競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    タグ:JC共同会見

    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】スワーヴリチャード鞍上M.デムーロ「そろそろ勝ちたいです」/ジャパンC共同会見
      ■スワーヴリチャードに騎乗のミルコ・デムーロ騎手
    ――前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。

    ミルコ 全然良くなかったです。まず、スタートでちょっとぶつかりました。3、4コーナーもずっと内にもたれましたし、直線も全然伸びなかったですね。

    ――現在の馬の状態は?

    ミルコ すごく良いですね。何も変わらないですね。今日も追い切りに乗りましたがすごくいい動きをしていました。前走のダメージは全然ないです。

    ――1週前の追い切りはいかがでしたか?

    ミルコ 1回競馬を使っていたので軽い追い切りでした。

    ――東京の芝2400mというコースは?

    ミルコ アルゼンチン共和国杯を勝った時と同じ(東京)コースですし、距離も100m短いだけであまり変わらないです。左回りは上手ですし、馬の状態はカンペキ。気持ちだけちょっと(欲しい)ですね。

    ――どのようなレースにしたいですか?

    ミルコ ジャパンカップはいつも難しい展開になりますね。枠順も大事。ゲートの中でイライラせずに、タイミング良くいいポジションをとりたいですね。前(での競馬)がいいですね。

    ――ゲートはどのあたりがいいですか?

    ミルコ 真ん中くらいですね。

    ――スタートに関しては調教師と話しましたか?

    ミルコ いえ、ないですね。いつも任せてくれます。厩舎も先生も僕もこの馬のことは結構わかっていますから。頑張ります。

    ――前走から良くなっている点は?

    ミルコ さきほど言ったとおり、調教でのダメージはないです。いつも、調教の時はすごくいい状態。(だから前走)競馬にいってあんな結果になるとはビックリしましたね。安田記念ではたぶんすごく疲れていました。たぶん状態が悪くなって、で、前走も競馬をしていなかった。だから、その問題かもしれないですね。

    ――今回のメンバーで気になる馬は?

    ミルコ いっぱいいますね。GIですからね。アーモンドアイは凄い。バケモノですね。

    ――他にはいますか?

    ミルコ もちろんもちろん。GIはみんな勝ちたいですからね。GIを勝った馬も結構いますし、サトノダイヤモンドにシュヴァルグランなどがいますね。

    ――デムーロ騎手自身も勝ちたいですよね。

    ミルコ もちろん、もちろん。前走は全然競馬してなかったけど、大阪杯の時はすごく強かった。その馬(注:大阪杯の時のスワーヴリチャード)だったら全然チャンスありますね。

    ――最後にファンの方へメッセージを。

    ミルコ 先週も言ってましたが、今年は2着が多いです。そろそろ勝ちたいです。今週も頑張ります。
    【JRA】アーモンドアイ鞍上ルメール「ほとんど完璧な馬」/ジャパンC共同会見
     今年の牝馬三冠馬のアーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)がウッドチップコースで、クリストフ・ルメール騎手を背に最終追い切りを行った。追い切り後、ルメール騎手と国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りの感触は?)
    「今朝は2頭で併せました。とても良い追い切りでした。彼女は最初からリラックスして、フットワークはとても良かったです。3、4コーナーからペースアップしました。直線で良い脚を使いましたし、コンディションは良さそうです」

    (先週の追い切りと比べると?)
    「先週は少し軽い追い切りでした。今回はジャパンCの週でもう少し速いペースで走りました。コンディションがアップしたと思います」

    (前走の秋華賞を振り返って)
    「素晴らしいレースでした。後ろのポジションから加速してくれました。残念ながら3コーナーで大外の進路を進まなければいけませんでしたが、彼女の能力はすごいですから、勝つことができました。素晴らしい仕上げでしたね」

    (秋華賞の会見時は95パーセントの仕上がりとのことだったが、今回は?)
    「今回はだいたい100パーセントだと思います」

    (秋華賞時と比べて今回変わってきた点は?)
    「今回は多分、スタート前にもう少しリラックスすることができるでしょう。道中はいつも乗りやすいです。秋華賞の時は馬場入りの時もエキサイトしました。今回は多分、もっと良い感じだと思います。心身ともに充実していますし、良い結果を出すことができるでしょう」

    (東京の2400mの舞台について)
    「皆にとって大変な距離ですね。でも彼女は府中でオークスに勝ちました。彼女にとってコースは問題ないと思います」

    (以前ウオッカでこのレースを制しているルメール騎手にとって、ジャパンCとは?)
    「世界でジャパンCはとても有名なレースです。日本で賞金が1番高い。いつも勝った馬がスーパーホースになりますね。とても大変なレースです。有名ですから、是非勝ちたいですね」

