかりとトモを凝縮させており、ある意味究極の仕上げと判断してもいいだろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉和田を背に栗東CWで6F83秒8-37秒4-11秒8(一杯)。オリエントワークス(3歳500万下)を0秒6追走して0秒4先着。追われるとスパッと切れて、併走馬を置き去りにした。休み明けだが、太め感なく仕上がっている。

     
    ジューヌエコール(評価A)

     「阪神JF・G1」(11日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、阪神JFに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…阪神JF馬体診断

     【ジューヌエコール 評価=A】

     重馬場の新馬戦。稍重のききょうS。アグネスタキオンの肌にクロフネの血統背景が道悪巧者のイメージを先行させていたが、実際は首差しが長く胴長+脚長のスラッとしたシルエット。少し立ち気味で長めのつなぎはクッション性に富んでおり、上質のスピード持続力を生み出している。

     ディープインパクト産駒のように軽さと切れが武器ではないが、どこからでも安定した脚を計算できるのは今時期の2歳としては心強い限りだ。デイリー杯2歳Sで上がりの速い競馬に対応しての3連勝は本物と見ていい。長い首差し+平均的な肩の角度+トモ高のマイラー体形で、馬体の締まりも文句なし。血統を覆す柔らかさも魅力だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒3-39秒3-12秒3(馬なり)。サトノシュテルン(2歳新馬)に1秒7先行して併入した。余力を残した内容だが、フットワークは素軽い。好調をキープしている。

     
    【阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|2016年|馬体診断のまとめ】の続きを読む

    5
    ブランボヌール|阪神JF予想注目馬|まとめ


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


    《阪神JF》プランボヌール鋭い伸び脚【全体的に上積みを感じる】

    【阪神ジュベナイルフィリーズ(日曜=13日、阪神芝外1600メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】ブランボヌールは岩田を背に僚馬と坂路入り。連れ立って動くことなく、単走の形でスタートした。

     前半から折り合いがついてスムーズな走り。中間地点から少しずつ促され加速していった。ラスト1ハロンで鞍上がゴーサインを送ると、フットワークの回転数を上げてパワフルに加速。鋭い伸び脚でゴールを突き抜けた(4ハロン54・2―12・3秒)。

     中竹調教師「上がり重点でやってもらったがいい動きだった。前走(ファンタジーS=3着)を使っていいガス抜きができたし、全体的に上積みも感じる。前走の逆転は可能だと思うよ」

     

     

    ブランボヌールは函館2歳Sでは最高級のパフォーマンス

     

     

    前走、ファンタジーSでは内にこだわり過ぎて3着

    意外と人気が落ちそうなのが注目!!

     

     

    ツイッターの声 

    【ブランボヌール|阪神JF予想注目馬|まとめ】の続きを読む

    5
    キャンディバローズ|阪神JF予想|注目馬まとめ

    「阪神JF」 小さくてもど根性!キャンディバローズ2歳女王へ

     GIの舞台は阪神に移り、今週は大混戦の2歳女王決定戦「第67回阪神JF」(13日、芝1600メートル)が行われる。多彩なV候補がそろうなか、まずスポットを当てるのは前哨戦のファンタジーSを制したキャンディバローズだ。410キロ台の小柄な体に弾けるパワーが詰まっている。

     未勝利Vから6キロ増えてはいたが、ファンタジーSのキャンディバローズは412キロ。それでも見映えしなかったのは馬体だけだ。スローペースの好位で折り合い、ゴール前で激戦を制したレースぶりには、センスと勝負根性があふれていた。

     「いい瞬発力を見せてくれたね。馬体はあんなものなのかなあ。でも増えていたように、成長しつつあるけど」と矢作調教師。まだ納得していないあたりに、さらなる奥の深さが感じられる。