    (そのレースに三冠牝馬のアーモンドアイでチャレンジする気持ちは?)
    「今年三冠はアーモンドアイの1番の目標でした。三冠取ってとても良かったです。今週は彼女の(今年)最後の挑戦です。今回は古馬相手で結構難しいレースになりますが、能力はありますので、自信を持って乗りたいです」

    (アーモンドアイはどんな馬か?)
    「ほとんど完璧な馬ですね。とても賢い馬です。頭が良くてすべきことを良く知っています。1番良いところは、瞬発力です。直線でトビがすごく大きいです。力をたくさん使います。心臓も強いです。悪いところがないです」

    (乗っていて実際どのような感じ?)
    「加速する時はすごく良い感じです。フェラーリに乗れば同じくらいですね。ギアがすごい良い感じです。特別な馬ですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今週のジャパンCは、アーモンドアイの最後の挑戦です。もう1度アーモンドアイを応援してください。よろしくお願いします」

    ■国枝調教師
    (今朝の追い切りの狙いは?)
    「先週良い動きができていましたので、同じような感じでやれば良いだろうと思いました。(動きは)良かったと思います」

    (追い切り後ルメール騎手とは?)
    「彼も満足していたようで『申し分ない、問題ない』と言っていました」

    (秋華賞を振り返って)
    「いろいろな要素があったのですが、競馬に行ったら自分の仕事をサッとやってくれて、すごい馬だなと思っています」

    (レース後の様子は?)
    「多分熱中症ではないかなと思うのですが、体が動かないような状況になりました。ただそれは一過性で、治療をして良くなったら全く問題ありませんでした。その後も良く様子を見ていたのですが、問題がないのでジャパンCということになりました。その後は牧場に出て順調に来ました。予定通りこちらに帰厩して、追い切りをして順調です」

    (秋華賞では馬体重が増えていたが、成長は?)
    「あの時はだいぶ間があいて数字も増えていて、体付きも少し余裕がありました。今回数字は前回と同じですけど、やはり1回使われているので体にシャープさが出てきたのではないかと思います」

    (後ろ脚の踏み込みが深くて前脚にぶつけて爪を痛めるということもあり、秋華賞時は坂路で追い切っていたが、今回はウッドチップコースでの追い切りということで何か工夫した点などは?)
    「基本的にはダメージを治すというところだったのですが、思いのほか蹄の治りが早かったですね。右前脚には鉄橋の蹄鉄(間に橋のように鉄板が架けられた蹄鉄)を履かせていますが、全く問題なく来ましたので良かったです」

    (東京の2400mにコースが替わるが?)
    「競馬のしやすいコースですし、実際オークスで結果が出ていますので、あのようなイメージで競馬ができればと思います」

    (古馬相手という新たなステージにチャレンジとなるが?)
    「どうかなという不安もありますが、楽しみの方が大きいですね」

    (ジャパンCというレースにはどのような思いを?)
    「創設の時からすごく憧れのレースでしたし、出られるのはすごく嬉しいですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「とても可能性を秘めた牝馬で、良いパフォーマンスを見せられると思いますので、期待をしてもらいたいです」
    【JRA】シュヴァルグラン鞍上C.デムーロ「ライバルはアーモンドアイです」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のクリスチャン・デムーロ騎手
    ――コンビを組むことになった時の気持ちは?
    クリスチャン とても素敵な贈り物だと感じました。とてもビックリしました。騎乗依頼が来てとても幸せです。

    ――この馬のレースぶりはいかがですか?
    クリスチャン 昨年のジャパンカップを勝っているということですごくいい馬だということはわかっています。前走は4着でしたが、休み明けでこの結果を出している、いい馬ですね。

    ――中間、シュヴァルグランに跨っての感想は?
    クリスチャン 先週初めて騎乗しましたが、状態も良く、いい感触を得ました。今朝も騎乗させていただきましたが先週より良くなっています。ジャパンカップに向けて準備は出来ていると思います。

    ――騎乗前と騎乗後でイメージは違いましたか?
    クリスチャン GIを勝つレベルの馬ですし、騎乗前も後もイメージどおりいい馬で変わりはないです。

    ――東京コースについてはいかがですか?
    クリスチャン スタートもいいですし、好位を取ることも上手な馬です。前回のジャパンカップの時もスタートは良かったですし、先団のすぐ後ろにつけています。今回もそのようにしていきたいと思います。

    ――気になるライバルはいますか?
    クリスチャン アーモンドアイです。

    ――他にはいますか?
    クリスチャン はい。私の兄が乗るスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドのようないいメンバーが揃っていると思います。

    ――お兄さんへのライバル心はありますか?
    クリスチャン ありません。自分の馬に集中して乗ることが大事ですからね。

    ――最後にファンにメッセージを。
    クリスチャン このレースを勝つという夢を叶え、皆さんに届けたいです。「(日本語で)がんばります。ありがとうございます」。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    JC(ジャパンカップ)予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    サトノクラウン森助手「ムーア騎手が『パーフェクトな状態』と」/ジャパンC共同会見