     ただ、小柄だからといって、特別の調教メニューを施しているわけではない。先週2日の坂路では60キロは優に超そうかという調教助手を背に、併せ馬でビッシリ追われた。4F53秒8、ラスト1F13秒2と時計は伸びず、馬なりのプリンシパルスター(2歳500万下)に1馬身ほど遅れたが、トレーナーにとっては想定内のことだった。

     「体重の重い人間に乗ってもらい、負荷をかけた。ポイントはそこだけで、時計も遅れも関係ない。あとは直前サッとやればいい。それできっちり仕上がると思う」

     夏の札幌で2走し、前走は直線平坦の京都。直線に急坂のある阪神で距離も初めてマイルへ延びるが、「乗り手に従順で素直だから、条件が替わっても大丈夫。輸送も問題はない。小さい馬だから時計のかかる芝や直線の坂がどう出るかだけど、桜花賞の舞台だけにクリアしたいね」と、トレーナーはすでにクラシックを見詰める。ド根性娘の弾ける走りに注目だ。(夕刊フジ)


    キャンディバローズ-馬体診断評価B

     「阪神JF・G1」(13日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、2歳女王決定戦の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

     【キャンディバローズ=評価B】

     新馬戦(2着)が402キロで、前走のファンタジーS(1着)が412キロ。レースを使うごとに馬体重が増えているのは好感が持てる。

     1週前追い切り後の撮影で、少し皮膚を厚ぼったく見せているのは、小柄なこの馬にはプラス材料。状態はさらに上向いている。

     しかし、前走時のパドックや中間の追い切り気配からすれば、テンションが少し高くなっているのは気掛かり。また、短めの首差し、肩の角度、胴と脚の長さ、走法を踏まえればベストは1400メートル以下との印象。その分、少し評価を下げたい。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒8-39秒3-13秒2(仕掛け)。プリンシパルスター(2歳500万下)に1馬身遅れはしたが、最後までしっかりと走れていた。好調をキープしている。

     
    【キャンディバローズ|阪神JF予想|注目馬まとめ】の続きを読む

    5
    re
    阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)調教・追い切り|阪神JF予想

     2歳女王決定戦の出走馬18頭が11日、決まった。確率10分の6の抽選を乗り越え、ゲートに入った6頭の中では、1戦1勝のロカに注目が集まる。ディープインパクトの“めいっ子”で、父は新種牡馬ハービンジャー。良血馬がG1へ乗り込んできた。枠順は12日、決まる。

     ロカはデビュー戦で上がり3ハロン33秒2の豪脚で突き抜け、3馬身差の圧勝を飾った。「普通に走ればモノが違うと思う。まずは抽選を通ってほしい」。メンバー発表前に話していた和田の願いが通じた。

     近年ではウオッカ(06年)、ブエナビスタ(08年)が、抽選突破の幸運を生かして優勝。開業3年目の今野調教師は、JRA・G1初挑戦でビッグチャンスを迎えた。「まずはホッとしています。初戦が強い内容でした。良血馬らしい雰囲気でお上品な感じがあり、それが能力の裏付けかなと思っています」

     初戦で快勝したあとはレースを挟まず、阪神ジュベナイルF一本に絞って調整。1戦だけのキャリアで挑戦することを選択した。「2歳の女の子なので、詰めて使いたくはありません。体こそ立派だけど(前走500キロ)、入厩当時は弱い部分があったし、今はまだ無理する時期ではありません」。37歳の若手トレーナーはぶれずに信念を貫き通した。

     10日の追い切りは坂路で54秒8―12秒5。この日は運動と予定通りのメニューを消化した。「相変わらずカイバを食べているし、馬体重は変わりません。大事な2戦目です」と今野師は気合。素質の違いで混戦を絶ち、来春のクラシック候補に名乗りをあげる。(内尾 篤嗣)

     
    阪神JFの追い切り情報
    サンスポ予想王
    【阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)調教・追い切り|阪神JF予想】の続きを読む

    このページのトップヘ