    ジャパンC(GI・東京芝2400m)に出走するサトノクラウン(牡5・美浦・堀宣行)がR.ムーア騎手騎乗(レースはM.デムーロ騎手)で、ウッドチップコースで3頭併せの追い切りを行った。追い切り後、森一誠調教助手が共同記者会見に臨んだ。

    (今朝の追い切りについて)
    「秋の天皇賞(GI・2着)の時は単走での追い切りでしたが、今日は3頭での併せ馬となりました。1週前に単走で追い切りをしたのですけど、その時は終い少しフワフワするところがあったので、そこを矯正する意味で今週は併せ馬での追い切りとなりました。休み明けを1度使っているので、終いを確かめる程度で動きの方は良かったと思います」

    (ムーア騎手が追い切りに乗った意図は?)
    「ムーアジョッキー自体、この馬をすごく気に入っていまして、海外にいる時からこの馬のことをすごく気にかけてくれています。今回はレースでは別の馬に乗るのですけど、クラウンのことがすごく好きでこの馬に乗ってみたいという理由が1つと、普段は調教助手が乗っているのですけど、ジョッキーにクラウンの今の状態を聞いてみたいということで、ムーア騎手が乗ることになりました」


    (ムーア騎手の感触は?)
    「この馬自身、年齢を重ねていて、馬自身が自分のやることをわかっているということで、動きの方も精神面も問題なく、すごくパーフェクトな状態だと言っていました」


    (休み明けだった秋の天皇賞と比較して今の状態は?)
    「天皇賞がだいぶ重い馬場での競馬だったので、その疲労がどれくらいあるのかというのを中間見極めながらの調整だったのですけど、幸い大きなダメージもなく中間も順調に調整できていて、1度使った分良い状態で臨めると思います」


    (秋の天皇賞の評価は?)
    「昨年、一昨年と結果が出ていない舞台ではあったのですが、今年は2着という結果でした。最後の直線では勝ち馬が先に抜け出して、ちょっと厳しいかなと思ったのですけど、クラウン自身最後も一完歩ずつ差を詰めて首差まで詰め寄って、負けはしましたけどすごく良い内容だったと思っています」


    (去年は秋の天皇賞から香港ヴァーズ(GI・1着)というローテーションだったが、今年ジャパンCを選択した理由は?)
    「天皇賞の前から今年の秋は国内専念ということでローテーションは決まっていたのですけど、その中で東京の2400のジャパンCを是非とも使いたいということで選択しました」


    (東京の2400mの適性は?)
    「この舞台自体、ダービー以来、約2年半振りになります。ダービーは負けはしたのですけど、すごく良い内容の3着で、終いも良い脚を使っていましたし、この馬にとっては一番適した舞台だと思っています」

    シュヴァルグラン友道師「毎回言ってますが、この馬にGIを獲らせてあげたい」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランを管理する友道康夫調教師

    ――前走の京都大賞典を振り返ってください。
    友道 ゲートを出てちょっと挟まれまして位置取りが後ろになったんですが、それでも終いはしっかりとした脚で差を詰めました。秋緒戦としては満足しています。

    ――それから中6週で迎えるジャパンカップ。その後の調整具合は?
    友道 在厩させてしっかり乗り込みました。先週までで大方出来上がったと思います。

    ――先週の1週前追い切りはいかがでしたか?
    友道 ジョッキー(ミルコ・デムーロ騎手)を乗せて馬場(ウッドチップコース)で併せました。ジョッキーにはゴールを過ぎてからもしっかり追ってもらいました。もともとそんなに調教では動く馬ではなかったのですが、動きは良かったと思います。

    ――今朝の最終追い切りは坂路でボウマン騎手が乗って行われました。
    友道 今日はジョッキーに感触を確かめてもらう程度だったんですが、動きを見ていても良かったしジョッキーの感想も良かったのでいい調教ができたと思います。

    ――臨戦過程は昨年とは違って間隔が空いていますが、そのあたりは?
    友道 今年が本当のローテーションです。昨年は春の疲れが残っていたので(使い出しが遅れて)、アルゼンチン共和国杯からの参戦で中2週になったのですが、本来考えていたローテーションは今年のパターンです。今回は本当に万全でいけると思います。

    ――昨年はジャパンカップ3着でしたが、そのあたりは?
    友道 先ほども言いましたとおり、昨年はちょっと強行軍でのジャパンカップ参戦だったのですが3着でした。今年は本当に万全な状態で臨めるので、本当になんとか巻き返したいと思います。

    ――理想の展開は?
    友道 これからボウマン騎手と作戦会議をするんですけど、本来ならばゲートもいい馬なのでいい位置につけられると思います。競馬の流れに乗ってくれれば、結果はついてくると思います。

    ――ボウマン騎手ですが、どのあたりを期待しての起用でしょうか?
    友道 やはり世界ナンバーワンのジョッキーですし、シュヴァルグランはちょっとズブいところがあるのでしっかり追ってくれる方だと思ってお願いしました。

    ――追い切りでの動きから人馬の相性の良さは感じられましたか?
    友道 今日はそんなに追ってはいないのですが、いいリズムで走っていたと思います。

    ――相手関係は?
    友道 ダービー馬が3頭いますし、本当に強いメンバーが集まったと思います。その中でいい競馬ができればと思います。

    ――なんとかGIタイトルをという思い、かと思いますが?
    友道 毎回GIの前に言ってるんですけど、本当にいつも“この馬にGIを獲らせてあげたい”と思っています。

    ――最後に意気込みを。
    友道 昨年は3着であと一歩のところでした。春もあと少しでGIのタイトルが獲れるところまできています。なんとかここでこの馬にもGIを獲らせてあげたいです。応援よろしくお願いします。

    キタサンブラック清水師「一緒にいられる残された時間を楽しみたい」/ジャパンC共同会見

    ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

    ――まずは前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。
     清水 本当に強い内容だったと思います。ゲートはまさかああいうかたちになるとは思わなかったですね。ヒヤッとしましたけど、すぐに僕も気持ちを切り替えることが出来ましたんで割と冷静に見ていられましたね。


    ――もともとゲートでの癖などはあったのでしょうか?
     清水 そうですね。もともと(ゲート内の)駐立はソワソワするところがあったんですけれども。それでもしっかり出て、二の脚も速かったので心配はしていなかったんですけど。まぁ、(天皇賞では)気持ちが入り過ぎてしまったのか、タイミングが合わなかったですね。たまにはありますよ、こういうことも。

    ――追い上げるかたちのレースになりましたね?
     清水 はい、後ろからの競馬になったんですけれども、しっかり気持ち良さそうに折り合っていましたのでいいかんじで(レースを)運べているな、と思いましたね。

    ――直線の攻防はいかがでしたか?
     清水 アッという間にあそこにいましたのでビックリしました。抜け出してから並びかけてくるとまた伸びるといういい根性をしていますので。ある程度安心して見ていられましたね。ラストはブラックならしのいでくれると思っていました。

    ――その後の馬の様子は?
     清水 おかげさまで特に痛めたところもなく、毛ヅヤも全く落ちなかったですし、疲れはしっかりとりました。休み明けを1回使ったという上積みもありますので、それほど慌てて立ち上げていくこともなかったので、本当にこの中間は順調にこれました。

    ――1週前追い切りはいかがでしたか?
     清水 しっかり負荷をかけたかったので、思ったとおりの追い切りができたと思います。

    ――今朝の最終追い切りの内容と評価を教えてください。
     清水 はい。内容も良かったと思いますし、いい評価をあげられると思いますね。追い切り後の馬の状態も落ち着いています。

    ――昨年に比べてより完成度は上がっていると捉えてもよろしいですか?
     清水 はい。天皇賞(春)も素晴らしかったですし、(秋)もあの馬場で強い競馬をしてくれました。昨年以上だと思ってくれていいと思います。

    ――今回の舞台は、昨年圧巻のレースをした舞台ですね。
     清水 はい。東京への輸送も何も、すべてにおいて不安はないですね。

    ――昨年のジャパンCを振り返ってください。
     清水 枠順も内でしたし、スタートも決めて、特に主張していった訳ではないですけど馬のスピードに任せてああいうかたちになりました。いいペース配分で最高の騎乗だったと思います。

    ――今回、レースプランは?
     清水 そこはジョッキーが考えてくれていると思います。

    ――相手関係は?
     清水 3歳勢も出てきていますね。いつものことですが、相手関係は考えずにいい状態で仕上げることだけに集中したいですね。

    ――改めて、キタサンブラックへの思いは?
     清水 “感謝”のひとことですね。

    ――この秋は残り3戦と決まったあと、前走の天皇賞(秋)で優勝しました。よりプレッシャーも高まってくるのではないでしょうか?
     清水 もちろんありますけども、ブラックに限っては心配事はないですし。故障のリスクも本当にないですし。以前ほどのプレッシャーは感じずにいられます。あとはね、短いあいだですがあの子と一緒にいられる残された時間を楽しみたいですね。

    ――最後にひとこと。
     清水 秋緒戦、いいかたちで結果を出してくれました。本当にファンの多い馬ですし、3歳馬も出てきますけれども、連覇に向けていい状態で当日を迎えたいと思います。



    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    このページのトップヘ